今までに仕事やプライベートなど様々な場面で「あの時にもっと自信を持っていたら良かったのに」と思った事はありませんか。

周りを見渡してみると何だか自分だけが他人より自信が無く、劣等感を持っている人は世の中にたくさん存在しているようです。

そのような人でも今後は自分にとって足りない自信をつけて、もっと色々な事に挑戦できれば良いと思いますよね。

今回はそんな自分に自信を持つ方法についてまとめてみました。

️もっと自分に自信を持ちたい!

今よりも自分に自信を持ちたいという人も、具体的に自信をつける方法を知っていれば安心ですよね。

そうする事ができれば、今まで自信が無くてできなかった事にも挑戦できるようになりますし、他人から見られていても胸を張って生きていけるはず。

もっと自分に自信を持ちたいという気持ちは誰でも少なからずありますよね。

今後は自身が無い事で悩まず、何事にも恐れずに前向きな人になってしまいましょう。

️自分に自信を持つ方法10選

自分に自信を持つには色々な方法がありますが、どれも難しい事ではありません。

自信が無い故に自分の言動に対して些細な事であっても、いつまでも気にしてしまうのは自信が持てない人によくある考え方の一つです。

反対に自分に自信を持っている人は、信念を持っている為、他人から意見があったとしても簡単に左右される事はありません。

要はその人の考え方や、物事に対しての捉え方次第なのです。

ここからは具体的に自分に自信を持つ方法についてご紹介しますので是非チェックしてみて下さいね。

自分の長所や良い所を見つける


ひょっとしていつも自分をダメな人間なんだと思っていたりしていませんか。

もし、そのような事に心当たりがあるという人は、少し考え方を変えてみましょう。

自分は〇〇だからダメなんだと決めつけているばかりではなく、自分の長所や良い所を見つけるようにしましょう。

自分の悪い所ばかりアラ探しをするような事をしていても、一向に自分に自信を持つ事はできませんし、益々気持ちが沈んでしまうばかりです。

それよりも、自分の良い所を自分なりに探す事に考え方を変えれば、そこから何か発見があるかも知れませんよ。

人は案外自分の事については実はあまり理解していない事の方が多かったりするものなのです。

もし、何かで失敗をしてしまった時に、自分の悪い所が出てしまったと思っても、良い所も知っていれば立ち直りもきっと早くなるでしょう。

どんな些細なことでもOK

とは言っても「今まで自分の良い所なんて考えた事も無いし、周りの人から褒められた事も無い」なんていう人も知れません。

しかしながら、自分の良い所だと言っても難しく考える必要はありません。

例えば、字を書くのが上手い、運動が得意、きちんと挨拶ができるなど、日常生活の中にあるどんな些細な事でも大丈夫です。

どんなに自信が持てないという人であっても、平たく見たらそれは一部の事だけであり、もっと大きな目で見れば自分の良い所が一つや二つは簡単に見つかるはずです。

いつも、目の前の事ばかり気にしてしまっているだけで、振り返ってみればしばらく忘れてしまっていた事も見つかるでしょう。

辛い事があった時というのは、つい自分の事ばかり責めてしまいがちですが、たまには自分の良い所を探したり、長所を褒めてあげるのも忘れないようにして下さいね。

小さな目標をたくさん達成する


自分に自信をつけようと思った時、今の自分に足りない事を探したり、何か新しい目標を立てるというのはとても良い事です。

しかしながら、幾ら自分に自信を付けようと余りにも大き過ぎる目標を立ててしまうのは良い選択とは言えないかも知れませんよ。

勿論、大きな目標であるほど、達成した時の喜びや成長も大きいものですが、せっかく立てた目標を途中で投げ出してしまうようでは意味がありませんし、そんな自分をまた責めてしまう事になりかねません。

その為、なるべく無理をしないように小さな目標を立ててみるようにしましょう。

一見、小さい目標なんて簡単に達成出来てしまってあまり意味が無いように思えるかも知れませんが、決してそんな事はありません。

例えば、一日の仕事の中で、今日はここまではやりきるようにして、出来なければ明日までに終わらせるようにと決めてみたり、最近あまり運動をしていないので、一日30分だけは必ずウォーキングをするなど、少しだけ意識をすれば達成できるようなものでも大丈夫です。

