人には色々な性格があるものです。

その中には合う人も居れば合わない人だっているでしょう。

例え他の人からどんなに好かれている素晴らしい性格の人であろうと、あなたと合わなければ意味が無いでしょう。

本来であれば、嫌いな人とわざわざ付き合う必要などありません。

スッパリ関係を切ってしまえば良いのです。

ですが、そうも行かないのが、大人の世界です。

例え自分が嫌いだとしても、付き合って行かなければならない事だってあるはずです。

嫌いな人と付き合う為には、コツを掴むことが重要です。

そうしなければ、付き合う事でストレスを感じてしまうはずです。

人間関係でストレスを感じる時ほど辛い事は無いのですから。

だからこそ自分が苦手だと感じる人との付き合い方を学習しておく事が重要です。

特に、女の世界は男性が思っている以上に複雑です。

ドロドロした世界で嫌になる事も珍しいことではありません。

時には人より自分が優位に立とうとするあまり、マウンティングをして来ることもあるでしょう。

常に自分が上?!マウンティング女子の説明書

女の世界はとっても複雑です。

側から見ると仲良くしている様に見えても、実際にはとってもめんどくさくドロドロとしている事もあります。

他人の足を引っ張ったり、貶めたりしようとする人も居ます。

そんな人に負けない為には、自分を強く持つ必要があるでしょう。

色々なタイプが居る中で、特に厄介なのがマウンティングをしてくる女子です。

マウンティングをされて嬉しい人は居ないはずです。

だからこそ、そんな面倒な女子の扱い方を学ぶ必要があります。

マウンティングって何?

