世の中には沢山の人がいます。

良い人もいれば悪い人だって居るでしょう。

多くの方から良い人だと思われているような人であったとしても、実は裏の顏がある事だってあるのです。

だからこそ、人の本質はそう簡単に分かる物ではありません。

実際にはどんな性格をしているのか。

人としてはどういった人なのか。

それを見極めるのには、多くの人生経験が必要となる事もあります。

だからこそ、私たちは多くの人と知り合い人間関係を学ぶ必要があるのです。

人のふり見て我がふり治せという言葉がある通り、多くの人と知りあい学ぶ事によって自分自身の成長を促す事だって出来るでしょう。

性格が悪いと言われる人にはある程度の共通点があります。

だからこそ、その理屈をいくつか学ぶ事によって、どんな行動が人間として性格が悪いとなってしまうのかと言う事を学ぶ事が出来るでしょう。

性格が悪いといわれるような行動を、知らず知らずのうちにとってしまっている人は、その行動を今すぐに止めるべきです。

その行動をとりつづけていればいつの日か自分の周りから人がいなくなってしまう事も十分に考えられます。

一人になって後悔しても遅いのです。

性格が悪いというレッテルを貼られてしまうと、それを後から払拭する事は難しい部分が多々あります。

良い噂はなかなか広まりませんが、悪い噂はあっという間に広まってしまうのです。

だからこそ、私たちはそういった噂を流されないようにする為にも自分の行動には十分注意する必要があります。

性格の悪さ診断!あなたはどう?悪い?

