『蔑ろ』は、「あっても無いもののように軽んじるさま」という意味のとおり、日々の生活の中で、相手の言動を『無視』する、『軽んじる』行為を指します。

周りの人の考えや意見が自分の考えや価値観と相容れなければ無視する行為は、蔑ろな振る舞いと言えます。

世間を見渡すと、蔑ろな振る舞いを躊躇なくできる人と、蔑ろな行為には、ためらいを見せて出来ない人と、大きく2通りのタイプがあります。

蔑ろな行為が出来る人は、自分の考えや価値観と異なるものは無視する自己中心的な人に多いと言えます。

自信が持てない人は、自分が周りの人よりも『優れている』ことを『誇示』するために、周りの人の考えを蔑ろにします。

一方、周りの人を蔑ろにする行為に走らない人は、自分とは違った考えや価値観であっても認めることのできる自信が備わっている心の広い人といえます。

様々な考えや価値観を許容できる人は、蔑ろな行為をすることはありません。

一方、『蔑ろ』な態度を見せる理由には、自分自身を守るために行う面があります。

職場や学校での人間関係の中で『はじき出されない』ようにするために、周りの人への気配りを続けていると心が疲弊してストレスがうっ積することがあります。

ストレスに包まれないようにするためには、気配りを蔑ろにして『息抜き』をすることが必要になります。

人の心は日々の生活で、四六時中、張り詰めた状態を続けているとストレスがうっ積して精神的に疲れ果ててしまいます。

ストレスがうっ積しないように、自分の中で人付き合いの優先順位を決めて、優先順位の低いところを『蔑ろ』にすることがあります。

日々、職場や学校では常に周りの人々の言動に囲まれています。

周りの人々の言動に心配りを欠かさず続けていると、心が疲れ果ててしまいます。

ストレスがうっ積しないように、自分にとって大切ではないことを『蔑ろ』にして、心の疲弊を防ぐことがあります。

蔑ろ』には、相手の言動を『無視』する行為を指す意味と、自分の心を守るための『手段』を指す意味があります。

生活していて蔑ろにしている事ありませんか

人は日々の生活の中で、自分にとって価値を感じない他人の言動や物事を蔑ろにすることがあります。

このようなケースでは、『蔑ろ』が『取捨選択』の役割を果たしているのです。

蔑ろにする行為は、物事の良し悪しを見極めて判断する際の『捨てる』行為を意味する面をもっています。

ですから、人それぞれの価値観の違いによって、『蔑ろ』にする対象が異なってきます。

一方、日常生活の中で、職場や学校での複雑な人間関係に疲れ果てて、ストレスがうっ積することがあります。

ストレスがうっ積すると心の余裕がなくなります。

心の余裕が無くなると、周りの人の言動に無関心となり、無意識的に『聞く耳』が失せて蔑ろになります。

また、周りの人の中に、自分にとって相性の合わない苦手なタイプの人が居ると『距離』をおき、関わらないようにするために、蔑ろの行為をとることがあります。

相手と『距離』を置くために蔑ろになる行為は、無意識のうちに『自分の心を守る』ための自己防衛本能が働いていることの表われと言えます。

『蔑ろ』というコトバは、良い響きを持っていませんが、自分自身の心を『守る』ための『選択肢』の役割を担っている面をもっているのです。

蔑ろにされたと感じた事ありませんか


日々の生活の中で多くの時間を過ごす職場や学校で織り成される様々な人との付き合いの中で精神的に疲れ果てることがあります。

精神的に疲れ果てる状況に追い込まれる原因が、周りの人から蔑ろにされたことによる『疎外感』によることがあります。

日本全体を覆っている閉塞感は、人々の心に『影』を落とします。

