我が強い人というのは、周囲から敬遠され、付き合いづらいと思われてしまう存在だったりしますよね。

自分の意見を押し通してしまうことから、強情で意地っ張り!
さらに、協調性が無くワガママ!
“我が強い”のは長所と捉えられる部分もありますが…我が強い人というのは、どちらかというと皮肉めいた言葉であって、いい意味で使われる言葉ではありません。

友人や職場に我が強い人がいると、周りの人はいつも振り回されっぱなし。

もう面倒くさいからと、仲間外れにされてしまうことも多いかもしれませんね。

それでも、我が強い人はその性質から、周囲がどう思っているかなんて、気にも留めていないかも…というより、気づいていない人が多いのかもしれません。

我が強い人に共通する特徴

我が強いということは、周囲のことを考えるよりも、我を通してしまうのですから、自分の我の強さに気付くのは難しいようにも思いますよね。

自分の性質がどうか…周囲からどう見られているか…を、客観的に見ることが出来なければわからないことだし、それが出来れば我が強い人にはならないようにも思えます。

我が強い人だって、嫌われようとして自分を押し通しているわけではなく、嫌われるのは嫌なはず。

状況がわかれば、普通は意識して周囲に協調することを考えるはずですよね。

…もしくは、わかっているのに止められない!と、自分の我の強さに悩んでいる人も、中にはいるのかもしれませんね。

でも、自分のことをしっかり分かっている人って、どれだけいるのでしょう?
常に自分と周囲を同時に、客観的に見られる人のほうが少ないんじゃないかな…とも筆者は思います。

自分、もしくは周囲の、どちらかに偏ってしまうことの方が多くて、それぞれに問題を抱えていたりもするわけです。

これが自分に偏ってしまうのが、我が強い人とも言えると思います。

筆者自身も、いつもの自分を冷静に見れば、どちらかと言うと自分に偏ったモノの見方をしているタイプで、ある意味“我が強い”のかもしれません。

自分ではあまり意識したことがなかったし、自分の意見を“押し通している”つもりもなかったけど…周囲から見れば、我が強い人に映っているのかも。

あなたは大丈夫ですか?
ここからは、“我が強い人に共通する特徴”を挙げていきます。

この特徴に自分が当てはまるかどうか…いつもの自分を冷静に振り返ってみると、自分が我が強い人間かどうかが、わかってくるかもしれませんよ!

謝らない


まず我が強い人の特徴として言われているのが“謝らない”ということです。

謝るというのは、自分の非を認めるということです。

つまり、自分の意見を押し通す我が強い人は、そう簡単には謝らないということになりますよね。

それに、たとえ自分が間違っていることに気付いたとしても謝らなかったりすることから、強情で意地っ張り!そんな風にも言われてしまうんですよね。

筆者の私は…意見はハッキリ言うけど、謝る時は謝ります。

ただ、間違いに気づくまでは考えを曲げたり、譲ったりすることはありません。

ですのでこの特徴は、当てはまるような、当てはまらないような?

でも、我が強い人の場合は、意地でも謝らなかったり、かろうじて誤ったとしても態度が悪かったり、ふてくされていたりすることが多いですよね?
素直に謝ることが出来るのなら、我が強い人とはならないような気がします。

…自分に甘いですかね?笑

人が自分をどう扱うか気にする

また、我が強い人は“周囲の人が自分をどう扱うかを気にする”傾向もあるようです。

我を押し通す人は、つまり周囲よりも自分の優先順位が高い人ということになりますよね。

それは、自分の中の気持ちだけに限らず、周囲の人との立場や状況においても同じように、優先されたり優位でなければ気が済まない!となってしまうようです。

ここが、我が強い人に言われるワガママさなのかもしれませんね。

いつも自分の思い通りにならないと嫌だし、それを周囲の人にも求めてしまう。

しかも、ワガママな我の強い人だと、自分の立場や状況に納得できない時には、不機嫌になったりと態度で示す傾向もあると思います。

せめてハッキリと言ってくれたら…周りの人も対処のしようがあるというもの。

これが、我が強い人が面倒くさがられる所以でもあるのでしょう。

筆者としては、これもあまり当てはまらないように思いました。

確かに、邪険にされるのは嫌ですが、優先されたいとか、優位でいたいという気持ちはありません。

むしろ放っておいてほしいです。

周囲にどう扱われたいかというのは、我が強いかどうかの判断基準にもなりそうですね!

