素性という言葉をご存知でしょうか?

簡単に言うと自分との血縁のある人達のことでもあり、生まれや育ちなどのことも言います。

また、生まれてきて今までの境遇や道筋のことも素性と言いますよね。

皆さんも様々な素性というものがあると思います。

人は皆誰もが同じようなものではありません。

様々な経験があって今の私達がいるという状態です。

ですがその素性を言う人と言わない人とたくさんいますよね。

例えば素性を言いたがらない人というのはどの様な人なのでしょうか?

もしかしたら過去に訳があるかもしれません。

また警戒をして他の人に言わないなんていう人もいるでしょう。

逆に話したがる人もいますよね。

自分はこうだった、この様な環境だったというように平然と喋る人も多いはずです。

ですが親友にも喋らないという人はいますよね。

相手の素性が聞きたくてプライベートに突っ込んでくるような人もいると思います。

相手が喋りたくないということや、その様な状態の時は相手のことをよく考えてものを言うことが大切です。

その事で友達と縁を切ったという人もいるでしょう。

誰でもそうですが、自分の知られたくないことというのは多くあると思います。

お互いのことをよく考えて接するようにしましょう。

何かあってからでは遅くなります。

友達だったのに、という人もいるかもしれません。

その事がきっかけでもう連絡なども取らなくなったなんていう人もいるのでは?

彼氏、彼女でもその様なことがあるのではないでしょうか?

ではそんな相手が素性を話したがらない人のパターンと理由、対処方法をいくつかお教えしたいと思います。

一番大切なのは「相手には訳があるから無理には突っ込まない」と思うことが大切であり、深堀していくということは相手を傷つけたりするような行為にも繋がることになります。

この様な行為をしないように気をつけるようにしましょう。

またどうしても聞きたいということであれば、その様な話題振りなどをして相手からの返事を待つというのも1つの方法です。

素性を話したくないということは必ず理由というものがあります。

その理由を明確にしたいということであれば、時には相手に聞くということも大切になるでしょう。

プライベートというのは誰しもあることです。

お互いが注意をするようにしましょう。

素性を話したがらないあの人、ちょっと不安……

では素性を話したがらないという人はどの様な人なのでしょうか?仮に初対面の人などに対して探られるとなるとちょっと警戒しますよね。

また逆に相手からすると何故言わないのだろう?という不安が出てくると思います。

こちらからすれば相手のことが気になるので何でも聞きたくなったり知りたくなったりしますよね。

それでも相手は話をしないという人がいると思います。

素性を話したがらない人というのは多くなっているのです。

その原因や理由となるものが1つがネットワークです。

いわゆるSNSと呼ばれるものであったり、Facebookなどでもそうでしょう。

Twitterなどでもあると思いますが、素性を言うと相手がバラしたなんていうこともあるのです。

これは個人情報ということでもありいけない行為です。

ですがTwitterなどで「聞いたところこうだったらしい」と呟いたりしてしまいがちですよね。

どこまでが許容範囲内でどこまでがダメなのか。

知られたくないのかということが解らないとつい相手のことを呟いたりしてしまうなんていうこともあるでしょう。

なので最近では警戒をする人もどんどん増えていっているのです。

こちらから相手のことを聞く際、何も言わないとちょっと不安となってしまうことも多いと思いますが、逆に考えることも大切です。

自分が聞かれたらどの様に思うのか考えると、自然と相手のことを理解するようになり、気を使えるような行動ができるのではないかと思います。

不安というのはこちらもそうですが、聞かれた相手も不安になるということです。

お互いの信頼関係が一番大事です。

欠けてしまうと簡単に崩れてしまうでしょう。

気になる人のことは何でも知りたい!


気になる人のことは何でも知りたい!という人もいますよね。

それは仕方のないことです。

例えば好きな人とかができると、その人が今何をしているのか、どうしているのか、今度一緒に遊べないかなというような事を考えると思います。

皆さんも心当たりがあるのではないでしょうか?ではどうしてその様なことを考えるのでしょう。

人というのは個性がありますが、相手のことを気にするという人も多いはずです。

気になる人のことであれば何でも知りたいというのは人として興味があるということであり、そこから好きだという感情や、嫌いだという感情が出てくるのです。

相手のことを知りたいからというのもありますが、嫌いだという感情でも気になるということはありますよね。

もう別れた元彼や元彼女のことを考えたりする人もいるのでは?気になる人のことは何でも知りたいというのはそれほど気にしているということです。

他の事情で気になるという人もいると思いますが、その大半は好きdから、不安だからというのが多いでしょう。

ですが知りたいと思う時はなるべく前向きな考えの方が良いですよね。

不安という意味で気になるという人もいますが、不安ばかり抱えているとせっかくの個性が更に魅力的ではなくなってしまいます。

もっと前向きに見てみても良いのでは?では気になる人のことは何でも知りたいという理由は何なのでしょうか?

