好きになる気持ちって、とてもピュアで、大切にしたい気持ちですよね。

でも、好きになる相手によっては、その気持ちを押えなければならない時もあるのです。

その相手とは、たとえば学校の先生。

また、友達の彼氏などです。

今この記事を読んでいるあなたは、もしかしたら、そんな好きになってはいけない人を好きになりそうで、戸惑っているのかもしれませんね。

……人を好きになる気持ちは自由だし、その気持ちは、自制しようとしても勝手に沸き出てきてしまうものです。

好きになってはいけないと言われても、どうしようもない気持ちってありますよね。

でも、それでもダメなものはダメなのです。

叶わない思いがあることを、覚えなくてはなりません。

本当は自分でも、頭では分かっているのではないでしょうか?好きになってもいい人と、好きになってはいけない人がいることを……。

だからこそ、気持ちが向いてしまいそうな自分に戸惑い、苦しんでいるんですよね?

今回は、そんなあなたのために!“好きになってはいけない人を好きになる”とはどういうことなのか。

あらゆる角度から解説しようと思います。

好きになっちゃいけない人を好きになりそうなあなたへ

自分の好きっていう気持ちに気付いてしまうと、盲目になって歯止めが効かなくなってしまうものです。

好きという気持ちは、とても大切な気持ちだけど……相手が好きになっちゃいけない人なら、その恋はきっと、苦しい恋になってしまいます。

そして、苦しむのは自分だけとは限りません。

時に多くの人を巻き込み、傷つけてしまうこともあるのです。

自分の好きという気持ちだけを優先して、人を傷つけていいのでしょうか?

そうではありませんよね?

それにあなただって、そんなことは望んでいないはずです。

もちろん、好きになってはいけない人でも、好きになるのは自由です。

でも、その思いを“完璧に自分の中に閉まっておくことが出来るなら”です。

それって、とても難しいことですよね?

いつかは絶対に、自分の思いを伝えたい!分かって欲しい!という抑えられない欲求が出てきてしまいます。

ですから、好きになっちゃいけない人を好きになりそうな自分に気付いたのなら、そこで歯止めをかけるべき。

自分の気持ちをコントロールしなければなりません。

そもそも、ある程度自分の気持ちをコントロール出来る人なら、好きになっちゃいけない人を好きにならないよう、常に意識しているのです。

絶対に恋のフィルターを通してその人を見ないようにし、好きという気持ちすら沸かないようにするのです。

好きになっちゃいけない人を好きになってしまいそうなあなたは、ちょっと認識が甘かったのかもしれません。

でも、それも人生の勉強です。

ここで学び、気持ちを抑えることが出来れば、きっとその恋も良い経験となるでしょう。

自ら危ない橋を渡るのはやめよう

好きになっちゃいけない人を、好きになってしまいそうなあなたには、まず、気持ちを抑えるためのアドバイスを贈りたいと思います。

先ほどもお話した通り、好きになってはいけない人を好きになり、その気持ちを貫こうとすると、誰かを傷つける可能性があります。

誰かを傷つけた上には、自分の幸せを築くことは出来ません。

たとえ好きという思いは通じたとしても、罪悪感を背負うことになってしまいます。

中には、そんな危ない橋を、自ら渡る選択をする人もいます。

でもそれは、相当の覚悟が出来る人。

何が起きても、自分で全ての責任を負う覚悟が出来る人がやることです。

そうだとしても、「覚悟が出来るなら好きになってもいい」とはなりません。

好きになってはいけない人を好きになることは、理解されない、許されないことなのです。

ですから、自分の気持ちだけを優先して、安易な気持ちでその橋を渡ってはいけないのです。

それよりも、今見えていない多くのモノに気付くこと。

それが、あなたが今やるべきことです。

時間が無駄になる

好きになってはいけない人を好きになる…その恋は叶わない恋ですよね?

その時間、無駄になると思いませんか?

