あなたは、付き合う前にキスをした経験はありますか?

マンガのような世界のシチュエーションですが、マンガの世界だけではなくこの一般世界でも普通に起こっていることなんですよね。

そのため、これまでの人生の中に一度だけではなく数回も経験したことがあるという方がいるのではないでしょうか。

とはいえ、付き合う前にキスをしてしまうとその後に人は二つの感じ方のどちらかを感じるはずです。

ひとつは「このまま遊びの関係で終わってしまうのかな」という心配する気持ち、もうひとつは「このままあわよくば遊びの関係に発展できるかも・・・というものです。

この記事を開いてくださっている方は、前者である「遊びにならないか不安」という気持ちを抱いている方が多いのではないでしょうか?

だって、ノリでキスをしてしまったとはいえ、その相手はあなたにとってとても大切な人かもしれないですものね。

それまでに築いた人間関係だけではなく、それまでの信頼関係さえも失ってしまうことにつながるかもしれないんです。

では、ノリで付き合う前にキスをしてしまった場合、相手にはどのように思われているのでしょうか?

そんなことを心配しすぎて夜も眠れぬ生活をすごしているあなたのために、今回は付き合う前にキスしてしまうことについて特集しています。

ぜひこの記事を参考にして、今までにしてしまった付き合う前のキスだけではなく、これから起こるかもしれない付き合う前のキスに対して対策方法を知っておきましょう。

付き合う前にキスしてしまった経験、ありますか?

あなたは、これまでの人生のなかで付き合う前にキスをしてしまった経験はありますか?

付き合う前にキスをするなんてありえない!

・・・そんな考えを持っている人がいるかもしれませんね。

筆者もそのような考えを持っているような女子でした。

しかし、好きな人からキスを迫られてしまうと必ずといって断れない、そんな弱い一面も持っています。

この世の中には、付き合う前にキスをしてしまった経験をしたことがある方って実はとても多いんです。

「そんなに私(僕)の周りにはいない!」と思うかもしれません。

それって、周りの人がわざわざ伝えていないからなんです。

だって、一般的にお付き合いしてからキスをするものだといわれているのに、それなのにキスを最初にしてしまった、なんてどんなに仲良しな友だちであっても伝えることはできません。

だって自分の非を認めなければならないからです。

それだけではなく、キスをしてしまったという罪悪感とも向き合うことになりますよね。

とはいえ、なかには最初から遊び目的で付き合う前だからこそキスをするようなツワモノもいるのです。

では、どうして私たちは付き合う前にキスをするのはあまりよろしくないと感じているのでしょうか?

付き合ってからキスがベストな順序


なぜかといいますと、キスというのは日本では”愛がある相手にするもの”として捉えられているからですよね。

だからこそ、お互いの気持ちが一致した上で”お付き合いしてから”、そしてカップルという関係になってからキスをするのがベストな順序といわれているんです。

それにきちんと付き合ってからキスをすれば、お互いの気持ちを確認できていることになるので「相手が遊びなのではないか」「自分は一度だけの関係なのではないか」なんて心配をする必要もありません。

そして、自分の愛をしっかりと相手に伝えることができるんですよね。

なぜならば、相手は自分のことを好きでいてくれる、自分の気持ちを受け止めてくれるとわかっているからなんです。

最近は軽い感じでする人も多い

でも、現代では気軽に友だち関係でもキスをするような人が増えています。

お酒の場のノリで、なんとなくそういう雰囲気になって・・・。

また、最初から遊び目的で近づき、相手の恋心を利用するなんていう悪いヤツらまでいるから気をつけたいですよね。

とはいえ、最近では遊びとかそんなことも考えずに”コミュニケーションの一環”としてキスをする人がいるんですよね。

そのため、もしもどちらかがキスしてきた相手のことを好きだった場合は、勘違いしてしまったり、その勘違いによって傷つくことになりかねません。

というか、実際にそのような事態が起きているんです。

そのため、好きな相手であれそうではない相手であれキスされてしまった場合には、相手がどのような気持ちでキスをしてきたのかを察してあげなくちゃいけないんですよね。

しかし、そんなことまでしなくちゃいけない=悩まなければいけないのは悲しいですし、それにどうしてそんなことに人生を振り回されなければならないのかと人生のなかの大きな問題に発展してしまうこともあるのです。

付き合う前のキスは要注意!

