『人と関わりたくない』心理状態に陥るキッカケは様々ですが、一度でも『人と関わりたくない』心境に陥ると抜け出すことがたいへんです。

人と関わりたくない心理状態から抜け出すために、自分自身を責めることで逃げ道を探そうとすることがあります。

この結果、自分自身を傷つけるケースもありますので慎重な対処が必要となります。

人は人間関係の煩わしさに疲弊し、心が傷つけられることで、人との関わりから『逃げる』自己防衛本能が無意識のうちに働き、『人と関わりたくない』心境に陥ってしまいます。

今の日本全体を包み込んでいる閉塞感は、人の心から『余裕』や『ゆとり』、『思いやり』を奪ってしまっています。

ですから、人間関係も『弱肉強食』の様相が露わになっています。

今の時代、子供から大人まで世代を問わず、『人間関係=競争関係』の世の中になっています。

職場や学校での人間関係が『競争関係』になっているため、弱者の立場に立たされた人は、心が傷つき、『人と関わりたくない』心境に追い込まれてしまいます。

ですから、世間が『人と関わりたくない』人をつくり出していると言えます。

人と関わりたくないという思いを抱いている人が増え続けている原因は、一個人にあるのではなく、閉塞感に包まれた日本の社会にあるのです。

あなたが、『人と関わりたくない』心理状態に追い込まれて苦しんでいるなら、自分を責めても解決の糸口を見つけることはできません。

これからご紹介する内容は、巷に溢れている観点とは異なる斬新な視点から、『人と関わりたくない』心理状態に応じた対処方法をお伝えします。

これからお伝えする内容が人間関係に悩み苦しんでいる人にとって、『ドロ沼』状態から抜け出すヒントになれば幸いです。

️人と関わりたくない…その心理は?

『人と関わりたくない』心理状態に陥るキッカケは様々です。

『人間』というコトバが意味するように、人は周りの人々に支えられて成長していくのです。

しかし、閉塞感に覆われた日々の生活の中で、人間関係が人の心に『重く』のし掛かってしまっているのです。

今の世の中では、人間関係が人の心の『重石』になっています。

ですから、人間関係に苦しめられる人が増え続けているのです。

人間関係に苦しめられる人々の多くは、『弱肉強食』の人間関係の『弱者』と言えます。

職場での陰湿なパワハラやイジメ。

学校でのイジメが人間関係の『弱者』をつくり出しているのです。

本来であれば、快いハズの人間同士の関係が、弱者をつくり出し、追い込み排除する状況になっています。

人と関わりたくない心理状態に陥っている子供や学生、大人にとって、自分を責めずに『原因は自分ではない』と、自身に言い聞かせて、『ドロ沼』状態の心境から抜け出すことを第一に考えていくことが大切です。

