あなたは自分に自信がありますか?

そう聞かれて、堂々と「あります!」と答えられる人は少ないでしょう。

謙虚さが美徳とされる日本人においては、堂々と自分に自信を持っていると口にすることに対して厭う傾向があるのも、理由の一つかもしれません。

しかし、自分に自信を持つのはとても良いことです。

自分に自信を持つことで、どのようなメリットが得られるのか、それを詳しくご紹介していきます。

自分に自信を持つことにはいいことがたくさん!

私たち日本人はどちらかと言えば、自分に自信がない民族なのかもしれません。

昔から謙虚の心や、自分を下げて相手を上げる他者とのコミュニケーション方法を重要視してきたことが、自然と心の内に「自分なんて・・」と自身を卑下する考えを作り出してしまった可能性はあります。

また、人から褒められた時には「自分なんてたいしたことない」と否定をしながらも、心の内では嬉しい気持ちを抱いてしまう。

さらには落ち込む友人を励ましながらも、その友人よりは自分の方が幸せだと感じてしまう、そんな矛盾した気持ちに苦しんで、その結果「自分はなんて最低な人間なんだ」と自分自身に対する自己評価が低くなってしまうこともあるでしょう。

そういった自身に対するネガティブな感情は、自分に自信がないからこそ感じてしまうものでもあります。

しかし、自分に自信を持つことで、そういった苦しみや悩みの感情からは解放されるのです。

そして自分に自信が付くことで、これまでよりも良いことがたくさん自分の中に舞い込んでくるようになります。

自分に自信を持つことのメリット12選

自分に自信を持つことで、一体どのようなメリットが得られるのでしょうか?

少なくとも、これまであなたが送ってきた人生よりも、もっと豊かで充実した人生になることは間違いないでしょう。

自分に自信を持つと、人によっては本当に人生観や生き方がガラリと変わります。

家にこもりがちだった人が積極的に外へ出かけたり、苦手なものが多かった人が少しずつそれを克服していったり、大げさではなく、自分に自信がつくとそれだけ大きな変化があるのです。

具体的にはどのようなメリットが得られるようになるのか、以下にご紹介していきます。

1.動じなくなる

自分に自信が付くと、ちょっとやそっとのことでは動じなくなります。

外で誰かに理不尽な絡まれ方をしても、こちらもカッとならずに落ち着いて対応することが出来ます。

また、仕事でミスをしてしまっても、ミスしたことはきっちりと反省をし、気持ちを切り替えて次に活かせるようになります。

例え人から傷つくようなことを言われることがあっても、「この人にとっては自分がこう思えたんだな」と冷静に受け止めることが出来るようにもなります。

人間ですから、ミスがあれば慌てますし、傷つくことを言われれば誰でも落ち込みます。

しかし自分に自信が付いていると、ミスがあっても反省から気持ちの切り替えまでが早いですし、落ち込むことがあっても、いつまでもそれを引きずったりはしません。

「これはこうなんだ、あれはああなんだ」という判断力や理解力がしっかりと付くため、些細なことでは動じなくなるのです。

2.精神的余裕が生まれる


自分に自信が付くと、精神的な余裕が生まれて、少しのことでは心が乱れなくなります。

剣道や武道の達人に対してや、卓越した技術を持つ職人などについて触れる時に、「心を乱さない」という言葉を耳にする機会があると思いますが、それは精神的な余裕があるからこそ出来ることなのです。

