大好きな彼女だけど、最近言動や行動がうざいと感じてしまう。

彼女をうざいと感じてしまうことによって、愛情が冷めてきてしまっている。

そんな人は多いのではないでしょうか?

付き合いはじめは、甘えん坊でかわいらしい彼女で、自分が守ってあげたいと思っていたのに、いつのまにか彼女の行動や言動にかわいらしさを感じられなくなってきた。

それどころかうざさが増してきており、一緒にいるのも疲れる。

こんな悩みを抱えている男性は多いといえるでしょう。

今回は彼女のうざい行動や言動について具体的にお伝えしていき、その対策方法についても伝授したいと思います。

彼女のうざさに悩んでいるあなたは、是非参考にしてみてください♪

彼女うざい…そんな時どうする?

彼女がうざいと感じるとき、あなたはどのような対応をしているでしょうか?

多くの男性が、無視をしたり、反発したりしているケースが多く、彼女の感情をさらに逆撫でするような対応をしているのではないでしょうか?

彼女からありもしないことを言われたり、急に怒られたり、不機嫌な態度を取られたら、イライラしてしまう気持ちも分かります。

ましてや身に覚えもないのに、彼女が疑ってきたり、決めつけたような言い方をされると、怒りを通り越して悲しくなってしまいますよね。

とはいえ、彼女自身も何か考えや思い当たることがあって、うざい行動や言動を発しているはず。

二人の関係性に、何かしらのすれ違いや上手くいっていないことがあり、結果そのような対応をしていると言えます。

そのため、無視をしたり、怒ったりするのは逆効果。

さらに彼女のうざい行動をパワーアップさせてしまうといえるでしょう。

別れたくないけどどうにかしたい


うざい行動や言動をするからといっても、好きになって付き合った彼女。

そして、落ち着いているときは、うざくは感じない。

それどこらか、かわいらしいと感じるし、好きだなとも思える相手なはずです。

うざいと感じるけど、別れたいまでには至ってないケースがおおいのではないでしょうか。

とはいえ、別れたくないけど、彼女のうざい行動や言動はどうにかしたい。

それがなければ、もっと彼女のことを好きになれるし、二人の関係もより良いものにできるのに…。

そう感じている人も多いと思います。

では、彼女のうざさを直すためには、一体どうしたらいいのでしょうか?

彼女をうざいと感じる10個の瞬間や行動

彼女がうざいと感じる、彼女のうざい行動を直してもらいたい。

そう思う男性は多くいるはずです。

彼女のうざい行動を直してもらうためには、彼女がうざいと感じる瞬間や行動を、言語化しておくことが大事です。

「なんとなくうざい。」では、彼女に伝えるときに、改善点を示すことができません。

では、彼女がうざいと感じる10個の瞬間や行動をご紹介していきましょう。

あなたの彼女にも当てはまるものがないか、是非参考にしてみてくださいね♪

1.必要以上に干渉してくるとき

彼女が必要以上に干渉してくるとき、うざいと感じてしまう男性は多いと思います。

あなたからしてみると、やましいことは何もないのにという気持ちでいっぱいなはず。

でも彼女は、あなたの行動を疑うような質問を繰り返されたり、いちいちスケジュールを確認をしてくるため、(そんなに信用がないのだろうか。)と感じてしまうという男性は多くいるかと思います。

そもそも、男性は一人の時間や彼女といる時間以外も大切にしたい生き物。

そして、その時間に彼女という存在を入れようとは思わない生き物だと思います。

彼女のことは大切で、目の前にいるときは大切にする。

しかし、自分一人の時間や友達といるときは、頭の中から彼女のことを忘れていることが多いのではないでしょうか?