好きだから

1つ理由に好きだからということがあります。

相手のことが好きでしょうがないという人がいるでしょう。

夫婦でもいつまでたってもラブラブでいるという人もいると思います。

カップルなども同じです。

相手のことが好きでしょうがないと相手のことを考えてしまいますよね。

好きという感情は誰よりも負けないという女性は多いのではないでしょうか。

男性はあまり気にしないという人が多いですが、男性も実は好きな人のことを考えている時間が多いのです。

気になるということはそれほど興味があり、異性としての魅力を感じているということです。

好きだから気になるというのは立派な理由ですよね。

ですが詮索のしすぎには注意するようにしましょう!相手がプライベートまでという形で逆に警戒されてしまう可能性があります。

カップル同士では隠しごとは無し!というような人もいますが、その様な人達は何かがあると直ぐに伝えますよね。

とても理想的だと思います。

ですがお互いのプライベートをある程度知らないという人もいるでしょう。

その様な状況の時は無理に相手のことに踏み込むということはやめるようにしましょう。

相手との信頼にも関わることです。

好きだからといって何でもして良いという訳ではありません。

礼儀もちゃんとあります。

相手のことを考えて行動ができるようになりましょう。

話のネタを広げたい


話のネタを広げたいというのもあります。

始めて喋って友達になれそうな人がいるとなった時にどの様な話をすれば良いか解らないという人もいますよね。

そんな時に相手のことが気になるということになります。

この場合は相手のことが気になるからネタを広げたいというのではなく、その逆で話のネタを広げたいから相手のことが気になるということが多いと思います。

人見知りや初対面の人によく「趣味は?」と聞きますが、気になるから聞くのではなく、話のネタを広げたくて気になるということが多いと思います。

そこで相手が「ゲームです」と答えればゲームの話をして話題を作ることができますよね。

話のネタというのは相手のことを聞かないと解らないことだらけです。

いきなり自分の趣味について語っても相手がその趣味について理解していないということになれば、相手からすると少し辛く思われてしまう可能性もあります。

話のネタを広げる方法は様々あります。

例えば知り合った経緯や話す経緯などについても話をして広げるのも良いでしょう。

相手のことを無理に聞く必要がなくても実は話のネタというのは多くあります。

どんな人なのか素直に知りたい

相手のことを知りたい!と思う気持ちは誰にでもあると思います。

相手はどこに住んでいて、趣味は何をしていて、仕事はどの様なものをしているのだろうと気になることはとことん気になりますよね。

どんな人なのか素直に知りたいということも理由の1つでしょう。

相手のことを知るというのは決して悪いことではありません。

例えば相手がこちらに話しかけてくれるということは、少なからず相手は私に興味があるということになりますよね。

でもお互いが何も喋らないと関係を深めることだったり、友達という状況にはならないと思うのです。

どんな人なのか素直に知りたいという気持ちはとても良いことです。

ですがまず相手のことを知る前に自分のことを相手に伝えることも大切です。

気になるという人はよく自分のことを言わずに相手に聞き出す人が多いです。

まずは自分の情報を相手に伝えることで相手もどの様な趣味なのか、どこで働いているのかなどを言ってくれるでしょう。

素性を話したがらない人の特徴

では素性を話したがらない人の特徴というのはどの様なものがあるのでしょうか。

見ず知らずの人に自分のことを教えるというのはとても勇気のあることですよね。

実は趣味がアニメだ、アイドルグッズを集めているなど、相手に知られたくないことも多いと思います。

素性を話したがらないというのは必ず理由があるからなのです。

いきなり始めての人にその様なことは言えないと警戒心を強く持つ人もいるでしょう。

相手に自分のことを知られたくないという気持ちがとても強いのです。

そして自分自身に精一杯という人も実は話したがらない人の特徴なのです。

これは自分のことしか考えておらず、相手に伝える必要がないということにもなります。

友達という訳ではなく、知らない人に対して自分のことを言うというのはとても勇気がいることです。

ですがその事を含めて自分自身のことで精一杯になり、他の人のことはどうでもいいという形になってしまいます。

この様な人も実は話したがらない人の特徴なのです。

では他にもどの様な特徴があるのか詳しく見てみたいと思います。

自分はあまり素性を話さないなという人、心当たりがあるのではないでしょうか?必ず理由があるのです。

自分を知られたくない

相手に自分を知られたくないというのもあります。

基本的に相手は自分のことに興味を持ってくれるということで話しかけてきますが、自分からすると隠したいことが多くあるからそれを相手に伝えるということをしたくないということになります。

