あなたの周りに御曹司はいますか?そう聞かれたらあなたは何と答えますか。

御曹司なんていないよ、聞いたことないよ!と言うでしょうか。

確かに私たち庶民(失礼w)の周りには見当たらないですよね。

でも、もし御曹司なる存在が身近に隠れていたとしたら…。

気になりますよね。

もしかしたら、知らなかっただけで「あの冴えない人」が御曹司だったということもあります。

「御曹司」このときめきを感じる言葉にあなたは何を思いますか。

もしかして御曹司?御曹司を見分けよう!

きっとどこかに私の探している王子様がいるのだとしたら、一体どこにどこにいるのでしょうか。

遠い南の島の大王?それとも地中海の青い海が見えるお城にいるのでしょうか。

友人と旅行に行った先で出会ったひげを生やした粗野な感じの青年が実は…。

砂漠の街でピンチを救ってくれた男性が実は…。

なーんてハーレクインロマンスみたいな話に憧れはしますけど、実際はそんなことありません。

あるかもしれませんけど、ほとんどありません。

それはフィクションの中だけのお話です。

でも、でもですよ!海外に行って王子様を探すより、もっと身近で探す方法がありますよ。

王子様ではありませんが、「御曹司」を探しあてるのです。

あなたが知らなかっただけで御曹司はきっとあなたのそばにいるはずですよ。

御曹司とは?

御曹司。

聞いたことはあるけどイメージでしか頭の中に浮ばない方も多いと思います。

イメージとしてはまずはどこかの会社の跡継ぎでお金もちで、品があって、物静かでと、漫画や小説で見るようなイメージがあると思います。

韓国ドラマなどでもよくこの「御曹司」が出てきますよね。

韓国ドラマの王道と言ってもいいくらいに、韓国ドラマには「御曹司」が織り込まれております。

おじいさまが会長でお父様が社長、そして息子が跡継ぎでお母さまがややキツくて、おばあ様はもっとキツくて自分の思い通りにいかないと怒りまくるみたいな。

すいません、これはあくまでイメージなんですがね。

ここでは御曹司の意味、その言葉の使い方をお伝えします。

意味

「御曹司とは宮中や貴族の私室を敬って言う言葉、転じてそこに住まう人を指す。」

…ふむふむ。

ここの意味ではなにやら高貴な感じが漂っていますよね。

でもこの意味じゃ、現代に住む私たちの頭の中でイメージしているものとは違いますよね。

「歌舞伎役者の権門の家に生まれ、長じては大名跡を襲名することが定められている男子。」

どうでしょう?ここらで何となくイメージに近づいてきましたね。

もっと詳しく説明しますと、市川海老蔵さんのような方を御曹司というようですね。

それではもう一つ、現代で使われている意味を出しますと「裕福な家庭に生まれて、ゆくゆくはその財産の多くを相続することが期待される男子。良い意味で「お坊ちゃん」、悪い意味ではドラ息子、親の七光り的なニュアンスをお持つ」

どうでしょう?後者の裕福な家庭に…の部分がしっくりきたのではないでしょうか?

私たちが知りたい御曹司はこっちですよね!

使い方

使い方は、「〇〇ホールディングスの御曹司である〇〇は」や、「歌舞伎界の〇〇屋の御曹司である~」といったところでしょうか。

また、揶揄する時にも用いられたりもします。

「どこの御曹司か知らねぇが、気取ってんじゃねーよ」みたいに使ったりもします。

類義語

御曹司はその家を継ぐことを予想されているので、「お坊ちゃん」や「ご子息」、「ご令息」「若旦那」などが類義語となっています。

御曹司に共通する特徴22個!