しかし、女性はいつでも彼氏の事を考えている生き物。

仕事をしているときでも、友達と遊んでいる時でも、一人でいるときでも、心の片隅で彼氏のことを考えています。

結果、彼氏から連絡がなかったりすると不安になり、必要以上に干渉するようになるのです。

根掘り葉堀り聞かれると嫌

特に、彼女に根堀り葉堀り聞かれるのが嫌だと感じる男性は多いはず。

「昨日どこにいたの?」「誰といたの?」「その人はどういう友達なの?」といった具合に、いつまでたっても彼女からの質問が止まらない。

いつまでも止まらない質問にうんざりしてしまう人も多いと思います。

根掘り葉掘り聞くということは、彼女があなたの行動に不安を抱いているということ。

だからこそ、ぶっきらぼうな回答をするのではなく、彼女が安心できる回答をしてあげる必要があるといえるでしょう。

2.嫉妬心が強い


また嫉妬心が強い彼女も多く存在します。

女の子と話していたり、連絡を取り合ったりすることに不満をもらしたり、女の子を可愛いと褒めると血眼になって怒ったり…。

自分以外の女性に対して敵対心を燃やす彼女は、多く存在します。

嫉妬心が強い女性は、自分に自信がないケースが多いといえます。

他の人にを好きになってしまったらどうしよう。

という不安から、他の人に恋愛感情がいかないように細心の注意をはらうため、嫉妬心が強くみえる行動をとるのです。

女性と連絡を取っているのを見た時や、仲良さそうに話しているのを見てしまった日には、その不安は倍増され、結果、二度とそのようなことをしないように強く訴えるのです。

嫉妬心は、彼女の自信のなさからくるものなのです。

些細なことも疑われると辛い

あなたからしてみると、些細なことで、彼女が激怒したり、憤慨している姿を見るのはとてもつらいはず。

やましいことがないのに、彼女はなぜこんなに疑うのだろうかという気持ちになってしまいますよね。

彼女が不安になるのは、あなたからの愛情表現が足りていない可能性も。

日頃の愛情表現を、もう少し多くするのが、彼女の嫉妬心を和らげる秘訣かもしれません。

あなたに愛されているという自信が彼女につけば、多少のことでは嫉妬しなくなりますし、不安も取り除けるといえるでしょう♪

3.情緒不安定なとき

彼女が情緒不安定な時、対応に困るという人は多いと思います。

さっきまで笑っていたと思ったら、急に機嫌が悪くむすっとしている。

理由を聞いても「別に…。」と具体的な回答はしてくれない。

そんな喜怒哀楽が激しい彼女の対応に困ってしまう男性は多くいるでしょう。

女性は男性よりも、情緒不安定になりやすい生き物。

気分が安定しない日が多くあります。

例えば天気が悪かったり、化粧がうまくいかなったり、寝不足だったり、嫌なことが有ったり…。

男性であれば、気持ちの入替がすぐにできるのですが、女性は気持ちの入替が得意な生き物ではありません。

結果、気持ちの処理がうまくできず、情緒不安定になってしまうといえるでしょう。

【情緒不安定な彼女と上手く付き合っていくための方法は、こちらの記事もチェック!】

扱い方がわからない

情緒不安定な彼女の扱い方がよくわからないという男性は多いはず。

一生懸命慰めたのに彼女の怒りは増す一方。

反応もしてくれず、ずっと無視されてしまうなんて始末。

あなたからしてみると、誠意をもって対応しているのに、いつまでたっても機嫌を直さない彼女に嫌気がさしてしまいますよね。

彼女が情緒不安定なときは、気分的な問題であり、これと言って理由がなく不機嫌というケースが多くあります。

そのため、彼女が情緒不安定な時は、構わずにそっとしておいてあげるのが一番だといえるでしょう。

その時に、そっとしているけど、彼女のことは気にしているよというアピールもできると、なお良いでしょう。

そっと、ドリンクを置いてあげたり、頭をなでてあげたりと、愛情を込めて接してあげるのが大事ですよ。

4.かまってちゃんが過ぎるとき

世の中には「かまってちゃん」という女子が存在します。

いつでも自分が大優先。

一番に接してもらわないと不機嫌になってしまう。

あなたの気持ちはもちろん、仕事の予定やプライベートの予定などは考えず、自分のことしか考えられない女性です。

度を過ぎるとうざい

かまってちゃんの多くが、一人だと何もできない女性が多いといえます。

そのため付き合い始めは、(この子は自分がいなくてはダメな子なんだ。)と可愛がることができます。

しかし、可愛がりすぎたり、甘やかしすぎてしまうと、かまってちゃんの考えや行動は度が過ぎるようになってきます。

いままで可愛いと感じていたものが、度が過ぎるようになってきて、うざいと感じてしまうという男性は多いのではないでしょうか。

かまってちゃんは、対応を間違えると大変。

さらにかまってちゃん度合いが増していき、収集がつかなくなります。

かまってちゃんの対応方法としては、優しく接するのではなく、きちんと説教ができる彼氏になることが大切です。

あなたのこういうところが嫌だから直してほしいというのをしっかりと伝えることが大切だといえるでしょう。

5.わがままの度が過ぎたとき

わがままな彼女の場合は、振り回されることも多いと思います。

多少のわがままなら許すことができるのですが、あまりにも自分のことしか考えていない言動や、あなたの考えや意見を受け付けないようとする姿勢に、げんなりしてしまうことも多くあるでしょう。