感情をコントロールできない


我が強いということはつまり“感情をコントロールできない”ということにもなりますよね。

我が強い人にとっては、自我を通すことを、ほとんど無意識に行っているでしょう。

コントロールして我を強く出しているのではありません。

コントロールされていないから、自我が強く出てしまうんです。

“感情をコントロールする”という言葉も思い浮かばないくらい無意識であって、ある意味、自然に湧き上がる感情をありのままに出しているとも言えるかもしれませんね。

しかし、感情コントロールと一言に行っても、実際は難しいものです。

分かっていればコントロール出来るというものでもありません。

無理に押さえつけた結果、別のところに弊害がでる場合もあります。

我が強い人にとっは、自己主張がありのままの欲求でもあるのでしょうから、それを出すこと自体はそんなに悪いことではないと、筆者は思います。

ただ問題があるとしたら…他者のことをまったく考えていないことでしょうか。

感情をコントロールすることが出来なくても、周囲の人の気持ちを考える事さえ出来れば、印象はかなり変わってくる…はずです。

言い訳が多い

我が強い人は、“言い訳が多い”ことも特徴として挙げられています。

言い訳が多いのは、謝らないこととセットのように思います。

謝らない代わりに、言い訳をする…。

謝らない人というのは、もれなく言い訳が多かったりしますよね。

この言い訳が多い人を、我が強い人だと認識したことは無かったのですが、考えてみれば、「我が強い→謝らない→言い訳をする」というこの図式には、ちょっと納得です。

筆者の場合、あまり言い訳はしません。

でも、気持ちはよく分かります。

謝らなければならない状況の時、言い訳をしたい気持ちが沸いてくるものです。

それでも、そこはぐっと堪えて謝ります。

これが我慢できないのが、我が強い人なのかもしれませんね。

特に女性だと、謝らないし言い訳をする代わりに、泣き出す人もいますよね。

思えばこれも、我が強い人の特徴なのかもしれないなと…。

言い訳代わりの涙。

女性には多い特徴のように思います。

仕切りたがり


我が強い人はもちろん“仕切りたがり”でもあるということです。

自分が優先で優位でいたいということは、いつも自分中心でなければ満足出来ないということ。

となればもちろん、どんどん前に出てみんなを仕切ろうとします。

それは、統率力とは違って我を通すためだけのもの。

周囲がまとまるかどうかではなく、自分の思うように事が運ばなければ気が済まない。

自分に注目が集まっていなければ、気が済まないのです。

つまり、自分勝手な仕切りをしてしまうのが、我が強い人ということです。

ある意味、自分のワガママを押し通そうとする子供のようなものですよね。

思い通りにならないと、泣きわめいたりごねたりして注目を集め、周囲の大人を困らせ、結局自分の思い通りに大人を動かしてしまう。

それと同じことだと思います。

プライベートについて話さない

また、我が強い人は“プライベートについて話さない”という面もあるようです。

特に悩みやトラブルなんかがあると、それを抱えている最中は、秘密にする傾向があるようですね。

これは、自分の弱みを見せたくないからというのが、理由となっているようです。

我が強い人というのは、我を強く持っている人でもあります。

自分なりに「こうしたい!」「こうじゃないと!」という強い思いがあるんですよね。

悩みがあるということは、それが思い通りになっていないということです。

そんな一面を、周囲に見せるのを嫌がるのでしょうね。

それに、自分の中で通したい思いは決まっているので、相談して横から違う意見を言われたり、口を挟まれたりするのが嫌だとも言えます。

人からアドバイスをされるのは、相手が優位に立っているように感じてしまうのでしょう。

筆者は、ここまで挙げてきた特徴は、あんまり当てはまらなかったのですが、これについてはちょっと当てはまっています。

