二股をかける人の特徴はこの35個!男女別に紹介しますのイメージ写真

カップルの別れの原因にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

色々な原因が考えられますが、最悪なのは「二股」かもしれません。

相手の浮気を許せるような度量の広い人間はなかなかいないでしょう。

恋人にするのなら、貞操観念のある人が良いと思っている人も少なくないはずです。

また、パッと見て浮気しそうな人間は恋愛対象には含めないと思っている人もいるかもしれませんね。

同時に二人の人間とお付き合いをできる人は、ある意味ではとても器用です。

相手に気づかれないように振舞わなければいけませんから、普通にお付き合いをするよりも気を遣うところは多くなるでしょう。

そのため、二股男、二股女を事前に見分けるのはとても難しいかもしれません。

ですが、そんな人に引っかかって時間を無駄にしたくはありませんよね。

ここでは、二股男、二股女の特徴を詳しくご紹介します。

最低な人間に引っかかることがないように、人間を見る目を鍛えてくださいね。

二股男の特徴

二股男の特徴

二股男の特徴にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

時には「あの人に限って」という人でも二股をかけている可能性があります。

自分の付き合っている男性の特徴や行動を考えて、「怪しい」と女の勘が告げたときには、相手の身辺を探ってみた方が良いかもしれませんね。

1.甘え上手な男

甘え上手な男性は、二股をかけやすい傾向にあります。

男性は女性よりも甘えることが苦手な傾向がありますが、それを自然とできる男性は、女性の心をつかみやすい人なのです。

女性に甘えることができるので、それに母性本能をくすぐられた女性はきゅんとします。

そして、良い雰囲気になって浮気に至ってしまうのです。

女性に甘える男性は、女性に対して優しさや愛情を求めています。

愛情に飢えている状態であるともいえるかもしれません。

そうして飢えた状態の男性は、一人の女性の愛情では足りないような気分になるでしょう。

沙しくしてくれるような女性がいれば、その女性に靡いてしまうのです。

そして、その女性の気持ちを掴んで二股になるのです。

だからと言って、一人の愛情では足りないので、元の恋人のことを捨てるわけではありません。

愛情があればあるほど満足できるので、二人いた方が都合が良いと思うかもしれませんね。

2.女性経験が豊富な男

女性の経験が豊富な二股男
女性経験が豊富な男性の場合には、二股をかけられている可能性もあります。

色々な女性との付き合いを経て、ある程度、貞操観念というものがなくなっている男性も多いのです。

また、女性経験を経ているうちに、周囲の友人たちにもそうした人が多くなり、「二股くらいで怒らないはず」「それが普通」と思うようになってしまっている可能性もあります。

女性経験が豊富で慣れているな、という男性の場合には、浮気をしていてもそう簡単に気づくことができません。

女の扱い方を知っている

女性経験が豊富な男性は、女性の扱い方を心得ています。

どんなことを言えば女性が喜んでくれるのか、どういう行動をすれば女性が好きになってくれるかと言うことを分かり切っています。

そういった男性の優しさ、気遣いの細やかさに惚れる女性は多いでしょう。

簡単に女性を落とすことができるので、その分だけ、浮気をする可能性も高いのです。

普通の男性の場合には、そう簡単に女性を落とす事すらできないという人もいるでしょう。

そういった男性が恋人なら安心できますが、女性経験が多い男性なら、簡単に女性を落とすことができるので、二股するのも簡単です。

また、女性がどういったところを怪しいと思うのかも分かっている人が多いです。

そういった男性と付き合っているときには、そもそも、二股に気づかないことも多いでしょう。

そして、二股に気づいて怒っても、うまく丸め込まれてしまうことが多いのではないでしょうか。

3.連絡がつかない時がある

連絡が着かない時がある男性は、二股をしている可能性があります。

例えば、仕事をしているときに連絡が着かないのは普通でしょう。

ですが、絶対に家にいるような時間に全く連絡が着かなくて、

次の日に「寝てたんだ、ごめん」というような言い訳のメッセージが届くような状態では、二股をかけているかもしれません。

特に、寝ているはずがないような時間に電話をしても、電源を切られているようなときには、二股の可能性を考えても良いかもしれませんね。

二股をするような男性の場合には、絶対に彼女に気づかれないようにするので、他の女性と一緒にいるときには、彼女からの電話を取りません。

不自然な態度で彼女に怪しまれるのも嫌ですし、目の前にいる女性からも不自然に思われてしまうからです。

連絡が着かないことが多くあるときには、相手の浮気を疑ってみると良いかもしれませんね。

話に矛盾が生まれることもある

彼の連絡が取れないタイミングが増えてきた場合には、会話に気を付けると良いかもしれません。

最初から二股をしていたのなら、二股をするような交際に慣れている男性と言うことで話に矛盾も生まれないかもしれませんが、途中から浮気をした男性はいわば「浮気の初心者」です。