そもそもマウンティングとは何なのでしょうか。

ずばり、自分が相手よりも上だとアピールする女の事を指します。

そうする事によって、自分の力をより強く相手にアピールするのです。

例え、実際には大きな違いが無かったとしても、あえてマウンティングをする事によって、実際よりも強く見せる事が出来るのです。

女子の世界は、穏やかに見えても実際には互いに様子を伺ったり力の強さを計っている物なのです。

だからこそ、その状態でより優位な状態に立つ為にもマウンティングをいかにするかどうかが大切と言えなくもありません。

常に物事を上から言ってくる

マウンティングをしてくる女性の場合、基本的に自分の力を過信している所があります。

だからこそ、その自身があるからこそ相手に対して強く物事を話すようになってしまうのです。

その自身に根拠があるかどうかは分かりません。

もしかしたら、自分が勝手に思っているだけなのかもしれません。

しかしながら、自分はそれを間違いなく信じたいるのです。

自分の力を100パーセント信じており、自分が全て正しいと思っているからこそ相手に対しても強く出る事が出来るのです。

マウンティング女子の15個の特徴

それではここからは、マウンティング女子の特徴についてご紹介させて頂きます。

その特徴を知る事によって、それらの女性とどう付き合っていけば良いかに気がつく事が出来るでしょう。

今まで苦手だからと関係を避けていた人も、コツを掴めば上手くやっていく事が出来るかもしれません。

知らないままでは、何も考える事が出来ません。

相手のことを知る事によって考えが変わる場合もあるはずです。

まずなわ知って見ることが必要です。

1、自分が勝っていないとダメ


本来、人間には勝ち負けはないはずです。

勝負の世界には、ルールに基づいて勝敗が決まることは珍しいことではありません。

ですが、人間の社会にはそれほどまでに大きなルールはありません。

だからこそ、勝ち負けはあくまでも自分の主観となります。

明確なルールがないからこそ、いかに自分を強く見せるかに躍起になってしまう人がいるのかもしれません。

収入や社会的地位など、わかりやすいところで張り合う人もいれば異性からの人気や女としての力の差など、数値化しにくいもので張り合ってくる人もいるでしょう。

その場合、相手がどんな基準でそれを考えているかわからないので、こちらもどう対応したらいいのか疑問に思ってしまうことでしょう。

基本的には、それは無視してしまってかまいません。

相手があなたに勝とうと躍起になってきたとしても、勝ち負けを決めるのはあなたではありません。

だからこそ、どんな基準で納得してくれるかわからないのです。

だからこそ、あなたが負けてあげるつもりでも相手はさらに向きになってかかってくる事もあるかもしれません。

それではいつまで経っても解決することができないでしょう。

そんな時間の無駄を避け、無視してしまうことが一番効果的でしょう。

2、相手の話には興味がない

マウンティングをしてくる女子は、基本的に自分が一番です。

自分の考えがすべてであり、ほかの人の意見を取り入れる気持ちもあまりありません。

だからこそ、相手がどんな話をしていたとしても興味がありません。

興味がない話は頭の中に全く残らないはずです。

だからこそ、常に適当に相槌を打っているのでしょう。

どんなに優秀な人も、一人で生きていくことは不可能です。

必ず誰かの助けが必要となります。

その場合、相手の話をまともに聞くことができないタイプの人間はどうしても嫌われる傾向にあります。

だからこそ、一人で孤立してしまうことも珍しいことではありません。

相手にマウンティングをしてくるくらいですから、自分に自信をとても持っているのでしょう。

だからこそ、一人になってしまったとしてもあまり気にならないタイプなのかもしれません。

ですが、そうは言っても困ることだって必ず出てくるはずです。

一度真剣に困ることによって、見えてくる世界があるのかもしれません。

3、指示されるより指示するタイプ

自分の意見が一番だと考えているからこそ、他人の意見に合わせることができません。

マウンティングをするくらい勝気な女性は支持を無視したり自分の思い通りに行動してしまうこともあります、だからこそ、そういったタイプの人間は指示されるよりも指示するタイプの方が性に合っています。

