世の中には様々なタイプの人が居ます。

人から好かれる人も居れば、嫌われるような人も居るでしょう。

人間の中にあるタイプは、時代によって変化して行きます。

その為、昔は無かったようなタイプの人が登場する場合もあります。

例えば『草食系男子』などという言い方をするタイプの人も、最近登場した新しい言い方でしょう。

昔は、男性が優位に立つ事が当たり前のように考えられて居ました。

だからこそ、女性は一歩下がって男性の後をついて行く事が当然だったのです。

ですが、それも時代と共に変化していました。

今の時代は、男女平等の時代であり女性も男性と同じように仕事をこなし、社会的地位を確保する事が出来るようになったのです。

そのせいか、女性が強くなると同時に、男性が弱くなっていきまるで立場が逆転したかのような関係を維持しているのです。

このように、社会の変化に伴って人間は様々な形に変化をして行きます。

昔は、当たり前として考えられて居た人たちも形を変え人々は常に進化を遂げて居ます。

だからこそ、今まで聞いた事の無い新しいタイプの人達が登場すると、話題となり流行語などになる場合もあるのでしょう。

最近もまた、多くのタイプの人間が登場してきつつあります。

その中で、最近特に話題となって居る人達に『マウンティングする人』と言うものがあります。

これは、男女共におkなう場合が多い物ですが、特に女性がする事によって話題となりました。

そこで今回は、このマウンティングする人々の特徴や性格について詳しくご紹介させて頂きます。

今までマウンティングの言葉を知らなかった方も、これをきっかけにマウンティングを覚えてみて下さい。

新し言葉を覚える事は、人生を豊かにします。

知らない言葉を一つ覚える事によって、他人との会話のきっかけを掴むことが出来るかもしれません。

結構うざい!マウンティングする人の特徴

最近、世の中には『マウンティングしてくる人』という人達が居ます。

マウンティングとは、元々サルなどの哺乳類が行う行動の一つです。

相手より自分の方が上であると言う事を行動によって示す事を指して居るのです。

これはあくまでも動物の世界で行われる行動の一つです。

ですが、それを人間の社会でも行う人が増えてきている事が問題なのです。

人間の世界では、相手の上に登るなど実際のマウンティングに見られる行動をとる訳ではありません。

そんな事をしたら、頭のおかしな人だと思われてしまうでしょう。

人間社会でのマウンティングとは、言動が行動によって相手より自分の方が上であると言う事をアピールする事を指しています。

それをする事により、自分のプライドを守ったり自尊心を維持しているのかもしれません。

こういった行動に出る人は、大抵女性が中心です。

男性でも勿論マウンティングをするような人も居ます。

ですが、男性社会の場合には優劣が比較的分かりやすい傾向にあります。

会社などの場合は、役職などによって立場も違ってくるなど比較的目に見える形で違いを感じる事が出来るでしょう。

だからこそ、わざわざマウンティングする必要が無いのです。

一方女性の場合には、社会に属さない繋がりが沢山あります。

一見仲のいい友達に見える二人も心の中では何を考えて行動しているかは分からないのです。

そんな腹黒い部分が多くある女性だからこそ、目に見えない立場争いによって相手をマウンティングする事なども十分考えられるのです。

日常生活の中で、イチイチこちらが上だとアピールしてくるマウンティングしてくるような人々は一緒に居ると疲れます。

うっとおしくも感じる事でしょう。

だからこそ、その人の特徴を知りどう対処して行けば良いかを事前に把握しておきましょう。

そうする事によって、自分の身を守る事にも繋がるかもしれません。

マウンティングとは?