人と関わりたくない気持ちを抱き続けていると、自分を責めることに終始する日々を送ることになり、うつ状態になることもあります。

自分独りで対処方法を見つけ出すことは難しいこともあります。

人と関わりたくない気持ちに包まれても、自分を責めることはせずに、信頼できる相談相手を見つけましょう。

身近な家族や親友などの相談相手が見つからなければカウンセラーのチカラを借りましょう。

あなたと同じように、人と関わりたくない気持ちを抱いている人は世間に大勢いますので、カウンセラーに遠慮なく相談しましょう。

あなたと相性の合うカウンセラーに巡り会うことができるまで、根気強く探しましょう。

️人と関わりたくない8個の原因


人付き合いは本来快いものであるハズですが、心が傷つけられたり、追い込まれたりするケースが多々観られます。

このため、『人と関わりたくない』思いを抱えて追い詰められる人が増え続けています。

人と関わりたくないと思い込んでいる人の心の内は、『人と関わりたくない=世間と関わりたくない』という状況に追い込まれています。

周りの人との関わりを避けようとする『逃げる』心理状態に陥っているのです。

人との関わりを拒否する心境に追い込まれるに至った原因は様々です。

周りの人からの言動により心と身体を傷つけられたり、家族など身近な人から自分の存在を否定されるような仕打ちを受けたりするケースも少なくないと言えます。

今の日本の社会を包み込んでいる閉塞感のシワ寄せは、『人間関係の弱者』となった一個人へ集中する傾向があります。

この結果、人との関わりを避ける『人間関係の弱者』は、自分の人生の将来を展望できずに、自分自身を責める『自己否定』に追い込まれるケースも出てきます。

仕事のストレスや学校でのイジメや家族からのDVなどのために心身が傷つけられている人は、心と身体が癒されることを求めているのです。

一度傷ついた心が癒されて回復するためには多くの月日を必要とします。

しかし、焦らずに自分のペースを大切にしてジックリと時間を掛けて自分に合った対処方法に取り組むことが大切です。

職場や学校などで、『人間関係=弱肉強食関係』に陥っている集団の中では、強者が自分の存在をアピールし優越感を『得る』ために『弱者』をつくります。

閉塞感は、人の心から余裕やユトリや思いやりを奪ってしまい、周りの人は全て競争相手に観えてしまうのです。

競争し合う集団の中では、『人間関係の敗者=弱者』をつくり出します。

競争に負けることは、『悪いこと』という風潮が世の中に蔓延しています。

『人間関係の弱者』へと追い込まれた人は、人と関わりたくない心境に陥ってしまいます。

周りの人や身近な人から受けた、『コトバの暴力』や『肉体的暴力』のために傷つき、『人と関わりたくない』状況に追い込まれる人は少なくありません。

『人と関わりたくない』思いに追い込まれたなら、身近な人に心の内を話して相談しましょう。

対処の『糸口』を見つけるまで諦めないという心の強さが必要になります。

傷つくのが怖い

人付き合いの中で、『コトバの暴力』を受けて心が傷ついてしまった人にとっては、『人=傷つける存在』と思い込んでしまいます。

ですから、『もう二度と傷つきたくない』という警戒心が潜在意識に深く根付いてしまい、自分を守るためには『人と関わりたくない』という思いが強くなります。

心が傷つくキッカケは、その人の生活環境によって様々です。

職場でのパワハラやセクハラ。

学校で繰り広げられるイジメ。

身近な家族からのDVなど、今の日本の社会を観ると様々な生活の場で、心を傷つけられた『弱者』が人との関わりを恐れて引きこもりになっている状況が多くみられます。

『傷つくのが怖い』という心境に追い込まれると、逃げ場は自分の部屋だけになってしまいます。

一度、引きこもると日々の流れとともに『ドロ沼』に身体が引き込まれる心境に陥り、ドロ沼から這い上がる逃げ道を探し求めることになります。

逃げ道を探すために、自分を『わる者』に仕立て上げて責め続けるケースがあります。

一度心が傷つくと、元に戻るまでには多くの時間の流れを必要とします。

心が傷ついた人にとっては『時間が解決してくれる』というコトバは通用しません。

あなたの身近に、『傷つくのが怖い』心境に陥っている人が居るなら、自信を取り戻すキッカケを観つけるために、日常の生活の場から遠く離れた場所に一緒に出かけて数日間を供に過ごすことも1つの対処方法です。

心が傷ついた『重苦しい』日常生活の場から遠く離れることで、心を癒やせるキッカケに出会えることもあります。

プライドが高い


自分のプライドを大切にする人の中には、自分のプライドを守るために競争意識の強い人がいます。

プライドが高い人は、いつも周りの人と比較をして、自分のプライドの高さを『確認』することがあります。

プライドの高い人が、他の人との比較を繰り返すうちに、自分のプライドに傷をつけるコトバを吐く人が現れると、『コノ人とは関わりたくない』心境になります。

プライドの高い人は、自分のプライドを損ねるコトバを吐く人には拒否反応を抱き、関わりたくない思いが強くなります。

プライドの高い人が、人と関わりたくない心境になるのは、自分のプライドを守るための自己保身の行為と言えます。

ひとりが落ち着く

職場や学校などで、周りの人から話のネタにされたり、イジメに合い心が傷つけられた人にとって、周りの人は『自分を傷つける』存在として映っているのです。

周りの人の存在は本来であれば、快い関係をつくることができるハズですが、人同士がシノギを削り、競い合う状況の中では、弱者が傷つく関係になってしまいます。

心の余裕を失ってしまった職場の大人たちや、小学校、中学校、高校におけるイジメが横行する状況の中で世代を問わず、心が休まらずに疲弊しています。

ですから、『ひとが落ち着く』という思いが強くなるのです。

世間全体の競争意識が和らいで、人々の心に余裕が生まれてくると、周りの人の心を傷つけることもなくなり、人の心にユトリが生まれ、『ひとりが落着く』という心境に追い込まれるケースは減っていくと言えます。

