一人暮らしや賑やかな家庭な時に気をつけておきたいのが隣人のトラブルですよね?

例えば煩いと言われることもあれば、騒がしい、もっと静かにしてほしいというような騒音のトラブルがあると思います。

特に1人暮らしの人では家が木造なのか、鉄筋コンクリートなのかで大きな違いがでますよね?

木造はキレイですがよく音漏れがあると言われており、鉄筋コンクリートは音漏れがあまり無いと言われています。

他にも騒音だけではなく例えばペットを飼っている家庭であればペットの鳴き声で隣人に迷惑をかけてしまったというような事があるのではないでしょうか。

隣人とのトラブルというのは様々なことで起こったりもしますが面倒臭いと思ってしまうのも無理はありません。

隣人とのトラブルになる前に事前に対策をまずはする必要があります。

ペットなどの問題であれば防音のようなものを取り付けたり、ゴミなどの問題であればゴミ出しの日など、その地域のルールを確認したりすることが必要です。

基本的には地域によりルールというものが違います。

その例がゴミ出しです。

例えばゴミを出す際に燃えるゴミは指定の袋で出さないといけないというのもありますよね。

それが他の地域ではどの袋でも良いというのもあります。

ポリ袋であれば何でも良い、紙袋であれば何でも良いといったこともあります。

ルールというのはちゃんとあるので、そのルールを守るというのはとても大事になり、隣人とのトラブルを事前に防ぐ対策にもなるのです。

ですがそれでもトラブルが起こってしまうと面倒と思ってしまったりしますよね。

今回はそんな隣人トラブルを起こさないために、気をつけておきたいことについてお話をしたいと思います。

皆さんも隣人とのトラブルがあった、一人暮らしをしている際は苦労したというようなことがあるのではないでしょうか?ではどの様なことがあるのか詳しく見てみたいと思います。

️隣人トラブルは面倒臭い…

隣人トラブルは面倒臭いと思うことが多いですよね。

例えばルールというものが必ずあるのですが、隣人トラブルを起こしてしまった際はそのルールを破っていたというようなこともあるのではないかと思います。

仮に引越ししたてでも「よく読んで!」と怒られたり「うるさい!」と怒られたりするというようなこともあるかもしれません。

隣人トラブルというのは様々な問題で出てきますが、特に重要なことは起こる前に防ぐということなのです。

起こった後では手遅れな状態になるということを覚えておいてください。

また引っ越した後になって新たにそこに引越しをしにきた人ともトラブルになるというような事もあります。

様々なトラブルが多くありますが、何よりも大事なのはマナーを守るということ、そして事前の準備となる対策です。

トラブルというのは必ず原因というものがありますよね。

ですがその原因が解れば予めから対処をすることができるはずです。

例えば子供の騒音の場合は走り回るということでドタドタと音が鳴るということであれば、下にマットのようなクッションを置くことでその音を防ぐことができます。

また子供の場合はそのクッションなどの素材によりフローリングで怪我をしたりすることも防ぐことができるのでオススメです。

隣人トラブルはあまり無いという人も、もしかすると今後出てくる可能性もあるので十分に対処をしておくようにしましょう。

️隣人トラブルのあれこれ


では隣人トラブルというのはどの様なものがあると思いますか?先ほどあげた例だとゴミの問題やペット、騒音などその様なものがあります。

では他にはどの様なものがあるでしょうか?

