必ず人というのは誰かと接することがあると思います。

例えば家族と接したり、仕事場の人と接したりするというような事もあると思います。

人間関係というのは今の世の中では大事な問題にもなっていますよね。

人々が皆人間関係が良好にいけば良いですがその様にいくというような事は早々にないと思います。

何故なら個性があり、好き嫌いというものがあるからです。

例えば仲の良い友人であってもいつの間にか喧嘩をしてしまって嫌いになったなんていうような人もいるのではないでしょうか?

また、尊敬する人から角が立つような言い方をされたなんていう人もいるでしょう。

角が立つというのは簡単に言うと関係が穏やかではなくなるというような事です。

そんな経験はありませんか?

ふとした事でその相手のことが嫌いになってしまいそうだ、この様なことを言われて少しハラが立ってしまったなんていうような事があると思います。

そのことを「角が立つ」という風に言うのです。

今回はそんな角が立つからやらないほうが良い11個のことについてお話をしたいと思います。

角が立つようなことを自然としてしまったなんていう人もいるのではないでしょうか?

自分は悪気があって言った訳ではないのに、相手が重く捉えてしまった、相手は自分のことを敬遠しがちになってしまったなんていう事はあると思います。

今まで仲良かったにも関わらず、その一言だけで一気に関係が悪くなってしまったなんていう人もいるのではないでしょうか?

よくカップルの間ではその様なことが多いのではないかと思います。

角が立つような言い方というのは基本的に相手のことをよく理解しなければ注意することが難しいですよね。

また平然と物を言う人はよくこの角が立つことをしてしまいがちです。

相手のことを考えて物を言うという人はこの様なことが逆に少ないでしょう。

ではそんな角が立つというものについて詳しく見てみたいと思います。

そもそもどの様な意味なのか、どの様な読み方をするのかという人もいるのではないかと思います。

小説などではこの言葉はよく見かけますが何て読むのだろうと疑問に思った人もいるかもしれませんね。

その事についても詳しく見てみたいと思います。

角が立つことはなるべくしない

まず角が立つことはなるべくしないようにする事が大切ですよね。

どんな人に対してもこの様に思うことは当たり前のことだと思います。

相手に失礼のないように接するというのは礼儀にもなりますよね。

例えば仕事先などでもちょっとした事で角が立ってしまったらそれはとてもマイナスな評価になってしまいますよね。

取引先の相手と話をしている際に角が立ったことをしてしまったとなれば、契約寸前だったのに打ち切られるかもしれないと思うかもしれません。

角が立つことはなるべくしないようにする事が大事ですが、ふとこの事は意識をしていても忘れる時ってありますよね。

自然なこと、いわゆるマナーでもあるかもしれないです。

ですが角が立たないように気をつけるべき事というのは多くあると思います。

特に大事なのは相手がどの様な人なのかを観察をするという事です。

見るだけではなく、観察をしなくてはいけません。

少し難しいかもしれませんが、人見知りという言葉がありますよね。

人を見て知るという様なことであり、その人と実際に会うまではどの様な人か自分で見て確かめるというような事を言います。

角が立つことをしないという事は、この様なことをしなくてはいけないという事です。

決して人見知りになるという事ではなく、人見知りの人というのはその人がどの様な人なのかを観察しますよね。

その観察をするという事が大事という事なのです。

相手のことを理解して、また相手に文句を言わない、空気を読むなど、とにかく相手のことをよく観なければいけないのです。

では更に詳しく見てみたいと思います。

角が立つってどういう意味?

そもそも角が立つってどういう意味なのだろうと考えたことはありませんか?決してハラが立つというような意味ではないです。

「角が立つ」と聞いて始めてその意味を知ったかもしれないという人もいるかもしれませんね。

また読み方はどのような読み方をするのかと疑問に思う人がいるかもしれません。

よく間違われる読み方をするのですが、皆さんはどの様に読んでいますか?使い方が類義語についても詳しく見てみたいと思います。

角が立つってどういう意味なのでしょうか?

意味

先ほども言ったように角が立つというのは関係が穏やかではなくなるという事です。

更に詳しく言うのであれば、人というのは会話をする際にどうしても納得いかないような言動であったり、嫌な思いを少ししたななんていうことがありますよね。

その様な気持ちになったという事です。

ハラが立つというのではなく、そこまでハラただしいという事はありませんが、少し気に障ったというようなことの意味を持つのです。

よく上司との会話でその様なことがありませんか?