閉塞感に包まれた心は、『逃げ場』を求めて、周りの人の言動を無視し、『弱者』を蔑ろにすることで、ささやかな『開放感』を求めようとするのです。

『蔑ろ』にする行為は、閉塞感から『逃げたい』心理状態を表しています。

蔑ろの行為に走る人は、心の余裕を失った『苦しさ』を無意識のうちに、自分より『弱い』相手に『ぶつけている』のです。

蔑ろにされたと感じたときは、あなたの存在が周りの人から、『弱い者』と観られているといえます。

蔑ろにする行為は、相手の心を深く傷つけることになります。

更には巡り巡って、蔑ろの行為をした本人の心が傷つく『反射』現象が起こることがあります。

ですから、自分が蔑ろにされたと感じた時は、蔑ろの行為をした本人の心も傷ついているのです。

あなたが『蔑ろにされた』と感じた時には、できるだけ心の平静を保つようにしましょう。

心の平静を保つことで心の平衡感覚が戻ってきて、あなたは自ら『心の傷』を癒すことができるようになります。

あなたの心の傷が癒されてくると、蔑ろの行為をした本人の心の『寂しさ』を垣間見ることになります。

ですから、蔑ろにされても決して『敗者』にはならないのです。

時には、『勝者』になるのです。

蔑ろにしてはいけない9個のこと

周りの人を蔑ろにする行為は、相手の心を傷つけることになりますし、更には、自分自身の心も傷つくことになります。

日々の生活の中で多くの時間を過ごす職場や学校での複雑な人間関係に心が疲弊してくると、無意識のうちに『逃げ場』を求めるようになります。

心を安らぐことのできる『逃げ場』を求めていく中で、ストレスがうっ積した心は、自分と相性の合わない人に『蔑ろ』の行為を向けるようになります。

『蔑ろ』の行為は、相手の心を傷つけるだけではなく、自分の心も傷つけてしまいます。

日々の生活の中で、人間関係に『波風を立てず』に乗り切るためには、周りの人々を蔑ろにせずに、また同時に自分自身のことも蔑ろにしないことが肝要と言えます。

『蔑ろ』の行為は、相手の心と自分の心に『陰の影』を落とします。

日々の生活の場で快い人間関係を築き、『陽』の光を当てるためには、蔑ろの行為を慎むことが大切です。

1、お金の使い方


お金は、使う人の人生の『写し鏡』になっています。

お金の使い方を蔑ろにしない人は、自身の人生も蔑ろにせずに『つらい壁』に突き当たっても真摯に乗り越えていきます。

しかし、お金を賭け事に費やす人は、人生を賭け事のように捉えて、思う様にいかないと日々の生活を蔑ろにしてしまいます。

また、お金の価値は、その人の使い方で左右される面をもっています。

お金を大切にして、人生を活かすために使う人には、お金が持つ『エネルギー』が最大限に発揮されて、使う人の人生をステージアップさせていきます。

しかし一方、お金を大切にせずに浪費する人には、お金は『近づき』ません。

お金には、『生きもの』と同じように『心がある』という観方があります。

お金は使う人の心を『感じ取り』、物事を蔑ろにする人からは『遠ざかって』いきます。

しかし、日々の生活の中で様々な課題が生じても、逃げずに真摯に受けとめて立ち向かう人には、お金が何時も『寄り添って』くれます。

人の心とお金の『心』は繋がっているという観方があります。

お金の使い方を蔑ろにしない心掛けを持つことで、お金が人生を『右肩上がり』へと後押ししてくれます。

2、人間関係

日々の生活で多くの時間を過ごす職場や学校での人間関係は、お互いの価値観や考え方の『ぶつかり合い』の面をもっています。

しかし、お互いに『波風を立てないよう』な心遣いをすることで、職場や学校でのコミュニケーションが保たれていると言えます。