上から目線でアドバイスされるのが嫌なわけではないのですが…自分の思いがしっかり決まっている分、相談しようという思いに至らないんですよね。

でも確かに、可愛げがないですよね。

自分の弱みを見せてこそ、周囲との持ちつ持たれつの関係性が築けることもありますし、思いもよらない打開策を提示してもらえることもありますよね。

これからはもう少し、周りを頼ってみようかな…

自分の話を聞いてほしい


続いての我が強い人の特徴は“自分の話を聞いて欲しい”という思いが強いということです。

これももちろん、自分が中心で優先でいたいので、他人の話より自分の話!となってしまうのは当然ですよね。

それに、我が強い人は社交的でおしゃべり上手だったりもするようです。

最初は他の人が話していたはずなのに、気づいたら我が強い人の話にすり替わっていて、話題の中心にいたり…
「〇〇と言えば、この前私さぁ…」と、話を持って行ってしまったり…
それがあまりに巧みなので、すり替えられた方も気づかない場合が多いみたいですね。

会話上手な人と話していれば、その場はそれなりに楽しめちゃったりもするのが落とし穴。

我が強い人と別れた後、なんだか自分はモヤモヤ。

話したかったことが話せていないな…と、そんな感じがしたら、相手は我が強い人だったのかもしれませんよ!

これもまた、筆者も少し当てはまっているかも。

ついつい自分の話を始めてしまって、途中で「あ!ごめんごめん。脱線しちゃった。何だっけ?」と、言うことがたまにあるような…(笑)
確かにこの点、我が強いのかもしれません。

お気に入りに対する執着心がつよい

我が強い人は“お気に入りに対する執着心が強い”のも特徴のようです。

我が強い人はワガママな面もあるのですから、お気に入りを「独占したい」という気持ちが強いのも頷けますよね!
それに、誰よりも自分が優先になるわけですから、お気に入りに対しては自分に独占権があるとも思ってしまうのでしょう。

これもやっぱり、ワガママな子供と同じですよね!
お気に入りのぬいぐるみやおもちゃを友達にさわらせない。

貸してあげない。

また、お母さんが他の子に優しくしていたりすると、嫉妬したりするのも同じようなこと。

きっと、子供のころからそういう一面があったのでしょう。

お気に入りのモノは自分のモノ。

そんな感覚を持っていると、そこに割って入ってこられると、不機嫌になってしまったりします。

例えば、お気に入りの席とか、お気に入りの後輩とか…自分の特等席に誰かが座っていたら不機嫌になる。

お気に入りの後輩が、他の人と楽しそうに話していたら嫉妬する。

誰にもわかりようがないような事で不機嫌になってしまう理不尽さ。

それが、我が強い人の特徴といえるようです。

自己主張の自覚がない

最初にもふれた通り、我が強い人は自分の我の強さに気付いていない…つまり“自己主張の自覚がない”のが特徴と言えるようです。

これまでもお話してきた通り、その我の強さはほとんど無意識。

周囲から見れば、思う存に自己主張しているように見えても、本人としては「自己主張を押えてる」とすら思っている場合も多いみたいです。

実際、本人としては押えていることもあるのかもしれませんね。

自己主張の半分も出せていないという自覚があるのかもしれません。

こう思ってしまう原因は、言葉にして出していなかったり、自己主張が通らなかったこともあるからかもしれません。

我が強い人は、自分の主張を遠回しに態度で示すことも多々あります。

周りには、そのふてくされた態度で、十分に自己主張が強いと思われているのですが、本人は「言っていない」から主張を押えていると思っていたり。

また、自己主張が通らなかったことで、自分の思い通りになっていない。

つまり「主張を我慢している」くらいの認識になってしまっていたり。

周りからすれば、主張を通されていることの方が多いし、十分そのワガママに振り回されている感覚があっても、我が強い人にとっては、思い通りにいかなかったことの方が強くイメージに残っているのかもしれません。

結果、自己主張の自覚がないのです。

これは…厄介ですよね!

