ドッキリ番組って面白いですよね。

昔とんねるずの番組でやってた「とんねるずのみさなんのおかげでした」という番組で、ターゲットを落とし穴や池に落とすというドッキリが非常に笑えました。

やられている方はたまらないとは思いますが、視聴者目線ではドッキリだと良くも悪くも素が見えてしまいますが楽しかったです。

さすがにとんねるずほどではありませんが、ドッキリを実際に仕掛けた事はありませんか?

ないという人は是非相手が嫌がらない程度で、ドッキリを仕掛けてみてはどうでしょうか。

ドッキリを友達や恋人に仕掛ける時の5個の注意点

ドッキリを友達や恋人に仕掛ける時の注意点として、あくまでも笑えるものにしましょう。

深刻な嘘や人を試すようなドッキリは後味が悪いので、絶対にNGです!
思いつきでやったとしても、許せるドッキリと許せないドッキリがありますので気をつけましょう。

ドッキリなんか出来ないと思っている人、人生は当たって砕けろです。

思いっきり砕けてしまいましょう。

思い付きや勢いでやらない


思いつきや勢いで許してくれるのは、相手がノリが良いか関西人かによります。

基本的に関西人はノリが良く、お笑いにはゆるいため、よほどの事がない限りは笑って許してくれますよ。

しかし最近の若い人はノリが薄っぺらく、無茶苦茶な事をしても笑って許してもらえない場合もあります。

私もよくドッキリではないですが、人を驚かせる事が大好きで思いつきや勢いでやってしまいますね。

さすがに道具を使いませんが、結構そーっと脅かすだけでもびっくりされるので楽しいですよ!

失敗したときに人間関係の崩壊を迎える

ドッキリって失敗した時が精神的に一番痛いんですよね。

昔私が高校生の頃、まだ携帯がそこまで復旧されている訳ではなく、冬休みや長期間の休みに入ったらよく親友と家電をしていました。

当時親友の家に変なおじさんから電話がかかってきたり、無言電話をかけてくる人が多いとぼやいていた事があり、いたずら心で変質者のフリをして電話をかけたのです。

さすがに他の家族が出た場合はそんな事は出来ませんので、第一声を聞いてからドッキリにかけようと思っていました。

電話の第一声を聞いて親友だと思い、荒い息遣いで変質者のマネをしたのは良かったですが、電話の向こうで悲鳴を上げられてそのまま切られてしまいました。

慌てた私は急いで親友に電話をし、先程の変質者は自分だと言う事を告げたのですが、親友からとんでもない事を言われたのです。

先程の電話で出たのは親友ではなく、親友のお姉さんだったと言われました。

それを聞いてさすがに真っ青になり、速攻で謝罪をした事は言うまでもありません。

後日新学期になって親友に会った時、その変質者がきっかけで親友の家族から私のイメージは一気にアホの子という印象に変わったそうです。

怒られはせず、笑い話になったとの事だったので安心しました。

失敗した時に人間関係の崩壊を迎えるとは言いますが、私のようにイメージがアホの子になってしまったので、どうしようもありません。

涙を流させるなら感激の涙に!

ドッキリで涙?と思うかもしれませんが、ちょっとしたサプライズ感覚と考えてみて下さい。

例えば友達と一緒に自分の誕生日を祝ってくれる事になり、予約していたお店に行くと仕事でいないはずの彼氏がそこにいて、プロポーズしてくれて涙を流すというのが結構ベタなパターンですね。

上記のようなサプライズに近いドッキリなら相手は確実に感激して涙を流してくれるでしょう。

本当はよりドッキリを成功させるために、恋人とわざと喧嘩してからドッキリを仕掛ける方がよりドラマ感が出るのですが、場合によっては振られてしまう可能性もあるのでおすすめはしません。

