一生懸命生きていても、時には思わぬ事態に遭遇して、大きなミスをしてしまうことがあります。

ある技術で世界的にも注目されている中小企業の社長に、アポを取って取材に出かけることになりました。

社長はとても忙しいとのことで、朝一番に面接の約束を取り付けました。

毎朝7時には出社しているので、7時半に社長室で待っていますとのことでした。

当日は同僚とふたりで早めに出かけたのですが、まだ社員も出社途中のようでほとんど見当たりません。

社長室の場所が分からなかったので、ウロウロしていると広い倉庫の中で床を掃いていた作業員を見つけました。

ちょっと汚れた作業服に、腰にタオルをぶら下げて熱心に掃除していたのです。

同僚がその作業員に聞いてみましょうと言って「おはようございます。社長室はどこでしょうか?」と聞くと、「玄関を入って奥の突き当りの右側です」とのこと。

「ありがとう」とお礼を言ってから、「ここの従業員のみなさんは、朝早くから熱心なのですね」とコメントを残して社長室に向かいました。

社長室に着くと秘書の方が出迎えてくれて、お茶を頂きしばし社長を待つことになりました。

そこに現れた社長は、白いワイシャツにネクタイ姿で綺麗な作業服に身を包んでいました。

礼をした後で頭を上げて顔をまじまじと見たとたんに、同僚は「あっ!」と声を上げたのです。

そこで「お前、以前にお目にかかったことがあるのか?」と同僚に聞くと、「先ほどは失礼いたしました。社長様とは存じ上げなかったので・・・」と恐縮したのでした。

つまり、先ほど社長室の場所を聞いた作業員は、じつは社長だったのです。

まさか社長が朝早くから作業服で倉庫の掃除をしているとは思わなかったので、ついぞんざいな態度を取ってしまったのです。

その後の社長へのインタビューでは、同僚はほとんど話せずにわたし一人で対応することになりました。

あれから数年が経って、今では和気あいあいと会話ができる関係になりました。

社長は、当時のことを振り返って大笑いするのですが、同僚はその社長との面談になると緊張が続いて、いまだに自己嫌悪に陥っているのです。

早く忘れたいのになかなか忘れられないことがあるのです。

しかし、辛いことや嫌なことがあっても、すぐに忘れてしまう人もいるようです。

忘れるのが特技のような人もいます。

では、どのようにしたら忘れられるのかを探ってみたいと思います。

忘れたいのに忘れられない!

好きな人ができると、その人のことが一日中頭から離れなくて忘れられないものです。

夜眠る時に目を閉じると、好きな人のことを思い出してしまうのです。

恋愛が発展して結婚することになれば良いのですが、不幸にも破局してしまっても、やはり忘れられなくなってしまうのです。

失恋すると、忘れようと頑張るほどに忘れられなくなるようです。

忘れられなくなるということは、つらくて苦しいものです。

学生の時に、試験勉強をしながら、なぜ覚えたことはすぐに忘れるのだろうと不思議でした。

そこにいくと、失恋したら絶対に相手のことは忘れることはないのです。

この違いは何なのでしょうか?もちろん、勉強の方が覚える内容も多くて複雑なことは分かりますが、それだけのことでしょうか。

そこで、好きになった人に振られて、相手のことが忘れられなくなった理由について考えてみました。

それは、①これまでで最高の感動や愛情を覚えたから、②振られたり失ったりしてショックが大きかったから、③プライドが傷つき憎しみや恨みをおぼえたから、④その苦しみを乗り越えて再起すると自分に誓ったから、などです。

このような理由で、脳にその状況がインプットされるので、記憶に残ってしまうようです。

恋愛だけでなく、他の出来事でも同じような理由で忘れられなくなるようです。

引きずりがちな性格を治したい

忘れたいけれど、なかなか忘れることができないと悩む人は、何事も引きずりがちな性格とも言えます。

ここでいう「引きずる」というのは、何かショッキングな出来事が起こって、気持ち的にそれを素直に受け入れることができなくて、落ち込んだり悔んだりし続けることです。

周りの人は、落ち込んでいる人に対して、「もう済んでしまったことだから仕方がない。また頑張ろう」と慰めてくれるのですが、それでも現実の世界にはなかなか戻れないのです。

