人間には動作が俊敏な人と緩慢な人の2つに大別されますよね。

職場においても部活においても、動作がキビキビしている人は見ていてもこちらの気分までよくなりますが、反対に動作が緩慢でノロノロしている人は反対の気持ちにさせられる事が多いですよね。

では今回は「俊敏性」についてみていきたいと思います。

俊敏性がある人になりたい?その方法や特徴は?

動作が俊敏な人の方が、いかにも活動的で仕事もできる、というイメージをお持ちではありませんか?

どうせなるならば自分も俊敏性を持った人間になりたい、と思うのは当然の考えでしょう。

それではここからは俊敏性についてその意味や使われ方などを紹介していく事に致しましょう。

俊敏性って?


では「俊敏性」を様々な角度からスポットライトを当てて、徹底的に分解してみる事にしましょう。

辞書的な意味

ではまず「俊敏性」を辞書で引いたそのままの意味をご紹介します。

それによりますと、

「才知が優れていて判断や行動が素早いこと。また、その様」

https://dictionary.goo.ne.jp/jn/106975/meaning/m0u/ (「goo辞書)より引用)

となっています。

私なりに翻訳してみますと、「頭の賢い人、仕事の出来る人が行っている普段の行動様式。

つまり即時的な判断を行い、その行動についても非常にスピーディ」

といった感じでしょうか。

つまり、秀才や特別な能力に長けた存在の人の冠に使うような言葉、と言えるわけです。

以上が「俊敏性」の辞書上の意味、という事になります。

使い方

「俊敏性」を日常会話で使う場面というのは意外と少ないのではないでしょうか?ただ動作の速さだけを称えて使う言葉ではなく、特に優れた人物や対象に足して敬意の情を表すような言葉ですからね。

動作が早いだけなら別の言葉もありますからね。

そこでもう一度、goo辞書からの引用を行いたいと思います。

『・・・れを許していた、かの俊敏はやぶさの如き太宰治とやらいう若い作家の・・・太宰治「答案落第」』
『「・・・颯爽たる雄姿、動作の俊敏、天才的の予言!」などという馬鹿な事にな・・・太宰治「返事」』
出典:青空文庫
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/106975/meaning/m0u/

です。

どちらもかなり堅苦しい文章中に使われていますので「俊敏」って日常に使うにはかなりハードルの高い厄介な言葉だな、という印象を持たれたかも分かりませんね。

しかしやはりこうやって少ない例文を探し出してみると、「俊敏」というのはただの動作を表す言葉ではないから日常的にはあまり使われないのだな、と思った次第です。

「敏捷性」との違い

それでは次に「俊敏」とよく似た言葉である「敏捷性」について書いていきましょう。

俊敏性<敏捷性

では今度は「敏捷性」を同じgoo辞書から調べてみましょう。

それによると、

『1動作がすばやいこと。また、そのさま。「敏捷な身のこなし」「敏捷性」

 2理解や判断が早いこと。また、そのさま。』

という内容で載っていました。

https://dictionary.goo.ne.jp/jn/189142/meaning/m0u/

これの意味は分かりやすいですね。

普通にどんな事に対しても言える言葉です。

要するに動作が早いかどうか、また、頭の回転が早いかどうか。

という事を言っているようです。

だから対象者は誰でもいいわけです。

特に優れた一部のエリートさんに対して使う「俊敏性」とは汎用範囲が大きく違うようですね。

よって「俊敏性<敏捷性」という図式を成り立たせているわけです。

私たちが広く一般的に使いやすいのは「敏捷性」という方なのです。

ただ、俊敏性の正しい意味を知っておかないと、使い方を間違えて相手の人に「ムッ」とされる事もあるかもしれません。

ただ動作などが早いだけなら「敏捷性」、相手に対して敬意や特別な人物という認識を表したいなら「俊敏性」という区分けが今後は必要でしょうね。

まずは俊敏性から鍛えよう


俊敏性を理解する前に自分自身が俊敏性を備えた人間になることを先にやっていきたいですね。

俊敏性を鍛えるのです。

かといって通信教育や資格の講座のように「俊敏性を鍛える」などというアイテムは恐らくどこの本屋さんを探してもないでしょうし、ネットで調べても見つからないかもしれません。