人付き合いが面倒

人付き合いは本来、快い雰囲気をつくることが出来るハズです。

しかし、人々が自分の生活に追われることに明け暮れる日々を送る中で、周りの人の気持ちを思いやることを置き去りにしてしまい、お互いに疑心暗鬼になることがあります。

日々の生活の中で多くの時間を過ごす、職場や学校で織りなされる人間模様は多様な面を持っています。

もちろん、自分と考え方や価値観の異なる人も沢山います。

ですから、様々なタイプの人とスムーズな人間関係を築いていくためにはコミュニケーション能力が必要となります。

しかし、誰もがスムーズにコミュニケーションをとれるとは限りません。

人にはそれぞれ、苦手とするタイプを持っているものです。

苦手とするタイプの人とは人間関係をスムーズに築けないこともあります。

しかし、職場や学校で繰り広げられる人間模様では、苦手とするタイプの人ともスムーズにコミュニケーションを取ることが求められます。

幼少の頃からゲーム漬けの日々を送ってきた人の中には、友達と一緒に遊びながら人間関係を築いてきた経験を持たない人が増えている状況があります。

このため、職場や学校でも周りの人とスムーズに人間関係を築くことができずに孤独感に包まれて『人付き合いが面倒』と思い込んでしまう人も少なくありません。

また、自分のペースで物事を進める傾向の強い人は、周りの人のペースに合わせることを苦手とします。

このため、周りの人との間に距離感ができてしまい、人付き合いに『すき間』ができてしまいます。

自分のペースを第一に考えて日々の生活を過ごしている人にとっては、『人付き合いが面倒』になってしまうのです。

『人付き合いが面倒』と思い込んでいる人が、今の思い込みから抜け出すためには、自分と相性の合う人と巡り合えるように生活の範囲を広げることも対処方法の1つです。

相性の合う人と供に過ごす時間をもつことで、『人付き合いが面倒』という思い込みが次第に薄れていきます。

【人付き合いを上手く行かせるには、こちらの記事もチェック!】

トラウマを抱えている

今の日本を振り返ると、日常生活の中で、周りの人や家族など身近な人からの『暴力的言動』のために、心や身体を傷つけられるケースが増え続けていると言えます。

一度、心に傷を負うと潜在意識の中に深く『刻み込まれ』、トラウマとなることがあります。

トラウマを抱えてしまった人の心には『トラウマの元凶は周りの人たち』という思い込みが根付いてしまい、『人と関わりたくない』心境に陥ってしまうのです。

自分の生活に追われて心の余裕を失くすと、周りの人を競争相手と観るようになります。

人間関係が競争関係になってしまうのです。

この結果、競争を乗り越えることのできない『弱者』は『望まれない存在』として疎外されてしまいます。

『望まれない存在』に追い込まれた子供たちや少年少女たち、大人たちの心には『人を避ける』トラウマが芽生えてしまいます。

心に重く圧し掛かったトラウマを消し去るために、心が休まる場を求めて社会や世間から『逃げる』行為へと走り出します。

逃げ場を求めて世間との関りから遠ざかる行為が『人と関わりたくない』姿として映るのです。

一度トラウマを抱えてしまうと、心が苦しい状態に追い込まれます。

トラウマを独りで抱え込まずに、自分のトラウマを一緒に抱えてくれる『理解者』をみつけることが対処方法の1つです。

トラウマを共有できる人を見つけることで、心に刻み込まれたトラウマが日々の流れとともに和らいできます。

トラウマを他の人と分かち合うことができると、心が『軽く』なり、『人と関わりたくない』という思い込みも和らいできます。

人に裏切られた過去

人に裏切られた過去を持つ人は、人間不信に陥っています。

自分を裏切った人が特定の一人であっても、周りの人々を『自分を裏切る人』と観るようになります。

人に裏切られたことで負う傷は心に深く刻み込まれ、傷つけた相手を責めることよりも、傷ついた『自分を責め』て、自らを追い込んでしまうケースがあります。

裏切られた『原因は自分にある』という思い込みが沸き上がり、自分で自分を苦しめる『ドロ沼』状態に陥ってしまうのです。

あなたの身近に『人に裏切られた過去』をもつ人がいるなら、日々の生活の中で優しい言葉を向けてあげましょう。

時間は掛かりますが、優しい言葉の積み重ねが裏切られて傷ついた心の癒しとなっていきます。

大切な人が亡くなった

大切な人を亡くすと、親しさが深ければ深いほど悲しみも大きく深いものとなります。

大切な人を亡くしたショックの大きさのため、心が閉じてしまうことがあります。

悲しみのため疲弊して閉じた心は、周りの人と関わることを避ける原因になっていきます。

大切な人を亡くした悲しみを心が受けとめ切れずに疲弊してしまい、『人を拒否』する振る舞いとして表われてきます。

『人と関わりたくない』心境は時間の流れとともに溶けていきますので、日々の生活を、一歩一歩、大地を踏みしめるように、焦らずに過ごしていきましょう。