最近話材の言葉に『マウンティング』と言うものがあります。

この言葉は、元々動物の性質を表す言葉として広く使用されてきた言葉です。

ですが、この言葉がドラマなどに登場した事によって本来の意味とは少し違った解釈の仕方で捉えられるようにもなりつつあります。

このように、言葉は常に変化して行きます。

一つの意味を知っているからと言って新しい言葉の意味を理解する事が出来て居ないようであれば、それはその言葉をきちんと理解しているとは言えないでしょう。

新しい言葉を理解していないと、結局周りの会話からtり残されてしまう事にもなりかねません。

人間の世界では、常に言葉が使用されています。

その中で、言葉は常に変化を遂げています。

時代に合わせ多くの意味が採用され、新しい意味をもつ言葉として使われて居る事もあるのです。

だからこそ、私たちは言葉の変化に常に敏感でなくてはならないのです。

意味

マウンティングとは、本来サルなどの哺乳類が行う交尾の時などに雄が背中に乗る行為の事を指しています。

自分の権力の保持でもあり、いかに自分が優位かを示しているのです。

これが人間の世界に当てはまると意味合いが多少変化します。

基本的な意味は変わらず、自分がいかに相手よりも優れているかをアピールする行動を取っている時に使用されます。

その方法とは、分かりやすく相手の背中に乗るような事はしません。

言動や行動によって相手よりいかに自分が優れているかをアピールするのです。

自分の気持ちを相手に直接的にいうのでは無く、あえて回りくどい言い方をするなどして相手より心理的に上に立とうとするのです。

その行為こそが最近使われてる『マウンティング』の意味です。

使い方

『彼女たちは、マウンティングになって喧嘩をしている』

この時に使われている意味としては、実際に馬乗りになって喧嘩をしているわけではありません。

心理的な問題なのです。

女性の多くは、直接あてと面と向かて喧嘩をする事をしません。

笑顔で話しながらも相手の上に立とうと、自分がいかに優位であるかをアピールするのです。

だからこそ、この言葉は、女性にピッタリの言葉だとも言えるでしょう。

この言葉の使い方を知らないと、文章を読む限り本当に殴り合いの喧嘩をしているように勘違いしてしまうケースもあります。

そのせいで、その場の空気をおかしくしてしまう事もあるでしょう。

だからこそ、新しい言葉を知る事はとても大切な事なのです。

マウンティングな人に共通する特徴

マウンティングという言葉は、あるドラマで使用された事によって新たな形のことばとして広く認識されるようになりました。

自分の周りにいる人をなんて表したら良いのか分からなかった方々も、この言葉を聞いた瞬間『これ!』と思ったかもしれません。

では、そんな今の強い女子にありがちなマウンティングをしてくる人にはどんな特徴があるのでしょうか。

その特徴を知る事によって、相手の考え方や行動を分析する事が出来るようになるかもしれません。

また、あなたの周りに居る人も、実はマウンティングする予備軍かもしれません。

相手の行動を冷静に判断する事によって、今後起きる事態を予測する事も出来ます。

自分の身を守る為にも大切な事でしょう。

また、この特徴が自分自身に当てはまってしまう場合には、知らず知らずの内に他人をマウンティングしてしまっている事もあるかもしれません。

そんな攻撃的な人にならない為にも、自分の性格をしっかりと分析する事も必要でしょう。

人にアドバイスしたがる

マウンティングをしてくる人は、それだけ自分が他人よりも優れているという自信をもっています。

だからこそ、相手に対して積極的にアドバイスをする事もあります。

自分が100%正しいと思っているからこそ、積極的に他人にアドバイスする事が出来るのです。

ですが、考え方は人それぞれです。

100%正解のアドバイスなどありえないのです。

ですが、その事に気が付く事が出来ず自分の事を過信している人は相手に対してマウンティングをする傾向があります。

自分に自信がある