俊敏性とは「英語」や「理科」のようなまとめられた教科ではなくあくまで個人の「才知」なのですからね。

才知を鍛えようと思えばこれが一番、という教科はなかなか該当させにくいものです。

才知=「教養」とも言えますし「マナー」や「一般常識」あるいは「マンパワー」「人間力」と取ってもいいでしょうしね。

とにかく俊敏性を鍛えようと思えば、やるべきことは山ほどある、と言えるでしょう。

とにかく日本人は俊敏性が高い人ばかり

ここで視点をちょっと変えてみてみましょう。

日本人の気質なのか、自分は優等生イメージで周囲から見られたい、という思いはないでしょうか?

つまり学校内においてなら、クラスでも成績はトップクラス。

スポーツをやればそつなくこなせる。

そして外見は女子ならば「可愛い」が絶対条件。

男子ならば「目指せイケメン」といった感じ。

一方、社会人となってからも仕事はそつなくこなせ皆からは好かれる存在に。

組織の人気者を気どり、年収も同期の誰よりも多くもらう。

当然そのための努力をこれまでやってきたんだから、それくらい要求して当然だし、自分は世の中の多くの人間よりもかなり優れている、という発想です。

まあ、だからそれが悪い事とは絶対に言えませんよね。

努力して自分が「俊敏性」を兼ね備えた人間になるのなら誰も文句は言いませんから。

俊敏な人が社会に多く存在すればどれだけ世の中はいい方向に向いていくか、想像するだけで楽しみになります。

そういった意味では、日本人というのは俊敏性を持った人の割合が非常に高い国、とも言えるかも分かりませんね。

いい悪いは別にしてこれが日本の現状だと思います。

才気あふれる人が世に多く輩出される事に何の異論もありませんからね。

俊敏性のある人の11個の特徴

それではここからは俊敏性のある人の特徴をみていく事にしましょう。

日本人に多いという俊敏性を持つ人の特徴とはどのようなものなのでしょうか?全部で11個、ご紹介致します。

先のことを計算して行動する

俊敏性のある人の特徴の最初の1つ目は「先のことを計算して行動する」です。

これぞ俊敏性のある人の真骨頂ともいえる特徴でしょうね。

何故、俊敏性を備えている人の動きは迅速で早いのか?答えは常に先のことをしっかりと計算しておいた上で行動していたからなのです。

段取りをよくする、という言い方がありますね。

これは時間の使い方を無駄にしない上で必要なやり方なのですが、この段取りよく行う行動こそ、その人の俊敏性をよく表している行動だと思います。

これまでの失敗経験を通して、人は同じ過ちを二度も三度も繰り返すような愚かな事はやりません。

そんな事をしていたら仕事のスピードは遅くなり、処理できる仕事量も限られてしまいます。

だからこれから起こりうるだろう事態を予め予測しておいてテキパキと仕事をもなせるように一つ一つの事を時間計算して処理していくのです。

時間を有効に活用できてこそ優秀なビジネスマンです。

俊敏性はこういったところから鍛えられていくのです。

自分が何をすればいいかを理解している

俊敏性のある人の特徴の2つ目は「自分が何をすればいいかを理解している」です。

これは組織内においての自分の立ち位置が理解できている事を前提にしています。

つまり自分が組織の中でどのように動くかは、その組織の規律やルール、求められている成果との総合的な判断から割り出して行動しているのです。

つまり「ニーズ」を間違えずに掴めている、という事がいえますね。

この「ニーズ」を理解せずに行動してしまうとあなたは、たちどころに組織内で浮いた存在となってしまいます。

いくら超難関の大学を卒業していても世の中に出て自分の立ち位置とそこで求められるニーズを掴む能力がないのなら、その人は何の役にも立たないただの「木偶の坊」となってしまうでしょう。

俊敏性を育むには常に自分は何をすればいいのか、を真剣に考えなければならないのです。

とにかく素早い

俊敏性のある人の特徴の3つ目は「とにかく素早い」という事です。

俊敏性の高い=仕事が出来る人、というのはとにかくあらゆる行動が迅速で素早いですね。

お客様のところに伺うにしても朝の出勤時にしても俊敏性のある人の歩行は素早いです。

一歩一歩の歩幅が違います。

この素早さが全ての時間の短縮となり仕事量を多くこなせることが出来るようになるのです。

同じ1時間という時間の中において3つの仕事を処理できる人とじっくりと時間をかけ過ぎて1つの仕事しか処理できない人。

その仕事の出来栄えは別にして会社はどちらの人を選択したくなるでしょうか?