性格の悪さの基準は、人によって違う事でしょう。

自分ではまったく意識していなかったとしても、他の方から見れば性格が悪いように見えてしまう事もあるでしょう。

反対に自然にしている行動によって性格が良いと言われるような事もあるかもしれません。

どんな行動が人の心を動かすかどうかは分かりません。

だからこそ、私たちは自分の行動をより冷静に見極める必要があります。

今の発言はどうだったのか。

行動は間違っていないかどうか。

それを冷静に判断する事が出来るかどうかによって、その人の性格の良さは変わってくるのです。

ですが、自分自身ではなかなかその判断をする事が難しい事もあるでしょう。

つい自分に甘くなってしまい相手がどう考えているかを考える事が出来ないかもしれません。

その状態で自分自身を判断したとしても、世間からの評価とはずれが出てしまうものです。

そのずれに気が付く事が出来なければ、結果的に更に性格の悪い人と言う事になってしまう事も十分考えられます。

そうならない為には、冷静な判断をどれだけする事が出来るかどうかが重要なのです。

当てはまったら性格が悪い!17個のチェックリスト


そこでここからが、チェックリストをご紹介させて頂きます。

自分自身についてつい甘い考えになってしまうと言う方も、チェックリストを利用する事によって比較的客観的に自分の事を考える事が出来るようになるでしょう。

自分の事を客観的に考える事が出来る人の中には、他人からみて性格の悪い人などそう多い物ではありません。

『あの人性格悪いな』と思われている人の場合、大抵が自分では全くそんな自覚が無く悪気も無い事が殆どです。

悪気が無いからこそ、より性格が悪いと言われてしまうのかもしれません。

これからご紹介させて頂くチェックリストは、自分だけに使用する物ではありません。

親しい友人や職場の相手に対しても、ひっそりと行う事が出来ます。

あなたがどうしても嫌いな相手は、もしかしたら単純に性格が悪いのかもしれません。

そう考えれば悪いのはあなたでは無く、相手の性格そのものでしょう。

どっちが悪いかは、当の本人達にしか分かりません。

性格が悪いのはどちらなのか。

互いに話し合ったとしても水掛け論になってしまう事は目に見えています。

だからこそ、中立的な考え方を持つ物を使用する事はとても大切な事となるでしょう。

チェックリストの中には当たり前と思われるものから、意外な物まである事でしょう。

それらを一つ一つ自分の中での注意点として生活する事によって、より前向きな成長を遂げる事が出来るはずです。

悪口が多い

人の悪口は決して楽しいものではありません。

ですが『人の不幸は蜜の味』といった言葉があるように、ちょっとした不幸や噂話は多くの人が注目する部分でもあります。

ついつい面白がって多くの人が集まってしまう事もあるでしょう。

ですがそれと悪口とでは大きな差があります。

悪口には、そこに多くの悪意が込められています。

悪意は人に影響を与えます。

言葉には力があり、そのせいで楽しい気持ちにもなれば悲しい気持ちにもなります。

だからこそ、悪い言葉を伝えて来る人と一緒に居ると、心も悪い気持ちで一杯になってしまう事でしょう。

そうなってしまえば、自分に関係ない言葉だったのにも関わらず嫌な気持ちになってしまうでしょう。

また、あなたの前で悪口ばかりを言っている人の場合、大抵あなたがいない時にはあなたの悪口を言っている物です。

それだけ、その人は悪口を言う事事態を楽しんで居るのです。

だからこそ、その人の事を信用する事は出来ません。

信用する事が出来ない相手に対して良い人だと思う人はいないはずです。

きっと性格が悪いと思っているはずです。

悪口を言う人は、そうする事でしか他人と関わる事が出来ない可愛そうな人です。

そんな人の言葉をいちいち相手にする必要はありません。

自己中心的な行動が多い


自己中心的な人が一人居ると、周りに居る人はとても作れます。

せっかく皆で楽しい時間を過ごしているのにも関わらず、その人が居るだけで場の空気が悪くなってしまいまうす。

場の空気をイチイチ壊す人は性格が悪い人と言えるでしょう。

自己中心的な行動をとる人の事を『自己中』という言い方をする事もあります。

いつの時代もそういった自己中心的な行動をとる人というものは居る物です。

その人の事を相手にするだけ時間の無駄です。

例えその人の事を大事な友達だと思っていたとしても、相手にとってあなたはそれほど需要な相手ではないのかもしれません。

自己中心的な行動をとる人の場合、自分が相手に対して迷惑をかけているという自覚がありません。

だからこそ、悪気なく自分の好きなように行動をとってしまうのでしょう。

悪気が無いからこそ、許して貰える場合もあるかもしれません。

顏が可愛ければ許される事事だってあるでしょう。

ですが、誰もがみんな顏が良ければ許してくれるというものではありません。

例え、どんなに見た目が良かったとしても、毎回毎回振り回されていれば嫌な思いをする事は目に見えています。

一緒に居る事に疲れる人と一緒に居る必要はありません。

嫌いな人・性格が悪いと自分が感じるのであれば、離れてしまえば良いのです。

離れる事によって見えてくる物もあります。

若い頃は、目の前に居る友人が世界の全てのような錯覚に陥ってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、多少嫌な思いをしたとしてもついムキになってその人に固執してしまう事もあるのです。

