突然ですが、困り顔には多くの特徴や魅力があることをご存知でしょうか?

女性に困り顔をされると、男性はキュンとするそうですが、それはなぜなのでしょうか?

男性が女性に対してキュンとすることや理由は、様々あるでしょう。

ふとした瞬間に見せる「困り顔」、一体どうしたんだろう?と思い始めた時から、気になって頭から離れないと言うシチュエーションでしょうか?

普段と違うギャップからなのか、笑顔とはまた違う魅力を感じるのかもしれませんね。

どうして困り顔をしているのか、本当に何かに困っているのであれば、自分が少しでも力になって「憂(うれ)い」を解消してあげたいと思うでしょう。

そこで今回は、「困り顔はモテる!7個の特徴と男がキュンとしちゃう理由」と題しまして、困り顔に関する事柄を順に紹介していきます!

困り顔の新たな魅力に、さらにキュンとすること間違いなしです!

️守ってあげたくなる!困り顔の特徴や魅力とは?

困り顔には、何と言っても「守ってあげたい!」と思わせる効果があるようです。

なんだかんだ言っても、男性は「女性を守りたい!」と思う気持ちが少なからずあるからと言うのが、理由の1つに挙げられます。

これは「女性は弱い生きもの」と言う1つの考えが根底にあり、それは一理あるものでもあります。

しかし、それは力が弱いと言う理由だけではありません。

今でこそ、「女性だからこそできること」は増え続けていますが、いまだに「できないこと」があるのも事実です。

だからこそ、心のうちに不安やどうしようもない焦燥感を抱え、それが「困り顔」として表情に表れることもあるでしょう。

あるいは、そこまで深刻なものではないにしても、何かしらの悩みなどによって、困り顔になってしまう場合もあります。

困り顔になってしまっている本人ですら、自覚していない、なんてことも無きにしも非ずです。

もちろん、この理由は相手が異性の場合のみならず、同性や年齢の離れた相手であっても相通じるものがありますね。

それ以外にも、困り顔にはある特徴と魅力があるようです。

それらの内容を順を追って見ていきましょう。

️困り顔の特徴は?


困り顔の意図の有無に限らず、困り顔がもたらす効果は大きいことが伺えますね。

なぜ困り顔になっているのかの事情を知らないまでも、相手が普段と違う表情をしていると、何があったのかを考えてしまうことは少なからずあるでしょう。

上記に挙げたもの以外にも、困り顔には以下の7つの特徴が挙げられます。

中には、無意識のうちに表情にでてしまっているものもあるかもしれません。

意識的になる困り顔とは、意味合いが大きく変わってくるでしょう。

その方が、困り顔を雄弁に語っているのかもしれませんね。

これをきっかけに、自分で鏡を見て、困り顔を研究してみるのもいいでしょう。

それでは、1つずつ順に見ていきましょう!

眉毛がハの字になっている

1つ目は、「眉毛がハの字になっている」です。

眉毛は印象を大きく変えるものです。

例えば、眉毛が吊り上がっていると、キツい印象や強さを感じさせますよね?

もちろん、それはそれで「凛としている」「しっかりしている」など、良いと感じる理由もあります。

頼もしささえも感じさせることで、何かと頼りにされるなんてこともあるのではないでしょうか?

それに加えて、意志の強さや揺らぐことのない精神をも感じさせます。

逆に、眉毛がハの字になっているとどうでしょう?

どこか、儚(はかな)さや弱弱しい印象を感じさせます。

その表情を見た側も、思わず「どうしたの?」と聞いてしまいたくなるかもしれません。

それほどに、見過ごすことができないと思わせるでしょう。

それは決して作った表情ではできないものと言えそうです。

ただし、作った困り顔に悪意があると言うわけではありません。

困り顔になることで、相手の気を引きたいと言う気持ちの表れと言えばそうかもしれないので、一概には言い切れません。

口が半開きになっている

2つ目は、「口が半開きになっている」です。

とは言え、ポカーンと口が開いているのとは違います。

「心ここにあらず」のような、どこか遠くに気持ちが行ってしまっているような感じと言えば良いのでしょうか?

