CoCoSiA(ココシア)

人生終わった…と思った瞬間31選

みなさんは、人生が終わったと思ったことが一度でもありますか?

きっと、一度もないという人はいないのではないでしょうか。

それくらい私たちの身近に「終わった」と感じる瞬間は潜んでいます。

今回は「人生終わった」と思える瞬間をご紹介していきます。

「自分もこういうことあったな」と思う人もいるでしょう。

ぜひ、楽しみながら読み進めていってくださいね。

この記事の目次

人生終わったと思った瞬間31選!

1.大事な日に大寝坊

卒業式や入社式で、朝起きられなかった!そんな体験をしたことはありますか?

前の晩にしっかり目覚ましをかけたはずなのにどうして!?と思うことでしょう。

そんなに大切な日だったのに、大寝坊してしまった自分を情けなく思い、「人生終わった・・・」と感じてしまうんですね。

まさに、「絶望感」です。

「希望が絶たれた」そんな思いがするでしょう。

そんなときでも大丈夫です。

心の中では「やばいやばい」と思っていても、意外と周りは優しくて「仕方ない」と思ってくれることもあります。

大寝坊して行ったけれど、意外とあっさり「OK」してもらえてよかった、などという体験もあるのではないでしょうか。

生きている限り、「終わる」ということはないはずです。

ただ、あなたの「心」が大げさに捉えてしまっただけのことです。

2.恋人の名前を間違えた

付き合っている恋人の名前を間違えてしまった。

そのような時も「終わったな」と思いますね。

あなたは冷や汗がどんどん出てきて、どんな風にそのあとをつなげばいいのか、分からなくなります。

混乱した状態では、いい言葉が出てくることもあまりないかもしれません。

「それ、誰の名前?他に好きな人いるの?」などと責められると、余計に混乱してしまいます。

しかし、そういうときは落ち着いて、一呼吸おいて「間違えてごめん。」と一言素直に謝ることが大切です。

そこであなたが焦った雰囲気をあからさまに見せると、恋人は余計に不安になります。

「冷静な心」を保つことが大切なのです。

3.恋人に浮気LINEを見られた

これはかなり焦ってしまう場面です。

「昨日は楽しかったよ。また、会おうね」などというあからさまに浮気を主張する内容では「終わった」と思うことでしょう。

でもそれは、本当でしょうか。

本当に「終わった」を意味するのでしょうか。

あなたの「心」が勝手に終わったと思っているだけで、そうではない場合もあります。

恋人はもしかすると許してくれるかもしれないし、意外とあっさりしているかもしれません。

見られたからといって「終わった」と決めつけるのは早いのです。

これを機にあなたも心を入れ替えて、恋人一筋になれる可能性もありますよ。

4.母親にエロ本を見られた

自分の部屋を掃除してくれている母親に、エロ本を見られてしまった!

これはとても恥ずかしいことで、「終わった」と思う瞬間でしょう。

頭に血が上って、母親に二度と会えないと思うくらいの気持ちになってしまうのではないでしょうか。

しかし、母親は寛大な心で「男の子だからね」と分かってくれることでしょう。

「しょうがないな」と思うかもしれません。

母親は自分の夫がエロ本を持っているのは許せなくても、自分の息子が持っているのは許せるのです。

不思議なことです。

ですから、エロ本を見られたくらいで「終わった」と思うのは早すぎますよ。

5.面接で自分の名前を間違えた

面接で自分の名前を間違えて人生終わったと感じている

大切な面接の時に、自分の名前を言い間違えてしまったら誰でも動揺しますよね。

「終わった」と思うことでしょう。