自分に自信を持つ事はいい事です。

この世の中で、自分を信用する事が出来る一番の味方は自分自身であるべきです。

自分が自分を信用してあげられないのであれば、何をするにも勇気が足りず前に進めない事もあるかもしれません。

そうなってしまわない為にも、出来るだけ前向きに行動する為にも自信を持ちましょう。

ですが、自信を持ち過ぎるのも考え物です。

他人の意見を全く聞き入れる事が出来ず、自分の考えだけで進んでいしまう人は危険です。

人間としての成長も止まってしまうかもしれません。

本当に素晴らしい人は、自分の意見だけでは無く他人の意見を取り入れることによって柔軟に考え方を変える事が出来る人なのです。

その柔軟さが足りないからこそ、他人に対して権力を誇示するような行動にでてしまうのかもしれません。

人に意見を押し付ける

自分に自信がある人の中には、自分の意見が全て正しいと思っている人が居ます。

だからこそ、他人の意見を全く無視して自分の意見を押し付けようとする人が居るのです。

相手がアドバイスを求めているのであれば、それもまたいいかもしれません。

ですが、有難迷惑という言葉もあります。

相手が希望していないのにも関わらず、思っている事を押し付ける事はいい事だとは言えないでしょう。

また、自分の意見に賛成してくれない人に対して攻撃的になる場合もあります。

勝手にアドバイスをしてくるのにその話を聞かないだけで攻撃してくるなどとても迷惑な話です。

ですが、実際にそんな迷惑な人がこの世の中には存在しているのです。

自己中心的


相手に対して、自分の方が上だとアピールするなど常識的に考えればおかしな話でしょう。

その常識に気が付く事が出来ず、自分の考えで行動してしまうと言う事はそれだけ自己中心的な考え方をもっていると言う事が言えます。

そんな人とまともに話し合おうとした所で、所詮は相手の逆なでる行為にしかならない事もあります。

そんな事をして、より一層相手を怒らせるような事になってしまったら目も当てられません。

だからこそ、そんな自己中心的な人は相手をしない事が一番です。

相手の気持を考えない

冷静に考えれば、相手にたして自分の力を誇示するなどとても失礼な話です。

そんな事を擦れば、自分の品格にも関わります。

ですが、そんな事にも気が付かずマウンティングのような行為をしてしまうと言う事は、それだけ想像する力が乏しいのです。

相手がそんな事をされたらどう思うのか。

相手の気持ちを想像し、行動する事が出来ない人だからこそそんな行動をとってしまうのでしょう。

そんな人に目を付けられてしまえば、面倒な事になるのは用意に想像が付きます。

そうならない為にも、そういった人とは早くから距離を置き関わらないようにする事が一番でしょう。

毒舌

毒舌とは、他人に対して厳しい意見を言う人たちに最近多く使われる言葉です。

悪口というと、なんだか角が立ってしまうような言い方も『毒舌』と言う言い方をする事によって、どこか愛のある言葉のように表現する事が出来るのです。

ですが『毒舌』と言うからと言って何でもかんでも許される訳ではありません。

他人を傷つける言葉ばかりを言う人は、嫌われても仕方がありません。

ですが、他人と自分を比べマウンティングをするような人はつい、毒舌になる傾向があります。

常に他人と自分を比べ、自分の方が上だと思って居るからこそついつい言い方もキツくなるのです。

それは、最早その人の性格であり、そうそう治るものでは無いでしょう。

高級品が大好き

プライドが高い人は、高級志向の傾向にあります。

だからこそ、世間的に評価の高い高級品をもつ事によって自分の価値を高めようとしているのかもしれません。

ですが、持ってるもので人間の価値が決まるわけではありません。

例え、全く高価な物を身に付けて居なかったとしても素晴らしい人は素晴らしいのです。

の根本的にな事に気が付く事が出来ないからこそ、問題なのかもしれません。

高級品を持つ事も良いでしょう。

それをステータスとして考える事も悪い事では無いでしょう。

