なぜ羨ましくなってしまうのか

人はなぜ羨ましく思ってしまうのでしょうか?

隣の芝生が青く見えるなんて聞いたことありませんか?

いわゆる、ないものねだりなんですよね羨ましいというのは。

結局今欲しいものが手に入ったとしてもそれだけでは満足できなくてさらに欲しいものができてしまう。

その欲しいものを持っている人を羨ましく思ってしまうんです。

しかし、羨ましいと思うことはいけない事なのでしょうか?

子供の頃には我慢しなさいやそんなことを思ってはいけませんなどと言われた人もいると思います。

この羨ましいという感情は実は…とっても大切な感情だったんです!

羨ましい気持ちがあるから、羨ましく思ってそれを手に入れたいと思うから人は努力をするんです。

手に入れる方法を考えて模索する。

人として成長していけるんですね。

では、羨ましいという気持ちはどのようにして生まれてしまうのでしょうか?

他人と比較してしまう

人は必ず自分と他人とを比較してしまいます。

比較する事で自分が相手よりもどこかで上でありたいと思ってしまいます。

自分よりも優れているところや欲しいものを持っていたりすると羨ましく思ってしまいます。

手に入れたいと思ってしまいます。

どんな人とも自分とで比較をしてしまうのが私達人間なんです。

明らかに自分より数段優れていたり手に入れる事が難しいものを持っている人には羨ましいという感情ではなく尊敬の念を抱くことになります。

尊敬と羨ましいという感情は紙一重なんですね。

相手の立場や地位、持っているものなどによって羨ましく思ってしまうんですね。

羨ましいという気持ちはそれを手に入れるために自分を成長させることも出来ますが、その逆もあります。

自分の成長は考えないで「相手を蹴落としてやろう」「こっそり盗ってしまおう」なんて考えも生まれてしまいます。

あなたは羨ましいと思った時にはどう思いますか?
手に入れるために自分を成長させて努力をしますか?それとも…

自分がもっていないものを相手が持っている

相手と比較する事で羨ましい感情がうまれる事が分かりましたよね。

その感情がうまれる理由の多くは自分が持っていないものを相手が持っている時なんです。

自分も欲しくなってしまうんですね。

この感情は人間だれしもが持っている感情でこのあとの気持ちや行動であなたが人間として成長しているのか本能のままに行動する動物なのかが問われてしまいます。

動物のように本能のまま行動してしまう人は自分が持っていないものを持っている人から盗ろうと考えるんです。

自分の力ではなく他人が手に入れた物を簡単に盗ってしまうんです。

ただ、欲しいからという理由で…しかも厄介なことに自分の力で手に入れてはいないのに自分の力で手に入れたと勘違いしてしまうんですよねこういう人は。

あなたはどうですか?動物のように本能に任せて行動をしていませんか?

欲しいと思った物を手に入れる方法として相手から貰おうなどと思っていませんか?

手放すように仕向けていませんか?

自分で努力をして手に入れる事が出来ればその分あなたは成長できるんですよ。

自分ができないことを相手ができる

自分ができないことを相手ができると羨ましいと思ってしまいます。

その時にどう行動をとるのかで今後のあなたの成長や未来すら変わってしまうことがありますよ。

未来が変わるって大袈裟なのではと思いますよね。

例えば、スポーツなどで自分にはできないことを相手ができた場合あなたはどの様な行動をとりますか?

あんなにできてすごいな、羨ましいなと思うだけですか?

それとも、あの人ばかりできてずるいな蹴落としてやろうと意地悪をしますか?

自分もあんな風にできるようになりたいなと努力をしますか?

私には無理なことだから本当に凄いなって羨ましさを超えた尊敬の感情を抱きますか?

どの行動をとるのかであなたの未来が変わってきますよね。

あんな風にできるようになりたいできらた追い越して自分の方が羨ましく思われたいってプロの世界に入っていくことになるかもしれません。

羨ましいと思った時の感情や行動でこんなにも差ができるんです。

あなたは羨ましいと思った時にどんな行動をしようと思いますか?

羨ましいなと思った時に思い出してみて下さい。

選択肢が沢山あるということを!

羨ましいと思ってしまった時の9個の心の整え方を紹介!

羨ましく思うことは必ずあります。

その時の行動であなたの今後が大きく変わることもあります。

今回は羨ましいと思った際の心の整え方を9個ご紹介!

今迄のあなたと照らし合わせてみて頂けたらなと思います。

1.自分を成長させるチャンスだととらえる

羨ましいと思った時は自分を成長させるチャンスなんです!

羨ましいとただ思って「いいな」ってだけではもったいないですよ。

せっかく自分を成長させることができるチャンスなのに。

成長できるチャンスってどういうことかというと、羨ましく思ったものを手に入れるために努力をすることができるんです。

努力することなんて別にいつでもできるよねって思った人、実は羨ましいと思っていることが成長しやすい条件になっているんです。

成長しやすい条件?

成長する為には何が必要だとおもいますか?自分を成長させるためには目標が必要なんです。

目標が無くてあてもなく努力をしても続かなくてやめてしまいますよね。

羨ましく思った欲しいものを手に入れるために努力をする。

目標のある努力はその目標の為に何をすれば良いのか、何が必要なのかが明確に分かります。

この成長しやすい条件を満たす事ができるんです。

羨ましいと思う感情がうまれた時には自分を成長させるチャンスなんだと思って手に入れるという目標に向かって努力をしてみてはいかがですか?