わがままというのは、気持ちが幼い人がやりがちです。

また、何をいっても自分のことを好きでいてくれるという自信や、この人にはわがままを言っても受け止めてくれるという考えから、度を越えたわがままにエスカレートしていくことが多いといえます。

そのため、かまってちゃんの対応と同様、甘やかすのではなく、最初の段階で改善してあげることが大切です。

融通が効かない

わがままな人は、融通が効かないケースが多く、自分の意志を決して曲げようとしません。

一度決めたことは、相手に合わせて気持ちを変えることは一切なく、自分の考えを押し通そうとします。

話し合いなどを一切しようとしません。

融通が効かない彼女への愛情が冷めてしまうなんてことも多くあるでしょう。

わがままに応じ続けると、彼女のわがままはいつまでも止まらなくなります。

そのため、彼女が不機嫌になろうが、わがままに応じないという頑なな対応は必要になってくるといえるでしょう。

わがままに応じなかった場合、彼女が機嫌を損ねて「別れる。」という単語を発するかもしれません。

また、感情に任せてそのような行動を取ってしまうケースもあります。

しかし、彼女のわがままを受け止められる人はなかなかいないはず(笑)冷静になれば、あなたのもとに戻ってくるケースが高いといえます。

わがままで融通が効かない彼女は一度突き放して、距離をとること。

そして、冷静になって物事を考えさせ、自分が愚かな行為をしていたと考えさせることが大切だといえるでしょう。

いつまでの彼女のペースに合わせていては辛くなってしまうため。

あなたのペースに持っていくためには、彼女のペースを崩すことが必要なのです。

6.余計なお節介をしてくるとき

面倒見のいい彼女。

掃除や洗濯、家事などをしてくれて、自分の面倒を見てくれる。

最初は居心地がいいなと思っていたけど、お節介がすぎると感じるようになってきたという人も多いといえるでしょう。

お節介が過ぎると、彼女が、一緒にいて癒される存在からは到底遠い存在になってしまうはず。

男性あれば、彼女に対して癒しや安らぎを求めたいのにもかかわらず、逆方向に向かっている彼女に、悲しさを感じずにはいられないのではないでしょうか。

彼女ではなく母親気取り

彼女にとってみるとお節介をすることが、愛情表現。

しかし、あなたからしてみると、彼女ではなく、母親気取りに感じてしまうことも。

最初は何も言わなくても、掃除、洗濯、家事をしてくれたのに、最近はやる度に小言をいうようになってきた。

お皿を運んだのに、汚れを流していないと怒られたり、洗濯を畳んだのに、畳み方が違うと怒られたり…。

彼女というよりも、母親に近いと思ってしまう人も多くいるのではないでしょうか?

母親に見えてきた彼女に対して、色気が感じなくなってきたり、愛情を感じなくなってきたなんてことも。

彼女がお節介を焼き過ぎだと感じたら、「そこまでしなくていい。」ということをきちんと伝えましょう。

彼女自身はよかれと思ってやっていることなのですから、傷つかないように伝えてあげてくださいね。

7.こっちの予定を考えてくれないとき

仕事やプライベートの予定が立て込んでしまうと、ついついデートに行けない週がでてきたり、忙しくて連絡ができないという時も出てくると思います。

そんなときに彼女から、「なんで会ってくれないの?」「なんで連絡をくれないの?」と責めてたてられるという経験をしたことがある男性も多いのではないでしょうか。

こっちにもこっちの予定がある!

