学生の時はよく友達と遊んだり、一緒に授業を出たりしたと思います。

楽しかったり、テスト期間中ではテスト勉強などをして一緒に切磋琢磨をして成長した友達もいると思います。

ですが学校に通うと様々なトラブルがあったと思います。

そのトラブルというのは例えば物が無くなったり、誰かが喧嘩をしたり、様々なトラブルというのがあったと思います。

ですがその原因というのは必ずその特定の人がやっていたなんていうことはありませんか?

よく問題を起こす子がいたり、いじめっ子がいたりなんていう子たちが筆頭となりトラブルを起こしていたなんていうことがあるのではないかと思います。

今回はそんないじめっ子がやりがちな6個のことと、それを止めさせるための方法をいくつかお教えしたいと思います。

いじめというのはここ近年では数も多くなっており、時には事件に発展するような内容も多いと思います。

昔からある問題となっていることではありますが、どんどん数も多くはなっていっているのです。

今ではそのいじめも様々なところで起こったりすることが多く、学校内でも問題になることが多いでしょう。

ですがいじめをするということは何かしらの特徴がある子がいじめをしているということになるのです。

その特徴というのは共通して解ることが多くあり。

いじめっ子にありがちなことなんていうのも多くあるでしょう。

ではどうしていじめをしてしまうのか、まずはその特徴などを知らないといじめをやめさせることなんてできないと思うのです。

その影響はその子だけではなく、親の影響を受けていじめをしているなんていう子も多くいます。

家庭内の環境の善し悪しでも違ってくることが多いでしょう。

またいじめというのは度が過ぎてしまうと先ほど言ったように事件にもなってしまいます。

例えばいじめを受けて命に関わることが実際に起きたなんていう件がここ数年でも数が多くなっています。

教師側や親からしてもこれはあってはならないことですよね。

取り返しのつかないことがあったなんていうところもあるでしょう。

ではいじめっ子の特徴というのはどの様なものなのでしょうか。

これを知ってから止めさせるのと、知らないで止めさせるというのは、前者の方が対処方法なども違いよりよい方法で止めたりすることができるのではないでしょうか?

教師側からするとただ叱るというだけでは全く効果がありません。

その原因となるところから探していかなければならないのです。

いじめっこにありがちなこと

いじめっこにありがちなことというのはどんな事があるでしょうか?

よくある事が様々な問題をおこす、トラブルメーカーというイメージが強いと思います。

いじめっこというのは原因があるからこそ相手のことをいじめたりするのです。

基本的に「強い」というイメージがあり子供達にとっては「強い=ヒーロー」というようなものを連想させますよね。

強い人が何でもして良いというような環境も与えてしまうのではないでしょうか?いじめっこにありがちなことはその様な影響を受けている可能性も高いです。

本当の「強い」という意味はとても誠実であり、非行などをしない、精神的な強さ、周りからの信頼なども全て含めて「強い子」ということになると思います。

ですがいじめっこの場合はその強さというのが「力がある強さ」へと変わってしまっているのです。

力があれば何でも自由にして良い、何でも従わせたり、優越感を持つというような形で「強い=力がある者」という意識をしてしまうのです。

なのでゲームなどでよくある「強い」を連想している子が多いということになりますよね。

いじめっこにありがちな事の1つはこの「強い」という勘違いにあるのではないかと思います。

ではこの様ないじめっこには特徴というものがあります。

どの様なものがあるのか詳しく診て見ましょう。

まずはいじめっこの特徴を知ろう!


まずはいじめっこの特徴を知ることが大切です。

例えば先ほどいった強くありたいという気持ちが強かったり、それと同じでプライドが高いという子もいますよね。

基本的に何かすると謝るという行為をすると思いますが、「ごめんなさい」とキチンと言えない子供も多いと思います。

いじめっこの特徴として他にもかまってほしいからいじめるなんていう子もいますよね。

基本的にグループで行動をすることも多く、そのグループでも一番上の子がよくいじめなどをしているのではないかと思います。

非行的な行動をすればするほど、小学校から中学となった際に不良という形になってしまうなんていう子もいるでしょう。

ではどの様な特徴があるのか詳しく見てみたいと思います。

自己肯定感が低い

自己肯定感が低いということが1つの特徴です。

自己肯定感というのは生きていく際に「自分は必要とされている、誰か他の人に必要とされているんだ」という自分の存在価値というものだったり、自分の良いところや悪いところも全て肯定できる、簡単に言うとポジティブな人ということです。