折角やった仕事なのに「できて当然だ」と言われると評価をされているのか解らないですよね。

その言葉に気を障ってしまったなんていう事になっていたかもしれません。

その様な感情になってしまうという事です。

お互いが穏やかになれないというのはそういう意味でもあるので覚えておくようにしましょう。

読み方

よく読み方として間違われることが多いのがこの「角が立つ」です。

皆さんはどの様に読んでいましたか?実はこれ「かどがたつ」と読むのです。

「つのがたつ」と読んでしまう人が多かったのではないでしょうか?それは誤りなので覚えておくようにしましょう。

これは「かどがたつ」と読むのです。

ちなみに「つのがたつ」という意味になってしまうと、よく料理で使われる言葉になってしまいます。

料理でクリームなどをあわ立てる際に「つのがたつまで」というような言葉を耳にしたことはありませんか?そちらの意味が「つのがたつ」であり、関係が穏やかではないことが「かどがたつ」です。

漢字は同じかもしれませんが意味や読み方が違ってくるので覚えておくようにしましょう。

使い方

ではそんな「かどがたつ」の使い方についていくつかの例文を教えたいと思います。

例えば「相手の言い方に角が立つ」となればまさに相手の言い方にハラがたつというまではいかないが、少し関係性が穏やかでは無くなったというような意味になるのです。

またことわざなどでも有名ですよね。

「物も言いようで角が立つ」というようなことわざがあると思います。

この意味というのは簡単に言うと、言い方を考えなければ相手を不快にさせてしまうという意味です。

物というのは全て言いようですよね。

言い方というのはきついものであれば相手を不快にさせてしまったり、また優しい言い方になると、相手も聞き入れてくれたりするものだと思います。

使い方というのは大事なのでよく覚えておくようにしましょう。

類義語

類義語ではどの様な意味があると思いますか?よく皆さんも使っているような言葉ばかりだと思います。

簡単に言うのであれば「問題になる」というのも類義語ですね。

他にも「波が立つ」という意味も実は類義語です。

波が立つというのはとある事が起こってしまって、争いになってしまうというような意味です。

これも類義語なので覚えておいて損はないでしょう。

角が立たないようにするために気をつけたいこと


ではそんな角が立たないようにするために気をつけたいことというのはどの様なことがあると思いますか?皆さんが普段から気をつけている事を忘れなければこの様なことはないのです。

例えば空気を読むというのもありますし、相手のことに深くかかわらないというのも大事でしょう。

よく相手のことを気にしてしまい詮索をしてしまうような人がいると思いますが、それをしてしまうと相手からすると角が立つ行為になってしまうのです。

また言いたいことがあっても言わないというのも1つの気をつけるべきことです。

例えば反論をしたかったり、それは違うと言いたくても言えないことってありますよね。

角が立たないようにするために気をつけるべきことはたくさんあります。

ではどの様なものに気をつければ良いのか詳しく見てみたいと思います。

皆さんはどの様なことに気をつけていますか?

文句は言わない

文句は言わないようにしましょう。

文句というのは争いを産んでしまう原因でもあります。

文句ということは、相手の意見ではなく自分の意見が正しいと相手に言うという事になりますよね。

文句を言ったところで相手も引かなくなってしまい、お互いが文句の言い合いになってしまう可能性があります。

その様なことにならないように文句は言わないようにすることが大切になります。

どちらかが引かない限りお互いがきまずい空気になってしまいますよね。

文句を言わないということは大事なことなのです。

仮に言いたくなった場合は時が過ぎた後に言うと良いでしょう。

昔のことを今更言うというのは相手ももしかするとこちらの意見を聞いてくれる可能性があるかもしれません。

文句を言いたくなるというのは人としてあるものですが、堪えることも大事ですよ?