ですが、そこまでしても良い事は何もありません。

人の幸せを喜べない

人間には人を羨む心があります。

だからこそ、他人の幸せに対して羨ましいと感じたり嫉む事もあるでしょう。

それは仕方の無い事です。

どんなに素晴らしい人間だったとしても、その気持ちを全く持たないことなど不可能でしょう。

本当にそういった人が居るのであれば、聖人にもなれるかもしれません。

だからこそ、人を羨む事は人間の自然な心理です。

その悔しい気持ちを利用して、努力する力に変えて行けば良いのです。

ですが、問題なのはなんでも感でも嫉む事です。

また、何も努力をしていないのにも関わらず嫉む事なのです。

努力する力に変える事が出来るからこそ、嫉む事にも意味があるのです。

ただ妬み、相手お事を悪く言うだけの日々は全く意味が無く正に無駄な時間でしょう。

そんな時間を過ごしていても、何も見に付けることは出来ません。

そんな人と一緒に居たとしても、良い事はあり、ません。

嫉む気持ちが大きくなればなる程、自分ではどうする事も出来なくなってしまうのかもしれません。

そんな気持ちに支配れえてしまうとなんでも卑屈に考えるような人になってしまいます。

そうなってしまえば、常に心がすさみ楽しい事も楽しいと感じる事が出来なくなってしまいます。

なんでも割り勘にしたがる

金の切れ目が縁の切れ目と言う通り、お金はシビアに考え無ければなりません。

例え仲の良い友人や親しい間柄の人であったとしても、お金に関してはきっちりしておかなければなりません。

借りた物は変えす。

使ったお金はしっかり払う。

人間として当たり前の事です。

ですが、なんでも程度問題があります。

余りにもなんでも感でも割り勘にしたがるような人は相手から嫌われてしまう事も考えられます。

例えば、食事をした際のお金を割り勘にする事は当たり前です。

ですが、使ったガソリン代・車の維持費・遊びにいった部屋の光熱費。

なんでも感でもお金を請求されてしまっては嫌な気持ちになる事も十分考えられます。

お金は大事なものですが、そこばかりに目を向けているといつの間にか自分のまわりから人がいなくなってしまう事も考えられます。

時には奢ってあげるくらいの心の余裕が必要なのです。

お金を大切にしすぎずと『ケチ』と言われる事もあります。

ケチは、一緒に暮らすのは大変です。

だからこそ、友人としては勿論交際相手としても人気がありません。

人としての余裕を出す為にも、余りにもお金お金と固執する事はやめましょう。

人の欠点を見つける

人間にはどんな人にも欠点があるものです。

どんなに人として優れているような人であったとしても、必ずどこか欠点があるはずです。

性格が良くても背が低いかもしれません。

足が早くても泳ぐ事が出来ないかもしれません。

それぞれ、自分の中でコンプレックスを抱えて居るのです。

それは悪い事ではありません。

普通の事です。

そのコンプレックスがあるからこそ、努力をしたり他人に対して優しくなる事が出来るのかもしれません。

ですが、そんな人の欠点ばかりに目を向けるような人もいます。

人の欠点を見つける事によって『自分の方が優れて居る』『自分はあの人よりは上だ』と自分の評価に繋げて居るのでしょう。

自分に自信を持つ事は良い事です。

ですが、その為に、他人を犠牲にしてはいけません。

他人を犠牲にする事によって、自分を上げる事など正に性格の悪い証拠です。

そんな事をしていれば、周りの人が離れて行く事は目に見えています。

ネガティブな発言が多い

ネガティブな発言ばかりしている人が傍に居ると、自分までネガティブな考え方になる事があります。

どうせ自分なんかダメなんだ。

どんなに頑張っても評価なんかされない。

そんな事を考えていれば、気持ちはどんどん暗くなって行く事でしょう。

通常であれば、全く問題なくこなす事が出来るような問題に対しても考え方がネガティブなせいできちんと対処する事が出来なくなってしまう事もあります。

全てをネガティブに考える事によって、何も前に進む事が出来なくなってしまう事だってあるでしょう。

そうなってしまえば、日々の生活の中に支障をきたすことだってあるかもしれません。

だからこそ、ネガティブな発言ばかりしている人には関わらない事が一番す。

一人で勝手にネガティブな発言をしている人は、他人に全く迷惑をかけていないと思っているかもしれません。

ですが、本当は多くの人の気持ちを暗くさせて居ることだってあるかもしれません。

また、あえてネガティブな発言をする事によって周りに居る人達からの同情を引きたいという狙いもあります。