叶わない恋は、思い続けても叶わない恋です。

もちろん、思い続けるのは自由。

自分の心の中に秘めて、大切にしたい気持ちもあるでしょう。

でも、その好きという気持ちを持ち続けたまま、他の恋は出来ませんよね。

私たちは誰かを好きになり、その思いが叶ったり叶わなかったりして、大人になっていきます。

誰かを好きになる経験を繰り返して、成熟していくのです。

それなのに、好きになってはいけない人を好きでいたら、一歩も前に進めません。

好きという気持ちが果たされることも、叶わないこともないまま、時間だけが過ぎていってしまいます。

その時間で、どれだけの経験が出来るでしょう?

どれだけ、成熟することが出来るでしょう?

好きになってはいけない人を好きになる時間は、残念ながら無駄になってしまうのです。

精神の消耗が激しい

好きになってはいけない人を好きになるというのは、精神の消耗も激しいものです。

好きという思いを伝えることも出来ず、立ち止まったまま前に進めず…ただただ、自分の気持ちと葛藤し続ける日々。

それは、時間の無駄なだけではなく、精神的にもキツイ毎日になってしまいます。

さらに、自分の思いを果たしたいと行動したならば、多くの人とぶつかることになります。

批判を浴びせられたりもするかもしれません。

好きという思いを貫こうとすればするほど、周りには敵ばかり。

そんな状況にもなってしまいます。

その過程で、友人を失ったり、信頼を失ったりしてしまったら?

今後の人生に、大きな影響を及ぼすことになりますよね?

それは、好きな人への思いを遂げられないことよりも、大きなダメージになるはずです。

好きになってはいけない人を好きになるということは、そういうことなのです。

男は世の中にたくさんいる

世の中に男は沢山います!好きになってはいけない人を好きになるよりも、他の男性の存在に気付くべきです。

気になる人や好きな人が出来ると、どうしても、その人しか目に入らなくなってしまいがち。

そうなると、見るべきものが見えなくなってしまいます。

これって、あまり良い状態とは言えません。

ひとりの人しか見ていなかったら、最善の選択が出来ないからです。

あなたにとって、もっと良い男性がいるかもしれませんよ?

もっともっと、好きになる男性が、きっと他にもいるはずです。

好きになってはいけない人を好きになってしまうと、そんなことにも気づけなくなってしまうのです。

それに、一度好きになってしまうと、その相手の良い面しか見られなかったりもしますよね。

他の男性に目を向けることが無ければ、その人があなたにとって全てになります。

誰と比べることも無ければ、その相手の良し悪しも判断出来ません。

好きになってはいけない人は、好きになってはいけないんです。

そんな相手の良い面しか見ていなかったら?

