生活の至る所から聞こえてくる「可愛い」という言葉に、疑問を感じる事ってありませんか?

「鬼可愛い」にはじまり「きも可愛い」、更には「グロ可愛い」なんて言葉まで…

汎用性高過ぎてついていけない貴方の為に、女性の使う「可愛い」の意味を徹底検証してみましょう!

あまりにも深すぎる「可愛い」に迷い込まない様ご注意下さいね。

様々な場面で言われる「可愛い」

取り敢えず汎用性高すぎて様々な場面で使われる言葉トップ3と言えば
「ヤバイ」
「カワイイ」
「スゴイ」
このビッグ3でしょう。

下手すれば、この3つのワードで会話が成立してしまう事もある位に日常的に幅広い意味で使っている言葉ですね。

この言葉を「使った事が無い」という方はまず存在しないでしょう。

団塊Jr以上ともなると、この辺りの意味を広く持ち過ぎた言葉は敬遠されがちで「若者言葉」としても有名ですが、普段何気無い場面で…しかも、無意識に使っている方が大半なのではないでしょうか?

目上の方との会話中にポロっと出てしまうと失礼に当たる場合もあるので、TPOには気を付けないといけないですね。

そのビッグ3に属する「可愛い」ですが…まずは正式な使用例を調べてみました。

「可愛い」(かわい・い)
形容詞
愛情をもつ気持ちを覚えるさま。

他と比べて小さかったり、弱いさま
無邪気で憎めなく、子供っぽい様子
不憫。
かわいそう。

公式で既に、こんなにも幅広い意味を持っているんですね!
驚きです。

実際、調べてみると「弱い」や「かわいそう」等、そんな意味もあるの?と言いたくなる意味も…知らなった方も意外と多いのでは?

ここからは、更に現代の解釈を含めて使われている「可愛い」を検証していきましょう!

「こんなものまで?!」と言うものにも使われる


まず一気に「カワイイ」の汎用性が高まったのは2004年頃お笑いコンビ「アンガールズ」がブレイクした頃でしょう。

端正とは言えないお顔立ち+細すぎるでしょ!と言いたくなる体型。

更に何とも言い難い雰囲気を持ったネタは当初「気持ち悪いけど、面白い」という評価を受けていたはずなのですが…

女子中高生をはじめとする年代から生まれたのが「キモカワイイ」という言葉でしたね。

この言葉に衝撃を受けた方も多かったのではないでしょうか。

それを皮切りに「可愛い」は急激な進化を遂げていくのです。

中性的な男性俳優に向けた「かっこかわいい」

ブルドックの様に崩れているが愛嬌のあるものに向けた「ぶすかわ」

タレントのきゃりーぱみゅぱみゅさんが流行させた少しグロテスクなファッションアイテムを「グロかわいい」なんて使い方もありますよね。

近年はハロウィンの文化も浸透しつつあり、ゾンビメイク等も「グロかわいい」と評されるそうです。

最早、「かわいい」を付ければなんでも許されるのか…と思っている方も少なく無い筈!

更に、最新の「かわいい」シリーズをご紹介しましょう!

最新の「可愛い」

まずは、形容詞に更に形容詞を付けたダブル形容「可愛い」から
「おにかわいい」
→可愛いの最上級。

「ばちかわ」
→ばっちりキマってて可愛いの意味。

「ぐうかわ」
→ぐうの音も出ない程可愛い様子。

次は人に向ける「可愛い」
「きれかわいい」
→綺麗で可愛い女優やモデルなんかに向ける様です。

ファッション性を持った「可愛い」まで
「ゆめかわいい」
→夢みたいな世界観で可愛い様子。

パステルカラー等を使ったメルヘンチックな可愛いファッション
「だるかわ」
→だるく見えるがそれでも可愛い。

ラフでルーズなファッション
もうある程度の限定した年齢層にしか理解出来ない「可愛い」
「病みかわ」
→ネガティブでメンヘラな、闇を持ってる感じがするけど可愛い(!?)

「むりかわ」
→もう無理!って言いたい位かわいい

可愛いの範囲が広過ぎる!