彼女に浮気を隠すために、何かおかしな行動をとるでしょう。

連絡が着かない理由を問いただすと、何か矛盾するような言い訳をするかもしれません。

例えば、仕事で連絡が着かないと言っていたのに、強く問い詰めると家族を言い訳にするなど、明らかにおかしな言動をとるでしょう。

ただし、こういった傾向は「二股のプロ」には通りません。

4.真面目でマメな男

真面目でマメな二股男

真面目でマメな性格をしている男性ほど、女性と二股をすることができる傾向にあります。

そもそも、二股はかなりのエネルギーを使うものです。

どの男性も、貞操観念が全く頭からないわけではないので、二股をすると彼女に怒られるという常識は知っているでしょう。

だからこそ、どの男性も二股を隠そうとするのです。

ですが、二人と同時に交際するのは意外と難しいもので、二人のスケジュールを把握して、絶対に被らないようにしなければいけないのです。

携帯の使い方にも気を遣うでしょう。

他の女性と要るところを見られないように、もう一人の彼女に合わない場所でのデートを心がけなければいけないという面倒なこともあります。

そうした面倒さを乗り越えても二股を続けることができるのは、元の性格がマメで真面目だからでしょう。

二人の彼女との予定がダブルブッキングすることがないように、常に気を張っていなければいけないのは、一人の彼女に尽くすよりもずっと面倒で大変なことかもしれません。

ですが、真面目でマメで、そういったスケジュールの調整を苦に思わない男性なら、二人の彼女から愛される生活を堪能することができるでしょう。

5.楽観的な男

楽観的な男性も二股をしがちです。

楽観的なので、二股がバレたときのことを考えないのです。

普通の男性の場合には、二股がバレたときには大変な修羅場になるということが想像できるので、そう簡単に二股をしようとは思いません。

女性の怒りを買ったときのことを考えると、怖くてできるはずがないのです。

ですが、楽観的な男性の場合には「バレるはずがない」「バレても何とかなるだろう」「きっと許してくれるはず」と思うので、二股ができるのです。

相手の怒りを買うことを考えていなければ、確かに、全く違う女性二人から愛される生活と言うのは楽しいものかもしれません。

軽いノリで二股をする

軽いノリで二股をしている二股男
楽観的な男性の場合には、軽いノリで二股をすることができます。

どちらとも真剣交際と言うわけではないかもしれません。

また、バレて別れてしまったときには、また別の恋人を作れば良いかと思う傾向もあるでしょう。

真剣な二股交際ではなく、ただの遊び相手と言う可能性もあります。

全てに軽いノリなので、「こんなことをすると、次に大変なことになる」というような想像ができません。

取り敢えず、目の前に可愛い女性がいて、その女性が自分に気がある様子なら付き合ってみるというような、軽い調子で相手と関係を持つのです。

こういったタイプの男性の場合には、二股だけではなく、もっと他に浮気相手が存在するかもしれませんね。

6.秘密主義な男

秘密主義な男性もいます。

こうした男性の場合にも、二股をかけているかもしれませんね。

ミステリアスなところが彼の魅力だ、と思っていても、そのミステリアスの理由が二股では笑えません。

秘密主義な男性は、普段から自分の全てを明かしているわけではないので、二股をかけていても、相手から不自然だと気づかれることもないでしょう。

秘密主義でミステリアスな側面が、二股のために不自然になってしまう行動を隠す役割を担っているのです。

心を開かない

秘密主義の男性の場合には、心を開かない傾向にあるでしょう。

一緒にいて彼氏・彼女として過ごしていても、どこか隠し事があるように感じるはずです。

ですが、それを秘密主義だととらえてしまうと、二股のことにも気づきません。

心を開かないでいることが耐えられない女性もいますが、そこが魅力だと思われてしまうと、いくらでも二股を隠すことができますよね。

7.地元に連れて行かない男

付き合って長くたつのに、地元に連れて行ってくれないという男性の場合には、二股をかけている可能性があります。

地元と言うのはホームグラウンドのようなものです。

自分が失いたくない友人関係や、家族がいるため、二股をしていることを他の人に知られたくないと思っている男性は、彼女を地元には連れて行かないでしょう。

噂が流れては、地元での自分の立場を失ってしまうからです。