そのような小さな目標を積み重ねていく事が、毎日のモチベーションにも繋がり、達成できた自分に少しずつ自信がつくようになるはずですよ。

まずは、自分にできそうな事を色々と考えてみてはいかがでしょうか。

胸を張り姿勢を正しくする

いつも自信に満ち溢れている人って、何となく姿勢が良いと思った事はありませんか。

どんな時も胸を張って、誰と接している時でも姿勢が良い人は何かオーラのようなものも感じられますよね。

それとは反対に、いつも猫背で姿勢の悪い人は、表情も暗かったり元気が無いような印象を与えてしまいがちです。

自分にも心当たりがあるという人は、まずは自分の姿勢を見直してみてはいかがでしょうか。

たかが姿勢とは言え、しっかりと背筋を伸ばして胸を張っているだけでも、どこかいつもより自信が湧いてくるような気持ちになるはずですよ。

幾ら良い恰好をしていても、姿勢が悪ければ他人から見た印象はやっぱり良くはありません。

内側から自信を持てるような人になる為にも、普段から姿勢を正すという事を意識してみましょう。

学校や会社へ出掛ける前に、一度鏡の前に立って自分の姿勢を見直す習慣がつけて、誰に見られても恥ずかしくない素敵な人になってしまいましょう。

声を大きくする

姿勢が良い人は自身に満ち溢れて見えるものですが、このような人は大抵声も大きかったりするものですよね。

その為、集団の中にいても、とても存在感がありますし、リーダーシップを取っている姿がとても様になります。

また、大きな声ではっきりと自分の意見を周りに人に伝えられるというのも、人間関係においてはとても大切な事です。

それに、ただ声が大きいというだけでも、健康的で元気な印象がありますよね。

それとは反対に人と話をする時に、モジモジしてしまったり、声が小さくなってしまうという人は、元気が無く見られてしまったり、自信が無いように思われる事も多く、何かと損をしてしまいがちです。

その為、普段から声が小さいと悩んでいる人は、まずは声を大きくするのを意識する事から始めてみてはいかがでしょうか。

とは言え、ある日突然そのように変われるというのも難しい事ですよね。

トレーニングとして、少し恥ずかしいかも知れませんが、スマートフォンのボイスメモなどのアプリを使って、自分の声を録音してみましょう。

その後に自分の声を再生してみると、案外自分の想像とは違った声に聞こえてくるのではないでしょうか。

しかしながら、その声こそが普段周りの人に聞こえているあなたの声なのです。

また、声が小さくなってしまう原因として、何か言葉を話すときに口があまり開いていないという可能性もあります。

その為、ついモゴモゴとした言葉になってしまい、他人が聞き取りづらい声になってしまいます。

その為、普段から少し口を大きく開ける癖をつけておきましょう。

慣れないうちは鏡を見ながら練習してみるのもおススメですよ。

良い思い込みをする

誰でも何か失敗や思い違いをした時というのは、ショックを受けてしまいますし、その後も自分のせいだと責めてしまうものですよね。

勿論、自分の行いのせいで起こしてしまった失敗を反省する事はとても大切な事ではありますが、いつまでも同じ事で自分を責め続けてしまうというのは良くありません。

また、そんな自分の事を周りの人たちはどう思っているのかと、他人の評価も気になってしまうものですが、そのような事を幾ら考えたところで答えを出す事はできませんよね。

不安や焦りもほどほどにしておかないと、余計な心配まで抱えてしまう事となり、精神衛生上でも良いとは言えません。

そのような時に限って悪い事ばかり考えてしまうものですが、キリの良いところで吹っ切るというのも時には必要です。

そして、悪い事を考えるのではなく、良い思い込みをする事を意識してみましょう。

周りの人の評価を幾ら考えていても答えが出ないのであれば、もしかしたら誰もあなたの事を責めていない可能性だってあるはずです。

自分で自分を励ましてあげるのも、自信をつける事に繋がるのです。

ネガティブな思い込みは取っ払う

もし自分にもっと自信をつけたいと思うのであれば、なるべくネガティブな思い込みをするのをやめるようにしましょう。

普段から自分の苦手な事や、何かで失敗をする度に落ち込んでしまったり、他人の目を気にしているようでは、誰かに直接指摘をされなくてもプレッシャーに押しつぶされてしまい、やがて自信を失ってしまいますよ。