達人の域にまでは達しなくとも、自分に自信が付くことで、それと似たような乱れにくい心を身につけることが出来ます。

例えば自分に自信がない人は、周りの人の噂話に心を一喜一憂されやすいです。

誰かがこちらを見ながらひそひそと噂話をしていれば、「もしかして自分のこと?」と不安になり、気持ちが落ち着かなくなります。

また、理不尽なことを言われた時に、相手の迫力に押されて本心とは矛盾した発言をしてしまい、心中ではずっと納得出来ないままの状態になってしまいやすいです。

仕事でミスをすればそのことでいつまでも落ち込むためさらにミスを連発しやすくもなります。

とにかく何かあるたびに、周りの人の視線や評価が気になって仕方がないのです。

しかし、自分に自信が付くとそれらのことはほとんど気にならなくなります。

誰かが陰口を叩いていても「直接自分には言えないんだな」と思うだけで、陰口を叩かれることに対してはさして動じなくなります。

また、ミスを起こしても直ぐに反省して次に繋げようとするため、それ以上くよくよすることはありません。

自分が正しいと思うことには堂々とした態度で、間違っていることはきちんと反省出来る心の余裕が生まれます。

そして、多少のことでは動揺しなくなるため、メンタル面でストレスを感じることも少なくなります。

3.前向きな行動を取れる

自分に自信がある人は、常に顔を挙げて前を向いています。

そしてまた、常に前向きな行動が取れます。

失敗する可能性のあることに対しても、「失敗したらどうしよう」「失敗するかもしれない」とネガティブには考えません。

「成功させてみせる!」や、「成功したらラッキー」程度で考えているため、気負い過ぎることなく積極的にチャレンジしていけます。

もし失敗しても、「失敗しちゃったかぁ。次は頑張ろう」と気持ちを切り替えることが出来る気持ちの余裕があるため、自ら前向きに行動出来るのです。

そして、例え何度失敗を繰り返しても、前向きな思考で行動し続けていると、必ずその内に明るい結果が付いてきます。

それは、常に下を向きネガティブな思考で行動しない人には、永遠に訪れることのない結果でもあります。

自分にとって嬉しい、そして明るい結果が欲しいと思うのなら、自ら明るく前向きに取り組んでいく必要があるのです。

4.周りにも大きな影響を与える

自分に自信があることは、その人自身だけでなく、周りにも大きな影響を与えます。

自分に自信がある人は、何も言わなくても態度や行動でその自信を表しています。

未知のものにも積極的に取り組んでいき、ミスをしても直ぐに気持ちを切り替えて行動に移し、また辛いことや理不尽な目に遭ってもそれを愚痴のようにネガティブな発言として零すことがありません。

その行動は見る人にとっては頼もしさを感じさせますし、またある人にとっては「あの人のようになりたい」という理想になることもあります。

常に前向きで輝いている人には、自然と周囲の人たちの方から近づいてきます。

そしてその人を見て「自分も頑張ろう」と同じように明るくなれる人もいれば、力をもらえる人もいます。

一方で、ネガティブな気持ちが強い人は前向きな人を見ると「あれはどうせ上辺だけだ」「自分はあんな風にはなれっこない」と捻くれた感情を抱くことがありますが、それはネガティブさゆえの「ないものねだり」なだけです。

自分に自信がある人はその程度の批判には気持ちが動揺しませんので、妬まれることがあっても平気で自分らしく前向きでいることが出来ます。

5.キレイになれる

自分に自信があるととてもキレイになれます。

それは、自信が付くまでの過程で、本人がそれだけ努力を重ねてきたからです。

自分で一生懸命に努力をして、その結果キレイになれた人は、「やれば出来るんだ」という気持ちと、努力の結果がすべて自分の自信に繋がります。

すると努力をする以前よりも物事に対する考え方ががらりと変わり、何でもチャレンジしていこうという気持ちになれます。

「目標を立てる→努力する→結果キレイになる」ということを経験している人は絶対的な自信を持つことが出来ますので、その自信から顔には笑顔が増えて、雰囲気や振る舞いも明るくなります。

そしてそれがさらに人から見れば美しく輝いて見えるのです。

6.積極的に動ける

自分に自信があると、何に対しても積極的に動くことが出来ます。

例えば自分が経験したことのないものに対しても、「出来ないかもしれない」という考え方ではなく、「出来るかもしれない」とポジティブな考え方を持ちます。

そのため自ら進んで動くことが出来ます。

また、もし失敗しても「知らないことだったから最初は出来なくて当たり前」ときちんと自分自身をフォロー出来るため、「次は出来るように頑張ろう」と気持ちを切り替えて再チャレンジをすることが可能です。

そしてもし上手くいけばそれがさらに自信に繋がって、他の経験したことのないものに対しても、積極的に取り組んでいけるでしょう。

誰もが面倒臭がってやりたがらないことでも、「早くやって早く終わらせた方が気楽でいい」と自分にとってメリットとなる考え方が出来るので、他の人よりも早く動くことが出来ます。

