大人であれば、頻度を意識しなくても自然と的確な頻度で物事をこなしていることが多いため大概の場合は上手くいっているでしょう。

しかし、意識的に頻度を考えるのと考えないのとでは仕事でも恋愛でも成功する確率が変わります。

今回は、「頻度」の意味を改めて確認し、日常において意識すべきポイントについて解説します。

今後の生活をより上手くはこぶためにも、頻度について見ていきましょう。

️頻度についての解説

「頻度」という言葉は「使用頻度」「更新する頻度」などよく使われますが、その意味を説明せよといわれたら困りませんか。

よく使う言葉なのに抽象的で、具体的には説明しづらいという人もいると思います。

そこで、改めて意味を確認してみましょう。

ペース、強弱、回数などの単語を思い浮かべた人もいるかもしれませんが、頻度の類義語として辞書に載っているのは、物事が起こる相対的な「回数」「出現率」「発生率」、所定の時間内に発生する回数を示す「頻数」、所定の統計の範疇における観測結果の数字「度数」などです。

ペースや強弱がなぜ頻度の類義語ではないかについては、下記の頻数の意味を詳細に見ていけばわかるはずです。

️頻度の意味

まず文字の成り立ちからお話しします。

「頻」という字は「歩」と「頁」の組み合わせですが、甲骨文・金文では「瀕死」の「瀕」と同じ文字でした。

「渉」と「頁」の組み合わせだったわけです。

そして、これは水辺を歩く儀礼などに使われていた文字です。

しかし、「頻度」で使われるような現在の「頻」の意味とはもはや全然関係がありません。

ここからは、現代で使われる頻度の意味をより細かく説明します。

同じことが繰り返し起こる度数


頻度の「頻」は訓読みすると「しき(り)」です。

「しきりに誘ってくるから困っている」などでも使いますね。

「頻」単体で「(同じ種類のことが)度重なること」「繰り返し起こること」という意味を持ちます。

また、古語では「たいそう、むやみに」という意味でも使われています。

「度」は「たび」とも読みますが、頻度の場合は「物事の程合い」「回数」という意味です。

つまり、その二つがくっつくことで、「繰り返されることの回数・度合」という意味になります。

この意味から、同じことを繰り返すことに限定しない「ペース」や「強弱」は類義語としては関連性が浅いとわかりますね。

出現頻度

辞書によっては「頻度=出現度数」と示すものがあります。

出現頻度という言葉が多くつかわれるのはweb制作関連で、キーワード出現頻度(キーワード密度)などで使われるような、どのくらいの割合で出現するかを示すものです。

これは相対的な頻度のことなので、「出現率」「発生率」などの言葉に置き換えることもできます。

ただし、割合は「大きい」「小さい」といいますが、頻度は「度」なので「高い」「低い」と言うようにしましょう。

あることが繰り返される度合い

最初に「頻」の字に「度重なること」という意味があるとお伝えしましたが、「度」によって程度に幅が出るので「しきりに」という意味とは少し離れます。

いつもなのか、ときどきなのか、めったに無いのかは様々ですが、基本的に数回はあることが前提とされます。

️頻度って人生でも大切なもの

人生において「頻度」というからには、一回こっきりのことではなく、その物事が人生の中で何回かは確実に起こるのですから、良いことにしろ悪いことにしろ大切にしなければいけないことに間違いはありません。

どんなときに頻度を意識する?

と言われて真っ先に思いつくでしょうか。

大人になると大体の物事の適当な頻度というのはわかってくるので自然と振舞えていることが多く、意識することは少ないかもしれません。

しかし、子供の頃や若かった頃なら「頻度を考えろよ!」なんて怒られたこともある人は結構いるのではないでしょうか。

お小遣いの値上げ交渉や前借交渉をし過ぎた時とか、携帯を買ったばかりで嬉しさのあまり意味もなく友達に電話をかけまくったときとか、あるいは友達の家に遊びに行きすぎて親から「ご迷惑になるから頻度を考えなさい…」と言われたことなどです。