答えは誰の目にも明らかですよね。

歩くのが早い

俊敏性のある人の特徴の4つ目は「歩くのが早い」です。

仕事の出来る人だから歩くのが早いのか、元々、歩くのが早かっただけなのか、とにかくビジネス戦線の最前線で奮闘している方の歩行は物凄く早いです。

大股でどんどん前へ進んでいきます。

秒を争って仕事をしているのですから、自然とそうなるのかも分かりませんが、とにかく凄い歩く速さです。

俊敏性を如何なく描写している特徴といえるでしょうね。

時間に追われる現代人、それが俊敏性を備える人に共通する一つのキーワードといえるのかもしれませんね。

何かと時間に追われている

俊敏性のある人の特徴の5つ目は「何かと時間に追われている」です。

ここの特徴も俊敏性のある人の時間の使い方に関する特徴となりましたね。

俊敏性のある人は限られた時間で出来うる限りの仕事量を処理していきます。

よってお客様とのアポイントも移動時間がギリギリになってしまうケースも稀ではありません。

とにかく時間との勝負なのです。

俊敏性のある人はこうやって時間に追われる立場となってしまいます。

それは多くのお客様がその人のファンになっているのですから仕方ありません。

売れてる人間はいつになっても「引く手あまた」という訳ですね。

時間やタイムスケジュールが厳格

俊敏性のある人の特徴の6つ目は「時間やタイムスケジュールが厳格」です。

これも時間との勝負を匂わす特徴となりましたね。

俊敏性のある人の時間の使い方はとにかくハードでシビアです。

1分1秒も無駄にはしません。

空き時間ができたらすぐさま新しい予定をそこに埋め込んでいきます。

こうやって俊敏性のある人の1週間単位や1ヶ月単位のタイムスケジュールが超厳格なものに変貌していくのです。

勿論、当の本人はこのスケジュールを厳粛にこなしていきますし、それが生き甲斐にもなるわけなのです。

仕事が出来るかどうかの差は、案外このあたりスケジュールの作成及びこなし方に秘密がありそうですね。

何か達成したい目標を持っている

俊敏性のある人の特徴の7つ目は「何か達成したい目標を持っている」です。

時間を有効に使うためにはどこからどこまでをその仕事で使うか。

その線引きをしっかりとあらかじめ決めておかないとズルズルダラダラとしたペースにはまってしまう可能性があります。

つまり決着をつけるべき最後の線引きを作るという事ですね。

そのために俊敏性を備えている人は、どんな小さな仕事でもそれぞれに達成したい目標を設定し、消化していくのです。

またこの場合の達成したい目標というのは決着させたい時間、という事になりますね。

ここにも俊敏性を有する人が何故、テキパキと素早い動作で物事を処理できるのか、の秘訣が隠されていますね。

ポジティブ思考

俊敏性のある人の特徴の8つ目は「ポジティブ思考」です。

この「ポジティブ思考」、今更説明するまでもなく、全ての物事に対して持っておかなければならない必須の特徴であり、人生を歩いていくのになくてはならない、とっておきの思考回路なのです。

物事を肯定的に考えられない人ほど、無駄な時間をかけやすいのはどうしてでしょうか?恐らく人を信じられるかどうかが大きな要因のような気がします。

多くの仕事を抱えるのなら、そのいくつかは信頼できる他者にやってもらった方が遥かに効率的です。

それを全部自分で処理しようとするから外からみたら「仕事の遅い人」という判断をされてしまうのです。

「人に任せられない=自分に信望がないから」という悲しい現実を恐らく気付いていないのかも分かりませんね。

信念を持っている

俊敏性のある人の特徴の9つ目は「信念を持っている」です。

この特徴も成功する人の大半以上が持っているものではないでしょうか?揺るぎない信念を持っているからこそ、難局を迎えてもぶれることなく自分のペースを守って乗り超えていけるのです。