あなたは、付き合う前にキスをしたことがありますか?

キスをしてしまった後は、そのキスの相手によっては「キスできてうれしい」と舞い上がってしまうこともあれば、「どうしてキスしてしまったのだろう」と後悔の気持ちしか感じられない、という人もいることでしょう。

キスをする前はなんとも思っていないかもしれないのですが、キスをした後はキスをした相手との関係になんらかの”悪い変化”が起こる可能性がとても高いんですよね。

しかし、遊び感覚、コミュニケーション感覚でキスをしている人にとっては「どんな悪いことが起こるのだろう?」と何がおこるのかまったく想像できないのではないでしょうか。

そのようにキスをした後のことを把握しないままにキスするのは、とても危険なんです!
何も考えずに付き合う前にキスをしてしまったことがあるあなたは、ぜひ以下の”デメリット”を確認しておきましょう。

既にあなたは、そのように相手から思われてしまっているかもしれないのです。

遊びだと思われる

ぶっちゃけた話、付き合ってもいないのに軽々しくキスをしてくる相手は自分に責任をもつことを放棄していると受け取られてしまいます。

要するに”遊び”のためにキスしてきたんだ、この人はほんとうは遊び人で自分だけではなく、いろいろな人にキスをしているにちがいない・・・なんて思われてしまうんです。

1度でもそのように思われてしまったら、なかなかその印象を取り除くのはとても難しいです。

なぜならば、あなたも実感したことがあるかもしれませんが、一度失った信用を取り戻すのってとても難しいからなんです。

「この人は遊び人だ」と一度でも思われてしまえば、あなたがどんなに努力をしたとしてもその印象を一生ぬぐえないなんていうことだってあるんです。

そのため、あなたが本気でキスをした相手に対して恋愛感情やなんらかの特別な感情を抱いていたとしても、それは伝わらず、それどころか嫌われてしまうんですね。

特に日本人というのは、相手との信頼関係の積み重ねを大切にする人種でもあります。

一度でも遊びだと思われないように、相手に対して真剣な気持ちがあるのであるならば、むやみやたらに付き合う前にキスするのはやめましょう。

軽い女・男と思われる

遊び人ってどんな人だと思いますか?