人を喜ばせる演出をする事も大切です。

プロポーズでなくてもお祝いだったり、歓迎会のドッキリを仕掛けられた時って嬉しいですよね。

ただドッキリを仕掛ける前に注意して欲しい事があります。

プロポーズなどの場合は、相手の気持ちを事前に確かめておいた方が良いです!
よくあるあるなのがかなり大掛かりなドッキリプロポーズをしたのにも関わらず、相手からプロポーズを拒否されてしまったら洒落になりません。

怒りや悲しみの涙を流させるドッキリは絶対にNG


最近テレビのドッキリで、大御所が芸人さんにパワーハラスメントに近いドッキリをして視聴者から批判を喰らうというものがありましたね。

軽く脅かす程度のドッキリなら良いかもしれませんが、パワーハラスメントやモラルハラスメントに近いものだとドッキリではなくなってしまいますので注意しましょう。

ドッキリだからって相手を不安にさせてはいけません。

そのテレビのドッキリにかけられた芸人さんも泣いてしまっていましたからね。

怒りや悲しみの涙を流させるようなドッキリを仕掛ける行為は、人間としてのモラルが問われる事になるでしょう。

もしそのドッキリを仕掛けた人は、確実に他者からの批判を喰らうので気をつけて下さいね。

仕掛ける相手の周囲に他の人がいない状況でやろう

ドッキリで一番気をつけて頂きたい事は、二次被害です。

相手にドッキリを仕掛ける場合は、周囲に他の人がいない状況で行いましょう。

その理由は相手にドッキリを仕掛けた時に、驚いた拍子に誰かにぶつかってしまったり、相手や別の人が怪我をしてしまうからです。

思いつきや勢いでやらない方が良い理由は、そうゆう所も含まれているからなんですね。

他にもいくつか理由はあります。

失敗した時に相手に恥をかかせてしまうから

当然の事かもしれませんが、ドッキリをする時はかなり恥を捨てないといけません。

私は関西県民のノリでいけるのでそこまで恥はありませんが、プライドは何処かに置いておきましょう。

大掛かりなドッキリを行う場合は、事前に綿密な計画を立てておく必要がありますが、失敗する可能性もあります。

ドッキリ自体相手の反応を予測して行うので、相手の思考やスケジュールを把握しておかない限り成功率は低くなってしまうのです。

そして周囲に誰かいない状態でドッキリを仕掛ける方が良いとは言いましたが、これには万が一の保険のためも含まれています。

相手にドッキリを仕掛けた際、たまたま周囲にいた人がドッキリを仕掛けた相手の関係者だという事も考えられるからです。

その関係者が友達や家族なら良いかもしれませんが、もしかしたら職場の人だった場合、ドッキリの内容によっては相手に恥をかかせてしまう可能性があります。

なるべくドッキリは外ではなく、室内で行った方が無難かもしれませんよ。

ドッキリを実行するのには集中力が必要だから

気にしない人は気にしないかもしれませんが、集中したい時に周りに誰かいたら集中力が切れてしまう事ってありませんか?
私もそのタイプで、考え事や仕事に集中したい時はいつも部屋にこもる事が多いです。