自分のホームグラウンドに連れて行かないことで、二股と言う最低なことをしていても、自分が失いたくないものは失わずに済むだろうと考えているのです。

一緒にいるところを見られないようにしている

彼氏が地元に連れて行ってくれないのなら、最悪の場合には、あなた自身が浮気相手の立場だったということもあります。

二股交際をしていても、どちらかがメインで、どちらかが浮気と言うことが多いでしょう。

本命の彼女は地元に連れて行って親や友人に紹介するけれど、浮気相手は存在を知られたくないと考える男性も多いのです。

地元では彼女が本命彼女で通っているので、浮気相手まで連れて行ってしまうと、地元の人に二股をかけているということがバレてしまいます。

また、地元の人のうわさ話が耳に入って、本命彼女と別れることになってしまうかもしれません。

そういったリスクを避けるために、地元では一緒にいるところを見られないようにするのが二股男なのです。

できれば、本命彼女とデートに行った場所は避けようとする人もいるでしょう。

デートの場所が微妙、地元には連れて行ってくれないということがあれば、もしかすると、彼の中では浮気相手と言う認識になっているのかもしれませんね。

【二股男の本性については、こちらの記事もチェック!】

二股女の特徴

二股女の特徴にはいったいどのようなものがあるのでしょうか。

女性の場合にも、可愛いと思っていた彼女の特徴が、実は二股女の特徴に当てはまるなんてこともあるかもしれません。

彼女の行動が怪しいと思ったときには、すぐに彼女の性格や普段の言動を考えてみましょう。

もしかしたら二股をかけられているかもしれません。

8.寂しがり屋な女

寂しがりや屋な彼女のことは可愛いと思ってしまう男性も少なくありません。

少しでも離れている時間があると、寂しいと思って甘えてくれるのですから、可愛くないはずがないですよね。

ですが、寂しがり屋な女性は、実は二股予備軍だと考えても良いでしょう。

重大の若い女の子でもない限りは、普通は寂しさを抑えることができるものです。

寂しいと言って過剰に甘えてくるような女性の場合には、一人で過ごす寂しさに耐えられないことがあるのです。

寂しい、誰かに傍にいてほしいと思う気持ちは、二股のきっかけになります。

可愛い彼女の特徴でも、実は二股の可能性につながると思えば怖くも思えますよね。

他の男性で寂しさを凌ぐ

他の男性で寂しさを凌ぐ二股女
寂しがり屋の女性が二股をするのは、それだけ誰かと一緒にいる時間が増えるからです。

単純に二人いれば、どちらかが駄目でも、もう一人が一緒にいてくれると考えるのです。

こうした女性の場合には、自分が一番大事なので、二股をかけられた男性のことを考えません。

自分が寂しいのが一番嫌なので、寂しさをしのぐためにはもう一人必要だと考えるのです。

こういったタイプの女性は、男性から二股を責められると「寂しくさせたあなたが悪い!」と言い訳をするものです。

そう言われると相手のことを責められないという男性もいますが、そもそも、寂しいからと言って貞節を誤るような女性は人としていけません。

他の男性で寂しさをしのぐことが悪いことだということを理解できない彼女とは、長くやっていくことはできないのではないでしょうか。

9.男性に求められることで承認欲求を満たす

男性から求められることが、何よりも幸せだという女性もいます。

そうした女性の場合には、一人の男性から大事にされるだけではフラストレーションが溜まっていくでしょう。

女性として求められてこそ、自分の存在が認められたように感じるので、男性から求められなければ意味がありません。

交際を始めても、男性と出歩くことをやめられない女性の場合には、承認欲求が強いのだと思うと良いでしょう。

男性から求められてこそだと思っているので、二股をすることも厭わないのがこうした女性の特徴です。

女としての評価を気にする

男性から求められることを何よりも求める女性の場合には、女性としての評価が大切です。

男性受けする格好をしている、男性が出入りする場所に行くことを厭わない、

常に男性目線で自分の見え方を気にしているというようなことがあれば、男性から求められることを求める女性だと思ってよいでしょう。

常に「男受け」というものを考え、どれだけ言ってもほかの男性を誘うことをやめられないような女性の場合には、二股と言わず、三股、四股くらいはしてしまうかもしれません。

