あなたには心から尊敬する人が存在するでしょうか?

少し考えて「尊敬する人なんていない」という人や、すぐ尊敬する人が頭に思い浮かぶ人など、様々な思いがあると思います。

人生を成功させるには、心の師を持てなんて言葉もありますが、そんな心の師こそが尊敬に値する人なのではないでしょうか?

実際に、自分の尊敬する人がいるかいないかで、大きく人生は変わってくることでしょう。

もちろん、その尊敬する人がどのような人なのかでも変わってきますが、大抵の場合は偉大な人であったり、自分ができないことを平気でしてしまう人、

また「この人は本当に凄いな」と思える部分がある人を、普通の人であれば尊敬するはずです。

尊敬する人がいれば、自分のそのような人になりたいという気持ちが生まれ、日々努力もするでしょうし、生きていく上での活力も全然違ってくるのではないかとも感じます。

逆に尊敬する人がいない場合、毎日の繰り返される人生の中で行く方向が見えないですし、

どのようなものを目指して行けば良いのかわからなくなることもあるでしょう。

できることであれば、心から尊敬する人を作るべきです。

しかし、無理して作れるものでもありませんよね。

また、色々な場面で「あなたの尊敬する人は誰?」なんて聞かれることもあるでしょう。

そんな時、答え方によって相手に対する印象が大きく変わりますし、答え方によっては最高の印象を相手に与える事ができます。

なので、今回は、「あなたの尊敬する人は誰?」と聞かれた時に、どのようにして答えるのがベストか?パターンと理由についてご紹介していきます。

日常ではよくあることですが、これを覚えておくときっと良いことがあるので是非参考にしてみて下さい。

尊敬する人がすぐ思い浮かぶ?

あなたのは、尊敬する人は誰?と聞かれすぐに頭に思い浮かぶでしょうか?

