世の中には、キュンと胸を打つ言葉が、たくさんあります。

好きな相手にキュンとする言葉をいわれると、幸せな気持ちになる。

ちょっと気になっている相手にキュンとする言葉をいわれると、気になって仕方なくなる。

何とも思っていない相手にキュンとする言葉をいわれると、好きになりそうになる。

キュンとする言葉は、相手の心を動かすことができます。

言葉は相手を傷つけることもできるけれど、幸せな気持ちにすることもできるのです。

キュンとする言葉は、相手の心をホッコリさせて、優しい気持ちにさせます。

キュンとする言葉をいわれて、心がクラっとしてしまう。

それが、とっても心地良くて幸せな気持ちになります。

キュンとする言葉ランキングを発表!

キュンとする言葉を言われたい方ですか?それとも言いたい方ですか?

キュンとする言葉を言いたいと思っていても、実際に相手が、どんな言葉でキュンとするのか、考えてしまいますよね。

キュンとする言葉は、日常的に使っている言葉です。

特に恋愛している人は、日常的にキュンキュンする言葉をいっているはず。

難しく考える必要はないのです。

相手のことを大事に思っていることや、特別に思っている気持ちが、自然と言葉になる。

その言葉が相手の気持ちをキュンとさせるのです。

キュンとする言葉は、計画的に考えてもダメ。

全く興味のない相手にキュンとする言葉なんて言いたいと思いませんよね?

相手のことを少しでも意識しているから、キュンとする言葉が自然と出るのです。

日常的に使っているキュンとする言葉をランキングにしてみました。

あなたは、どの言葉でキュンときますか?

キュンとする言葉ランキングTOP27!あなたはどれにクラっとくる??