新しく出直す勇気がないのです。

このようにダラダラと悔やんでいる状況を引きずって行くのです。

しかし、ここに至った一つの理由は、本人が熱中しやすい性格でもあります。

この人は素晴らしいとか、これは最高だと思い込むと、自分の全てのエネルギーを注ぎこんで追っかけてしまうのです。

一途に取り組んでいくのです。

だから、その相手が自分に興味がないとか嫌いだとかがハッキリ分かると、とたんに目標が無くなって落ち込んでしまうのです。

そして、これまでの自分の行動を悔やんで自己嫌悪に陥ってしまいます。

しかも、熱中しやすい性格と共に、高い理想を持った完璧主義でもあるのです。

きっと自分の思い通りになるという自信があったのです。

その自信もすべて消えてしまいます。

全て、嫌な記憶とストレスが溜まっているのです。

そこで、引きずりがちな性格を直すには、その記憶とストレスを解消する方法を実行することです。

現実を離れて、どこか興味のある観光地に旅行するとか、スポーツで汗をかいて動くとか、新しい趣味を持つとかが実行しやすい対処法です。

別の世界で自分の存在感を試してみるのです。

自分磨きの時間にも使えます。

自分の時間を、有効なことに使用するということで、引きずることから抜け出すのです。

忘れるのが下手なだけ

失恋の場合だけでなく、忘れるのが下手な人も多いようです。

駅前で友人と久しぶりに出会って少し会話をして別れたのですが、病気入院したお母さんのことを尋ねるのを忘れたと思って、そのことが頭から離れませんでした。

このように、ちょっとした気がかりや悩み、行き違いなどの、すんなり忘れてしまっても良いことまで忘れることができないのです。

人間関係ではもっと深刻です。

相手から見ればどうでもよいことなのですが、ちょっとした意見の違いがあっても、一晩中考え込んでその後も何週間も気になるのです。

忘れるのが得意な人にとっては、そんなことぐらいすんなり忘れてしまえばと思うのですが、忘れるのが下手な人にはそれができないのです。

忘れるのが得意な人がやっている25個のコツ

そもそも人間の脳というのは、脳細胞も年々壊れていくし、覚えることよりも忘れる方が多いはずです。

しかし、好きな人ができると、その人のことが忘れられなくなって、時にはストーカーになって後をつけ回したり、事件を引き起こすことにもなるのです。

しかし、自分にとって辛いこととか嫌なことでも、平気で忘れてしまう人もいるのです。

しかも、苦しいこと以外に、困っている時に受けた恩でも、同じく簡単に忘れてしまうのです。

このような振る舞いを、「喉元過ぎれば熱さを忘れる」ということわざで表現するのです。

熱いものを口に入れてしまっても、すぐに飲み込むと(喉元のあたりを過ぎてしまうと)その熱さを感じなくなり忘れてしまうということです。

苦しいことも恩もすぐに忘れるということです。

忘れるのが得意な人なのです。

それでは、忘れるのが得意な人は、どのようなことをしているのかを考えてみました。

思考を止めてボーッとする

忘れるためには思考を止めてしまえばよいのです。

しかし、その思考をどうやって止めるかです。

止めるためには、いろいろな方法があります。

一番簡単な方法は、眠ることです。

充分な睡眠、しかも良質な睡眠が有効なのです。

睡眠不足になると、体力面での回復が遅れるだけでなく、精神面でも不安定になってストレスも解消できないのです。

しかし、嫌なことがあったり明日の予定を考えると、そのことで頭がいっぱいになって、余計に寝付くことができないこともあるのです。

だから、嫌なことがあると眠れないのです。

そこで、嫌なことを思い出すまでに眠りにつけるように、運動などで身体を目いっぱい動かして、肉体的に疲れさせるのです。

運動が面倒なら、家の中の掃除や整理などを積極的に行うとか、その合間に家の外に出て散歩とか山歩きなどに取り組みます。

めったに行かないところにも、あえてチャレンジします。

気分転換にもなるし体力も使うので、夜の睡眠もスンナリと行くかもしれません。

自分磨きの時間にも使えます。

美容室やヨガの教室、ジムにも出かけてはいかがでしょうか。

つまり、考える余裕が無くなるくらい忙しく過ごすのです。

すると、思考を止めてボーっとする時間が作れるのです。

嫌なことをしばし忘れることもできます。

また、海や山に出かけて広い景色を眺めていると、心も落ち着きます。

思考を止めてボーっとすることもできます。

良い空気を吸って、頭もスッキリさせるのです。

違うことをして紛らわす


何か新しいことにチャレンジすると、脳に新しい情報や記憶が蓄積されます。

言わば、今までとは違う思考回路を活用するのです。

そうは言っても、頭の中の思考回路まで選別することはできませんが、違うことをすれば意識も変わってくるのです。

今まで、PCや読書、創作などの頭を使うクリエイティブな作業が中心の生活なら、今度はサッカーボールを使って、室内でリフティングの練習でもいかがでしょうか?

