わたしが「オタク」という言葉の意味を実感したのは、AKB48のアイドルグループの公演を見に行って、ステージの前に並んで独特の踊りをしながら声援を送っている若者たちを見た時です。

AKB48以外でも、多くのアイドルグループが出現しました。

それらのアイドルグループごとにも、熱狂的なアイドルオタクがいるようです。

アイドルの前で、一糸乱れぬように同じ動作でカラーライトを持って踊っているグループを見ると、何か違和感を持ったことを覚えています。

オタクはキモイと違和感を持った始まりです。

そういえば、混み合った電車の中でも、いい年のサラリーマンが分厚い週刊コミック誌を読みあさっている光景を見てきました。

発売された漫画雑誌を購入して熱心に読みあさる人達も、いわばオタクと呼んでいます。

このように、普通の人から見るとちょっと行き過ぎているかな?と疑問をもたれる人達のことでしょうか?

オタクと呼ばれる人達は、区別というか差別と判断するかは別として、何か分けられている感じがします。

オタクと呼ばれている人達も、そう呼ばれることが自慢でもある人達もいるようです。

アイドルグループの応援の踊りについても、共通のいで立ちで踊りの動作や掛け声まで仲間で取り決めているようです。

これをマスターしていない人は、オタクとして認めないようです。

このようなアイドルに目覚めた人達だけでなく、ごく普通の人もオタクと自称してその中身を公表している人も増えてきました。

何か専門的なことに熱中している専門家と考えているようです。

こんなオタクについて、オタクの基準はどこからなのでしょうか?

興味があるので調べてみました。

オタクの基準はどこから?そもそもオタクって?

以前はオタクという人達は、人目につかない所でひっそりと楽しんでいたものです。

最近では、ネットの普及もあって、オタクの情報はすぐに拡散されてしまいます。

あの人がオタクだって初めて知ったとか、そんなオタクもあったのかと感心することもあります。

「あの人はすごいオタクだから」と相手のことを噂する時には、変わったことに興味を持っているマニアックな人だと軽蔑した言い方なのです。

「私は、その人とはほとんど関わっていないけれどね」と自分がマニアックな人とは繋がっていないことを弁明したものです。

オタクを表す言葉から連想される言葉は、愛好家、ファン、マニア、信者、支持者、追っかけ、専門家、熱中、キモイ、フェチ、ナードなどです。

この中のどれかと関係していれば、あなたはオタクかも知れません。

かといっても、オタクを判定する明確な基準なんてありません。

ある話題になると、いつもはおとなしい人間が、急に能弁になってそれに関する知識や情報を喋り出す人がいます。

それに対して、いろんな知識や経験を持っているけれども、普段は表に出さないような人だけれど、みんなが詳しいことを知らないので困っている時に、そんな人がそれはこう言うことだからと教えてくれたものです。