10.部屋が汚い女

部屋が汚い女性も、二股予備軍だと言えるでしょう。

部屋が汚いというのは、習慣として部屋が汚いということです。

仕事が忙しくて、ちょっとの間、部屋の中が荒れてしまったというのは数には入りません。

部屋が汚くてもあまり気にしないというような女性が、二股をしてしまいがちな人なのです。

よく言う「汚部屋」住まいの彼女などは、要注意だと言えるのではないでしょうか。

男関係もルーズになる

部屋が汚い女性は、自己管理ができていない印象があります。

そして、その自己管理ができていないという事実も気にしないという図太さがあります。

汚い部屋に住んでいても、何も感じないというのは、全体的に性格のルーズさを表しているのです。

男関係もそれに当てはまります。

彼氏ができたからと言って、自制をして他の男性との付き合いをセーブするようなことができません。

また、二股をして、男関係にルーズな生活をしていても、それが気になりません。

少しでもきっちりした人なら、そのような状態になっている自分に耐えられないはずです。

11.優柔不断な女

優柔不断な女性も二股予備軍です。

優柔不断な女性の場合には、自分の中の正義感やモラルよりも、相手の言葉に載せられてしまうような部分が大きいのです。

「この人から迫られていて、断らなければいけないのは分かっているんだけど、でも…」と思っているうちに、いつの間に関係を持ってしまい、二股に突入してしまうということになるのです。