すぐに思い浮かぶ人もいれば、全く思い浮かばない人もいるはずです。

その違いっていったい何なのでしょうか?まず考えられるのが、今までの人生の中で尊敬する人に出会えたか出会えていないか?という部分になるでしょう。

正直これに関しては、運の要素が非常に強く、今までの経験で尊敬する人に出会えたというのであれば、

その人は非常に運が良く、出会えていない人は運が悪いといえます。

この世の中に、自分より凄い人や尊敬に値する人なんてのはいくらでもいます。

なので、出会うチャンスはたくさんあるはずですが、そんなチャンスに巡り会えていない人は、尊敬する人はいないといえるでしょう。

また、そのような尊敬する人に出会っているにも関わらず、気づいていない人も多くいます。

そのような人は、アンテナの貼り方に問題があり、敏感に感じ取る能力が低いともいえます。

このような人は、いくら自分の近くに凄い人がいても、相手を尊敬することができないですし、自分も尊敬される立場になることはないでしょう。

では、尊敬する人がすぐに思い浮かぶ人と思い浮かばない人には、どういった違いがあるのかを具体的に見ていきましょう。

1. 思い浮かぶ

尊敬する人が思い浮かぶという人は、今までの経験や人生の中で尊敬する人にちゃんと出会えたということが考えられます。

それが誰であろうと、どのような部分を尊敬しているのかに関わらず非常に運が良いといえます。

それと同時に、自分の向上心や自分がどうなりたい、というものをしっかりと持っているということもいえるでしょう。

人は目指すべきところや、大きな目標があると気持ちが前向きになります。

前向きな人は、自分がどうなりたいか?どのような人を目指したいか?という気持ちが強くなるので

自然と「自分はこんな人のようになりたい」という気持ちが芽生え尊敬する人が生まれます。

また、本当に今まで自分に対して強い思いやりや優しさを与えてくれた人に対して、感謝の気持ちを込めて尊敬するということも多いです。

このように考えると、尊敬する人がすぐに思い浮かぶ人は、現在の人生が前向きだったり、充実していたりする人は多いように感じます。

こういったことは、深くは考えなくとも、雰囲気などで相手に伝わるものです。

なので、「尊敬する人は?」と聞かれた場合、〇〇ですと答えるのと、いませんと答えるのでは相手への印象も大きく変わるでしょう。

2. 思い浮かばない

尊敬する人が思い浮かばない人は、今まで尊敬する人に出会ったことがない運の悪い人ともいえます。

しかし、尊敬する人というのは、自分がアンテナを張って敏感に生活をしていなければ、出会っても気付くことができません。

また、このような人の特徴として、自分中心の生活をしており、誰の意見も聞かない、自分が一番正しいと思ってしまっている傾向があります。

自分が一番正しく、凄いと思っているので、尊敬する人なんかいるはずないですよね。

周囲には自分より凄いを思える人がいないと勘違いしている節があり、素直さが足りないく、プライドが高いという人が多いです。

もちろん、尊敬する人がいないという発言をしてしまうと、

周囲としては、「凄い自信家だな」とか「自分以外は信用していないんだな」という風に受け止められ、非常に器の小さな人間に写ってしまうでしょう。

なので、尊敬する人を聞かれた場合は、〇〇とすぐに答えれるようになるのが理想です。

また、本気で変な意味もなく尊敬する人がいない人に関しては、まずは自分の目標を持ち、自分はこうなりたいという志を持ちましょう。

そうすることによって、自分と同じような目標や志をたて成功している人や、全力で生きている人を見れば、自然の凄いなという気持ちから尊敬の念へと変わってくるはずです。

尊敬する人として思い浮かぶのは誰?

心から尊敬する人がいる、という方は多いはずですが、ではその尊敬する人は誰ですか?もちろん、色々な人がいますしそれぞれ尊敬する人も違うでしょう。

また、尊敬する人は一人ではなく何人もいるなんていう人もいるはずです。

では、実際にみなさんの尊敬する人は誰なのでしょうか?中でも特に多いと考えられる人物を紹介していきます。

1. 自分の両親

自分の両親を尊敬する人としてあげる人は多いはずです。

自分が生まれてからずっと育ててくれた感謝など、言葉では言い表せないものが両親にはたくさんあるはずです。

そんな自分の両親を心から尊敬している人は非常に多いですね。

特に、自分が親の立場になってからそう思う人が多いようで、親の苦労というのは自分が親にならなければわかりません。

その時うるさく言われていたことが、今になってようやく理解できたなんてことも多々あるのではないでしょうか?

親は子供に言いたくない事も言わなきゃいけないですし、子供の前では弱音を吐かずに、辛いことがあってもそれを見せてはいけません。

また、子供にどんなことがあろうと、何か悪さをしても子供が未成年のうちは、全て親の責任にされるものです。

その文句も言わずに、子供の責任は全て親の自分の責任である、そのような姿勢は見習うべきものがあるのでしょう。

若い頃親に苦労をかけ、自分が年齢を重ねることによって、親の偉大さがわかった方というのは、親に尊敬の念を抱く傾向が高いでしょう。

また、親から本当の思いやりや本当の優しさを注いでもらっている方も、親ヘは尊敬の気持ちを持っている事が多いです。

2. 自分の祖父母

おばあちゃん子、おじいちゃん子という方も非常に多いはずです。

何らかの理由で、両親よりも祖父母からの愛情を貰った方も多いのではないでしょうか?