キュンと胸を打つ言葉は、ジワジワと感動するものです。

キュンとする言葉を言われて、1日幸せな気分でいられるし、また明日も頑張ろうと思える。

キュンとする言葉を言われると、心がクラッとなるのは、何故でしょうか。

それは、言われたいけれど、口に出せない気持ちを相手が言葉にしてくれたからです。

例えば、毎日仕事を頑張っていても、それは会社では評価されない、パソコンのデーター入力や電話の取次ぎが当たり前に思われてしまう。

でも、誰かに「頑張っているね」と言葉をかけてもらい。

声に出せない気持ちが相手に伝わるとき、キュンとする言葉を言ってくれる。

だから、心はクラっとしてしまうのです。

今から、キュンとする言葉ランキングTOP27で発表します。

きっと、ランキングの中で「そうそう」と思わず、頷いてしまう言葉が入っているはず。

大好き

ストレートに「大好き」と言われると、誰だってキュンときてしまうはず。

特に恋人同士の関係で彼氏や彼女に「大好き」と言われることは、より嬉しいものです。

恋人同士だから、大好きなのは当然かも知れませんが、当たり前だから言葉にしないと、心は迷ってしまうのです。

心で思っている、それだけでは相手に通じません。

大好きと思っているなら、言葉に出して相手に伝えましょう。

大好きと言うことは、愛情表現です。

彼氏や彼女の関係だけじゃなく、母親から子供や父親から娘にも置き換えることができます。

「大好き」と言葉に出して伝えることで、愛されていることを実感する。

だけど、大好きを連呼しすぎても、心をクラっとさせることはできない、大好きは、使い過ぎてもダメです。

大好きという言葉は、非常にストレートな言葉です。

ストレートな言葉ほど、相手の心をクラっとさせることができます。

大切にする


大好きな彼氏から「大切にするよ」と言われると、キュンとなりますよね。

少しカッコつけた言葉に聞こえなくもないですが、それでも嬉しいものは、嬉しいのです。

昭和初期の男性のように言葉にしないけれど、内心は大切に思っている。

それは今の時代には、通用しないことです。

大切にすると言ったものの、実際に「私、本当に大切にされているの?」と思わせてしまっては、言葉が薄っぺらになってしまいます。

男性は、彼女や奥さんに「大切にする」と言った以上は、実行しないと意味がない。

普段から、彼女や奥さんの気持ちに察してあげることで、「私は、大切にされている」と実感するものです。

大切にする言葉は、後々から胸にキュンと刺さることができる。

「そう言えば、プロポーズの時に、大切にすると言ってくれた」と、思い出すことができる。

キュンとして、言葉を思い出すことは、普段から大切にされているからです。

逆に、彼女や奥さんを大切にしていないと言葉も思い出さない。

もちろん、大切にする相手は女性だけじゃない、男性だって大切にされたい。

彼女や奥さんが大切にされたいと思ったら、彼氏や旦那さんを大切にすることが大事。

付き合った当初や結婚した当初は、パートナーのことを「大切にする」と思っているもので、言葉にすることができる。

そして、大切にすると言われると、素直に胸がキュンとすることができる。

その時の気持ちを互いに忘れなければ、何年過ぎても「大切にする」は胸の中で生き続けることができるのです。

ずっと一緒にいたいな

「ずっと一緒にいたいな」という言葉は、必ずしも彼氏彼女の関係じゃなくても、片思い中でも、気になる相手に胸キュンさせることができる言葉です。

例えば、飲み会の日に全く恋愛感情として意識していないまま、普通に会話している相手がいて、帰り道に「○○さんと話していると楽しい、ずっと一緒にいたいな」と言われたら、思わず胸キュンする言葉になりますよね。

このまま、さよならすることは出来ない、もう一軒、二人で飲みに行こうかな?そんな気持ちにさせる言葉です。

普段は友達関係でも、「ずっと一緒にいたいな」と言われたら、絶対に相手を意識してしまう。

彼氏彼女の関係であれば、結婚しようか?と思わせてしまう言葉です。

夫婦関係であれば、結婚して良かったと心から思うことができるのでしょう。

嫌いな相手に「ずっと一緒にいたいな」とは、言えない。

「ずっと一緒にいたいな」と言われた方は、好かれていることを実感させる胸キュン言葉。

「ずっと一緒にいたいな」と言われて、不快な気持ちになる人なんているわけない。

一緒にいるだけで幸せ

「一緒にいるだけで幸せ」この言葉は、「ずっと一緒にいたいな」よりも、少し濃厚です。

胸キュンする言葉であり、ジワジワと言葉の重みを実感できます。

もし、彼女が彼氏に対して「一緒にいるだけで幸せ」と言ったら、彼氏と結婚したい意味も入っているのでしょう。

プロポーズを考えている、彼氏であればタイミングを合わせ「じゃあ、ずっと一緒にいよう。

結婚してくれる?」と伝えれば、間違いなくOKしてくれるはず。

「一緒にいるだけで幸せ」ということは、彼氏や彼女以外、何も見えていない状況。

それだけに熱い思いが伝わりますね。

夫婦であれば、改めてパートナーと過ごせることに幸せを実感しているのでしょう。

そこまで、愛されていることを実感すると、胸キュンする言葉をしみじみと感じるはずです。

夫婦になると甘い言葉を囁くシチュエーションも少なくなってきます。

だからこそ、重みがある「一緒にいるだけで幸せ」という言葉がジーンと胸に刺さる。

「一緒にいるだけで幸せ」という言葉は、アレが欲しいとかコレが欲しいなど欲望的なことで幸せを感じるわけじゃないのです。

本人がいて、二人で過ごせる時間を幸せと感じるのです。

胸キュンはもちろん、言われた方も幸せを実感できる言葉です。

ありがとう

「ありがとう」は、普通の言葉のように感じますよね?ですが、夫婦になると、当たり前の言葉が、当たり前に言えなくなるのです。

「ありがとう、なんてワザワザ言わなくても、わかるでしょう?」それが、夫婦関係は一緒にいるからこそ、言葉にしなくても伝わると思い込んでしまうもの。

夫婦関係だけじゃなく、長年付き合っている恋人同士や同棲生活が長い恋人同士も同じ。

二人の関係が深くなるほど、心で繋がっている感が強くなるものです。

あうんの呼吸ができる関係ほど、大切な言葉が少なくなってしまう。

奥さんが食事を作っても、感想もなく黙々とテレビを見ながら食べている、それよりも「いつも、美味しい御飯、ありがとう」と一言、いってくれたら、奥さんや彼女は、どれだけ嬉しいのでしょう?「ありがとう」の一言に胸キュンすることは間違いなしです。