日々、いろいろな人ととお話ししたりすると、「あれ?この人何だか品がいいな」「この人、男性なのに物腰が柔らかいな」と感じる男性はいませんか。

他の男性とはちょっと違う雰囲気を持っていて、でも気取らずに優しい感じの男性。

その人はもしかしたらあなたの探している「御曹司」かもしれませんね。

御曹司にはいくつかの共通点があります。

その共通点はあなたの生活にはあまり関係のない物事だったり、興味のないものだったりしますが、「あれ?」と思ったら今からお伝えする22個の特徴を照らし合わせてみてください。

もしかしたら多く共通する点があるかもしれませんよ。

お金を大事にしている


御曹司だからお金はあります。

たぶん有り余るほどあるのでしょう。

でも、無駄遣いはけしてしません。

自分が価値があると思う使い方をします。

お金を大事に使う人は人間的に出来たひとです。

子供からのしつけも良くされていて、しつけの一環としてお金の使い方もきちんと親から教わっていますし、使い方に品があります。

間違わないで欲しいのは、けして「ケチ」ではないということです。

「大事にする」とはいろんな意味があります。

お金そのものを大事に丁寧に扱うという意味もあります。

丁寧に扱う人は、何かを買うときにレジでお金を店員に放りだしたり、小銭を受け取る時、出す時に手からこぼしてしまったりなどはしません。

大事に使う人は、お札の向きを全てそろえて置いたり、レシートをたくさんため込んだりはしないのです。

お金を大事に扱う人は昔から「お金が残る人」と言われています。

あなたの周りの男性にこんな人がいれば御曹司の可能性が高いですよ。

投資している

御曹司のようにお金がある人は、ただお金をため込むだけのようなことはしません。

あらゆるものに投資します。

投資もいろいろな方法がありますが、彼らは無駄遣いはしないので、必ず無駄にならないようにたくさんの投資をしている人たちから話を聞いて下調べや勉強をして、自分で納得してから投資をします。

まず、投資というのはお金がある人がするものです。

また、手元にあるお金が少なかったとしても、そのお金を「生かそう」と大事に思う人がすることなのです。

投資を失敗する人の共通点の一つに、「常に大勝ちを狙っている」「余力がない」などがあります。

お金がある人は大勝ちを狙ったりはしませんし、余力がないなんてこともはありません。

常に余裕のある状態なので焦って投資をすることもないので、しっかりと勉強をしたうえで投資をするでしょう。

みなさんはあまり知り合いと投資について話し合う機会はほとんどないでしょうが、もし、相手の男性がそのような話をしてきたら少しだけ耳を貸してみましょう。

そしてどのような内容の投資なのか聞いてみるのも一つの参考になるかもしれませんね。

高いもの買って長く使う

値段の高い物というのは、それなりの高くなる意味があります。

高価なものは長持ちしますので、買い替えることがないのです。

靴やカバン、財布に時計、など高価なものほど長持ちします。

もちろん、途中の手入れは必須となりますが、長く使えるものが多いです。

御曹司かどうか知りたいなと思った時、その人の靴を見てみるといいでしょう。

革靴はピカピカに磨かれていますか。

汚れていたり、傷が多くついていたりしませんか。

どんなにスーツがびしっと決まっていても靴が汚いと、隅々まで気を配れていなくてがっかりしますよね。

時計なども古いデザインかもしれないけど実は高価なものでアンティークだだったなんてこともありますし、高価なものかどうかは見極めるこちら側の知識も必要になってくるので、少しでも目利きが出来るようにブランドやアンティーク物の勉強をしておく必要がありそうですね。

物の価値を見極める力がある

質屋さんは物の価値を見極める力「目利き」ではありますが、御曹司のようなお金のある人もそうなのです。

テレビ番組で、高価なワインの銘柄を当てたり、高価なバイオリンの音色を聞き分けているタレントさんを見たりますが、あの方たちは普段から「良いもの」に触れているからわかるのです。

良いもの=高価なものとは限りませんが、良いものは自ずとそうなってしまう事が多いです。

物に限らず、食べ物に関してもそうでしょう。

人は高価な料理を食べる人を「グルメ」だなんていいますが、彼らは美味しい物を美味しいと感じるだけではなくて、その食材が何処で採れて調理の仕方まで知ろうとするのです。

お金持ちと言えば乗る車は「高級車・外車」など多くなってきますが、それはお金を持っているからそのような車に乗るのではなくて、その車の良さを知っていているし、その車が自分のライフスタイルに合うということを知っているからなのです。