そのような場合は、自分の祖父母を尊敬する人にあげる人もいます。

祖父母が孫を育てたりするのは、本当に難しいことです。

自分の子供と孫では接し方も違ってきますし、考え方も変わってくるので、育てるのは生半可ではありません。

そんな中、しっかりと自分を育ててくれたことや、時には本気で叱ってくれたことなどを考えていると、尊敬の念が出てきます。

また、祖父母が昔は何かの凄い人だった若い頃はあれが凄かったなど、そのようなエピソードがあると比較的尊敬しやすいともいえます。

3. 学校の先生

学校の先生を尊敬する人にあげる人も多いです。

正直、学校の先生というのは当たり外れがあり、だめな先生は本当に駄目ですし相性が悪いと、本気で学校が嫌いになったりします。

もちろん、良い先生も多いのですが、同時に悪い先生というのも大勢いるのが現状となります。

確かに、学校の先生も仕事の一つですし、世間からすれば学校の先生はどんな生徒に対しても平等で優しくなくてはいけないというイメージですが、実際はそうではありません。

嫌いない生徒もいれば、好きな生徒がいるのも事実でしょう。

しかし、その中でも本当に尊敬できる学校の先生というのは、本物の教育というものをしてくれた人のことでしょう。

自分を正しい道に導いてくれたり、本気で叱ってくれたり、夢を与えてくれたりなど、

本当に生徒一人ひとりもことを親身に考え行動を起こしてくれた先生というのは、生徒から尊敬をされることが多くなるでしょう。

将来はその先生のように、自分も学校の先生になりたいと、本当に学校の先生になる人もいるくらいなので、学校の先生を尊敬している人は多いでしょう。

4. 先輩や上司

会社の先輩や上司にも尊敬できる人が多い場合もあります。

会社で何かと気にかけてくれる先輩であったり、仕事で皆を引っ張っている上司がいた場合、

自分もそのような人になりたいと感じたのであれば、それはその人に対して尊敬の気持ちをもっているということになります。

会社には色々な人がいます。

とてもじゃないけど尊敬できない先輩や上司だってたくさんいますよね。

先輩や上司は自分で選ぶことはできません。

たまたま良い先輩や上司にあたれば良いですが、本当に嫌な先輩や上司にあたることも多々あるのが、会社というものです。

特に新入社員の頃であれば、このような気持ちが顕著にでるものでしょう。

また、自分が目標としている会社に入った場合であれば、尊敬する人ができるのは簡単です。

その自分が入社したいという思っていた会社でバリバリ働いている人は、全て尊敬できる人になることでしょう。

5. 歴史上の偉人

歴史上の偉人を尊敬する人にあげるのは、非常に向上心が高い人が多い傾向があります。

本などを読んで、その偉人に感銘を受けたり、その偉人の生き方に共感できたという場合が多いですね。

確かに、歴史上の偉人には尊敬に値する人は数多く存在します。

歴史に名を残すくらいですから、なしえた偉業が凄すぎるんですよね。

一般の人にはわからない考え方をしていますし、「こんな人になれたらいいな」というような尊敬の気持ちが生まれやすいです。

6. 著名な社長

一企業の経営者に対して尊敬を抱く人も多いです。

このような著名な社長さんは、普通に交わる事はありませんが、著書を出していたりするので、その考えにふれる機会というのは数多く存在します。

その著書を読んで、凄い考え方だと感じたり、学ぶ事が多いです。

また、今後起業を考えている人や、将来的に独立したいと考えている人のバイブルになっている場合も多く、

同じように大きな成功を目指している将来の経営者は多いはずです。

自分も同じ経営者でありながら、尊敬する人に他の経営者の人をあげることも多いです。

孫正義さん

知る人ぞ知るソフトバンクの代表取締役の方です。

日本の実業家で資産家、ソフトバンクといえば野球チームの福岡ソフトバンクがすぐに思い浮かびますが、そのオーナーということになります。

孫正義さんを尊敬する経営者の方は非常に多いです。

誰しもが、この人のような成功を収める事ができないと思いますが、学ぶべき点は多々あることでしょう。

そんな孫正義さんが尊敬している人物というのは、ホンダの創業者の本田宗一郎さんです。

ビル・ゲイツさん

