何かのタイミングで、誰かが「では、よしなに」と言っているのを耳にしたことはありますか?または、映画やテレビで耳にしたり、漫画や小説で目にしたりしたことのある人は多いでしょう。

言葉そのものは知っているものの、意味まではきちんと理解していないという人は実は少なくありません。

また、人によっては「高齢者しか使わない言葉」だと認識していることもあるでしょう。

そんな「よしなに」という言葉について、意味や使い方などをご紹介していきます。

よしなにとは?

「よしなに」という言葉は、日常では相手と別れる際に用いることが多いです。

「では、よしなに。」や「どうぞよしなに。」などと、柔らかい響きの言葉で挨拶している人の姿を見たことがあるという人もいるでしょう。

一方で、別れる際ではなく、顔を合わせた際に用いることも少なくはありません。

例えば時代劇で女性が挨拶する際に、「〇〇と申します。どうぞよしなに。」と言うシーンはよく見かけます。

また、伝統のある温泉旅館などに泊まると、女将が最初に「当館女将の〇〇と申します。どうぞよしなにお願い致します。」と挨拶をすることも珍しくはありません。

このように、日常会話の中では挨拶として用いられることが多いですが、ビジネスの場では少々違ってきます。

後述しますが、ビジネスの場における「よしなに」は、仕事の指示や何かを依頼する際に用いられることが多いのです。

そんな時と場合によって使い方がことなる「よしなに」という言葉には、どのような意味があるのでしょうか?

よしなにの意味とは?


「よしなに」は、本来「よしなにはからう」という言葉で使われることが多いです。

「よしなに」とは物事が上手く運ぶように相手にお願いするときに用いられる敬語であり、その意味は「うまいぐあいになるように」「よいように」とあります。

祈願というよりは、相手に対してちょっとしたお願いごとをするような感覚で用いられることが多いです。

とはいえ、使っている人はいちいち「お願いしたい」という気持ちを持って言っているわけではなく、挨拶として「どうぞよしなに」と口にすることが多いです。

また、「よしなに」は大和言葉といって、最も古い日本独自の言葉です。

語源は日本神話からきていて、邇邇芸命(ニニギノミコト)の妃である木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)が三つ子を産んだ際に、信濃の県守4人がお祝いに駆け付けました。

そこで県守たちに子どものへその緒を分けることになりましたが、4人の県守に対してへその緒は3つしかありません。

そこで喧嘩にならないように、県守たちに良いようにはからう指示を出したとされています。

それが「4人の信濃=よしなに」の語源とされています。

「よしなに」の言葉は古語ですので、現代ではそれほど使われていないのも仕方がないでしょう。

高齢者で使う人が多いのは、昔よく使っていた名残があるのかもしれませんね。

よろしく

出会いがしらの挨拶や、何かお願いごとをする際に用いる「よしなに」は、「よろしく」の意味として用いられることが多いです。

例えば旅館で女将に「〇〇と申します。どうぞよしなに。」と言われたら、それは自己紹介と共に「よろしく」の挨拶をされたことになります。

また、仕事の打ち合わせなどが終わって解散する際に、「では、よしなにね」と上司に言われたら、それも「よろしくね」という意味であることが多いです。

「よろしく」という言葉には、「よろしくね」「よろしくお願いします」「よろしくお願い致します」などたくさんの言い方がありますが、「よしなに」の一言でまとめることが出来るのは便利ですよね。

また、「よしなに」は大和言葉特有の、柔らかく言葉の意味を包んである言い方です。

そのため聞こえも耳に心地よく、言われた方が不快な気持ちになることもないため、安心して言葉を発することができます。

もしあなたが初対面の人に「よしなに」と言われることがあれば、それは「どうぞよろしく」という意味ですので、同じように返すと和やかな雰囲気になりやすいかもしれませんね。

いい具合になるように


「よしなに」には、「いいぐあいになるように」との意味も込められています。

「いいぐあい」というのは、言われた人にとって都合がよく、ちょうどいいようなぐあいになるようにということですので、相手が上手くいくようにという気持ちが込められています。

