我が強い人というのは、周囲から敬遠され、付き合いづらいと思われてしまう存在だったりしますよね。

自分の意見を押し通してしまうことから、強情で意地っ張り!
さらに、協調性が無くワガママ!
“我が強い”のは長所と捉えられる部分もありますが…我が強い人というのは、どちらかというと皮肉めいた言葉であって、いい意味で使われる言葉ではありません。

友人や職場に我が強い人がいると、周りの人はいつも振り回されっぱなし。

もう面倒くさいからと、仲間外れにされてしまうことも多いかもしれませんね。

それでも、我が強い人はその性質から、周囲がどう思っているかなんて、気にも留めていないかも…というより、気づいていない人が多いのかもしれません。

我が強い人に共通する特徴

我が強いということは、周囲のことを考えるよりも、我を通してしまうのですから、自分の我の強さに気付くのは難しいようにも思いますよね。

自分の性質がどうか…周囲からどう見られているか…を、客観的に見ることが出来なければわからないことだし、それが出来れば我が強い人にはならないようにも思えます。

我が強い人だって、嫌われようとして自分を押し通しているわけではなく、嫌われるのは嫌なはず。

状況がわかれば、普通は意識して周囲に協調することを考えるはずですよね。

…もしくは、わかっているのに止められない!と、自分の我の強さに悩んでいる人も、中にはいるのかもしれませんね。

でも、自分のことをしっかり分かっている人って、どれだけいるのでしょう?
常に自分と周囲を同時に、客観的に見られる人のほうが少ないんじゃないかな…とも筆者は思います。

自分、もしくは周囲の、どちらかに偏ってしまうことの方が多くて、それぞれに問題を抱えていたりもするわけです。

これが自分に偏ってしまうのが、我が強い人とも言えると思います。

筆者自身も、いつもの自分を冷静に見れば、どちらかと言うと自分に偏ったモノの見方をしているタイプで、ある意味“我が強い”のかもしれません。

自分ではあまり意識したことがなかったし、自分の意見を“押し通している”つもりもなかったけど…周囲から見れば、我が強い人に映っているのかも。

あなたは大丈夫ですか?
ここからは、“我が強い人に共通する特徴”を挙げていきます。

この特徴に自分が当てはまるかどうか…いつもの自分を冷静に振り返ってみると、自分が我が強い人間かどうかが、わかってくるかもしれませんよ!

謝らない


まず我が強い人の特徴として言われているのが“謝らない”ということです。

謝るというのは、自分の非を認めるということです。

つまり、自分の意見を押し通す我が強い人は、そう簡単には謝らないということになりますよね。

それに、たとえ自分が間違っていることに気付いたとしても謝らなかったりすることから、強情で意地っ張り!そんな風にも言われてしまうんですよね。

筆者の私は…意見はハッキリ言うけど、謝る時は謝ります。

ただ、間違いに気づくまでは考えを曲げたり、譲ったりすることはありません。

ですのでこの特徴は、当てはまるような、当てはまらないような?

でも、我が強い人の場合は、意地でも謝らなかったり、かろうじて誤ったとしても態度が悪かったり、ふてくされていたりすることが多いですよね?
素直に謝ることが出来るのなら、我が強い人とはならないような気がします。

…自分に甘いですかね?笑

人が自分をどう扱うか気にする

また、我が強い人は“周囲の人が自分をどう扱うかを気にする”傾向もあるようです。

我を押し通す人は、つまり周囲よりも自分の優先順位が高い人ということになりますよね。

それは、自分の中の気持ちだけに限らず、周囲の人との立場や状況においても同じように、優先されたり優位でなければ気が済まない!となってしまうようです。

ここが、我が強い人に言われるワガママさなのかもしれませんね。

いつも自分の思い通りにならないと嫌だし、それを周囲の人にも求めてしまう。

しかも、ワガママな我の強い人だと、自分の立場や状況に納得できない時には、不機嫌になったりと態度で示す傾向もあると思います。

せめてハッキリと言ってくれたら…周りの人も対処のしようがあるというもの。

これが、我が強い人が面倒くさがられる所以でもあるのでしょう。

筆者としては、これもあまり当てはまらないように思いました。

確かに、邪険にされるのは嫌ですが、優先されたいとか、優位でいたいという気持ちはありません。

むしろ放っておいてほしいです。

周囲にどう扱われたいかというのは、我が強いかどうかの判断基準にもなりそうですね!