大切な人が亡くなった悲しみを分かち合えることのできる、信頼できる人を見つけることも、対処方法の1つです。

イジメや仲間外れにあった

イジメは小学校、中学校、高校、職場など、様々な生活の場で蔓延している状況にあり、歯止めが利かなくなっていると言えます。

イジメは人の心や身体を傷つける行為ですから犯罪に等しいと言えます。

イジメや仲間外れにあった人は、自分の存在を否定されて疎外された痛手を受けて、深い心の傷を負うことになります。

周りの人から受けたイジメや仲間外れによる心の傷は、癒えるまでに多くの月日を要するものです。

心に傷を負うと、逃げ道のない日々が流れて、自分自身を責めるようになり、うつ状態に陥ることも少なくありません。

社会問題になっているイジメは、減少する兆しが全く見えずに増える一方です。

あなたの身近にイジメや仲間外れにあった人がいるなら、あなたが、本人を守るためのサポート役として振る舞うことが必要です。

また、イジメや仲間外れにあったなら、心の傷が『深刻さを増す』前に、イジメや仲間外れにあった日時などの状況をメモした記録を書いて、信頼できる身近な人や信頼できる機関に相談しましょう。

嫌われるのが嫌

『嫌われる』ことはイジメの始まりと言えます。

周りの人から嫌われている本人は、『イジメの始まり』であることを感じ取ります。

ですから、嫌われることを嫌がるのです。

職場や学校での集団から嫌われないために血眼になっていきます。

嫌われると、職場や学校という集団の生活の場から疎外されることになります。

疎外された本人にとっては、大きな心理的打撃を受けて、『人と関わりたくない』心境になります。

周りの人から嫌われた人は、『なぜ自分は嫌われるのか』と理由を考え続けて、次第に自分自身を責めるようになり、自傷行為を繰り返すケースも起きてきます。

周りの人から嫌われてしまい、更に自分で自分を嫌いになり、『自分で自分を追い込む』状況になることで、心の傷は深刻さを増してきます。

ですから、心の傷が深刻な状況に陥らないようにするために、自分の気持ちを分かってくれる『理解者』を見つけましょう。

『嫌われるのが嫌』という気持ちを『理解者』に打ち明けることで、自分で自分を追い込まないようにすることができます。

劣等感を感じやすい

周りの人から自分に向けられた『責めコトバ』のために自己嫌悪に陥り、劣等感を抱くようになることがあります。

周りの人からのコトバに傷つけられた心は疲弊して、『人と関わりたくない』という思いに陥ってしまうことがあります。

また、劣等感は自分と周りの人とを『比べる』ことで生じることがあります。

周りの人と比べたことで自信を失くした人は、劣等感を抱くようになります。

自分に自信がもてない人は、いつも周りの人と比較をして、自分の『劣っている』点を見つけ出そうとします。

自分の劣っている点を見つけ出すと、『やっぱり自分は劣っている』と自分の心に劣等感を『上塗り』することを繰り返していきます。

周りの人と比べることを繰り返すことが劣等感に『拍車』をかけることになりますので、人と関わらない状況をつくることで、周りの人と比べることを止めることができます。

自分の性格面や身体面で気になる『点』が劣等感の『種子』となり、周りの人と比較することを繰り返すことで、劣等感が次第に大きく膨らんで自分の心を包み込んでしまいます。

自信をもてない人にとって、劣等感を助長することになる『人と比較をする』行為から抜け出すためには、人と関わらないことが1つの対処方法と言えます。

しかし、世間を見渡すと、劣等感を抱いている人は『自分だけではない』ことに気づくはずです。

劣等感は誰もがもっているものです。

劣等感をもっているのは自分だけではありません。

劣等感は、自分がつくり出した『妄想』であるケースもありますので、自分自身を責めないことが大切です。

気を遣うのが疲れる

職場での人間関係では、自分にとって苦手とするタイプの人と仕事を供にすることがあります。

仕事を進めていくために、自分の苦手とするタイプの人とも付き合いを『うまく』こなすことが求められることは少なくありません。

ですから、『気を遣うのが疲れる』心境に包まれることがあります。

周りの人への気遣いのため、心の疲れが慢性化してくると、『人と関わりたくない』心理状態に陥り、心の安らぎを求めるようになります。

職場や学校などでの人間関係の中で、気を遣うことに疲れたときは、一時的に『人と関わらない』時間をつくり、自分の心を『休める』ことが大切です。

️人と関わりたくない人はネガティブ気味

職場や学校など、集団生活の場で繰り広げられる様々な人間関係を乗り越えていく中で、集団から疎外され、イジメを受けて心が傷つけられた体験を持つ人は、自分を守るために周りの人を避ける言動をすることがあります。