他人から支持を出されることに対して、イライラしてしまう人も自分が指揮をとることによってめきめきとその力を発揮することもあるでしょう。

人を上手に動かすことによって利益を上げることができるかもしれません。

ですが、指示を出すということはそれだけ全体のことを把握していなければなりません。

人としての性格などにもよって、出す指示は変わってしまうかもしれません。

だからこそ、多くの人と話し合い、相手の話をきちんと聞くことも大事なプロセスとなるはずです。

4、自分中心じゃないと嫌

子供のころは、世界の中心は自分なのではないかと思うほどなんでも思い通りになったものです。

ですが大人になってしまうと、そうもいかない現実が多々登場します。

大人になるということは、我慢が増えることでもあります。

だからこそ、しょうがないと諦めたり他人に合わせることが多くなりす。

それは必ずしも悪いことではなく、そうすることによって日々の暮らしをより社会的に正しく過ごすためにも必要なことでしょう。

ですがマウンティングをしてくるような女子の場合、そういった考え方ができない傾向にあります。

どうしても世界の中心が自分でないと嫌なのです。

だからこそ、自分の気持ちが満たされなかったり、ほかの人が注目されていることが我慢ならずイライラしてしまうこともあるはずです。

子供のころは、そんな気持ちを多くの人が受け入れてくれたはずです。

ですが、大人になってしまうとそうもいきません。

あまりにもその気持ちが強くなってしまうと、ほかの人から疎まれることも容易に想像することができます。

そんな批判を跳ね返す強い気持ちを持っているからこそ、マウンティングをしてしまうほど、社会に対して攻撃的な人になってしまうのかもしれません。

5、要領がいい

女子の社会は裏も表も複雑に絡みあっています。

だからこそ、素直に生活している人が評価されるとは限りません。

もしかしたら、裏でいろいろな画策をしている人の方が高い評価を得ることもあるかもしれません。

特に男性相手の場合、その画策に気が付かれない場合もあります。

女子の中では、明らかにわざとやっているようなことも、男性からみれば『頑張っている』『一生懸命でえらいな』などと評価されることもあるはずです。

そんな女性は、同性から見ると要領が良いタイプといわれるでしょう。

要領がいいといわれる場合、あまりほめ言葉と思われることはありません。

おそらく嫌味を言われていると感じたり皮肉を言われていると感じるはずです。

マウンティングをする場合、いかに自分が相手よりも優れているかをアピールする必要があります。

その為にも、要領よく自分の良さを他の人にアピールすることが必要であり、そうすることによってさらに自分の良さを他の人に見せつける効果があるのです。

人の評価など、所詮は断片的なものでしかありません。

その中で、いかに自分のことをアピールすることができるかどうかが重要なのです。

素直に生きることはとても大切なことです。

ですが、そのアピール方法を知らなければ、自分よりも下の人が評価されることも多々ある事でしょう。

その現状を回避したいのであれば自分をアピールすることも必要かもしれません。

6、恋愛ではどちらかというとモテるタイプ


マウンティング女子の場合、自分をアピールすることが得意です。

いかに自分の素晴らしさを相手に見せるのか。

その方法をしっかりと心得ているのです。

だからこそ、自分の売り込み方を知っているからこそ、異性からは高い評価を得ることができるのでしょう。

自分をアピールする仕方を知っている女性は、基本的にモテます。

例え女性からはやっかみの対象となってしまうとしても、男性からすればそれすらもかわいく見えてしまうものなのです。

だからこそ、明らかな作戦も簡単に見抜かれずに成功することでしょう。

恋愛に必要なのは、まっずぐな気持ちはもちろんですがそれ以上にテクニックなのかもしれません。

相手をいかに自分のペースに引き込み自分に興味を持たせることができるかが大切なのでしょう。

マウンティングをするほど強気な女性は、それを簡単にこなすことができます。

だからこそ、モテやすいタイプになることができるでしょう。

7、美容に対する意識が強い

自分に自信を持っていなければ、他人にマウンティングをすることなどできません。

自分は誰よりも優れている。

自分が一番だ。

どんな思いを強く本気で思っているからこそ、相手に対してマウンティングなどをすることが出来るのです。

自分に自信を持つ為には、それなりの根拠が必要です。

生まれ持った見た目や体系に自信を持っている方もいるでしょうが、そんな人ばかりではありません。

その中でも自分に自信を持つことができるということはそれなりに努力をしている証拠なのでしょう。

努力の仕方には人によっていろいろな方法があります。

その中でも女性の魅力をより高くアピールする方法に、美容の分野があります。

美容の分野を学び実践することによってより高い女子力を相手にアピールする事ができるようになるのです。

美容の分野は日々進歩しています。

10年前とでは、基本とされる考え方も全く違うものになっているかもしれません。

だからこそ、その情報に対して常に前向きに学び続ける姿勢を持つことは女性として大切なことであり、それをしている自分に自信を持つことも当たり前の事なのかもしれません。