ですが、そこばかりに固執してしまっては本当に大切な事を見落としてしまう事もあるでしょう。

そうならない為にも人間の本質を見る事が出来るよう努力をする必要があるでしょう。

人脈が広い

人脈が広いと言う事はそれだけ情報に触れる機会が多いと言う事。

つまり、多くの情報を差操作する事が出来るのです。

人によって、考え方は違うものです。

同じ出来事が目の前にあったとしても考え方がそれぞれなので、まったく違った感想を持つ物です。

多くの情報の中からどれを選び、どれを自分のものにするかはその人の気持ち次第でしょう。

他の人が見れば対して気にならないような物も、あえて自分が意識する事によって羨ましく感じる事もあるかもしれません。

だからこそ、人脈が広い人はそれだけ多くの情報に触れるきっかけがあり他人を意識使用と思えば簡単に意識することが出来るからです。

いつも上から目線


いつもうえから話をされれば誰だって嫌な気持ちになる事でしょう。

だからこそ、他人との関係性をより良い物にしたいのであれば、そういった話し方をするべきではありません。

ですが、その話し方がもはや癖になって居る場合もあります。

常日頃から、相手を威嚇して生活しているからこそどんな人に対しても上から目線の発言になってしまうのかもしれません。

だからこそ、そういった発言をしてくる人はマウンティングをするような傾向があると考え注意する事をおすすめ致します。

おせっかい

昔の日本には、お節介な人が沢山居ました。

人の家庭の事情に首を突っ込みあれやこれやする事だって珍しい事では無かったのです。

ですが、今ではそんな人もめっきり少なくなりました。

他人との関りをさけ自分だけで過ごす人もいるかもしれません。

そんな中、お節介な人が居れば煙たがられる事もあるでしょう。

またそれが他人の為では無く、自分の為に行われているのであれば尚更です。

他人からの反感を買っても仕方ないと言えるでしょう。

お節介な人は、基本的に人情味のある人が多く居ます。

ですが、マウンティングをする人の様に自分の力を誇示したいからこそ相手に指図するような人も居ます。

その為、その人がどちらのタイプなのかをしっかり見極める事が需要でしょう。

【おせっかいな人の特徴や行動については、こちらの記事もチェック!】

知識が豊富

人間として、知識が豊富な人はとても魅力的な方の場合が多々あります。

その為、それが悪い理由になるようには思えないのです。

知識が豊富な人は、その知識を上手に使えば人気者になる事も出来るでしょう。

1人場に、

自虐することも

マウンティングをして来るような人が、自虐しているときは、本気ではない場合も多々あります。

相手からの『そんな事ないよ』と言う言葉を待っているのです。

その言葉を貰うことによって、間接的に自分の立場を上げることも出来るでしょう。

相手に褒められる事によって、自分自身の気持ちも納得させる事が出来るかもしれません。

大人になればなるほど、人から褒められる機会は減っていくもの。

だからこそ、あえて自分の中事を悪く言う事によって相手が自分を褒めてくれるよう誘導する事が出来るのでしょう。

強く見られたい

マウンティングをする人の中には、本当は自分に自信がない人も居ます。

その自身がない自分を隠そうとする余り他人に対して強気な態度に出てしまうのです。

その強気な態度の裏には自分自身への不安がかくされているのかもしれません。

それにいちいち付き合うことは大変ですが、相手の心理を知ることで少しでも対処の仕方を考える事が出来るかもしれません。

プライドが高い

プライドが高く無ければ、他人に対してマウンティングをしようなどという考えにはならないでしょう。

自分に自信があり、曲げる事が出来ない考え方があるからこそ他人を意識したり自分の有利は立場をアピールする為に、マウンティングという行動を取るのでしょう。

プライドが高くない人は、わざわざ他人に対して喧嘩を吹っ掛けるような真似はしません。

他人は他人・自分は自分と割り切る事が出来るのです。

ですが、プライドが高い人の場合にはその割り切りが下手な傾向にあります。