そして、その浮気相手との関係も、優柔不断な気持ちから終わらせることができずに、結局、ずるずると二股を長く続けてしまうというようなことになるでしょう。

相手のペースに乗ってしまう

優柔不断な女性は、とにかく、相手の強引なペースに乗せられてしまうことが多いでしょう。

相手が強気に出れば出るほど、自分で何かを決めることが苦手な女性は、流されてしまいます。

優柔不断な女性は、自分で決めるよりも強引に押し切ってもらう方が好きなのです。

相手の男性がそのことを分かっていれば、彼氏持ちの女性でも構わずに手を出してくるでしょう。

そして、いつの間にか二股をかけられており、女性側も「何度もやめようと思ったのに」という事態になってしまうのです。

気が弱い女性でも同じことが起こりやすいでしょう。

12.性欲が強い女

性欲が強い女性も、二股予備軍となりかねません。

女性は基本的に男性よりも性欲が弱いと言われてはいますが、その限りではないのです。

身体が寂しい状態に耐えられないため、取り敢えず遊びの相手を作る女性もいるかもしれませんね。

二股がバレたときには「心はあなたのものだから」という言い訳をする傾向が強いでしょう。

性格もオープン

性欲が強い女性は、性格的にもオープンな人が多いようです。

男性と関係を持つことにあまり躊躇いがないので、性格的にも、男性を広く受け入れるような明るさを持っています。

その性格は人好きするという点ではとても良いですが、男性から好かれやすく、付き合っている男性は、常にひやひやしている状態かもしれませんね。

【浮気女の特徴を知りたい人は、こちらの記事もチェック!】

男女共有の二股する人の特徴

ここまでは、男女別々の特徴を見てきましたが、実は、男女で共有する特徴もあるのです。

男女共有の特徴は、二股をかける人の一般的な特徴とも言うことができるでしょう。

普段からこの傾向がある恋人が怪しい行動をしていたのなら、それはもしかして二股と言うこともあるかもしれません。

浮気をする人がどのような特徴を持っているものなのか、見てみることにしましょう。

13.嘘つきな人


嘘つきは、二股をする人の大きな特徴の一つです。

そもそも、二股は嘘が上手くなければできません。

「あなただけだよ」「一番に好きだよ」と言うような言葉は、嘘つきでなければ、二股をしながら口にすることなどできないからです。

恋人以外の存在がいるというのは、大きな嘘ですが、これを隠し通すためには嘘が上手くなければいけません。

普通なら、罪悪感や不自然さで相手にばれてしまうものですし、それを恐れて二股はしないという人も多いでしょう。

ですが、普段から嘘つきな人なら、自分の不誠実さを隠すこともできます。

嘘を吐くことに対して罪悪感もありませんし、嘘を口にすることに慣れているので、不自然な印象もないでしょう。

日常的に嘘をつく

嘘つきな人は、日常的に嘘を吐く傾向にあります。

二股をしているということだけではなく、些細なことでも嘘を吐くのです。

それは、例えば自分を良く見せたいと思っての嘘もあるかもしれませんし、相手から頼まれていた仕事を忘れていたことを隠すための嘘かもしれません。

ですが、日常的に自分の粗を隠すために嘘を吐くので、まるでそれが習慣のようになってしまっているのではないでしょうか。

普段から、自分の恋人がくだらないことではあっても嘘を吐くような傾向があるのなら、もしかしたら二股をかけやすいタイプの人なのかもしれません。

そもそも相手が嘘つきであれば、全幅の信頼を置くことなどできないかもしれませんが、

相手が日常的な嘘以上に酷い裏切りをすることがないかはチェックしておいた方が良いかもしれませんね。

14.新しい物好き

二股をかけやすい人は、新しいものが好きと言う特徴も持っています。

すぐに古いものを捨てて、新しいものを使い始める傾向にある人は、人間に対しても同じことがいえるでしょう。

ただ物持ちが悪いだけなら良いですが、恋人に対しても同じことをしていては、二股で浮気癖のある人になってしまいます。

流行が好きで、すぐに買ったものを忘れて、新しいものに手を出そうしているような飽きっぽい恋人を持っている方は、怪しい行動がないかどうかチェックしてみましょう。

新しい物好きだからと言って必ずしも浮気をするわけではありませんが、新しい物好きの恋人が怪しい行動をしているようなら、疑いを強めた方が良いということになりますね。

飽きっぽい人は興味が他に移りやすい

飽きっぽい人は、すぐに興味が他に移ってしまいます。

趣味を見つけても、すぐに飽きて新しいことを始める傾向はないでしょうか。

そうした人たちは興味が一ところにとどまらないので、彼氏や彼女への興味もすぐに冷めてしまう可能性があります。

付き合い始めのころのラブラブ感がすぐになくなったということがあれば、それは、相手があなたに飽きてしまったからだと考えられます。

そして、二股をかけられている可能性もあるのです。

15.自分は疑い深い&束縛が強い

二股をするような男性、女性の場合には、自分はとても疑い深いという側面があるかもしれません。

自分が二股をかけているので、相手も同じことをしているもしれないと疑心暗鬼になるのです。

そのため、異常なほどに相手の行動について疑いを持って、責めるようなことをするでしょう。

他の異性と話しているだけで浮気を疑われているような場合には、何かおかしいと思った方が良いかもしれません。

普通の男性、普通の女性の場合には病的な間での嫉妬はしません。

相手から嫌われることが怖いからです。

ですが、自分が二股をしている場合には、相手のことを疑ってかかっているので、普通ではないような嫉妬をしてくるものなのではないでしょうか。

相手からの強い束縛に疲れて、相手のことなど見えなくなっているかもしれませんが、少し冷静になって相手のことを見てみると浮気の兆候に木津ことができるかもしれませんね。