みんなから、あの人は物知りだからと尊敬されたものです。

この両者の違いはと言うと、前者の場合は能弁になった人は一方的に喋りまくるのです。

聞いていないことまで、ありったけの情報を教えて、自分がこの件では一番知識があるとアピールするのです。

しかも、誰かが途中で質問したリ口をはさむ余地を作らないのです。

アピール中は、誰にも口を挟ませることを許さないのです。

その話にはまったく興味がない人にも、延々とアピールをし続けるのです。

興味のない人にとっては、聞いているのが苦痛に感じてしまいます。

このような人間がオタクの特徴なのです。

後者の場合と比べると、知識を持っていることを尊敬される人は、いくらでも途中で意見交換ができるのです。

相手の意見を聞くことができるところがオタクとは違うのです。

このあたりがわたしのオタクの判断基準と思っています。

それと、オタクの知識は非常に偏ったものに興味があるようです。

マニアの延長線上にオタクがあると思います。

どんなものに興味を持っているかを伺うと、オタクかどうかが分かるはずです。

普通の人が、そんなことに興味があるのですかと引いてしまうような人は、間違いなくオタクと言えるでしょう。

また、オタクが楽しそうに話し込んでいる相手も、またオタクかも知れません。

「オタク」の意味

オタクの意味は、自分が興味があって好きなことにのめり込んで、傾倒し過ぎてしまう人のことです。

普通の人よりもはるかに熱中してしまう特徴があります。

「こんなことに熱中するの?」と不思議がられたり軽蔑されたりするのです。

オタクの言葉の起源は、作家の中森明夫さんが1983年に発表した雑誌のコラム「(おたく)の研究」にあるようです。

当時人気絶大であったコミック関連の同人誌即売会の会場(コミックマーケット)に参加している人達が、お互いの相手に呼びかける時に「お宅らは・・・」と言い合っていたことから、お宅と呼ぶようなガキ達と揶揄したことから脚光を浴びた言葉です。

だから、もともとは相手を蔑むようなニュアンスの表現なのです。

以前使われていた意味

オタクという意味の中には、興味の対象が一般的な人とは少し違っていて、マニアックなことに興味を持っている人ということでした。

そして、人目を気にせずにただひたすらのめり込んでいくエネルギーも持っているのです。

興味の対象が偏っていることから、みんなと共通の話題にはなりにくく、隠れて楽しんでいるという状況でした。

子供から大人まで、漫画やアニメの世界はドンドン広がっていって、海外でも日本のアニメとして拡大して行きました。

当時は、このアニメを見る未成年者もオタクと称されていて、肩身の狭い時代も合ったのです。

知識人の中でも、オタクと呼ばれるような行為をしている人もいますが、決して目立たぬように水面下で楽しんでいます。

このことは、オタクという言葉は、否定的な意味が込められていたのです。

しかし、グローバルな時代の変化は素早くて、海外での日本のアニメは大人気となって来ました。

海外の日本アニメの愛好者は、英語でOtakuと呼ばれるほどにも普及したのです。

アキバに行ってアニメを見ることが夢となっているのです。

以前は、社交性が乏しく気軽に交流ができない子供達で、自宅でアニメやファミコンに没頭していたオタク達がいたのです。

その後、大人にも人気となった「ルパン3世」や「銀河鉄道999」などが登場して、一挙にオタク達が表に出てきたのです。

新人類と称された1960年代生まれの若者が、オタクの第一世代になったとも言われているのです。

現在でのオタクの認識

昔は、オタクが読むものとして認識されていた漫画コミックを、若者が堂々とみんなの前で読むようになってきました。

この若者たちは、個性的な生き方やファッションを好むために、今までは偏った趣味と思われていたようなことにも熱心に取り組んで、そのことを堂々とSNSなどの媒体を通してカミングアウトするようになったのです。

麻生元総理大臣も、アキバで漫画を買って読むことが趣味だと公言して、若者の指示を集めたことはご存知の通りです。

何でも、総務大臣の時には、大臣室にゴルゴ13の主人公の等身大イラストを飾っていて、そのシリーズの漫画は手放さなかったそうです。

このように、何かに熱心に集中している人、つまりオタク族が多くあらわれて、得意な分野でその知識が認められるようにもなりました。

自分だけの知識として隠しておくだけでなく、社会でその重要性が求められるときには、堂々と情報を提供する時代になってきたのです。

オタクの研究成果が社会の役に立つことも出てきたのです。

自然科学分野で、日本人のノーベル賞受賞が相次ぐことに対して、日本ではひとつの分野に精力をつぎ込み研究する文化が存在するためだとして、これを日本独特のオタク文化と名付けた国もあるほどです。