リフティング用のボールも販売されているので、そこそこのスペースがあれば練習できます。

運動もできるし体力を使います。

そして、反射神経も発達してバランス感覚が良くなって、クリエイティブな仕事にも活かされるのではないかと思います。

最初は難しいと思いますが、慣れてくれば3分間ぐらい続けられるようになるはずです。

これ以外でも、日頃から身体を使っている人は考えることを、頭を使っている人は逆に身体を使うことをして、気を紛らすことを忘れるためには有効だと思います。

楽しいことを思い出す

人間は不思議なもので、楽しかったことは具体的に詳しくは覚えていないのですが、辛かったこと、苦しかったことについては、当時を鮮明に覚えているものです。

中学生の時に、仲の良い友人と泳ぎに行ったりハイキングに出かけた楽しい思い出は覚えているのですが、どんなことが楽しかったとかまでは詳しくは思いだせません。

しかし、友人と別れてからの帰り道に、数人の不良グループに絡まれてカツアゲに逢ったことは詳しく覚えているのです。

また、恋人と一緒に食事に出かけた時に、飛び込んだレストランの味が気に入って美味しかった時は「すごく美味しかったね」と感動して終わりますが、料金は高いし味が凄く不味かった時には、「あの店は酷かったね」と記憶に残っているだけでなく、料理のメニューと舌の感覚までが蘇るのです。

このように、辛いことや悲しいことなどは、脳にキッチリと記憶されていますが、楽しかったことというと曖昧なのです。

そこでこの際に、今まで楽しかったことを振り返ってみて、具体的にこんなことがあったとか、あの時にあの人はどんなリアクションをしたかなどを思い出してみることです。

時間がかかっても、楽しかったことをゆっくりと思い出していけば、思考回路も変わって辛いことも少しは忘れることができるのです。

人と喋る

嫌なことを忘れる方法の一つは、「くっそー」とか「バカヤロー」と口に出して叫んだり、誰かに愚痴を聞いてもらうことでも解消できます。

サッカーや野球でも、大事な時に思うようなプレーができなかった時に、大声で叫んで悔しがる光景をよく見ます。

中には、野球のバッターが大事なところで三振してしまうと、自分への怒りでバットを地面に叩きつけてへし折って大声で吠えている選手もいました。

こちに出して叫ぶとか喋ることも、嫌なことを忘れる一つの方法です。

愚痴だけでなく、他人と会話をすることで、新しい情報を知ることができます。

これによって脳の中にエンドルフィンという脳内ホルモンが分泌されます。

このエンドルフィンという物質は、麻薬のような作用があって幸せを感じることができるのです。

つまり、人と喋ることでストレスも低減し、さらにはエンドルフィンの分泌で幸せを感じるので頭がスッキリとして、嫌なことも忘れてしまうのです。

部屋に篭らず外出する


部屋に籠ってじっとしていると、TVや新聞の情報以外に何も知り得るものがないのです。

電話以外では他人と喋る時間も限られます。

すると、脳の中には以前からの情報だけが残っています。

嫌なことや辛いこと、悲しいことは新鮮に残ったままです。

これでは忘れろと言う方が間違っています。

忘れることはできないのです。

しかも、見ることも聞くことも限られるので、脳に対する刺激も少ないのです。

動きが少ないと筋力が低下するように、新鮮な情報が入ってこないと、脳機能も衰えて行くのです。

高齢者では物忘れが激しくなって行って、最後には認知症にもなるのです。

そこで、時には外出をして誰かと出会って話をしたり、見慣れた街並みの中でも季節によって変化するところを感じたり、街の騒音を耳にすることで気分転換にも筋力低下防止にもなります。

また、脳にも新しい刺激を与えて新鮮な記憶を植え付けて、古い嫌な記憶を消し去る効果もあるのです。

外部の活気を感じると、気分的にも明るくなって、何事もポジティブに考えれるようになります。

嫌なことを忘れるためには、部屋に閉じ籠らずに外出も必要です。