一度傷つけられた心が、元に戻るには多くの月日を要することがあります。

周りの人から自分に向けられた『責めコトバ』で心が傷つくと、人と関わりたくない人というネガティブ気味な心境に陥ります。

人を避けるネガティブな心境に陥らないためには、日頃から『責めコトバ』を向けられないようにネガティブ気味な面を持たずに、ポジティブな考えで自分を鼓舞しましょう。

消極的な面を抱くと周りの人からネガティブ気味として観られるのです。

人付き合いにマイナスイメージを持ちすぎ

人付き合いは本来、快く楽しいハズですが、今の競争社会の中では、『人付き合い=競争』といえる状況があります。

ですから、人付き合いは楽しく快いとは言えない面をもっています。

今の日本を覆っている閉塞感は、平均的価値観から外れる考えを持っている人を排除したり、目立つ人を排除したり、周りの人と違った意見を言う人を排除する傾向が観られます。

ですから、集団から排除された経験を持つ人は、人付き合いにマイナスイメージを持ちすぎることがあります。

人付き合いのマイナスイメージ面を払拭するためには、自分と相性が合い、考え方に共通点を持っている人と付き合うことが対処方法の1つです。

原因を解消して人付き合いを楽しむ

『人と関わりたくない』思いを抱くに至る原因は人それぞれです。

職場での集団から疎外されたり、周りの特定の人からパワハラを受けたりすることで、人との関わりに心が疲弊して、『人と関わりたくない』心境に陥ることがあります。

また、学校でイジメを受けて心が傷ついて、『人と関わりたくない』気持ちから登校拒否になることがあります。

『人と関わりたくない』心境に追い込まれたキッカケが、周りの人の中で特定の個人の存在がキッカケになっていたり、複数人の集団からの言動により心身が傷つけられたりすることがあります。