相手の束縛は二股をカバーするために必要

束縛してくるのは、もちろん、自分が浮気しているからこそ相手の浮気も疑っているという側面はあるでしょう。

ですが、それ以外に、自分の二股を成立させるためには、恋人を束縛するしかないという側面もあるのです。

自分の恋人の行動を把握していれば、怪しい行動をとって二股がバレるということもありません。

相手の行動が分かっていなければ、ふとした瞬間にばれてしまうからです。

相手のことを束縛しておくことで、自分は怪しまれるような行動はとらなくても良くなるのです。

自分の浮気を隠すために、相手の浮気を防止する束縛をするというのは面白い心理ですよね。

16.何人も同時に好きになれる人


世の中には同時に何人もの人を好きになれる人がいます。

恋愛のドキドキ感を常に楽しみたいという気持ちが強いため、常に恋愛のアンテナを張り巡らせている状態。

チャンスがあれば、恋人がいようがいまいがお構いなしに、積極的にアプローチをする傾向にあります。

異性を口説くことが人生の楽しみとも考えているため、常に恋愛心を抱いている状態の人だといえるでしょう。

17.交際相手が浮気okな人

不思議なことに、世の中にはお互いに「浮気OK」というカップルがいます。

最終的に選ぶのが自分なのであれば、あとは放任主義というカップルだといえるでしょう。

特に交際が長くなればなるほど、慣れ合いの関係がうまれてきてしまいます。

結果、いつまでも新鮮な気持ちを維持するために、「浮気」という刺激を得ることで、円満な関係を維持できているカップルもいるのです。

一般な人には理解できない世界ですが、2人がよければ成立する関係だといえるでしょう。

18.誘われたら断ることは失礼だと思っている

異性からアプローチされたら、なかなか断ることができないという人は、世の中に多くいます。

この手のタイプは押しに弱く、また断ったら相手を傷つけてしまうのではないかという恐怖心が強くあるといえます。

結果、異性からのアプローチにのってしまい、二股という恋愛に陥ってしまう傾向にあるでしょう。

19.周りにいる人が浮気に寛容

周囲の交友関係が、浮気に寛容な人が多い場合、どうしても「浮気はOK」という価値観に陥ってしまいます。

人の考え方というのは、どうしもて周囲に影響を受けるもの。

そのため、周りの人が浮気に対して罪悪感を持たない人が多いと、どうしても浮気=悪いことという考え方が薄れてくるのです。

周囲に浮気に対して寛容な人が多いと、その分浮気する確率が増えるため、要注意だといえるでしょう。

二股には協力者が不可欠

そもそも、二股をする際はアリバイなどを作らなくてはいけないため、協力者というのは必要不可欠。

友達に浮気をする人がおり、その人とよく遊んでいるという場合は、お互いに協力しあってアリバイを作っている可能性が高いともいえます。

そして、浮気の協力者の絆は固く、その仲を裂くのは簡単なことではないといえるでしょう。

20.いけないことに興奮する人

二股をする人はある意味「病気」ともいえます。

恋愛に対して刺激を求めてしまい、いけないことであればある程興奮するという変わった趣向の持ち主。

興奮というのは一種の麻薬のようなものでもあるため、どうしてもやめられないもの。

二股のスリリングさに興奮してしまう人は、その興奮を求めて、繰り返してしまうもの。

やめようと思ってもやめられないものなのです。

21.バックのチャックが開いている人


二股というのは、自制心が効かない人が陥るものだといえます。

そして、自制心がきかない人の多くは、私生活がだらしない確立が高いともいえます。

特に、バックのチャックが開きっぱなし等、だらしなさが目立つ人というのは、自分の気持ちに対してもだらしない傾向にあります。

その場しのぎのことしか言えなかったり、誘惑に負けてしまう可能性が高いといえるでしょう。

22.交際相手が優しすぎる人

「優しい」ということはとても大切なこと。

しかし、優しすぎてしまい、相手の過ちを許してしまうような人も中にはいます。

その優しさに甘えてしまう傾向が強くなり、刺激を求めて、浮気に走ってしまうという人は多くありません。

優しくあることというのは、相手の過ちを許すことではなく、きちんと叱ることができるというのも大切だといえます。

23.浮気することがかっこいいと思っている人

浮気=モテると勘違いしており、浮気をしまくることが、人間としてのステータスがあがることと勘違いしている人も多くいます。

この手のタイプは、浮気をすればするほどかっこいいと思っています。

そして、浮気がばれたとしても悪びれることもありませんし、武勇伝のように友達に語るような人が多くいます。

浮気がくだらないことだと本人が気付くまでは、浮気をやめることはありません。

24.イベント時に休みなのに仕事を入れる人


仕事というのは浮気をするときに一番使われる言い訳。

やむをえない仕事もありますが、仕事というのはある程度は時間を調整できるもの。

二人の記念日や誕生日などに、必ず仕事を入れるケースは、浮気を疑わざるを得ません。

そもそも、イベントごとを大切にしてくれない恋人というのは、真剣に付き合ってくれていない可能性が高いといわざるを得ません。

25.写真を撮らせない人

写真を撮るのが嫌いな人というのは多くいますが、写真を撮ろうとすると必要以上に怒る人といのは、浮気を疑ったほうが良いかもしれません。

写真を撮られると、SNSに掲載されたり、友達に見せられる可能性が高いため、それを避けるため、写真を撮らせないという人は多くいます。

そして、その裏には「浮気」をしているから、ばれたくないということが潜んでいるかもしれないので要注意です。

26.肝心な時に見捨てる人

好きな人は守りたいと思うのが当たり前の心理。

しかし、あなたが困っているときにや悩んでいるときなど、肝心な時に見捨てる人は、あなたのことを大切にしていない証拠。

他に本命がいたり、あなたのことを真剣に愛していない証拠だともいえるでしょう。

27.雰囲気イケメン、美人な人

浮気ができる人というのは、やはりある程度のビジュアルが必要。

雰囲気イケメンや美人というのは、異性から好意を抱かれることも多く、恋愛のチャンスは他の人よりも多く舞い込んでくるもの。

そのため、誘惑も多くあり、結果二股となってしまったり、浮気をしてしまう確立も高くなるといえるでしょう。

また、外見に自信があるからこそ、モテることに対しては抵抗がなく、それどころかいつまでも異性にはチヤホヤされたいという気持ちが高いといえます。

そのため、雰囲気イケメンや美人な人は浮気する傾向が高いといえるでしょう。

28.交際相手との仲が悪いことをアピールしてくる人


交際相手とうまくいっていないということをアピールする人がよくいますが、それは浮気をしたい時の口説き文句ともいえます。

交際相手との仲の悪さをアピールし、隙をつくることで、恋愛関係を育んでいこうという魂胆を抱いている人も多くおり、気をつけなくてはいけない案件です。

そもそも、恋人のことを悪く言う人にはろくな人がいないので注意が必要だといえるでしょう。

そもそも、交際相手と本当に仲が悪くて凹んでいるくらいであれば、他人に軽々しく話したりしません。

この時点で、恋人を大切にしていないことが分かりますし、また異性を軽くみていることも分かります。

29.異性の知り合いが多い人

異性の知り合いが多ければ多いほど、恋愛に発展するケースが高いともいえます。

異性の知り合いが多いということは、異性から好かれているとも言え、周囲には好意を抱いている人も多くいるはず。

そのため、浮気の可能性が高いといえます。

また、その気がなかったとしても、お酒を飲んで酔っ払った勢いでいい雰囲気になってしまったり、また友達と思っていた異性からアプローチをされて断れなかったなどの過ちもたくさん転がってきます。