そこで初めて「頻度ってものがあるんだな」と意識したかもしれません。

️頻度を意識したい19のこと


ここからは日常生活において頻度を意識したい19のことをご紹介します。

今まで何故嫌われるのか、怒られるのかわからなかったことも、頻度を意識することで改善できるかもしれません。

または、何故か人からよく好かれる、信頼されるという人は頻度が絶妙な可能性があるので、今できていることを意識的に続けるためにも確認してみましょう。

️仕事での頻度

頻度を一番意識しなければならないのは仕事です。

入社したての新卒が叱られがちなのはこの頻度を知らないからです。

とはいえ、結構いい年になっていながら意識できていない人もいます。

一方、仕事においての頻度を理解している人はスマートな印象で、そつなく物事をこなしていけます。

ではより具体的に6つのことを見ていきましょう。

職場をイメージしながら読み進めてみてくださいね。

ホウレンソウの間隔

「ホウレンソウ」は報告・連絡・相談のことです。

新卒社員が先輩や上司に文句を言われるのはここが一番大きいです。

Twitterなどの社会人の愚痴の中に「なんで報告しないんだ!常に報告しろって言ってるだろ!」と言われた後日に「なんでも報告してくるな!」と言われ、言ってることがコロコロ変わる上司ムカつくというものがあります。