対処方法は、中立的立場の第三者に間に入ってもらい、当事者同士が冷静に話し合う場を設けてもらう方法があります。

また、日頃から信頼できる人が身近に居るなら、自分の気持ちを率直に相談して、自分の心を傷つけた人と第三者を交えて話し合う場を持つことが大切です。

当事者同士が話し合うことで、お互いの誤解を解き、原因を解消して人付き合いを快い方向に回復させることができることもあります。

心に傷を負っているときは、無理に早期回復を目指すことはせずに、時間を掛けながらジックリとメンタル面を癒やすことに取り組むことが大切です。

信頼できる人が身近に居るなら、自分の苦しい胸の内を相談して、自分独りで考え込むことは避けましょう。

自分独りで考えていると、次第に自分を責めるようになり、自分を追い込んでしまうことがありますので必ず、信頼できる人に相談することを心がけましょう。

信頼できる人が身近に居なければ、自分と相性の合うカウンセラーを見つけましょう。

️人と関わりたくない気持ちの対処法

職場や学校などで周りの人との人間関係に疲弊している人は少なくありません。

人間関係に疲れ果てると『人と関わりたくない』と思い込むようになり、自分の殻に閉じこもることがあります。

自分の殻に閉じこもると、次第に自分を責める日々を送るようになり、うつ状態に陥ることがあります。

周りの人に振り回される人間関係を繰り返していると、自分の心が疲弊してしまいます。

疲弊した心は、人間関係から逃げたくなり、『人と関わりたくない』心境の泥沼に足を踏み入れることになるのです。

『人と関わりたくない』気持ちを払拭して抜け出すためには、職場や学校での人間関係の中で、周りの人たちに振り回されないように、気持ちを強く持つことが大切です。

自分自身を周りの人に『合わせる』ことを止めて、自分を表現する方法を見つけ出すことで、人と関わりたくない気持ちから『脱皮』できるようになります。

自分を表現する方法は色々ありますので、自分に合った対処法を採り入れることで、人と関わりたくない気持ちから『抜け出す』ことができます。

ありのままの自分を出してみる

自分を変えることが出来るのは自分だけです。

ありのままの自分を出して、自分を変えるキッカケをつくりましょう。

日本人は、周りの人の『目』を気にし過ぎる傾向があります。

しかし、思い切って、ありのままの自分を出してみることで、今まで自分を包み込んでいた『殻』から抜け出すことができます。

人と関わりたくない気持ちで日々の生活を送ることは苦しいものです。

苦しさから抜け出す手段として、ありのままの自分を出して、今までの自分を『隠さずに』表現することです。

あなたが職場や学校の中の集団から疎外されているなら、自分を隠さずに表現することで、周りの人は、あなたのことをより深く知るようになります。

あなたが周りの人から誤解されているなら、周りの人は、あなたの本当の姿を知ることで誤解が解消されるキッカケになることがあります。

あなたへの誤解が解消されることで、あなたに向けられていた疎外行為が無くなり、周りの人との快い関係を復活させることが期待できます。

素の自分を受け入れてくれる友達を見つける

職場や学校など日常生活の場で、あなたが勇気を持って、ありのままの素の自分を出すことで、周りの人は今まで気付かなかった、あなたの新な面を知ることになります。

あなたが自分の姿を素直に表現することで、周りの人に、あなたの本当の姿を知らせることができます。

あなたの『素』の姿を知った周りの人の中には、あなたが素直に自分を出した振る舞いに理解を示す人が現れることがあります。

あなたの素直な行為に共感した人の中には、素のあなたを受け入れてくれて、友達になる人が現れることが期待できます。

とりあえず笑顔をつくってみる

日常生活の中で織り成される様々な人間模様を乗り切るためには、時には自分の感情を抑えなければならない場面もあります。

場の雰囲気を乱さないために周りの人に、とりあえず笑顔をつくってみることも必要です。

笑顔をつくることで、『笑顔が潤滑油』として働き、周りの人との付き合いを快い雰囲気に改善させることができます。

周りの人との関係が良い方向に進むことで、人間関係による心の負担が軽減し、『人と関わりたくない』という思いが解消することがあります。

人付き合いでの義務感を取っ払う

日々の生活の中心になる職場や学校での人付き合いを義務感で乗り越える場面は少なくないと言えます。

義務感で人付き合いを続けていくことは、精神的に大きなストレスの原因になります。

仕事の場面では、取引会社との関係を保つための義務感で、人付き合いを維持していくことは止むを得ないです。

しかし、仕事を離れた生活の中では、義務感を取っ払い、快い人付き合いをすることで、自分の人生に潤いをもたらす人間関係を築くことができます。

自然な振る舞いのできる相手との付き合いは、日々の生活の中で共に過ごす楽しい時間を共有できます
周りの人との付き合いを考えるとき、義務感を取っ払うことのできる相手を見出すことが大切です。

義務感を取り払うことで、『人と関わりたくない』心境にならずに済みます。

空気を読まなくてはならない

日常生活の職場や学校で、人付き合いをスムーズに乗り越えるためには、周りの『空気を読む』ことが求められます。

日本人特有の『空気を読む』生活は、海外の人から観ると『異様』な光景として映ると言えます。

日本中に蔓延している『空気を読む』仕草は、職場や学校の中での集団から『はじき出されないように』するための守りの仕草と言えます。

周りの人の『目』を気にしながら、自分が『浮かない』ために心血を注ぐことが必要なのです。

日本の社会全体が閉塞感に包まれて、『小さな村』のような状況になっている中で生活していくためには、『村社会』から疎外されないように、周りの空気を読まなくてはならないのです。