『自分は可愛そう』とアピールする事によって、人の優しさをっ体感するのです。

それは同性であれば、見抜く事も出来るでしょう。

ですが、それをする事が出来ない時や異性の場合などはその嘘にすっかり騙されてしまう事もあります。

そうなってしまうと、周りから見ている人からすると嫌な気持ちになる事も十分に考えられるでしょう。

行動力がない

行動力がある人は、自分が興味がある事に対して積極的に行動する事が出来ます。

常に前のめりであり、楽しいと思うような出来後に対して貪欲に行動する事が出来るのです。

一方で行動力が無い人は、自分では無いもしません。

例え興味がある出来事があったとしても何もしないのです。

自分が興味があったとしても何もしないのであれば、自分が行けないだけなので自己責任です。

ですが、グループで行動している時にはそうは行きません。

一人が行動しなかった分、誰かがカバーしているのです。

それぞれの役割分担として出来る事をお互いに補い合うと言うのであればそれはそれでいいかもしれません。

行動する事が苦手な人は、他の分野で頑張れば良いのです。

ですが、何もしない。

全てを他の人に任せている人はどうでしょうか。

きっと一緒にいる事に疲れる事もあるはずです。

その人とそれでも一緒にいたいと思うのであれば、それもまた良いでしょう。

きっと行動力が無い異常にその人には人間的な魅力があるのです。

ですが、もしその関係性が嫌なのであればやらない事が一番です。

あなたがやってくれる事に対して当たり前だと感じているような人には、何もしない事が大切です。

笑顔が少ない

笑顔は人間の表情の中でも一番素敵な表情です。

どんな状況下出会ったとしても、笑顔を作る事が出来れば、その場が和む事もあるでしょう。

人に元気を与えたり、前向きな気持ちになる手助けをしてくれることだってあるはずです。

ですが、反対に笑顔が少なければどうでしょうか。

同じ行動をとったとしても、笑顔がある人と無い人ではどうでしょうか。

きっと笑顔がある人の方が人に笑顔を与える事が出来るだけの力があるはずです。

また、何か失敗をしたとしても、許す事が出来るだけの力があります。

一緒に居るにも関わらず、笑顔が少ない人はどうでしょか。

段々一緒に居る事が嫌になる事もあるかもしれません。

楽しい気持ちも、その人のせいで楽しくない気持ちになってしまうことだってあるでしょう。

それだけ笑顔には多くの力があるのです。

笑顔が少ない人には笑顔が少ないなりの理由があるのでしょう。

ですが、それは他人には関係の無い事です。

少しでも、世間との関りを考えるのであれば嘘でも笑顔を作る事は大切な事です。

その事を知る事が出来なければ、性格が悪いと言われてしまったとしても仕方が無いでしょう。

人の失敗を喜ぶ

人の不幸が好きな人にとっては、人の失敗は何よりも楽しい出来事なのかもしれません。

自分より優秀だと思っていた相手が、自分より多くのミスをする。

何か取り返しのつかないおおきなミスをする事だってあるかもしれません。

そんな姿が面白くて仕方が無いのです。

それは人としてどうかと思います。

人間は本来、一人では生きている事が出来ない物です。

自分にどれだけ自信があるとしても、一人で出来る事には限りがあります。

だからこそ、その出来る部分だけでは無く出来なかった部分をどうやて補うかが大事な部分何です。

だからこそ、多くの人の力を借りる事によってそういった部分を補う事が出来るのです。

それなににも関わらず、人の不幸を喜ぶと言う事は自分は一切失敗をしないと自負しているからのでしょう。

ですが、そんな事は不可能です。

いつか自分が失敗したときに誰も手伝ってくれないと言った状況がやってくる事も十分考えられます。

そんな事にも頭がまわらないような人だからこそ、性格が悪いと言われるのです。

人によって態度を変える

どの世界にも媚びをって生きている人はいる物です。

そういったタイプの人間は、人によって態度を大きく変えます。

強い人には媚びを売り、自分よりも下だと判断した人に対して強気な態度をとるという人がいます。

自分に媚びを売ってくる相手に対しては、悪い気持ちはしないかもしれません。

ですが、反対に自分が下に見られていたらどうでしょうか。

良い気持ちはしないはずです。

相手に対して怒りすら感じる事だってある事でしょう。

人によって態度を変える人の中には、異性に対して多くく態度を変える人もいます。

そういったタイプの人は相手に取り入る事が上手くいかに自分の生活に良い影響を与えてくれる人に合う事が出来るかどうかばかりを考えています。