一般的に可愛いと言われるものから、気持ち悪いものや不細工なものまで。

更にはファッションにまで使われる「可愛い」の範囲があまりに広すぎて、この辺りで「ちょっとついていけない…」という方も出てきたのでは?

しかし、知らないとそれはそれで若者とのコミュニケーションに苦労してしまう場面もあるので諦めないで!

さらに、ここからは女性の使う「様々なニュアンスを含んだ可愛い」を検証!

まだまだ心が折れるには早いですよ!

ここはまだまだ「可愛い」の入口です。

女子が言う「可愛い」の意味

そもそも、男性は「可愛い」という言葉を本当に正式に「愛らしいさま」という意味でしか使わない方が多いですよね。

それは元来、男性が「言葉に違う意味を含ませる」事が苦手な為。

男性が女性に対して「可愛い」という言葉を使う時8割以上が好意を含んだもの…というアンケート結果があります。

対して、女性が「可愛い」という言葉を使う際相手への好意を含むのは4割程度だという驚きの結果が…!!

「言葉に違う意味を含ませる事が得意」な女性が使う「可愛い」と、男性が使う「可愛い」はその言葉の持つ意味が違うのも仕方の無い事です。

ここでは、さまざまなニュアンスを含んだ「可愛い」を解説しましょう。

愛らしい

純粋で本来の意味を持った「可愛い」ですよね。

小動物や、子供に向ける事であったり自分より年下の者に使ったりする場合の「可愛い」は、本来の意味を持った「(愛らしくて)可愛い」という意味となるでしょう。

ただしこの「愛らしい」という感覚でさえ十人十色。

感じ方は様々なのでこの後出て来る「ブサカワ」との違いを明確にするのは中々難しい所。

「え?それ本当に可愛いか?」と思った時は、「そうですね~、どこらへんが一番可愛いと思います?」と尋ねる事で、明確に答えがあるなら「(愛らしくて)可愛い」返答に戸惑ったり誤魔化されたりする場合は「ブサカワ」で間違いないでしょう。

似合う

一緒にショッピング等に行った際、女性同士が「それ可愛い~!」と言い合ってる光景を目にする事がありますが、この言い合いに意味は全くありません。

この時の「可愛い」にはかなり様々なニュアンスが含まれており、それを男性が察するのは「不可能」と言っても良い位の膨大な情報が詰まっています。

それが、純粋に「(似合っていて)可愛い」のかどうか…言ってる本人もよく分からない時もあるので安易にその言葉に突っ込みを入れない方が良いでしょう。

かなりの確率で大怪我をする恐れがあります。

「(似合って無いけど、そう言うと関係が悪化する恐れがあるから取り敢えず)可愛い」

「(全身白過ぎてベイ〇ックスみたいだけど、それはそれで面白いから)可愛い」等…どちらかと言えばネガティブな意味を含んでいる場合も、無きにしもあらず。

更に言うと、言われている女性側も「女性の”可愛い”は安易に信用してはいけない」という事を理解している為、あまり参考にしない事が多いです。

ここで、危険なのが男性ですね。

安易に「それ似合ってるよ!可愛い~」なんておだてられて気を良くしていたもの、別の友人から「何それ。

ダサっ!」なんて言われて箪笥の肥やしになってしまうという悲しい結末を迎える事も…

男性相手なら「可愛い」はほぼ、99%お世辞と思っていても良いでしょう。

ブサカワ

主に、動物やキャラクター等に向けて使う「(不細工なんだけど愛嬌があって)可愛い」という意味。

ほとんど、人に向けて使う事は無いと思いますが、万が一人間に対して「ブサカワ」を使っているとしたら、完全なる悪意が見てとれますね。

また、自分を謙遜する際に少し茶化して「私ってブサカワじゃん?」なんて言う場合は、「そんな事無いよ~、普通に可愛いじゃん」という自分を持ち上げて欲しい願望の現れなので合いの手には重々注意して下さい。

「言われてみればそうだね!」なんて同意してしまった時には、その相手に絶縁されてしまうかも!?

食欲をそそる

これが、一番男性から理解されない部分じゃないんでしょうか?