その意識が低い子はよくいじめなどをしてしまいます。

「周りから必要とされていないんだ」とマイナス方向な考えを持っているため、何しても良いやという気持ちが強くなるのです。

またいじめっこの中にはいじめたことを全く気にしないという子がいると思います。

相手のことを気にしない、というのはいじめても問題ないという解釈をしているため、その違いなどが解らなくなってくるということもあるのです。

自己肯定感が低ければ低いほど、より自分を責めたりするのですが、いじめっこの場合だと相手が悪いというように言ったりしますよね。

それは逆ギレをしているということに繋がるのです。

逆ギレというのは自分が悪いのに怒ったりして相手のせいにしたりするというようなことを言います。

自己肯定感が低い子というのはよくこの逆ギレをしてしまう傾向にあるので十分に注意をするようにしましょう。

【自己肯定感については、こちらの記事もチェック!】

強くありたい気持ちが強い


強くありたい気持ちが強いというのもあります。

強くありたいというのは「力」のことです。

よく会社でも上下関係というものがありますよね。

上の人が偉いというのはあると思いますが、子供達の場合は「上の人=力がある」という認識を持ってしまっているのです。

なので強くありたい気持ちが強く、弱いものに対していじめをしてしまうなんていう子供がここ数年で多くなっているのです。

「強い」という意味を違って理解しているため、それに慣れてしまっていると、集団行動などから外れたり非行に走ってしまうなんていうこともあるでしょう。

強くありたい気持ちというのは誰でも持っていると思います。

特に男の子であるならば尚更です。

ゲームなどをしている子供達もそうでしょう。

強いとヒーローみたいな形に思いますよね。

ですがその「強い」という意味を間違って捉えている子供が多いのです。

プライドが高い

プライドが高いというのもあるでしょう。

プライドというのはその事に関しては誰でも負けないというものを誰もが持っていると思います。

子供達であればゲームが良い例ですね。

このキャラクターを使えば誰でも負けないなんていう子もいると思います。

プライドというのは高ければ高いほど何かがあった時にダメージも大きいでしょう。

例えばいじめている原因がプライドを折られたとなれば、ゲームなどで負けたのかなと思ったりすると思います。

ですがいじめをする程でもないですよね?プライドが高い分、その事について折られてしまうとその相手に仕返しをしてしまうというのもいじめっこの特徴です。

プライドが高ければ子の様なことにもなってしまうということを覚えておきましょう。

比べられて育った

比べられて育ったというのもあると思います。

例えば優秀な子と自分の子を比較したりしてしまうのが親でしょう。

あの子はとても優秀なのにうちの子はなんていう家族もいるのではないでしょうか?

比べられてしまうと子供というのは嫌悪感を抱いてしまいます。

そしてその嫌悪感をどこにぶつけるのかというと、それが同級生の子達であったり力が無い子たちにいじめをするというような事になるのです。

親から見ると比べてしまうのは無理ないと思いますが、比べすぎるのもよくはないですよね。

子供の嫌なことの1つには親に比べられるというものが代表的にあります。

他の子供や他の成績の良い子と比べられるのが嫌だという子も多いはずです。

今どの様な状況になっているかもう1度確認をしてみてはいかがでしょうか?

