「今までわが社はこうやってきたからこのやり方が正しいのだ!」そう言って社員のやり方にケチをつける上司が最近はいっぱいいます。

また、自分のやり方が正しいと思いこんで相手のやり方を認めない人が多いです。

これは今までの習慣でやりたいという意味で惰性的なやり方と言えます。

惰性と聞くとマイナス的な感じがしますが、その通りマイナスで新しことへの挑戦ができない状況になっているのです。

よく会社の決まりだからなどという言い分が言われますが、それが本当に会社のためになっているかは疑問です。

このように最近、会社の仕事などの物事を惰性で進めてしまっている所が多く保守的な感じです。

これは伝統を重んじていると言う正しい一面もありますが、実はそれまでの習慣から離れることができないといった状況になっていて柔軟になれえていないという証拠でもあります。

これは個人にも言えます身についてしまったクセなどで物事を進めてしまうことを惰性で進めていると言います。

このように実は知らないところで成長を止めてしまうような感じで惰性で進めてしまっているのです。

そこで今回こちらの記事では、惰性で進めないほうが良い理由と惰性で進めることを改善するための方法などをまとめましたので、ぜひ参考にしていただければと思います。

もしかしたらあなたが今勤めている会社も惰性になっているかもしれませんので、よーくチェックしましょう。

️物事を惰性で進めてはいませんか?

それまでの習慣やクセで物事を進めていることはありませんか?単純にそう尋ねられてもうんと答えられるかはわかりません。

では、もし自分が惰性で進めているとすれば何でわかるかと言うと、同じ失敗を繰り返していないかどうかです。

同じ失敗を繰り返していると言うことは、やり方を変えていないということであり、失敗から何も学んでいないと言うことです。

つまり失敗するやり方の習慣がついてしまっていると言うことです。

惰性で物事を進めてしまっているといつしか負のスパイラルに陥っている可能性があります。

自分を振り返ってみて同じ失敗を繰り返しているとしたら、惰性で物事を進めてしまっている危険性があります。

ここで勘違いする人が多いのが失敗をいっぱいしてしまう人のことを惰性でしていると認識することです。

同じ失敗を繰り返す人は惰性で物事を進めている可能性が高いですが、違う種類の失敗をする人はチャレンジをしている可能性が高いです。

このように惰性で進めているかどうかの捉え方を間違っている人も多いので、まずは惰性について説明していきますので、惰性をしっかり理解しましょう。

惰性をしっかり理解することで物事の進め方に少し変化を出していけるので今まで成長が止まっていたなどという人も成長が促進される可能性が高いです。

あなたのためでもあり、チームや相手のためにもなりますのでぜひ理解しましょう。

️惰性とは


第生徒は「今までやってきた習慣や癖」のことを言います。

この意味だけとればマイナス的な要素はありませんが、これが悪い習慣や癖の可能性もあり、近年ではそこに着目点を置かれた感じで使用されるのが多くなっているので、良い意味に捉えられていません。

良く失敗する人に「惰性で進めているから失敗するのだよ」と指摘される方もいますが、果たしてそれが的確な指摘方法と言えるのでしょうか。

同じ失敗を同じように繰り返しているようなら惰性で進めている可能性はありますが、失敗の原因が惰性で進めていたからということで片づけられることはないと言えます。

むしろ、最近惰性で物事を進める傾向に近いのが会社の方針などです。

古くからの考えややり方を変えずに会社を経営されている方が多くいらっしゃいます。

実は、ここ数年経済が成長しないのもこれが原因ではないかと言われています。

やり方を変えないつまりは時代の変化に対応しきれていないということになります。

惰性の意味

このように惰性はこれまでのやり方や習慣、癖などを意味します。

良い習慣や癖であればそのまま進めても問題ありませんが、悪い習慣や癖をそのまま進めたらぼろが出るのは当然です。

なかなか成長しない人などはこのように悪い習慣や癖を引きずっている可能性が高いです。

このような人には惰性で物事を進めているからだと指摘しても構わないと思います。

しかし、最近は人ではなく、会社などのグループに惰性の雰囲気が漂っているような感じがします。

特に保守的な考えの集団にはそのような傾向があります。

新しい人が入ってきても同じような感じに育てるのでコピー人間が増えているような状況と言えます。

仮に会社を大きくしたいと考えるのであれば、これからは新しい考えをいれなければならないのに、これでは大きくすることもできません。

これまで続いてきた習慣や勢い


惰性とは「これまで続いてきた習慣や勢い、もしくは癖」などを言います。

これは伝統を重んじる日本では、やり方や考え方を変えることに抵抗があるので惰性のまま物事を進めている集団は多いです。

もしくは新人の時に教わったやり方をずっとやっている人もいるなどします。

伝統を守ることは正しいことです。

しかし、やり方や考え方が変わらないままは果たして良いと言えるのかは疑問です。

変化についてよく例にあげられるのは羊羹で有名な「とらや」です。

創業してこれまで400年の歴史を持つ和菓子屋ですが、なぜ続いているかと言うと、ほとんどの人は伝統の味守り続けているからと勝手に解釈していますが、実はこれは大きな間違いです。