そのため、これから仕事や勉強を頑張るという人や、何かにやる気になっている人に対して用いられることが多いです。

普段使いとしても用いられることが多いですが、こちらの意味はビジネスの場でも時々用いられます。

例えば上司から仕事の指示を出された際に、「よしなに頼むぞ」と言われることがあります。

これは、「いいぐあいになるように仕事をしてくれ」という意味ですが、ビジネスの場においては具体的な指示ではなく、曖昧な表現になりますので、言われて困ってしまう人もいるでしょう。

上司の言う「よしなに」は、こちらの都合のいいように仕事をして欲しいというわけではなく、上司にとって都合のいい形になるように仕事をして欲しい、という意味があります。

そのため、上司の意図がいまいち掴めない場合には、面倒でも上司に細かい指示を仰いだ方が確実でしょう。

少し話が逸れましたが、ビジネスにおける「よしなに」という言葉の意味は、その意図の曖昧さ故に時々トラブルになることもあります。

最近はよしなにを使わない!?

最近では、あまり「よしなに」という言葉を耳にする機会がなくなりました。

テレビや小説の中では目にすることが多いものの、実際に誰かに「よしなに」と言われたことはないという人も多いでしょう。

言葉自体はまだ何となく残ってはいますが、今や「よしなに」は間違いなく旧語となっています。

しかしそれも仕方がないと言えます。

何故なら「よしなに」は日本最古の言葉である大和言葉ですので、現代ではほとんど使われる機会がなくても、それは時代の変化における必然というものです。

そして使われなくなってはきていても、「よしなに」という言葉自体は今でもしっかりと私たちの知るところにあります。

とくに文学の好きな人や、日本の歴史に明るい人、高齢者との関係が深い人などでは、若い人でも「よしなに」の意味をきちんと理解している人は少なくありません。

「よしなに」のように柔らかく言葉を包み込む言葉は、穏やかな言い回しを好む日本人にとっては、時代が変わっても好ましい印象であることには変わりないのでしょう。

年配者が使うイメージ

「よしなに」は、古い言葉ですので年配者で使う人が多いです。

若者でも旅館で働く人や、京都の観光地で働く人など、大和言葉に触れる機会の多い場所にいる人はもちろん「よしなに」を意識して使うことがあります。

しかし、普段使いに慣れていない人がこの言葉を使うとき、どうしても「これで使い方が合っているのかな?」という不安や違和感、気恥ずかしさといった感情を持ってしまうことがあります。

一方で、年配者の場合には昔から使い慣れていますので、まったく抵抗なく何かの折には「では、よしなに」と言葉が自然と出てきます。

年配者が用いる言葉という印象が一般的にも強いので、若い人が「よしなに」という言葉を使っているのを見ると、「教養のある人なんだな」や「おじいちゃんかおばあちゃんと仲が良いのかな?」と周囲には思われることも多いでしょう。

同じ大和言葉でも、「胸を打つ」や「このうえなく」といった言葉はまだ普段使いが多い言葉ですが、「よしなに」はどうしても年配者が使うことの方が多いです。

最近では「宜しく」が多い!?

最近では、「よしなに」の代わりに「よろしく」という言葉が多く使われています。

「よしなに」とい言葉を聞いたことがなくても、「よろしく」という言葉を使ったことがないという人はほとんどいないでしょう。

それほど現代では「よしなに」ではなく、「よろしく」という言葉が広く使われています。

「よろしく」は、その一言だけで「よしなに」以上にさまざまな意味として用いることができます。

「よろしく」は元々、「よろしい」の連用形で、「ちょうどよいぐあいに」「ちょうどよく」などの意味があります。

そのため、「よしなに」の代わりとしてはピッタリの言葉でしょう。

また、「よろしく」には人に好意を示したり、何かお願いごとをしたりするという意味も含まれています。

さらには「当然」という意味もあり、一言でたくさんの言い回しができますので、自然と「よしなに」から「よろしく」と使われることの方が増えていったのでしょう。

よしなにの類語

言葉には必ずといってよいほどに類語があります。

言葉があればあるだけ類語も多く、「よしなに」という言葉にももちろん類語が存在しています。

そのため、もし日常やビジネスの場面で「よしなに」といった意味の言葉を使う機会があり、「よしなに」を使いたくないという場合には、その類語を用いることで相手に自分の意思を伝えることができます。