『波風を立てない』ための心遣いは、人々の心にストレスをうっ積させていくことがあります。

人は、ストレスがうっ積してくると、発散する手段を探し求めるようになります。

ストレスを抱えた心からは余裕が失せて、周りの人や物事に想いを寄せることを忘れて無関心に陥ってしまいます。

周りの人の言動に無関心になると、蔑ろにする態度を向けるようになります。

蔑ろな態度は周りの人の心を傷つけ、巡り巡って自身の心も傷つく状況になることがあります。

職場や学校での人間関係を快く過ごすためには、『蔑ろ』な行為は慎むことが大切です。

3、任された仕事

あなたが職場で仕事を任されたなら、上司や先輩から信頼されていることを意味します。

ですから、信頼を裏切らないように任された仕事に真摯に取り組み、やり遂げることが大切です。

真摯にやり遂げることで、あなたの人生はステージアップに向けて『歩み出し』ます。

しかし、任された仕事を蔑ろにすると、あなたは職場の中で『必要とされない』存在に陥ってしまいます。

任された仕事を蔑ろにすることは、あなたの将来を自らの手で『摘んでしまう』ことになります。

また、あなたが新入社員で職場での経験年数が浅いなら、仕事を任せられたことで、あなたのヤル気や知識、技術力、将来性が試されているのです。

あなたは、任された仕事に手を抜かずに、自分のチカラを出し切ることです。

出し切ったチカラに比例して、あなたの評価が決まってきます。

4、他人のアドバイス

他人のアドバイスは、『宝』と言えます。

あなたにアドバイスをしてくれる人が居ることは、感謝すべきことです。

他人からのアドバイスは、あなた自身が気づいていないことを気付かせて『目を覚まして』くれます。

もし、他人からのアドバイスを蔑ろにする行為に走るなら、自分の将来の人生を『潰す』行動をしていることになります。

他人のアドバイスは、あなたが人生の『階段』を上がっていくための後押しをしてくれるのです。

アドバイスをもらえることは、あなたが『期待』される存在であることを意味します。

ですから、自分の人生の将来を真摯に考えて、他人からのアドバイスを蔑ろにしないことが肝要です。

他人のアドバイスは、あなたの人生を『後押し』し、将来を輝かせる『宝』なのです。

5、当たり前への感謝の気持ち

人は、当たり前のことが既に備わっていると、その存在に気づくことは難しいと言えます。

当たり前のことを失って、初めて『当たり前』のことの有り難さに気づかされます。

当たり前のことは空気と同じで、存在することの有り難さを感じることは少なく、感謝の気持ちを抱くことは希です。

世の中を見渡すと、当たり前のことが実は、人の生活にとって最も大切で欠かせないものであることに気づかされます。

例えば、人の生活にとって最も大切なものを挙げてみると、自分を育ててくれた『親』、人が生きていくために必要な『家族』や『仕事』など、挙げるとキリがありません。

これらは、当たり前のように身近に存在しているため、『感謝』の気持ちを向けることは殆んどありません。

当たり前のことが何時も身近に存在している『お蔭』で、自分が今まで生きて来られたのです。

自分の身の回りにある当たり前の存在を蔑ろにせずに、感謝の心を向けることは大切なことです。

6、恋人・配偶者への態度

日々の生活の中で、身近な存在の恋人や配偶者があなたを『陰ながら』支えていることに気づくことは少ないでしょう。

我々の人生は、自分では気づかないところで蔭ながら支えられているのです。

『お蔭様』というコトバは、自分では気づかないところで様々な人からの支えがあるからこそ、今に至っているという意味が示すとおり、恋人や家族が『お蔭様』の存在になっているのです。