空気を読む


空気を読むというのも大事なことです。

例えば悲しいときに慰めるというようなことをせずに更に追い詰めるような言い方をしてしまうと相手から酷いと思われてしまう可能性もあるかもしれません。

また空気を読むということはそれほど相手のことを気遣っているということにも繋がります。

仮にそこで自分が好き勝手に言うのであれば、角が立つ原因となっても仕方ありません。

人というのは言う言葉を選ぶことが大事になりますが、よく空気が読めない人というのは嫌われたりしますよね。

空気をその際に読むということはとても大事なことになるのです。

深くかかわらないこと

相手のことを気にしてしまい深く関わってしまいがちですが、相手が仮にその事を言わないのであれば詮索をしないようにすることも大切です。

人というのは誰にも言いたくないような事であったり、信用している人にしか言わないことというのがあります。

例えば学生時代の好きな人などを誰かに言うと皆に広まってしまうから、信用できる人にしか言わないなんていう人もいるでしょう。

この様に誰もが秘密にしておきたいことというのはあると思いますが深くかかわらないことが大事になるのです。

深く関わってしまうとそれだけで関係が崩れてしまうなんていうことにもなりかねません。

深く関わらないことというのは、人により難しいと思う人もいるでしょう。

ですがそれをしなければ角が立つ行為をしないように防止をすることもできるのです。

難しいかもしれませんが、グッと堪えることも大事なので覚えておきましょう。

言いたいことがあっても言わない

基本的に角が立つ行為というのは言い合いなどであったり、質問攻めにされたりというような事で争いがおきてしまいます。

関係なども穏やかにならないというのはちょっとした事でも気に障ってしまうからです。

言いたいことというのは人により違いますよね。

その人のしている行動ややっている事に言いたいことがある!と思っていても言わないことが大切になるのです。

言いたいことがあっても言わないことは角が立つ行為を減らすこともできます。

仮に言ってしまって取り返しのつかないことになってしまったなんていう事もあるのではないでしょうか?よくあるのがカップルでの言い合いですよね。

その一言で取り返しつかなくなってしまうなんていう事もあるのではないかと思います。

言いたいことがあっても言わないことは大事になるので覚えておくようにしましょう。

様子を見る

様子を見るというのも大事になるでしょう。

例えば2人で話をしている際というのはとにかく相手のことを知っておかないと気軽な話というものはできないですよね。

様子を見るというような行為は実はとても大事なことなのです。

話をしながら相手のことを知る、探るというような事は決していけないことではありません。

ですがその際に大事なことは様子を見る際にあまり相手にしつこくならないことが大事になるのです。

例えば様子を見るというのは基本的に相手が話しをする時に相槌をうったりすることだけでも角が立つ行為になることを減らすことができるのです。

相手の話を聞く、いわゆる聞き上手になることができれば自然と角が立つ行為をすることがなくなるのです。

最初は難しいと思うことが多いかもしれません。

ですがその様にする事で、関係を良い関係に保つことができるので頑張るようにしましょう。

第三者にも話さない

第三者にも話さないということが大事になります。

よく関係が穏やかではなくなる原因の1つには他の人に喋ってしまったからということがあるのです。

先ほど言った例と同じですが、学生時代は好きな人の話題を言ったらそのことが直ぐに広まったなんていう事がありましたよね。

それと同じように第三者に言ってしまうとそれが直ぐに広まってしまうのです。

その際に友達から「何で言ったんだよ!」というようなことになり、仲が悪くなったというパターンもあるのではないでしょうか?第三者にも話さないというのは何よりも重要なことです。

