CoCoSiA(ココシア)

下世話なことを話しがちな人の特徴と、そういう人と付き合わないほうが良い理由


日本語には、意味が良く分からないけれど、皆が普通に使っている言い回しが沢山あります。

「下世話(げせわ)」という言葉もそういった言葉の1つです。

皆さんが日常会話で「下世話な話」「下世話な人」と使う時、ちょっと品の悪いマイナスなイメージを思い浮かべるのではないでしょうか?

実は「下世話」は本来の意味とはちょっと離れた使われ方が定着してしまっているのですが、本来の意味よりも今みんな使っている語感を優先しますと、「下世話なことを話しがちな人」とお付き合いを続けるのは、要注意です。

下世話なことを話しがちな人の特徴と、付き合わないほうが良い理由について解説してまいりましょう。

下世話なことを話しがちな人には気をつけて!

もし周囲に「下世話なことを話しがちな人」がいたら、気を付けましょう!

下世話の本当の意味がどうであろうと、私たちが普段使っている「下世話」にあまりいい意味はありません。

もし、あなた自身が下世話なことを話しがちな人の場合は、これからの説明を読んで、普段話す内容についてちょっと考え直した方が良いかもしれません。

それではさっそく「下世話」の正しい定義から説明に入ります。

下世話ってなに?

下世話は「世話」という単語に「下」がくっついた出来た単語です。

「下世話」が出来たのは江戸時代

そもそも、下世話という単語が出来て定着したのは、天下泰平が長く続いた江戸時代と言われています。

今でこそ「世話」というと、「世話を見る」「世話を焼く」というように、手間をかけて面倒を見てあげることという動的な意味があります。

(転じて手間がかかる厄介事のこと自身も指します)ですが、江戸時代当時の「世話」にそんな意味はありませんでした。

「世話」=「世間」の「話」です。

世間で広く話題になっていること、世間話(せけんばなし)です。

なんで世話の前に「下」がついたかといいますと、江戸時代の町人の上には「上様」が居たからです。

上様やお侍様が政を司る大切なお役目をしてくださっているお陰で、下々の俺たちは安心して生きていける的な江戸っ子の乗りです。

「下世話」とは、庶民の間のしがない噂話ぐらいの意味が成立当初の言葉の意味です。

今の言葉に当てはめるならば、建前じゃない本音の「ぶっちゃけトーク」みたいな感じです。

「下世話」=「下品な話」という訳ではありません。

「下世話」=「お金の話」という訳でもありません。

もちろんぶっちゃけトークですから、「なんだかんだ言ってあの2人は出来てる」的な色恋のお話や、地獄の沙汰も金次第、出生したけりゃ賄賂を払え」的な銭金のお話も当然含まれますが、それは「下世話」の中のごく一部のジャンルに過ぎません。

もっと広く庶民的な話題はなんでも下世話な話だったのです。

辞書に載っている「下世話」の意味

例えば大辞林にのっている「下世話」の意味は、「世間でよくいう言葉や話。また、俗な・こと(さま)。」です。

江戸時代当初の発生の頃の理由に基いて解説されていますね。

言葉は生き物です。

辞書に載っているような正しい意味から離れてしまった状態で定着して広まったら、それが正しい意味・使われ方にいずれ変わります。

それでも言葉の本来の意味を知っていれば、安心して誤用できます。

(誤用にも程度がありますので…)

使い方

下世話の使い方としては、以下のものが既に定着しています。

・「下世話な話」
・「下世話な人」
・「下世話な事」

本来の意味に照らせば「下世話な話」は正しい使い方ですが、「下世話な人」や「下世話な事」はちょっと変です。

ですがそれで良いのです。

「下世話な人」といった場合は、意味としては、世間やご近所さんや知り合いの噂話が大好きで、年中その事ばかり話ししている人というニュアンスが100%相手に伝わります。

「下世話な事」となると、更に意味を理解するのが難しくなりますが、検討しなければならないもっと大事な事がいっぱいあるのに、どうでも良いような瑣末な事にばかり気を取られている時に「下世話な事」ばかり気にするな!等使われます。

中には完全に「下世話」と「下品」と混同して、男女のスキャンダルとか汚職や使い込み等に対して「下世話な事」と使う人も居ますが、話者がどちらの意図で使っているかは、文脈でだいたい判断できます。

類義語

「下世話な」の類義語を調べると、以下のようなものが並びます。

「レベルが低い」「低次元な」「くだらない」「雑魚な」「低俗な」「卑俗な」などがあります。

まあ、散々な類義語ですよね。

繰り返しになりますが、本来の下世話には「世俗的な」「庶民的な」という意味しかありません。

「卑しい」ですとか「低い」ですとか「瑣末な」ですとかそういうマイナスのニュアンスは本来は無かったものです。