7.毎日ハッピーな生活を送れる


自分に自信が付けば、毎日をハッピーに送ることが出来ます。

常に前向きで積極的、失敗をしても気持ちをさっと切り替えて次に繋げることが出来る、そして努力をして成果を得られればそれがまた自信に繋がり、自然と気持ちは明るくなって笑顔も増える。

そんな生活を送っていれば、不幸になるはずはありませんよね。

自分に自信がある人は、自信を付けるだけの努力を日々自ら行っています。

その結果が出ることで自信がついて、自分を好きになれます。

また、常に明るく前向きであれば、精神的なストレスを感じることもあまりないでしょう。

そのため、自然と毎日ハッピーな生活を送れるようになるのです。

8.人と良好な関係を築ける

自分に自信が付くことで、周りの意見や噂話にいちいち左右されなくなります。

そのため、例え自分のことを陰で話しているかもしれない人に対しても、気持ちに余裕を持って笑顔で接することが出来るようになります。

こちらが悪意なく笑顔で接していれば、単なるやっかみや噂話をしていた人たちはばつが悪くなって、それ以上その人のことを話すのを止めるでしょう。

または、その人に対して好印象を持ち、仲良くなれる可能性もあります。

どうしても悪意を向けてくる人とは上手く付き合うことは難しいかもしれませんが、それ以外の人たちとは良好な関係を築けるようになります。

9.不安や心配事が減る

自分に自信が付くと、それだけ不安や心配事が減ります。

自分に自信が付くまでにたくさん努力を重ねてきているので、「やれば出来る」「自分なら大丈夫だ」という気持ちの余裕が生まれます。

その余裕によって、例え少しくらい困難な壁にぶつかったとしても、「乗り切れる」という自信に繋がるのです。

それを何度も経験している人ほど、ちょっとやそっとのことでは不安がったりしないため、自然と不安や心配事が少なくなるのです。

10.人前に出ても緊張しなくなる

「自分なら出来る」「大丈夫だ」という気持ちに自信がある人は、例え人前に出る機会があってもそこまで緊張はしなくなります。

ネガティブな人は常に後ろ向きなことばかり考えていますので、人前に出ることを嫌がり、また無理矢理に人前に出されると、周囲の視線や話し声がすべて自分を悪く言っているかのように考えてしまいがちです。

そうなるとがちがちに緊張してしまい、普段の実力がまったく出せなくなってしまいます。

一方である程度自分に自信があれば、人前に出てもがちがちに緊張することはありません。

少しくらい緊張はしますが、その緊張が適度なやる気に変わるため、「よしやろう!」という気持ちが起こりやすいです。

そしていざ最初の一歩を踏み出してしまえば、その後はいつも通りの実力を出すことが可能です。

11.自分を大事にできる

自分に自信がある人は、どんな時でも自分を大事に出来ます。

時には自分自身を励まして、フォローして、そうして決して自分を見捨てることはしません。

また、他人のこともある程度大事に出来ますが、その前にまずは自分自身を何より大切にしています。

自分を大事にする上で他人にも気遣いが出来るため、他人のために自分が身を犠牲にして、ということはあまりありません。

自分に自信がある人ほど、自己犠牲をすることに対して懐疑的、否定的であることが多いのです。

それは自己犠牲が自分を大事にしていないということになるからです。

自分を大事に出来なければ、自信を持つことなど出来はしないのです。

12.素敵な恋人ができる

時々、「自分にはこんな性格の異性ばかり寄ってくる」という話を聞くことがあります。

「本当は自立心の強い人と付き合いたいのに、寄ってくるのは依存心の強い異性ばかり」や、「お金持ちと結婚したいのに付き合うのは貧乏な人ばかり」など。

それらはそういった特定の異性を引き寄せてしまう本人の性質が関係しています。

一般的に異性に求める条件は、自分にないものを持っていることや、自分よりも優れていることが多いです。

例えば容姿や収入、就職先など、求めるものはたくさんあっても、自分がそれと釣り合いが取れていないことが少なくありません。

その場合、理想と違って寄ってくるのはどうしても「自分と同じような性質の異性」であることが多いのです。

その考え方で見ると、自分自身を磨いて自分に自信を持っている人ほど、同じように内面の伴った素敵な異性が寄ってきます。

素敵な恋人が欲しいと思うのなら、まずは自分自身が素敵な人になる必要があるのです。

そして自分に自信がある人は、その最低条件を満たしているため、自然と恋人も素敵な人になることが多いのです。

自分に自信を持っている人の特徴とは?

