一期一会…なんて素敵な言葉なのでしょう。

人は誰もがこの言葉に沿った体験をしながら生きています。

そしてその言葉は一生の思い出になり、あなたの人生をよりいっそう深いものにしてくれますよ。

一期一会の意味を知り、あなたのこれからの毎日を彩ってください。

一期一会を大切にする人は魅力的

一期一会、聞いたことはあるけど意味はよくわらないという方も多いかもしれません。

でも意味を知っていなくても、この言葉の意味を知らないうちに実践している人もいます。

一期一会はその人の人となりを表していると言ってもいいでしょう。

そして、一期一会は自分の鏡でもあり、あなたを人間として成長させてくれる大事なチャンスでもあります。

これから一期一会の意味を少しずつ紐解いて、あなたの心の中で育ててみましょう。

一期一会はきっとあなたの人生をより良いものにしてくれますよ。

一期一会とは?

この四字熟語、みなさん聞いたことがあるでしょうか。

でも意味はよく分からないという方のためにお伝えしますね。

一期一会とは…「一生に一度だけの機会、障害に位置限りであること、一生涯に一回しかないと考えてそのことに専念すること」

一期とは一生涯、生まれてから死ぬまでのことで、一会とは一度の出逢いのことなのです。

仏教用語では一会とは法要などの意味を表します。

人と人との出会いを意味し、今後会うことがなくとも人と人の出逢いを大事にして誠実に接していこうという意味なのです。

私たちは毎日が一期一会です。

人と人とだけでなくて、今までの経験したことないことを目の前にするのもまた一期一会ともいえるのです。

いつ出来た言葉?

千利休の弟子である山上宗ニの著書の中で、利休の言葉をこう記してあります。

「路地へ入るより出づるまで、一期に一度の会いのように亭主を敬い畏まるべし」という一文を残しています。

つまり、生まれてから死ぬまで人の一生の中でその茶会は一度しかありません。

その気持ちで人を敬い茶会を行いましょうとの意味があるのです。

また、こうも記してあります。

「茶会ではどんなに普通の客であっても、手を抜くことなく心からおもてなしをしなさい」とあります。

茶道との関わり

一期一会はいわゆる四字熟語です。

この言葉が皆に知られるまでには、茶道との関わりがあるのです。

歴史上の人物、井伊直弼が関係していると言われています。

彦根藩の井伊直弼は「埋木舎」と名付けた屋敷で青年期を過ごして文学や武道を修養を重ね、中でも茶道には熱心に取り組み、武家の茶道である石洲流の一派を作ったのです。

井伊直弼の独自の茶道の世界を展開したのです。

彼にとって茶会は青年の頃から学んでいた茶の湯の実践の場で、茶会におけるもてなす側の在り方、美しい作法の形、道具に込めた美意識など、彼の茶会への思いが込められいたのです。

彼の著書「茶湯一会集」の内容には、たとえ毎回の茶会がいつもの顔ぶれであっても、今日のこの日がまた繰り返されるとは限らない。

そう思って、おざなりに客をもてなさずに真剣な気持ちで接しましょう。

とあります。

この精神から一期一会の言葉は定着して、現在の日本の日本人の心構えとして生きているのです。

一期一会の使い方をチェック

一期一会の意味はご理解いただけたでしょうか。

とても素敵な言葉ですよね。

厚みがあって、意味に奥行きがある言葉です。

この言葉を「座右の銘」としている人も多い事でしょう。

素敵な言葉なので、色んなシーンで使われることが多くて、その言葉は誰かへの気持を表したり、励ましの言葉として使われるのです。

どのように使うか知って、あなたの周りの人々を勇気づけたり、励ましたりしましょう。

何事も一期一会の気持ちでやろう

人と人との出会いだけではなくて、物事や初めて目にする体験するものも一期一会と言えます。

勉強なども何度も学んだところも初めて学んだかのように確かめてしたり、仕事も初心の気持に戻り、おざなりな気持ちを排して取り掛かるなどの意味をみんなで確認するために使うのも良いでしょう。

職場のリーダーや社長が社員に対して、朝礼などで仕事のあり方などを説くときに一期一会の言葉の意味を伝えてから「何事も一期一会の気持でやろう」と士気を上げる時に使うのも良いです。