所謂「インスタ映え」にも似ている感覚ですね。

パンケーキやスイーツ等に主に使われ「可愛い~!」と写真を撮り、まるっと綺麗に食べてしまう現象です。

男性から「女子のさぁ、「可愛い」って言いながらパンケーキ食うやつアレ何な訳?可愛いのに結局喰うの?」と、筆者は聞かれた事が実際あります。

「可愛い=愛おしいからこのままずっと見ていたい」ではありません。

どんなに可愛かろうと、食べ物は食べ物なので勿論綺麗に食べてあげる事こそが礼儀なのです。

最近は飲食業界もSNSを使った宣伝に注力しており、見た目に愛らしい物が溢れています。

そんな中、「可愛い」は遂に「美味しそう」と同意義にまで上り詰めたのです。

女性が運ばれてきた食事に対して「可愛い~!」と写真撮影に熱中している時は、是非ともそっとしておくのがベストでしょう。

撮影終了後には、何事も無かったかの様にフォークが突き刺さっている筈です。

相槌

これまで解析してきた通り、「可愛い」にはとてつも無い汎用性があります。

つまり、「可愛い」は色々な変化をする事で万能の「相槌言葉」となる訳です。

「この間、こんな失敗しちゃってさぁ~」
「あはは、(おっちょこちょいな貴方って)可愛い~」
「このキャラクター好き?」
「可愛いよね~(別に好きじゃないけど)」

等…どんな言葉にも様々な意味を含んだ相槌となりますが…大体この「可愛い」という相槌は意味を持たず、条件反射で出ている様なもの。

この相槌が続く場合は「あ。

これ話聞いてないな?」と思っても良いでしょう。

自分がよく、この相槌をするかも!という方も知らず知らず相手を不快にしている恐れがあるのでお気をつけ下さいね。

女性が可愛いと言う時、どういうものまで入るのか

これまでの理解の範疇を超えた「可愛い」の汎用性を知り…「可愛い」がどこからどこまで通用するのか知りたい!と既に「クセ」になってきた方も多い筈!

次は、こんな物まで「可愛い」って言っちゃうの!?という「可愛い」の範囲を解析していきましょう。

動物

犬・猫・うさぎ等…モフモフした哺乳類は世間一般的にも「可愛い」に分類されますよね。

更に好みの問題で言えば魚類や爬虫類…もっと言えば昆虫なんかもお好きな方からすれば「可愛い」もの。

価値観が違えば共感は出来ないのかもしれませんが、生き物に対する「可愛い」は一番正しい意味で使われていると言えるでしょう。

なんたって「(愛情を感じる程)可愛い」という意味であればどんな生き物にも通用する為です。

世界にはペット用のゴキブリを「可愛い」という人がいる位ですから…

これについては、男女の差はなく自分が好きな生き物を「可愛い」と形容するのは普通の事だと言えるでしょう。

子ども

「どんな子でも、子どもは可愛いよね」と、心から言える方はどの位存在するでしょうか?

筆者は正直言って子どもが苦手です。

更に性格が「可愛い」子や、容姿が「可愛い」子…様々な子どもがいますね。

しかし、友人知人の子供たちに向かっては「可愛いね~」が決まり文句となっているのです。

女性が子供に向かって使う形容詞は「可愛い」が圧倒的に多い理由は別にあるのです。

それは、「母親は我が子を他のどの子どもより可愛いと思っている」というのを理解し共感する事で、自分がより近しい存在だとアピールする言葉でもある様です。

子ども故、無邪気で失礼な言葉や行動をする事もありますが…それでも「可愛い子だね」というのは最大限の社交辞令です。

更に、どんな子どもにでも「可愛い」という理由はもう一つあり…新生児期から乳児期にかけては性別の判断が難しい場面が多々あります。

そこで「可愛い赤ちゃんですね」という言葉は
「(女の子らしくて)可愛い」という意味と「(女の子に見える位)可愛い(男の子)」という意味。

更には「(赤ちゃんという存在だけで)可愛い」と3つの意味を持っています。

我が子の性別を間違えられて嬉しいお母さんは居ません。

この「可愛い」は相手を不快にさせない為の配慮でもあるのです。

独身女性の中には子どもに向かって「可愛い~」と言う事で、自分に母性がある事をアピールする狙いもある様。

独身男性の前でこの発言をする場合は、かなりの高確率で「子供好きをアピールする」という報告もあります。

可愛い「語尾」を使う

近頃、中高生をはじめとする若年層の間で「彼ぴっぴ」という言葉が流行っているのをご存知でしょうか?