自分のことを相手に伝えるというのは親友と呼べる人だけなのではないでしょうか。

もちろん家族も同じです。

ですがあまり相手に興味が無い人や、知らない人に話すということを苦手としているので伝えることもないということになるのです。

自分を知られたくないということは例えば隠れた趣味やプライベートがあるということです。

誰にでもその様なものはあると思いますが、警戒をしている人は余計に他の人に言わない傾向があるでしょう。

人を信用していない

人を信用していないから素性を話さないという人もいます。

相手はどの様な人なのかまだ解らない、友達だからと言って信用ができないという人もいると思います。

親しき友である親友が数人いるけれどその様な人達には言っても、他には言わないという人もいます。

人をもとから信用しておらず、自分だけを信じているという人もあまり素性を言いませんよね。

相手がどの様に自分のことを思っていても信用できないとなれば言わないという人も多いはずです。

ここは難しいところだと思います。

人を信用しないということはそれほど警戒心があるということです。

今の社会では簡単に個人情報などが解ったりするようなことにもなっています。

例えばSNSなどが代表的な例ですよね。

名前などをニックネームにしていたとしても、私のことを知っている人が仮にSNSで言えばばれてしまったりもする世の中です。

この様なことは絶対にしてはいけませんが、情報というのはどこから出てしまうのか解らない状況にもなります。

なので人を信用していないという人も多いのではないでしょうか?

自分に精一杯の人

自分に精一杯の人もいると思います。

他のことは考えられずとにかく自分のことをしか考えていないという人も多いでしょう。

自分に精一杯になるということはとても良いことです。

まずは自分から考えるということは実は良いことであり、自分を見つめ直したりすることでも効果があります。

ですが素性を話したがらない人の特徴の1つとして相手より自分のことを考えてしまうので、相手に自分のことを伝えないなんていう人もいます。

聞かれても軽い感じで流したりするという人もいるのではないでしょうか?

自分のことは自分でする、というようなタイプの人はあまり素性を話したがりません。

またそれほど相手のことを考えたりする時間が無いということにもなりますよね。

彼氏がいない、彼女がいない、結婚していなくて1人身の方が好きだという人もいると思いますが、その人は他の人に興味がなく、自分に精一杯の人が多いです。

実はストーカー気質

実はストーカー気質なんていう人もいます。

これは素性は話をしないけれど、相手のことが気になって聞いたりしているという人に多いのではないでしょうか?ストーカー気質と聞くととてもマイナスなイメージになりますよね。

例えば好きな人ができたとして、こっそり何をしているのか他の人に聞いたり、相手のことを詮索したりするなんていう人も多いのではないでしょうか?

その様な人に限って実は自分のことを話さないなんていう人が多いのです。

ストーカー気質と言いますが、時にはこれが事件にも発展したりすることがあります。

相手のことを知りたい、でも自分は相手に何も言っていないという状態が多いのではないでしょうか?

ですが事件にまで発展してしまうといけないことです!必ずこの様なことは止めるようにしましょう!

自分の世界を持っている

自分の世界を持っているという人もいるでしょう。

「自分はこの様な形なんだ、他の人はこうであっても自分はこのスタイルを貫く!」という人もいるのではないでしょうか?

これはよくある例で言うとファッションなどが当てはまります。

ファッションというのは必ずその時期で違った流行が流行っていたり、一昔前のファッションが今頃また流行り始めたということがありますよね。

ですが個性というものがあって、人によりその流行に乗らないなんていう人もいると思います。

自分の世界を持っているということはそれほど個性が強いということになります。

個性が強い人というのはファッションで言うとどんな時期でも自分はこのスタイルを貫くという人のことを言うのです。

自分の世界は自分だけが知っていれば良いですよね。

なので素性を他の人にも話さないということになるのです。

わかる人だけに話したい

わかる人だけに話したいという人もいるでしょう。

これはよくある傾向だと思います。

人を信用していないと同じような形になると思いますが、自分のことを信用してくれている、相手も信用できるという人にだけ自分の素性を話すという人が多いでしょう。

家族なども同じです。

家族であれば自分のことを話しできる、でも他の人には話しができないなんていう人も多いのではないでしょうか?