物を見極められる人は、美術館に行ってもはじっくりと見ることができますし、その絵画の説明を聞こうとします。

そしてしっかりと勉強ができるのです。

すなわち彼らは良い物をどんどん自分の中に取り入れようとしているのです。

そして自分の糧とすることができ、それを「品」として身につけられるのです。

人のためにお金を使う

御曹司や金持ちと言われる人たちは、先ほどお話しした投資もしますが、別な使い方もできる人たちなのです。

それは人の為にお金を使うのです。

人の為にお金を使うということはどのようなことなのか。

直接、困っている人に「寄付」という形で使う場合もありますし、素晴らしい未来の人材を育てるために、学校を設立する人もいます。

使い方はさまざまですが、お金は普通の人の考えなら自分の手元にいくら残せるかと考えますが、お金持ちの人たちは違います。

人にお金を使うことが、自分に跳ね返ってくると知っているから使えるのです。

普通の人は、人の為に使ったお金は自分に返ってくると思えない人がおおいでしょう。

でもお金のある人は心に余裕があります。

そしてすべての人がとはいいませんが人柄がいいのです。

だから人の為にお金を使うことができるのです。

決断力がある


迷いがないわけではありませんが、彼らはすぐに決断することができます。

それは、御曹司が会社の息子だから経営の場に立つことが多いので、いつも決断の場所に立たされています。

そこで自ずと決断力が早くなっていくわけですが、これは小さな頃から善悪の判断をしつけの中で教えられたことや、物の良しあしを見分ける力を身に着けてきたことにもあります。

これが決断力の速さにつながると言っても過言ではないでしょう。

でもこんな話を聞いたことがあります。

お金持ちほど、小さな出費に出すか出さないか迷うそうです。

これはケチでそうなっているのではなくて、お金持ちは無駄遣いをしないので小さな金額でも出し渋るそうです。

そう思うと決断力があるのかないのか分かりかねますが、金持ちも悩むことがあるというこでなんだかホッとしますよね。

気持ちの切り替えが早い

御曹司ってイメージ的に心が打たれ弱いような感じがしますが、実は見事なまでにアッサリしていたりもします。

誰かに嫌味を言われたり、嫌なことがあってもそれをいつまでも引きずりません。

気持ちを引きずることが時間の無駄だと知ってるからです。

いつまでもうだうだしているのなら、次に進んだ方が自分の為になるからです。

その時間の節約が自分への投資だと知ってるのです。

事業なので失敗してもいつまでもクヨクヨしません。

なぜ失敗したかを真摯に受け止め、次はどうしたら良いか考えだします。

この気持ちの切り替えが次への次の投資につながると考えているのです。

このポジティブさがお金を増やすコツなのでしょう。

お金を持っている人は結構、心がタフに出来ています。

ネガティブシンキングな人は見習いたい所ですね。

新しい知識を取り入れるのが早い

御曹司は新しい知識や興味のあるものをすぐに取り入れます。

そしてそれを身に着けるのが速いのです。

自分の身の為になる変化ならどんどん進んで取り入れるのです。

知識を取り入れて変化する自分を嫌いではないし怖くはないのです。

もちろん自分の為になるかどうかをしっかり見定めることをしてから取り入れます。

仮にそれが失敗だったとしても、「勉強させてもらった」ということで心の中で解決することができるのです。

御曹司に限らず、お金のある人はお年寄りでも新しい事にチャレンジしようとします。

パソコンの勉強も面倒くさがらずにしている人が多いです。

また、お金のある人はいつまでも何かを学ぼうとします。

自分の為に投資をするのです。

それは70でも80でも関係ありません。

このいつまでも新しい事を取り入れる姿勢が新鮮な自分を保って入れる秘訣なのかもしれませんね。

時間を大事にする

御曹司は休むときは休む、動くときは動く。

時間の使い方にメリハリがあります。

時間の価値を自分で作り出そうとします。

特に朝は早めに起きて運動をしたり、勉強をしたりもします。

時間を自分の為に開けるのも自分への投資だと思っています。

また掃除をする人もいるでしょう。

御曹司だからと言ってお手伝いさんが掃除をするとはかぎりません。

お金を持っている人はきれい好きだったりします。

とりあえず、ダラダラと時間をやり過ごすことはありません。

休みの日はしっかり遊んでリラックス。

したいことをしています。

平日だって空いた時間はキッチリ使います。

習い事や運動や勉強、人によってはボランティア活動をしている人もいるでしょう。

誰かのために動くことは、やはり巡り巡って自分への投資になるです。