いろいろな異性に声をかけ、その異性をあそび、カラダの関係をもつようなそんな人のことをいいます。

また、それだけではなく言動が軽々しく見えてしまうような人もいることでしょう。

一度でも、遊び人だと思われてしまったということは、それと同時に”軽い人だ”と思われているも同然です。

軽々しいからこそ、後先何も考えずにキスができるし、手もつなげるんだ・・・なんて感じているのでしょう。

そんなことをいうと「相手だって軽い感じだったし、仕方ない!」と思われるかもしれません。

はい。

たしかにあなたは、遊びの対象としてキスをされた、キスをしたのかもしれません。

でも、そこで少しでも抵抗していれば「この子はしっかりとした人だ」と認識され、遊びの対象から外れることだってあるんです。

そこで軽い女・男の代名詞は消えるんですが、なかなかそれができず空気に流されてキスをしてしまい、軽い人認定を勝手にされてしまうんですよね。

相手がそのような態度をとらなくても、既にあなたには軽い人というレッテルが貼られています。

しかも瞬間接着剤のようなとても強いはりつきで。

相手に好意がない場合嫌われる

もしも、あなたが相手のことが好きでキスをしてしまったとしましょう。

二人きりになって、ちょっとイイムードになると、なんだかイケそう、キスをしたくてたまらない・・・なんていう気持ちになってしまいますよね。

その際には、やってしまったという後悔で相手にそっけなくしがちです。

しかし、そうはしないでください。

まずは謝ること。

そしてあなたの本当の気持ちを相手に伝えるようにしてください。

そのようにして、あなたは相手に好意をもっていたこと、相手のことが好きだからこそキスをしてしまったことを伝えるんです。

恥ずかしいかもしれません。

でもそのようにしなければ、あなたは相手から遊び人だとか軽い人だとか思われるようになり、あなたの好意は相手に一生届かなくなってしまいます。

反対に相手にまったく興味がない、好意がないのにキスをしてしまった場合は確実にあなたは遊び人であり、軽い人ですから相手に嫌われることでしょう。

友だち関係としてずっと長くやっていきたかったけれど、なにかに負けてキスをしてしまったんでしょうね。

でも、この先は友だちでいることも、知人でいることも相手からは拒まれることになるでしょう。

身体目的だと思われる

はっきり言って、付き合ってもいないのにキスをしてくる相手は”カラダ目的にちがいない”と思われがちです。

特に付き合う前にキスをされた女性は、100%の確率で相手の男性のことを”カラダ目的だ”と思っているんですよ。

そりゃそうですよね。

キスってカラダの関係になる前段階でもありますから、少しでもその段階に入るようなことがあると疑ってしまうんです。

恋愛にウブな方であればそんなこともわからないので疑わないかもしれませんが、異性関係のある・これまでにお付き合いのしたことのある・慎重な人であれば、相手のことを疑っています。

そのせいでせっかく良い関係になれたかもしれない関係を破綻させることになったり、あなたの恋愛感情を伝えるまもなく相手から嫌われてしまうのです。

付き合う前にキスする男性心理

ここからは、男女別の付き合う前にキスしてしまう心理を見ていくことにします。

あなたが女性で、付き合う前に男性からキスをされた場合には、「どうしてそんなことをしたんだろう」「もしかしたら私のこと、好きでいてくれているのかな」「遊び目的なのかな」なんていろいろなことを考えてしまいますよね。

そのせいで仕事や勉強に手がつかなくなり、日常生活に支障がでてしまうことも・・・。

だからこそ、付き合う前にキスをする男性の心理をしることによって、あなたのその現在のこころのモヤモヤをなくしていきましょう!

遊び相手と見ている

たとえ男性であっても、慎重な人であれば付き合う前にキスをするなんていうことはありません。

遊び相手としてみているからこそ、女性にキスしてしまうんです。

気軽に、恋愛関係なんていう重い関係に責任を持ちたくない人に多いです。

雰囲気に流された

なんとなくイイ雰囲気になってしまって、そのままキスをしてしまった・・・という男性はとても多いです。

特に男性は、本能的にそういうムードになるとキスをしたり、勢いでその先までしてしまうんです。

だからこそ浮気をしないような男性でも浮気をしているんですよね。

好きだけど言えない


本当は大好きで仕方ないけれど、なかなかその気持ちを伝えられないでいる。

そんなときにキスできそうな瞬間があったら、その気持ちがあふれ出してキスという行動で相手に好意を示しちゃうんです。

その後にしっかり告白してくれたらいいのですが、そっけなくしてしまう(恥ずかしい)男性が多いです。

身体の関係を築きたい

恋人関係になるのではなく、ただのセフレにしたい、そういう関係になりたい・・・その気持ちが前のめりしてキスをする男性も。

この場合は、都合の良いときだけに呼び出してはカラダの関係を求めてくるのが多いです。

酒に酔った勢いで

お酒に酔ってしまうと普段冷静な人であっても、理性を失ってしまいガチ。

本能的な部分がむきだしになるんですよね。

そのため、勢いでそのままお持ち帰りなんていうことも。

これまた絶対に浮気しないような人が浮気をする原因のひとつでもあります。

キス魔

もともと誰にでもキスをしてしまうような男性だったということも。

そんな人は飲み会などで男女かまわずキスをしちゃうことも。

そんな男性は自分がキス魔であることを知らないことが多いです。

付き合い前にキスする女性心理

次に付き合う前に女性にキスされてしまったあなた!

あの女性はいったいどんな気持ちで自分にキスをしてきたのか・・・悩んでいるかもしれないですね。

人によっては、キスができてラッキーくらいにしか感じていないかもしれません。

それでも相手の女性の気持ちを知っておくことで、これからの関係のモヤモヤをぬぐえるかも。

ぜひ確認して相手の心理を確認してください。

雰囲気に流されてなんとなく

男性だけではなく、女性もその場の雰囲気に流されてキスをしてしまうことも。

相手の男性のことは、なんとも思っていないのですがムードつくりが上手なために、そのままキスしちゃうんですよね。

もしも雰囲気でキスをされてしまったのであれば、あなたはとても上手なイイムードを演出できているのかも!?