会社の理念は変わっていませんが、羊羹の味はなんと毎年変えているのです。

時代に合わせて羊羹の味も変化させているので400年も経営ができているのです。

味なんか変わっていないと思う方もいらっしゃると思いますが、お客様にわからないように変えているそうです。

惰性で物事を進めるとは

ここまで企業などを参考に惰性の意味を説明してきましたが、惰性という言葉自体には悪い意味はありません。

悪い習慣や癖に強く着目が置かれているために惰性という言葉を持って使用されているだけです。

惰性で物事を進めているとまず成長が期待できないのと、新しいことへチャレンジできないといった雰囲気が生まれます。

何度も言いますが時代は変化していくものです。

時代が変化するのに、ご自身や会社などが変化しないのは時代についていけていないということになります。

中には時代について行く必要なんてないと腹をくくっている人もいますが、私たちは時代に生きているのでついて行く必要があるのです。

良く戦などで勝利した方が、時代が我々を選んでなどというのはこのことが現れているのではないでしょうか。

ここからは惰性で物事を進めることについて説明していきます。

「これまでと同じでいこう」

惰性で物事を進める方はこのようなことを口にされる方が多いです。

遠回しに変化を受け入れたくないと言っているのです。

確かにこれまでと同じで行くことも大切ですが、変化も少しずつ受け入れて行かないと成長が期待できません。

人間以外の動物は気温やその場所の環境条件の中で生き抜くために進化という変化をしてきました。

人間は変化はできませんでしたが、脳を発達させて環境を変えることをして生き抜いてきました。

つまり、同じままでは生きていくのが難しいのです。

何か変化となることがあって、それを受け入れたくないといった時によくこのような言葉が聞こえてきたら考えるようにした方が良いと思います。

そこにいて自分は大丈夫なのかと、世の中には「変えてはいけないもの」と「変えなくてはいけないもの」があるのです。

同じでいっていいのかどうか考える時がきたと言えるでしょう。

「今までそうだったんだから別にいいや」

このような言い分はある意味逃げですね。

もしかしたら失敗するかもしれないけど、今までのやり方をしての失敗だからやり方が悪いのであって、指示通り動いた自分たちは悪くないと言っています。

最近、騒がれている企業の不正などもこのような感じから生まれている気がします。

不正とわかっていながらも今までそうだったんだから別にいいやと思って不正をそのまま継続させてしまっているような雰囲気になってしまっているから不正が止まらないのです。

惰性で物事を進めているといつしか悪い方へ流れていってしまう危険性があることがこの言葉から想像がつきます。

良き伝統は引っ張っていくことが大切ですが、悪い伝統はどこかで断ち切らないとあとあと大変なことになってしまう可能性があるので今までそうだったからと考えるのは辞めましょう。