ウィンドウズを作り上げたビル・ゲイツさんは世界中の人に尊敬され続けている社長さんのひとりでしょう。

肩書が非常に多く、社長でありながら慈善活動家、技術者、プログラマ、作家、教育者の肩書を持ちます。

つまり、なんでもできる多才な人ということがいえます。

とにかくお金持ちですし、このような大金持ちを尊敬しているという人は多いでしょうね。

スティーブ・ジョブズさん

スティーブ・ジョブズさんは、あのアップル社の代表取締役です。

56歳という若さでこの世を去った伝説の経営者でしょう。

人間的にも非常に優れた人で直近に居る人にも非常に尊敬されていたようです。

なんせ、アイフォンを作った人ですからね、あんなものを作れるなんて本当に才能に溢れていたのでしょう。

世界中にスティーブ・ジョブズを尊敬する人は数多くいます。

場面別回答例


では実際に、どのような場面で「尊敬する人はいる」と聞かれるのか?また聞かれた場合、どのように答えるのが一番理想的なのかをご紹介していきます。

この答え方によって、本当に相手に与える印象も違いますし、あなたがどのような目で見られるかも変わってきます。

できればしっかりと答え、相手に良い印象を与えたいところです。

1. 面接で効かれた場合

面接の質問では、よく聞かれます。

面接で聞かれた場合は、迷わず両親を答えるのが一番理想的な答えではないでしょうか?

やはり、両親を尊敬しているということは、両親を大切に思う心があるということです。

両親を大切に思う心は、非常に相手に良い印象を与えます。

会社の面接などでは特にそうでしょう。

面接では、あなたの人柄がどのような人物なのかを見られます。

両親を大切にしているという印象を与える事ができれば、人柄も良いと思われる傾向はあります。

また、どのように尊敬しているのか?そこをしっかり具体的に信憑性をもって発言できるようにしなくてはいけません。

そこが適当だと「こいつは嘘を言っている」ということがばれてしまい、意味がありません。

具体的に言えるというのがポイントです。

2. 飲み会の席で聞かれた場合

会社の飲み会の席で「尊敬している人が誰?」と聞かれたらどう答えるのが良いでしょうか?

もちろん本気で尊敬している人をあげるのもありでしょうが、ここは世渡り上手になり直属の上司や先輩をあげると良いかもしれません。

決してわざといったり、お世辞でいう感じではなく本気で尊敬しているという気持ちを伝えると良いかもしれませんね。

本当に嫌なやつであるなら別ですけど、良い先輩であったり良い上司であるのであれば、その気持ちを伝えるべきです。

飲み会なので伝えやすいでしょうし、その場面しか言う機会がないはずですから。

尊敬していると言われて嫌な気持ちになる人はいません。

その後の業務が円滑に周る事は目に見えています。

3. 付き合っている異性に聞かれた場合

異性に尊敬している人を聞かれたら、本気で尊敬している人をあげるのが一番良いです。

また、どういったカタチでその人を尊敬しているのか?なぜ、その人を尊敬しているのか?その気持ちが強ければ強いほど、相手には伝わるでしょう。

そのように尊敬する人を語る場合は、本気度が高ければ相手には伝わります。

付き合っている異性がアツく本気で語ってくれる姿は、相手にとっても気分が良いものです。

なので、尊敬している人なんかいないよ、なんていうのではなく、心から尊敬している人のことに対してアツく語ってあげましょう。

4. 両親や親戚に聞かれた場合

両親や親せきに聞かれた場合は、もちろん両親のことを尊敬していれば直接伝えてあげるのが良いでしょう。

そんなことを子供から聞かされて嬉しくない両親はいないはずです。

また、そうでない場合は会社の上司や先輩をあげると良いですね。

両親としては、子供が会社の人を尊敬しているということを聞けば、良い会社に入ったと安心する事ができますし、

充実した会社生活を送っているんだと、親心を安心させてあげることができるからです。

両親を安心させるためにも、しっかりと尊敬している人を答えれるようにしておきましょう。

5. 先輩に聞かれた場合

先輩に尊敬する人を聞かれた場合、その先輩がどのような人なのかでも変わりますが、会社などにおいて大切な存在の先輩であれば、その先輩を尊敬していると言ってあげましょう。