これを本人が気づくのは相当難しそう。

筆者も、自分をよく振り返ってみないと…ちょっと自覚が薄いかもしれません。

SNSで必死にアピールしている


我が強い人は、自己顕示欲が強いとも言われています。

その結果“SNSで必死にアピールしている”こともあるようですね。

我が強い人というのは、「自分が中心にいたい」「注目を集めていたい」という思いがあるのを、これまでにもお話してきました。

その特徴的な行動として挙げられるのが“SNSアピール”です。

そしてそこには、我が強い人の、自己顕示欲が表れているということです。

自ら自己をアピールし、そのコメントやいいね!の数が集まることで、注目を浴びている感覚になり、自分が中心に世界が回っているような感覚にもなれるのです。

それがどんどんエスカレートしてしまうと…犯罪まがいの過激な動画をアップするような行動に繋がっていくわけです。

自信がない

我が強い人の根底にある心理は…“自信がない”ということのようです。

自信が無いから、我を無理にでも押し通そうという、強引な行為に出てしまうようです。

間違いや否を認められずに言い訳をしたり、謝まらなかったり。

常に中心で居られるように、仕切ったり。

自己アピールしたり…。

これらは、自分に自信がないことが原因だったりもするようです。

間違いや否を認める事、自分の思い通りにならない事、自分が中心で居られない事。

こういったことを、「私を否定されている」と感じてしまうんですね。

「受け入れられない=否定された」と思ってしまう。

本来、受け入れられないのが、否定に直結するわけではないのですが…被害妄想が強いとも言えるでしょう。

自分に自信が無い分、ちょっとでも周囲に受け入れられないことがある状況を、受け止めることが出来ないのです。

その結果、強引にでも我を通し、受け入れられないという状況を作らない!それが、我が強い人の心理ということです。

我が強い人の恋愛観

ここまで、我が強い人の特徴を挙げてきました。

筆者は少し思い当たる節もあるような…軽度の我が強い人なのかもしれません。

皆さんはいかがでしたか?

さて、ここからは“我が強い人の恋愛観”を見ていきましょう。

周囲から嫌煙されてしまいがちな我が強い人は、どう恋愛を攻略するのでしょうか?
相手を困らせてしまうということは、恋愛においても弊害があるようにも思えますが…
我が強い人なりに、相手を選んでいたりもするようです。

その相手の選び方とは?どんな特徴があるのでしょうか。

笑顔が素敵な人が大好き

我が強い人は、“笑顔が素敵な人が大好き”だったりするようです。

我が強いということは、思い通りにいかないことに怒ったり、ふてくされたり…いつもイライラして、笑顔を忘れてしまいがちです。

そんな時に、ニコニコと笑顔の素敵な人が目の前に現れると、ハッとする。

常に笑顔で居られる人というのは、気持ちに余裕のある人でもあります。

そんな自分と対極にいる人に、自然と惹かれてしまうところがあるみたい。

それでも、ツンデレな我が強い人は、そんな笑顔の素敵な人にも、自分の我を通そうと突っかかって行ったりしてしまうようですね。

でも、そんな人にも笑顔で居られる器の大きさに、次第に恋心が芽生えるのが、我が強い人の恋愛のようです。

クールな人が好き

そして我が強い人は“クールな人が好き”な場合もあるようです。

笑顔の人とは正反対にも思えますが、そこには似た特徴もあります。

ポイントは、“余裕がある”ということ。

いつでもクールで居られる人は、冷静で平常心を保てる人ということです。

我が強い人がワガママを通そうと絡んできても、反対意見を主張して食って掛かってきても、その挑発には乗りません。

クールな人は、そんな我が強い人相手でも、心を乱すことなく平常心でいるのです。

それは、気持ちに余裕があるということです。

笑顔で居られる人もそうですが、そこには器の大きさがあるんですよね!
我が強い人は、そんな余裕な態度を見せる人に最初はイライラしていても、次第に安心感さえ抱いてしまうよう。