親の人は特に、自分の子供に何か無理を言っていないか確認をするようにしましょう。

かまちょ

かまってほしいという気持ちが強いのも特徴の1つです。

基本的に1人で行動をすることが多くかまってほしいがためにいじめるというような子もいると思います。

1人になると寂しいという気持ちが出てくる反面、誰かと接しようという気持ちが多く出ると思います。

そんな時にかまってほしいということでいじめてしまうなんていう子もいるのです。

どの様に接すれば良いかわからず、いつのまにかいじめていたなんていう子もいるでしょう。

かまってほしいという気持ちはその子に聞かないと解らないことですよね。

ですがそれを隠そうとして様々な行動に出るので親や先生達が気付くということが大事になります。

子供というのは本当は何を考えているのか解らなくなるという時があります。

気をつけるようにしましょう。

嫉妬心が強い

嫉妬心が強いというのもあるでしょう。

例えば他の家庭でゲームをしていると自分自身もほしくなったりしますよね。

それで相手との差を感じてしまったり、勉強や部活などにおいても相手と比べてしまいムカつくと思いいじめてしまうなんていう子もいます。

嫉妬心というのは強ければ強いほど相手のことをより差別的に見てしまうのです。

子供の時はまだ解らない感情であり、大人になればなるほど冷静さというものが出ますよね。

ですがそれが出ないという人もいるでしょう。

嫉妬心が強いというのはそれほど自分が見えなくなってしまうのです。

よく喧嘩などをしている際に無意識にやってしまったということはありませんか?それと同じようなことになるということです。

子供達はとても純粋な分、その様な影響なども受けやすいということを覚えておくようにしましょう。

体格が大きい

体格が大きい子も比較的にいじめなどをしてしまいがちです。

これは逆にいじめられたりしたという経験からその様なことをする子や、力があるというイメージからいじめるということにも繋がります。

体格というのは直ぐに見ただけで「力がありそう」というイメージを一番湧かせやすく、子供達にもその影響があると言えるでしょう。

体格が大きいということはそれほど相手のことを見下すように見てしまいますよね。

最初は気にしなかったのを、小さいということから段々と本当に見下すという形をしてしまうのです。

体格が大きいということはそれほど影響などがあるということなので注意をするようにしましょう。

いじめっこがやりがちなこと6個

ではいじめっこがやりがちなことの6個についてお話をしたいと思います。

例えばよくあるのが喧嘩ですよね。

暴力的な行為というのは特にあるのではないでしょうか。

他にも奴隷にして命令したりするなんていうこともあるでしょう。

仲間はずれをいつもするなんていうこともあります。

いじめっこがやりがちなことと言うのは基本的に何をするというのは決まってくるものです。

大人になるとこういうことをしているのではないかと直ぐに思い浮かぶはずです。

何故ならその現場などを見たり聞いたりしているからです。

いじめっこがやりがちなことというのは子供のようなものが多いです。

子供のときにこの様なことをしているのであればまだ改善の余地はありますが、大人になってもその様なことがあるというのはダメですよね。

子供のときに治せないというのは中々大人になっても治らないものです。

なのでやりがちな事も知っておくと後々の対処などをすることができるでしょう。

ではどの様なものがあるのか見てみたいと思います。

仲間はずれ

仲間はずれというのはよく聞きますよね。

皆でしようという話だったのに1人だけ除け者扱いされたという子もいるのではないでしょうか。

いじめっこの子は筆頭となってその様なことをするので仲間はずれということが多くあると思います。

またこれは親が見ていないところや先生が見ていないところですることが多く、他の子たちも見てみぬ振りをするということが多いです。

これは仮にそのいじめられてる子を助けたりしようとすると、自分までいじめられるのではないかという恐怖心から来るものです。

いじめっこはこの様にいじめている子を助けたりする人までもいじめてしまうことがあるので注意をするようにしましょう。

暴力的な行為

今の世の中ではニュースにも発展するようなことが多く、事件としてもあると思います。

暴力的な行為というのはただの殴り合いであっても絶対にしてはいけないことです。

ですがいじめているということから暴力的な行為で力を魅せて奴隷にするというようなこともあると思います。

子供はその様なことをして自分が優位に立てるのを喜んでいます。

何か気に食わないことがあると直ぐに暴力に走ってしまうなんていう子も多く、時には事件になったりもしますよね。

暴力的な行為を軽い形で受け止めている子も多く、直ぐに相手を傷つけるというようなこともすると思います。

軽い形で受け止めているということは、歳を取るにつれてエスカレートしていくということにも繋がります。

親の見ていないところでその様なことがないように暴力的な行為は止めるようにしましょう。

文句

文句を言う子もいると思います。