あなたからしてみると、こっちにもこっちの予定がある!という気分になってしまうはず。

年がら年中彼女のことをかまってられないし、仕事やプライベートを彼女より優先しなくてはいけないことも沢山あるはずです。

それを理解できない彼女を理解できないという男性も多いのではないでしょうか。

でも、彼女自身も長期間会えてなくて寂しかったり、あなたに会いたいと強く思っているのかもしれません。

そんなときは冷たく突き放すのではなく、「俺も会いたいけど、仕事をさぼるわけには行けないから、待っててほしい。

仕事が落ち着いたら真っ先に会いに行く。」ということを伝えてあげましょう。

誠実に伝えてあげることによって、彼女も安心して、予定を考えないような言動は控えるかもしれません。

8.無意味な強要をする

彼女から無意味な強要をされたことがある男性は多いのではないでしょうか?

「私のことが好きなら、私以外の女性と話さないでほしい。」であったり、「起きた時、寝る前、仕事に行く前、仕事から帰った時は必ず連絡する。」など、あなたからしてみると全く意味がわからないことを制限され、彼女の思考回路が全く理解できないという人は多いはずです。

不可能なこともある

全て彼女の要求に答えられれば良いのですが、彼女の要求を答えるには不可能なことも多々あるはず。

異性と話さないでと言われても、仕事やプライベートで話さなくてはいけないことも沢山あり、彼女の要求を答えることは難しく、彼女から言われた要求を守れないことも…。

しかし、彼女からしてみると、「私との約束を破った。」という思考に繋がってしまうのです。

9.ネガティブなことばかり言ってくるとき

「私のこと好きじゃないんだ。」「どうせ私なんか…。」と口を開けば、ネガティブな言葉しか出てこない女性がいます。

最初の頃は、「そんなことないよ。」と否定してあげていたけど、いつまでも改善しない彼女のネガティブな発言にうんざりしてしまうという男性は多く存在します。

周りも巻き込む

ネガティブな発言が自分だけで完結していればよいのですが、周りを巻き込んでしまうこともあります。

例えば、盛り上がっている場所でネガティブな発言をして、場の雰囲気を壊したり、盛り下げてしまったり。

また、ネガティブな発言で、他人を不愉快にさせてしまったりなんてことも。

ネガティブな発言をする女性というのは、自分に自信がないのも原因の一つですが、「そんなことないよ。」と言ってもらいたいという他人からの承認欲求も持ち合わせているのです。

しかし、いつもどこでも慰めなくてはいけないのは、面倒くさいと感じてしまう人が多いはず。

それどころか、彼女のネガティブな考えに飲み込まれて、こちらまでネガティブな考えになってしまうということも。

ネガティブな発言をする彼女には、「ネガティブな発言をすることに愛情が冷めるから禁止をする。」という教育的な対応が必要だといえるでしょう。

10.恋に浮かれすぎているとき

付き合ったことに嬉しいと感じてくれるのは良いのですが、恋に浮かれすぎているときにうざいと感じてしまう男性は多いはず。

いつまでも甘えてきたり、ベタベタしてきたりする彼女の対応に、自分の彼女に対する想いとの温度差を感じてしまい、引いてしまうという人も多いのではないでしょうか。

また、無意味に人に付き合っていることを言いふらしたり、のろけたりしている姿を見ているとうざいと感じられずにはいられません。

浮かれすぎて、デートの内容やキスした日、手をつない日などを、他人にいちいち報告されていた日にはたまったもんじゃありませんよね。

二人の時間は二人だけのものにしたいし、他人に話されたら恥ずかしい。

なぜ共有をするのか意味がわからないと感じる人がほとんどだと思います。

彼女からしてみると、あなたとの関係を自慢したい、この幸せな気持ちを誰かに伝えたいという気持ちからきているものなのですが、あなたからしてみたら気が気ではないはずです。

自分だけ勝手に盛り上がっている

恋愛の温度差があまりにも違うと、どちらか片方だけが勝手に盛り上がっているという状態になります。

結果、心の距離感がどんどん離れてしまい、二人の間に溝が生まれてしまうというケースも多々あるといえるでしょう。

うまく付き合っていくためには、恋愛の温度感を合わせるのもとても大事なことだといえます。

どちらか片方の想いが強すぎると、その恋愛はうまくいかない確率が高くなるといえるでしょう。

彼女が色んな人に言いふらしているのであれば、「二人の事は二人の間で大切にしたいから、あまり人に言いふらさないでほしい。」と伝えたうえで、「度が過ぎると嫌いになる。」とお灸をすえておきましょう。