何かに詳しい人を、〇〇オタクと呼んで、一目置いている場合も出てきました。

これは、オタクの意味が変化してきたことを表しています。

「オタク」と言われる人はこんな人

今の時代の「オタク」と言われる人とは、どのような人でしょうか。

ある一定の分野にこだわる

オタクは、みんなが手をつけているような平凡なことには興味がないのです。

興味があっても、他人と比較されることが嫌いなことと、他人と一緒に表に出ることを極端に嫌っているからです。

自分のことを告げ口されたり、陰で悪口を言われることが嫌いなのです。

噂をされると思うだけで、閉じこもってしまう性格なのです。

だから、誰も気付かないような特別な興味に集中するのです。

そしてそこに感動を覚えると、ある一定の分野にこだわって没頭してしまうのです。

ある一定の分野を極めている

オタクという表現が適切かどうかは分かりませんが、世界的にも有名な科学者というものは、大なり小なりオタクっぽい性格の持ち主と言えます。

誰もが素通りするような現象でも、オタクにとっては興味津々な材料でもあるのです。

発明王トーマス・エジソンもその一人です。

幼い頃は学校でも仲間外れにされていて、今でいう自閉症を患っていたと考えられます。

小さい頃は目につくものの原理が知りたくて、なぜ燃えるのかということに興味を示し、落ち葉に火をつけて燃えるのを観察していたら、納屋が火事になったという逸話もあるのです。

つまりオタクに特有の強いこだわりを持っていて、極端に限定されたもので興味あるものだけに熱中したそうです。

その性格がある一定の分野を極めることに繋がって、発明王として名を残したのです。

ある一定の分野の知識が豊富


興味があって取り組むのですから、難問にぶつかってもへこたれません。

その時に知識がなくても独学で学び、解決策を見出すアクティブさは持っているのです。

一つ問題を解決すると、また次の問題にチャレンジするという意欲を持つのです。

どの教科書にも載っていなくても、ネットで検索したりその道の経験者に聞いたりして、知識を集めるのです。

だから、ある一定の分野の知識は豊富で、誰にも負けないという自負があるのです。

ある一定の分野に対して予想し比較する

いろんなオタクがいますが、自然界のある部分を観察し続けたり、これまでの言い伝えや迷信を集めているオタクもいます。

鳥や蜘蛛、昆虫や空の雲など、これらを継続して観察し続けて、災害との関連性を予想するオタクもいます。

過去に大きな地震災害が起こった時に、これを観察していると、未来の災害の発生が予知できるとまで公言している人もいるのです。

よく聞くのが、ナマズが暴れると地震が近いという噂です。

地震学者が地震の予知は極めて難しいとの結論を出していますが、地震オタクは諦めていません。

東京都の水産試験場が中心になって、1976年から16年間に渡りナマズの異常行動と地震の関係について研究されました。

もちろん、科学的根拠も考えられるのですが。

その結果では、東京都の震度3以上の地震87例のうち、地震前にナマズの異常行動が見られたのは27例あったそうで、率にして3割1分であったそうです。

野球のバッターであれば、3割バッターで優秀な選手と言えます。

このオタクの観察では、地震学者よりも確率が高いと言えます。

このように、一定の分野に対して予想し比較することもできるのです。

現代の〜オタク

最近では、自分はオタクだと堂々と公言している人も多く見られます。

以前はほとんどマイナスイメージが強く、オタクは陰に隠れて楽しんでいたのですが、今ではオタクブームも到来して様変わりしている状況です。

以前のオタクの人から見ると、本当のオタクではないとぼやいているようです。

その理由とは、ひとつのものごとに対する執着心が希薄になっていて、ちょっとかじった程度でオタクだと自慢しているとのことです。

専門的な知識も経験も少ないオタクの急増が、現代のオタク事情だそうです。

そのご意見も頭に置いて、いろいろなオタクについて考えてみました。

アニメオタク


アニメオタクとは、略して「アニオタ」と呼んでいます。

オタクの一種で、アニメ好きの人を差しています。

もともとのオタクの発祥は、このアニメオタクから始まったのです。

アニメオタクは、基本は深夜のアニメを好む人達でした。

深夜にアニメを見ることができるのは、昼間のコミュニケーションが苦手で自室に閉じこもってゲームをしているような人が主流でした。

そのような人達はご近所でも交流が少なくて、よく分からない人という印象が合ったのです。

そして、ネクラな性格でフリーターやニートも多く、ファッションにも無頓着で挨拶も満足にできない中途半端な大人として見られています。

アニメオタクの情報源は主にTwitterで2chを見下しているし、何ごとにも不満だけは凄いのです。

そんなオタク同士は、アニメを通して堂々と馴れ合っているのが目立つのです。

漫画オタク

漫画オタクの中には、自虐的に自分のことを主人公にした漫画を発表している人も多いようです。

ストーリーとしては、オタクの婚活やラブコメディー風の漫画、さらにはギャグマンガや感動漫画まで多彩に広がっているのです。

漫画オタクが好んで描く世界は、やはり男女のラブストーリーをテーマにしたものが多く、人気を呼んでいます。

さすがにオタクの描く漫画のストーリーは、コミケ(同人誌主催のコミックマーケット)参加者同士が繰りひろげるラブコメディーであったり、時空を超えた空想の世界で主人公が活躍するストーリーであったりと、興味のある展開が続き、最後は笑いと感動で締めくくるようです。