それによって、無意識に口が半開きになってしまい、それが困り顔に見える一因になっているのでしょう。

心の内にあるものを何か一言でも発したい、でもできない、そんなもどかしさの表れとも見て取れますね。

そんな無防備な様子が、どこか放っておけないと思わせるのかもしれませんね。

力が抜けて、身が入らないと言うのも当てはまりそうです。

まるで、小動物のようなあどけない感じも垣間見えそうですね。

これは、「自分がしっかりと守らなければ!」と思わせる要因と言えるのもうなずけますね!

おっちょこちょい

3つ目は、「おっちょこちょい」です。

些細なことや、いつもならミスをしないところでケアレスミスをするなどの「おっちょこちょい」によって、困り顔になってしまうものです。

特に、しっかりした人にこうした兆候が出ると、それは困り顔の中に隠された「ある不安」が原因かもしれません。

本人としてはきちんとしているつもりなのに、頭の中で思い描いているものと、実際に行動に移すのとではズレが生じ、それがおっちょこちょいな結果を招いているとも考えられます。

おっちょこちょいであっても、それを前向きに捉えるか捉えないかによって、その後の表情も違ってきます。

困り顔=後ろ向きではありません。

むしろ、真剣に取り組んでいるからこそ、おっちょこちょいな面が出て、それが困り顔になる要因にもなると言えるでしょう。

おっちょこちょいな人は、愛らしさと憎めないところを持っているのかもしれませんね。

本人も、おっちょこちょいなところがあるからと言って、それを短所と思い込むことはありません。

短所だからこそ、長所に転じさせるきっかけにも成り得ることは必ずあります。

考え方や見方をほんの少し変えるだけで、見える見方は全く違ってくるはずです!

うるうるとした瞳

4つ目は、「うるうるとした瞳」です。

涙がこぼれるまではいかなくても、目がうっすらと涙で濡れていることが挙げられます。

涙がポロポロと流れるわけでもなければ、涙をこらえているわけでもありません。

それでも、涙がこぼれそうにも見えるその姿に、困り顔の特徴が見て取れます。

いろいろな感情が混ざり合って、その思いを抑えている結果、瞳がうるうるしてくるのではないでしょうか?

そんな姿に、健気な印象を持たずにはいられないでしょう。

うるうるとした瞳は、涙を流している姿とはまた違った魅力があるのかもしれませんね。

ただし、泣きたい時は我慢することはありません。

思いっきり泣くことで、気持ちもすっきりすることができるでしょう。

そこから、少しずつ周りを見ながら、自分のペースで動いていけば良いのです。

タレ目

5つ目は、「タレ目」です。

例えるなら、パンダのような「タレ目」と言う感じでしょうか?

ほどよいタレ目が、優しそうでいて頼りなさげな、どこか眠たそうな気だるささえも感じさせます。

ふわふわとしていて、どこか弱弱しい、そんなところが「守ってあげたい!」と思わせる困り顔につながるのではないでしょうか?

そこに、「ハの字の眉毛」が加われば、相乗効果はより一層高まるでしょう。

例えるなら、誰かを長い目で見守るような慈悲の深さ、何があっても味方でいてくれるような包容力なども感じられるでしょう。

先ほどはパンダのようなと例えましたが、他の動物や好きな人や芸能人の中にも、タレ目を持つ対象はいるでしょうから、その対象を思い浮かべてみるのも良いかもしれませんね。

目が大きい

6つ目は、「目が大きい」です。

目がクリっとして大きいと、「うるうるとした瞳」や「タレ目」が引き立ちます。

「目は口程に物を言う」とあるように、目1つにしても人に与える印象は違ってきます。

水晶玉のような瞳から目が離せない、なんてこともありそうですね。

こぼれ落ちそうな目に、「うるうるとした瞳」が加われば、困り顔にも拍車をかけるでしょう。

このように、目の大きさによって得られる効果は、火を見るよりも明らかと言えるでしょう。

そうした「大きな目」で、様々なものや人を見据えましょう。

涙袋がある

7つ目は、「涙袋がある」です。

涙袋とは、目の下にある「ふくらみ」を指します。

涙袋と言うと、色気を感じると言う意見もありますが、困り顔を引き立てる効果もあるんです!