特にドッキリは仕掛けるタイミングが微妙なので、一歩間違えてしまうと相手にドッキリがバレてしまうかもしれません。

集中力とはそれほど大切なものですが、人間の集中力は基本的に7秒しか続かないと言われています。

人間の集中力は金魚よりも低いと言われていますが、上手く集中できれば何時間でも持続させる事が可能です。

しかしいくら集中してても携帯の着信音や、人の話し声が気になって集中力が途切れてしまう事も少なくありません。

自分の性格も考慮して、ドッキリを仕掛ける場所もチョイスして下さい。

下調べや道具の準備は万全に

ドッキリだけではなく、何に対しても下調べや道具などの準備は万全にしておきましょう。

仕事でない分真剣に取り組んでいる訳でもないので、結構失敗しても良いやという緩い気持ちでやってしまう人がいます。

道具がいらず、軽いドッキリなら良いかもしれませんが、ドッキリなど何とでもなると思っている人は危険です。

相手が怪我をしてしまう場合もあるので、事前準備を万端にしておいて下さい。

まず相手にドッキリを仕掛ける前に、道具を上手く使いこなせるか予行練習をしておく事も大切ですよ。

ひとつ予定がずれただけで失敗してしまう

何事も計画を綿密に立てておく事は大切です。

ちょっとしたアクシデントが、予定を大幅に狂わせてしまう事もあります。

例えばドッキリの仕掛けがない、道具が湿気って使い物にならなくなってしまったというアクシデントも考えられるものですよ。

ドッキリが微妙な形で終わってしまうと、一番対応に困るのは自分ではなくて相手だと理解しておきましょう。

相手は中途半端なままにされてしまうので、何が起こっているのか呆気に取られてしまい収集がつかなくなってしまいます。

こうなるともうお手上げ状態になってしまうので、ドッキリは失敗になってしまうしかありません。

ひとつ予定がずれただけで失敗してしまう事は、最初から考慮しておきましょう。

ドッキリを成功させるにはそんな簡単なことではないのです。

失敗した時のフォローを考えておこう

口八丁手八丁という言葉があるように、臨機応変に対応しその場を上手く切り抜けられるようする必要が世の中にはあります。

その場で上手く思いつく人なら構いませんが、臨機応変が苦手な人は事前に失敗した時のフォローを考えておきましょう。

アドリブがフォローが苦手だという人は、最悪その場を取り繕わず素直に相手にドッキリだと説明する方が無難かもしれません。

下手に取り繕ってしまうと、相手の機嫌を損ねてしまう恐れがあるからです。

しどろもどろにわけの分からない事を言われていると、正直な話イライラしてきますよね。

最悪の場合それが原因で相手との仲が悪くなってしまう事もあります。

ドッキリは成功した時は良いのですが、失敗すると相手からの評価が下がってしまう事もあるので覚悟しておいて下さい。

何パターンか用意して臨機応変に対処する

失敗した時の保険はかけて置くものです。

何パターンか想定し、用意しておきましょう。

上手く行けばそのまま臨機応変に対応する事が出来ますよ。

せっかくのドッキリが白けてしまっては最悪ですからね。

とっさに判断するにしても、上手くいかない場合があります。

最初から成功率が高いドッキリであればそんな心配をする必要はないでしょうけど、成功率が低い場合は予め用意しておいた方が安全です。

世の中には絶対、そしてあり得ないという言葉は一番ありえないのですからね。

ドッキリを計画する前に抑えておきたいポイント

ドッキリを計画する前に抑えて置いた方が良いポイントをいくつかご紹介致しましょう。

それは結果、計画、ドッキリを行うメリットについて考える必要があります。

これらを踏まえて自分勝手な思いつきで相手にドッキリを仕掛けてしまうと、相手の信用をなくしてしまうのです。

ドッキリが大失敗だった場合は、いずれも相手の事を考慮していない可能性があります。

相手の立場になって物事を考えて下さいね。

ドッキリの結果は表裏一体!