空気を読まなくてはならない環境の中で生活をしていると、人付き合いが『息苦しく』感じるようになります。

本来、快いハズの人付き合いが息苦しく感じるようになると、心が疲れて『人と関わりたくない』心境に陥ることがあります。

世界の流れは多様な価値観や人間性を認めて受け入れる方向に進んでいますので、自分の人柄や感性、考え方を大切にして、周りの空気を読むことは止めることも必要です。

周りの空気を読んで『合わせる』ことは止めることで心が軽くなります。

空気を読むことを止めることで、人付き合いも楽な気持ちで相手と接することができるようになり、『人と関わりたくない』気持ちにならずに済みます。

顔色を気にしなくてはならない

『顔色を気にする』ことは、相手の気持ちを損ねないように、常に気遣いをすることです。

相手の顔色を気にする仕草を続けていると心が疲弊して、人付き合いを避ける心境に陥ることがあります。

周りの人の顔色を気にすることで、自然な振る舞いの人付き合いが出来なくなります。

人付き合いが心の負担になってしまうと、『人と関わりたくない』心境に自分を追い込んでしまいます。

人は『感情の動物』と言われているように、日々の生活の中で、周りの環境の変化に応じて感情が移り変わっていきます。

周りの人の移り変わる感情が表情に表われてきますので、『顔色を気にする』ことに心血を注いでいると心が疲弊し、『人と関わりたくない』という思いになってしまいます。

『際限』なく変わり続ける人の顔色を気にすることは止めましょう。

人の顔色は感情の移り変わりに合わせて逐次変わりますので、気にし出すと留まることがありません。

ですから、周りの人の顔色を気にすることはせずに、気持を楽にして人付き合いをするように心がけましょう。

気持を楽にして、相手と付き合うことで、人と関わることから『逃げる』気持ちを払拭することができます。

相手の気持ちを考えなくてはならない

日本人が日常使う言葉の『気配り』は、相手の気持ちを考えることの大切さを意味する面がありますが、時によっては息苦しさを醸し出すことがあります。

特に仕事上の人間関係をスムーズなものにするために、相手の気持ちを考えなくてはならないことが多々あります。

相手の気持ちを考えることに集中するあまり、自分の意見や考えをストレートに出すことに躊躇することがあります。

しかし、自分の考えや意見を率直に出すとともに、相手の気持ちを考える気配りを併せながら、快い人間関係を築いていくことが大切です。

周りの人とのコミュニケーションをスムーズに進めるためには、時と場合によっては、相手の気持ちを考えることを優先しなければならないことがあります。

連絡に返事をしなくてはならない

仕事上の人間関係を維持していくためには、周りの人への気配りが大切と言えます。

ですから、自分宛ての連絡にはマメに返事をしなければ、お互いの関係に『水を差す』との指摘を受けることがあります。

周りの人との人間関係を快いものにしていくためには、些細な連絡であっても返事を欠かさない気配りが必要です。

自分宛の連絡には、些細な事でもマメに誠意をもって返事をしていくことで、仕事がスムーズに進むことがあります。

“こうすべき”をやめてみる

職場や学校における人付き合いの中で、”こうすべき”というルールを決めてしまうと、周りの人との人間関係づくりが息苦しいものになってしまいます。

人付き合いが息苦しいものになってしまうと、『人と関わりたくない』心境に包まれてしまいます。

また、”こうすべき”という拘りを持っていても、周りの人の全てに通じて効果が出るとは限りません。

自分が、”こうすべき”と考えて行動しても、相手には全く通じないことがあります。

“こうすべき”と思っても相手に通じないためにストレスがたまり、自分自身が苦しむことがあります。

ですから、”こうすべき”という拘りを止めて、周りの人の考えや価値観を観ながら臨機応変に接しながら人間関係を築いていくことが大切です。

人間関係は相手の人柄や価値観により付き合い方が異なってきますので、”こうすべき”という『型』にはめると、お互いにギコチナイ関係になります。

周りの人と自然な振る舞いのできる人間関係を築くためには、”こうすべき”をやめてみることも必要です。

自分の中でのルールを作る

職場などで織りなされる人間関係には、お互いの立場の違いや価値観、人柄、考え方により、様々なケースがあります。

お互いに快い関係であれば、ストレスを感じずに付き合いを継続することができます。

一方、お互いに気遣いを優先させるあまり気を抜けない緊張感を伴う関係であれば、ストレスが溜まります。

ですから、様々な人間関係をスムーズに乗り切るために、自分の中でのルールを作り、『人と関わりたくない』という心境に陥らないようにすることが必要です。

自分にとって苦手なタイプともソツなくスムーズに人付き合いを続けていくためには、自分の中でルールを作り、相手の雰囲気に振り回されないようにすることが大切です。

周りの人に振り回されないようにすることで、『人と関わりたくない』という心境にならず済みます。

自分のペースを守り、人嫌いにならないようにするために、自分の中でのルールを作ることも必要です。

自分の感情を優先してみる

周りの人への気遣いを優先させる人付き合いを続けていくと、心が疲弊してきます。

心が疲弊すると『人と関わりたくない』と思い込むようになりますので、自分の感情を優先して、『疲れ』を感じない人付き合いをしていくことも必要です。

自分の感情を押し込めたまま人付き合いを続けてもストレスが溜まり、長く続かないものです。