一期一会の積み重ねが人生なのだ

人生は一期一会の繰り返し、積み重ねです。

小さな物事から大きな物まで、一期一会の精神で接すれば必ず未来には良い結果が待っています。

それは100%だと言ってもいいでしょう。

それくらい一期一会の精神は確かな物なのです。

悪いものを積み重ねたならば、当然結果は悪いものとなるでしょう。

しかし良い事を積み重ねれば必ず良い事が待っています。

それは偶然でもなんでもなく当然の結果なのです。

未来はただ信じていても良い方向へは進みません。

自分が良い事を積み重ねていくのしかないのです。

素敵な一期一会を積み重ねて自分が思った通りの人生を歩みましょう。

一期一会の気持ちでどんな人とも接しよう

人は生きていれば、人に会わずに生きていくことはできません。

一歩外に出れば誰かに会うし、お店に入れば一言二言の言葉を交わすでしょう。

それは極端な例かもしれませんが、普通に仕事をして毎日を過ごせば、お客さんや上司や同僚と会うでしょう。

毎日顔を会わせている人たちでも、一期一会の精神を心に置いてどんな人に誠心誠意で接すれば、どんな困ったお客さんや上司や同僚などにも伝わる、たとえ伝わらなかったとしてもそれが一期一会の精神なのです。

「一期一会の気持でどんな人とも接しよう」と経営者などは従業員に、接客の在り方を説くときに使うと良いでしょう。

しかし、その言葉を使うなら自分自身が周りに一期一会の精神を実践していくことを忘れないで置きましょう。

私たちは日々一期一会の繰り返し

何気ない日常で面白みがないと感じている人もいるかもしれませんが、私たちは日々一期一会を繰り返しているのです。

一期一会は決して大掛かりな物でも、わざわざ見つけにいくものでもありません。

しいて言うなら、何もない何気ない日常から意識をして一期一会の精神を立ち上げて行うものなのです。

それは家の外にもあるし、家の中にもあります。

家庭の中で言えば、「子育て」なども一期一会なのではなのでしょうか。

成長が止まる子供などいないですよね。

そう考えれば子育ては一期一会の繰り返しと言えるでしょう。

子供の成長だけでなく、会社の部下などの成長を一期一会の精神で見てあげれば部下たちもとても新鮮な物と言えるでしょう。

一期一会を日常の中から探してみてください。

出会いは途方もないほどの偶然の産物


世界の人口は72億7552万人と言われています。

そして世界の国々の数は196ヵ国と言われていて、日本の人口は約1億2千万人です。

この数字を見て分かる通り、その中の一人である私たちは誰かとの出会えるのは途方もない偶然だと言えるでしょう。

それは恋愛の中であるいわゆる「運命の人」ともいえる場合もあるし、信頼できる先生や師匠などの尊敬できる人と出会えるのもまさに偶然と言えるでしょう。

しかし、「偶然」とは偶発的なものもありますが、いわゆる人の「日ごろの行い」が引き合わせたものもあります。

まさに一期一会の精神を大事にする人は、これらの良い出会いを引き合わせることができると言われています。

一期一会を実践していれば思いもよらない嬉しい「偶然」を呼び寄せることもできるのです。

あなたが今存在することも奇跡

仏教の世界ではこのような例えがあります。

「盲亀の浮木」です。

お釈迦様が弟子の阿難に人間に生まれたことがどれくらいの奇跡でどれくらい幸運な事なのかを説いています。

お釈迦さまは、「太平洋の広い海に目の見えない亀が100年に一度だけ暗い海底から浮かび上がり顔を出しせるチャンスがある、そしてその時に海に浮かぶ木に空いた穴に顔を突っ込むことができる」と。