挨拶のかわり

海外ドラマや映画を見ていると、挨拶のかわりにキスしているシーンをよくみますね。

その女性は、海外育ちか留学経験があったり、海外好きなのではありませんか?

その場合は、挨拶かわりにキスをしてきた可能性があります。

スリルを味わいたい

付き合ってもない男性とキスをしたらその先はどうなるのかを知りたい!

そんな気持ちから、スリルを味わうためにキスしてきたかも。

利用されているともとれるので、怪しいと思ったら近寄らないようにしましょう。

好奇心

この人とキスしたらどんな感じなのかな?

その先はどんな風に引っ張っていってくれるのかな?なんて、あなたとのキスを想像して好奇心でキスしています。

その好奇心を満たすことができれば、もう二度とキスはしてきません。

意識して貰えるかも

相手のことをうまく利用したいという悪い気持ちのとき、なんとなく気になる相手だから恋人関係になるために相手に意識してもらいたい・・・なんていう良い気持ちのときでも相手の気を引くためにキスをする女性も。

このタイプの女性は、やり手ですからだまされないように気をつけてくださいね。

寂しさを紛らわせるため

彼氏と別れたばかり、最近嫌なことが続いている・・・そんな悩みを相談されている途中にキスをされたのであれば、その寂しさを紛らわすためにキスしてきたのかも。

そういう女性は、依存体質なことが多いのでお世話してあげるなら依存させすぎないように注意が必要です。

好意がある

あなたのことを好きだったり、なんとなく気になる・・・そんな気持ちからその気持ちを抑えることができずにキスをしてしまうなんていうことも。

これは男性もあることなので、理解できるのでは?とはいえ、告白する前にキスなんかしてほしくないですよね。

遊びで終わらせない方法

付き合う前にキスをしてしまうと、どうしてもそのままでうやむやにされてしまうのではないか?