感情をコントロールできない


我が強いということはつまり“感情をコントロールできない”ということにもなりますよね。

我が強い人にとっては、自我を通すことを、ほとんど無意識に行っているでしょう。

コントロールして我を強く出しているのではありません。

コントロールされていないから、自我が強く出てしまうんです。

“感情をコントロールする”という言葉も思い浮かばないくらい無意識であって、ある意味、自然に湧き上がる感情をありのままに出しているとも言えるかもしれませんね。

しかし、感情コントロールと一言に行っても、実際は難しいものです。

分かっていればコントロール出来るというものでもありません。

無理に押さえつけた結果、別のところに弊害がでる場合もあります。

我が強い人にとっは、自己主張がありのままの欲求でもあるのでしょうから、それを出すこと自体はそんなに悪いことではないと、筆者は思います。

ただ問題があるとしたら…他者のことをまったく考えていないことでしょうか。

感情をコントロールすることが出来なくても、周囲の人の気持ちを考える事さえ出来れば、印象はかなり変わってくる…はずです。

言い訳が多い

我が強い人は、“言い訳が多い”ことも特徴として挙げられています。

言い訳が多いのは、謝らないこととセットのように思います。

謝らない代わりに、言い訳をする…。

謝らない人というのは、もれなく言い訳が多かったりしますよね。

この言い訳が多い人を、我が強い人だと認識したことは無かったのですが、考えてみれば、「我が強い→謝らない→言い訳をする」というこの図式には、ちょっと納得です。

筆者の場合、あまり言い訳はしません。

でも、気持ちはよく分かります。

謝らなければならない状況の時、言い訳をしたい気持ちが沸いてくるものです。

それでも、そこはぐっと堪えて謝ります。

これが我慢できないのが、我が強い人なのかもしれませんね。

特に女性だと、謝らないし言い訳をする代わりに、泣き出す人もいますよね。

思えばこれも、我が強い人の特徴なのかもしれないなと…。

言い訳代わりの涙。

女性には多い特徴のように思います。

仕切りたがり


我が強い人はもちろん“仕切りたがり”でもあるということです。

自分が優先で優位でいたいということは、いつも自分中心でなければ満足出来ないということ。

となればもちろん、どんどん前に出てみんなを仕切ろうとします。

それは、統率力とは違って我を通すためだけのもの。

周囲がまとまるかどうかではなく、自分の思うように事が運ばなければ気が済まない。

自分に注目が集まっていなければ、気が済まないのです。

つまり、自分勝手な仕切りをしてしまうのが、我が強い人ということです。

ある意味、自分のワガママを押し通そうとする子供のようなものですよね。

思い通りにならないと、泣きわめいたりごねたりして注目を集め、周囲の大人を困らせ、結局自分の思い通りに大人を動かしてしまう。

それと同じことだと思います。

プライベートについて話さない

また、我が強い人は“プライベートについて話さない”という面もあるようです。

特に悩みやトラブルなんかがあると、それを抱えている最中は、秘密にする傾向があるようですね。

これは、自分の弱みを見せたくないからというのが、理由となっているようです。

我が強い人というのは、我を強く持っている人でもあります。

自分なりに「こうしたい!」「こうじゃないと!」という強い思いがあるんですよね。

悩みがあるということは、それが思い通りになっていないということです。

そんな一面を、周囲に見せるのを嫌がるのでしょうね。

それに、自分の中で通したい思いは決まっているので、相談して横から違う意見を言われたり、口を挟まれたりするのが嫌だとも言えます。