直ぐに誰かに押し付けたり、嫌がっていることを無理やりさせてできないとなれば暴力に回るというような子も多いです。

基本的にいじめっこというのは相手がはむかおうとすると、文句などを言って暴力に回ったりするのです。

文句を言う際は特に何でも押し付けたり「言うとおりにしないと殴る」など脅しをかけたりするような子も多いです。

奴隷にする

奴隷にするということもあるでしょう。

これは「力」があるということを解りやすく現した方法といっても良いでしょう。

とにかく言うことを聞く人や、いじめている人を奴隷のように扱うといういじめっこも多いです。

直ぐに言うことを聞いたり、相手のことを脅したりとするようなことをして奴隷を作ったりするのです。

いわゆる上下関係をはっきりさせたいということです。

ですが子供の頃からその様な考えをするというのは必ず理由があると思うのです。

いじめっこは奴隷を多く作りたがるというのも特徴的なので覚えておくようにしましょう。

スカートめくり

スカートめくりをするなんていうこともあると思います。

特に好きな女子にはそのようないたずらをしたりする子も多いのではないでしょうか。

ですがスカートめくりの場合はいじめということでするのではなく、いたずらとしてやることが多いです。

小さないたずら

スカートめくりと同様に小さないたずらをする子もいじめっ子がよくすることです。

例えば物を隠したり、落書きをしたりなど小さないたずらを多くしてしまうのがいじめっこの特徴と言っても良いでしょう。

つまらないことから直ぐに何かいたずらをしようと考えてしまうのです。

授業中でもその様なことをしたりするような子はいませんでしたか?

小さないたずらというのは誰でもしてしまうかもしれませんが、その傾向が強ければ強いほどいじめをしてしまうのです。

いじめっ子の心理とは?

ではいじめっこの心理というのはどの様なものなのでしょうか?何故相手のことをいじめたりするのでしょうか?これには2つの原因があります。

まず1つに優位でありたいからというのがあります。

基本的に上に立たれたりすることが嫌で、とにかく相手より上の立場にいたいなどその様なことを考えている子が多いです。

またもう1つにはいじめをする内にいじめるのが楽しいと思い始めることです。

これはそのいじめっこ1人なのではなくグループで行動をしたりする子に多いのではないでしょうか?

この様にいじめているというのには必ず原因などがあるのです。

今は例を2つほどあげましたが様々なこともあると思います。

ではその2つについて詳しく見てみたいと思います。

優位でありたい

優位でありたいと思う気持ちが強ければ強いほど、よりいじめなどをしてしまう傾向があります。

まず自分より下だと思う子を見つけてそこからいじめるということをするのです。

その際にはパシリの様にしたり、命令したりと自分がその子より優位でありたいという気持ちからいじめをしてしまいます。

先ほど言った「力」というのが優位に立つ者として解釈をしてしまうことも多いでしょう。

なので優位に立って相手に命令をするということも多いのではないかと思います。

いじめが楽しい

いじめているうちにどんどん楽しくなっていくなんていう子もいます。

これはグループなどでの傾向があり、いじめて笑っていたりするような子達もいるのです。

いじめられている子はとても傷つきますが、なりふり構わずでいじめをしてきます。

なので相手が泣いていたりするのを見て喜んでいるということになりますよね。

いじめというのは人が見ないところでしている事が多いので、親から見ると気付かないというようなことも多いでしょう。

いじめが楽しいという子は隠れてこそこそすることも多いので、要注意するようにしましょう。

いじめっこの対策方法

いじめっこの対策方法というのはどの様なものがあると思いますか?

一番ベターなのが親からの注意ですが、それを素直に聞くというような子もいますよね。

何よりも相手のことを考えなければ意味がありません。

ですが親から注意さあせたり、いじめられている子に「いやだ」と言わせることや、授業をするというのは効果的ではあるのです。

何よりも一番は相手のことを考えさせることですが、詳しく見てみたいと思います。

親から注意させる

親から注意させて素直に聞くという子もいれば素直に聞かないという子もいますよね。

ですが親の注意というのはとても影響の強いものになります。

これは良い方向に響くこともあれば悪い方向に響くこともあるので注意をするようにしましょう。

何故なら親からの注意で怒られたと感じてどの様に思うのかというのが子供にとっては重要になるのです。

仮に反論したり「あいつが悪い」と言うのであれば悪いことをしていないという気持ちが強いということになりますよね。

いじめっこはそこをやり過ごそうといい加減なことを言って直ぐに終わらせまた繰り返ししてしまいます。

例えば本気で一度は怒って注意をしてみてはいかがでしょうか?

これもどちらに転ぶのかによりますが、その影響でもしかするといじめというものを無くせるかもしれませんよ?またいじめられている子の親ともよく話しをするということが必要です。