例えば近所の子供同士のトラブルとなればそれも隣人トラブルの1つになるのです。

基本的にトラブルというのは自分から起こったりするというのではなく、子供が原因であったりする場合もあります。

ゴミや騒音などもあまり気にしていなかったのにいつの間にかトラブルになったということもあるでしょう。

特にペットでは、夜にも鳴いたりすると近所迷惑になったりすることもあるのではないでしょうか。

隣人トラブルというのは他にもありますが、今回は代表的なトラブルについてお教えしたいと思います。

ゴミ問題

ゴミ問題というものがあります。

例えばゴミをベランダに出しておいてゴミの日に出すというような家庭もありますよね。

基本的にその様なことをしてしまうと匂いというのが隣人にまで届いてしまうようなことが多いです。

特にマンションやアパートなどの賃貸を借りて住んでいるという人にあるのではないでしょうか。

ゴミの問題というのはそれだけではなく、例えば昔であればゴミ袋に誰が出したということが解るように名前を書いて出していたという地域もあります。

それに名前を書いていない状態となると名前を書いて出すようにと言われたりすることもあるでしょう。

地域によってはその様な地域もあるので注意をするようにしましょう。

その場合、トラブルの原因となるのは、ゴミに名前を書いていなかったということになるのです。

そんなことでも自治会などから注意があったり、隣人とのトラブルにもなったりするので注意をするようにしましょう。

騒音


騒音というものが一番の原因になるのではないかと思います。

基本的にマンションやアパートに住んでいる人はこの騒音のトラブルというものが多いのではないでしょうか?

例えばテレビを見ていただけなのにその音が隣に漏れていてもっと下げろと注意をされたりしたという人もいるのではないかと思います。

騒音のトラブルというのは基本的に音漏れが原因でトラブルになることが多いです。

騒音というのは騒いでいる音と書きますが、物を動かしている音でさえも聞こえてしまうというようなところもあります。

マンションやアパートなどを選ぶ際によく木造や鉄筋コンクリートというような項目があると思いますが、防音に強いのが鉄筋コンクリートです。

基本的に鉄筋コンクリートは壁と壁の間に更に鉄筋を流しているのでその厚みが大きいければ大きいほど防音が大きく効果を出すようになります。

一人暮らしの際には防音のあるところを住むようにしましょう。

では一軒屋などの住宅街の中での騒音という場合はどの様なものがあると思いますか?騒音があるということは隣の家まで聞こえるような音が響いているということでもあります。