自分の人生を大切に考える人は、身近な存在である恋人や家族を大切に想う心を寄せるものです。

日常生活の中で、身近な存在である恋人や家族を蔑ろにせずに、大切にする想いを向けることで、心温まる人生が広がっていきます。

また、身近な存在の人たちを蔑ろにせずに大切にすることで、お互いに心のつながりが深まり、人生がステージアップしていきます。

7、物の使い方

日常生活を快適に過ごすために役立つ物は、身の回りを見渡すと沢山あります。

身の回りにある生活用品を蔑ろにせずに活かすことで、便利さを実感できます。

同じ物を長く使っていると愛着が湧いてくるものです。

『物』と自分の心が通う関係になり、日々の生活にとって欠かせない存在になっていきます。

身の回りの物を蔑ろにせずに大切に使うことを心掛けていると、『物』に備わっている機能を見直すキッカケになり、フルに活用することが出来るようになります。

物の機能を最大限に活かすことで、日常生活をヨリ一層、便利で快適なものにしてくれます。

8、自分自身

人生を大切にしない人は、自分自身を蔑ろにする傾向があります。

自分自身を蔑ろにする人は、日常生活で多くの時間を過ごす職場や学校で共に過ごす周りの人にも蔑ろな態度をとることがあります。

自分の人生を蔑ろにする人は、『写し鏡』のように周りの人にも蔑ろにし、お互いの人間関係で必要な心遣いが失われていくことになります。

蔑ろにする行為は、『面倒なこと』を避けて安易な選択をする『投げやり』な心理状態を表しています。

人や物事を蔑ろにする癖がつくと、『逃げ』の人生を送るようになります。

直面する課題に真摯に立ち向かわずに、蔑ろにして、安易な道を選択するようになると、自分自身の人生の将来が『右肩上がり』から遠ざかることになります。

自分自身を蔑ろにせずに、周りの人にも蔑ろにしない日々を送ることで相乗効果が生まれ、将来の人生が広がってステージアップさせることができます。

9、約束

人間同士の間で交わされる約束を真摯に守ることのできる人は、周りから信頼されている人です。

一方、相手との約束を蔑ろにする人は、周りの人からの信頼を失うことになります。

職場や学校での人間関係の中で、約束をする機会に直面することは少なくありません。

『約束』は、お互いの間の信頼関係が前提になって成り立つものです。

ですから、約束を蔑ろにする行為は、自分自身に向けられていた信頼を『捨てる』行為になります。

日々の生活の様々な場面で織り成される、人同士の関係は、『人間関係=信頼関係』なのです。

信頼関係を支えているのが、約束を蔑ろにしない真摯な心遣いです。

なぜ蔑ろにするのか

人は自分の思うように事が運ばない時に『投げやり』な気持になり、人間関係や周りの物事を蔑ろにすることがあります。

日々過ごす職場や学校での出来事の中には、自分の望むように事が進まないことが多々あります。

自分が望んでいる事とは違う方向に物事が流れていったときに安易に諦めてしまうと、自分で自分を無気力状態に追い込んでしまうことになります。

自分を無気力状態に追い込むと、周りの人との人間関係や物事に無関心になってしまいます。

無関心な心境に包まれると、自分の周りの物事を蔑ろにする心理状態に陥ることがあります。

周りの人や物事を蔑ろにすると自分自身をヨリ一層、辛い立場に追い込むことになります。

『蔑ろ』の行為で解決できる事は何一つありません。

軽視している

『蔑ろ』にする行為は、相手の存在を『軽視』する心境の表れと言えます。

自分の日々の生活を振り返るとき、今まで気づかなかったところで、自分が『軽視』してきた相手に助けられていたことに気づかされることがあります。

相手を軽視していた自分を『恥ずかしく』思う瞬間でもあります。

相手を蔑ろにする心が、『軽視』する行為となって表れるのです。

また、相手と考えや意見が合わないときや、相性が合わないときに相手を軽視することがあります。

相手との関係に深入りして、お互いの心を傷つけ合わないようにするために相手を軽視し、一定の距離をおいた関係を保つことがあります。