……結局は叶わない恋で、自分も周囲の人も苦しめる恋です。

他の男性に目を向けずに、相手の良いところばかりを見る。

そんな安易な気持ちで、突き進んでいい恋ではありませんよね。

視野を広くしよう

好きになってはいけない人を、好きになりそうなあなたは、少し視野を広げてみましょう。

あなたの周りには、他にも男性がいるはずです。

それに、好きという気持ちよりも、大切なことってあるんです。

それは、友人だったり家族だったり、自分だったりします。

好きな人が出来ると、視野が狭くなりがちです。

自分を客観視出来なくなって、本当に大事なものが見えなくなることもあるのです。

好きという気持ちは、確かに自分の気持ち。

大切にしてあげたい気持ちです。

それでも、好きになってはいけない人が相手なら、その思いを大切にすることだけが、「自分を大切にする」ということにはなりません。

視野を広く持って、自分にとって本当に大切なものを、見失わないようにしましょう。

好きになってはいけない人の5個のパターン

好きになってはいけない人がいる。

これは、誰もが知っていることです。

だけど、好きになってはいけない人が気になりだしてしまうと、それを忘れようとしてしまったりもしますよね。

自分の都合のいいように解釈して、「思うだけならいいいでしょ?」「好きになってしまったんだから仕方ないよね?」と、無理やり納得させたくなるのです。

でもその考えこそが、危ない橋に一歩踏み出したということ。

そしてその橋は、踏み出してしまえば戻れなくなってしまう危険な橋です。

ここで今一度、好きになってはいけない人がどういう人なのか。

よく考えてみましょう。

そして、好きになってはいけない人を、好きになるということがどういうことなのか、しっかり理解を深めておきましょう。

1.学校の先生


学生時代に経験しがちなのが、学校の先生を好きになるということですね。

身近にいる大人の男性で、憧れの対象になりやすい人。

それが、学校の先生でしょう。

学生の時って、周りにいる男性と言えば同級生ばかり。

女子と比べると、どうしても精神年齢が低めで、いつまでも子供っぽさが抜けないのが、同世代の男子です。

そんな子供な男子に囲まれていると、先生が大人の男性として、魅力的に映ってしまうんですよね。

そうやって、学校の先生に憧れの気持ちを抱き、それがいつしか、好きという気持ちに変化してしまうことがあるのです。

でも、学校の先生は基本、好きになってはいけない人。

先生と生徒の恋は、許されない恋なのです。

憧れレベルで止めよう

学校の先生への気持ちは、憧れレベルで止めておきましょう。

それが賢明な選択です。

そもそも、学生時代はあまりにも、選択肢が少ないのです。

周囲にいるのは、同世代の男子か学校の先生。

両者を比べれば、学校の先生が魅力的に見えるのは当たり前の話です。

物知りで、落ち着いていて、優しくて、頼りになる……自分を見守り導いてくれる、大人の男性。

そんなところに憧れを抱いたりするんですよね?でも、よく考えてみて下さい。

それって、当たり前のことです。

だって、学校の先生なのですから。

ある意味、それが先生の仕事です。

もちろん、先生という職業にも人柄が表われます。

憧れを抱かれるような先生は、人柄も優れていることは言えるでしょうね。

仕事とはいえ、それだけが理由で生徒と向き合っているわけではないはずだし、元々の人柄や使命感があってこそ、女子生徒に憧れられる存在にもなるのでしょう。

しかしそれでも、それは先生としての立場で行っていることなのです。

それを理解しておかなければなりません。

先生には先生の立場があり、生徒は生徒の立場で、先生と接しなければならないのです。

そうやって、学校では先生と生徒の関係性が、成り立つものなのです。

先生にも多大な迷惑がかかってしまう

学校での、それぞれの立場と関係性。

それを飛び越えてしまったら、どうなるでしょう?

自分の気持ちだけを押し通したら、先生にも多大な迷惑がかかってしまいますよね。

たとえそれが、生徒側の一方的な気持ちだとしても、明るみに出れば学校では大問題。

先生の立場も悪くなってしまいます。

先生と生徒の間での恋愛感情は、それだけ許されないものなのです。

世間一般では、先生は先生として、生徒と接するものだと認識されています。

ですので、もし生徒に恋愛感情を抱かれたら、先生としての資質が問われてしまうのです。

「何か勘違いされるような行動があったんじゃないか?」「もしかしたら、先生のほうが生徒を恋愛対象として見ていたんじゃないか?」……生徒からの一方的な気持ちでも、責任を問われるのは先生です。

それに、先生に全くそんなつもりがなければ、単純に迷惑になってしまいます。

先生の立場で向き合っていただけなら、生徒の気持ちには応えることが出来ません。

それでも、年頃の女の子の気持ちを傷つけるわけにもいきませんから、対応に困ってしまうでしょう。

学校の先生は、好きになってはいけない人です。

恋愛対象になる人ではありません。

大人に憧れるのなら、まず自分が大人になるべきですよね。

自分の立場と相手の立場を考えられる……そんな大人の選択をしましょう。

2.友達の彼氏


友達の彼氏も、好きになってはいけない人です。

これも、学校の先生を好きになってしまうのと同様に、選択肢が少ない状況で起こりやすいことだと言えます。

友達の彼氏は、とても身近な存在なんですよね。

もちろん、好きになる人というのは、身近にいるものでもあります。

ですから、友達の彼氏は気になる存在の男性として、候補に挙がりやすいんですよね。

それに、友達から彼の話を沢山聞いたり、一緒に遊んだりもするので、友達の彼氏は身近な男性の中でも、人柄を良く知ることが出来る人になります。

そうしているうちに、気になる存在になり、好きになる……となってしまいやすいのです。

でもそれでは、視野が狭すぎます。

ほんの少し視野を広げるだけでも、男性は他にも沢山いることが分かるはずです。

何より、好きになってはいけない友達の彼氏を好きになると、どうなるか。

それを良く考える必要があります。