例えばその相談を他の人にも話すというような事があってもその人が他の人に話すというような事がないようにしなければなりません。

仮に広めた人が広めてしまうと全員に行き渡ってしまい、噂にもなってしまいます。

第三者に話さないというのは実はとても大事なことなのです。

誘いも断らない

誘いも断らないというのも重要になるでしょう。

誘いも断らないというのはどの様なことを言うのでしょうか?言うのであれば、相手が例えば「これに行こうよ、あれに行こうよ」というような事を言うとします。

ですがそれに行きたいかどうかというのはその人の話を聞かなければいけないですよね。

誘いを断るというのはその人に申し訳なくなったりもすると思います。

そんな事ではなく誘いも断らないという事が大事になるのです。

また、誘い誘われるという関係でありがちなのが、意見の衝突です。

例えば誘いを断ってしまうと次自分から相手に誘う際にも断られてしまう可能性があります。

何故なら相手が誘ってきたことを断ってしまったからです。

またそれに承諾をするのであれば、次は自分が相手の誘いに乗らなくてはいけないですよね。

折角誘ってくれたのでそれには応じることが大事になるでしょう。

その様にすることで角が立つような事を防ぐことができるのです。

ちょっとした事でも角が立ってしまうことが多いですが、この様なところからでもあるので十分に注意をするようにしましょう。

癇に障るような言動はしない

癇に障るような言動はしないようにする事も大事です。

言うのであればハラただしい事を言わないようにするという事です。

例えば人のことを馬鹿にしたりするというのは癇に障る言動ですよね。

他にも相手のことを否定したりすることも癇に障るようなことではないかと思います。

癇に障る言動というのは様々ありますが、それは人により違うということも覚えておいてください。

例えば癇に障るような言動とはその人により捉え方が違います。

AさんとBさんがいるとして、その2人が作品を作ったとします。

その際に両方に「これはダメだ」と言った際に反応が違うのは当然ですよね。

何故ならその作品に対しての言葉を貰いどの様に思ったのかが違うからです。

そこに個性というものが出るので、片方は「次は頑張ろう」と思いますが仮にもう片方は「何でそんなこと言うのさ!」というような事になるからです。

捉え方により違うので同じようなことを言っても人により癇に障る発言にもなってしまうので十分に注意をするようにしましょう。

【癇に障る人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

相手がどんな人か観察する

相手がどんな人か観察することが最も重要なことです。

今までのことは相手のことを理解しなければできない気をつけるべき事ですよね。

例えば初対面の相手であれば尚更観察をしなくてはいけません。

相手がどの様な人でどの様なことを言うのか、どの様な性格なのか、見るだけではなく観察をすることが大事になるでしょう。

仮にこれが知っている人であれば、更に観察をすることが大事です。

相手は本当にどの様に思っているのか、そこまで解ると角が立つ行動をしないように気をつけることができますよね。

初対面であったり、会ったばっかりだという人にとってはとても難しいです。

しかし相手をより観察をすることが大事になるので気をつけるようにしましょう!

相手の気持になって行動する

相手の気持ちになって行動をすることも大事です。

相手のことを知るという事は相手の気持ちにもなるという事です。

相手の気持ちになって行動をしたのであれば相手の気持ちが解るようになるはずです。

何が嫌だったのか、何が嬉しかったのか、それが解るようになると自然と角が立つ行動というのは無くなるものでしょう。

角が立つ行動をしないという事は相手のことを理解しているという事にも繋がります。

どの様な人なのかを理解してその気持ちになることで相手がどの様に思っているのかが解るのではないでしょうか?思いやりにも通ずるものだと思います。

相手の気持ちになって行動をすることも難しいですが、思いやりの気持ちというものがある人であれば、自然と解るものになるので覚えておくようにしましょう。

感謝の気持ちを持つ

感謝の気持ちを持つことも大事です。

例えば感謝の気持ちを持たなければ相手に対して角の立つ言葉をたくさん言ってしまうことでしょう。

感謝の気持ちを持つことで相手に対しても広い心で接することができます。

よく忘れがちなのがこの気持ちを持つという事です。

人というのはその人と会話をする事で少しでも気持ちが楽になったり、楽しくなったりするものなのです。

それは人と話すということが楽しいからでもあります。

その際に感謝の気持ちを持つことが重要になるのです。

角が立ってしまった場合

気をつけていてもつい角が立ってしまった場合ということがありますよね。

例えば角が立つという事は関係が穏やかではなくなったという事になります。

気に障った言動を言いあった、相手に酷いことを言いあってしまったなどいろいろとある場合もあります。

それは人なので仕方ないことです。

仮にないという人は相手のことをよく考えて動いている人です。

そこには誇りを持つべきだとも思います。

ですが角が立ってしまった場合はどの様にすることが良いでしょうか?一部を紹介したいと思います。

素直に謝る

素直に謝るという事が良いでしょう。

素直に謝ることをすれば相手も受け入れることになるでしょう。

謝るという行為はこの様な状況になってしまった場合に一番有効的な方法だとも思います。

素直に謝ることができないという人は基本的にその人と疎遠になってしまいそのままだという事が多いのではないでしょうか?素直に謝る行為は決して恥ずかしいことではありません。

お互いが素直に謝ることも重要ですが、この様になってしまった、角が立ったとなった場合はまずは謝ることが大事になるでしょう。

なかったことにする

謝るというのもありますが、なかったことにするという選択肢もあります。

例えばどんな事でも忘れたいことってありますよね。

角が立つ行動も同じことが言えます。

なかったことにすることでお互いがまた関係を取り戻すなんていう事もあるでしょう。

よく喧嘩をしているカップルでも同じような事が言えますよね。

お互いになかったことにしようと気持ちを切り替えてまた関係を取り戻すというような事があると思います。

なかったことにするという事ができないという人には厳しいかもしれませんが、この様にすることで対策の1つにもなるので是非試してみてはいかがでしょう?