相手を軽視する行為により、お互いの関係『悪化』を食い止めることが出来ることがあります。

慣れ

人は、日常の仕事など慣れている事には、『どうせ分かり切っている』という気持ちで、蔑ろにすることがあります。

慣れていることには、敢えて確認をするのは『面倒』という考えになりがちです。

慣れていることにも気を抜かずに集中することは大切なことです。

しかし、人の心は四六時中、気を抜かずに集中していると精神的に疲れてしまうことがあります。

人は、長時間に渡り気持ちを張り詰めていると集中力が鈍り、慣れていることにはツイ、『手を抜き』蔑ろにする傾向があります。

しかし、人の命に関わるようなケースでは、慣れていると思っていても『いつもとは違う』予期しないことが起きることもあります。

集中力を欠いた蔑ろな心境に陥っていると、予期しない突発的な出来事が起きた時に適切に対処できない状況に追い込まれることがあります。

慣れていることにも蔑ろにしない習慣を身に付けることは、『後悔』をしない秘訣と言えます。

自分の事しか考えていない

人は、忙しさに追われる生活を繰り返していると、心の余裕が失せて、自分の事だけで気持ちが一杯になってしまうことがあります。

家事や育児、仕事などに追われた日々の生活を送っていると精神的疲労が蓄積して、周りの事に無関心になり、自分の事しか考えることのできない心理状態に陥ります。

気持ちの余裕が無くなると、周りの物事を蔑ろにしたい心境になります。

このような『辛い』状況に追い込まれた人にとっては、『蔑ろにすること=息抜きをすること』になります。

蔑ろにする行為は、時には『息抜き』の状態を表していることがあります。

日々の中で、忙しさに追われた生活から抜け出せずに、疲労し切っている人が職場や家庭など身近に居るなら、手を差し伸べましょう。

心身ともに疲れ切っている人は、自分の事しか考えていない状況に陥っていますので、周りのことを蔑ろにしてしまいます。

このような場面を見ても、本人を責めることはせずに、優しく見守りましょう。

損したくない

世間は、様々な価値観や考え方をもった人が織り成す混とんとした、大きな集団と言えます。

他の人のために時間と労力を尽くすことを自然な振る舞いとして出来る人も居れば、他の人のために尽くすことは、『自分が損をする』という考えを持つ人も居ます。

自己中心的な人は、日常生活の中で何時も周りの人と比較をして、『損したくない』という思いで気持ちが一杯になっています。

自分が損をしないようにすることを第一に考えている人にとって、周りの人は単なる『比較対象』の存在に過ぎないため、蔑ろな態度で接することになります。

日々の生活の中で、『損したくない』ことばかりを考えている人にとっては、自分が損をする物事からは『遠ざかり』、蔑ろに扱うようになります。

自分の気持ちに流されて生きる事が幸せと思っている

自分の気持ちに流されて生きることは、一見すると、気ままで幸せそうに見えます。

しかし観方を変えると、『流される』生き方は、安易な受け身の人生を物語っていると言えます。

安易な生き方は、『楽な』方に流されていきますので、前向きな生き方とは程遠い無気力な人生になってしまいます。

無気力な人は、周りの人との快い人間関係づくりに消極的なため、人との関わりを蔑ろにする生き方に陥ってしまいます。

また、周りの出来事にも無関心になってしまい、自分の世界に閉じこもる日々を送るようになることも少なくありません。

自分の気持ちに流されて生きる事が幸せと思っている人は、自分の世界に閉じこもる結果を招きます。

自分の世界に閉じこもるようになると、周りの人との関係を蔑ろにすることが多くなり、孤独な日々を過ごすことになります。

蔑ろにし続けると…

日々の生活の中で、職場や学校での人間関係づくりを蔑ろにし続けると、周りの人との『心の距離』が増して、快い会話などスムーズなコミュニケーションが取り難くなります。

相手のコトバに正面から向き合わずに蔑ろにすることで、相手の心を傷つけてしまいます。