さらに「しかしその木は大海原にあり、しかも波が漂っている。

その木の穴に顔を入れる機会などあるだろうか」と阿難に聞いたのです。

阿難は「絶対に機会がないと言えばそうではありませんが、でも滅多にないことでしょう」と答えたのです。

お釈迦様は、人間が人間として生まれてくるのはそれよりも難しい事なんだと説いたのです。

宗教観は様々ですが、そう思えば私たちが今存在しているのも奇跡で、また誰かと出会えたのも奇跡と言えるのです。

さらに一期一会の精神に立った時にその奇跡はさらに大きなものとなるのです。

座右の銘にしている人も多い

座右の銘とは、人が生きるための指針としている言葉です。

座右の銘となる言葉はたくさんあれど、「一期一会」を座右の銘にしているひとはイメージとして温厚で礼儀正しく、誰とでも分け隔てなく接する感じです。

実際にこの言葉を座右の銘にしている人はそれを実践しているでしょう。

人と人との繋がり、つまり人と人との関係を丁寧に扱い「人脈」を大切にしていく、これはじビジネスシーンでも経営者が「理念」としていることも多いです。

有名なタクシー会社の社長も一期一会をとても大事にしているようです。

まさにタクシーの運転手さんは毎日がリアルに「一期一会」を実践している人と言えます。

しかし、彼らも一期一会を実践しているからこそ常連客が増えていき、理想の売り上げへと繋がっていくのでしょう。

実際にタクシーの運転手さんだけでなく、一期一会を大事にする人は「口コミ」が広がっていきます。

「あの人、とてても仕事が丁寧で礼儀が正しい人だよ」と誰かの耳に入り、自分の成長につながる人を紹介してもらえることも多くありますので、経営者としては座右の銘にしている人が多いのです。

就職面接で答える人が多い

就職面接でよく聞かれる質問が「座右の銘」であります。

最近は面接官にインパクトを与える為に、難しい四字熟語を使ったり、名言を言ったりする場合もありますが、面接のときは自分にとって大事にしている言葉、そして会社にとってもその言葉が生かされることで会社の潤滑油になったり、利益となる言葉の方が会社に良いイメージを与えることが出来るでしょう。

特にサービス業やお客様を大事にしなければいけない仕事ではこの「一期一会」はとても大事な言葉となるでしょう。

面接官はその座右の銘を聞いた時に「この人は、人との出会いと接し方をとても丁寧にすることを心がける人なんだな」と印象を与えることができるのです。

たとえそれが面接用に用意した言葉だとしても、その言葉を知っていることはこれからもその言葉を指針としてくれるだろうと思えるのです。

一期一会を大切にすべき8個の理由とは?

人が人でいる以上、人と接しないことはないし、何度か新しい事を経験します。

その中で一期一会の心を大切にして実践していれば、必ず人の運命は良い方向への進むでしょう。

ここでは何故、一期一会を大切にした方が良いのか8個の理由をお伝えします。

過去や未来よりも、今を大事にすべきだから


一期一会を現在過去未来のうち、どれに当てはまるかと言えば当然現在を表します。

しかも現在進行形の事なのです。

たった今自分はどうあるべきか、どうすべきかを考えて行動するのが一期一会なのです。

今を大事にするのが一期一会なのですが、それは今と言っても刹那的な「今だけ」という意味ではなくて、一期一会の「今」は未来につながる今なのです。

人との今のつながりを大切にすることは、その自分の未来を明るいするものであり、接した相手の未来もそうなるのです。

それを分かっている方は、人との接し方をとても礼儀正しくします。

逆に一期一会が心の中にない人は、ただ思ったことを口にしてしまい相手を傷つけてしまうのです。

結局は今が全ての中心であるべき

過去にどんなに素晴らしい功績や名誉があったとしても、それはしょせん過去の事。

誰かがその過去を賞賛してくれたとしても、本人はいつまでもその過去に縋り付き前に進むことを拒んでしまっては、その人は成長することができません。

また、人は未来を夢見て想像して行動します。

しかしそれも「今」という時間を大切にして行動しなければやって来ない未来なのです。

健康に対してもそうなのです。

自分の命に対して一期一会でなければ、暴飲暴食をしてしまったり自暴自棄になり自分を苦しめてしまい後に病気になってしまったり、自分が犯した罪で人間関係を壊してしまうのです。

自分の行動は全て自分に返ってきます。

しかし一期一会を心に置いて行動すればきっと自分に幸福を漏らしてくれるでしょう。

人や物事を大切にする気持ちが大事だから

人に対して乱暴な言葉を使ったり、後先考えずに思ったことを言って相手を傷つける、意地悪をしてしまう、自分のいいように誰かを振り回すなどの行動は一期一会からかけ離れた行動と言っていいでしょう。