いつの間にかまわりからあなたのことを羨ましく思う人が多くなっていることに気付きますよ。

自分磨きにチャレンジしよう

自分磨きにチャレンジするという方法もあります。

成長させるチャンスとはどう違うの?

成長ということと似てはいますが羨ましく思ったものを手に入れるために努力をする事とは違う方法なんです。

自分磨きとは羨ましいと思う感情を羨ましいとは思わない様になるために自分を磨くことです。

他人の物を欲しいと思わないで自分で自分の欲しいものを見つけるなども自分磨きの方法ですね。

自分自身を磨くことで他の人から羨ましがられることも良いですね。

羨ましがられる事で他人を羨ましく思わなくなります。

羨ましく思うのか羨ましく思われるのか少しの違いですが実は大きく違ったんです。

自分を磨いてまわりの人から羨ましがられる存在になりましょう。

2.何に羨ましく感じているのか整理する

羨ましく思った時にはいったい何に羨ましさを感じたのか確かめてみることが必要です。

何となく羨ましいなって思う事もあると思いますが羨ましく思うということには必ず理由があります。

あなたは一体何を羨ましく思ったのでしょうか?

持ち物を羨ましく思ったのでしょうか?

何かができることが羨ましく思ったのでしょうか?

人気があるから羨ましく思ったのでしょうか?

羨ましく思うのには必ず理由があります。

一度冷静になって何が羨ましかったのか考えてみて下さい。

改めて考えるともしかしたら羨ましくはなくなっているかもしれません。

すでにあなたは持っているものなのかもしれません。

できていたことなのかもしれませんし人気もあなたの方が上かもしれませんよ。

よく考えたら何だそんなことを羨ましく思っていたの?って思うような事かもしれませんね。

何を求めているかわかれば次の行動が変わる

冷静になって何が羨ましかったのか考えて羨ましく思えていたことが分かればおのずと次にとる行動が分かりますよね。

何も考えないで羨ましいなって思っているだけと、なんで羨ましいのかなと考えたあととでは次にとる行動が変わりますよね。

実はこの考えるひと手間があるのとないのとでは大違いだったんです。

何をしたら良いのかが分かれば今やらなければならないことが分かってすぐに行動にうつすことができます。

行動にすることが出来たら結果がでます。

そうすることで自分を成長させることができます。

3.自分を受け入れる

今の自分を受け入れることができたら羨ましさは和らぎます。

羨ましく思った時になぜ自分は羨ましく思ったのか考えますよね。

その時、羨ましく思ってはダメとは考えずに羨ましく思っても良いと自分に言い聞かせて下さい。

ただ、この時に私は持ってないからだめなんだ…や私にはどうせできないことだし…なんて考えは絶対にしないで下さい。

そして自分にも羨ましく思われることは無いのか考えて下さい。

羨ましいという気持ちはよく、嫉妬心などの妬みと混同されてしまいますが羨ましいというのは羨望(せんぼう)のことです。

嫉妬心とは悔しいという気持ちからうまれる感情です。

羨ましい感情を嫉妬に変えないようにして下さい。

あの人だけズルイなんて思ってしまうと羨ましい感情から妬みの感情の嫉妬心に変わってしまいます。

そうならないためにも今の自分の気持ちを受け入れることです。

中には羨ましい気持ちなどを無くすために「他人と比較しないことです」という方法がありますが、この方法は絶対にしないで下さい。

一時的には羨ましい気持ちを抑える事は確かにできますが、継続していくと自分の気持ちを抑え込むこととなってしまいます。

ストレスがどんどん溜まっていってしまいます。

いつしか溜まったストレスが爆発してしまいます。

感情がある私達人間は必ず自分と他人を比べてしまう生き物です。

正常な行動です。

逆に人と比べる事をしなくなってしまいますと向上心なども無くなってしまい自分自身を成長させることが出来なくなってしまいます。

他人と比べた時に羨ましいと思うことには、実は…必ずある気持ちがあったんです!

それは、自分が欲しかったものを持っていた時や自分がしたかった事ができる人にあった時、

自分が本当はしたかったけど諦めてしまったことをやってのけた人などに対して羨ましいと思っていたんです。

羨ましいと思うことは自分がしたかったことや欲しかったものなんです。

ということは羨ましく思っていたことは相手が羨ましいのではなかったんです。

あなたが欲しかったけど諦めてしまったもの、したかったけどできなかったこと、諦めてしまったことだったんです。

ということは、諦めてしまった理由が分かれば対処方法は分かりますよね。

欲しかったあの時は諦めてしまったけど今のあなたなら手に入れられるかもしれませんよ。

自分の気持ちを受け入れて素直な気持ちで考えることが出来れば次の行動が分かりますね。

自分のいいところを見直す


相手を羨ましく思ったものなどを羨ましく思っているだけではダメです。

自分にも何かいいところが必ずあるはずです。

羨ましいと思った時は自分のいいところを見直す良い機会です。

いままで自分でも気付かなかったいいところに気付くことができますよ。

今のあなたは実はとっても幸せなのかもしれませんよ。

あなたのことを羨ましく思っている人は沢山います。

ただ、あなたが自分自身の魅力に気付いていないだけなんです。