これは「彼氏」という意味。

これを語尾と呼ぶのかは微妙ですが…「彼ぴっぴ」「◯◯たん」「◯◯りん」「◯◯ぽん」等…固有名詞の後にこれらの語尾をつけると「可愛い」事から生まれた言葉なのだそうです。

固有名詞にまで「可愛さ」を求める若い世代…そして、意外とそれをすんなり受け入れているのは彼らの親世代です。

母親と娘が「明日は彼ぴっぴとデートなの?」「違うよ~、◯◯たんの所行くだけ」なんて言葉を実際耳にした時には3度見してしまいそうなものですが…。

仕草

主には男性が「可愛い」と言っている様に思うかもしれませんが、細かく言えば女子が考えた「可愛い仕草」を見て「可愛い」と言わされている事に、それ位の男性が気付いている事でしょう。

女性は、日常的に見ている様々なものから「可愛い」を見つけ出しそれを自分の行動に取り込む能力に優れています。

「上目遣い」や「髪をかき上げる」等など…日常生活の中で行われており尚且つそれを「可愛いから意図的にしてみよう」と実践する方が居ます。

それを見て男性が「可愛い」と言うのです。

あくまで男性の感性の様に見えますが、実際には女性に作られた「可愛い」だったのです。

キャラクター

「可愛いキャラクター」と言われて、まず思いつくのはディズニーやサンリオ等でしょうか。

王道キャラクターは勿論ですが、近頃は「こ…これ可愛い…?」と言いたくなる様なキャラクターも多いですよね。

特に近年で筆者が個人的に衝撃だったのが「ディズニー」キャラクターの「ヴィランズ」シリーズです。

本来、物語の悪役である「ヴィラン」をメインキャラクターにし、それが「可愛い」と、20代を中心に人気を博しておりました。

最早「キャラクター化」されてしまえば「可愛い」は全てに当てはまるのかもしれませんね。

日本人は基本的に2頭身や3頭身位のキャラクターを「可愛い」とする趣向があるので、勿論キャラクターを作る企業や自治体側もそこを配慮しており、どんなキャラクターでも「可愛い」と言わるのは当たり前の事かもしれません。(ネットやSNSで炎上させて話題にす場合は話が別ですが)

もし暇を持て余しているならば「海外 キャラクター」で検索してみると「本当に可愛くないキャラクター」がたくさん存在しているので比較してみるのも一興です。

ファッションに関しては、近年「個性的」「他と違う」事が受け入れられているので正直「無法地帯」という言葉がしっくり来ます。

「可愛い」と「カッコいい」の差も曖昧になり、この二つをミックスさせる様なファッションもありますよね。

基本的に女性向けファッションは「可愛い」を好む傾向が強いです。

若年層のファッションのみならず30代40代50代向けのファッション誌でも「大人可愛い」なんて言葉が流行っている位です。

女性はいくつになっても「可愛くありたい」という事でしょう。

また、男性向けファッションでも中性的で可愛いものが好まれるジャンルがありますね。

これは、「かっこ可愛い」と言われる様な中性的な俳優やモデルさんの影響ですが、実際の所ハードルは高く容姿があってこそ似合う…という厳しい現実が待っていますのでご注意を。

また、サラリーマン等の仕事でスーツを着用する世代に「可愛いネクタイをプレゼントする」というのが一部の世代の女性の間で流行の様です。

筆者が見た一番衝撃的で可愛かったネクタイは、強面不動産屋さんが着用していた猫柄のネクタイでした。

(強面と可愛さのギャップについつい、契約してしまった事があります)

雑貨

近年、文房具をはじめとする雑貨業界は景気が良いようです。

それは「実用性」と「ビジュアル」の比率を微妙に調節している為。

女性は特に、「必要じゃないのに、ビジュアルが可愛くて買ってしまった雑貨」がザクザク出てくるのではないでしょうか。

それ位に、「可愛い雑貨」は世の中に溢れています。

これは「雑貨」が可愛いのではなく「可愛いデザインの雑貨」が溢れているという事。

ただのホッチキスを可愛いとも必要とも思いませんが、ペンギンの形をしたホッチキスを「可愛い」と衝動買いしてしまった…男性からは呆れられるかもしれませんが、きっと女性は「あるある~」と共感してくれる事でしょう。