もっと、美味しいものを作ろうと思うはずです。

褒められて気分悪くなる人は誰もいません。

職場でも、事務作業することが仕事だから当たり前と思っている先輩や上司も、「ありがとう、助かるよ」と言うだけで、1日の労が報われるものです。

「ありがとう」は普通の言葉ですが、「ありがとう」を言えない人が多い。

「ありがとう」と言われることで、胸キュンする言葉になるのです。

かわいいorかっこいいから心配

彼女がかわいいから心配や、彼氏がかっこいいから心配は、まさに二人の世界で、聞いている第三者からすれば、胸キュンどころか、お腹いっぱいな言葉です。

でも、当事者同士は、そんな甘い言葉に思わず、クラっときてしまいます。

彼氏や彼女が大好きだからこそ、自分の目が届かないところにいると心配になる。

ちょっと束縛度も高い気がしますが、愛されていると思えば嬉しい発言です。

「かわいいorかっこいいから心配」と、言われた本人は嫌な気分になりません。

このように甘い言葉は、付き合って半年位は普通に恥ずかしさもなく相手に伝えることができるのですが、1年以上付き合うと、恥ずかしくて言えないですよね?

まして、結婚してしまうと、新婚時代を過ぎると「○○のことがかわいいから心配」と言われると「は?」なんて、冷たい言葉で返してしまうことがあります。

でも、実際に言われると照れかくしで冷たい反応をしてしまうけれど、本当は嬉しいもの。

「かわいいorかっこいいから心配」と言われると胸がキュンとくる。

胸キュンしたいと思えば、「かわいいorかっこいいから心配」と言われたら、素直に喜びを表現することも大事なのです。

憧れています

「憧れています」もキュンとさせる言葉です。

憧れていますは、逆に彼氏彼女、夫婦では、あまり言うことはありませんよね?上司や部下、先輩や後輩に使うときの言葉かも知れません。

それは、男女だけでもなく、男同士でも女同士で言い合ってもキュンとくることは同じです。

例えば、学校の部活で素晴らしい活躍をする先輩を見て、後輩が「○○さんに憧れています」や、職場で上司の仕事を見て「素敵です!憧れています」と言うこと。

人生で他人に憧れることは、案外少ないものです。

「あの人のこと、好き」と恋愛感情は多くありますが、憧れとは、また違うもの。

極端な話、憧れるということは、相手のように自分もなりたいということなのです。

好きになるよりも、憧れる存在になることは難しいことかもしれません。

「憧れます」と言ってくれた相手は、あなたを見本にしているわけです。

「憧れます」は、重みがある言葉だけに、じわじわと胸にクラっとくることでしょう。

キュンとくると同時に、ガッカリさせられないプレッシャーも感じる言葉です。

大丈夫?無理しないでね

「大丈夫?無理しないでね」この言葉が普通に言えるようであれば、夫婦関係も恋人同士も友人関係など、職場の関係も揉め事なく、幸せな毎日を過ごせるはず。

ですが「大丈夫?無理しないでね」の言葉が言えない。

恥ずかしい言葉でもなく、難しい言葉でもないのに、何故言えないのでしょう。

心の中では、「そんなに無理しなくていいよ、大丈夫?」と相手に対して投げ掛けているのに、直接、言葉にすると難しいことは多いのです。

「大丈夫?無理しないでね」と言ったことで、相手が甘えてくるのでは?そんな風に物事を考えてしまう人もいます。

「大丈夫?無理しないでね」は、相手を甘えさせる言葉ではなく、相手を応援する言葉でもあるのです。

「君の行動を僕はちゃんと見ているよ」と言う、確認のようなものです。

無理して頑張っている人は、心のどこかで誰かに優しい言葉を投げ掛けてほしい、認めてほしいと思っているものです。

「大丈夫?無理しないでね」と一言、いってあげることで、相手の温もりを感じることができる。

胸にキュンと、ジワジワと優しさが伝わる言葉なのです。

お疲れ様、頑張ったね

「お疲れ様、頑張ったね」と、言われたいOLさんは、たくさんいると思います。

「大丈夫?無理しないでね」同様に、誰かに優しくしてもらいたい、気づいてほしい気持ちが、「お疲れ様、頑張ったね」の言葉です。

仕事をしていると、「お疲れ様」は日常的に使われることですよね、ただの「お疲れ様」の言葉で、毎日キュンとくる人はいませんが、「お疲れ様、頑張ったね」と言われるジワジワと胸に言葉の重みを感じるもの。

