CoCoSiA(ココシア)

羨ましいと思ってしまった時の9個の心の整え方

なぜ羨ましくなってしまうのか

人はなぜ羨ましく思ってしまうのでしょうか?

隣の芝生が青く見えるなんて聞いたことありませんか?

いわゆる、ないものねだりなんですよね羨ましいというのは。

結局今欲しいものが手に入ったとしてもそれだけでは満足できなくてさらに欲しいものができてしまう。

その欲しいものを持っている人を羨ましく思ってしまうんです。

しかし、羨ましいと思うことはいけない事なのでしょうか?

子供の頃には我慢しなさいやそんなことを思ってはいけませんなどと言われた人もいると思います。

この羨ましいという感情は実は…とっても大切な感情だったんです!

羨ましい気持ちがあるから、羨ましく思ってそれを手に入れたいと思うから人は努力をするんです。

手に入れる方法を考えて模索する。

人として成長していけるんですね。

では、羨ましいという気持ちはどのようにして生まれてしまうのでしょうか?

他人と比較してしまう

人は必ず自分と他人とを比較してしまいます。

比較する事で自分が相手よりもどこかで上でありたいと思ってしまいます。

自分よりも優れているところや欲しいものを持っていたりすると羨ましく思ってしまいます。

手に入れたいと思ってしまいます。

どんな人とも自分とで比較をしてしまうのが私達人間なんです。

明らかに自分より数段優れていたり手に入れる事が難しいものを持っている人には羨ましいという感情ではなく尊敬の念を抱くことになります。

尊敬と羨ましいという感情は紙一重なんですね。

相手の立場や地位、持っているものなどによって羨ましく思ってしまうんですね。

羨ましいという気持ちはそれを手に入れるために自分を成長させることも出来ますが、その逆もあります。

自分の成長は考えないで「相手を蹴落としてやろう」「こっそり盗ってしまおう」なんて考えも生まれてしまいます。

あなたは羨ましいと思った時にはどう思いますか?

手に入れるために自分を成長させて努力をしますか?それとも…

自分がもっていないものを相手が持っている

相手と比較する事で羨ましい感情がうまれる事が分かりましたよね。

その感情がうまれる理由の多くは自分が持っていないものを相手が持っている時なんです。

自分も欲しくなってしまうんですね。

この感情は人間だれしもが持っている感情でこのあとの気持ちや行動であなたが人間として成長しているのか本能のままに行動する動物なのかが問われてしまいます。

動物のように本能のまま行動してしまう人は自分が持っていないものを持っている人から盗ろうと考えるんです。

自分の力ではなく他人が手に入れた物を簡単に盗ってしまうんです。

ただ、欲しいからという理由で…しかも厄介なことに自分の力で手に入れてはいないのに自分の力で手に入れたと勘違いしてしまうんですよねこういう人は。

あなたはどうですか?動物のように本能に任せて行動をしていませんか?

欲しいと思った物を手に入れる方法として相手から貰おうなどと思っていませんか?

手放すように仕向けていませんか?

自分で努力をして手に入れる事が出来ればその分あなたは成長できるんですよ。

自分ができないことを相手ができる

自分ができないことを相手ができると羨ましいと思ってしまいます。

その時にどう行動をとるのかで今後のあなたの成長や未来すら変わってしまうことがありますよ。

未来が変わるって大袈裟なのではと思いますよね。

例えば、スポーツなどで自分にはできないことを相手ができた場合あなたはどの様な行動をとりますか?

あんなにできてすごいな、羨ましいなと思うだけですか?

それとも、あの人ばかりできてずるいな蹴落としてやろうと意地悪をしますか?

自分もあんな風にできるようになりたいなと努力をしますか?

私には無理なことだから本当に凄いなって羨ましさを超えた尊敬の感情を抱きますか?

どの行動をとるのかであなたの未来が変わってきますよね。

あんな風にできるようになりたいできらた追い越して自分の方が羨ましく思われたいってプロの世界に入っていくことになるかもしれません。