食べ物

食べ物に対する「可愛い」は主にスイーツに向けられるものが多いでしょう。

しかし、近頃は女性をメインターゲットにした可愛いデコレーションが施された料理も話題になっているので一概には言えませんが。

「美味しそう」にほぼ近い意味で使ってしまっている事も多いですね。

食用花を使ったサラダなんかはインスタ映え間違い無しで「可愛い!」と女子会ではひっぱりだこのメニューですが、男性からは「…これ本当に喰うの?」と不評の様です。

自分より下と思っている人

単純に、自分より目上の人間に「可愛い」という評価は失礼に当たります。

つまり、後輩や部下に「可愛い」と言われた事がある方は、その人物になめられている又は自分より目上の人間である認識がされていない可能性があります。

これは「可愛い」の本来の意味に通じるものでもありますね。

「小さい・弱いもの」という意味で見れば「自分より下と思っている人物」に対して「可愛い」という言葉を使うのは案外間違っていないのかもしれません。

本当に可愛い人

よく聞く「女の子の「可愛い子紹介するよ」は信用ならない」というやつですよね。

その通りだと思います。

そもそも、男性と女性の「美の基準」が違うのだから当たり前と言えば当たり前なのですが…。

女性が「本当に可愛い人」を形容する言葉は「綺麗な人」の方が当てはまります。

つまり「容姿が美しい人=綺麗な人」で「性格が良い人=可愛い人」という事です。

一方で、男性は「容姿美しい人=可愛い人」「ずば抜けて容姿が美しい人=綺麗な人」なのでそもそも基準が全く違うと言えますね。

値段

価格に対して「可愛い」を使うのは、所謂団塊ジュニア世代。

「可愛い(それ程無茶苦茶な高額ではない)値段」という意味ですね。

年代によっても「可愛い」の範疇が変わる例です。

また、この年代は「可愛い値段」というより「デザインは可愛いのに、値段は可愛くないわね(思ったより高額である)」という使い方の方が多い様です。

男性

近頃は男性の草食化が進み「男らしさ」に拘る方も少なくなってきたので「誉め言葉かな?」と勘違いしている方が多いかもしれませんが、これは完全に見下されていると思っても良いでしょう。

芸能人や有名人に向ける「可愛い」とは訳が違うのです。

一般男性に向けた「可愛い」は「恋愛対象とならない」であったり「この人はいじっても構わないから」という意味で来ている場合が多いので、ご注意下さいね。

アクセサリー

女性同士でアクセサリーを褒める際の「可愛い」は中身にさして意味が無い世間話程度のものですが、男性に向けての「このアクセサリーって可愛いと思わない?」は”褒めて欲しい”であったり、”買って欲しい”である意味を含んでいます。

ここは要チェックしておいて損はないでしょう。

「これ可愛いって言ってたよね?」なんて言葉と共に贈られるアクセサリーは好感度抜群でしょう。

しかし、この際更に難しい「瞬間的な可愛い」という難問もある為ご注意下さい。

詳しくはこの後検証していきましょう

女性が言う「可愛い」は「好き」ではない

これは、最も男性の理解が及ばない事象ではないでしょうか?

「この間可愛いっていってたよね?」とプレゼントしたキャラクターグッズに微妙な表情をされた事のある男性は、かなり多い事でしょう。

「可愛い」には必ずしも継続的なポジティブな意味が含まれている訳ではないのです。

可愛い=今、心が惹かれている

「このカバン可愛い~」と言っていた数日後、全く違うテイストのカバンを「新しいの買っちゃった!可愛いでしょう!?」と自慢する女性。

女性ならば「あるある」で済むのですが男性からしたら全くもって意味不明なのではないでしょうか?