8、疑問に思ったことを口に出す

人は、一生学ぶことが必要です。

学校の勉強は、一生続くものではありません。

ですが、生きていくために必要なことは、日々変化していくはずです。

今まで常識とされてきた考え方がある日突然180度変わってしまうこともあるでしょう。

そんな変化の激しい社会の中でも、いかに成長していくことができるかどうかが大切となります。

ですが大人になると、学ぶ必要があることは誰かが教えてくれるわけではありません。

自分自身で気が付かなければならないのです。

そんな時に必要となるのが『疑問』です。

疑問を持つことによって、自分自身が何に興味がありどうしていきたいのかを知ることができるからです。

多くの疑問を持つことができる人は、それだけ多くのことを学ぶことができるという事にもつながります。

大人になってから疑問を口にすることを恥ずかしいと感じる時もあるかもしれません。

ですが、いくつになっても学ぶことは全く恥ずかしいことではありません。

多くのことに疑問を感じることによって、自分の知識をさらに広げていくことができるようになるでしょう。

計算高い発言が多い

マウンティングをする女子の場合、人から自分がどう思われているかを気にする傾向にあります。

できるだけよく見られたいと、自分にプラスになる発言を意識して行うことも多いはずです。

だからこそ、計算高い発言が多くなります。

計算高い発言が多い人はより自分の評価を上げることに一生懸命なのでしょう。

評価を求めることは人間にとって当たり前の心理なのかもしれません。

できるだけ多くの人に認めてほしい。

自分のことをもっと評価してほしい。

そう思うことによって、自分自身の活力にすることができるのであれば、全く問題はないはずです

ですが、同性からみせばそれはとてもわかりやすく少々鼻につくという事もあります。

たとえそれで評価される機会があったとしても、やっかまれる可能性がぐっと高くなります。

他人にどう思われようと気にしないという強い気持ちがあれば別ですが、多くの人から好かれたいという希望があるのであれば、発言ももほどほどにしておくべきでしょう。

9、承認欲求が強い

自分に自信があるからこそ、他人に対してマウンティングをします。

自信がない人が、マウンティングなどするわけがないのですから。

だからこそ、マウンティング女子は自分に自信がある自信家の人が多いといえるでしょう。

さらに、その自信を他人からも認めてほしいと思っています。

つまりは、承認欲求が強くなるのです。

承認欲求とは、他人から認めてほしい・評価してほしいという気持ちの表れです。

それがある事によって、日々の暮らしをより前向きに過ごしていくことができるのです。

本来であれば、承認欲求があることは普通のことであり無い人の方が問題といえなくもありません。

しかしながら、何事にも程度問題があります。

あまりにも強すぎるその思いは、周りの人を困らせることにもなりかねません。

自分を認めて欲しい。

評価してほしい。

そんな希望を持つことも、向上心をもつためにも必要なことではありますが、そこばかりに意識を向けることによって、大切なことを見失ってしまうこともあるかもしれません。

10、相手の好みを考えず、意見を強要する

マウンティングをするという事は、すでに相手より自分の方が上だと感じているという事です。

だからこそ、相手を気遣う余裕などないのかもしれません。

その結果、相手の気持ちを考えずに自分の考えを押し付けがちになってしまいます。

そこに明確な上下関係がある場合には、そうした指示が出ることも必要な場合もあるでしょう。

仕事の仕方などルールが決まっている物に関しては先輩が後輩に伝えることも珍しいことではありません。

ですが、そういった関係でない場合自分が勝手に上下関係を決めていることもあるかもしれません。

自分は善意でしているつもりになっていたとしても、相手からすれば大きな迷惑だと思われることも多々あります。

だからこそ、そうならないようにする為にも、互いの関係を冷静に判断することが必要です。

人間において上下関係が明確に決まっている場合などそう多くはありません。

にも関わらず、自分の気持ちだけで暴走してしまっては相手から嫌われることは間違いないでしょう。

人にアドバイスしたがり

相手のことを自分より下だと感じているからこそ、上からアドバイスを出すこともできるのでしょう。

そこには悪気はなく、相手のことを思っての行動なのかもしれません。

ですが、それを言われている方はどうでしょうか。

きっと嫌な気持ちになるはずです。

大きなお世話だと感じているかもしれません。

アドバイスは、求められてからするものです。

良かれと思ってしていることでも、結局相手から嫌がられてしまっては全く意味がないのです。

自分の行動を今一度見直すためにも不必要なアドバイスは避けましょう。

11、あからさまな自虐ネタが多い

マウンティングをするような強気な女子の場合にも、いくつかのタイプがあります。

素直に自分のことをアピールしてくる人は、まだかわいい方なのかもしれません。

というのも、マウンティングをする女子の中には、あえて自分を自虐的に例え周りの人から『そんなことないよ』といわれることを狙っていることがあります。

どんな自虐的な意見も、本心で思っているわけではありません。

自分でもそうは思っていないないけれどそれをあえて言うことによって、他人からの意見を期待しているのです。

自分で自慢をすることは、嫌味に聞こえることも多々あります。

女子の世界でそれをやれば、嫌われることは確実です。

そうならないようにする為にも、自ら自慢をすることは出来ない場合がほとんどです。

ですが、それでも自慢をしたいのがマウンティング女子なのです。

そんな中で、自分をあえて落としてアピールすることによって、相手から評価されることを狙う事ができるはずです。

女子とはなんとめんどくさい生き物なのでしょうか。

ですが、これころまさに女子ならではの行動といえるでしょう。

12、毒舌

自分のことをいかに素晴らしいかをアピールする方法として、人によっては自分のことを下げて話す人もいます。

そうすることによって、相手から持ち上げて貰うことを期待しているのです。

ですが、それよりももっとわかりやすい行動があります。

それは、毒舌です。

毒舌によって、相手を貶してしまうのです。

そうする事によって、自分の素晴らしさを相手にアピールすることができるでしょう。

毒舌はあまりいいことだとは言えません。

ですが、本音を隠しながら生きている日本人にとってd口説で物事を語る子事ができる人は、批判する気持ちもないわけではありませんが、どこか憧れるぶぶんもあるはずです。

だからこそ、タレントの中でも毒舌の人が人気になったりすることがあるのでしょう。

自分の気持ちを素直にアピールすることは大切です。

他人を傷つける事はいいことではありませんが、それによって自分の意見を相手にアピールすることができるのであればそれが必要な時もあるのかもしれません。

そんなことを考えつつ自分の話す言葉についてきちんと考えてみてはいかがでしょうか。

13、わざと下手につく

女子は計算高い生き物です。

あえて真っ向勝負をせずに、計算することによって自分の魅力をアピールする方法もあります。

その一つが、下手出るという事でもあります。

仕立てに出ることによって、相手から信頼をされるとともに相手から評価される機会をみずから作り出すのです。

そうする事によてって、結果的に相手を引き立て役にすることができます。

自ら自分の魅力をアピールする女性は、かっこいいと感じる場合もありますが多くの場合が嫌われる傾向にあります。

女子の世界ではもちろん、男性からもそこまで強気な女性は嫌われることも多々あります。

ですが、あえて下手につくことによって、それの意見を回避しつつ自分良さをアピールすることができるのです。

ここで重要なことは、わざと仕立てに出ているという事を相手に悟られないようにすることでる。

相手に悟られてしまっては、その行動も無駄なものとなってしまうはずです。

本当は、自分の良さを多くの人にアピールしたい気持ちをぐっと抑え、あえて何も考えていないように素直な女性を演じることが需要なのです。

それをする事ができるからこそ、マウンティングをする女性は軽鎖高く頭がいい人が多いといえるのではないでしょうか。

14、とりあえず自分と比較する

マウンティングをするためには、比較しなければ意味がありません。

比較することによって、いかに自分が優れているのかを相手にアピールするのです。

だからこそ、とにかく自分と比較することが多くなります。

自分と比較することで、相手との差を明確にしたいのでしょう。

評価の基準は自分次第です。

自分が勝っていると思えばそれだけでも優位に立つことはできます。

例え全く同じ条件の人がそろっていたとしても、一人が自信満々であり手よりも自分が優れていると思う事があるのであればそれだけでも、人としての魅力はアップされるのかもしれません。