上司に対して答えるのと同じで、尊敬されて嬉しくないはずがないので、「先輩を尊敬しています」と言ってあげると、その先輩は心から嬉しくなるはずです。

しかし、付け上がったり調子にのって偉そうにする先輩もいるので、しっかりとどのような先輩なのかを見極めて言わなければ後々後悔することにもなりかねません。

6. 後輩に聞かれた場合

後輩に聞かれた場合も、尊敬する人はしっかりと答えれるようにしなければいけません。

知ったかぶりもよくありませんが、本を読んで尊敬できる生き方をしている偉人や有名な経営者を挙げると、

後輩は「この先輩は目標を高く持っていて凄いな」と思われる可能性があります。

また、そんな人を目指したいと後輩から尊敬の念を持たれる事もあるので、しっかりとした受け答えはしたいところです。

逆に尊敬する人はいないと言うと、器が小さいと思われたり、意識が低い人と思われ後輩からなめられてしまう場合もあるので、注意が必要です。

7. 子供に聞かれた場合

自分の子供に尊敬する人を聞かれた場合、嘘でも良いので男性であれば奥さんを、女性であれば旦那さんと答えるのが教育上一番良いかもしれませんね。

夫婦がお互いに尊敬しているのは、かなり理想的な夫婦像です。

もちろん、建て前かもしれませんが、子供は親を見て育つわけですから、

夫婦がお互いにリスペクトをしあっているところ見せれば、将来的にその子供も自分の両親と同じような相手を探したいと思えます。

なので、尊敬できる異性と結婚しようと考えるわけですね。

そういった、子供の将来も視野にいれながら受け答えをできるのが理想でしょう。

8. 兄弟に聞かれた場合

兄弟に聞かれた場合は、そこまで気にする必要はないかもしれません。

特に心から尊敬している人を堂々と話せばよいでしょう。

しかし、尊敬している人がいないのであれば、あまりその事を口に出さない方が良いかもしれません。

兄弟ながらに心配してしまうかもしれないからです。

また兄や姉のことを尊敬している方も多いと思いますが、そのような場合は直接本人に伝えてあげると良いです。

どのような部分が尊敬に値するのか、どんな場面で尊敬を持ったのか?本人に直接言われると照れくさいですが嬉しいものです。

8. テレビなどのインタビューで聞かれた場合

テレビなどのインタビューで尊敬する人を聞かれた場合は、是非とも100点満点の答えを出したいものです。

そんな時は、やはり尊敬しているのは両親だという答えが一番理想的ではないでしょうか?両親は一番身近にいるので、尊敬をすることだったり感謝をするのが難しいものです。

距離が近すぎる故、すべてにおいて当たり前になってしまうんですよね。

このような両親には、実家を離れてそのありがたさに気付くものです。

このようなことをテレビなどで発言すると、非常に好印象でしょう。

世間的にはどういう人が尊敬されやすい?


この世には尊敬される人はたくさんいますが、世間的にみるとどのような人が尊敬されやすいのでしょうか?