そのような事にならないよう、今後何かで失敗をしてしまったとしても、ネガティブ思考は取っ払ってしまいましょう。

ネガティブな思い込みをしていても、そこから自分にとってプラスになるような考えは浮かびませんし、考えれば考えるほど不安になってしまうものです。

まさに負のスパイラルに陥ってしまい、悪い事がまた続いた・・・なんて事にもなりかねませんよ。

自分はできると思い込む

誰でも最初から自信を持っている人はいません。

自信を持つようにする為には、自分の弱点を克服したり、自分で決めた事を最後までやり遂げるなどして、徐々についてくるものです。

そんな大それた事は自分にはできないと思ってしまう人もいるかも知れませんが、決してそれだけが自信を持つ方法ではありませんよ。

例えば、自信が無い事を目の前にした時でも、始める前から「どうせ自分にはできるわけがない」などと思い込んでしまった事はありませんか。

己の力量を知る事も確かに大切な事ではありますが、かと言って自分にできそうもないと思った事を何もしないでいるばかりでは、自分の成長するチャンスを逃してしまう可能性もあります。

その為、自信は無いけれど少し頑張ればできるかも知れないと思えるようなものであれば、先入観や思い込みで諦めてしまうのではなく「自分はできる」と思い込んでみましょう。

周りからの応援が無くても、まずは自分の力を信じてやってみようと思えるようになれば、ネガティブ思考からプラス思考に変われた証拠です。

仮にそれでもし成功できなくても、手応えを掴めるかも知れませんし、次に繋げる事にもなるはずです。

他人と比べない

自分に自信を持てない人の中には、つい自分よりも優れた人を意識してしまいがちです。

そのような人を見ていると、自分と比べてしまう事という人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、他人と自分を比べたところで仕方ありません。

また、羨ましいと思っていてもその人は自分とは違う人間ですし、異なる人生を歩んでいるのですから、幾ら考えていてもその人と同じようにはなれませんよね。

あくまで他人は他人で、自分は自分と割り切ってしまいましょう。

他人と比べる事に時間を費やしていても、結局生まれてくるのは嫉妬や劣等感だけです。

他にも、芸能人など華やかな世界で活躍している人や、スポーツ選手なども自分と比べる対象となる事があるかと思いますが、そのような人たちも自分と同じ人間である事には変わりありません。

もしかしたら、知らないところでは意外な事で悩んでいたり、想像を絶するような苦労をしているのかも知れません。

そのように考えるようになれれば、どんな人であっても、いちいち自分と比べるような事も無くなるでしょう。

それに、案外自分の事を陰で誰かが羨ましいと思っている人だっているかも知れないのです。

練習や訓練をして実力をつける

自分に自信がついたと実感できる時と言えば、やっぱり日々の努力を肌身で感じられると気ですよね。

例えば、勉強やスポーツ、仕事などで現在目標に向かって何か取り組んでいるという人は、成功に至るまでの練習や訓練をして一歩一歩実力をつけていくのが良いでしょう。

誰かに褒められずとも、実力がついたと実感できるのはとても達成感がありますし、また次も頑張ろうというモチベーションにも繋がります。

そして、何より自分でも気づかない内に、最初は不安だった事も着実に自信がついているというのは大きな成長です。

現在、特別何かに挑戦していないという人でも、自分に足りない知識について学んでみたり、苦手な事を探してみるのはいかがでしょうか。

そのような事も、日々の練習や訓練によって克服できるようになれば、きっと以前よりも自信がついたと感じられるはずですよ。

自信がない原因を見つける

そもそも、自分に自信が持てなくなってしまった原因とは何なのでしょうか。

それはつい最近の事だったでしょうか。

色々と今までの事を振り返ってみると、少なくともまだ幼い頃には今のように自信が持てないと感じた事は無かったのではないでしょうか。

そうであれば、これまでの人生の経験の中で、何かしらの原因があったはずですよね。

例えば、元々自分が得意としていた勉強が、他の優秀な生徒の存在を知った事によって挫折を味わってしまったり、恋人から突然傷つくような一言を言われてしまったなど、誰にでも何かしら自信を持てなくなってしまうきっかけとなるような経験があったのではないでしょうか。