まず計画を立てる前に、最終目的はどうなりたいかを思い描いて下さい。

相手を感動させたいのか、喜ばせたいのか、ただただ驚かせたいのかによってやり方は変わってきます。

結果を考えないのは、とても危険です。

相手に喜んでもらいたいと思うのであれば、相手の好みや思考パターンを考慮しない限り結果は酷いものになりますよ。

例えば怖いものが苦手に相手に対し、それらを使ってドッキリを仕掛けるという行為は平和的なものではありません。

相手に対して嫌がらせに近い行為や、いじめにも取られるような行為に値すると考えて下さい。

自分はいいかもしれませんが、人が嫌がる行為をする事は現代社会では認知されにくいです。

現在では昔のテレビのドッキリはやりすぎだと言われるくらい、周囲への判定が厳しくなっていますからね。

相手が嫌がるような事だけは絶対に止めておきましょう。

ただ相手が笑って許してくれるような器量の良い性格の人であれば、やりすぎない程度であればいけるかもしれません。

綿密な計画が必要です

全ての計画において、最終的にどうしたいのかから考えましょう。

よくやりがちなのが、起承転結から物事を考えてしまう事です。

起承転結から進むのは悪い事ではありませんが、最初に力を入れすぎて最終目的がどうしたいのかがぶれてしまう可能性があります。

最後がしっちゃかめっちゃかになってしまう事って、本当によくあるんですよね。

当の本人は良いのですが、他の人からしてみたら消化不良になってしまったというケースはよくあるあるな話です。

マーケティングの技法でよく使われているのが最終目的から順番に最初を考えるというやり方が、目的がブレることがなく成功しますよ。

要するに結転承起の順となります。

過程も大切ですが、本当に重視しなければいけないのは、最終目的です。

綿密に計画を練らないと、失敗してしまうので注意しましょう。

ぶっつけ本番ではなく、必ず予行練習を行ってドッキリをしかけて下さい。

大事故や事件につながることも

ドッキリの道具を使う際、なるべく相手に危害が無いものをチョイスしましょう。

状況によっては大事故や事件に繋がってしまう恐れがあります。

私が学生時代親友にしかけたいたずら電話ですが、あれも一歩間違えてしまえば警察に突き出されてしまうドッキリでした。

事件性は低いものですが、いたずら電話ではなくもっと酷い犯罪を装うドッキリだったとしたらどうなるでしょうか?

自分が白状する前に警察に連絡されていたら、ドッキリでしたでは済まなくしってしまうでしょうね。

大事故に関してドッキリが失敗した際、自分だけでなく相手や周りの人に多大な迷惑をかけてしまう事もありますよ。

ドッキリの道具のせいで怪我をしたとか、交通事故に巻き込まれてしまったとかではシャレになりません。

ドッキリを仕掛けるメリットとは?

ドッキリを仕掛けるメリット何てあるのかという事ですが、メリットはちゃんとあります。

通常では伝えにくい事もドッキリを仕掛ける事で一生の思い出になったり、相手に気持ちが伝わってくれる点です。

ドッキリは何も相手を面白半分で驚かすわけではありませんよ。

一生の思い出になる

ドッキリが成功すると一生の思い出になる事は間違いありません。

人はインパクトのある出来事をずっと覚えているものなのです。

それが良きにせよ悪きにせよ、忘れる事はほぼないと思って下さい。

ドッキリは一生の思い出になるので、ドッキリを仕掛けたプロポーズや誕生日お祝いなどがいつまでも嬉しい記憶として残っているでしょう。

良いドッキリの例

誕生日やプロポーズにドッキリを仕掛けてもらうと、嬉しいものですよね。

相手の気持ちが伝わりますし、思わず涙を流したくなるかもしれません。

是非大切な人に良いドッキリを仕掛けてみてはいかがでしょうか!
この記事を参考に考えてみて下さいね。

プロポーズ

今現在プロポーズをまともにされた事がない、シンプル過ぎたプロポーズで演出も色気も何もなかったとぼやく女性がとても増えてきています。

私もその内の一人なので気持ちがよく分かります!

世の中の男性の皆さん、女性にプロポーズする時は是非ドッキリを仕掛けて下さい!

男性にとっては大した事がなくても、女性にとったらプロポーズというものは大切なものなのですよ。

女性が素敵だと思うドッキリは、下から上に一気に上げる感じですね。

実際に使って欲しい例としては、旅行で予約した部屋があまり質が良くない部屋だと言っておいて実は超豪華なスイートルームを予約していた、驚いている彼女に対してプロポーズすると喜んでもらえるでしょう。

女性は特別感に弱いので、プロポーズを成功させたいのであれば普段とは違う非日常なドッキリを仕掛けるのがベストですね。

リムジンをチャーターしたり、彼女が家に帰って来た時にごちそうを用意してのドッキリなどがおすすめです。

あまり大掛かりにしてしまうと女性が嫌がってしまうので、ロマンチックな演出が良いでしょう。

まれにロマンチックを勘違いして町中でフラッシュモブをしてのプロポーズや、自作の歌を歌っての痛いプロポーズもドッキリではありますが、成功率は一気に下がってしまう事だけは覚悟しておいて下さい。