全体的には、漫画オタクはオタク同士の繋がりが強く、不器用な二人が真面目な恋愛をするということは考えられません。

オタクには恋が難しいというのが定番なのです。

そして自虐的に「ヲタク」と書いたり、ボーイズラブ(BL)を好む女性のことを「腐女子」と蔑んだりしながら、自分達オタクの存在をアピールしているようなのです。

ファッションオタク

ファッションオタクとは、読んだ通りでファッションに強い関心とこだわりを持っていて、ファッションに関する情報や知識に詳しいマニアです。

本来のオタクという分野ではありませんが、コミケにも独特のファッションで参加するような、見かけ上のオタクなのです。

その分野での情報や知識にも乏しくて、にわかオタクとも呼ばれています。

ファッションというものは、見る人によって評価がまったく異なる時もあるので、あくまでも本人の意思表示みたいなところもあります。

そもそもオタクは、リア充(現実世界で充実した生活を送っている人)を嫌っているのですが、コミケ会場にリア充がファッションオタクのようにアピールしているのが目立つようになったそうです。

リア充のにわかオタク化です。

これに対して本物のオタクから異論が噴出しているようです。

そもそも、最近の傾向としては、オタクアピールする人が増え始めたとこぼしています。

意識高い系のオタク

意識高い系のオタクと言うのは、以前から存在していましたが、プライドが高い人達の世界で過ごしていたため、目につきにくい存在だったようです。

最近のオタクブームによって、意識高い系のウザいオタクとして脚光を浴びてきたようです。

どこかの会場で名刺をもらったら、名刺の裏にダラダラと経歴や所属する企業名や団体名や、おまけに好きな名言や自分のモットー、プロフィールまで書き込んでいるのです。

彼らの出没する場所は、コミケよりも異業種交流会とか何かの講演会などで、やたらと人脈づくりを目指しているのです。

愛読書はアニメではなくてビジネス書で、将来の夢について熱く語るのが特徴です。

いわゆる、オタクとは異なった分野のオタクなのです。

それぞれのオタクの特徴

これまでに、オタクについて書いてきましたが、もう少し細かなところまでオタクの特徴をまとめて見ました。

アニメオタク

現実離れした空想の世界やそこで繰りひろげられる様々なドラマ、ラブストーリーなどに没頭しているのです。

だから、そういう空想の物語については、数多く読みあさって知識は膨大なのです。

まともな職業に就くよりも、自由なフリーターなどの仕事をしているので、深夜に好きなアニメを見ることは簡単なのです。

そこに出てくる主人公の行動や考えに傾倒して、実生活には馴染まない性格のようです。

自室には、壁や天井に好きなキャラのポスターを張り巡らし、一日中見つめられているのが好きなのです。

そして、自分もその二次元の妄想の世界に入り浸って、主人公の気持ちに成りきることができるのです。

メイド好き

アニメの中に登場するメイドが好きなオタクです。

オタクの性格としては、自分は能力は持っているのだがみんなに認めてもらえないこと、不幸な境遇に育っているが本来は名家の出身だというような気持ちを持っているのです。

だから、同じようにメイドとして辛い目に合っているキャラに同情しながら見ているのです。

あるいは、日頃のストレスが強いオタクでは、従順で可愛いメイドを好きに扱う雇い主の気持ちになって、強い言葉で蔑んだりお仕置きをしたりといじめることに快感を持つこともあるのです。