だからこそ、自分意外の、人に対して敵意を感じマウンティングなどと言った過激な行動に出てしまうのかもしれません。

マウンティングな人の心理

マウンティングをしてくる人は、自分に自信があると同時にどこかで不安な気持ちを抱えて居ます。

だからこそ、他人から認められたい。

他の人よりも優れていると感じたいと願って居ます。

その心理が働く事によって、自分よりも下の人を作ろうとマウンティングをするのでしょう。

人は本来、他人の評価など気にする必要はありません。

自分が良いと思えればそれで良いのです。

ですが、そうは言っても気になるのが人間の心理と言うもの。

相手が自分よりも評価をされて居れば根らましい気持ちになる事もあるでしょう。

それは、誰しもが感じる当然の気持ちなのです。

ですが、その全ての人がマウンティングっするかと聞かれればそうではありません。

劣等感を感じそのまま自分の殻に閉じこもってしまう人だって居るでしょう。

マウンティングをすると言う事は、それだけ負けたくないという勝ち気な心を持っている表れなのです。

劣等感と勝ち気な気持ちが重なり合い、複雑な信教の人がマウンティングを行うのかもしれません。

マウンティングな人の対処法

世の中には様々な人が居ます。

あなたに非が無くとも、攻撃してくるような人も居るかもしれません。

マウンティングをしてくるような、自分の力を誇示してくるような人だって居るのです。

そんな人達を真正面から相手にしていれば、あなた自身が疲れてしまう事もあるでしょう。

だからこそ、そういった人達がいると言う事を理解してどう対処擦れば良いかを自分の中で考えて起きましょう。

対策を自分の中で作っておくことによって、いざその状況になった時も安心して生活する事が出来ます。

焦りは事態をより悪化させてしまいます。

そうならない為にも、そうなった場合どうすれば良いかを自分の中でシュミレーションしておきましょう。

発言を受け流す

相手からマウンティングを受け、常に上から目線の発言をされればイライラする事もあるでしょう。

相手を見返してやりたいと自分もマウンティングの姿勢になる事もあるでしょう。

相手に絶対負けたくない。

自分の方が上なんだという強い信念を持っている人なのであればそんな風に相手と戦う事もいいかもしれません。

それで自分の気持ちがスッキリする人も居るでしょう。

ですが、その解決方法はとても疲れます。

常に臨戦態勢で、誰にも負けない強い心を持つ事が出来る人はどれほど居るのでしょうか。

それだけ血の気が多ければ無駄な戦いを引き起こしてしまう事も十分考えられます。

そうならないようにする為には、相手をしない事が一番です。

相手の気持ちを逆なでしないよう、とにかく適当に受け流してしまうのです。

相手の発言をイチイチ聞く必要はありません。

受け流す事によって、自分の心が被害を受ける事をさける事が出来ます。

また、相手も言いたいだけ言って反応が無ければ段々とあなたを相手にすうる事に飽きてターゲットを他の人に変えてくれる事もあるかもしれません。

人間関係において、常に真正面から相手をする事が有効な方法だとは限りません。

時には交わす力を身に付けることも生きていく為には、とても重要な事なのです。

褒めていい気分にさせておく

マウンティングをしてくると言う事は、相手はあなたに対して対抗心を燃やしています。

何か負けたくないという理由があるのかもしれません。

男社会では、分かりやす理由がある場合が殆どです。

ですが、女社会の場合は違います。

何に相手が妬み嫉妬しているか分かりません。

比べる基準が曖昧だからこそ、より自分の力を誇示しようと必死になっていると言う事もあるでしょう。

そんな相手に出会ったとしたら、相手のプライドを傷つけないように適度に褒めいい気分にしてあげましょう。

あなたが相手に対抗するつもりは無く、何なら上だと思っていると言う事を相手が感じる事が出来れば気持ちも落ち着きさっさとマウンティングを止めてくれる可能性があるからです。