そして、現在もまだそのような過去の経験を引きずってしまっている人は、世の中には数多く存在しています。

これを機に、もう一度過去の自分と向き合ってみてはいかがでしょうか。

この先もずっと自信が持てなくなってしまった原因を放って置いてしまっては、なかなか自信を取り戻すのは難しいかも知れませんよ。

原因を解消するための目標を作る

もし、自信が持てなくなってしまった原因を突き止める事ができたのであれば、今度はその原因を解消する為の対処が必要となります。

自分にとって、苦い思い出となっている為、あまり思い出したくないとは思いますが、これも自信をつける為と思ってしっかりと受け止めるようにしましょう。

例えばその原因が、自分でこれから目標となれるのであれば、克服できるよう挑戦してみましょう。

勿論、始めの内は最初の一歩がなかなか踏み出しにくいとは思いますが、無理をする必要はありません。

上の記事でもご紹介したように、一度の挑戦で目標を達成できなくても良いのです。

大事なのは、自分で目標を立てようと思った気持ちと、その目標に挑戦したという一歩です。

今まではそれさえもできなかった事も、今ではしっかりと過去の自分と向き合う事ができた証拠です。

他人が見ている訳でもありませんし、自分のペースで少しずつこなしていけば良いのです。

自分を褒めてあげる

自信を持てない人の多くは、自己評価が低いという傾向があります。

他人と自分を比べては、自分のダメなところばかりが気になってしまう人も多いのではないでしょうか。

そのような事を日々繰り返していは、とても自信などつけられそうもありませんよね。

しかしながら、本当にその自己評価というものは全て正しいものなのでしょうか。

恐らく大半は自分自身のネガティブな思い込みによるものだったりするものです。

もし、そうなのであれば、反対に自分を褒めてあげるようにしましょう。

自信が持てない人は他人の言動を一方的な解釈をしてしまいがちです。

捉え方によっては、全く別の意味になるような事もあるのです。

他人の評価を聞く

普段から自分の行いや発言が気になり「あの人はきっと自分の事を良く思っていないだろう」などと他人の気持ちや意見を自分の頭の中で想像してみた事はありませんか。

そして、そのような事を考えていると、どれもネガティブな発想ばかりが頭の中に浮かんでしまうものですよね。

世の中にはこのように、プラスに物事を考えられるポジティブ思考の人と、反対にネガティブ思考の人が存在しています。

そして、ネガティブ思考の厄介なところはしばらく経っても引きずってしまうという点です。

その為、いつも他人の顔色を伺ってしまうのです。

しかしながら、そのような考えを持っていても、結局は想像の範疇でしかありません。

それならば手っ取り早く他人の評価を聞いてしまいましょう。

自分が想像していたような事とは全く違った評価が聞けるかも知れませんし、常識的に考えてみれば、本人を目の前にして傷つくような事を伝えるのというのも考えにくい事です。