会わない

逆に会わないという方法もあります。

相手からのコンタクトがあるまで相手に会わないという方法です。

どうしても気まずくなってしまいますよね。

そんな時には距離を置くことが大事になるのです。

会わないでいると相手からコンタクトがくるかもしれないですし、逆にこちらも今は角が立っていても一時すると考えが変わっていたりするかもしれないですよね。

一度距離を置くという意味でも会わないという事は大事になります。

仮にいつまでたっても角が立つ場合は仕方ありませんが、この様な方法もあるという事を覚えておくと良いでしょう。

角が立つ行動

ではそんな角が立つ行動というのはどの様なものがあるのでしょうか?例えば文句を言うとなると角が立ちますよね。

誰でもこのような経験があると思います。

また変な噂話を耳にする際にも相手を見る目というものが変わってしまいます。

また馬鹿にしたり無視をする、好きな人がかぶるというような事もあるでしょう。

角が立つ行動というのは人により違いますが、あなたはどの様な行動に対して角が立ちますか?もし仮に当てはまるものがあれば、それをされてしまうと嫌だという気持ちになってしまうという事です。

ではどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

文句を言う

文句を言うということがあるでしょう。

これは相手に言われてしまうと角が立つのも仕方ありません。

文句を言われた側というのはとても良い気分ではないですよね。

またその際に逆に文句を言ってしまいがちにもなります。

ですがそこで言い争うということはお互いが角が立つような事になってしまうので、文句を言うという事が無いようにしましょう。

またお互いが冷静になることも大事なので、覚えておくようにしましょう。

変な噂話

変な噂話を聞くというのも角が立ちますよね。

例えば「あの人はあのようなことをしている」となればその人と話し辛くなるなんていう事があるのではないでしょうか?また自分の変な噂話を聞くとなった場合も他の人達と話し辛くなってしまいますよね。

どうしても噂というものは広まってしまい、時には真実でないことが広まってしまい一気にその人のイメージや印象というものが変わってしまいます。

変な噂話をするという事は、それほどその人が相手にとって嫌な存在であるかという事になってしまいます。

変な噂話を聞く際には真実を言うことも大事にはなりますが、角が立ってしまうのも無理はないですよね。

いかにその噂を止めさせることができるのかが鍵になるでしょう。

馬鹿にする

馬鹿にするという行動も角が立つ行動の1つです。

例えば人を馬鹿にするような事を言われたり、また周りに対してその様なことを言うという人は基本的に角が立っても仕方ないです。

どうしてその様なことを言うのだろうかと敬遠してしまいます。

また馬鹿にする行動というのは言動だけでなく、時には行動で示すような人もいます。

この様な人にならないように気をつけることが必要になるでしょう。

無視する

無視をするというのもあるでしょう。

誰でも無視をされてしまうと角が立つのも仕方ありませんよね。

また無視をするという事は、相手はあなたに対してあまり良いイメージや話たくないというような事を思い抱いているという事になります。

仮にその様なことをするのであれば、こちらも距離を置くということをして、対策をすることが大切です。

無視をするというのはこちらがしても相手がしても得になるというような事はありませんが、実際に無視をしてお互いの距離をとることが最善の行動になるのではないかとも思います。

好きな人がかぶる

好きな人がかぶると角が立ちますよね。

いつもは友人のように接していても相手も同じ人を好きになるというような事になれば少し接し辛いのではないかとも思います。

そんな時はまずは距離をとって考えることが大事になるでしょう。

好きな人がかぶるという事は同時にライバルにもなってしまうという事です。

角が立っても仕方ないことです。

ですがそこで関係を悪くするという事が一番ダメです。

好きな人が被っても関係を保つように行動をすることが大事になるでしょう。

角を立たせないように気をつけよう!(まとめ)

いかがでしたか?角が立つような行動や気をつけるべき事についてお話をしました。

自然とその様なことをしてしまっているというような人もいるのではないでしょうか?仮にその様なことになっている場合は相手のことを考えて角を立たせないように気をつけることが大切です。

付き合いが長くなっているカップルや夫婦の人は、ついこの気持ちが薄れてしまいお互いが角を立たせている状態になるというような事が多く、時にはそれが悪化してしまって最悪の結果になるというような事が多いです。

ですがその様なことになるのではなく、角を立たせないように気をつけるようにして、お互いの関係を保つことが大切になるのです。

また、相手のことをよく観察をするという事が重要になります。

関係が長いけれど相手のことを更に知りたいと思うはずです。

その心を忘れずに、お互いが好い関係であることを保つために角を立たせないようにしましょう!最初は難しいかもしれませんが、きっとできるはずです!