CoCoSiA(ココシア)

御曹司を見分けるためにチェックした...(続き6)

また彼らは性格がひねくれていない人が多いです。

ポジティブでいられるのは両親に真っすぐ育てられたという理由もあると思います。

たくさんの本を読む

色々なことを知識として取り入れたい彼らは、人に合って話を聞くだけでなくて本をたくさん読もうとします。

彼らは小さなときから本を読むことを教育されているので、難なく読んでしまいます。

読書をすることで、誰かの言葉がアイディアになりますし、御曹司とはいえたまに人生の道を迷うことがあります。

そんな時はやはり本が人生の指針となるのです。

彼らはこの読書という行為も「自分への投資」と知っているのです。

本を読んで目標やアイディアがはっきりすれば進むべき道へ真っすぐ行くことができて無駄な浪費もしなくて済むし、時間も短縮できます。

彼らにとって本を読んで情報収集するのはとても価値があることなのです。

人生の目標が高い

目標が果てしなく高いのが御曹司。

彼らはただの金持ちでいようなんて思っていません。

彼らは常に「何のため」かを考えています。

自分だけのためのお金なら、ただの金持ちです。

でも、人のために使うお金があるならそれは、お金の使い身を知っている金持ちです。

目標が高い彼らの目標はいかに金を生み出すかではなくて、お金をいかに人のために使えるかを考えているのです。

お金をいくら貯めるかの目標なら限界があります。

でも、人のために使うなら尊くて高い目標と言えるでしょう。

そして彼らは目標が達成してもまた別の目標を立てます。

もしかしたら人によっては一度にたくさんの目標を立てているかもしれません。

会社、家族、健康、財産、自分だけの目標などたくさんの目標があるのです。

それでも次から次へとアイディアが出てきて、目標を立てていけるのが御曹司なのです。

お金に好かれている

金持ちはお金に好かれている。

だなんて聞いたことがありませんか。

それって本当なの?と思ってしまいますがこれは本当の事です。

人は人を敬い接すると相手もこちらを大事に思ってくれます。

お金もそれと同じです。

お金を大事に扱うのです。

お金を受け取る時は丁寧に静かに受け取る。

お金を出す時もそうです。

また、無駄な事に使ったりしないようにしましょう。

10円は10円の価値でしかありませんが、その10円で買った物をどのように価値をあげるかで10円は10円以上の価値のあるものとなります。

人が「えー」と思うような100円の物でも、自分には1000円の価値があると思えるならそれでいいのです。

そのような考えでいると、「自分をこんなにも大事に扱ってくれるんだ」とお金の方から寄ってきてくれるのです。

お金に好かれたいのなら、こちらもお金に対して誠意を見せることが大事なのです。

お金を貯め込まない

お金のある人は、お金はたくさんありますがため込んだりはしません。

どのように使うかをいつも考えています。

お金は使ったらなくなるでしょう!と普通の人ならそう思います。

でも御曹司は違うのです。

お金をため込まないというのは、お金をジャンジャン使うという意味ではありません。

お金を増やすことに使えるかどうかということです。

カンタンに言えば「投資」に使うのですが、その投資先がどこなのかも需要な問題でもありますが、最終的には増えて自分に戻ってくることを知っているので投資をするのです。

お金の流れを作って淀みなくするのがお金を残すコツともいえるでしょう。

ため込まないで正しい投資先に使うのが正しい使い方と言えるのです。

頭を使ってどんどん増やす

御曹司はアイディアが豊富です。

いろんな物事にビジネスのチャンスを見つけることができますし、その考えを実践する力もあります。