でも、そんな愚痴を言う前にちょっと待ってください。

想像してみて欲しいのですが、1週間何の報告もなく淡々と仕事を続け、自分では完了した気になって退社し、週明けにミスが発覚したとしたらどうでしょう。

周りには大迷惑ですよね。

1日の後半や、ある程度キリの良いところで報告や相談をして上司のチェックを仰いでいれば防げたことです。

あるいは、一時間に3度も報告・連絡・相談をしてこられたら先輩や上司はどう思うでしょうか。

先輩や上司は新卒社員よりもはるかに多くの仕事を抱えています。

教師でもないのに新卒社員につきっきりなんて無理な話です。

自分の仕事が全てストップしてしまいます。

ホウレンソウの頻度を考えていないから「言うことがコロコロ変わる」なんて思ってしまうのです。

もっと意識して、迷惑をかけていないか、自分の振る舞いが適切かを見直しましょう。

ミーティングや会議の回数

ダメな会社にありがちな、一週間のほぼ全部が会議というやつです。

会議の頻度について考える人がいないからこのような無駄な会議設定がなされます。

そもそも、日本では何故か定例報告会が定着している上、全部署合同なんてこともあって2時間も拘束されることがあります。

これってかなり無駄です。

企業といえども、そんなに毎週みっちり報告することなんてほぼありません。

やったとしても10分で終わるようなものも多いです。

そんなものは定例報告シートを社内ネットワークで共有しておけば済む話ですよね。

各会議が定例化してしまっていたとしても、全体としてその頻度が適切であるかを検討する必要があります。

内容がほぼ被っている会議や、事前配布された書類を読み上げるだけの会議などなくしてしまいましょう。

大切なのは会議の内容、活発な意見交換であってただ集まる回数が多いことではありません。

経験の積み重ね

メールを一本送ることも経験です。

返信された内容や相手のテンションによって自分の文章がどのように理解されたか、どんな印象を与えたかを知ることができるからです。

似たような文章を送っても人によってとらえ方が違うこともわかるでしょう。

このように仕事上では小さなことでも経験を積み重ねる頻度が大切です。

華やかなことばかり追い求めて常に場当たり的な仕事が多いよりも、似たようなことを繰り返しながら自分のスキルとして着実に身に着けることが大きな成功につながります。

一方、同じことだけをする頻度が高すぎるのもよくありません。

応用が効かない社会人になってしまうからです。

同じことの繰り返しと応用力が試される新しいことをする頻度のバランスをとって、質の高い経験を積み重ねていきましょう。

失敗も頻度が低ければ反省したり改善点を見つけることで良い経験となります。

休憩の回数

トイレ休憩や煙草休憩は人によりますが、その頻度が高いと周りから怪訝な目で見られるようになります。

トイレ休憩などは体調や病気にもよりますが、その場合は事前に周囲や上司に伝えておかなければなりません。

何の連絡もなく数十分~1時間に一度はトイレに行くようだと頻度が高すぎるのでサボりとみなされてしまいます。

また、煙草休憩は喫煙者なら行かないとイライラしてしまうので仕方ないのですが、頻度が高いとサボり以外の何物でもありません。

ヘビースモーカーであってもそれが良しとされるのはよほど優秀な人か、頭で考える仕事の人だけです。

デスクの整理整頓

デスクは整理整頓されている方が仕事もはかどります。

定期的に不要な書類をシュレッダーにかけたり散らかった小物を定位置に戻すなど整理整頓をしましょう。

こちらについても頻度が大切です。

一日のうちに何回も整理しているとサボりに見えたり神経質に見えたりもします。

一日の終わりに片づけて帰る、一ヶ月に一度たまっている書類や資料を見直して廃棄とファイル、データで持っておくものを仕分けするなど習慣化してみましょう。

忘れがちなのはPCのデスクトップの整理です。

よく使う場所のショートカットなどが乱立している人は、終わったプロジェクトを消したり、終了案件を一括フォルダに整理するなど使い勝手の良いように定期的に整理するのがおすすめです。

使う書類

よく使う書類はデスクに置きっぱなしになっていたりするものですが、よく使う書類こそ整理しておきましょう。

また、記載されているデータが更新されている頻度を確認し、適切な状態に保つことも重要です。

そして、なぜその書類が使われる頻度が高いのかという原点に立ち返って、本当に今の書類が最適解なのかを見直すことができればよりスムーズな仕事ができるようになります。

️恋愛での頻度

好きな人により好かれるようになるには、さまざまなことの頻度に気を付ける必要があります。

何事も、多すぎても鬱陶しいし、少なすぎても希薄な感じなので、バランスが大切です。

恋愛においてはとくに、相手の性格によって頻度を見極めることが大切です。

相手の反応を見ながら適切な頻度を見つけましょう。

頻度を気を付けるべき具体的な項目については下記の通りです。

LINEのやりとり

中高生なら毎時間メッセージをもらっても嬉しかったりしますが、社会人なら迷惑極まりありません。

メッセージを連投されると、返信できるほど時間のないときにうっかりLINEを見てしまっただけで一斉に既読が付いてしまうので、受取手は不要な罪悪感を抱いてしまいます。