しかし、最後にはそのメイドを愛するようになって、等身大のポスターを立てかけたりするのです。

とてもメイド好きなのです。

アニメソングに詳しい

オタクは、仲の良い友達と一緒にカラオケに行くと、自分の好きなディープなアニメソングを歌いまくります。

仲が良い友人と言うのは、オタク仲間の時が多いのですが、時には初めて一緒にカラオケに行く人も出てきます。

そんな時には、アニメオタクだとバレるのを避けるので、ディープなアニメソングは避けて、無難なアニメソングに切り替えます。

アニオタだとバレないアニメソングというジャンルがあって、そこから選曲するようです。

漫画オタク

わたしの友人は、根っから漫画が好きです。

小さい時から週刊誌の漫画の本を読みあさっていました。

大学に入学しても、ごく普通に漫画は連載物を読んでいました。

家には300冊ほどの漫画があって、自分の部屋は漫画の山ができていました。

しかし、漫画オタクではない漫画愛好家だと言って、普通に付き合っていました。

では、漫画オタクとどこが違うのでしょう。

彼に言わせると、漫画を読むことが好きなのは同じですが、主人公や登場人物の絵を書いたり、壁中にイラストやポスターを張り巡らせたり、コスプレしたりするのが漫画オタクのようです。

読まないけど集めている

漫画の本は、興味があるものはできる限り収集しているのです。

シリーズものは全編集めなければ気が済まないのです。

オタク同士で漫画の話をする時に、持っていないと一人前のオタクと認めてもらえないこともあって、人によっては数千冊の在庫を持っている人もいます。

アニメや映画化されてももちろん漫画派

人気シリーズは、アニメ化されたり時には実写で映画化されたりしますが、見ることはあっても基本は漫画派なのです。

漫画の中の主人公しか興味がないのです。

ファッションオタク

ファッションに興味があって、ファッションが好きな人のことではありません。

オタクの世界では、ファッションという言葉の意味は、「その分野での知識が浅いのに、さも詳しいように見せかけている」とい意味なのです。

簡単に言うと、にわかオタクとも言えます。

オタクのようなファッションを真似ている人達です。

簡単にオタクに見せかけたい人達のことで、本当のオタクからはウザいと煙たがられているのです。

もしも、リア充がそんなファッションをしていると、とても怒るのです。

洋服に異常にお金をかける

漫画オタクが漫画やコミックを腐るほどたくさん持っているように、ファッションオタクも洋服の数はたくさん持っているのです。

どこかに出かけても、すぐに洋服売り場に入り込んで、物色しているのです。

売り場の片隅にある特別なデザインの服や小物に興味があるのです。

欲しくなったら、お金に糸目をつけずに買ってしまうのです。

洋服に異常にお金をかけてしまうのです。

店員と仲がいい

いつも洋服を物色しに訪れる店は、数件に絞り込んでいます。

自分の好みのデザインや色合いの服が多いからです。

外に出かけると、必ずと言って良いほどその店に立ち寄るので、店員さんとは顔なじみになっているのです。

そして、その店員はオタクの好みを覚えているので、珍しいデザインの服もちゃんと揃えて置いていてくれます。

店員は、オタクの扱いにも慣れているので、その店にいる時には、オタク仲間と話しているような雰囲気にさせてくれるのです。

その時に、洋服の見分け方や組み合わせについてもアドバイスを受けながら、自分のオタク風の感覚に見合うものを選択したリ、勉強することができるのです。

意識高い系のオタク

意識高い系とは、中身が伴わないけれども自分を過大に演出するような若者を差しています。

すごい能力がある様に見せかける性格と言えます。

昔で言うと、風呂敷を広げ過ぎるという感覚です。

インターネットが普及している現代では、自分の経歴や所属、人脈の多様さを演出するようにまとめて、自己アピールを繰り返しているような人のことを、意識高い系のオタクと呼ぶそうです。