では、「よしなに」の類語にはどのような言葉があるのでしょうか?以下にご紹介していきます。

適宜

適宜には、「状況にあっていることやそのさま」「その時々に応じて、各自の判断で行動するさま。

便宜に従うこと」といった意味があります。

ビジネスの場などで、時折「便宜をはかって欲しい」といった言葉を耳にする機会がありますが、これは「お手数をおかけしますがこちらの都合にも少し協力して欲しい」といった意味合いが含まれています。

相手に対して便宜を求める場合もあれば、相手の良いように便宜をはからう場合にも用いられます。

これは「よしなに」と同じような意味ですので、代わりに使っても何もおかしくはないでしょう。

とはいえ、ビジネスの場でもない限り、いちいち「適宜」という言葉を用いるには、少々堅苦しい印象があるという人もいます。

そんな人の場合には、適宜ではなく「適当」と言葉を用いることも多いです。

適当が持つ本来の意味は、「ダラダラといい加減にやること」ではなく、「その場に合わせた行動を取ること」です。

最近では良くない意味として用いられることの多い適当ですが、きちんと正しい意味として言葉を使う分にはまったく問題はないでしょう。

【適宜については、こちらの記事もチェック!】

適正

適正とは、「適当で正しいさま」という意味があります。

「よしなに」の場合には、自分や相手にとって都合の良いように、また上手く事が運ぶようにといった意味合いが込められていますが、適正ではさらにそこに正しさも加わります。

そのため、ただ自分の都合の良いように、そして自分にとって上手く事が運ぶようにという、自分や相手都合の考え方ではなく、きちんと社会的に見て、また人道的な観点からも正しい行いをするようにといった意味が強いです。

ビジネスやスポーツの場などにおいて、よく「適正な判断をしましょう」という言葉を耳にする機会があります。

これは「適当で正しい判断を下しましょう」という意味になります。

自分や相手都合で行動するよりも、場合によっては適正に判断や行動をする方が誠実な印象が強いかもしれませんね。

然るべく

「然るべく」には、「適用に」「よいように」という意味があります。

これも「よしなに」の類語ですので、同じような意味として用いることができます。

時々「然るべき処置をとる」や「然るべき判断をして欲しい」といった言葉を聞く機会があると思います。

そのほとんどは、「その場の状況に合った行動や判断をして欲しい」という意味がありますので、もしビジネスの場で「然るべき判断をしてください」と言われた時には、瞬時にその場の状況に応じて自分がどのように行動を取るべきかを判断する必要があります。

また、この言葉は「よしなに」「適宜」以上に耳にする機会が多い言葉ですので、しっかりと意味を理解しておきましょう。

よしなにを使ってみよう!

「よしなに」は、大和言葉特有の美しくて柔らかい言葉の響きをしています。

そのため、言葉を使う人自身にも品性を感じさせ、教養があり穏やかな人柄といったイメージを相手に与えます。

「よろしくお願いします」と頭を下げる姿はビジネスならばともかく、普段使いではやや堅苦しさを感じさせてしまうことがあります。

しかし「よしなに」と言いながら頭を下げると、堅苦しさを感じさせず、柔らかく相手には好印象に思えるでしょう。

美しく気品を感じさせる「よしなに」を、ぜひ日常生活でも使ってみましょう。

ビジネスの場で用いると曖昧な表現になってしまう以外にも、「よしなに」という言葉を知らない人も少なくはありませんので、こちらの意思が通じないことがあります。

そのため、上司から言われる分には問題ありませんが、自分から積極的にビジネスで用いるのは控えましょう。

まずは日常生活の中で、ちょっとしたところで意識して使ってみましょう。

使い慣れる頃には、自然と「よしなに」の言葉同様に柔らかい態度が取れるようになっているかもしれません。

目上の方に使う場合

「よしなに」は、普段使いの場合には目上の人に使っても問題はありません。

目上の人に対しては、相手の配慮に対して感謝を伝える場合に「よしなに」の言葉を用いるのが理想的です。

目上の人への敬意を表し、また敬語として堅苦しさを感じさせないため、目上の人からの印象も良いことが多いです。

一方で、「よしなに」はビジネスの場では目上の人には使わないようにした方が良いでしょう。

ビジネスにおける「よしなに」は、その曖昧さから人によっては使うのを避けたり、嫌ったりする傾向があります。

とくに物事をはっきりとさせたい上司にとっては、「曖昧な表現をせずにハッキリしろ!」と怒られてしまう可能性もありますので、職場で目上の人に対してはあまり使わない方が良いでしょう。