大音量でテレビを流していたり、大笑いで話をしていたりするとそれが騒音として周りに響いてしまうのです。

音というのは小さいと思っていてもその音により響き方が違います。

笑い声というのは基本的に音が高いのでよく響くことが多いでしょう。

音に関してのトラブルは全国的でも一番に多いのではないかと思います。

皆さんも気をつけるようにすることが大切です。

一番は防音のある家や部屋にするということです。

無理なのであればなるべく音を立てないようにすることが大切になるでしょう。

【騒音を出さないためには、こちらの記事もチェック!】

ペット

ペットのトラブルというのもあると思います。

例えば夜に犬などが鳴いて吠えたりすることがあれば隣人にも聞こえたりしますよね。

夜に活発になってしまうという犬もいるのではないでしょうか。

ペットによる音というのは外にいるペットがいればいるほどよりトラブルの原因となってしまいます。

また犬を飼っていて首輪などが繋がっているものの、子供達にいきなり吠えたり繋がっているけれど追いかけてきたりしようとする犬もいますよね。

基本的にその様な犬に対しても子供が怖がるからという理由で苦情がきたりすることもあります。

最近では庭に放し飼いというのも少なくなってきましたが、それも原因があるのではないでしょうか?ペットによるトラブルというのもあるので是非覚えておきましょう。

駐車

マンションやアパートの賃貸に住んでいる人によくあるのが駐車でのトラブルです。

マンションやアパートの場合は駐車できる場所が決まっており、その指定の場所に停めなくてはいけません。

しかしながら他の場所に停めてきたり、逆に停めてしまうと相手の迷惑にもなりますよね。

この駐車でのトラブルというのもあります。

また隣人に限らず無断で空いているところに駐車をするというのも問題になっています。

駐車をする際は指定された場所かパーキングに駐車をするようにしましょう。

子ども同士のトラブル

子ども同士のトラブルというのもあります。

特に近所の人や隣人さんとも遊んだりするという子供は仲が良くてもトラブルが多くなる場合があります。

些細な喧嘩や発展してしまうといじめなど、様々なことでトラブルがおきてしまうでしょう。

基本的に子どもたちは小学生の頃はよく外でも遊びます。

夜になっても帰って来ないと心配をしていたら隣の家の子供とずっと遊んでいたなんていうこともあるでしょう。

子ども同士のトラブルは特に自分達による問題ではないので更に手をやくことが多いです。

学校にまで言って親で話し合うということもあるので十分に注意するようにしましょう。

親同士のトラブル

親同士のトラブルというのもあります。

基本的に親同士のトラブルというのはよくあるのが噂です。

悪い噂話などを流されたりするとなると周りの人達からもその様なイメージで定着をしてしまいます。

他にもわざと嘘を教えられたりするようなところもあるのではないでしょうか。

隣人さんがよくこちら側の家でくつろぐというのもトラブルの元になっていたりすることもあります。

基本的に引越ししたてというのはコミュニケーションが大事になりますが、接しすぎるのもよくありません。

適度な距離感が必要になるので、隣人トラブルのもとにならないようにしましょう。

️隣人トラブルは事前に防ぐ

様々な隣人トラブルがありますが、事前に防ぐことが大事です。

トラブルというのは必ずその元となる原因があるはずです。

どうしてこの様になってしまったのか、何故この様なことになったのかと考える必要があります。

特に子どもの隣人トラブルの場合は、お子さんにちゃんと本当かどうかの確認をする必要もあります。

子供が怒られるのが嫌だから嘘をついているなんていうこともあるので、よく子供とも話しをするようにしましょう。

トラブルは急におこるものです。

ですがそれにも原因となるものが必ずあるでしょう。

何かあってからでは遅い

問題が起きていたり、トラブルというのは基本的に鉄則があります!それは何かあったからでは全てが遅いということです。

どういう事かと言うと、予めその問題について触れておく必要があるということにもなります。

気付かなかった、というのではなく、気付くようにすることが大事になるのです。

仮にゴミ問題であれば、当日に出せるようにゴミ出し前日に出したり、ゴミを出す前に名前を書くなど、予め気をつけていればこの様なトラブルなどには巻き込まれずにすみますよね。

何かあって被害が大きくなるより、予め対策していたことを常にしておくと心も気が楽ですむのではないでしょうか?特に地域の方になってしまうとルールというものが多くあります。

そのルールにのっとって生活をするなんていう所もあるので、十分に注意をするようにしましょう。

️隣人トラブルを起こさないよう気をつけたい3個のこと

隣人トラブルというのは何か起きてからでは対策をするというのは遅いです。

基本的に最初からする必要があります。

そんなトラブルを起こさないように気をつけたいこと3つについてお教えしたいと思います。

基本的なことですが、とても大事なことでよく見落としてしまいがちなことが多いでしょう。

例えば地域のルールを守るといっても、暗黙のルールなどがあるかもしれません。

また変に言ってきたりするという人がいるのであれば、最初からその様な傾向のある人と関わらないようにするというのも大事になるでしょう。

基本的にその場所に住むというのであれば周りの人も自然と知るようになります。

隣人のトラブルの原因というのは長くいればいるほど多くなってしまうこともあるので、そのトラブルが原因で新しいところに引越しをした家族もいるのではないでしょうか?

ではそんな事になる前に、隣人トラブルを起こさないように気をつけておきたいことについてお話をしたいと思います。

地域のルールを守る

地域のルールを守るというのは大前提で気をつけておきたいことです。

仮に今まで都会に住んでいたとして田舎の方面に移動をすることになったという場合は特に気をつけるようにしましょう。

都会などに関しては大雑把に決められていることを守り、人の目をあまり気にしないというのがあります。

ですが田舎の場合は別で、人の目が気になってしまいます。

これは人が少ないから直ぐに覚えられたりするのではという不安があるからです。

でもそこまでして気にするというような人はいないので大丈夫だとは思います。

注意することはそのルールをどの様に聞くのかというところです。

例えば引越しして直ぐに仲良くなったという人でも信頼できるかと言われると考えたりするのではないでしょうか?