「頑張ったね」という言葉は、相手の行動を見ているからこそ、頑張っているところが分る。

OLさんだけじゃなく、奥さんが子供を産んだときも「お疲れ様、頑張ったね」という旦那様は多いですよね。

「辛かったでしょ?」「大変だったでしょ?」と共感されるよりも、「お疲れさま、頑張ったね」と言われた方が、全ての思いが込められているのです。

「お疲れ様、頑張ったね」このキュンとくる言葉は、ほっこりと優しい気持ちにさせてくれる言葉です。

早く会いたかった

「早く会いたかった」という言葉は、何だか少し切ない胸キュンの言葉です。

早く会っていたら、きっと運命が変わっていたのかも知れない、少し切ないニュアンスを感じとるキュン言葉です。

例えば、既婚者や、彼女がいる男性に対して「○○さんと早く会いたかった」と言われたら、男性としては、どう感じるでしょうか?きっとクラっときてしまうはずです。

会えない現状があるからこそ、早く会いたいと願う気持ちは、切なくてキュンとくるフレーズ。

同じ「早く会いたかった」というキュン言葉でも、甘い意味もあります。

付き合いはじめの恋人同士、彼女が彼氏に「○○くんと一緒にいると楽しい、もっと早く会いたかった」と言われたら、嬉しくてキュンときますよね。

同じ言葉でも二人の状況によって、キュン言葉も少し変わってきます。

甘い言葉でキュンとくる、切ない関係でキュンと胸に響くのです。

会うたびに素敵になってる

第三者からすれば、耳を隠したくなるような甘い言葉。

「会うたびに素敵になってる」そんな甘い言葉をサラリと言える関係は、付き合って間もない、ラブラブな時期だと言えます。

相思相愛の二人にとって、彼氏が「会うたびに素敵になってる」と言えば、彼女はキュンと胸が苦しくなる。

恋愛は片思いの時が、愛情のピークと言われます。

実際、付き合って三ヶ月、半年、一年になるほど、甘い気持ちも言葉も少なくなるものですが、「会うたびに素敵になってる」と言ってくれる彼氏は、日に日に恋をしているということです。

100%愛されている感が伝わってくる、甘いキュン言葉は、当事者同士だからこそ、キュンと胸に刺さるのです。

他の人なんて考えられない

「他の人なんて考えられない」この言葉も周囲が全く見えていない、相思相愛の二人だからこそ、キュンとなる言葉です。

「他の人なんて考えられない」たしかに、付き合った当初は、もちろん他の人なんて誰もが考えることができなかったはずですが、付き合いが長くなり、当たり前にパートナーがいることになれると、他の人に見向きをしたくなるのが人間。

だからこそ、世の中は不倫や浮気があるのかもしれませんよね?