一方で、LINEでやりとりするのに慣れている現代人は、あまりに連絡が来ないとそれはそれで寂しくなるものです。

1日連絡が来ないだけでも寂しくなる人もいれば、一週間ずっと連絡が来ないと「あれ?」と思う人もいます。

このように、LINEの好ましいやりとりの頻度は人によって異なります。

一人が好き、常に構っていて欲しいなどの性格の違いから、働いている時間や忙しさなど状況による違いもあります。

自分の都合だけでLINEのメッセージを送りつけるのではなく、相手にとって都合の良いタイミングや頻度を心がけましょう。

【カップルの適切な連絡頻度は、こちらの記事もチェック!】

電話の多さ

LINEよりもはるかに、電話の頻度が高いと鬱陶しくて仕方ありません。

これは仕事についてもそうですが、何かにつけて電話してこられると一定時間拘束され、メールなどと違って都合のつくときに返信するなどもできないため、予定を壊されます。

いかに愛する恋人でも、常に予定を壊されるとストレスが溜まってしまい耐えられなくなります。

連絡ツールが手紙か電話しかなかった時代なら毎日電話することもありましたが、今はメールでもLINEでも連絡がつくのであえて電話をする必要はありません。

遠距離やあまり会えない二人が声を聞きたいということはありますが、それも毎日ではしんどいはずです。

互いにとって負担にならない頻度をよく考えましょう。

デートの回数

同棲している二人なら毎日がおうちデートみたいなものですが、それだってたまには一人で過ごしたいことがあります。

外出デートなら尚更毎日は辛いです。

時間的にも金銭的にも余裕がなくなってしまいます。

とあるアンケート結果によると、男女ともにデートの理想回数は週に1回を好む人が最も多く、次いで月に2~3回となっています。

付き合いの長いカップルほど頻度が低いというのも特徴です。

デートの頻度もLINEや電話と同じように人によって適切な回数が異なりますが、勤める会社も生活のペースも違う社会人なら週に何度もデートするのは無理です。

どちらかが忙しくないと、恋人のことを考える時間が多くなるため会いたくなりますが、相手も同じ感覚でいるとは限りません。

また気まぐれに当日デートに誘う頻度が高いと断ることの方が多くなってしまい関係がぎくしゃくするのでやめましょう。

会う間隔

デートとまで行かなくてもお互いの家を行き来するなど、ただ会うだけでもその間隔、頻度を検討する必要があります。

会いたいと思う側は幸せになれるかもしれませんが、そんなに会いたいとは思っていなかった側からすると、粘着質な感じがしたり、寂しい思いをさせていたのかもしれないと自己嫌悪に陥ったりします。

かといって、相手が会いたいと言っているのに1ヶ月も放置するようだと振られてしまうかもしれません。

一年の内でお互い忙しいときは合う頻度を引くくし、人恋しくなる季節や長期休暇などは頻度を高くするなどして二人にとって適切な間隔にしていきましょう。

【会う頻度については、こちらの記事もチェック!】

奢り奢られの関係

食事などデートで奢ってあげる頻度が高い側は金銭的にキツくなってくるので、もっとデートをしたいなと思っても断ることが増えてきてしまいます。

一方奢られる側も、本当は申し訳ないと感じてしまうので割り勘にしようと言いたいのに、相手の好意を無碍にもできず悩んでいるということがあります。

奢り奢られの関係が定着化していると、どちらも言い出しづらく、デートが楽しくなくなることでしょう。

そうなる前に、奢り奢られの頻度も互いの負担にならないように調整することが大切です。

頻度は二人の収入差や、男の人が抱きがちな漢気ともいえる見栄の部分を考慮します。

一度食事を奢ってもらったら次はもう一方が奢る、給料日の違いで決めるなど色々と方法があります。

漢気に溢れすぎている相手なら、「私の金遣いが荒くなっちゃうから甘やかしちゃダメ!」とか「私の誕生日にすっごい期待してるから今は貯めといて」など上手い言葉を使って頻度を調整してみましょう。