信頼できる人にルールなどを聞いてどのようにするか、またはネットから情報を集めるというのも良いでしょう。

様々なことを駆使して予めルールを知ることも必要になるのです。

暗黙のルールなどにも注意

暗黙のルールというのも中にはあります。

ルールには則っていませんが皆が何故かこの様にしているというのはありませんか?

例えば会社で働いている際に休憩をする時は必ずメモ帳に休憩中と置いて出るというような事もあったりするのではないでしょうか?

暗黙のルールというのはいつのまにか皆でできてしまったルールでもあります。

別にしなくても良いということでもあるのですが、それをしないと何故しないのだろう?と周りから思われても不思議ではないですよね。

トラブルの原因がそれに繋がることもあるでしょう。

最初はなるべく様子を見るようにして暗黙のルールなどにも注意をするようにしましょう。

引っ越してきたばかりなら信頼できる人に聞く

引っ越してきたばかりであれば信頼できる人に聞くというのも大事です。

仮にその様な人がまだいないとなれば、ネットなどで情報を集めるようにすると良いでしょう。

例えばゴミの捨て方もそうですが他の事に関しても同じです。

信頼できる人に聞けば安心することも多くなるので近所付き合いも良好に保つことができるでしょう。

引っ越してきたばかりの状態というのは解らないことが多いですよね。

そのためネットなどで情報も集めたりしますが、一番は身近に信頼できる人と関係を築き、様々な情報を得るところから始まります。

変な人には関わらない

変な人に関わらないというのも1つ気をつけるべき対策です。

これは特にそうなのですが仮に隣人さんがその様な人であった場合は一切関わらない勢いで生活をすると良いでしょう。

変な人というのは具体的にはトラブルメーカーのことを指します。

トラブルメーカーとは何かあると必ず問題となる人が出てきますよね。

隣人トラブルであればその原因となっている人です。

その様な人にはまず近寄らないということができます。

基本的に隣人さんだからと言って接するのではなく、隣人だからこそ接しないというのもあります。

それはよほどトラブルメーカーか問題などを起こしてしまうような人であればあるほどその様に対策をすると良いでしょう。

変な人には関わらないというのもありますが、基本的にはそのような対策をとることも大事になるのです。

トラブルメーカーには近寄らない

トラブルメーカーには近寄らないようにしましょう!引っ越しをしてきた所をついてくる人もいますが、トラブルメーカーと直ぐに判別するには難しいですよね。

最初は接していつのまにかいろいろなトラブルに巻き込まれてしまったなんていうこともあるのではないでしょうか?

トラブルメーカーを見破る方法としては、礼儀やマナーがちゃんとなっているかを確かめることが大事です。

いきなりフレンドリーに接してくるのも少し警戒をするようにしてみてはいかがでしょうか?引っ越ししたてで嬉しく思うのもありますが、基本的にトラブルメーカーとは関わらないようにして近寄らないことが大事です。