一期一会を大切にしない人は、割と平気で人を傷つけます。

なぜなら、そうしてしまった行動の後にどうなるか分かっていないからです。

これらの行動は必ず自分に返ってきます。

痛い目に合うのですが、一期一会の大切をしらないので自分がどうしてそうなったのかを気づくことが出来ないのです。

自分の罪に気づけない人は「気づけない」という最大の罰が当たってしまうのです。

人と人との繋がりだけではありません。

物に対してもそうなのです。

物に対しても一期一会があります。

物を粗末に扱う人、買った物に対してすぐに飽きてしまったり、次から次へと物を買ってしまう人もどんなにお金を持っていてもこれでは、人としての品格が落ちてしまいます。

しかし物に対しても一期一会を大切にする人は、何か買う時もじっくり考えて買った時はその物を大切に扱うのです。

そうすると物は長持ちして買い替えることもあまりなくて、結果的にはお金も残るし無駄な物が増えることなく快適な生活を送れるのです。

人生に感謝する気持ちが芽生えるから

人や物に感謝の出来る人は幸せな人です。

感謝こそが人を幸せにすると何かの啓発本なので見たことはあるのでしょうが、疑問を持ったことありませんか?どうしたら「感謝の心」が自分に芽生えてくるのかを…。

感謝の心が芽生えてこないは理由には人のさまざまな境遇があるでしょうが、根本的にはこの一期一会を大事にすれば自ずと感謝の心が出てくるはずです。

人として生まれてきたこと、それはとても奇跡的な事で、その人間同士が出会う事、そして日常は毎日同じではない事、人を大切にすれば必ず自分の未来が開けてくること。

これらの一期一会の精神を心にあれば行動と言葉がとても優しくなり、誰にでも感謝出来ることが出来るでしょう。

相手に対する思い遣りの気持ちを持てるようになるから

人が人でいる以上、思いやりの心があるはずです。

しかし、毎日生活をしていると様々な理由で心に余裕がなくなり、相手に対する言動が乱暴になったりするものです。

そして言ってしまった後に「しまった、何てことをいってしまったのだろう」と自己嫌悪に陥ってしまう事もあるでしょう。

これも一期一会の精神があれば避けられることなのかもしれません。

相手への思いやりができるのは人の痛みが分る人、痛いだろうと想像できる人が出せるものです。

しかし、皆がその心があるとは限りません。

ならば志を頭に置いて行動する他ないでしょう。

一期一会はその「思いやり」を実践するために目標と言えるのです。

他人や本当に一度しか会わないような人に思いやりの気持を向けるのは正直難しいでしょう。

でも身近な人にならどうでしょう。

自分の家族や恋人に一期一会という言葉はあまり適当でないのかもしれません。

でもお互いにその気持ちでいれば自然と相手に思いやりの心が芽生えてくるでしょう。

集中力が増すから

目の前にあなたにとっての「絶好のチャンス」が表れることがあるとしましょう。

これも立派な一期一会です。

みなさん当然飛びつくでしょう。

しかし、飛びついたのはいいけどどうも力が出てこない、心の中で「またきっと別な機会がやってくるだろう、その時にやればいいや」など思ったりすることはありませんか。

やる気がだんだんと下がってきてしまう…これは物事に一期一会があると知らないから、ついつい気持ちが緩んでしまうのです。

今日、自分の目の前に来たチャンスは今日しかありません。

今日やらなけれ次はないのかもしれないのです。

そう考えて取り組めば必ず集中力が出てくるものです。

集中力はやる気だけでは維持できません。

やらなくてはいけない意味がしっかりしていないと続かないのです。

人生の奥深さを理解できるようになるから

ある日、誰かの幸せな様子を見て「幸せそうだな」と心の中で思った次の瞬間に、「自分はどうなんだろう」と誰かと比べてしまって、急に心の中に寂しい風が吹いてしまったことはないですか。