彼女が浮かれている場合は、一度彼女が傷つく言葉をわざと伝えて、彼女を冷静にさせることが大切です。

夢見心地な頭を、現実に戻すのです。

彼女がうざいときの対策とは

彼女がうざいと感じる理由が具体的に言語化できたら、次に考えるべきは、その対策。

うざいと感じてしまう彼女の行動を、いつまでも野放しにしているわけにはいきません。

対策をしないと、彼女の行動はどんどんエスカレートしてしまいます。

手に負えなくなるために、彼女のうざい行動を改善するための対策を練りましょう。

彼女のうざいと感じてしまう行動が抑えられれば、前みたいに楽しく付き合えていた日々が戻ってくるはずですよ♪

では、具体的な対策について、お伝えしていきましょう。

なぜ彼女がその行動をしたのか考える

彼女のうざい行動を改善させるためには、まず、なぜ彼女が行動をしたのか考えることが大切です。

人の行動や言動には必ず理由があります。

人は意味のない行動はしない生き物です。

だからこそ、何を考えて、その行動や言動に至ったのかを突き止める必要があるのです。

原因がわかれば解消できるかも

原因がわかれば解消できる問題もあります。

たとえば、彼女が不安を感じていたら、不安を解消してあげればよいですし、あなたに対して不満を感じている部分があったとしたら、改善をする努力を見せることも大切です。

また、その原因は、あなたと彼女の関係性を悪くしているものです。

そのため、原因を突き止めることができれば、一気に彼女のとの関係性がよくなるといえるでしょう。

大抵の場合が、あなたの愛情表現に対する不満だったり、浮気などをうたがっていたり、デートの頻度に不満を持っていたり等、付き合いが続くにつれ出てきた馴れ合いに不満を持っていることが多いと思います。

いくら考えても分からない場合は、彼女自信に直接聞くのも一つの手段ですよ。

もしかしたら、傷つく一言や思ってもみなかったことを言われるかもしれませんが、今後の二人の関係性を良くするためだとおもって、勇気を出して聞いてみてはいかがでしょうか。

彼女に直接伝える

彼女に面と向かって、言葉で伝えることも大切です。

ただ、「うざい。」と伝えるのではなく、「こういう行動が、自分にとってはこう感じるから、控えてほしい。」と具体的に伝えたうえで、「何か感じていることがあったら、改善するし、全部受け止めるから伝えてほしい。」と下手に出てあげることも大切です。

下手にでることで、彼女自身のこと、彼女との今後のこともしっかり考えていることが伝わり、彼女も安心するかもしれません。

付き合っていくと、言わなくても分かるだろうという気持ちが生まれがち。

結果、気持ちのすれ違いが起こっていくのです。

恋人とはいえ、所詮他人。

言わなくても分かるだろうなんて奇跡は存在しません。

言わなくては分からないことがたくさんあるということを肝に銘じておきましょう。

気づいていないだけかも

また、彼女自身も彼女の行動がうざいと思われているということに、気づいていない可能性があります。

そのため、しっかりと伝えてあげることで、彼女の行動が改善される可能性があります。

そもそも、付き合うということは、きれいごとばかりを伝えあうことではありません。

お互いの改善してほしいことも、互いにきちんと伝えて、お互いに成長していくことこそが、理想の関係といえるのではないでしょうか。

少し距離を置く

彼女のためを思った行動をしたり、彼女にもきちんと言葉でも伝えたのにも関わらず、彼女のうざいと感じる行動や言動が改善しないのであれば、距離を置くというのも一つの手段です。