そのため、予期せぬ浮気が多くなるのもこの手のタイプだといえるでしょう。

30.怖がりで常にキープが欲しい人

1人の人を愛した時に「捨てられたらどうしよう。」という恐怖心を必要以上に抱いてしまう人は、その恐怖心を軽減させるために、キープを作るケースが高くなります。

キープがいることで、自分の気持ちを安定させることができます。

また、万が一振られたとしても、すぐに次に切り替えることができるため、辛い気持ちを味合わなくて済むからです。

31.交際相手は浮気しても許すだろうと思っている人

交際相手は浮気しても許してくれる。

また浮気がばれても説得できる自信があるという人は、浮気をする傾向が高くなります。

この手のタイプは、交際相手を見下していたり、馬鹿にしていることも多く、対等な関係だとは思っていません。

そのため、浮気をしても平気でいられるのです。

この手のタイプは、一度こっぴどく叱るか、お灸をそえない限りは浮気癖は治りません。

痛い目に合わせない限りは、浮気しても大丈夫だろうという軽い気持ちを抱き続けるので注意が必要です。

32.トークが上手い


浮気をするためには、異性を落とすことができるトーク力というのは必要不可欠。

相手の懐に入ることができれば、相手との距離をグンと近づけることができるからです。

また、異性を落とすためのトークを知っている人は、恋愛をするチャンスは多くなるもの。

トークが上手い人というのは、場馴れをしているといっても過言ではありません。

33.要領がいい人

浮気というのは本来であれば、「ばれたらどうしよう。」という恐怖心が芽生えるもの。

しかし、要領がよく異性と付き合える人というのは、ばれるという心配がないため、浮気に対する恐怖心もありません。

万が一ばれたとしても要領が良いため、うまく交わすことができます。

そもそも浮気そのものに罪悪感を抱いていない傾向が強いといえるでしょう。

34.心が崩壊している人


心が崩壊しており、自分の気持ちを安定させるため、「人から認められる。」ということを恋愛に求める人がいます。

結果、好意を抱かれると心がふらついてしまい、浮気をしてしまうのです。

また、この手のタイプは、恋人の気持ちが分からなくなると、不安になってしまい、結果浮気に走ってしまうのです。

35.昔付き合った人を超える人を探している人

過去の恋愛を引きずっており、その人以上の恋人を探している人は多くいます。

このような人は、今の交際相手に満足しておらず、過去の恋人以上の人を常に求めている状態。

そのため、少しでもいいなと思った人と恋愛関係となってしまい、浮気へと突き進んでしまう可能性がたかいといえるでしょう。

一度二股をかけられると人間不信に

自分の交際相手が二股をしていると分かった時、人間不信に陥ってしまう人は多くいるはずです。

心は深く傷つきますし、少しのことでも疑いを抱いてしまうようになり、不信感を抱くことも。

二股によって傷ついた心というのは、すぐに癒すことはできません。

結果、二人の関係性も悪い方向に進んでいってしまうのです。

また、二股というのは二人の関係だけでは終わりません。

傷ついた気持ちというのは、恋人以外にも向くようになり、誰も信じることができなくなったり、コミュニケーションをとるのが億劫になってしまいます。

そのため、1人だけの世界にこもってしまい、他社とのコミュニケーションをシャットダウンしてしまうくらい、人間不信になってしまいます。

もう二股をかけられたくない人はどういう人を選んだらいいのか

過去に二股をかけられ、ひどく傷ついた人は、二股をするような人とはもう付き合いたくないと思うのが当たり前の心理。

しかし、二股をかけない人などいるのかと疑心暗鬼になってしまうもの。

しかし、世の中には二股をかけない人というのは必ずいます。

では、どうすれば一途な人に知り合えるのか。

具体的にお伝えしていきましょう。

1.異性との出会いが少ない人

異性との出会いが少ない人は、浮気する可能性は低くなります。