そうして、恋に発展していったりするようです。

気を遣ってくれる相手を見つけようとする

また、我が強い人は自分の我が通せる相手…つまり“気を使ってくれる相手”を自然と求める傾向にあるみたい。

我を通したい人は当然、自分が常に気持ちよくいられる相手であることに越したことはありません。

それに、我が強い人は、難しい状況であっても自我を押し通そうと戦っている面もありますし、自分が優位であるために、弱みを見せないようにしている部分もあったりします。

そんな一面に気付き、「たまには弱みを見せてみたら?」なんて気遣いの声をかけてくれる人に、コロッと心を掴まれてしまったりもするようです。

我が強い人は案外、自分に合う相手を分かっているのかもしれませんね。

我が強い人には、我が強い人なりの恋愛観があるようです。

我が強いがいいことにもなる

“我が強い人”とはいい意味で使われる言葉ではありませんので、ここまではマイナス面の特徴を多く挙げてきました。

でも、考え方を変えれば“我が強いがいいこと”と捉えられる場合もあります。

もちろん、我が強い人が自分で「いいこと」と思ってしまうのは、ちょっと気を付けたほうがいいと思います。

我が強い人は、もともと自分に都合よく捉えるからこそワガママを通せたりもするので、そこは反省すべき点です。

“我が強い人がいいことにもなる”場合は、周囲の人が捉え方を変えることによって、楽になれる考え方です。

我が強い人に悩まされている人に読んでいただければ、イライラすることも少なくなるかも…?

我が強い人はわかりやすいから苦労しない

まず、我が強い人は“わかりやすい”人でもありますよね。

ときどき、想像もつかないことで機嫌が悪くなっていたりすることもありますが…機嫌が悪いのはすぐわかります。

理由がわからないとしても、ご機嫌具合は一目瞭然です。

優しい人は、我が強い人がご機嫌ナナメだと理由を探してしまうかもしれませんが、ご機嫌ナナメな人に自ら近づいていくなんて、しなくてもいいんです。

さわらぬ神に祟りなし!そっとしておいてあげましょう。

たぶん、我が強い人は放っておかれるのも嫌なので、絡んでくるとは思いますが…その時には、なんで怒っているのかを理由をつけて話を聞いてもらおうとしてくると思いますよ!

話が意外と楽しい

そして、我が強い人は“話が意外と楽しい”人だったりもします。

我が強い人の特徴としてもお話したように、人の話を知らぬ間にさらっていくほど、会話が巧みだったりするのが我が強い人です。

それに、自分が中心となって話を展開していくのに慣れてもいます。

ということはつまり、話は意外と楽しくて盛り上げ上手。

勝手に盛り上げてくれて、勝手に仕切ってくれていると思えば、我が強い人にその場をお任せ!そんな気持ちで楽しめるのでは?
機嫌が良ければ、楽しい人であることが多いので、割り切って付き合うのもいいと思いますよ!

自分をしっかり持っている証拠

我が強いをプラスに言い換えるなら…“自分をしっかり持っている”とも言えますね。

確かに、自分の気持ちや考えがハッキリしているのが、我が強い人ではあります。

ただ…我が強いということは、自分を“押し通す”から「芯のある人」ではなく「我が強い人」と言われるのであって…自分を持っていたとしても、そこには大きな違いがありますよね。

甘い評価をしてあげれば、自分をしっかりもっている証拠でもある我の強さ。

周囲の人が迷惑しているのは、“押し通される”部分でもあるので、いいところと言われても納得できないかもしれませんが…
主張は主張で聞いてあげ、それに振り回されないことが大事なのかもしれません。

我が強い人が自分をしっかりもっているのなら、こちらも合わせることなく、自分の考えをしっかりもって対応することが必要ですね。

それでも我が強いのは嫌!克服する方法は?