わかる人だけに話したいという気持ちはあっても、そのわかる人を見つけるのがとても苦労しますよね。

自分の素性というのは簡単には言えないと思います。

なのでわかる人だけとなればそれは10人もいないなんていう人も多いのではないでしょうか?信頼や信用というのはとても大事になります。

それがあってからこそ素性を話せるという人も多いでしょう。

自己開示が苦手……

自分のことを相手に伝えるのが苦手だという人もいます。

自己開示というのは、簡単に言うと自分のことを相手に伝えるということです。

趣味や好きなこと、日頃はどうしているかなど、普段の日常の会話からその様なことを相手に話したりすることが自己開示に繋がります。

ですがこの自己開示が苦手だという人は自分の素性を話したがりません。

言葉にして相手に伝えることが難しかったり、相手に自分のことを知ってもらおうと思っていても中々文章が思いつかなかったりというような人は多いのではないでしょうか?

自己開示が苦手ということはそれほど相手に伝えようと思っていても伝えれないということになりますよね。

これは意識をすることで改善されたりすることもできますが、何よりも自分のことを相手に伝えるというのは簡単な方法ではありませんよね。

素性を言いたがらない人の7パターンの理由とは?

素性を言わない人の特徴を言いましたが、言いたがらない人の7パターンというのも存在します。

言うのであれば素性を言わない理由ということです。

例えばめんどくさいという人もいるでしょう。

相手に何で教えないといけないのかと考えたりすると思います。

ですがこれは普通なことですよね。

自分のことなのに相手に伝えるというのは自分の自由です。

めんどくさいというのも立派な理由になるでしょう。

他にも隠しごとをしていたりしているなんていう人もいるのではないでしょうか。

本当のことを隠すということはそれほど相手には知られたくないものがあるということです。

では他にもどの様なことがあるのか詳しく見てみたいと思います。

めんどくさい

めんどくさいというのも立派な理由と言いましたが、これは相手に自分のことを伝えるというのはその人本人の自由になるからです。

仮にこれが決まりや義務という形であるならば伝えなければなりませんが、その様なものはありませんよね。

素性を言いたがらない人というのは必ずその様な話しになった場合は話題を逸らそうとしたり、言わないという人も多いはずです。

めんどくさいということであれば、無理に相手のことを聞いたりすると余計に距離を置かれてしまうこともあります。

聞く際に仮に相手がその様に思っているとなれば、無理に詮索はしないようにしましょう。

知られたくない過去がある

誰にでも知られたくない過去というものがあると思います。

例えば昔は不良だったというような過去があるとします。

とてもやんちゃで親や先生に迷惑をかけていたなんていう生徒もいたと思います。

ですが現在ではその真逆であり会社には熱心に働き、周りからの信頼も厚く、人気者だなんていう人もいるのではないでしょうか?

その人にとっては昔は不良だったという過去をどうしても失くしたいと思うことが強く、それを言わないという人もいるのではないでしょうか?

昔の話になると特にあまり言えないような自分にとって恥ずかしいことや辛いこと、嫌なことというのは多くあると思います。

知られたくない過去があるという人は素性を言いたがらない人なのではないでしょうか?

家族・親戚が訳あり

家族や親戚が訳ありだという人もいるでしょう。

基本的に家族間の問題というのは他人がどうこう言えるようなものではありません。

アドバイス程度になるでしょう。

そのことをずっと引きずっていて素性を言わないなんていう人も多いはずです。

詳しく言わないなんていう人も多いです。

ですが自分たちの事は自分達でどうにかすることが普通だと思います。

家族が訳ありということは、相手は知る必要もないことですよね。

伝えたところでどうしようもない問題というのもあると思います。

自分は相手のことを思って聞いているという人もいるでしょうが、相手がその様なことは必要ないとなった際には無理に詮索などをしないようにそのままにしておきましょう。

どうしても相手から言うとなった時に聞いてあげられることが重要です。

相談などがきた時にだけ相手のことを聞いてあげてください。

この様な人も素性を言いたがらない人の特徴です。

隠し事をしている

隠しごとをしているなんていう人も素性を言わない人のパターンの1つです。

例えば過去に何かがあった、恥ずかしいことがあったというような人は相手に自分の素性を言わない人だと思います。

隠しごとというのは誰でもあることですよね。

その聞いてくる相手のことが好きだから言わないなんていう人もいるのではないでしょうか?

好きという気持ちがあっても伝えることができない、素性なんて言えないという人も多いはずです。

隠しごとというのは人によって多くあったり少なくあったりすると思いますが、相手のことを傷つけないような隠しごとをするようにしましょう。

ストーカーされている?!

ストーカーされているかもしれない?!と相手のことを思うのであればその人ももしかすると素性を言いたがらない人のパターンなのではないかと思います。

普段話しをしている異性であっても素性を言わないなんていう人がいますよね。

ですが他の人には喋っているのに自分自身には言わないなんていう人もいるのではないでしょうか?