蔑ろを続けていると、自分の感性が鈍感になってきて、周りの人の気持ちの変化に無頓着になってしまいます。

また、自分の『心のアンテナ』が鈍感になり、周りの人と喜びや感動を共有できなくなります。

周りの人との感情のやり取りができなくなり、孤立した立場に追い込まれていきます。

蔑ろにし続けると、周りの人からの信頼を失い、職場や学校の集団から疎外されることになります。

『蔑ろ』を続けることを止めると、『硬く』なっていた心が『溶けて』、快い人間関係を築くことができるようになります。

信頼されなくなる

周りの人を蔑ろにする振る舞いは、相手の心を傷つけてしまいます。

相手の心を傷つけることに伴い、周りの人は次第に遠ざかっていきます。

周りの人との間に『心の距離』が増すに従い、周りの人からの信頼感も次第に『薄れて』いきます。

周りの人を蔑ろにする振る舞いを続けることで、信頼されなくなり『取り返しのつかない』状況に陥っていきます。

一度、信頼を失うと、回復させるためには、多大な時間と労力を要することになります。

蔑ろな振る舞いは、巡り巡って全て自分自身に跳ね返ってくるのです。

自身も蔑ろに扱われる

日々の生活の中で、周りの人のコトバや行為を蔑ろに扱う人を観ることがあります。

蔑ろな振る舞いをする姿は、周りの人に『蔑ろな人』という印象を与えてしまいます。

周りの人に蔑ろな振る舞いを向けると、時間差で『ブーメラン』のように『蔑ろのマイナスエネルギー』が自分に『降りかかって』きます。

まさに、エネルギーが持つ『反射』の法則どおりに、自分が周りの人から蔑ろに扱われることになるのです。

『蔑ろ』の行為は、周りの人に向かって『陰』のエネルギーを発散します。

『陰』のエネルギーは、巡り巡って本人のところに戻ってきます。

蔑ろの行為をする人は、周りの人の目から観ると、『自分自身を蔑ろにしている姿』として映るのです。

このため、周りの人から、自身も蔑ろに扱われる結果を招いてしまうのです。

誰からも大切にされない

『蔑ろ』の意味にあるとおり、周りの人の言動を『無視』、『軽視』する行為は、周りの人の心を傷つけることになります。

心を傷つけられた本人は、『蔑ろ』な行為をした人を避けるようにして距離を置くようになります。

『蔑ろ』な振る舞いを続けるに伴い、離れていく人が次第に増えていき、誰からも大切にされない寂しい状況に陥っていきます。

蔑ろな行為は、結局のところ、自分自身を蔑ろに追い込む結果を招いてしまうのです。

敵が増える

日常生活の中で多くの時間を過ごす職場や学校、地域での人間関係では様々な考えや価値観をもった人との付き合いが必要になります。

人が100人居れば100通りの考えや感性、価値観があるといっても過言ではありません。

多様な考えや価値観に囲まれている中で、自分の考えや価値観を大切にする意識の強い人が居るものです。

自意識の強い人は、自分と異なる考えや意見を蔑ろにして、『無視』したい感情を露わに出すことがあります。

蔑ろにする感情を露わにする振る舞いは、周りの人から観ると『大人気ない』姿として映ります。

職場などでの快い人間関係は、お互いの間に信頼関係が築かれていることで出来上がるものです。

蔑ろにする行為は、信頼関係を築くことから『遠ざかって』いく状況を招きます。

相手に向けた蔑ろな行為は、自身の信頼を損ねる結果として跳ね返ってきます。

自分が周りの人からの信頼を失うことは、自分を理解してくれる人が減り、同時に敵が増えることになります。

自分が蒔いた『蔑ろ』という『種』が『敵』というかたちで自分に降りかかってくるのです。

ネガティブになっていく

蔑ろにする行為により、周りの人の心を傷つけることがあります。

蔑ろな行為は、自分にとって無視したい人に向けられます。

自己中心的で拘りの強い人は、自分の考えや価値観と異なる人を見ると、『無視』や『軽んじる』感情が沸き上がってきます。

沸き上がってきた感情を抑えることができずに、蔑ろにする行動として表われてくるのです。

自己中心的な人には、劣等感を抱いている人が少なくありません。