悪いドッキリの例

悪いドッキリの例をいくつかご紹介致しましょう。

これらは実際に相手にしてしまうと嫌がられてしまう確率が高いので、しない方が良いです。

ドッキリの内容によっては自分の人間性が問われてしまい、人から嫌われてしまう原因を作ってしまいます。

また恋人ならでは浮気した、別れて欲しいというドッキリで本当に別れてしまったという人もかなりいるのです。

基本的にドッキリは人に嘘を付かなければいけないので、酷すぎてしまうと最低な人間だと思われてしまう事を覚悟しておいて下さい。

お化けを見せる

いつの時代も心霊現象を好きな人間は多いですよね。

お化けを見せるというドッキリは決して悪い訳ではありませんが、やり方にもよります。

ドッキリにかける対象がお化けなどの心霊現象が苦手であれば、絶対にやってはいけません。

恐怖は人それぞれによって違うので、ドッキリを仕掛けるにしても本格的にならないように気をつけましょう。

お化けを見せるドッキリは長引かせず、出来る限り驚かした直後にネタ明かしをする方が良いですよ。

面白がって引っ張り過ぎてしまうと、相手が半狂乱になってしまったりする事もあるので、ほどほどにしておいて下さい。

嫌な相手なら情けない姿を見られるので良いかもしれませんが、仲の良い相手でも一気に嫌いになりそうですね。

お化けを見せるにしても本格的なものではなく、チープな作りにしておくのが良いですよ。

これは例外かもしれませんが、相手に霊感や不思議な感覚を持っている人間にやっても一切ドッキリにはなりません。

私には霊感はありませんが、見える人は見えるらしいです。

ドッキリを行う場所にもよりますが、本当に人が死んだような場所で心霊現象のドッキリは行わない方が安全かもしれませんよ。

お墓や病院などで悪ふざけのドッキリをした後に、体調が悪くなってしまったり、不運になってしまったという人は少なくないのです。

まだまだ科学では解明されていない事が多いので、処理できないものは最初から手を出さないでおきましょう。

事故や病気の嘘を演出

これはどのドッキリよりも一番モラルが問われてしまいます。

人を過剰に心配させるようなドッキリはタチが悪過ぎますからね。

もし自分の立場に置き換えて母親が交通事故に合ってしまった、それが原因で現在集中治療室に入っている状態と言われてしまったら焦りませんか?

その状態だと正常な判断がしにくいですよね。

しかもそれがドッキリの為の嘘だったなんて言われたら、私だったらフルボッコにすると思います。

冗談抜きで殴られても怒られても仕方がないドッキリですよ。

無事だった事はもちろん嬉しいのですが、それよりもそんな大嘘をついて人を騙すなんてありえません。

しばらく口をききたくなくなる所か、一生顔を見たくなくなってしまうでしょう。

下手をすれば絶交レベルですね。

人を騙すという事はそのくらい酷い事なんです。

自分にとっては笑い話かもしれません。

でも相手にとってはとても傷付いてしまう嘘にしかならないのです。

基本的に嘘を付くのは良くありません。

誤魔化すにしてももう少し考えましょうね。

悪意のあるドッキリ

悪意のあるドッキリはいじめにも繋がります。

私の周りに起こった悪意のあるドッキリについて、ご紹介しましょう。

学生時代私の同級生の女の子がメル友と仲良くなったという話を聞いたので、どんな感じなのか話を聞きました。

同い年くらいの男の子とサイトで仲良くなり、お互いに写メ交換までしたそうなのですが、私と一緒に写メを見せてもらった親友は変な違和感がすると小声で言い出したのです。

親友と2人でいる時に写メに感じた変な違和感について聞くと、親友は何とも言えない顔で答えてくれました。

何と写メび写っていた子は、自分と同じ部活の女の子かもしれないと言い出したのです!
私はその女の子とは話をした事がないのでよく知りませんでしたが、親友は結構親しかったらしく特徴があまりにも似すぎていたと言っていました。