このまま都合の良い存在として、存在を続行することになるのではないか・・・なんていろいろと嫌なことを考えてしまいますよね。

たしかに世の中には、付き合う前にキスをしてそのようになってしまった方も大勢いらっしゃいます。

そのようになってしまう人々がいるからこそ、遊びで終わらせたくないし、相手にも遊びとしてみてほしくないと感じるんですよね。

もしも、本気で「遊びにしたくない」と思っているのであれば、あなたが行動するしかありません。

相手から行動してくれることもありますが、待っているだけでは遊びでなくなる確率はどんどん日に日に下がってしまいます。

それに待っていることに疲れたり、ちょっとした相手のアダルトな誘いにのってしまうなんていうことも考えられますよね。

実は、まじめなあなたのために遊びで終わらせないための手段をお伝えしていきます。

本当に好きなら告白する

ちょっとした気分の間違い、ノリでキスをしてしまったかもしれません。

しかし、その相手は実は大好きな相手だとしましょう。

大好きな相手だからこそ、キスができるチャンスとなると「だめかな」なんて思いつつもそのムードに流されてしまうんですよね。

だって相手も自分を受け入れてくれているような気がするし、もしかしたら両思いなのかもしれないと勝手に解釈してしまうからなんです。

しかし、キスをした後に相手から何もいってくれなかった、それどころかいつもより態度がそっけなくて「自分は遊ばれてしまったのだ」と感じるかもしれません。

そのままにすると、本当に相手があなたのことを遊びの対象とみているのであれば、また遊ぶために呼び出されたり、誘われたりすることでしょう。

皮肉にも、あなたは相手のことが好きですからその誘いにのってしまうんですよね。

そして相手とよくない関係にズルズルと入っていってしまうことも考えられます。

そのようにならないように、本当に相手のことを愛していたり、好きな気持ちがあるのであれば待つのをやめてください。

「相手がいつかは告白してくれる」なんていうのを待たないでください。

世の中には、「女性は男性に告白するべきではない」という人がいます。

しかし、その言葉を信じないでください。

もしもだめだったら仕方ないじゃないですか。

まずは、自分はあなたと遊びの関係ではいたくないこと、キスをするならカップルとして次はしたいということを伝えてください。

とても怖いかもしれません。

ノリでキスをした後の相手のちょっと冷たい態度、遊ばれてしまったかもしれないという気持ち、いろいろとモヤモヤしていることでしょう。

そのままにしていても、そのモヤモヤは晴れません。

それどころかもっとモヤモヤしてしまう事態になるかもしれません。

というのもどうしてここまで、告白するのをオススメするかといいますと筆者はガマンしたせいでチャンスを逃したからなんです。

筆者は数年前に大好きな男性がいました。

その男性とはちょくちょく食事に行ったり、買い物をする関係だったんです。

そんなある日、夕飯を食べたあとにいつもはない雰囲気になりそのままキスしてしまったんですね。

というのも、筆者はその男性のことが大好きでしたから、とてもうれしかったわけです。

受け入れてしまったんですね。

そのまままぁカラダの関係まで持ってしまったわけなんですけども。

その翌日の朝、その男性はいつもよりもなんだか冷たく感じて、すぐにお開きすることになりました(彼に予定があったため)。

その帰り道、なんともいえないむなしい気持ち、こんなことになるのであれば告白をすればよかったととても後悔しました。

その後、告白をしようと思ったのですがなかなかできず、相手は私を遊びにしか見ていないに違いないと感じ、相手から会いたいといわれても会わないようにしていたんです。

その間にその男性を忘れるために出会った(言い方悪くてゴメンナサイ)男性と交際がスタートしました。

その交際をつげようと電話に出た矢先、「あの日はあんなことをしてごめん。本当は会って伝えたかったんだけどなかなか会えないから。俺は◯◯ちゃんのことが好きです。あの日のことは順番が間違ってしまい今でもとても後悔している。何度も謝ろうと思っていた。お付き合いしてください」というものでした。

びっくりしました。

泣きました。

筆者は本当はキスをした後に告白をしようとしたのですが、仲良しの男友だちに相談したところ「女が告白するのはおかしい」といわれ、鵜呑みにしてしまったんですね。

あの時、鵜呑みにしないでいればもしかしたら今でも横にいたのはその男性かもしれません。

まぁ今は現在の彼氏が大好きですが、チャレンジもせずにあきらめるのは絶対にダメってことです。

告白してみて。

思いも寄らないことが起こるから。

キスした理由を正直に言う

もしもあなたからキスをしたのであれば、その理由を伝えてください。

それもキスしたのって「キスしたかった」だけではなく、相手のことをいとおしく感じたから、相手のことが好きでその気持ちが爆発してしまったから・・・ということが多いのではないでしょうか?

筆者もそうだったのでよく分かります。

とはいえ、その理由を正直に相手に伝えるのってとても恥ずかしいですよね。

だって、”事後”なのですから。

しかし、そこで逃げないでください。

相手は「自分のことを遊びの程度にしか思っていないのかもしれない」「もう自分は恋人の座にいくことはできないんだ」と勝手に勘違いしているかもしれないからです。

どんなにいつでもポジティブな相手であっても、こういうことになるとネガティブになるもの。

相手はきっとわかってくれているだろう、なんて勝手なことをいわずに恥ずかしがらずに全てを打ち明けてください。

相手はあなたのその正直な気持ちに動かされることでしょうし、あなたの真剣な気持ちに心を動かされるかもしれません。

相手があなたのことをもともと好きでなかった、なんてことを考えずに悪いウワサを流される前に自分から手をうっておきましょうね。

日本ではお付き合いする前にキスするのは”おかしいこと”という風潮があるからこそ、世間体を気にしている方は特に意識しておきたいものです。

付き合う前にキスされそうになったら

なかには、まだ誰にも付き合う前にキスされそうになったことがないという方もいるのではないでしょうか?