反対に、上司から使う場合には問題はないとされていますが、やはり指示が分かり難い場合がありますので、分からない場合には上司に詳細を求める必要があります。

よしなにお伝えください

「よしなに」には、「よろしく」という意味と「物事が上手く運ぶようにお願いする」といった意味があります。

「よしなにお伝えください」という使い方をする場合には、そのほとんどが「よろしく」の意味で用いられていることが多いです。

ごくたまにビジネスの場で、下請けの会社に対して後者の意味で「よしなにお伝えください」と言う場合もありますが、「よしなに」の意味を知らない人も増えている時代ですので、ビジネスで何かをお願いする際にはもっと分かりやすい言葉で相手に伝えるのが一般的です。

そのため、あくまでも挨拶の意味として使うことが多いです。

宜しくお伝えください

一般的には「よしなにお伝えください」という場合、その意味のほとんどは「よろしくお伝えください」となっています。

本来「よしなに」を伝えたい相手がこの場にいない場合に、第三者に対して伝言を頼む際に用います。

また使う際には相手との別れ際に言葉を添えることが多いです。

「〇〇さんによろしくお伝えください」という言葉だと、何だか相手に対して偉そうだなと感じてしまう人や、押しつけがましい印象に思えて抵抗があるという人は、あえて「よしなにお伝えください」と伝えることで柔らかい印象にすることができます。

どうぞよしなにお願いします

「どうぞよしなにお願いします」は、「よしなに」という言葉の中でも丁寧な言い方です。

その柔らかな言葉の雰囲気からも、女性がとくに使うことが多いです。

この挨拶は、相手と顔を合わせた際に用いても良いですし、相手に対して何か頼み事をした際には別れ際に用いることもできます。

相手との関係性によっても、使うタイミングが変わってくるのがポイントです。

もしただの挨拶としてではなく、相手に対してお願いごとをする上でこのような言い方をする場合には、顔を合わせて直ぐに述べるのは失礼になりますので、直接頼みごとをした後で使いましょう。

どうぞ宜しくお願いします

「どうぞよしなにお願いします」は、ほとんどが「どうぞよろしくお願いします」という挨拶として用いられることが多いです。

例えば初対面で相手と顔を合わせた際に、自己紹介の後でこの言葉を添えることで、相手にとても丁寧な印象を与えます。

また、「よろしくお願い致します」と言うと堅苦しくなってしまいますが、「どうぞよしなにお願いします」という言い方なら柔らかい印象になりますので、普段使いの敬語としても場の空気を和らげやすいのでおすすめです。

一方で、ビジネスの場での挨拶の場合には、一般的に用いられている「どうぞよろしくお願いします」の方が受けは良いかもしれません。

よしなにお付き合いおねがいします

「よしなにお付き合いお願いします」という言葉は、相手に対して丁寧な言葉で接しながらも、「あなたと仲良くなりたいです」という意思表示がしやすいです。

「お付き合いお願い致します」と言うと堅苦しくなってしまいますし、相手も身構えてしまいやすいですが、「よしなに」を使った言い方をすることで、その堅苦しさを感じさせず、かつ親しげな雰囲気を上手に作り出すことができます。