同時にそれは迅速な処理の継続となっているのです。

人間、いくら不断の信念を持っていたとしても、やはりそこは「感情の生き物」です。

状況によっては慌てる事も出てくるでしょうし、自身の判断力に狂いが生じる事もあるはずです。

しかし、最終的に俊敏性を持つ人はキッチリと時間を合わせてきます。

これも自身の「信念」の賜物でしょう。

ぶれない自分の信念があなたを常に成功ロードに導いてくれているのです。

行動力があり、活発

俊敏性のある人の特徴の10個目は「行動力があり、活発」です。

俊敏性というものの原動力は「行動する力」です。

また常に気持ちが前を向いているからこそ一刻も早くその行動を行おうとする「活発性」を有しているから成り立つのです。

このタイプの人の心の中には「面倒くさい」という発想は一切ありません。

物事に対して面倒くさがるということは、気持ちがネガティブになっている証拠です。

ネガティブ思考は一切の生産的な活動を拒否します。

よってその人が「活発になる」などと言う事は期待できるはずがないのです。

行動力があり活発だという事は、その人が「ポジティブ思考」が出来るという証明ですね。

これが俊敏性を生み出すのでしょう。

【行動力がある人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

勝負事が大好き

俊敏性のある人の特徴の11個目は「勝負事が大好き」です。

「勝負事」と聞いたらそれだけで博打や賭け事のような良くない遊び、というイメージで捉える人はいませんか?確かにどちらも勝負事ですが俊敏性を持つ人の勝負は賭博の世界ではありません。

厳しい現実のビジネスの最前戦なのです。

例えば世界は違いますがプロ野球の監督。

彼らの仕事は常に勝ち負けが付きまといます。

勝たなければその人は無能扱いの世界なのです。

勝てる監督というのは「俊敏な監督」と言えるのです。

正しい勝負の世界では実力だけがものをいいます。

付け焼刃の知識やアマチュアレベルの能力ではプロの世界では通用しません。

だから真の俊敏性を持つ人は勝つことによって自己満足感に浸れるのです。

逆に負けた時の苦しさは文字に表す事もできないくらいの苦痛なのです。

俊敏性のある人が勝負事を好きになる理由、お分かり頂けたでしょうか?

俊敏性を身につけるためには?