他人の評価を聞いて、モヤモヤしていた気分をスッキリさせてしまいましょう。

良い部分は伸ばす

自分は他人から褒められると伸びるタイプと言う人っていますよね。

身近な友人や家族、会社の同僚や上司など普段からよく顔を合わせいたり、以前からあなたを良く知っているであれば、きっとあなたの良い部分だって知っている人がいるはず。

さり気なく、自分の事について聞いてみてはいかがでしょうか。

もしかしたら自分では気が付かなかった意外な長所を知る事が出来るかも知れません。

それでもしあなたの良い所を教えてもらえたら、それだけでも自信がついた気になりますよね。

そして、ただ喜んだり安心するだけではなく、良い部分は伸ばす意識をするようにしましょう。

今後も、自分の良い部分は誰の前でも自信を持って言えるようになれるはずですよ。

悪い部分は改善する

残念な事に、他人から手厳しい評価をもらう事もあるかも知れません。

そんな時でも「やっぱり自分はダメな人間なんだ」などと思わないようにして下さいね。

それに、たった一人の他人の評価が全てではありません。

そのような他人の悪い評価というのも、一つの良きアドバイスとして参考にするようにしましょう。

昔から他人は自分を映す鏡と言うように、人間関係で何か上手くいかないなと感じた時は、一度自分のこれまでの行いを振り返ってみるのも良い事です。

そして、他人から指摘をされたり、振り返って気が付いた事があれば、今後は注意するようにすれば良いのです。

️自分に自信を持つメリット

いつも自信に満ち溢れている人はそうでない人とはどのような違いがあるのか気になりますよね。

ここからは具体的に自分に自信を持つメリットについてご紹介します。

自分に自信を持てずに悩んでいる人も、様々なメリットがある事を知れば、もしかしたら気持ちが変わるかも知れませんよ。

是非チェックしてみて下さいね。

ポジティブになれる

自分に自信を持っているいると、あらゆる物事に対してポジティブに捉える事ができると言われています。

例えば、前々から楽しみにしていた旅行が体調不良で行けなくなってしまったら、大抵の人は残念でガッカリしたり、とてもショック受けてしまいますよね。

しかしながら、自分に自信を持っている人はそのような時でも「旅行先で急に体調が悪くならなくて良かった」や「旅行ならまた計画すればいつでも行ける」というようなポジティブに物事を捉える事ができるのです。

このような考え方ができる人なので逆境にも強く、もし落ち込んでしまうような事があったとしても、自分の力でまた立ち上がれるタフな精神力の持ち主でもあります。

このように、ポジティブ思考の人は常に前向きな為、周りの人からも生き生きしているように映り、自信にも満ち溢れているように見えるのかも知れませんね。

自分の意思で行動できる

何か自分の気持ちに迷いがあると、すぐに優柔不断になったり、誰かに相談をしたくなってしまうような経験はありませんか。

そんな気持ちになってしまう事が多いという人は、何かと自分の意志で行動を起こす事が苦手な人なのかも知れませんね。

それとは反対に、自分に自信を持っている人は、何事も自分の意志で行動ができるというメリットもあります。

それが例え、ハッキリとした根拠や理由が無いとしても、自分の気持ちや直感を信じる事が出来る為、他人の意見に左右される事が無いのです。

このように、自分の意志を信じる事ができるのも、日頃から自分に自信を持っているからこそです。

その為、集団の中では自然とリーダーシップをとる役目となる事も少なく無いようです。

このような人なら、何だか安心して任せられるような気持ちになるのも不思議ではありませんよね。

悩み事が減る

誰でも悩み事の一つや二つはあるものですよね。

そして、中には随分前から同じ事で悩んでしまったり、自分一人では解決できずに誰かに相談するというのもよくある事です。

しかしながら、自分に自信を持っている人は、そのような悩み事に頭を抱える事が減ると言われいます。

心配や不安が減る

自分に自信を持てるようになると、心配や不安になる事が格段に少なくなります。

それでも同じ人間ですから、たまには心配や不安になってしまう事も珍しい事ではありません。

しかしながら、そのような時があっても、自分に自信を持っている人は自分を鼓舞する事で解決できてしまうのです。

例えば、これから何か新しい事にチャレンジしようと思っていた時、本当に今の自分の力で成功できるかと不安になった時でも「自分にならやれる!」や「自分には成功させる自信がある!」と気持ちを前向きにする事ができるのです。

普段から自信に満ち溢れているように見える人にも、そうでない人と同じような悩みや失敗を経験しているのは同じですが、実は他人が知らないところでちゃんと自分で自分を励ましているのです。

緊張しなくなる

大勢の前でのスピーチ、会社でのプレゼンテーション、イベントの司会進行などの役目を果たさなければならない時はやっぱり緊張してしまいますよね。

特に、そのように人前に出るのが元々苦手な人は、何日も前から憂鬱な気分になってしまいますし、当日になれば緊張して心臓もドキドキしてしまうものです。

できる事なら他の人に代わって欲しいと思った人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、このような場面になっても自分に自信を持っている人は、しっかりと役目を果たせてしまいます。