日々の生活の中で劣等感を抱いている人は、自分と考えや価値観が異なる人を見ると、劣等感を『刺激する』存在に観えてきます。

蔑ろな行為は、自分の劣等感を隠すための『隠れ蓑』なのです。

自分が抱いている劣等感を周りの人に気づかれないように蔑ろな行為を繰り返していると、『守り』の考えに陥ってきます。

『守り』の考えは時間の流れとともに『後ろ向き』の考えになり、自分をネガティブ志向に追い込んでしまいます。

蔑ろにしない人になるには

『蔑ろ』にする行為は、周りの人と比較をすることから生じてきます。

人は、職場や学校などの生活の場面で、周りの人と色々な面を比較することがあります。

女性であれば、容姿や服装、体形などを無意識のうちに比べていることがあります。

男性であれば、身長や顔つきなどを周りの人と比較することがあります。

周りの人と比較をすることで、比較相手に優越感を抱いたり劣等感に包まれたりします。

相手との比較により劣等感が生じたときは、『忘れたい』衝動に駆られます。

『忘れたい』衝動は、劣等感を呼び起こした相手を『蔑ろ』にする行為へと走らせます。

蔑ろにしない人になるためには、周りの人と『見た目』や考え方などを比べないことです。

周りの人と容姿や考え方、価値観を比較し出すとキリがありません。

世間の人々の多様性を認めるような考え方に変えることで、周りの人と比較する行為には『意味がない』ことに気づきます。

周りの人々とは、容姿や考え方、価値観が違っていて当たり前という考えを持てるように『自己改造』しましょう。

『違っていて当たり前』という考えに行き着くと、周りの人を無視する心理状態が失せて、蔑ろにする行為は無くなります。

蔑ろにしない人になる秘訣は、他の人と『比較』をしないことです。

人と比較をしない生活を送ることで、『心の安らぎ』が甦ってきます。

自分自身の心を健康的に保つためには、蔑ろにしない人になることです。

損得で判断しない

人々の中には、自分の物欲を満たそうとして、物事を損得で判断することを第一にしていることがあります。

日々の生活の中で、損得勘定で物事を判断することに拘りを強く持つと、心に余裕がなくなります。

職場や学校などで、物事を損得で判断することに終始していると、『目先のこと』で物事の良し悪しを決めつける癖がついてしまいます。

目先のことに囚われるようになると、周りの物事を冷静に見渡すことが出来なくなります。

また、将来を展望する心の余裕も失せてしまいます。

今の世の中は、目先のことが目まぐるしく変化していますので、目先の良し悪しで損得を判断していると、心が『振り回されて』平衡感覚を失ってしまいます。

心の平衡感覚を失うことで、物事の本質の良し悪しを見誤る判断が多くなってきます。

誤った判断のため、大切なものを蔑ろにすることが増えてきます。

損得勘定で誤った判断をすることで、自分にとって大切な人を蔑ろにすることがあります。

損得で判断することで、自分にとって大切な人が遠ざかってしまう結果を招き、結局は自分を『損』な状況に追い込んでしまうのです。

損得勘定で判断しないように心がけることで、大切な人のサポートを受ける機会も持てるようになり、『得』を呼び込むことが出来るようになります。

【損得で物事を考えてしまうなら、こちらの記事もチェック!】

他人の立場になって考える

蔑ろにする人は、自分本位で物事を判断することが癖になっています。

日々の生活の職場や学校などで、自己中心的な考えや価値観で物事を決めつける人は、周りの人の視点で冷静に物事を判断することができません。

自分中心の価値観で物事を判断する人は、大切な人を蔑ろにすることも少なくありません。

このため、自分中心に物事を考える人は、周りの人からの信頼を失うことになります。

しかし一方、他人の立場になって考えることの出来る人は、冷静に物事の良し悪しを判断できますので、大切な人を蔑ろにする過ちをすることはありません。

周りの人や物事を冷静に見渡すことが習慣として身に付いている人は、他人の立場になって考えることの出来る心の余裕を持っていますので、周りの人から信頼される存在になっていきます。

