CoCoSiA(ココシア)

無精ひげは好き?嫌い?女性の立場でそれぞれ意見を解説!


昭和時代であれば、無精ひげは女性に嫌われるイメージでしたが、ここ数年では無精ヒゲがカッコ良いイメージの方が強いです。

芸能人を見ても、ひげをキッチリと揃えている男性よりも、無精ひげの男性俳優は人気が高いです。

無精ひげに対しての女性のイメージは大きく変わったと言っても良いでしょう。

ですが、誰でも全ての男性の無精ひげがカッコ良いというものではありません。

例えば、女性の誰もがロングヘアが似合うわけでもない、もちろん似合わない人もいます。

ロングヘアもサラサラとなびくような髪質の方やスレンダーな女性なら美しいと思いますが、手入れをしていないボワボワのロングヘアを見て美しいとは思いません。

それは清潔感がないからです。

無精ひげは、まさに清潔感が命と言っても良いでしょう。

無精ひげが、「ただの無精」に見えてしまったら、それは女性に好かれない無精ひげです。

この記事の目次

男性の無精ひげは好き?嫌い?女性目線で解説

今の時代、無精ひげに対して「最悪、汚い」というイメージは、あまりないのかもしれません。

ですが、無精ひげは「絶対に無理」という女性が全くいないわけでもないのです。

特に10代や20代の若い世代の女性であれば、無精ひげをカッコ良く感じることでも、50代以上の女性では、無精ひげは汚いと認識している方が多いです。

例えば、彼女との結婚を申し出る為に彼女の実家に無精ひげのままで伺ったら、どうでしょう?

多くの御両親は「無礼な人間」と思って、良いイメージはありません。

しかし男性にしてみれば「無精ひげは自分らしさ、自分のスタイルで譲れない」と思っているかも知れませんし、彼女も「無精ひげでも素敵、ちゃんと清潔に整えてる」と思っていて理解していても、第三者にすれば、ただの無精ひげに変わりはないのです。

無精ひげは全ての女性に「素敵」と思われるものではなく、また場所を選ばずに無精ひげを貫くことは理解してもらうことも大事です。

今回は、女性目線から見た無精ひげを解説します。

無精ひげとは?


無精ひげとは、どんなひげを示すのでしょうか?本来、無精ひげは、剃ることを怠けて伸びたままのひげを無精ひげと言います。

無精ひげは、世間一般的に見れば、だらしないイメージが強いです。

また、若い年代では比較的、無精ひげがカッコ良いと捉えますが、年配者には不評です。

無精ひげは、個人差により似合う男性と似合わない男性とハッキリ分れます。

無精ひげだけれど、だらしなさが男らしくカッコ良く見える男性もいる中で、汚らしさしか感じない男性もいます。

この差は、顔やスタイル的な外見、内面的な性格が無精ひげをマイナスにしてしまうのです。

正直、無精ひげは似合わない男性の方が圧倒的に多いかも知れません。

極端な話、無精ひげが似合う男性は、どんな格好をしても似合うものです。

女性でも無精ひげを支持する派と、絶対に無精ひげは嫌と否定的な女性がいます。

無精ひげは、個人差で好き嫌いがわかれるひげです。

女性はどう思っているの?無精ひげに対する意見

無精ひげが好きな女性と無精ひげが苦手な女性の差は、何でしょうか?

無精ひげに対して良い思い出や記憶があれば、無精ひげをカッコ良いと思いますが、逆に無精ひげに対してイヤな記憶しか残ってないと無精ひげが苦手になります。

その思い出や記憶は、過去の男性との出会いや彼氏、家族が関わっていることが多いです。

しかしながら、無精ひげが苦手な女性の割合は、何と80%超えです。

ほとんどの女性が無精ひげを苦手と思っています。

苦手な女性が多いですが、現実テレビで見る俳優やアーティストは無精ひげを生やしている男性はいますし、欧米人は無精ひげがとっても似合います。

無精ひげが似合う男性であれば、女性は無精ひげの男性を好きになるのです。

無精ひげ好き派の意見


無精ひげ好き派の女性の意見は、「好きな相手が無精ひげ」や「好きな俳優が無精ひげをはやしている」や「男らしい男性が好き」という意見が多いです。

また、育った環境により、自分の父親が無精しげをはやしているから馴染みがある女性も、無精ひげに抵抗はありません。

無精ひげ好きな女性は、無精ひげを汚いとは思わないのです。

無精ひげは汚いのではなく、ワイルドと感じ、男性が魅力的に見えるのです。

無精ひげは、男性だからこそ似合うものです。

男らしさの象徴でもあるのです。

自分にないもので魅力的

無精ひげを好きな女性はキャリアウーマンが多いです。

自分自身に対しては完璧さを求める女性も、彼氏には緩さを求めます。

自分にないものを持っている男性は魅力的に思えるのです。

自分にないもののヒトツに、無精ひげを生やしている男性です。