CoCoSiA(ココシア)

御曹司を見分けるためにチェックした...(続き4)

御曹司だからと言ってお手伝いさんが掃除をするとはかぎりません。

お金を持っている人はきれい好きだったりします。

とりあえず、ダラダラと時間をやり過ごすことはありません。

休みの日はしっかり遊んでリラックス。

したいことをしています。

平日だって空いた時間はキッチリ使います。

習い事や運動や勉強、人によってはボランティア活動をしている人もいるでしょう。

誰かのために動くことは、やはり巡り巡って自分への投資になるです。

丁寧な言葉遣い

御曹司に言葉が乱暴な人はまずいません。

なぜなら育ちがいいからです。

こんな言葉をしっていますか「金持ち喧嘩せず」これはお金に余裕があるから心が穏やかでいられるので、言葉遣いが丁寧でいられるし、イライラもしないのです。

そして汚い言葉づかいは自分にとって「損」を生み出してしまうことを彼らは知っているのです。

汚い言葉を使って相手を不快にさせたりすると、ビジネスの場では損になる場合があります。

また御曹司は、「ありがとうございます」と感謝の言葉を心から言えるます。

もちろん「すみませんでした」ともすんなりと言えます。

御曹司は心が真っすぐな方多いです。

ひねくれている人はあまりいません。

だから丁寧な言葉がつかえるのかもしれませんね。

表現が穏やか

御曹司は汚い表現はあまりしません。

御曹司はたくさん本を読んだりして語彙力があるので、汚い表現をしなくてもいいのです。

品があるので、自分の話を聞いてくれている人の事を思いながら失礼のないように話をしてくれます。

そして知的センスがある人は、ユーモアを交えて話すこともできます。

来てくれている人が少しでも安心して、そして楽しい思いをして欲しいと思っています。

お金を持っている人は優しい気持ちの人が多いです。

あなたの周りに品が良くて、いつも穏やかな表情で周りを和ませる人はいませんか?きっとその人は御曹司だと思います。

…って、極端な結びつきかもしれませんが、仮に御曹司じゃなくてお金もあまり持っていないのかもしれませんが、間違いなく心の余裕がある人でしょう。

人が最終的に目指したいのはこの辺りなのではないでしょうか。

何がなくても心が豊かでいられる。

これこそが良い人間性といるのではないでしょうか。

複数の収入源を持つ

御曹司は親の会社で働いているだけで高給でそれだけで生活できそうな気もしますが、それでは会社に何かあった時財産が一気になるくなる可能性があります。

一か所に財産を保管しておくのは無くなるリスクが高くなります。

そこで財産を守る3つの事を基本として、ビジネスでお金を作る方法、投資をなどをしてお金を増やす方法、資産を保護して守る方法。

この3つをお金のある人は実践して収入源を増やしています。

彼らは安定した資産を持ちながらも常にリスクの事を考えています。

安定している時こそリスクがあると考えていて、資産を分散して保管するとなくすリスクも分散されるということなのです。

御曹司と財産について話す機会は滅多にないかもしれませんが、お金のある人たちは積極的にお金の話をするといいます。

もし、詳しい人がいたらどのように財産を増やすのが理想的か聞いて勉強するときっとあなたの人生の役に立ちますし、あなたもリスクから逃れられるヒントが得られるかもしませんよ。

アイディア豊富

御曹司はアイディア豊富です。

良い意味で考えが自由です。

そして一つの場所に、一つの考えで留まっているのは良い物を生み出さないと知っています。

彼らのアイディアが結果的に成功するか失敗するかは本人も分かっていませんが、「成功する」という考えでアイディアを進めていきます。

また彼らは行動力もあります。

普通の人は自分のアイディアを進めようとしたときに「失敗したらどうしよう」と思い行動を止めたりしますが、彼らはそうではありません。

失敗も自分の経験という財産にできると知っているのですぐに決断をしてすぐに動けるのです。

失敗でクヨクヨするのはほんの少しだけなのです。

御曹司はとってもポジティブシンキングです。