我が強いことを周囲の人が理解してくれていたとしても…やっぱり「我が強いと思われているのなら治したい!」
自分の我の強さに気付き、克服したいと思っている人もいるかもしれませんね。

そんな人の為に、ここからは“我の強さを克服する方法”について、解説していきます。

筆者自身も、改めて自分の我の強さと向き合いながら、考えてみたいと思います!

自分の意見を押し付けないようにする

我が強い人の良い面として、“自分をしっかり持っている”ことを挙げましたよね?
自分の考えをしっかり持っていて、それを主張出来ることは大切なことです。

でも、周囲の意見を押しのけてまで、自分の意見を押し通していいわけではありません。

自分が、意見をしっかり持っているのと同じように、相手にも、意見や考えがあることを強く意識しなければなりません。

相手の立場に立つこと、相手を尊重すること。

この意識があるかないか。

それだけで、我が強い人ではなく、芯の強い人になれるはずです。

イライラを乗り切った後のご褒美を決める

我が強いと、自分の意見が通らなかった時、自分の思い通りにならなかった時。

イライラしたり、ふてくされたりと、つい周囲に嫌な態度をとってしまいますよね?
その気持ちがあるのは仕方がないことかもしれません。

でも、ここでもやはり“周りの人の気持ち”を考えましょう。

イライラして八つ当たりされた方は、嫌な気持ちになりますよね?自分の態度ひとつで、周囲に悪影響を与えてしまうのです。

イライラしても、そこはぐっと堪えましょう!そこで堪えられるのが、大人の証です。

「私は子供じゃない!大人になるんだ!」そんな意識で乗り切ったら、「偉い偉い!大人になったね」と、自分を褒めてあげましょうね!
何かご褒美を決めておくのもいいかもしれません。

これまで我慢できていなかった自分は子供なのです。

子供のころ、我慢したり言うことを聞いたらご褒美をもらっていたように…子供な自分にもご褒美を用意してあげるんです♪

まずは人の話を聞くことから

人の話を奪ってしまう癖のある我が強い人は、まず“人の話を聞くこと”を強く意識しておきましょう。

途中で口を挟みたくなっても、話の内容から自分の出来事が思い浮かんでも我慢!
相手の話を最後までしっかり聞いてあげること。

最初はイライラしたり、そわそわしたりするかもしれませんが…長年染みついた癖でもあるので、これには慣れが必要です。

根気強く自分をなだめて、堪えてください。

もともと話し上手な我が強い人。

さらに聞き上手になれれば最強ですよ!

ひと呼吸置く癖をつける

これまでもお話してきた通り、我が強い人の自己主張は無意識でもあるのです。

強く意識しなければ、とっさに自分の中から湧き上がってくる感情をコントロールすることなんて出来ません。

言葉を発するとき、態度に出そうなとき、そこには相手がいることを強く意識しておいてください。

そして“ひと呼吸置く癖”をつけましょう。

最初は難しいかもしれませんが、ひと呼吸おけるようになれば、少しでも冷静さを取り戻すことが出来ます。

そうすれば、周囲のことも考えられるようになれるはずですよ!

我が強いことをそのまま長所にしちゃおう!(まとめ)

我が強い人というのは、基本的にマイナス要素であることをお伝えしてきました。

でも、意識を変えれば、それは長所にも成り得るんです。

同じように自分の考えをしっかり持っている人でも、「芯が強い」とプラスの評価をされることもあれば、「我が強い」とマイナスな評価をされてしまう人もいます。

そこの違いはやはり、“周りの人や相手を尊重しているか、していないか”です。

芯の強い人は、他の意見も受け入れた上で、それに流されることなく自分の意見をしっかりと主張出来る人です。

我が強い人は、他の意見を受け入れようという態度がありません。

受け入れる前に押し通してしまうのです。

我が強い人は、人の話を聞くこと。

周囲の人を尊重すること。

この点が変われば、我の強さも長所となるんです。

我が強いことで周りを困らせていたのなら、それは反省すべき点。

でも、意識を変えて長所にする!自分次第で、そんな変換も可能なのが我の強さです。

我が強い人はぜひ、意識改革に取り組んでみてください!