️身の回りの頻度

身の回りのことはなんとなく済ませていることが多いのであまり頻度を気にしないかもしれませんが、意識しないと後々大変なことになる場合があります。

家事や身体のこと、人間関係に至るまで、日常の細かな頻度について詳しく見ていきましょう。

洗濯の回数

洗濯は週に何回くらいするでしょうか。

毎日洗濯できる人もいれば、一人暮らしで帰ってくるのが遅いと近所迷惑も考えて週末の昼に一気に洗濯するしかないという人もいますよね。

洗濯の頻度はこのような生活リズムでも人によってわかれますが、衣類によっては頻度を考えないといけないものがあります。

まず、衣服の寿命という観点から見てみましょう。

セーターやニットは洗いすぎると縮んだり風合いが固く変わったり、変な方向に伸びてしまったりします。

かといって、シーズンが変わる時に洗うのでは皮脂汚れなどでやっぱり固くなったり変色することもあるのです。

使用頻度にもよりますが、月に1回程度は洗った方がいいでしょう。

逆に、洗濯の頻度が高くなくてもいいと勘違いしがちなのがパジャマです。

パジャマは毎日変えなければなりません。

なぜなら、いくらお風呂に入った後に着るからといっても、寝ているときは想像以上に汗をかいています。

それを吸収したパジャマを次の日も着ると、放っておいた間に繁殖した雑菌によってニキビの原因になったり、大腸菌の感染を引き起こすことがあります。

同様に、ベッドのシーツもマメに洗わなければなりません。

先ほどのパジャマと同じ理由もありますが、さらにダニやカビを繁殖させる原因になってしまうことが大きいです。

人の汗や皮脂はダニやカビの大好物なので、放っておくとベッドや布団が寝心地の悪いものになってしまいます。

週に1度は洗うのが理想的です。

このように、物によって選択の頻度を考えないとせっかくの洋服の寿命を縮めたり、身体への悪影響で不快な思いをすることにつながります。

部屋の掃除

部屋の掃除は場所によって頻度を考えなければなりません。

場所ごとに汚れる原因が異なるためです。

それでは、部屋の各場所について適切な頻度を確認してみましょう。

まずはリビングです。

一人暮らしの場合はワンルームの人も多いと思いますが、食事やくつろいだりするスペースと考えてください。

リビングにはテレビなど配線周りがあったり、テーブルや棚といった大型家具があります。

これらの隙間に埃がたまるので、週に一度は掃除機で吸い取らないと咳や鼻炎を引き起こしてしまいます。

四半期に一度くらいは埃を生み出す原因となる壁にも掃除機をかけましょう。

フローリングの場合は足裏の汗などでべたつくので数週間に1度くらいは水拭きと乾拭きをした方がいいです。

次に寝室ですが、洗えないマットや敷布団には週に1度は掃除機をかけるようにしましょう。

目には見えませんが、ダニやダニの糞・死骸、埃などがたまっているので肌が痒くなったり呼吸器に影響してしまいます。

エアコンがある場合はフィルターも月に1度は掃除するのをおすすめします。

シーズンが終わるときにはエアコン用のスプレーで洗浄するのも大事です。

キッチンは高頻度での掃除が求められます。

コンロ周りは油汚れを放置するとがっちり固まってしまって、年末の大掃除でなんとかできるレベルではなくなります。

使うたびにこまめに拭き取りましょう。

シンクも使うたびに綺麗に流し、排水溝や三角コーナーも洗い物が終わった流れで片づけます。

とくにネギ・玉ねぎを放置しておくとゴキブリをおびき寄せてしまいます。

週末は洗剤をつかってキッチンを洗い上げるのも大切です。

お風呂やトイレといった汚れのたまりやすい水場は、できれば毎日掃除するべきですが、最低でも3日1回は掃除しないと雑菌やカビが繁殖し、自力で対処できなくなるので注意です。

他にもさまざま掃除の頻度を考えるべき所はありますが、掃除すべき理由とともに確認してみましょう。

断捨離

断捨離はガラクタ・不要なものを手放して、いらないものを入手しないようにしながら、ゆくゆくは物への執着から離れることを意味しています。

断捨離はただ物を捨てて身の回りをすっきりさせること以上に、気持ちのリセットなどの効果もあるので、自分にあった頻度で定期的にしていくのがおすすめです。

捨てる頻度があまりに高すぎると家の物がなくなってしまいますが、収納スペースから物がはみ出してくる、そろそろはみ出しそう、というタイミングで取り組めば新に必要なものができても置き場所に困ったりしません。

通販の荷物

これは物流の観点から購入頻度を検討し直して欲しい社会問題です。

ネット通販システムの発展、多種多様な企業の台頭によってネット通販市場の規模はどんどん拡大しています。

一方で、受取者不在による再配達の激増、細かな荷物の配達数の増加で運送を担う人員不足に陥っています。

思った時にポチッと買えるのがネット通販の利点ではありますが、購入しようとしたときに配達予定日を確認し、受け取れそうかどうか確認しましょう。

配達する側からすれば、細かい買い物の頻度が高い上に不在率も高いとなると正直シンドイお客さんです。

そして、欲しいときに小まめに注文されることによって、必要となるダンボールの数も激増しています。

通販大国となった中国ではダンボール不足が問題となっていますが、対岸の火事ではありません。

このままでは日本もそうなります。

配達料金が値上げされるようになったのは、消費する側が頻度も考えずに細かく買い物をするからです。

結局は消費者である自分に金銭な負担をかけることになるので、或る程度欲しいものが溜まったら一括購入して荷物を分けないようにするなど頻度を考えましょう。

家族との会話

一人暮らしをしていて親や兄弟と離れていると、ついつい連絡をしないまま数か月、場合によっては何年も綠に連絡をとっていないということがあります。

家族といっても人間関係がさまざまですから一概には言えませんが、「また今度話せばいいか」が何度も続いているうちに、後悔することにならないようじっくり考えてみてください。