まだ異性と二人っきりになる環境になかったり、なんとなくそのような雰囲気になるのを察知してその場から抜け出しているなんていうこともありますよね。

しかし、それは今だけかもしれません。

明日にでもあさってにでも、あまり意識していなかったような男性から、大好きな片思いしている男性からキスを迫られることもあるかもしれません。

ちょっとドキドキしてしまうようなシチュエーションですが、そのようなことになった後に後悔しないように振舞いたいですよね。

だって、筆者含めたくさんの失敗をした人がこの世の中にはたくさん存在しているのですから。

あなたには、そんな苦しい思いをさせたくない。

だからこそ、ここでは付き合ってもいないのにキスを迫られた場合、キスされそうになったときにどうすればいいのかをお伝えしていきます。

キスされそうになるなんて、本当にマンガのような世界のことのように思われますが日常でよく起こっていることなんです。

だからこそ、あなたも他人事だと思わずにぜひ自分にも起こりうることだと想定しながら読み進めてください。

「付き合ってから」とはっきり言う

付き合う前にキスをするとお互いに複雑な気持ちを感じることになります。

もともと遊びの目的でキスをしている相手であれば、何も感じないかもしれませんがそんな相手の姿を見て傷つくのはあなたです。

あなたは、あなたで自分の身を守るしかないのです。

それにキスをすれば、自分の女だ、とか自分の男だ、なんて勝手に勘違いするような男性や女性もいるので気をつけたいところ。

だからこそ、キスされそうになったらその場の空気や雰囲気に流されないことがまず一番重要なことです。

特に相手のことをもともと好きだったり、かっこよかったりかわいかったりしてもっと近づきたいなんて感じていると、そのムードに負けてしまうんですよね。

人間ってとても弱いです。

どんな相手でさえも、相手がキスをしようとしてきたらすかさず顔をそむけましょう。

その一瞬は「キスしとけばよかった」と後悔するかもしれません。

しかし、そんな一瞬の後悔よりもしてしまった後悔のほうが本当に大きくなってしまうのです。

そして、「付き合ってからキスする」とはっきりと告げてください。

あなたのことを本気で思ってくれている相手であれば、すぐにでもその場で、その場でなくても近日中にはあなたの愛の告白をしてくれるはずです。

しかし、その後にふてくされたり、嫌な顔をしたり、それ以降連絡がとれなくなってしまったらあなたを”遊び相手”としか見ていなかった可能性が大。

それが大好きな相手だったら悲しいですが、その後のことを考えれば浅いキズで済ませることができたのです。

とても勇気のいる言葉ですが、「付き合ってから」とはっきりと伝えるようにしましょう。

恋愛に関してイエスマンでいると、本当にいいことはありません。

「付き合ってない人とキスは無理」と断る

また、「付き合ってから」と伝えると「どうして?」なんて甘えた顔で伝えてくる人がいます。

それだけではなくサイテー男の場合は「今一瞬だけ付き合うことにしちゃえばいいじゃん」なんて軽はずみなことを言ってくるんですね。

もうそんなことを言う時点で願い下げな相手ですよね。

そんな相手には、はっきりと断るのが重要になります。

そんなときにオススメな言葉が「付き合っていない人とはキスは絶対に無理」と伝えるんです。

それも怖い顔つきで伝えてください。

少しでも笑顔が入っていると「こいつはイケル」と思われてしまいます。

ちなみにこれは筆者が夜の世界で働いているときにとても役立ちました。

特にキスをしたがる迷惑客というのは、その場で「付き合ったことにしよう」とむりやりにでもキスしようとするんですよね。

プライベートであれば、ここできっちり断りましょう。

そうすれば悪いムシは近づきません。

とはいえ、夜の世界で働いている方はそういう方をお客さんとして引っ張れるようにがんばってくださいね。

付き合う前のキスはするのもされるのも避けるべし

今回は、付き合う前にキスすること・・・についてお伝えしてきました!

いかがでしたか?

今までに、付き合う前にキスしてしまってモヤモヤしや気持ちを抱えている人もいれば、これからそんなシチュエーションになってしまったらどうしよう!とワクワクしている人がいるかもしれませんね。

もしも既にキスをしてしまったというのであれば、これからの行動で相手との関係が変わっていくからこそあなたのほしい未来のためにぜひ行動にうつしてください。

そして付き合う前にキスするのは決してよくないということを忘れずに肝に銘じておいてください。

してもいけない。

されないように避ける。

そして、情にほだされたり、その場の勢いにのらない。

いつでも冷静な判断ができるようにしましょうね。