仮にその人が隣人であった場合は喋ったりもしないようにすると良いでしょう。

他の人からの評判なども聞いてみると良いかもしれません。

関係を切る勢いでOK

関係を切る勢いで大丈夫です。

基本的に関わってしまうとトラブルを起こすというような人に関しては関係を切る勢いで接するようにしましょう。

向こうからきていたとしても「忙しいので」というだけで向こうも納得してくれることが多いです。

また仮に何かトラブルを持ってきた場合は「こちらは一切関係ない」ということを相手に伝えることが大事です。

エスカレートするのであればそのまま警察に通報というやり方もできます。

関係を切るという勢いも大事になるのでトラブルの際は十分に気をつけるようにしましょう。

情報収集も欠かさずに

情報収集も欠かさずに行うことが大事です。

例えば情報収集をする際に近くの人に聞くだけでなくネットでその情報を集めると良いでしょう。

基本的に情報を集める時には本当にそうなのかどうなのか確かめる必要がありますよね。

仮に間違ったことを教えられる可能性もあります。

なのでその真偽を確かめる際は近くの人や近所、様々な人に聞くというのが一番でしょう。

情報収集というのはあらゆるところから情報を集めてからこそ始めてどうすれば良いのか、本当は何をすれば良いのかというのが解ってくるはずです。

引っ越ししたての場合は特に気をつけるようにして行動をしましょう。

礼儀をわきまえた行動をする

礼儀をわきまえた行動をすることが大事です。

例えばいきなりフレンドリーに近所さんや隣人さんに接していても意味がありません。

逆に警戒をされてしまう可能性もあります。

礼儀をわきまえた行動をするようにすると、相手も自然と仲良くなったりするのではないでしょうか。

また子供がいるという家庭では近くのお子さんと遊ぶ機会も多くなるのではないかと思います。

礼儀をわきまえて、かつ子供達も接してあげられるような環境で生活をしたいですよね。

親しき仲にも礼儀ありというように、どんな人でも礼儀をわきまえた行動をしなくてはいけません。

これはマナーとしても同じです。

隣人のトラブルとして引き起こさないように気をつけるようにしましょう。

挨拶をする

挨拶をするというのはとても大事なことです。

例えばいきなり話かけても意味がありませんよね。

朝に会うのであれば「おはよう」というように挨拶をするということは大事になります。

基本的に田舎の方だとそうですが、隣人さんとの会話というのは多くなる機会が多いです。

おすそ分けなどをもらったりするという家庭もあるでしょう。

その際にも必ずあいさつからお互い入ると思います。

挨拶をしない家庭というのはとても辛いことが多いです。

「あの家庭は礼儀がなっていない」という噂も立てられてしまうほど、田舎の方面であればよく広まります。

また都会でも同じです。

基本的に苦情などはその自治会や地域の役所等にいくとは思いますが、基本的な挨拶をするというのはマナーなので覚えておくようにしましょう。

お祝いをする

お祝いをするというのもあります。

お祝いというのは何か隣人さんにおめでたい事があったり、子供が結婚をしたとなった際にもおめでとうと言えるような状態にすることが大事です。

お祝いをするというのは滅多にありませんが、子供たちがいつもお世話になっていたりするといった際にはその様なことをするのも良いかもしれません。

お礼をする

お礼をするというのもあります。

お祝いに通ずるものがありますが、何時もお世話になっていたり、仕事で長期離れる場合、子供の面倒を見てくれたりするというような隣人さんもいるでしょう。

とても優しくいつも接してくれるという人もいると思います。

その様な人には必ずお礼というものをすることも大事です。

基本的に子供を預けるというのはあまりできないことですよね。

ですが相手ならば信用できるということで子供を預けているので相手からとしても、実は身が重いのです。

お礼をするように常に心がけておくと良いでしょう。

最低限のマナーは身につける

最低限のマナーは身につけることが大事です。

最低限のマナーとは挨拶もそうですが、何かあった際にはちゃんと返事をする、返答をするといったようなことも含まれます。

仮にどうしても嫌だという場合は、自治会などに相談をすると良いでしょう。

地域であれば対応などもよくしてくれるかと思います。

マナーを身につけないという人はいないと思いますが、そのマナーが問題でトラブルにもなったりすることもあります。

十分に気をつけるようにしましょう。

️トラブル時の相談相手

仮に引っ越しをしたてでトラブルにあってしまった、長年住んでいたけれどトラブルに巻き込まれてしまったというような事があるとします。

その際には自分で考え込まずに誰かに相談をすることも大事です。

例えば警察などに通報をするというのも1つの方法です。

そこまでに行かないと考えるのであれば仲の良い他の近所に話しかけたり、家族で相談をするという方法もあるでしょう。

トラブルの時はよくテンパってしまいどうしようと1人で悩むことが多いのではないでしょうか?そんな時は他の人に頼るほかないのです。

自分のトラブルだから自分でどうにかするというのも大事ですが、時には人に頼ってみても良いのではないでしょうか?特に隣人とのトラブルというのは今後の生活にも関わってくる可能性が大きいです。