自分に自信を持ちたいと思っても、それに内面が伴っていなければただの自惚れやになってしまいます。

あなたの周りにいる人は、本当に自分に自信のある人なのでしょうか?それとも単なる自惚れやなのでしょうか?自惚れやと本物の自信がある人とは、見ていれば行動に大きな差があります。

その差を見抜くために、自分に自信を持っている人の特徴を以下に挙げていきます。

声が大きい

自分に自信がある人は、自然と話す声が大きくなります。

それは、自分の発言に自信があるため、誰に聞かれても構わないという気持ちがあるからです。

もちろん発言した内容に誤りがあることもありますが、その時には潔く自分が間違っていたと認めて謝罪をするだけの精神的な余裕も持ち合わせています。

自分の発言が誰に聞かれようが何と思われようが動じないため、大きな声がはきはきと話すことが出来るのです。

一方で、自分に自信が無い人は常に小声で話す癖がついてしまっています。

自分の意見に自信が無いため、それを堂々と発言することが出来ず、また「もしかしたら発言の内容が間違っているかもしれない」と不安な気持ちから自然と声が小さくなってしまいます。

例えば会社で自分の意見を上司に述べる時にも、ぼそぼそと小声で上司にのみ聞こえるように呟きます。

それを大声で返されると、周囲の人にも聞かれてしまわないかと途端におろおろしたり、羞恥の気持ちから上司に対して「デリカシーがない」などと逆恨みをしたりすることもあります。

堂々としてる

自分に自信がある人は、どんな時でも堂々としています。

しかし、堂々としているからといって、決して偉そうな態度を取っているわけではありません。

周囲の噂話や他人の意見に動じることなく自分らしさを貫いているさまが、周りから見れば堂々としているように思えるのです。

自分に自信がある人は、例え自分のまったく知らない場所に訪れたり、初対面の人と会ったりした時でも自分のペースを崩すことなく堂々とした態度のままでいることが出来ます。

それは堂々とした態度を取れない人から見ればとても羨ましく、憧れの対象になることもあれば、妬みの対象になることもあります。

一方で自分に自信のない人は、自分のよく見知った場所でない限りは、どこへ行ってもおどおどと落ち着きのない態度になりがちです。

自分に自信がないゆえに引っ込み思案な態度で、初対面の人とも積極的にコミュニケーションを図ることが出来ません。

頼りになる存在がいればその陰に隠れて安心出来るところを探すといった行動を取ることが多いです。

試練や壁もカンタンに乗り越えられる

自分に自信がある人は、例えどんな試練や壁が目の前に立ちはだかっても、カンタンそれを乗り越えることが出来ます。

その理由は、自分に自信を付けるために日頃からあらゆることに積極的に取り組んで努力をして、実際に結果を出してきているからです。

まったく何の努力もしていない人は、いきなり目の前に壁が立ちはだかったり、試練を与えられたりすれば、慌てふためき、また努力をしても上手くいくまでに時間がかかってしまいますし、失敗も多いでしょう。

しかし、自分に自信がある人は日頃からあらゆる努力をしています。

こまめに自分で目標を立てて、それに向かって一生懸命努力しているため、その結果が積み重なって自信となっているのです。

そのため、自信がある人にとっての試練や壁は、日常的に努力を重ねることと何ら変わりはありません。

だからこそ、他の人から見れば困難や試練や壁であっても、カンタンに乗り越えていくことが出来るのです。

やる気に満ち溢れている

自分に自信がある人は、常にやる気に満ち溢れています。

それは、どんなに困難なことであっても、一生懸命に努力をすれば必ず何らかの結果が出ることが分かっているからです。

そしてまた、例えその結果が自分にとって嬉しいものでなくても、一生懸命に努力をしたことで自分の経験値になっているということをよく理解しているからです。

自分に自信がある人は、どんなことでも一生懸命に取り組んだことは決して無駄にならないと考えています。

それがどんなに大きな仕事のプロジェクトでも、またはちょっとしたボランティア活動だとしても、取り組んだ分だけ自分のためになるという部分では変わらないと考えています。