そんな人に対して周りの人は冷ややかな視線を向けている事でしょう。

自分の利益を求めて行動する事は、悪い事ではありません。

それもまた生き方の一つでしょう。

ですが、その一方でわざわざ相手を下に見たりけなしたりする必要はどこにもありません。

そんな事をわざわざして、自分の地位をあげうようとする事こそが性格の悪い人なのでしょう。

上から目線で周りを見下す

時に、人は自分の事を勘違いしてしまう事もあります。

まるで世界の全てを仕切っているような気持ちになってしまう事だってあるかもしれません。

それだけ、自分に自信を持っていると言う事は、もしかしたら何らかの理由があるのかもしれません。

その理由が絶対的な自信を与える事もあるでしょう。

ですが、それはあくまでもほんの一例にしかすぎません。

大抵の場合、それよりも評価が低い事が殆どです。

それ何にも関わらず周りの人を見下す人がいたらどうでしょうか。

きっと嫌な気持ちになるはずです。

普通にしていればなんとも思わないような事にたいしても言い返したくなるような気持ちになってしまうことだってあるでしょう。

人間はそれほど出来た生き物ではありません。

だからこそ、相手の態度次第で自分の態度も変わってしまう事も多々あるのです。

他人を見下して生活している人は、いつか必ず他の人から見下される時がやってきます。

それは自分がしてきた事なのですから仕方が無い事でしょう。

にも関わらず、そこで大げさに騒いだり被害者ずらすれば更に評判はがた落ちです。

トラブルが起きると人のせいにしがち

生きて居れば色々な問題に直面します。

時には自分の力ではどうする事も出来ないような大きな問題にぶち当たる事だってあるかもしれません。

その時に、いかに前向きに感がる事が出来るかどうかによって人々からの評価も変わって来る事でしょう。

何か問題が発生したときに、つい他人のせいにしたくなる気持ちも分かります。

誰もが自分が可愛いからこそ、つい他人のせいにしてしまえたらと思うはずです。

ですが、本当にするかどうかは大きな差があります。

実際そう思ったとしてもしない事が大切なのです。

失敗を人のせいにししたとしても、何も解決しません。

自分の気持ちが一瞬楽になるだけで結局は自分を責めたりする事にもなりかねません。

また人にばかり失敗を押し付けていれば、いつか自分が本当に失敗したときも誰も助けてくれないといった状況になってしまう事でしょう。

それは正に身から出たさびであり、誰も責められる必要の無い事です。

自分自身が招いた結果だからこそどうする事も出来ない問題です。

一人で現実を受け止めるのはなかなか大変な事もあるでしょう。

そうならない為にも、私たちは自分の生きている世界全ての人を大切にする必要があります。

それを出来ない人は、性格が悪いと言われても仕方がないでしょう。

無神経

無神経と言う事は、自分が発言した事に対して何も考えていない人の事を指します。

何を言ったらその人は嫌がるのか。

どんな発言が相手に対して失礼となってしまうのか。

そんな事をまるで考えずに生活している人が居るのです。

その為、その人が居る事によって場の空気が悪くなったり嫌な思いをする人が出てくる可能性多々あります。

そんな人は嫌われて当然です。

無神経の人の中にはあえてそういった行動をとっている人もいます。

人としてどうかと思いますが、それもその人の生き方なのかもしれません。

ですが、もっと問題なのは自分が無神経だと言う事に気が付いていない人です。

自分の行動を悪いと思っていないのでたちが悪いのです。

自分の周りから急に人がいなくなったと言う人はいませんか?それはもしかしたらあなたの無神経な言葉によって人が離れて言った結果なのかもしれません。

コミュニケーションが少ない

人と関わる上で大事な事はコミュニケーションをとる事です。

楽しいかどうかは関係なく、生きていくうえでとても重要なスキルでしょう。

ですが、最近ではこのコミュニケーションスキルがとても低い人が大勢います。

皆他人と接する事を嫌がり自分の世界で暮らしていきたいのでしょう。

確かに他人のと関わる事は面倒な事も多々あります。

嫌になる事も分からないではありません。

ですが、誰もがそれで暮らしていける程日本は優しい国ではありません。

嫌でも他人と関わらなければ生きていく事など出来ないでしょう。

だからこそ、私たちはコミュニケーション能力を鍛えて行かなければならないのです。

時間にルーズ

時は金成と言う言葉があるように、時間はとても重要です。

もし約束をしている場合には相手の時間を頂いていると言う事を意識しなければならないでしょう。