人は生きていれば出逢いもあれば別れもあります。

特に別れの時は寂しく思える時があり、そんな時は自分が世界で一番寂しいやつだと思てくるものです。

でもそんな時に思い出して欲しいのが一期一会です。

一期一会は出逢いの事ばかりを意味しているのではありません。

別れは次の一期一会を意味しているのです。

特に男女の関係の場合はそうでしょう。

男女の別れは悲しみのどん底に叩きつけられますが、次の一期一会を思えばこれはこれで幸運な事なのです。

これが一期一会を心に置いている人と置いていない人の違いなのです。

一期一会を知らない人は人生の奥深さ、つまり出逢いの可能性を見出すことが出来ずに悲しんでしまいますが、知っている人は奥深さに感謝して行けるのです。

時間をより大切にするようになるから

一年は365日、一日は24時間あります。

しかし人によってはこの時間の感覚が違うようです。

年齢によっても男女によっても違ってくるでしょう。

皆平等に与えられた時間なのに、時間を持て余す人と時間がいくらあっても足りない人がいるのです。

平穏な時間を過ごし暇に過ごすのもたまには必要でしょう。

しかし毎日がそうでは人生に彩がなくなってしまいます。

自分はもっとキラキラと輝けるはずだと嘆いてはいませんでしょうか。

もしそうなら、一期一会の言葉を思い出してください。

今日という日は二度と来ません。

そして時間も戻ってきません。

それは人生が一期一会の繰り返しだからです。

皆一様にこういいます。

「やった後悔よりも、やらなかった後悔の方が大きい」と。

一期一会を心に置いていれば二度と来ない今日を目いっぱい丁寧に生きようと思うでしょう。

そしてその今日が明日の素敵な一日へと繋がっていくのです。

誰からも学ぶことがあるから

人との出会いは楽しくて素晴らしいものばかりではありません。

腹の立つ出逢い、相手のことを絶対に許したくない出逢いなどもあるでしょう。

出逢いと呼ぶには相応しくないものもあるでしょう。

しかし、この出逢いも一期一会の精神で考えれば一つの「学び」なのです。

強引な解釈かもしれませんが、どんなに酷い状況もその出来事を浄化させるには、これも一期一会で二度と出会うことがないかもしれないし、この経験が自分のこれから何かを選択する時に役立つのかもしれないと思えば自分に起こったことも許せるものです。

そして相考えなければ、人の人生というものは惨めな事の方が多いのです。

惨めな気持ちに押しつぶされないためにも、一期一会の精神でいつも物事を見つめて行きましょう。

一期一会を大切にしないとどうなる?

一期一会を知らなくても、その精神を重んじて生きている人はたくさんいるでしょう。

その逆に一期一会という言葉を知っていても、その精神を無視して生きている人がいます。

無視してしまうのはどうしてなのでしょうか。

そんな余裕がないからなのでしょうか、それとも一期一会がなくとも人は生きていけると思てっているのかもしれません。

いずれにしても一期一会を粗末に扱ってしまう人は罰は当たることはないにしても、寂しい人生を送ることにになります。

人は一人では生きていけません。

その大事な人である人との一期一会を大切出来ないのであれば、周りの人たちもきっとその人を粗末に扱うでしょう。

今一度、一期一会の精神に立ち返り自分自身を省みて人との出会いを大切にしてみませんか。

友人知人が増えない

当然ではありますが、一期一会を大切にしないと友人知人が増えません。

大切にしていない人は心の中で「別に友達は一人でいいし、関係の薄い知人なんて何の役にも立たない」と思っていることでしょう。

若い時はそれでもいいでしょう、一人でも楽しめることはいっぱりありますから。

でも年を重ねて来た時にふと周りを見た時に誰もいなかったらどうでしょうか。

友達もいない、話を聞いてくれる知人もいない、寂しいとつぶやいてみても誰もいない人生…。

それはそれは惨めなものになるでしょう。

しかし、一期一会を拒んでしまうと、周りはその人が近寄りがたい人だと察知してしまい、その人には友人が出来なくなります。

人生の豊かさは出会いの数で決まるわけではありません、出会った人とどのように接してきたかで決まります。

もし、自分の老後を思うなら積極的に出会いを作り、一期一会を実践してみてはどうでしょうか。

礼儀のあるコミュニケーションができない

どんな人にも礼儀正しい人がいます。

通りのすがりの人にも、自分より遥かに若い子供にも失礼のないように接する人を見ると「かっこいいな」と思いませんか?