ではどの様な人に相談をすると良いのか例をあげて詳しく見てみたいと思います。

他のご近所さん

他のご近所さんに話を聞くというのも良いでしょう。

仮にトラブルの原因となっている人がトラブルメーカーであったりする場合はその情報を聞けたりする可能性もあります。

また、そのトラブルとなっている人が先にその人に話しかけていた場合は、あまり聞いてくれないという可能性もあります。

その際は他の人に話を聞いてもらうなどをして対策をするようにしましょう。

同居している家族

同居している家族に相談をするのが一番早く、信頼もあるのではないかと思います。

こうしようとなれば直ぐに実行できるのも家族の強みです。

基本的に隣人とのトラブルはこちらの問題として受け止めるので他の近所さんを巻き込みたくないと考える人も多いでしょう。

その時に一番してはいけないのが一人で考えて行動をしてしまうというような事です。

同居している人、家族に話を聞くというのはとても大事なことなので覚えておくようにしましょう。

警察

警察に話を聞くというのも1つの方法です。

お手上げの状態になったりどうすれば良いのか解らない、よく苦情などがきてしまうとなった場合は警察に通報をして原因を話すようにしてみてはいかがでしょうか?

事件などでしか動かないというイメージが強いと思いますが、この様な隣人トラブルであったり、他のことでも警察というのは動いてくれるのです。

弁護士

弁護士に相談をするというのもあります。

基本的に相手からのトラブルで何かすることができなくなったという場合は弁護士に相談をすることをオススメします。

お金はかかるものの、酷いトラブル原因などであった場合は裁判まで発展することもあるでしょう。

訴えるということもできるので、何か支障が出たり、自分にとってマイナスな事が多いのではないかと考えるのであれば弁護士に1度相談をしてみてはいかがでしょうか?

よくテレビなどでもあるように気軽に相談などをしてそれに応じるというような弁護士さんもいますよね。

敷居などが高いように見えて実は手軽に相談をすることができるので、とても心強い味方となってくれるでしょう。

市役所や区役所

市役所や区役所に話にいくというのもあります。

例えばマンションや賃貸などであればその管理会社に電話をしたり、大家さんに電話をするといような事で対処をすることができますが、一軒屋だった場合はどうなるかというと市役所や区役所などの自治会、役所に電話などをしたり直接行って相談をするというような事もできるのです。

特に都会ではなく田舎の方ではよく動いてくれたりするので、相談をする際にはそちらに足を運んでみても良いかもしれません。

️隣人トラブルには前もって対策を考えておく

いかがでしたか?隣人のトラブルというのは多くあると思います。

子供の喧嘩でのトラブル、親同士のトラブル、ゴミ問題や騒音の問題など様々なトラブルがあるでしょう。

ですが大事なのはその隣人とのトラブルには前もって対策を考えておくということになるのです。

実はどれも対策を考えておけばトラブルにはならないものばかりです。

引っ越しなどをして直ぐにトラブルになった、長く住んでいてなってしまったとなる前に、予めから対策を練っておいて行動をすることが大事になるでしょう。

隣人のトラブルは解決するのは時間ではなく行動をいかに起こすかでもあります。

トラブルメーカーが相手であれば一切関わりを持たないようにするというような事もできるので、その様なことをして周りとの関係を保つように頑張りましょう。