辛い判断だと感じる方もいるでしょうし、彼女自身も距離を置くことを嫌がるケースもあると思います。

しかし、このまま付き合っていても、二人の関係は悪化するだけです。

悪化するまえに、一度離れてみて、お互い冷静になり、相手のことを考えるという時間も必要だといえるでしょう。

お互いに冷静になる

距離を置くことで、お互い冷静になり、見えなかったものが見えるようになります。

自分の言動や行動が、相手のことを思いやっていなかった事。

また、相手に対しての想いや、今後の2人のことを、冷静に考えらえるようになります。

結果、今までの言動や行動を反省して、改善することに繋がったり、相手の大切さがわかるようになるかもしれません。

離れることで、気づくこともたくさんあります。

今後の二人をより良い関係にしていくために、一度、距離を置くということを決断することも大切です。

デートのときには思いっきりスキンシップをとる

彼女のうざい行動や言動は、あなたに対しての不安や不満から出ているものです。

そして、不安や不満を感じてしまう原因は、あなたからの愛情を感じられないから。

「自分のことが本当に好きなのだろうか?」「もう飽きられてしまっているのではないだろうか?」そんな不安から、うざい言動が発せられたり、うざい行動をされているのです。

そのため、デートのときには思いっきりスキンシップをとることが大切。

付き合いが長くなってくると減ってきてしまうのが彼女とのスキンシップ。

あなた自身は意識していないかもしれませんが、彼女は寂しいと感じていたり、不安を感じているケースがあります。

そのため、デートの時は手をつないだり、ハグをしたり、「好きだよ。」と言葉で伝えたりなどの愛情表現をしてあげましょう。

【スキンシップの方法は、こちらの記事もチェック!】

デートに満足すると連絡の頻度が減るかも

あなたからの愛情表現が感じられれば、彼女自身は楽しい気持ちでデートを終えることができます。

結果、あなたに対する不満や不安を感じることが少なくなり、彼女のうざい行動や言動が少なくなる可能性があります。

彼女が安心できるように、たくさん愛情表現をしてあげることも、大切な行動の一つだといえるでしょう。

自分の予定を伝える

女性が彼氏に不安や不満の感じることの一つに、彼氏の予定がわからないというものがあります。

いくら待っても連絡がこない。

何をしているかわからない。

となると、よからぬ想像をしてしまうのが女性という生き物。

合コンに行っているのではないか?浮気をしているのではないか?そんな妄想を膨らませて、不安に陥っていきます。

だからこそ、彼女が安心するように、自分の予定を伝えてあげることが重要だといえます。

「今日は、重要な会議が遅くまであるから、連絡遅くなるけど心配しないでね。」という一言があれば、彼女も安心します。

また、飲みにいくときも「高校の時の友達と飲みに行ってくるのね。久しぶりだから遅くまで飲んで連絡遅くなるかもしれないから、先に寝ててね。」など、自分の予定を伝えると同時に、彼女への配慮もしてあげると完璧だといえるでしょう。

彼女に安心感を与える

彼女に安心感を与えることで、彼女自身もあなたに対する不満や不満を抱くことがなくなります。

むしろ、誠実に付き合ってくれていると感じるでしょう。

付き合いが長くなったからこそ、彼女への気持ちの配慮が大切。

心配されることなんて何もないから、自分のスケジュールも伝える必要がない。

とは思わず、彼女が安心する言葉は何かというのをしっかり考えてあげましょうね。

彼女の気持ちも考えてあげて!

彼女のうざい行動や言動は、多くの場合が理由があります。

もちろん彼女自身が心配性な性格だったり、疑い深い性格であることが原因なケースもあると思います。

ですが、ほとんどのケースが彼氏に対して不満や不安を抱いており、結果、彼女の行動や言動がうざくなっているというケースも少なくありません。

「なんなんだよ、うざいな。」と思う前に、彼女がうざい言動や行動をしている理由は何だろうかと考えてあげることが大切です。

そして、彼女の不満や不安を取り除いてあげることが、今後の二人の付き合いをさらに良いものにしていくのではないでしょうか?

逆に、彼女の不満や不安を取り除くことが出来なかった場合、二人は今後上手く付き合っていくことは難しくなってしまうかもしれません。

今後の二人の付き合いをより良いものにしていくためには、彼女の気持ちを真剣に考えて、寄り添っていくことが大切です。

結果、彼女との関係が、今までよりも、更に良いものになるかもしれませんよ。

付き合う期間が長くなると、相手のことを理解してあげようと思う気持ちが疎かになりがちです。

結果、互いの不安や不満を生みやすくなり、関係性が悪化してしまうことが多いといえます。

いつまでも初心を忘れずに。

お互いが、一番の理解者であり、良いパートナーでいるためにも、互いの気持ちに寄り添えるような関係性を作り上げていきましょうね♪