誰もが「他の人なんて考えられない」と言ったときの気持ち、言われたときの気持ちを忘れてしまったのです。

あのとき、感じたキュンとくる、幸せな気持ちを忘れないでいれば、いつまでも愛情は、変わらないはずです。

本来、恋愛は他の人なんて考えられないから、特定の人を好きになるもの。

「他の人なんて考えられない」胸にキュンとくる気持ちを思い出したいですね。

ドキドキしてきた

「実は、ドキドキしてきた」と言われるシチュエーションは、告白をされているときです。

「ずっと前から、ドキドキしていた」と言われるとキュンときますよね?実際にドキドキしていても、片思い中はポーカフェイスでいる人が多いです。

まさか、恋愛感情なんてないと思っていた相手から、「ドキドキしていた」と言われるギャップに、キュンとくるのです。

好きな相手と一緒にいるだけで、ドキドキしたり、手が偶然に重なりドキドキしたり、そんな些細なことでも恋愛はドキドキするもの。

ドキドキすることは、片思いの醍醐味です。

何年も付き合った恋人同士や、夫婦関係では、「ドキドキしていた」なんてことはありえない。

片思いや、付き合いはじめだからこそ、言えるキュン言葉が「ドキドキしてきた」です。

声が聞きたくなった

「声が聞きたくなった」彼女や彼氏に電話超しや、直接会って言われたらキュンとくることは確実ですね。

仕事が忙しかったり、遠距離恋愛をしていると声だけが頼りです。

相手も「声が聞きたくなった」というまで、結構がまんをしているのです。

きっと、彼氏や彼女だって会いたい気持ちは同じだけれど、仕事が忙しくて休めない、また遠方だから気軽に会うことはできない。

相手の気持ちが痛いほど分るからこそ、簡単に「会いたい」とは言わないのです。

もちろん、「声が聞きたくなった」と言われた側も、相手の気持ちが分るからこそ、キュンと胸に突き刺さる言葉になるのです。

おやすみ、おはよう

「おやすみ、おはよう」も日常的に言える関係であれば、差ほどキュンと来ないかもしれませんが、週末だけ会える恋人同士など、年中一緒に過ごせない二人にとっては、「おやすみ、おはよう」は特別な意味を持つのです。

朝、彼女から「おはよう」と言われることや、寝る前に「おやすみ」と言ってくれる環境をしみじみ感じながら、胸がキュンと締め付けられるような気持ちになる。

また、好きだけれど、なかなか会えない相手から電話超しで「おはよう」や「おやすみ」を言われてもキュンと感じます。

普段、当たり前に「おはよう」や「おやすみ」を深い意味もなく使っていても、二人の状況や環境によって、胸キュン言葉になるのです。

「おやすみ、おはよう」を言える環境は、本当に幸せなことと気づかされるのです。

こんなに好きになったの初めて

「こんなに好きになったの初めて」は、ちょっと情熱的なキュン言葉ですね。

なかなか相手のことを好きになっても、「こんなに好きになったの初めて」とは、少し照れて言えないものですが、自分の感情をストレートに表現できる彼女に思わず彼氏はキュンとしてしまうはずです。

今まで好きになった相手は何人もいる、でも、比べ物にならないほど好きという気持ち。

たしかに、人生は最初で最後では?と思うほど、大恋愛をすることがあります。

何回も恋をしたけれど、今までの恋とは違う、切ない思いをすることがあります。

「こんなに好きになったの初めて」ということは、自分の中で気持ちをセーブすることができないほど、相手を愛おしく思っているということです。

おいで

大好きな彼から「おいで」と言われると、思わずキュンとする彼女も多いですよね。

「おいで」と言われるシチュエーションは、部屋でまったりとしているときや、彼氏が先にベッドで寝ているときに「おいで」と言われますよね。

やはり、男性と言えば女性よりも身体も大きいですから、「おいで」と言われて、彼氏の胸板に引き寄せられると、愛されていると実感します。

恋人同士や、夫婦でも「おいで」の言葉は胸キュンワード。

男らしさを感じさせるキュン言葉です。

とくに寒い冬の季節は、「おいで」がジワジワと胸にキュンとくるものです。

クリスマスツリーやイルミネーションを見ているときも「おいで」の言葉が似合いますね。

「おいで」の言葉は男性だからこそ、カッコ良く決まるキュン言葉です。

まだ帰りたくない

「まだ帰りたくない」のキュン言葉は、男性が言うよりも女性が言う割合の方が多いです。

デートの最後に「まだ帰りたくない」と言われると、男性はキュンとするはずです。

女性から「まだ帰りたくない」と言われて、キュンとしない男性なんていません、思わず、このまま、「どこか泊まろうか?」と言ってしまいそうになる言葉です。

逆に女性が男性から「まだ帰りたくない」と言われても、キュンとします。

母性本能をくすぐる、草食系男子や年下男子のわがままに振り回されながらも、思わず、「もう、仕方ないなぁ」とキュンときてしまいます。

「まだ帰りたくない」という意味は、帰る時間なんて気にせずに二人で過ごしたいということ。

お泊りしたいという意味です。

「お泊りしたい」とストレートに言えないからこそ、「まだ帰りたくない」という言葉に込めているのです。

彼女や彼氏から「まだ帰りたくない」と言われたら、気持ちを汲み取ってあげてください。

一緒にいていい?