その事を全く考えず、自分かってな行動をとる人がいます。

時間にルーズな人が一人居るだけで、その周りの人はとても迷惑します。

仕事は勿論、遊びであったとしても楽しい時間が台無しになってしまう事もあるでしょう。

だからこそ、私たちは時間をきちんと守る必要があるのです。

そうした行動は、相手の為だけでは無く結局自分の為にも繋がるからです。

時間にルーズな人、もはやそれが癖になってしまっています。

今は優しく許してくれる友人の人々もいずれ堪忍袋も尾が切れてしまう事でしょう。

そうなってしまってからではどうする事も出来ません。

少しでも早く改善し友人関係を大事にしましょう。

偉そうにしている

小さな事にこだわり、相手をバカにしたり優位に立とうとする人がいます。

ですが、本当に偉い人は、わざわざそんな事をする必要がありません。

相手の事を考えているからこそ、むしろ優しい行動に出る事だってあるのです。

にもかかわらず偉そうにしている人は問題外です。

わざわざ偉そうにしている人と関わり合いたいと思う人はいないでしょう。

だからこそ、そういった人は結局独りぼっちになってしまうのです。

相手の立場を考えない

自分勝手な行動ばかりする人は、嫌われます。

だからこそ、相手の立場を考えすに好き勝手に行動する人は、どんどん周りから人が離れて良く事となります。

最初は、優しく許してくれる人も居るかもしれません。

顏が可愛いだけで許される事だってあるでしょう。

反対に、小さな権力を振りかざす人に対してその行動をたててくれる人だって居るかもしれません。

ですが、それは好きで行っている訳ではりません。

仕方なく行っているのです。

だからこそ、何かが起こった場合には周りから人が一瞬でいなくなる事も合言えます。

その時に、初めて自分の行動を悔いたとしてももう遅いのです。

一度離れた人間はそう簡単には戻ってきません。

性格が悪い人は顔にも出る?!

性格の悪さは、内面的な問題です。

だからこそ、外観は関係ないと思っている方も多く居る事でしょう。

ですが、内面の汚さは結局外観にまで影響を及ぼしてしまう可能性があるのです。

だからこそ、その人を見ただけで『性格が悪そう』『近づきたくない』と思われてしまう可能性も多々あるのです。

もしかしたら、それは周りに居る人の勘違いかもしれません。

本当は優しい人の可能性だってゼロではありません。

ですが、性格が顔に出る事もまた事実です。

だからこそ、誤解をされたくないのであれば、自分も意識して外観を変える必要があるのかもしれません。

目つきがきつい

目は口ほどに物を言うというセリフがある通り、目は心の中を反映しやすい場所でもります。

だからこそ、目つきが悪い人は人として性格に問題があると思われがちです。

勿論、元々目つきが悪く見えてしまう顏もあるのも事実です。

そういった方々は誤解を受けて悲しい思いをした事もあるでしょう。

ですが、実際性格が歪んでいる人は常に卑屈に物事を考えたり人の悪口ばかりを言っているせいで目つきが悪くなってしまう事もあるのです。

人間の第一印象は所詮顔です。

どんなに内面が良かったとしても第一印象が悪ければそこから仲良くなろうとは思わないでしょう。

だからこそ、自分で目つきが悪い事を自覚しているのであればそれを治す為に意識して行動する事が大切です。

口角が下がっている

口角が上がっていると幸せそうな顏に見えると言われています。

どこか笑っている様にも見えるからでしょう。

ですが反対に、口角が下がっているとどうでしょうか。

起こっているような不機嫌そうな顏に見える事があります。

広角は、自分で意識していると上がったように見せる事が出来るようになります。

もし自分の印象を良くしたいと考えているのであればその事を意識して行動するようにしてください。

【口角を上げるトレーニングは、こちらの記事もチェック!】

鼻が高い

鼻の高さは自分ではどうする事も出来ません。

そのせいで印象が悪いと言われても困るでしょう。

鼻が高い事によって、どこか高圧的に見える事が問題の原因です。

だからこそ、そう見えている事を自覚してそれ以上に他人には優しく接する事を意識してください。

そうする事で、印象を変える事が出来るでしょう。

眉間にシワが寄っている

眉間のシワは不満の現れです。

だからこそ、眉間にシワが多い人は何か不満に思っている事があると言う事を示して居るのかもしれません。

ですが、それと同時にそのシワが癖になっている人もいます。

本人は何も考えていないのにも関わらずそうした顏になってしまっている事も十分に考えれます。