もし、あなたが誰かに尊敬されたいと考えるのであれば、この意見は参考になるので是非読んでみて下さい。

1. 自分を犠牲にしてまで人のために頑張る人

やはり自分を犠牲にしてまで、他人のために頑張る人は尊敬されやすい人でしょう。

自分のことは後回し、とにかく他の人が良くなってくれればそれで良い、このような人はなかなかいませんが、自己犠牲の精神が溢れている人はやはり尊敬されます。

自分にはできないけど、あの人のようになれたらいいなと感じます。

2. 難しいことを努力で成し遂げた人

とにかく努力を続け、大きな夢を叶えたり大きな目標を達成した人は尊敬されやすいです。

これは会社の経営者などが考えられますね。

何かに努力をしている姿は、本当に見ているだけで刺激になりますし、その達成したいことを成し遂げた場合、感動すら覚えます。

このような行動を起こせる人が身近にいると、尊敬をせずにはいられないでしょう。

3. 誰に対しても平等に優しく接する人

人は誰に対しても平等でいることは、極めて難しいことです。

誰もがそんなことをわかっているはずです。

色々な人はこの世の中にはいますから、嫌いな人、好きな人、相性の良い人、苦手な人とたくさんいますよね。

でも、そんな誰とも平等な自分でいたいと思いませんか?しかし、それが難しいんです。

なので、この難しいことを普通に成し遂げる人は非常に尊敬できる人といえるでしょう。

5. 何かで一番になったことがある人

仕事において、私生活のスポーツなどにおいて、何かで一番になったことがある人は、尊敬されやすい傾向にあります。

やはり一番の称号って凄いんですよね。

一番というだけで、何か引きつけられるものがあります。

もちろん、あまりにもくだらないことならしょうがないですが、ある程度努力が必要なことで一番になったことがある人は尊敬されます。

6. リーダー的でみんなを引っ張る人

これはカリスマとでもいうのでしょうか、何対しても率先した行動を取れたり、みんなを引っ張っていけるリーダー的な要素を持っている人は尊敬されます。

なかなかリーダーシップを取って行動できる人は少ないです。

なので、特にそのようなことができない人は、このようにリーダーシップを取れる人に対して憧れみたいなものを抱きます。

「自分もあの人のようにリーダーシップを取って行動したい」自然とそのような気持ちになるでしょう。

7. 心折れる状況でも強い意志で負けない人

誰でも心折れる状況になれば、落ち込んで何も手に付かなかったり、何も考えられない状況になってしまいます。

失敗はチャンスという言葉もありますが、実際にそれを実践できている人ってどれだけいるでしょうか?正直、なかなか難しいと思います。

しかしそのような状況でも強い意志をもって行動できる人は、人を惹きつける魅力があります。

このような魅力を持っている人は尊敬されやすい傾向にあります。

8. 向上心がありいつまでも自分を成長させようとする人

向上心が高く、学びの姿勢を常にもち、いつまでも自分を成長させようとする人というのは、尊敬に値しますよね?

学びに終わりはないという言葉があるように、人間は満足してしまったじてんで、学びを終わらせてしまったじてんで、自分の成長は止まると考えて良いでしょう。

そのような人は、向上心を忘れない事の大切さを知っているんですね。

なので、向上心が高い人は、どんどん人間的に成長していきますし、同時に人間としての魅力も備わってきます。

そんな人を尊敬する人が増えるのは当たり前のことでしょう。

9. 正義感が強い人

悪を許さず、曲がったことが嫌いな正義感の強い人も尊敬されます。

もちろん綺麗事ではなく、本物の正義感です。

しかも、言葉に伴った行動ができることが条件です。

たまに、口ではさも凄い正義感を口にするけど、行動はま全く別という人がいますが、そのような人は口だけなので全然尊敬はされません。

言葉と行動が伴った正義感を持った人です。

10. 誰かの生活や心を一生懸命支えている人

仕事ではこのような人がいますが、その仕事を一生懸命やったり、ボランティアなどを必死でやっている人ですね。

簡単にいえば、心からの思いやりの精神を持っている人です。

誰しも自分のことで精いっぱい、他人のことを考えるのは難しい時代です。

そんな中誰かの生活や心を一生懸命支えている人というのは、本気で格好良いと感じます。

自分よりも他人を大切にするという精神は見習いたいものです。

尊敬できる人を作るためには


自分に尊敬できる人を作るには、一番はまず自分の目標や大きな夢を持つ事です。

そして、自分が将来的にどのような人間になりたいかを真剣に考える事です。

そうすれば、お手本になるような人を探そうとも思いますし、たくさんの本も読むことでしょう。

自分の行く方向が見えれば、自然と尊敬できる人、自分の目標となる人というのは見えてきます。

とにかく、自分はどういう未来を描くのか一度真剣に考えてみてはいかがでしょう?

尊敬する人を聞かれたらちゃんと答えよう!

尊敬する人=自分の将来像です。

自分がどのようになりたいかという将来像が、自分の尊敬しているということになるでしょう。

なので、「尊敬する人は誰?」と聞かれている場合は「将来はどのような人間でいたい?」と聞かれているのと同じことなので、

真面目にちゃんと答えるようにしましょう。