15、ぶりっこ

女子の基本は、ぶりっ子です。

異性から人気を集めるためには、この技を取得することはマストです。

本心では、相手より自分のことを上だと感じマウンティングをしている人もいることでしょう。

ですが、それを周りの人に悟られてしまってはいけないのです。

そうなってしまっては、強気な性格の悪い女という事がばれてしまいます。

女子の世界ではぶりっ子などすぐにばれる事でしょう。

男性に対する態度と全く違うという事があれば、それがきっかけで嫌われることもあるかもしれません。

ですが、ターゲットは男性です。

たとえ女性に嫌われたとしても気にしなければ問題にはなりません。

男性は、女子からみれば明らかなぶりっ子に対しても抵抗感がなく『かわいい』と感じてしまう可能性が多々あります。

そのせいで、コロッとだまされてしまうこともあるのです。

マウンティング女子に対する対処法

さて、ここからはマウンティング女子に対する対処方法をご紹介させていただきたいと思います。

今現在、マウンティング女子に困っている人は勿論、今後出会うかもしれない人にも是非参考にしてほしいアイディアがいっぱいです。

本来、マウンティングなどをしてく方がおかしいのです。

だからこそ、そのせいでこちらが気を遣ったり、対策を考えたりすることは間違っているのかもしれません。

相手が考えを改めればいいだけの話のはずです。

けれど、そうすることが出来ないからこそ、マウンティング女子はどんどんと増えていくのでしょう。

自分の不利益になることは避けることができるように。

それらの対策をしっかりと考えていきましょう。

相手の発言を流す

マウンティングをしてい来る女性の意見は、基本的に自分勝手なものばかりです。

いかに自分が優れているか。

自分の自慢話ばかりでしょう。

だからこそ、そんな話を真剣に聞く必要はありません聞き流してしまって全く問題ありません。

言葉には力があります。

日々その自慢話を聞いていると、いつ間にかそれが本当のような気持ちになってしまうこともあるでしょう。

ですが、ほとんどの場合その自信には根拠のないものばかりです。

だからこそ、その考えに頭を乗っ取られてしまわないようにする為にも聞かないことが一番です。

褒めて気分をよくしておく

自慢をしたいマウンティング女子には、おもいきりさせてあげるのも一つの手です。

実際の話に内容はいちいち気にする必要はありません。

すべて聞き流しつつ、適当に相槌を打ちながら相手をしていればいいのです。

あなたの対応がうまくいけば、わざわざマウンティングをするまでもないと感じてくれるかもしれません。

少々癪に障るぶぶんもありますが、いちいち面倒なことに巻き込まれるのであればこの時点でそれを切ってしまってもいいはずです。

徐々に相手と距離を置いていく

人間関係には相性というものがあります。

特に何か大きな問題がなかったとしても、苦手なものは苦手なのです。

相手からマウンティングをされるという事は、相手も無意識にあなたに対して嫌悪感を持ったり対抗心を持っているのかもしれません。

だからこそ、そうなってしまっては関係を修復する事は不可能です。

その場合、少しずつ相手との距離を開けていくことが効果的でしょう。

いきなり距離をとるようなことをすれば、相手に気が付かれてしまう場合もあります。

そのせいでより激しくマウンティングをされてしまうこともあるかもしれません。

そうなってしまっては、さらに事態は面倒な事になるでしょう。

そうなってしまわないようにする為にも、ゆっくり時間をかかて距離を置いていくことが重要です。

まとめ

マウンティングをしてくる女性は面倒なものです。

勝手に下に見られて発言されれば、イライラしたりすることもあるでしょう。

時には言い返したくなることもあります。

ですが、重要なことは相手にしないことです。

相手にすればするほど、相手は面倒な存在になっていきます。

大事なことは、聞き流してしまう事。

相手にしないことなのです。

勝手に対抗してくる人に対しては、気が付かないようにすることが一番効果的です。

それに立ち向かおうとすれば、確実に問題が大きくなります。

そうなってしまわないようにする為にも、関わり方を今一度考えなおしてみることも大切です。