「一緒にいていい?」もキュンとする言葉です。

彼氏や彼女の関係じゃない、友人関係のときに「一緒にいていい?」と言われると、「え?」とドキドキする反面、キュンと胸が締め付けられることがあります。

一緒にいたらダメかもしれない、迷惑かも知れないからこそ、「一緒にいていい?」と、相手に対して聞いているのです。

一緒にいたいと思う相手は、二人で過ごす時間が楽しいということです。

少しだけじゃなく、もっと一緒に長い時間過ごしたいと思うからこそ、「一緒にいていい?」と相手に聞いてしまうのです。

一緒にいることが、普通にできる関係なら言いません。

「一緒にいていい?」は、よくよく考えてみると少し切ない、キュン言葉です。

キスして?

彼女や彼氏から「キスして?」と言われると、ドキッとしてしまいますよね。

はじめてキスする二人であれば、キュン度もマックス状態でしょう。

何回か普通にキスしている関係の二人でも、改めて「キスして?」と言われると、「え、なんで改めて・・・」とキュンとします。

少し、エッチな言葉は、あえて口にすると余計にドキドキやキュンとするのです。

逆に言葉に出さすにキスをしてくれる方が普通にできるのに、何故、「キスして?」と言われると、キュンとしてしまうのでしょうか。

男性や女性どちらも「キスして?」と相手に言うときは、気持ちが高ぶっているとき。

少しエッチで官能的な気分になっていると言って良いでしょう。

「キスして?」ということは、キス以上の関係を求めているときでもあるのです。

そんなことを想像すると、余計にドキドキしてキュンときますよね。

ぎゅーしていい?

好きな相手を抱きしめたいときに「ぎゅーしていい?」と聞くことがあります。

「ぎゅーしていい?」と言われた方は、かわいいと思ってキュンとします。

「抱きしめていい?」と言われるよりも、「ぎゅーしていい?」の方が同じ言葉の意味でも、柔らかな印象があります。

「ぎゅーしていい?」は、女性でも男性どちらに言われても相手はキュンとくるはず。

強く抱きしめたいと言われると、何だか生々しい感じがしますよね?でも、「ぎゅーしていい?」と言われると、「いいよ」と思わず、返事をしちゃいます。

わざわざ「ぎゅー」なんて、子供っぽい言葉を使って、甘えてくる姿がキュンとさせるのです。

好きすぎてどうしよう

愛しい相手を思うときに、「好きすぎてどうしよう」ということがあります。

自分では、どうしようにできない気持ちがあるのです。

例えば、妻子がいる相手を好きになったときに、好きになってはいけないと思いつつ、相手と付き合っていると「好きすぎてどうしよう」と言ってしまうことがあります。

「好きすぎてどうしよう」と言われる相手は、キュンとしてしまいます。

好きな気持ちは、頭でダメと理解していても、理性と本能は違うものです。

まさに「好きすぎてどうしよう」の言葉がでることは、本能が理性に勝っているからです。

自分では気持ちをコントロールすることができないほど、相手を愛していること。

そこまで愛される相手は、幸せものです。

「好きすぎてどうしよう」と言われる相手もキュンとする気持ちと同時に、同じように相手のことを「好きすぎてどうしよう」と思っているのです。

他の人は見ないで

「他の人は見ないで」と彼女から言われると彼氏はキュンときます。

「他の人は見ないで」は、少し束縛的な言葉ですが、それだけ相手のことが大好きという意味でもあるのです。

他の人は見ないで、自分だけを見ていてほしいという思いが込められているのです。

「他の人は見ないで」と言われることは、他の人を気にしている、ちょっと浮気症のタイプだからこそ言っているのです。

やはり、相思相愛でいつまでもラブラブの関係でいたいと思えば、他の人に目を向けないで、自分だけを見続けてほしいと思うものです。

でも、「他の人は見ないで」という彼女自身も少し、ヤキモチ焼きタイプ。

そんな彼女を可愛いと思うからこそ、キュンとくるのです。

頑張ってるの知ってるよ

「頑張ってるの知ってるよ」と言われると、キュンしますよね。

とくに事務作業や接客業は、仕事だから、頑張ることが当然のような雰囲気です。

たしかに頑張ることが当たり前かも知れませんが、職場のモチベーションが低いところでは、頑張る気持ちも弱くなって行くなっていきます。

電話を取り次ぐことが当たり前、データー入力をすることが当たり前、接客で商品を売ることが当たり前と思われて、ただ、がむしゃらに頑張れと言われてもモチベーションは続かないものです。