️惰性で物事を進めない方がいい理由

ここまで惰性で物事を進めることに関して説明してきましたが、おそらく読んでいて惰性で進めることがどれだけで危険かがわかった人も多いと思います。

実は世間でも惰性で物事を進めていることに気づいている人はいますが、それを辞めることができないのです。

それは日本人特有のみんながという意識が強いからです。

そうではあるがみんながそうしているから大丈夫だというわけのわからない理由で惰性で物事を進めようとすることを辞めようとしない人が多いのです。

また、惰性で物事を進めた先に起きることをよきしていないケースもあります。

そこでココからは惰性で物事をすすめた場合に起きるデメリットなどを説明します。

ある意味惰性で物事を進めない方が良い理由になりますのでしっかり理解しましょう。

読んでみて納得されると思います。

問題の根本が解決しない

惰性で物事を進めていて何か問題が起きた時に原因を探っても、問題を起こした人が悪いとなってしまう傾向が強いです。

果たして問題を起こした人だけに責任があるのでしょうか。

このような例だと同じような失敗が起きる度に失敗を起こした人に責任を負わせるという解決方法が続いてしまい、やり方に変化が出ません。

仮にやり方に問題が合っても認めようとしないのです。

つまり、やり方に問題があるのに、そこを認めないので、問題の解決にはならないのです。

問題を解決するには、人に責任を負わすのではなく今までのやり方に何か欠点がなかった見直す必要があります。

結局ここの部分をしていなくて人を変えてもやり方を変えないために同じようなミスが起きるのです。

惰性になっていると問題が解決できないので、進歩する期待も持てないのです。

変化や刺激がない

惰性で物事を進めていると同じ事の繰り返しになるので変化する可能性が低く、刺激も少ないので、機械的な感じで物事を進めてしまいます。

こうなると考えずに物事を進めてしまう人もいるので、悪い言い方をすればそのような仕事はその人でなくてもできる仕事と言えてしまうかもしれません。

決まったことを決められた通りにすれば良いだけになってしまいます。

会社で自分であれ、成長のために少しでも変化を受け入れたり、刺激を求めないといけないのです。

惰性で物事を進めていると成長を止めてしまうといった危険性が潜んでいます。

決められたことを決められた通りにきちんとこなすことは大切ですが、そこにしっかり自分の考えなどを詰め込まないと将来的には仕事はAIに取られてしまう危険性がありますよ。

マンネリ化につながる

上記で説明したようにやり方に変化を加えずに惰性で物事を進めてしまうと、同じことの繰り返しになりそれがマンネリ化に繋がってしまいます。

何度も言いますように変化しないということは成長が期待できないのです。

つまりは代わりばえしないと言うことです。

これが多いのが実はスポーツの強い伝統校です。

監督がずっと変わらないまま指導していたので、戦術ややり方が変わらないままなので低迷してしまったと言うのが良くあります。

負けても選手のせいや相手が強すぎたなど自分に責任を負わないでいつまでたっても強くなりません。

これは会社にも同様のことが起きていて成功した時のやり方をずっと引きずって代わりばえしていない会社が最近は多いです。

特に顕著なのがお台場のテレビ局などは視聴率1位の時のやり方を今でもしているので、なかなか成長ができていないと感じます。

成長しない

惰性で物事を進めていて最も厄介なのがこの部分です。

この部分は惰性で物事を進めた場合に起きるデメリットすべてに繋がっています。

変化がないので成長に期待ができない分、成長しないのです。

本来ならやり方をマスターしたら効率良くする方法や生産数を伸ばすやり方などを考えればいいのですが、惰性でしているとそのような考えを生むことがまずないです。

決められたことを決められた通りにすれば良いと考えているので、それ以上のことをしようとは考えません。

成長しないというのはある意味危険です。

成長しないままで行くと違った物事への対応ができなくなってしまいます。

つまりは変化についていけないのです。

時代は変化しますし、考え方だって変化します。

スマホの登場など人間が追いつくのが大変なレベルになってしまっている中で成長を止めるのは危険ですよ。

伸び代がない

惰性で物事を進める人は同じ失敗を繰り返す傾向が高く、伸び代に期待ができません。

むしろチャレンジして失敗をする人には伸び代を感じますが、坦々と機械的に作業をしている人には伸び代を感じません。

これはマンネリ化した仕事をしているため、考える力が低下しているので、そうなってしまうのです。

考えなくても仕事ができるというのは恐ろしいことで、別な言い方をするとあなたでなくても良いと言うことになってしまいます。

これでは先を考えたことを描くのはできないので数年後にはこの仕事をさせようかといった感じにはなりません。

また、同じような失敗を繰り返すので、それができないうちは先へは進めないので伸び代が期待できないのです。

惰性的では相手の信頼も獲得できないので辞めましょう。

時代についていけない

惰性的では変化を受け入れられないので、時代についていくこともできません。

昔、携帯電話が流行し始めた時に年配の方々が自分には必要ないと言う理由で携帯電話を手にすることはありませんでしたが、今では年齢問わず携帯電話を持っている状況になりました。