他人の立場になって考えることの出来る人は、他人のことも大切にする心の広さをもつ人と言えます。

他人の立場になって考えることの出来る人は、周りの人を蔑ろにすることはありません。

自分を軽く扱わない

周りの人や物事を蔑ろにすることは、結局は自分自身を蔑ろにすることになります。

人間関係の法則に『相手に向けた行為は自分に跳ね返ってくる』という考え方があります。

相手の人を軽く扱って蔑ろにすることは、巡り巡って結局は自分を軽く扱うことになるのです。

日常生活の中で、周りの人に向かって蔑ろにする姿は、自分が意識しないところで、周りの人から観られています。

周りの人は、蔑ろにする姿を見て、『他の人を蔑ろにする人』というレッテルを貼ることになります。

『他の人を蔑ろにする人』というレッテルを貼られた人は、『自分を蔑ろにする人』として観られる結果になります。

結局は自分自身のことも蔑ろにしてしまいます。

自分のことを軽く扱い、蔑ろにすると将来に向けた自分の人生の可能性を『摘む』ことになります。

自分の人生を、日々の生活の中でステージアップさせていくためには、自分を軽く扱わずに、自身が持つ可能性を伸ばすことを心掛けることが大切です。

自分を大切にする心掛けが定着してくると、他の人の人生も大切にする考えが『芽生えて』、他の人を蔑ろにする考えが『萎んで』いきます。

自分を軽く扱わないことは、周りの人も軽く扱わないことに繋がっていくのです。

自分より他人を優先させてみる

他人を蔑ろにする人の心理状態は、自分自身の考えや価値観を優先させたい心境の表れと言えます。

日々の生活の中で、自分の考えや価値観を周りの人と比較する癖のある人は、比較することで、自分の優れている『点』を見つけ出そうとします。

自分が他人より優れているものを見つけ出すと優越感に浸り、他人を蔑ろにするようになります。

自己中心的な人は、自分のもつ考えや価値観は他の人よりも優れていると思い込む癖があります。

このため、自分の考えや価値観と違った面を持つ人を『無視』するようになります。

他の人を蔑ろにする行為は周りの人からの信頼を失い、周りの人から相手にされなくなります。

周りの人からの信頼を失うことで、自分が蔑ろにされる結果を招くのです。

周りの人からの信頼を回復させるためには、自分より他人を優先させることを心掛けることが大切です。

他人を優先させる行為を繰り返していると、その姿を観ている周りの人は、次第に考えを改めるようになります。

周りの人の考えが改まることで、信頼を得るようになっていきます。

自分よりも他人を優先させることで、自分が周りの人から信頼される存在になっていることを実感できるのです。

蔑ろにして良いものなんてない

日常の職場や学校で、周りの人を蔑ろにする行為は、巡り巡って、自分が周りの人から蔑ろにされる状況を招くことになります。

特に、自己中心的な人は、自分の考えと異なる人を観ると我慢ができずに、蔑ろな態度をとってしまいます。

また、自分の考えや容姿、体形に劣等感を抱いている人は、何時も周りの人と比較をする癖がついています。

周りの人と比較をした結果、自分のもつ劣等感を刺激する人が居ると、その人を『無視』する蔑ろな行為をします。

他の人を蔑ろにすることを繰り返していると周りの人からの信頼を失い、自分自身が『つらい』立場に追い込まれていきます。

相手に向けた『蔑ろ』な態度が、自分自身を辛い立場に追い込む結果を招くのです。

他の人を蔑ろにすると、『因果の法則』により、自分自身を蔑ろにしていくのです。

『蔑ろ』にする行為は、他人と自分の区別なく影響を及ぼしますので、『蔑ろにして良いものなんてない』ことに気づかされます。

『蔑ろ』は、人間関係を『快さ』から遠ざけるものです。

『蔑ろ』は、人々の日々の生活には必要のないものです。

『蔑ろ』を無くすことで、日々の暮らしが『平安な心』になっていきます。