いかにも真面目でお堅そうな人に「仲良くして欲しい」と言われても、言われた方が気を遣ってしまいますよね。

一方で、柔らかい雰囲気と言葉使いの人に言われたら、自然とこちらも肩の力を抜いて向き合うことができます。

普段使いとしてはとくに「よしなに」を使った言い方をすると場の空気が和らいで良いでしょう。

お付き合い宜しくお願いします

「よしなにお付き合いお願いします」は、そのまま「お付き合いよろしくお願いします」という意味です。

この人と仲良くなりたい、これから関係性を築いていきたいという相手には、最初から「親しくなりたいです」ということをアピールしておくと、相手にも分かりやすいです。

何も言わずにズンズンと相手の心に踏み込もうとすると、相手は「なにこの人!?」と警戒したり不快な気持ちになったりします。

そのため予め親しくなりたいという意思を言葉で表すことも時には重要なのです。

「いきなりお付き合いよろしくなんて図々しいかな・・・」と不安に思う人は、あえて柔らかい雰囲気になる大和言葉で話してみると良いかもしれません。

どうぞよしなに

「どうぞよしなに」という言葉は、相手と顔を合わせた最初の挨拶ですると思っている人も少なくはないでしょう。

しかし実際には、この言葉は文末で使うことが多いです。

会話を楽しんだ後で、最後に「どうぞよしなに」と言葉を添えると、相手には良い印象のままでお別れできる可能性があります。

文末に使う

どうぞ宜しくお願いします。

「どうぞよしなに」は、「どうぞよろしくお願いします」という言葉の意味です。

人によっては初対面の自己紹介の際に使うこともありますが、基本的には会話の最後で用いるようにしましょう。

また、メールや手紙のように文章で相手に伝える際には、文末に一言「どうぞよしなに」と添えることで、柔らかい雰囲気のまま、けれどもしっかりと自分の意思を相手に伝えることができます。

それこそ使い方によっては、京の言葉のように丁寧な言い回しなのにどことなく圧迫感を相手に与えることも可能です。

例えば納期の遅れている発注先の会社に対して、「早く仕事をしてくれ」といった内容を書いた後で、最後に一言「どうぞよしなに」と言葉を添えると、言い回しは柔らかくても相手にプレッシャーを与えることになるでしょう。

相手が焦っていれば余計に無言の圧力を感じてしまうかもしれません。

とはいえ、本来はこのような使い方をする言葉ではありませんので、あくまでも相手に良い印象を残すために文末に添えるようにしましょう。

部下や後輩に使う場合

「よしなに」は、部下から上司に使うこともありますが、基本的には上司から部下に対して使う言葉です。

ビジネスの場では、「よしなに」の使い方によっては曖昧な表現になってしまうこともあるため、部下が「よしなに仕事をします」などと言えば憤慨する上司も少なくはないでしょう。

そのため、挨拶として「よしなに」を用いるならば問題はないものの、仕事のやり方について部下が「よしなに」と言うのは避けた方が良いでしょう。

では、上司が部下へ「よしなに」を使う場合には、どんな使い方があるのでしょうか?以下にご紹介していきます。

よしなに作成してください

例えば仕事の資料作成の指示を部下に出す際に、上司が「よしなに作成してください」と言うことがあります。

普段「よしなに」を聞き慣れていない部下にとったら、言われた直後は「えっ?」と疑問を抱いてしまうこともあるでしょう。

部下によっては上司の指示が理解できずに、「よしなに、とは何ですか?」とストレートに訊いてしまうことがあるかもしれません。

しかし、社会人であればそこはまず自分で「よしなに」の意味を調べた上で、上司に確認を取った方が良いでしょう。

うまいぐあいになるように

「よしなに作成してください」と指示を出された場合、それは「うまいぐあいになるように作成してください」という意味であることが多いです。

「よしなに」は「あなたの都合の良いように」や「好きなように」といった意味もありますが、資料の作成が指示内容の場合には、自分の好きなようにやってもいい、という意味ではありません。

上司に提出する際にはきちんとうまいぐあいに整った状態になっておくように、という意味で言っていることが大半です。

提出された資料がきちんと出来ていれば、資料作成の過程はこちらに任せる、というつもりで「よしなに」を使う上司が多いです。

要するに、「結果が出来てさえいれば過程には一々口出しをしないからそちらでやってくれ」ということなのです。

しかし、この意味を上手く汲み取ることが出来ない部下は、具体的な指示が欲しくて結局は逐一上司に質問や確認を取ることが多いです。

あとはどうぞよしなに

会社の飲み会などで、上司が先に席を立つ場合に、「あとはよしなにしてくれ」と言って帰ることがあります。

この「よしなに」の意味が分からない人は、「え、上司は何て言ったの?」「どういうこと?」と余計な疑問に悩んでしまうことでしょう。

「あとはどうぞよしなに」とは、あとはこちらで好きにしてもいいという意味ですので、この後二次会に行こうがどうしようが、今この場にいる面子で好きなように過ごしてもいいということです。