「親孝行したいときには親はなし」ということわざがあるほど、先延ばしにした「また今度」はもう訪れないことだってあるのです。

たとえ家族と一緒に暮らしていても、あるいは自分で築いた家族があったとしても、会話が十分な頻度でできているかはしっかり向き合って見直してみる必要があります。

自分が知らない内に生涯のパートナーや子供が大きな悩みを抱えているかもしれません。

家族なのに知らないまま、気づいたときには事が大きくなってしまっていては、お互い悲しい思いをします。

耳かき

耳かきを毎日するものだと思っていませんか。

実はこれ、間違いなんです。

耳かきは気持ちが良いので好きな人も多く、ついつい綿棒や耳かき棒をいじくって毎日してしまいがちですが、耳を傷つけている恐れがあります。

耳垢は古くなった皮膚や埃、分泌液などからできていますが、耳にはもともと自浄作用といって、自然と耳垢を出すようにできているので掃除をする必要がないとする医師もいます。

ただし、やはり適度な耳掃除はした方が良いともされているので頻度を考えながら行いましょう。

耳かきの頻度について調べると、2週間に1回程度が理想とされているようです。

多くても週に1度程度です。

中に水が溜まりやすく気持ちが悪い場合は、耳かきというより綿棒を優しく入れて水分を吸収させるくらいにしましょう。

服やアクセサリーのお手入れ

クリーニングに出す以外洗えないコートなどは定期的にブラッシングしたり消臭剤などでケアしましょう。

ブラッシングの頻度は着たら都度が理想とされています。

首回りなどは皮脂汚れが染みてしまうこともあるので拭き取りなどもした方がいいです。

アクセサリーについてもお手入れの頻度を守らないとお気に入りのものをすぐにダメにしてしまいます。

アクセサリーは肌に触れる部分が多いので、皮脂が付着しがちでくすみの原因になります。

取り外したら毎回柔らかい布で拭き取るようにしましょう。

シルバーアクセサリーは空気中や身体から出るものの中に含まれる硫黄分と反応して硫化し、黒くなってしまうことがあります。

シルバーアクセサリー専用の液体や布でケアしたり、重曹などで磨くようにしましょう。

ただし、こちらもやりすぎは注意です。

硫化していない部分まで削ってしまうことになります。

美容院やエステ通い

美容院はショートカットならマメに、ロングならそれほど、と人によって頻度が大きく異なります。

注意すべきは毛染めの頻度です。

頭皮や髪質のことを考えるなら2ヶ月以上は空けることがおすすめですが、カラーを保ちたいなら1ヶ月に1度くらいになります。

若い内は髪色をどんどん変えたくなる気持ちもわかりますが、長い目で見ると将来の髪のボリュームをうしなったり、痒みなどのトラブルを引き起こすことも考えられるのでほどほどにしておきましょう。

エステについては主に肌周りで頻度を考えることが大切になってきます。

通いのエステがあればスタッフが考えてくれるので問題ありませんが、あちこち試している人は要注意です。

肌にはターンオーバーというものがあり、これは顔の中でも部位によって違いがあります。

おおよそ28日程度といわれていますが、唇はかなり早い5~7日程度です。

このターンオーバーの周期に合わせて部位ごとにケアするのが理想なのでエステもその頻度にするのがおすすめです。

また、このターンオーバーの周期が狂って早くなっている状態だと、角質層が薄くなり肌トラブルにもなるので乱れているならエステで周期を取り戻すのも良いです。

古い角質を削ぐことで人気のピーリングも同様に、エステの場所をコロコロ変えている人は別のエステ店での施術記録がないため肌を削りすぎてしまう恐れがあります。

皮膚トラブル関係は自己判断すると危険なので、悩みがあるならまず皮膚科に行って自分の肌をきちんと分析してもらってからエステ内容や頻度を決めるのが一番いい方法です。

️頻度って意外と大切なもの

頻度の意味から、仕事、恋愛、身の回りに至るまでさまざまな場面で頻度が必要になることを見てきました。

あらゆることの頻度を意識するのとしないのとでは、物事の効率や、本当に大切なものを大切にできているかの違いが出てきます。

前半でお伝えした通り、繰り返されることだからこそ、無意識にするのではなくしっかり向き合ってみましょう。

自分にとって適切な頻度を見つけ、今までの生活をより楽しく、より幸せに過ごしてくださいね。