「この間言ってたのと全然違うね」なんて余計な一言はグッと飲み込んで下さい。

女性の「可愛い」は、その時の勢いや感情が多く含まれています。

このカバン可愛い~!と言った彼女は「その時」「そのタイミング」で見たそのカバンを「可愛いと思った」というだけの事。

女性の「可愛い」は瞬間的で継続的ではないのかもしれません。

その判定は女子同士でも大変難しいもので本人のみ知り得る事でしょう。

好みでなくても「可愛い」と言う

それが、自分の好みでなくても「可愛い」という女性は多いでしょう。

それは「可愛いものとして流行しているから」であったり、「一般的に見て可愛いものだから」であったりする為、「共感」する為の「可愛い」と言えるでしょう。

グループで行動する事の多い女性達は、無難に「共感」しておく事で平穏を保っているのかもしれません。

女性の可愛いにルールはない

「おはよう」は朝使う挨拶だし、「さようなら」は別れの際に使う言葉。

しかし「可愛い」には”この場面で使う”という明確なルールが無いのです。

それは「ヤバイ」にも通じる所がありますね。

この二つの言葉の共通点に、もう貴方は気付いているのではないでしょうか?

可愛いに理由はない

「可愛い」と「ヤバイ」の共通点。

それは二つとも、その言葉を使う事自体に「意味が無い」のです。

意味が無い事にルールが無いのは至極当然な事。

それでも、無数にある言葉の中からその言葉を選んで使うのは「国語力」の低下であり、「語録」の少なさの象徴なのですが…そこまで考えが及んで無い「可愛い」脳内が既に「ヤバイ」のかもしれませんね。

男性は理解出来ない女性の「可愛い」

男性の読者の方は目が回っているかもしれませんね。

「可愛い」という言葉には女性の「共感」が詰まっているので男性に理解出来ないのは至極当然かもしれません。

歴とした古来から存在する日本語であり、俗語でもあると言えますね。

基準が分からない

寧ろ、基準がありません。

今や、息を吐く様に「可愛い」という言葉が漏れ出ていると言っても過言ではないでしょう。

これについては「基準」を求める事が既にナンセンスなのです。

それでも、敢えて基準を作るならば「”可愛い”という言葉を適切な場面で的確な意味で使えている女性は、流行りに流されないTPOを弁えた大人の女性である」という基準設定に使用する事位でしょうか。

やはり、男女に関わらず言葉はその人の育ちや性格が出る物。

綺麗な日本語を使える方は、頭がよく回転し人と場所をきちんと選べる「しっかりした人」のイメージがつきますね。

可愛くないものにも「可愛い」と言う

「キモかわいい」や「ブスかわ」等は特に男性には理解出来ない言葉でしょう。

この言葉の中には、自分は可愛いと思うが世間一般的に可愛いとは認識されにくいから「キモ可愛い」で表す場合や、こんな物を可愛いと言う不思議ちゃんな自分に酔っている場合。

はたまた、ただ流行りにのって何となくこの言葉を使っている…等など、大抵のものに深い意味はありません。

可愛くないものに向けた「可愛い」はその裏に男性では到底理解出来ない様々な意思を含んでいる事が多いです。

それは、男性に察するのは難しいし、下手に手を出すと大けがをする所なので自分が「可愛くない」と思う物に対する女性の「可愛い」という言葉はスルーするのが正解の対応と言えるでしょう。

理屈で理解出来ないのが女性の「可愛い」

いかがでしたか?

「訳が分からん!」と匙を投げかけている方も多いと思いますが、この理屈で理解出来ない「可愛い」という言葉こそが、女性が本来持つ人間の本能の一つなのです。

古来より集団で生活し、男性が狩りを女性が家を守る…と仕事を分担されていた中で「女性が村で孤立してしまう」というのは、その村での存続が難しくなるという事に直結していました。

その理由から、女性はお互い情報を共有すると共に「共感」し合う事で随時「自分達は仲間だ」と確認して生きてきたのです。

現代の「可愛い」はこの名残がとても大きいもので、「他人と共感し合いたい」という意識の表れなのです。

その理屈でさえ、女性は共感し男性は「???」となる事でしょう。

男女の生物としての違いなので、無理に理解する必要は無く「意味を持ってる様で持ってない言葉」と思っている位が丁度良いのかもしれませんね。