それではここからは、そのような俊敏性を身に付けるためにはいかなる事をやればいいのか?それを考えてみましょう。

真の俊敏さを身につけるにはガチガチに勉強だけすればいいものではない、という事がよくお分かり頂けると思いますよ。

運動して筋肉を鍛える

俊敏性を身につけるための最初の1つ目は「運動して筋肉を鍛える」です。

これはもう至極当たり前というか、基本の基本とでもいうべきものですね。

機敏に素早く動こうと思ったなら、自分の身体を鍛えて早く動けるようなボディを用意しておかなければなりません。

俊敏性を持つ人達に不健康で病気がちな人を見かけたことはありません。

皆さん、健康的で毎日をイキイキ過ごされています。

そして俊敏性を備えていらっしゃる方たちは、時間の許す限り運動を心がけています。

毎日ハードな一日を過ごしてきているのに、よくそこまでして時間を作ることができるな、と思うくらい自身の健康に対して留意されています。

人間の健康の衰えは足からやってきます。

なので彼らは毎朝、早く起きて自宅の近くをジョギングやウオーキングを大なって身体を鍛え足腰の衰えを防いでいます。

この努力こそが俊敏性を生み出す元となることは疑いようのない事実です。

筋肉は鍛えなければ確実に衰え、げっそりと痩せてしまいます。

休みの日にはご自身に合った適度な運動は行いたいものですね。

フットワークを軽くする

俊敏性をみにつけるための2つ目は「フットワークを軽くする」です。

このフットワーク、何も動作や歩行が早い、というだけではありません。

自身にとって格段,徳にもならないかな?と思えるような事でも積極的に参加して自分の顔を広く売っておく、という意味も籠っているのです。

会社の中では自身の属する部署以外にも仕事で関わりのある他部署との関わりもあるでしょう。

そのような他部署からの誘いなどにも断りを入れずに参加しておけば、あなたの人脈が広がる事は間違いありませんよね。

実は俊敏性に富んでいる人は人付き合いも非常に上手いのです。

それは自分が出しゃばらずに聞き役に徹することによって同志や味方をたくさん作れるからです。

相手の人にとったら自分の他愛もない話しを興味津々の様子で聞いてもらえたら、こんな嬉しい事はありません。

一度にその人のファンになってしまうでしょう。

こうやってフットワークを軽くしておけば、思わぬところで社内の面白い情報やビジネスに生かせそうな情報が舞い込んでくる可能性があるのです。

厳しい現代社会を生き延びるためには殻に籠っていては大きな飛躍は期待できません。

フットワークを軽くしておくだけで、あなたは優れた俊敏性を備える事も出来るのですよ。

【フットワークを軽くするメリットは、こちらの記事もチェック!】

1日の計画を立てる

俊敏性を身につけるための3つ目は「1日の計画を立てる」です。

俊敏性により具体性を与えるためには目標設定は欠かせません。

目標がない事には素早い動きも起こしようがないからです。

そこで毎朝、会社に出社する前までに今日1日の計画を綿密目に立てておくのです。

俊敏性のある人がキビキビと機敏に動けるのは、仕事の決着を細かく時間で切っているからです。

今行っている仕事は10時までに決着させる。

その後の仕事は午後3時は決着時間、というように頭の中で細かくスケジューリングされているからなのです。

従ってその仕事に割り当てられた時間を大事に使うのです。

1秒でも時間が惜しいから移動時間にしろ事務処理にしろ迅速にサッと終わらせるのです。

そしてつかの間のブレークタイムにホッと一息つくわけです。

だからその朝のうちに立てる1日の計画が重要になるのです。

真っ白なスケジュールでは思うような動きが出来なくなるのは当然ですからね。

時間を気にして動いてみる

俊敏性を身につけるための4つ目は「時間を気にして動いてみる」です。

先ほどの「1日の計画」の続編の感じですね。

それではその許された時間内でどのような動きをすれば無駄なく効率的に仕事を決着させられるのか。

今度はそれを検証してみる段階です。

これには秘訣はありません。

とにかく時間をきにする。

これしかありません。

いついつまでに片付けようと思えばどういう行程、順番で処理していけば最も最速の時間で片付くか。

これに徹底するのです。

だから自ずと体は気忙しくなります。

動作は自然と早くなります。

これらの動きはほぼ無意識に行われているといっていいものでしょう。

やらされているから仕方なくやっている、という次元のものではありません。

自身の意思で責任感を持ってやり遂げようとしているのです。

人間は指示を待つようなスタイルになってしまったらおしまいだと思います。

全く自分の脳で考えなくなりますからね。

そうなると時間の観念が完全に消えるのです。

時間を気にしないで仕事をする人間は、言い方は悪いですが「三流」の人間だと思いますよ。

一流のプロの人間は決められた時間内に仕事を決着させる事に必死になるのはこのためなのです。

時間単位での生産量全然違う、という結果が出るのです。

何かに必死になってみる

俊敏性を身につけるための5つ目は「何かに必死になってみる」です。

これも俊敏性を身につけるには欠かせない特徴なのですが、何もそんなに難しく考える必要はありません。

先ほどの時間の感覚を意識して仕事をすれば否が応でも何かに必死になっている自分がいるはずですから。

だいたい社会人になって取り掛かる仕事というのは、今まで自分が体験したこともない領域のものばかり。

言うなれば「何か」の宝庫なのです。

資格の勉強をするよりも何十倍もの成果を勝ち取れるのが「何か」の仕事の成果なのですよ。

だから初めて取り組む仕事を必死になってやってください。

それが例えつまらなさそうな仕事であっても全霊を込めて取り組んでください。

上司は必ずあなたの仕事っぷりを見ています。

あなたが俊敏性を備えそうな人間かどうかを的確に見ています。

とにかく最初のうちは失敗を恐れずに取り組んでください。

俊敏性というものはコツコツ積み重ねたあなたの体験が多ければ多いほどより優れたものとしてあなたの腕前として定着してくれますからね。

俊敏性な人に適した職業

次に見ていきたいのは俊敏性な人に適した職業です。

でもここまでの紹介で何度もビジネスの世界を例に出して書いて参りましたよね。

勘のいい人は俊敏性の高い人がどのような業界に向くのか、もうピーンと来ているのではないでしょうか?