上司にとっては帰りの際の挨拶のようなものですので、「あとはよしなに」の一言であれこれと意味を深読みしないようにしましょう。

あとはすきなように

上司と部下の関係はさまざまですが、飲み会のように大勢が集まる場所で早く席を立つ上司は、とても良い上司だとする説があります。

単純に明日も早くから仕事だという理由で席を立つ上司もいますが、上司の立場の自分がいることで皆がいつまでも気を遣わなくて済むようにと、敢えて早めに席を立ち、自分は帰ろうとする上司が時々います。

そんな上司ほど部下のことを気遣える人であることが多いとする説なのです。

そうした理由から他の面々よりも早く席を立つ上司が、「あとはよしなに」と言って帰ることがあります。

これは「あとは好きなようにどうぞ」という意味ですので、部下としては有難くお言葉に甘えると良いでしょう。

よしなに取り計らってください

「取り計らう」という言葉は、何事かに対する処置を講ずることを意味します。

例えば取引先の会社の接待が上手くいくようにこちらで手配をしたり、受注先の会社の求めるものを素早く用意出来るように便宜を図ったりすることなどが、「取り計らう」ということです。

これに「よしなに」が加わることで、「事が上手く運ぶように取り計らってください」または「いいように取り計らってください」といった意味になります。

上司からそう求められた場合には、上司や自分の会社にとって良い結果になるように考えて行動して、結果を出す必要があります。

いいように取り計らって

「よしなに取り計らって欲しい」と上司から頼まれたら、こちらで「いいように取り計らう」必要があります。

それはすなわち、自分のいいようにではなく、上司にとっていいように、また会社にとって利益になるように取り計らうということです。

とはいえ、そう言われたからといって緊張して身構える必要はありません。

要するに、自分の会社にとっていい結果になるように考えて行動すればいいだけなのですから。

それは、普段の仕事振りとさして変わらないはずです。

「よしなに」と言われたからといって、身構えることなく普段通りに仕事に取り組みましょう。

よしなにやればよい

もしも上司から「よしなにやればいいよ」と言われたら、それは仕事のやり方をすべて自分に一任してくれていると考えても良いでしょう。

仕事の内容によっては、上司はやり方にはこだわらずに、結果だけ出してくれればいいという考え方をする人もいます。

そうした上司の場合、いちいち細かい指示を出さずに「よしなにやって」とこちらに任せることがあります。

自分のいいようにすればよい

「よしなにやればいい」という言葉は、すなわち「自分のいいようにすればいい」という意味です。

結果さえ出してくれれば、やり方は部下に一任するよと言っていることが多いので、そうした上司に対して一々確認を取ったり、質問を繰り返したりするのは上司から嫌がられてしまいます。

また、敢えて丸投げのように仕事を任せることによって、部下の能力を見極めたり、査定に繋げたりする上司もいます。

ですから、上司に「よしなにやって」と言われたら、自分にできる範囲で一生懸命に結果を出す努力をしましょう。

その様子を、きっと上司は見ているでしょうから。

まとめ

言葉とは不思議なもので、一言でいくつもの意味を持っています。

それを時と場合によって使い分けることで、聞き手は話し手の意図や真意を汲み取ろうとします。

「よしなに」という言葉にも、単なる「よろしく」の挨拶から「事が上手く運ぶようにお願いする」という意味まであります。

挨拶した直後に用いることもあれば、別れ際に「よしなに」と用いることもあります。

普段聞き慣れないという人は、自分で「よしなに」を使う機会もないという人がほとんどでしょう。

「よしなに」は日本古来の美しい言葉です。

堅苦しさを緩和して、場の雰囲気を円く穏やかなものにしてくれます。

使えて決して損はない言葉ですので、この機会にあなたもぜひ、「よしなに」と使ってみましょう。