男性が多い職場に勤めている人や、職場人数が少なく出会いが少ない人というのは、恋愛する一途に恋人を愛してくれる傾向が高くなります。

恋愛のチャンスが少ない分、恋人ができた時は、このチャンスを逃してはいけないという気持ちから、大切にしてくれるのです。

2.自分に惚れ込んでくれている人


自分に惚れ込んでくれている人というのは、一途な人の証拠。

一緒にいるときに愛情が伝わってきたり、大切にしてくれていることが分かる人というのは、浮気の心配がないといえるでしょう。

惚れ込んでくれているというのは、他の人が目に入っていないという証拠。

一途に愛してくれている人というのは、他の異性に目移りすることはないといえるでしょう。

また惚れ込んでくれているというのは、「好き」「愛している」という言葉を軽々しく言えるような人ではありません。

浮気するタイプはむしろ口が上手いので、愛情表現はきちんとできるタイプが多いと言えます。

むしろ愛情表現はなくても、大切にしてくれているのがにじみ出てくるようなタイプが、一途なタイプだといえます。

3.家族に会わせてくれる人

家族に会わせてくれる人というのは、将来を考えて真剣に付き合ってくれているという証。

そのため、浮気の心配は皆無といえるでしょう。

家族公認の仲ということは、一途であるということ。

そして二人の関係性にヒビが入るようなことは絶対にしないはずです。

最後に

いかがでしたか?

二股男、二股女の特徴は掴むことができたでしょうか。

気を付けていただきたいのは、上記のような特徴があったからと言って、必ずしも二股をするわけではないということです。

出会った人が上記の特徴を持っていたからと言って、二股をすると決めつけて恋愛対象から外してしまうのはもったいないでしょう。

嘘つきな人とは付き合うことができないかもしれませんが、少し流行を追いかけるのが好きだからと言って、それが二股に完全につながるわけではありません。

全ての人間を色眼鏡で見てしまうと、それは人生の損になります。

必ずしも全員が二股を繰り返すようなことはなく、寂しがり屋の彼女でも、貞操はしっかり守るかもしれません。

甘えたがりの男性が甘えっ子になるのはあなたの前だけかもしれません。

しっかりと相手のことを見ておかないと、恋人同士の間でも軋轢が生まれてしまいます。

何の怪しさもないのに疑っていると、それは相手の愛情を疑うということにもなりますから、気を付けた方が良いでしょう。

ただし、もしかしたら浮気をされているかもしれない、実際にお付き合いできそうな雰囲気になった時に、

何かおかしいと感じた、と言うようなことがあれば、その時には厳しい目でチェックした方が良いでしょう。

ですが、初めて会った人を厳しい目で見てしまう必要はありません。

二股する人はまた繰り返す

二股をされたときにはどうすれば良いのでしょうか。

二股は治らない病気のようなものです。

よく「浮気癖」と言うように、浮気・二股はなかなか治すことができません。

まして、一度許してしまうと「この人は結局最後には許してくれるんだ」という認識になってしまうので、浮気の再犯率はとても高くなってしまいます。

二股をかけた相手を許すかどうかは、自分の気持ちとも相談してみなければなりません。

相手のことを厳しく追及して、その上で許せると思ったのなら、付き合い続けてみても良いでしょう。

ですが、相手とこれからどうするか、と言うことを考えたときに「二股をする人はまた繰り返す」という事実を忘れずにいた方が良いかもしれませんね。

二股をした人は、味を占めると、また二股を繰り返します。

何度も傷つくような事態を避けるためには、すっぱりと浮気癖のある恋人とは別れた方が良いかもしれません。

相手とどのような付き合いをしたいのか、相手がどのような人間であるのかと言うことは、しっかりと頭に置いておきましょう。

やり直す場合にも、しばらくは相手の行動をしっかりと監視しておいた方が良いかもしれませんね。