元々写メ自体相手の顔がはっきり写っている訳ではなく、帽子を目深にかぶっていたので分かりにくかったのでおかしいと思っていましたが、何とも言えなかったので私と親友はそのままにしておく事にしたのです。

後日食堂に行った時にたまたまその部活の女の子たちのグループと席が近くなり、何気なく聞き耳を立てているととんでもない事を聞いてしまいました。

会話の内容はその同級生の女の子の事で、親友が言った通り写メは本当にフェイク写真で作られたものだったようです。

それを騙されていると知らずにずっとメールをしている同級生の事を嘲笑っていました。

私は正義感が強い訳ではないですが、自分の大切な人が馬鹿にされていたら黙っていられない性質です。

しかしそんな私もあえてその子達のやっている事を無視しました。

理由は至ってシンプル、私もその同級生の子に良い感情を持っていないからです。

結構嫌な目にも合わされたりしたので、教える気にはなりませんでしたね。

その後は結局何もなく終わったそうですが、悪意のあるドッキリほど後味が悪いものはないでしょう。

もしその子が大切であれば助けていたと思いますが、誰からの信用がないと自分を助けてくれる人はいません。

悪意のあるドッキリを仕掛ける人間は、性格と性根が悪いという事だけは理解しておいて下さい。

失敗した時の覚悟はありますか?

失敗した時の覚悟は最初からしておきましょう。

覚悟をしておかないと、臨機応変に対処ができない人は軽いパニックを引き起こしてしまうかもしれません。

どんな覚悟もいつもしておいた方が良いですよ。

その方がダメージも少ないですからね。

ダメージを補てんできる?

正直に言ってしまうと、精神的ダメージはめちゃくちゃでかいと考えておいて下さい。

仕事で上司に怒られるのと同じ感じですね。

ダメージを補填するためにも、予め失敗した時のパターンをいくつか用意しておくべきではあるのですが、人は追い込まれない限り危機感を感じない生き物でもあります。

慎重な人ならともかく、大雑把な人だとリカバリー出来ない状態にまで追い込まれてしまうかもしれませんよ。

失敗した時のダメージをその場で補填できるかどうかによって、ドッキリが成功する確率は上がります。

私は普段ムードメーカー気質なのでおちゃらけていてもその場でリカバリーはある程度回復出来ますが、ほとんどの人はそうではありません。

最悪ノリで誤魔化すか男らしく失敗を受け入れてしまえば、ダメージも軽くて済みますよ!

相手が許してくれるレベルのドッキリ?

相手が許してくれるレベルかどうかのドッキリは、人によって違います。

自分基準で考えては行けない点がそこです。

相手にとっては心底嫌な事かもしれません。

もしドッキリが成功したしても、そのドッキリの内容が相手にとって気に食わないものであれば、烈火の如く怒られる可能性があります。

自分としては良い事をしたつもりでも、相手にとっては全て不愉快だと言われてしまうと、そのショックは計り知れないものになるでしょう。

しかしそれを話しても誰もあなたに同情する人はいません。

本来ドッキリは絶対にしないといけないものではないからです。

自分の自己満足でやっている事なので、誰も可哀想とは思わないでしょうね。

もちろんドッキリの内容にもよりますが、悪い例で上げたドッキリは誰も喜ばないので確実に激怒されますよ。

ドッキリの成功を願っています!

ドッキリはそこまで難しいものではありませんが、失敗するととんでもない事になってしまうので、複数でドッキリを仕掛ける場合は個人プレーは控えて下さい。

自分一人なら自分だけの責任で済むので良いのですが、他の人と組んでもしその人が失敗してしまった時、お前のせいでドッキリが失敗してしまったんだと責めたくなってしまうでしょう。

連帯責任になってしまうので、必ず予行練習や打ち合わせなどはしっかり立てておかないと失敗してしまいますよ。

ドッキリが上手く行くように成功を願っています!