だからこそ何をする時でもやる気に満ち溢れていられるのです。

一方で、何事に対してもやる気がない人は、せっかく努力をすれば自分のためになることでも、「面倒くさい」の一言で片づけてしまい、積極的に努力をしません。

努力をしなければ当然充実感や得られるものもなく、当人にとってはただ無駄な時間になってしまいます。

明るくておおらか

自分に自信があると、常に明るく大らかでいられます。

日頃から自分で自信が持てるだけの努力を重ねてきているため、その経験から理解出来ることも増え、ちょっとのことでは心が乱れなくなります。

また人間関係でも、周りの人の噂話や悪口にいちいち動じることがありません。

自分を悪く言っている人を目の前にしたとしても、感情的に相手を嫌いになることなく、冷静に判断することが出来ます。

そのため、誰に対しても明るく、大らかな気持ちで接することが出来ます。

もちろん気持ちにも限度はありますが、少なくとも人前でそれをもっともなく曝け出すような真似はしません。

そのため、周囲から見てもいつも明るく、大らかな人であると思われやすいです。

ぶれない芯を持っている

自分に自信がある人は、決してぶれない芯を持っています。

人から何を言われても気持ちが揺らぐことがないため、自分で決めた目標を最後まで貫き通します。

しかしもし自分が間違っていたことに気付けば、すぐさまそれを訂正し、正しい道筋へと方向転換することも出来ます。

大抵の人は、すでに自分が定めた目標に進んでいる途中で間違いに気づいても、中々直ぐには修正することが出来ません。

途中まで進んでしまったという事実があるため、今更修正は利かないと考える人もいます。

しかし、自分の行動に自信がある人は、正しい道が分かれば例え遠回りになってでもそちらに方向転換出来る芯の強さを持っています。

また、ぶれない芯を持っていると、集団の中で一人だけ思想や方向性が違っていたとしても、周りに合わせて自分も意見を変えることはありません。

例え一人だけになっても自分が正しいと思うことを貫き通す強さを持っています。

自分に自信を持つためには?

自分に自信を持つことのメリットや、自分に自信を持っている人の特徴についてご紹介してきました。

その上でもしあなたが自分に自信を持ちたいと思ったなら、どう行動すべきなのでしょうか?自信を持ちたい人におすすめの、やって欲しいことについて以下にご紹介していきます。

他人と比較しない

生きていれば、どうしても他人と自分とを比較することがあります。

容姿や性格、頭脳や収入、恋人の有無など、あらゆる部分で他人と自分とを比較することで、気持ちを発奮させることも出来ます。

しかし、他人と比較してばかりでは、肝心の自分自身のことを見失ってしまいます。

そして、常に他人よりも自分の方が優れていると考える人は、それ以上自分自身の成長は望めないでしょう。

また、常に他人よりも自分の方が劣っていると考える人も、自分のことを非難するばかりでは同じく成長していくことは出来ません。

他人と比較することは必ずしも悪いことではありませんが、あまり比較し過ぎないように気を付けましょう。

他人との差で焦ることがある時には、「他人は他人、自分は自分」と心に言い聞かせましょう。

小さな成功を積み重ねていく

よくいきなり大きな目標を立てる人がいますが、大抵は挫折してしまいます。

大きすぎる目標は、辿り着くのに莫大な時間を要しますので、それまでに気力が尽きてしまって途中で行動するのを止めてしまうのです。

どんなに勉強や仕事を頑張っている人でも、時には息抜きが必要なように、目標にも一定の感覚で達成感が必要になります。

そこで、もし大きな目的を立てたいのであれば、そこに向かっていくつかの小さな目標を立てましょう。

そして一つずつ目標をクリアする度に、クリア出来た自分を褒めてあげましょう。

時には贅沢なご褒美をあげるのもいいでしょう。

そうして小さな成功を積み重ねていくことでモチベーションも上がり、やがて大きな目的へと達することが出来るのです。

ポジティブに物事を捉える

元々ネガティブに物事を考えてしまいがちな人は、それをいちいちポジティブな考えに変えるように心がけましょう。

例えば朝、出かける前に靴が壊れてしまったのなら、「靴に合わせて服装も変えなくてはいけない」と面倒に思うのではなく、「家を出る前に発覚して良かった~」と思うようにしましょう。