どんなに大勢の人の前でも、自分の言葉でそれも良く聞こえるような大きな声を出す事だってできます。

とは言え、それでも全く緊張しないというわけではありません。

自分に自信を持っている人は、ピンチの時になった時には自分の力を信じる事ができますし、仮に良い結果が出せなかったとしても、次に活かす為の努力を怠りません。

このように、自分に適度な緊張を与える事は、今後の成長の為にも良い事です。

それに、このような場面で堂々としていられるなんて見ていてカッコイイですよね。

人の目が気にならなくなる

自分に自信が持てない人であるほど、何事も人の目が気になってしまいがちです。

人の目が気になるという事は、それだけ自分と他人を比べてしまっている証拠。

自分にも心当たりがあるという人がいるのではないでしょうか。

すれ違う人全てを自分と比べていたのでは、キリがありませんし、世界中にはまだ見た事のない人だって大勢存在しているはずですよね。

自分に自信を持てるようになりたいという人は、人の目などあまり気にしないように心掛けてみましょう。

自分に自信を持っている人は、いちいち周りの人と自分を比べたりはしません。

そして、自分よりも優れた能力を持っている人や、自分とは違った価値観を持っている人と出会ったとしても、避けたり見下したりするような事もありません。

そもそも、自分を比べていないのですから、そのような気持ちにもならないのです。

あくまで「自分とは違った魅力を持っている人」と素直に他人を認める大きな器の持ち主でもあるのです。

仕事ができるようになる

現在仕事が上手くいかずに悩んでいる人は、同じ職場でいつもテキパキしている会社の同僚や先輩を見て、羨ましいと思った事がある人も多いのではないでしょうか。

そして、そのような人に限って、自信を感じられるものですよね。

仕事に得手不得手はありますが、そのような人たちも最初から仕事がテキパキできるようになったわけではありません。

誰でも、慣れない内は失敗を重ね、徐々に成長していくものです。

失敗した時や、行き詰った時には、ただ落ち込んで終わりにせずに「次は絶対同じ失敗はしない」と気持ちを前向きに切り替えてみましょう。

要は失敗を恐れずに仕事に取り組む姿勢です。

これが違うだけで、今後の仕事に対するモチベーションも上がり、何でも挑戦しようという気持ちにもなれるでしょう。

人に優しくなれる

自分に自信が持てるようになると、人に優しくなる事もできると言われています。

一見、あまり関係が無いように思えますよね。

自分に自信が持てない人は、どちらかというと人に指図をするよりもされる側になってしまいがちです。

自信の無さから、自分の言動に責任を持つ事を避けてしまうからです。

そして、そんな自分の態度に負い目を感じているのも事実。

その為、他人の事を気にかけてあげられるほど気持ちに余裕が無いのです。

自分に自信を持てるようになれば、自分の心のケアもこれまでより簡単なものになりますし、気持ちに余裕が生まれる事で、自信を持って他人の事を気にかけてあげる事ができるようになるはずですよ。

キレイになれる

いつも自信に満ち溢れている人って何だかいつもキレイに見えたりしませんか。

それも容姿とうよりは、その人の内側から滲み出るオーラのようなものだったりするものです。

特に女性にとっては羨ましいと思ってしまいますよね。

自分に自信を持っている人は、何もお金をかけて容姿を磨いているのではありません。

常に自分を大切に思っていますし、そんな自分の事を好きになれる人だからです。

毎日ハッピーに過ごせる

学校や仕事など、毎日同じような日々の繰り返しであっという間に今日も一日が終わり。

そのような毎日に何だかハリが無いと感じる事ってありませんか。

しかしながら、自分と同じように過ごしているはずなのに、なぜかいつも楽しそうにしている人は、自分に自信を持っている人なのかも知れませんよ。

上の記事でご紹介した通り、自分に自信を持っている人とは、何事もポジティブ思考です。

その為、平凡な毎日の中でも、小さな幸せを見つけるのが得意なのです。

要は考え方や物事の捉え方一つで、つまらない人生も毎日楽しく感じられるのです。

自分を好きになれる

自分に自信が持てない人の多くは、そんな自分が嫌いと感じる事が多いようです。

それって何だか寂しい事ですよね。

頭では分かっていても、何かある度に自分を責めてしまうような人は、少し自分と良く向き合ってみましょう。

上の記事でご紹介した通り、自分の悪い所ばかりではなく、良い所も忘れているだけできっと見つかるはずですよ。

そして、たまには自分の良い所を思い出してあげましょう。

小さな自信でも、それがやがて自分を好きになれる自信に繋がるはずです。

️自分に自信を持つと良いことだらけ!

これまで自分に自信を持つ方法についてまとめてきましたがいかがだったでしょうか。

今回の記事が少しでも参考になって頂ければ幸いです。

今まで自分に自信が持てずに悩んでいた人も、これを機に自分に自信を持ってみてはいかがでしょうか。

自分に自信を持つ事は決しては悪い事ではありませんし、むしろ良い事だらけです。

自信を持ってこれからの人生をもっともっとポジティブに楽しんでしまいましょう!