CoCoSiA(ココシア)

「尊敬する人は?」と聞かれたら何て答えたらいい?パターンと理由を教えます

あなたには心から尊敬する人が存在するでしょうか?

少し考えて「尊敬する人なんていない」という人や、すぐ尊敬する人が頭に思い浮かぶ人など、様々な思いがあると思います。

人生を成功させるには、心の師を持てなんて言葉もありますが、そんな心の師こそが尊敬に値する人なのではないでしょうか?

実際に、自分の尊敬する人がいるかいないかで、大きく人生は変わってくることでしょう。

もちろん、その尊敬する人がどのような人なのかでも変わってきますが、大抵の場合は偉大な人であったり、自分ができないことを平気でしてしまう人、

また「この人は本当に凄いな」と思える部分がある人を、普通の人であれば尊敬するはずです。

尊敬する人がいれば、自分のそのような人になりたいという気持ちが生まれ、日々努力もするでしょうし、生きていく上での活力も全然違ってくるのではないかとも感じます。

逆に尊敬する人がいない場合、毎日の繰り返される人生の中で行く方向が見えないですし、

どのようなものを目指して行けば良いのかわからなくなることもあるでしょう。

できることであれば、心から尊敬する人を作るべきです。

しかし、無理して作れるものでもありませんよね。

また、色々な場面で「あなたの尊敬する人は誰?」なんて聞かれることもあるでしょう。

そんな時、答え方によって相手に対する印象が大きく変わりますし、答え方によっては最高の印象を相手に与える事ができます。

なので、今回は、「あなたの尊敬する人は誰?」と聞かれた時に、どのようにして答えるのがベストか?パターンと理由についてご紹介していきます。

日常ではよくあることですが、これを覚えておくときっと良いことがあるので是非参考にしてみて下さい。

尊敬する人がすぐ思い浮かぶ?

あなたのは、尊敬する人は誰?と聞かれすぐに頭に思い浮かぶでしょうか?

すぐに思い浮かぶ人もいれば、全く思い浮かばない人もいるはずです。

その違いっていったい何なのでしょうか?まず考えられるのが、今までの人生の中で尊敬する人に出会えたか出会えていないか?という部分になるでしょう。

正直これに関しては、運の要素が非常に強く、今までの経験で尊敬する人に出会えたというのであれば、

その人は非常に運が良く、出会えていない人は運が悪いといえます。

この世の中に、自分より凄い人や尊敬に値する人なんてのはいくらでもいます。

なので、出会うチャンスはたくさんあるはずですが、そんなチャンスに巡り会えていない人は、尊敬する人はいないといえるでしょう。

また、そのような尊敬する人に出会っているにも関わらず、気づいていない人も多くいます。

そのような人は、アンテナの貼り方に問題があり、敏感に感じ取る能力が低いともいえます。

このような人は、いくら自分の近くに凄い人がいても、相手を尊敬することができないですし、自分も尊敬される立場になることはないでしょう。

では、尊敬する人がすぐに思い浮かぶ人と思い浮かばない人には、どういった違いがあるのかを具体的に見ていきましょう。

1. 思い浮かぶ

尊敬する人が思い浮かぶという人は、今までの経験や人生の中で尊敬する人にちゃんと出会えたということが考えられます。

それが誰であろうと、どのような部分を尊敬しているのかに関わらず非常に運が良いといえます。

それと同時に、自分の向上心や自分がどうなりたい、というものをしっかりと持っているということもいえるでしょう。

人は目指すべきところや、大きな目標があると気持ちが前向きになります。

前向きな人は、自分がどうなりたいか?どのような人を目指したいか?という気持ちが強くなるので

自然と「自分はこんな人のようになりたい」という気持ちが芽生え尊敬する人が生まれます。

また、本当に今まで自分に対して強い思いやりや優しさを与えてくれた人に対して、感謝の気持ちを込めて尊敬するということも多いです。

このように考えると、尊敬する人がすぐに思い浮かぶ人は、現在の人生が前向きだったり、充実していたりする人は多いように感じます。

こういったことは、深くは考えなくとも、雰囲気などで相手に伝わるものです。

なので、「尊敬する人は?」と聞かれた場合、〇〇ですと答えるのと、いませんと答えるのでは相手への印象も大きく変わるでしょう。

2. 思い浮かばない

尊敬する人が思い浮かばない人は、今まで尊敬する人に出会ったことがない運の悪い人ともいえます。

しかし、尊敬する人というのは、自分がアンテナを張って敏感に生活をしていなければ、出会っても気付くことができません。

また、このような人の特徴として、自分中心の生活をしており、誰の意見も聞かない、自分が一番正しいと思ってしまっている傾向があります。

自分が一番正しく、凄いと思っているので、尊敬する人なんかいるはずないですよね。

周囲には自分より凄いを思える人がいないと勘違いしている節があり、素直さが足りないく、プライドが高いという人が多いです。

もちろん、尊敬する人がいないという発言をしてしまうと、

周囲としては、「凄い自信家だな」とか「自分以外は信用していないんだな」という風に受け止められ、非常に器の小さな人間に写ってしまうでしょう。