もしかすると相手からストーカーされている?!と警戒をしてしまうかもしれないですよね。

素性を言わない人というのは何か理由があってですが、それが自分のことであれば尚更注意深くするようにすることが大切になるでしょう。

相手のことが好きで緊張している

相手のことが好きで緊張しているということもあると思います。

先ほど言った隠しごとに近いような形です。

相手のことが好きでしょうがないけれど、素性も恥ずかしくて言えないなんていう人もいるでしょう。

相手のことが好きになってしまうと、どうしても言いたくても言えないなんていう気持ちが多く出ると思います。

好きな相手には知られたくないことや、恥ずかしいことなどいっぱいありますよね。

その影響により、素性をあまり言えていないという人も多いのです。

相手のことが好きだというのは素晴らしいことですが、相手に素性を伝えないと恋というのは時には進めないこともあるのです。

実は自分でも自分のことがわかっていない

実は自分でも自分のことがわかっていないなんていう人もいるのです。

驚く人もいるかもしれませんが、いきなり「自分のことについて書けるだけ書いてください」と言われて書ける人は多くいないと思います。

素性なども自分のことを解っていないという人がいるのです。

忘れてしまったなんていうことになれば仕方ありませんが、自分はどの様な生活を送っていたのか解らないなんていうこともあるのではないでしょうか?

素性を話したがらない人の対処法

では素性を話したがらない人の対処法というのはどの様なものがあるのでしょうか?

相手にとってなることは無理に突っ込まないこと、無駄な話をしたりするということ、他にも様々あると思います。

必ず理由があるから言わないのですが、一番NGなことはプライベートには突っ込まないということです。

無理に聞こうとしないというのも大事でしょう。

話さないのであればその様な話題を振ることも大切です。

ですが関係を崩したくないのであれば無理に突っ込まないようにすることが大切になるでしょう。

プライベートには突っ込まない

プライベートには突っ込まないということはとても良い対処方法であり大事なことです。

相手が言わないということはそれほど警戒をしているのか、言う必要などがないということです。

そして無理に突っ込んでしまうと大きく関係を崩してしまったりする可能性もあります。

よく相手のためを思って言っているなんていう人もいますが、実は逆効果になったりすることもあるのです。

プライベートには突っ込まないようにしましょう。

無難な話をする

無駄な話をして話題を逸らすというような方法もあります。

その人ととりあえず会話をしたいとううことであれば、違う話をして時間を経たせるというようなこともできるでしょう。

素性というのは相手によっては一切その様な話題をしないという人もいます。

無駄な話というのも大事なことなのでよく覚えておきましょう。

無理に聞こうとしない

無理に聞こうとしないということも大事です。

無理に聞こうとすると相手も「何でそこまで聞くの?」と疑問に思ったり不信感を抱いてしまいます。

相手から無理に聞くということはやめるようにしましょう。

また無理に聞いても得をするなんていうことはありません。

逆に関係を悪化させてしまうこともあるのです。

先ほど言ったプライベートには突っ込まないということと同じですね。

無理には聞こうとしないようにしましょう。

隠したいことがあると理解する

隠したいことがあると理解することも大切です。

こちらが聞きたいという気持ちではなく、向こうは言いたくないことがある、と理解をして詮索をしないようにしましょう。

相手がこちらに対して聞いてきて言わないということがあるのに、こちらから一方的に聞くというのは不公平ですよね。

自分自身にも隠したいことがあるはずです。

それは相手も同じだということを覚えておくようにしましょう。

自分から話してもらうような話題を振る

自分から話してもらうような話題を振ることも大切です。

相手と話をする際には向こうのことを無理に聞こうとするのではなく、別の話題から聞くという方法もできるのです。

自分も素性を話さない

自分も素性を話さないことが大切です。

相手が言わないということであれば自分も言わないようにするということで相手のことをより見ることができるようになるでしょう。

仮に素性を話すとなった際にはお互いが信頼できる仲を持つことですることが大切です。

自分も素性を話さないなんていうことがないようにしましょう。

素性を話したがらない人は訳あり!(まとめ)

素性を話したがらない人は訳ありだということを頭の中に入れておいてください。

自分自身が伝えても相手は何も言わないということがあると思います。

それは相手はどうしても言いたくないということなのです。

素性を話したがらない人というのは必ず理由があってそのことを言わないのだと思います。

思い出したくないから、過去に嫌なことがあったからなどその様なプライベートを突っ込まないようにして、相手との関係を良好に築いてみてはどうでしょうか?