このように時代についていけなくなると、社会に出た時に大変な目に合います。

時代は変化をしていくもので、それを受け入れられないのは良くありません。

時代とともに変化を受け入れて行くことが生きる上で大切なことと言えるでしょう。

次から次へと現れるものに興味や関心を抱くことができないと時代に取り残されます。

自分はいいからなどといっても自分に関わっている人に迷惑をかけてしまう可能性が高いのです。

そうならないためにもまずは惰性的な姿勢は辞めましょう。

メリハリがない

惰性的な人は機械的な人が多いのでメリハリがなく、動きが鈍い人もいます。

特に今までしたことがないことが来るとなかなか動こうとせずにいます。

これは新しいことを受け入れるのが嫌なのです。

そのためメリハリのある動きができないのです。

特にこれが多いのは時間単位で働いている人に多いです。

終わり時間が決まっているからそれまでに坦々とすれば良いと言った感じで仕事をしている人が多く、作業中に新しいことが来てもすぐに動けないでいる人などです。

惰性的ではご自身が怠けてしまうので、よくありません。

物事をしっかりこなすことは大事ですが、その中でしっかり目標や自分の考えを加えて行わないと意味がありません。

そこはメリハリをつけるためにも惰性的に進めるのは辞めましょう。

【メリハリについては、こちらの記事もチェック!】

熱意がなくなる

決められたことを決められた通りに行うので熱くなる必要もないので、やりがいを感じることができない人が多いです。

つまりは熱意を失うので無気力で行ってしまう人もいます。

これでは坦々と作業を進めるのですが、時々失敗をしてもご自身で責任を負うこともしないのでかなり厄介です。

決まったことをしただけだと高をくくってしまいます。

最近では会社の方針がこうだと言うことを言われて変化する気がないことを悟って無気力になってしまう人もいるらしいです。

特に責任を持つことがない派遣の方にはこのような方々が多く、派遣ですからといった感じの言い分を盾にしています。

熱意がなくなると仕事を良くしようという考えが生まれいのです。

このような考えにならないためにも惰性で物事を進めるのは避けるべきです。

向上心がなくなる

惰性で物事を進めている人は先が見えていない人が多く向上心を持てなくなっています。

決められたことを決められたまますれば良い、自分の役職をどうするかは上の人が決めることというような感じに考えているので仕事に対しても熱意がなく向上する心が育たないのです。

最近では、昇給があると言っておきながら全く昇給がない会社も多く、これが惰性的に働かせる原因になっているとも言われています。

特に中小企業ではそのような流れになっているのでどんな考えを持っているかよりも、言うことを聞くかどうかで判断する所もあります。

また、たちの悪い所だと、企業名が一流でも全く昇給がないと言ったところもあります。

企業名だけで生きている人はそんな感じです。

惰性的に働くような環境の場所にはいない方がよろしいです。

考える力がなくなる

決められたことを決められたまますれば良いと言う傾向なので、実際に自分で考える必要がない現状になっています。

考える力がないと自分で作業の仕方や物事を生み出せなくなります。

これはある意味怖いことです。

最近何かと話題になっているAIですが、AIが単純な仕事を奪ってしまうとも言われているので、そうなった時にしっかり自分で考えることができるようになっていないと仕事を見つけることもできなければ、仕事を生み出すこともできないので、この先を生き抜いていくことが難しくなってしまいます。

考えなくてもいいと思うのは危ないです。

いつでもどんな時でも考えることができるようにするためにも惰性で物事を進めるのではなく、しっかり自分の考えで物事を進めるようにしましょう。

それをよしとしない環境なら環境を変えるまでもです。

️惰性的思考を改善する11個のアプローチ

ここまでの説明で惰性で物事を進めていく危険性がわかった思います。

ではその惰性的な思考を改善するにはどうしたら良いのかと思う方が多いと思います。

そこでそんな方々のためにここからは惰性的思考を改善する対策方法をご説明します。

大きく分けて11個ありますので、ぜひ、あなたが最もやりやすい対策方法を見つけて実践しましょう。

どうしても改善したいからと言ってすべてを実践しようとしても返って改善することに妥協してしまう危険性があるので、まずはあなたがやりやすい物で行きましょう。

こう言う場合焦ってしまうのが危ないのです。

できるだけゆっくりあせらず行きましょう。

いきなりすぐに改善されることはありません。

習慣というものを変えるのは大変なことなので、焦らないことが大切です。

ではじっくりどうぞ!