今後会うこともない人にも礼儀正しいなんて、まるでジェントルマン、神様、仏様として見てしまいます。

この様な礼儀ある接し方が出来る人はやはり、一期一会を大事にしているからです。

この人は誰が見て居なくても出来るのです。

しかし、一期一会を大切に出来ない人は、人に対して礼儀に欠ける発言をしたり、不快を与える行動をしたりするのです。

そのような人は人に対してこう思っています「どうせ知らない人だし」、「この人なら怒らなさそうだし」と。

そして適当な対応をしてしまうのです。

でもその後、偶然にもその人とまた会う機会があったりとすると最悪ですよね。

これは一期一会を蔑ろにしてしまった結果でもあるのです。

何事も適当にするようになる

物事には「限度」や「加減」というものがあります。

それは、その事に合わせるために力の入れ方が必要です。

しかし、「適当」にしてしまうと結果的に良くない状態になることが多くあります。

適当とは自分の価値感や経験則で確信がないまま動いてしまう事です。

その適当が良い時と悪い時があります。

例えば料理です。

自分一人で食べる料理なら適当でもいいでしょう。

しかし、お客様にお出しする料理を作る人板前さんなどは適当という訳にはいきません。

お客様が喜んでくれるように、美味しいと思えるように、またお客様がまた来ていただけるようにと思って料理を出すのです。

これはまさに一期一会の精神なのではないでしょうか。

適当が悪いとは言いません。

でも、人に対する態度が適当ではいつか自分も適当にあしらわれてしまう事を忘れないで置きましょう。

相手の記憶に残らない人になる

人は誰かに大事に丁寧に扱ってもらうと嬉しく思います。

そしてその相手を忘れないものです。

それは大事にしてもらうと自分の存在価値がハッキリと分かるからです。

一期一会を大切にしている人は、人を大切にします。

自分も誰かと丁寧に接しますが、その人もまた誰かに大事にしてもらえます。

しかし、一期一会を大切にしない人は、人と適当に接してしまいます。

悪気はないのでしょうが適当な言葉で対応したり、可もなく不可もない行動で物事を受け流すので相手に良い印象を与えられないのです。

つまり相手の中でどうでもいい人になってしまうのです。

普段の生活の中ならよいのかもしれませんが、ビジネスのシーンでは相手、お客さんの記憶に残らないことは非常に辛い事だと思います。

せめて言葉使いは丁寧にして、相手への印象を良いものにしておきましょう。

人に信用されない

たまに自分の口からポロっと適当に言った言葉が、相手に悪い印象を与えてしまったことはありませんか。

これが友達通しの悪ふざけなら無礼講で色々と言い合ったりもできるのですが、初対面の人やこれから親しくしないといけない人などについつい使う言葉を間違えてしまうのは、やはり一期一会の精神が欠けているとそうなってしまうのです。

そうなると相手に信用されなくなることがあります。

言葉だけでなく、行動もそうです。

仕事などで適当な事をしていると、適当にやっても間違えのない軽い仕事しか与えられないでしょう。

毎日やっているような仕事で、小さな誰にでも出来る仕事も真心こめて行えば自分自身も働ける喜びを感じられるし、必ずあなたの行動は誰かに見られていますので真心こめて行えば、周りから信用を得られて、次からはいつもと違った仕事を与えれるでしょう。

向上心が生まれない

向上心とはどこからくるのでしょうか。

何かを見て刺激を受けてから向上心がくるのでしょうか。

向上心が湧き上がるのはとても素晴らしいことですが、続かなければ意味がありません。

続けるにはそれを続ける精神が必要です。

一期一会には向上心を続けられる精神が宿っています。

今日という日は二度とありません、だから今日一日を精いっぱい生きて行こうというのが一期一会の精神です。

もしこの考えがなければきっと、「どうせ明日も時間あるし、明日頑張ろう」と思ってしまい、いつの間にか向上心が消えてしまうことになるでしょう。

向上心とはどこか遠くからやってくるものではありません、自分の中から湧き上がるものです。

それも一期一会の精神があってこその向上心なのだということを忘れないでおきましょう。

一期一会を大切にして生きていこう

人は人の中かで初めて成長ができます。

誰もがきっと人との交わりを煩わしいと思える時があるでしょう。

しかしその中で人は磨かれて輝き始めるのです。

それに気づくのは、ずっとずっと後になるかもしれません。

大抵の人がそうなのでしょう。

でも「一期一会」の精神が最初から心の中に有ればどうでしょうか。

その精神が人を思いやり、周りからも大事にされるでしょう。

でもそれがいつもとは限りません。

こちらがいくら一期一会の精神で相手に接しても、あちらにそっけなくされたり、思ってもみない言葉が返って来るかもしれませんが、それでもしょげないでください。

一期一会が思ったものと違ったとしても、あなたはそのまま実行してください。

あなたの行動は必ず誰かが見ています。

あなたのその素晴らしい行動に周りはきっとあなたの人間的な魅力に心を打たれて、あなたの周りも一期一会の心を持ってくれるでしょう。