相手を褒める際は、本気で思う必要はありません。

相手がどんな言葉を昨日しているのかを想像し、相手が欲しい言葉を渡してあげれば良いのです。

面倒にも思える作業ですがそれをする事によって、あなたの平和な生活を守る事が出来るのです。

そう考えれば、そんな縁起をする事も悪い事では無いと思えるのでは無いでしょうか。

マウンティングをしてくる相手は、それだけ子供なのです。

あなたが大人になる事によって、相手の気持ちを納得させることが出来るのです。

徐々に相手と距離を置く

相手からマウンティングを受けていると感じた場合、そのまま段々と距離を取る事をおすすめします。

自分の気持ちだけを考えれば、売られた喧嘩を買いたいと思う方も居るかもしれません。

相手に対してやり返してやりたいという気持ちも分からないではありません。

ですが、それをやった所でいい結果が出るとは限りません。

もっと自体が悪化してより面倒な事になる可能性だってあるのです。

だからこそ、そうならない為にも距離を取りましょう。

相手から攻撃されれば、嫌な気持ちになるのは当然です。

だからこそ、嫌な気持ちになる前に相手から離れてしまいましょう。

距離を取る事によって、あなたの情報を相手が仕入れにくくなります。

そうする事によって、攻撃してくる情報を遮断する事が出来るのです。

例え相手が何か言っていたとしても距離をとってしまえば、相手の言っている事を直接聞く機会は減ります。

そうすればイチイチ気にする必要も無く、勝手に言わせておけば良いのです。

反論しない

マウンティングをしてくると言う事は、あなたよりも自分の方が上だと感じているのです。

だからこそ、そんな相手に対して反論すれば火に油を注ぐ結果となります。

相手がムキになり、より酷い事をする事も考えられ、事態を収束させるというよりはより悪化させる事になってしまうでしょう。

だからこそ、相手には反論しない事が一番です。

相手の発言によって挑発され、嫌な気持ちになる事もあるでしょう。

根も葉もない噂をながされれば反論したい気持ちも十分分かります。

ですが、それをしてもいい結果をうむ事はありません。

一瞬スッキリするかもしれませんが、それよりも更に面倒な自体が待ている可能性も十分に考えられるのです。

だからこそ、相手にしないのが一番です。

子供の頃は、本気で喧嘩する事によってより中が深まると言う事もあったかもしれません。

お互いを理解する為には喧嘩もひつような事もあるでしょう。

ですが、大人になってしまうともうそれでは解決する事が出来ません。

本気で喧嘩すれば、そのまま別々の人生を歩む事になる可能性も十分にあり得るのです。

だからこそ、イチイチ本気になる必要などありません。

賢い人は、相手を刺激せず受けながす事を身に付けるでしょう。

マウンティングな人とうまく付き合おう!(まとめ)

人間には色々なタイプの人が居る物です。

相手と全く競う事は無く、自分のペースでゆっくり進む事が出来る人も居れば、対抗心むき出しでつっかかって来る人だっている事でしょう。

その中には、あなたに対してマウンティングを仕掛けてくる人も居るかもしれません。

相手から、マウンティングを仕掛けられて嬉しい人は居ません。

困る場合もあれば、鬱陶しいと感じる事もあるでしょう。

マウンティングをしかけて来る人は、それだけプライドが高くいかに自分が他人よりも優れているのかと言う事をアピールしたくて仕方がないのです。

その戦いを買う事も一つの方法です。

やられたらやり返すという心理の元、相手にマウンティングされたら、し返すぐらいの強きな気持ちがあっても良いのかもしれません。

ですが、それをやれば間違いなく殴り合いの喧嘩になります。

勿論、本気で殴る訳ではありませんが、お互いに一歩も引かない精神的な戦いとなります。

それは、とても疲れる事なのです。

だからこそ、もしどうしても負けたくないという強い心理が無いのであればさっさと交わしてしまう事も一つの方法です。

向うが組みにかかってきてもそれを、相手にせず受け流してしまうのです。

相手にしない事によって、相手が勝手に諦めてくれるのを待ちましょう。

こちらが大人になる事によって、相手のマウンティングを抑えることが出来る事もあります。

勿論、それでも相手が諦めない場合などもあるので、完全に有効かどうかはその時になってみないと分かりません。

しかし、少なくとも真正面から相手にするよりは、より労力を少なく相手にする事が出来ます。

マウンティングをしてくるような血の気の多い人を、イチイチ相手にしていては身が持ちません。

下手に反撃すれば、火に油を注ぐ事により更に面倒な事にもなりかねないのです。

そうならない為にも、上手く交わす事も生きていく上では必要な事なのかもしれません。