改革意識を持つ

何事においてもどうしたら良くなるか、効率的にするにはどうすればよいかなどの改革を考えるようにすることが大切です。

改革なくして成長なしと言っていた政治家もいましたがまさにその通りです。

いきなり変えることはできなくても徐々に変えていくことが大切です。

変えようとすることで考える力も持てるし、変化にも適応できます。

また、新しいことが来てもチャンスだと言う感じに捉えることができますよ。

下っぱだから改革することを考えなくていいという決まりはありませんので実践しましょう。

変化を求める

変化することが成長することには最適な方法と言えます。

故に変化を受け入れる姿勢が必要です。

そのためには変化を求めるようにしておくことがベストです。

動物が進化という形で変化をしてきて生き延びているのです。

また時代も変化してきているので、それに追いつくためにも変化には適応に対応しないといけません。

よく昔はよかったと昔のことを思い出して昔のやり方を推進する人はいますが、実はこれが弊害なのです。

良かった昔を思い出しても昔には戻れません。

昔の出来事は繰り返さないためにあるのです。

昔の良かったことを思い出すより変化を求めましょう。

環境を変える

人間が最も影響を受けやすいのは環境です。

つまり、周囲に惰性的な思考の人が多いと惰性的な思考の人になってしまう危険性が高いのです。

そのような環境化の場合、環境を変えるのは大変です。

では変えるにはどうしたら良いかと言うと、惰性的な思考で満ち溢れた環境でない環境に身を置くことです。

惰性的な思考で満ち溢れた環境を変えることも大切ですが、そちらに時間を使うよりも、思い切って自分がそのような環境に入ることの方が効果はあると思います。

あなたのその思い切った行動がもしかしたら他の人に影響を与えるかもしれませんよ。

自分の意思で動く

動く時に決められたことを決められた通りに行うと考えるのではなく、自分で意思でしたいことをするようにしましょう。

自分の気持ちと一致せずに動いているとどこかで酔ってしまう危険性があります。

そうなると動く気力が出てこなくなるので向上心などがなくなってしまいます。

自分の意思で動くことがやりがいなども感じることができるので次に繋がります。

大切なのは自分の意思です。

気持ちは嘘をつけませんよ。

周りに流されない

周囲の意見に流されたり受け身になっているといつしか無気力になってしまい坦々と動くようになってしまい機械的になってしまう危険性があります。

そうなってしまっては意味がありません。

周囲に流されるのではなく、周囲の意見を拾いながら自分はどのように思うかが大切です。

相手の意見は相手の考えであってあなたの考えではありません。

もちろん一致すれば問題はありませんが一致してもいないのに合わせるのはおかしいです。

しっかりあなたの意見を持ちましょう。

行動の目的を考える

1日1日であなたの動きに目的を持つようにしましょう。

こう言うと難しいと思う方が多くいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

今日はあそこのコーヒーを飲みたいから早起きして飲みにいく、このような感じで構いません。

目的の大小は関係ありません。

目的を持つことが大切なのです。

しっかり自分の行動に目的を持つことによって考える力も身につくし、目的を達成する大切さを学べるので惰性的な思考を改善させることができますよ。

周りに声かけをする

周囲に指示をしろということではありません。

相手のことを見ることが大事なので、周囲には声をかけるようにすることが大切です。

周囲に声をかけることで、自分の存在を相手にわかってもらえるだけでなく、相手のことをこちらが理解できるようになるので、コミュニケーションが取りやすくなります。

人は文字通り支え合って人になります。

お互いに支え合っていくことが大切なので、そのために何でも構いません。

周囲に声をかけるようにしましょう。

楽しさを見出す

自分が取り組んでいることの中から楽しみを見つけたり、もしくは自分が楽しい気分になるものを見つけましょう。

そうすることで気持ちが停滞していてもそれを行うことで楽しい気分になるので、気持ちをダウンさせることなくできますよ。

また、仕事をしたくないと思った時に今している仕事で自分がしていて楽しい思えることを探しましょう。

まずはそこから気持ちを上げるようにしましょう。

気持ちを下げることが惰性的な思考になってしまうので気をつけましょう。

時間より質を重視する

時間も大事ですが、時には質を大切にしてみましょう。

例えば今まで2時間掛っていた作業を1時間で片づけるようにするだけで仕事の質を高めることができます。

このように時間をかければ良い物ができるというわけでもないし、良いと言うわけでもないのです。

しかし、いきなり質と言われても大変です。

まずは自分の今の時間の使い方を見直して質に変更できる部分から始めましょう。

達成感を味わう

達成感を味わうことが成長や変化にも繋がります。

達成感と言うと大きなことを成し遂げないと無理だと感じる方は多いですが、そんなことはありません。

小さなことでも完成形にしたら目標を達成したことになります。

大小に関係なく何でもいいので達成すると言うことを味わうことが大切なのです。

大きな目標を達成するには小さな成功の積み重ねとも言います。

何でもいいので達成感を味わうようにしましょう。

新しいものを吸収する

新しい物には可能性やチャンスが詰まっています。

故に新しい物に触れることは大切です。

何か自分が知らないものが突然来ても嫌と思うのではなく、まずは触れてみることです。

どうするかはあなたが決めればいいのです。

そのためにも柔軟な姿勢を持つことが大事です。

️惰性で進めると人間力が低下する

惰性で物事を進めることは機械的になってしまうので、人間味が消えてしまう危険性があります。

そうなると単純な仕事はすべて近い将来AIに取られてしまう危険性が高いです。

まずは自分で考えること、そして、考えて動くことが大切です。

ある意味、惰性的なやり方からの脱却が今日求められていることかもしれません。