また、小さな事故に遭ってしまったのであれば、「もっと大きな事故に遭わずに済んで良かった」と思うようにしましょう。

何か嫌なことがあった時には、そうしてさらに最悪の事態を想定して、そうならずに済んだと気持ちを切り替えて考えます。

そうすることで段々とポジティブに物事を捉えられるようになります。

セロトニンを十分に分泌させる

人の脳内には「セロトニン」という脳内物質があります。

このセロトニンが分泌されることによって、私たちはいわゆる「幸福感」を覚えることが出来ます。

セロトニンが増えると、不安や緊張、憂鬱といったネガティブな感情を感じにくくなるため、より前向きに過ごすことが出来ると言われています。

そこで、このセロトニンを十分に分泌させることで、自分に自信がつけやすくなります。

セロトニンを分泌させるには、適度な運動と規則正しい生活習慣を身につけることが重要です。

また、最近ではサプリメントによってセロトニンを分泌させることも可能になっているため、実際に自信をつける行動を取りながら、同時にセロトニンの分泌を促しましょう。

思い込みをなくす

思い込むという行為は、あまり良くない結果を引き起こしてしまいやすいです。

例えば本当はとても趣味が合い、仲良くなれる人がいても、その人のちょっとした言動だけで自分のことを嫌いなのだと思い込んでしまった結果、仲良くなる機会を逃してしまうことがあります。

また、勉強や仕事でも、「自分には出来ない」「どうせ自分なんて」とネガティブに思い込んでしまうと、本当にその通りになってしまうこともあります。

どうせ思い込むのであれば、悪い方向にではなく、「自分ならば出来る」「絶対に大丈夫」などと、ポジティブな方向に思い込むように気持ちを切り替えましょう。

他人の評価を気にしない

学校や仕事、家庭などのあらゆる場面で、他人から評価を下されることがあります。

それが自分の価値そのものなのだと思い込んでしまうと、本当はもっと素晴らしいものを持っているはずなのに、それが出せなくなってしまいます。

確かに人と人を比較する上である程度の評価は必要とされますが、それはあくまでも基準としての物差しであり、あなた自身の価値を決められているわけではありません。

そのため、他人の評価に振り回れないようにしましょう。

何か言われても、自分は自分らしくあるように努め、気にしないようにしましょう。

「自信=傲慢」という勘違いを捨てる

自分に自信があることは、傲慢なことではありません。

ましてや、偉そうな態度でもありません。

自信満々で傲慢な態度に見える人がいるとすれば、きっとその人は本当の意味で自分に自信がある人ではないのでしょう。

本当に自分に自信がある人は、自信があることをわざわざ人にひけらかしたりしません。

常に落ち着いていて、何事にも動じず、また確実に対処しています。

自信があることを傲慢だと思っている人は、その勘違いを今すぐ捨てましょう。

【傲慢については、こちらの記事もチェック!】

自分の強みを知る

誰にでも一つは強みがあります。

例え人に自慢できるものではなかったとしても、それを自分で「強み」だと思っていれば、その気持ちが自信に繋がります。

勉強や仕事に秀でている必要はありません。

ただ「早起きが得意」というだけでも、それだって一つの強みです。

世の中には早起きが苦手な人はたくさんいるのですから。

どんなことでもいいので、自分自身の強みがあることをまずは知りましょう。

好きなことをする

好きなことをしている時、気持ちは明るくポジティブで、また大らかに構えやすいです。

自分に自信が付くと、常にそのような気持ちで過ごすことが出来ます。

「もしも自分に自信が持てたらこんな気分」だということを、好きなことをして疑似体験しましょう。

また、好きなことは突き詰めれば得意になり、それも自分の自信に繋がります。

自分に自信を持つと人生ハッピーになる!

いかがでしたでしょうか?

自分に自信を持つことは、自分にとって大きなメリットになります。

常に気持ちは明るく前向きでいられますので、幸せか不幸せかと聞かれれば、間違いなく「ハッピー!」と声を大にして言いたくなることでしょう。

言い方を変えれば、幸せな人生を送りたいと思うのであれば、まずは自分に自信を持つことが大切です。

まだ自分に自信が持てていない人は、さっそく今日からでも自信を身につける努力をしましょう。

毎日続けていけば、きっと自分に自信が持てるようになるでしょう。