どうしてその様な経緯になったのかをいじめている子の親といじめられている子の親、そして先生も聞く必要があります。

いじめられている子に「いやだ」と言わせる

いじめっこというのは相手が何も言わないと余計にエスカレートします。

なのでいじめられている子に「いやだ」と反論させたりすることが大切です。

相手に「めんどくさい」という気持ちを覚えさせることができれば自然と相手も離れていく傾向があるのです。

他にもその子にはしないものの他の子にしたり、見ていないところでまたしたりするというのを恐れるのであれば常に報告をするということも大事です。

どんな事があっても直ぐに相手に言うというのはとても重要なことです。

まずは「いやだ」という勇気、それから先生や親に言うことが大切です。

いじめの授業をする

いじめの授業をするという方法もあります。

いじめの授業をして実際の例をそのまま出すというようなことも良いでしょう。

相手にどう思わせることができるのかが重要です。

相手の気持を考えさせる

相手の気持ちを考えさせるというような事が一番大事です。

いじめている本人というのは相手がどの様な気持ちなのかを考えずに行動をすることが多いです。

自分勝手のような人に多い傾向があります。

相手の気持ちを考えさせることができれば、自然とその様なことも止めるのではないでしょうか?

いじめっこの何が問題?!

いじめっこの何が問題なのかと考えることがあると思います。

何かの原因となるものが必ずあります。

ですがいじめっこはそのまま放っておくとどんどんエスカレートしてしまい取り返しのつかないことにもなってしまいます。

ではどの様なものがあるのか見てみましょう。

いじめっこはいじめられる

いじめっこはいずれいじめられる傾向にもあります。

これはどんどん歳を取るにつれていつのまにか逆転をしていたなんていうこともあるでしょう。

グループであればそのグループが他に移動をしたということになります。

上下関係などを作ったりすると必ずその人にもそれが訪れるということになるのです。

家庭環境に問題あり

家庭環境に問題もあるのではないかと思います。

親の影響であったり兄弟の影響でその様なことになるという家庭も多くあるでしょう。

直ぐに改善をするというのはとても難しいことですが、家庭環境も多く問題になってしまうのです。

命にかかわる

そして一番危ないことは命にかかわることまで発展をしてしまうことがあるということです。

いじめというのも度合いがあり、酷いものになってしまうと相手を追い込んでしまうなんていうこともあります。

命にかかわるようなことが最近では多いので事件にもなったり、ニュースにもなってしまうのです。

命というのは1つしかありません。

子供達はそのことをまだ知らないなんていう子もいるのです。

中にはゲームのように考えている子もいて、「ゲームオーバーになっても生き返るから大丈夫」と思う子も実はいるのです。

命に関しての大切さを早めのうちに学ぶことでもしかするといじめというのもエスカレートせずに、もしかしたら無くなったりするなんていうこともあるのではないでしょうか?

指導者が意識すること

では指導者が意識することというのはどの様なものがあると思いますか?

例えばいじめのサインを見逃さないことや相関図をきっちりと把握することが大切になります。

指導者の立場、いわゆる先生というのは皆の前に出たら皆は本性などを隠していて授業を受けていたりすることが多いです。

どういうことかと言うと、先生の前ではとても良い子なのに先生がいないところでは非行をしているという生徒も多くいるのです。

指導者として意識をすることは多くあると思いますが、この2つについて詳しく見てみたいと思います。

いじめのサインを見逃さない

いじめのサインを見逃さないようにしましょう。

仮に生徒から相談があったり、その様なところを目撃したら、詳しく聞くようにすることが大切です。

いじめられている側としては先生に相談したくてもし辛いというものがあります。

先生に言うとまたそのことでいじめられるのではないかということもあるからです。

なのでその様なサインも見逃さないようにすることが大切になります。

相関図を把握する

相関図を把握することも大切です。

誰がいじめられているのか、誰々がいじめているのか、どの様にしてそうなったのか、親には言っているのかなど相関図を把握することも大切です。

生徒のことは先生の前ではよく解らないことも多いでしょう。

そんな時は親に聞くというのも1つの方法です。

面談などの際にも聞いたりすると良いでしょう。

緊急の場合は電話でも良いと思います。

直接行くと真剣さも伝わるでしょう。

いじめっ子の特徴を知っていじめをなくそう(まとめ)

いじめっ子の特徴を知っていじめをなくすことが大切です。

ですがいじめっ子の特徴を知っていても手に負えないことがあると思います。

ですが皆で強力をしていじめを失くすということは必ずできると思います。

年々増えていっていることですが、いじめというものが無くなることを祈っています。

また、親や先生はよく子供のことを見ることが大切になります。

特に見ていないところでいじめというものが多くあり、いじめている子はもちろん、いじめられている子も言い辛い環境にいるということを忘れないようにしましょう。

もしその様なことがあった場合は必ず相談などに乗ってあげてください。

休日を少し取って聞いたりなど、その様なことも大切です。