IT業界

俊敏性な人に適した職業の最初の1つ目は「IT業界」です。

日々刻々と変化の激しいIT業界。

競合他社とのしのぎ合い、つぶし合い、更には長時間に及ぶ過酷な勤務ぶりなどIT業界を取り巻く環境は決して良好とはいいにくい部分があるでしょう。

しかし、今やテレビではなくネットの時代。

今後ますますネットにかかる比重は大きくなっていくだろうことが予想されるだけにこの業界を狙いたい人たちは後を絶たない状況だと思えます。

そんな浮き沈みの激しいIT業界、のんびりと指示を待って仕事をやっているようでは、とても現役でやり通すのは難しいでしょう。

IT業界こそ、俊敏性を有する人間の活躍の場と言えるかも分かりませんね。

己の腕を信じて敢えて荒波の立つ業界を選ぶ俊敏な人。

ただ、非常に激務な世界ですから体だけは気を付けてくださいね。

管理職

俊敏性な人に適した職業の2つ目は「管理職」です。

そうでしょうね。

俊敏性を備えた人が取り合えず目指すべきポジション、それが管理職の世界でしょう。

管理職は自分が兵隊となって動くポストではありません。

多くの部下を動かし利益を稼ぎ出してもらうようにする、いわば「監督」のような立場の仕事です。

しかし、このポストはそんじょそこらの実力程度ではなかなか全うできるポストではありません。

多くの実戦での経験と人を動かすことが出来るマネジメント能力。

この2つをバランスよく併せ持っていないと、とても務まらない仕事なのです。

しかし、俊敏性を備えている人間にしかこのポストの仕事は務まらないのも事実です。

時間の観念のない人が管理職の立場に就いてしまったら、それは不幸な人事となってしまうでしょう。

それくらい管理職という立場は見た目と実際に受ける本人のストレスやプレッシャーは想像を絶する重いものがあるのです。

何せ管理職は企業の経営陣と渡り合う必要があります。

その重圧たるやベテランの管理職でもキツイ作業なのです。

それを次の人事が発令されるまでやり通さなければなりません。

同時に後継者も作らなければなりません。

それらをやりながら目標数字の達成と利益の確保も行わなければなりません。

そう思えば本当にキツいポストなのですが、あなたの頑張り次第でこの管理職のポストに就くことは十分可能なのです。

俊敏性を売りにする方ならば力の出し惜しみをすることなく管理職のポストを狙いに行くべきだと私は思いますよ。

営業職

俊敏性な人に適した職業の3つ目は「営業職」です。

営業職程、全職業中に占める割合の多い業種はないでしょう。

普通に株式会社であるならば営業のない会社など、まずあり得ませんからね。

だからどのような方でもチャンスはあるのです。

営業の仕事に就けば、学歴もキャリアも関係ありません。

試されるのはあなたの実力のみです。

また俊敏性を売りにする人のほとんどは、この営業職を経験してきているのです。

今の時代の若者にとったら、ブラックの代名詞的な仕事として不人気な職種なのかも分かりませんがやったらやっただけ成果と自信がついていくのも営業の仕事です。

営業の世界でぐんぐん頭角を現すその時こそ、あなたが真の俊敏性を持つ人間になれる時でしょう。

とにかくスピーディーに動きたい人は俊敏性がある!(まとめ)

如何だったでしょうか?俊敏性がある人の特徴を11個、俊敏性を身に付けるための5つの条件、俊敏性な人に適した職業を3つ、ご紹介致しました。

最後に紹介いたしました職業は、今の時代だとどれもブラックの部類に入ってしまうかもしれない微妙な世界かも分かりません。

でも、そういった世界で修行するからこそ時間管理のできる本物の仕事人間となれるのも事実です。

例えに使って申し訳ありませんが、モノを売って生産性を上げる事が出来る社員こそが企業が欲しがる人材なのです。

稼ぐ社員になるためにはそれなりの茨の道を歩くからこそ俊敏性を身に付ける事ができる、という事を改めて再確認してもらいたいものですね。

とにかくスピーディーに仕事をしたいと思っている方ならば俊敏性を有する人間になれる下地は十分ある、という形で締めさせていただきますね。