本人の意識は超高いのですが、言葉と行動だけで実が伴っていないのが欠点です。

MacBookを持っている

MacBookとは、アップルが開発した軽くて薄くて、しかも第7世代のIntel Coreプロセッサを搭載したパフォーマンスの良いノートブックなのです。

少ない消費電力でアプリを起動させたり高度な演算もパワフルに行える優れモノなのです。

バタフライ構造で感圧タッチトラックパッドを採用し、繊細なタッチで多様なアプリも自在に実行できる特徴もあります。

こんな優れモノを持っていることだけで、意識が高いことを誇示することもできるのです。

仕事にフルに活用できる武器を持っているようなものです。

靴は先が尖っている

先の尖った靴を履いている男性は増えています。

以前は、夜の街で働くホストが良く履いていたのですが、最近は普通のビジネスマンも履いている人が多くなりました。

女性達に、先の尖った靴を履く男性について印象を聞いてみると、そんな男性とは一緒に街を歩きたくないとの感想でした。

理由は、いかにもホストっぽいからだそうです。

ホスト系ファッションにも抵抗があるので、意識高い系の男性でも、靴の先が尖っている靴を履く男性は、避けるようです。

しかし、意識高い系男性は、尖った靴が好きなようです。

高級の時計を着けている

スーツの袖口から見える腕時計は、男性が思う以上に女性や面談相手はチェックしているものです。

自分を売り込みたいとか、責任ある地位に就いているとか、自分を偉大に見せるための道具でもあるのです。

何十万円や百万円以上もするような腕時計をしている人は、資金も能力も充分持っているのだとアピールしているようなものです。

中身はともかく、現時点で自分を売り込むにはブランドの高級腕時計をさりげなくチラつかせることが、最も効果があると思い込んでいるのも意識高い系のオタクなのです。

よくあるオタクの特徴

街でよく見かけるオタクの外観とはどんなものでしょうか?

同じオタク仲間からの意見を参考にまとめると、共通する特徴が見えてきました。

まずは、服装です。

ファッションというようなカタカナで表現できないような、ダサい感満載です。

まずは、どこで売っているのかと思うような、不思議な服を着ています。

しかも、他人とはダブらないような独自性が自慢なようです。

そして、頭や首、腕などにバンダナを着けることが基本です。

男女とも、屋外の活動には髪が乱れないしアクティブに動けるのが良いらしい。

まずは、ファッションにこだわるのがオタクの条件なようです。

オタクは一見オタクに見えない

オタクは、普通の日常性格では自分がオタクだとバレるのを嫌うので、できるだけ目立たないようにしています。

自宅の部屋を覗くと、すぐにオタクだと分かるのですが、外に出てしまえば分からなくなるのです。

最近の若者の服装や着こなしも、上着の裾を外に出したりズボンが破けていたりというファッションが普通です。

ですから、オタクのファッションもコミケ会場にいる時とまったく変わっているのです。

オタクの体型も、ひ弱でやせ型と思い込んでいますが、しっかりした体格のオタクもいます。

キモいという特別な行動に出なければ、外観だけでは一見オタクとは分からないのです。

オタクに多い服装は運動靴と大きめのリュック

オタクの服装の中で多いのが、動きやすいように汚れた運動靴を履いて、グッズを入れる大き目のリュックを背負っています。

そのリュックもごく地味な色のリュックで、だらしなく腰のあたりまで下がっているので、すぐにオタクだと分かります。

リュックが無ければ一見オタクとは分かりません。

そして、必ず群れを組んでいるのも特徴です。

現代はオタクの偏見がない(まとめ)

以前はアニメオタクのことを、ミモオタと呼んでいました。

オタクという人種のことを、マスコミが面白おかしく取り上げたものですから、常識では理解できない不思議な人達として蔑むように印象付けてしまったからです。

何かに熱中し過ぎて、服装や言動も一般の人とかけ離れていました。

その後、キモいだけでなく何かに集中することが評価を受けるようになって、オタク文化という表現が生まれました。

芸能人も政治家も、オタク文化を愛するようになってきて、たくさんの情報が発信されました。

一部のマニアックなオタク以外は、趣味の範疇になって偏見が無くなってきました。

堂々とわたしはオタクだと宣言する人も出て来たのです。

すると、これまでオタクを嫌っていたリア充でさえ、オタクのまねごとをするようになってきたのです。

リア充のオタク化は、偏見が無くなった証拠と言えます。

ただ、オタクが一般人に混じって生活している時に、場違いの場所で強烈なオタクの言動を発揮して混乱させないように、自覚を持つことができれば良いのですが。