上司や先輩のフォローがないと、マジメに頑張っても誰も褒めてくれない。

それよりも調子良く適当に仕事している人間が楽していると不平不満が起こります。

「頑張ってるの知ってるよ」と一言、頑張っている相手に伝えるだけで、人間は報われた気分になり、また頑張ろうと思えるものです。

「頑張ってるの知ってるよ」は、キュンと胸を打つ、優しい言葉なのです。

結婚して下さい

「結婚して下さい」と言われて、キュンと来ない相手はいない。

もし、キュンと来ないとすれば、それは相手のことを好きではないと言うことです。

「結婚なんて興味ない」と言っている女性でも、やはり「結婚して下さい」と言われることを待ち続けているものです。

大好きな彼氏や彼女がいる人にとっては、結婚したいと思うことは当然のこと。

極端な話でいえば、「結婚」は、一つ目のゴールでもあるのです。

結婚を待ちに待っていた女性にとっては、「結婚して下さい」の言葉は、最高のキュン。

人生で最高のキュンとくる瞬間かもしれません。

結婚することは、他人と他人がヒトツの家族になることです。

とっても重みがあるキュン言葉です。

ほんとに落ち着く

「ほんとに落ち着く」の言葉も胸にキュンとくる言葉です。

一緒にいると誰よりも心地良いと伝えています。

楽しいと思う相手は、気の合った友達関係でも、好きになった相手でも言えます。

ですが、落ち着くという存在は、そう簡単にいないのです。

家族は長い時間、一緒に暮らしてきて気兼ねなく付き合える関係です。

だからこそ、落ち着く存在かもしれません。

他人と他人で落ち着く関係になることは、そう簡単ではありません。

彼女彼氏から「ほんとに落ち着く」と言われることは、家族同様の存在ということです。

感情的なことだけじゃ、結婚しても長くは続かないものですが、「ほんとに落ち着く」ということは、波長が合うということです。

結婚しても長い期間、幸せに暮らせるということです。

落ち着く相手じゃないと一緒にいたとは思えません。

「ほんとに落ち着く」のキュン言葉は、裏を返せば、ずっといたいと言うことです。

愛してる

彼氏や彼女に「愛してる」と言われるとキュンとくることは当然です。

日本人は他国と比べると愛情表現が極端に下手です。

大好きな相手であっても、「愛してる」とは、言わずに「大好き」ということが多い。

でも、好きという言葉よりも「愛してる」と言われた方が重みを感じます。

普段は好きなど愛情表現をしない相手に、突然「愛してる」と言われるとキュンと胸が高鳴り、ドキドキしてしまいます。

愛情表現をしっかりするからこそ、結婚しても恋人同士のような関係が続くのです。

いつまでも仲良くラブラブな関係でいたいと思うなら、「愛してる」は、もっと日常的に言うことが大事です。

「愛してる」は、相手を幸せと感じさせる、ドーパミンンを増やすキュン言葉です。

キュンとくるフレーズはありましたか?(まとめ)

キュンとくるフレーズは、普段あまり言われないからこそ、キュンとくるのかも知れません。

本来であれば、日常的に言ってほしい言葉も、相手から言ってもらえないと心も錆び付いてしまいますよね。

彼氏や彼女、奥さんや旦那様、相手のことを分かっているようでも、言葉にしないと伝わらないことは、たくさんあるのです。

キュンとくるフレーズを言うことで、相手は心の錆びが取れてホッコリとした気持ちになる。

もっと、キュンとくるフレーズを言うべきなのです。

キュンとくるフレーズを見つけて、相手にキュンキュンさせてあげましょう。

そうすることで、相手との関係もより濃い関係になることができます。