自分の感情を優先して、自然な振る舞いで人間関係を築いていくことで、ストレスを溜めることなく、快い関係を続けることができます。

自分の感情を表現することで、相手に自分の考えを理解してもらい易くなります。

自分の考えを相手に理解してもらうと、『人と関わりたくない』という思いが生ずることはなくなります。

️人付き合いで無理する必要はない

自分が無理をすると、相手に『無理』をしている雰囲気が伝わり、快い関係を築くことが難しくなります。

ですから、お互いに自然な振る舞いができる関係を築くためには、無理をする必要はありません。

自分が無理をすることで、不自然でギコチナイ付き合いになってしまい、時間の流れとともに、お互いに『会いたくない』心境になることがあります。

自分が無理をすることで、『硬い』表情になり、相手に失礼な振る舞いとして表われることがありますので、人付き合いで無理する必要はないと言えます。

楽に付き合える関係でOK

人付き合いには、相手との立場の違いや、相性、人柄などにより様々なカタチがあります。

相手と自分との個性の相性により、付き合い易い関係になることもありますし、お互いに気遣いながら付き合いを続けるケースなど色々です。

お互いに気遣いながらの付き合いは、疲れを感じてストレスがたまるものです。

お互いに気楽に付き合える関係であれば、気遣いせずに済みますのでOKと言えます。

自然な振る舞いが出来て、楽に付き合える関係を築くことができたなら、『人と関わりたくない』心境に陥ることはありません。

仕事の付き合いであれば、私情を抜きにしてビジネスとしての付き合いになりますので、楽に付き合える関係を築くことは難しいケースが少なくありません。

しかし、プライベートでの人付き合いは、快い人間関係を築くことが大切ですので、お互いに楽に付き合えることのできる『相性の合う人』との関係を大切にする必要があります。

楽に付き合える関係を築くことで、日々の生活の中で快い時間を過ごすことができますし、お互いの人間性を高めることができます。

気分が乗ったときは誘いにも乗る

職場や学校などで、周りの人との付き合いをスムーズにしていくためには、誘いを受けたときは、断らずに『乗る』ことも必要です。

あなたが周りの人から誘いを受けたということは、周りの人は、あなたの存在を認めていることの表れですので、あなたの気分が乗ったときには断らずに、誘いに乗りましょう。

しかし、あなたの気分が乗らないときに無理をして、誘いに乗ると心が疲れてしまい、『人と関わりたくない』心境になることがありますので、無理をせずに誘いを断ることも必要です。

無理をせずに、自分の気持ちを労わりながら、人付き合いを続けていくことが『長持ち』の秘訣と言えます。

人付き合いのためにストレスを抱えることがないようにするために、自分のペースも大切にしながら、無理のない自然な振る舞いができる人付き合いを心がけましょう。

️少しずつ人との関わりを増やしていこう

『人と関わりたくな』心境に陥っている人にとっては、人付き合いは精神的に大きな負担になることがあります。

また、『人と関わりたくな』状況になった原因が、職場でのパワハラやセクハラ、学校でのイジメのために心や身体が傷ついてしまったケースも少なくありません。

今の日本の社会は、閉塞感から抜け出せないまま月日が流れています。

閉塞感のため、『息苦しい』雰囲気に包まれて日々の生活を送っている人も少なくありません。

息苦しさは、人々の心の余裕を奪ってしまいます。

このため、『人間関係=競争関係』になってしまい、競争の『弱者』は心が傷つけられて、『人と関わりたくない』心境に陥ってしまいます。

人付き合いが原因で傷ついてしまった心が癒されるためには、多くの時間を必要とします。

人間関係により、心が傷ついたなら、焦らずに周りの『目』を気にせずに、自分の心を守ることに専念しましょう。

自分の心を守る対処方法の1つとして、身近に信頼のできる人が居るなら遠慮なく『甘えて』、つらい心を『ぶつけ』ましょう。

辛い気持ちを自分独りで抱えることは止めましょう。

辛い気持ちを独りで抱え込みながら日々の生活を続けていくと、逃げ道を見つけるために『自分を悪者』に仕立て上げて、責めるような心理状態に陥ってしまいます。

自分を責めることは、心の傷を一層深くしますので、辛い気持ちを受けとめてくれる人と出会うことが大切です。

辛い気持ちを受けとめてくれる人が身近に居なければ、カウンセラーに相談する方法もあります。

焦ることなく自分のペースでユッタリとした気持ちを抱くことが出来るようになるために、心を許せる信頼できる人の『チカラ』を借りながら、精神的に『独り立ち』することを心掛けていきましょう。

心が癒されて、精神的な『独り立ち』が出来るようになると、人への『警戒心』が薄れてきて、『人と関わりたくない』心理状態から抜け出せるようになります。

時間を掛けることで、辛い気持ちが和らいできたなら、次のステップとして、少しずつ人との関わりを増やしていきましょう。

心の苦しさを乗り越えることが出来ると、自信が甦ってきます。

人との関わりを『恐れない』自信が、あなたの心に芽生えてきます。

『人と関わりたくない』心境になっても『自分を責めない』ことが有効な対処方法です。

今の日本を包み込んでいる閉塞感のために、『人と関わりたくない』心境に陥っている『仲間』が沢山居る状況が、今の日本の現状といえます。

自分と同じような『傷を負った心』をもつ人が身近に居ることに気づかされることでしょう。

決して『あなた一人』ではありません。

あなたと同じような『心』をもつ『仲間』が身近に居ますので、自分を責めることは止めましょう。