ふっくらとした涙袋には、優しそうな印象もあるだけに、その信憑性は高いものであると言えますね。

涙袋があるだけで、目が大きく見えたり、雰囲気も大きく変わります。

目と同様に、涙袋が持つ効果は大きいと言えますね。

涙袋が大きい人ほど、愛らしさやドキッとさせる要素を感じさせるのかもしれませんね。

️最近流行りの「困り顔」って?


上記のように、困り顔にはこんなにも特徴があるんですね。

1つ1つは些細なことでも、複数の特徴があることで「困り顔」の特徴が引き立つのかもしれませんね。

ただし、3つ目の「おっちょこちょい」は、持って生まれたもの、あるいは成長していく中でより一層培われるものとも言えますね。

そんな困り顔、最近は一躍流行っているようです!

異性からの好感度が高いなどの理由も挙げられます。

困り顔に限らず、喜怒哀楽や他の表情1つ1つに、表に見せる顔だけでなく、心の奥底に秘めた思いとこらえきれない思いがにじみ出たりするものです。

だからこそ、困り顔によって表れる表情だけでなく、どこか感じられる切なさや胸のうちに共感するのではないでしょうか?

それは、相手ときちんと向き合い、相手のことを考える気持ちが芽生えるからこそ、得られるものです。

「相手のために何とかしてあげたい」と思う気持ちが、人の持つ力を最大限に生かしてくれる原動力となることは、自己満足でも美徳でもありません。

大いに自信を持って、その気持ちをいつまでも忘れないでいてほしいですね。

困り顔の芸能人

芸能人の方の数は、星の数ほど存在しています。

様々な役柄を演じる芸能人にとって、表情は欠かせないものです。

例えば、セリフのない場面で表情のみで感情を表すこともあるでしょう。

自分では演じきったつもりでも、それを見てどう感じるかなどの捉えようは、見る人によって様々です。

人は、印象や先入観を少なからず持ったまま相手を見ることが多いです。

そんな中でも、いかに伝えたい気持ちを表情として表すのか、それを芸能人は求められていると言っても、過言ではないでしょう。

創作であっても、ノンフィクションであっても、自分に与えられた役柄になりきって演じる、それを見た視聴者が何かを思うきっかけに成り得るのでしょう。

表情とは、言葉以上に人に何かを伝える力を持っているのかもしれませんね。

そんな中でも、困り顔に定評がある芸能人がいることをご存知でしょうか?

ここでは、困り顔の芸能人の方を3人ご紹介します。

どの方も、その困り顔が魅力的でキュンとさせます。

まさに、代名詞と言っても良いほどかもしれません。

それでは、順に見ていきましょう。

大島優子

1人目は、元AKB48の大島優子(おおしまゆうこ)さんです。

AKB48を卒業後も、ドラマや映画、CMなど多方面で活躍されています。

そんな彼女の困り顔の魅力は、3つあります。

1つは、こぼれ落ちそうなほどの「大きな目」です。

対面している人や景色が全て写り込むような大きな目が、彼女の困り顔の最大の魅力と言えそうです。

2つは、今にも涙がこぼれそうな「うるうるとした瞳」です。

うるうるとした瞳が、困った顔の理由を物語っているような印象を与えています。

3つは、困り顔の中に愛らしさをも感じさせる「ハの字の眉毛」です。

ハの字の眉毛には、思わずギュッとしたくなるような、困っている中にも「可愛い!」と感じさせるものが存在しています!

大島優子さんが持つ可愛らしさと、困り顔の特徴が見事に融合していると言えますね。

その魅力を、いつまでも活かして活躍されることを願っています。

加藤ミリヤ

2人目は、シンガーソングライターの加藤ミリヤさんです。

高校生の時にデビューを果たし、その後数々のヒット曲と記録を更新しています。

そんな彼女の困り顔の魅力は、3つあります。

1つは、ため息がもれそうな「半開きの口」です。

困り顔になってしまうほどの、悩みや心の奥底に存在する憂いを感じさせます。

2つは、頼りなさげな「タレ目」です。

瞳の奥に隠された、どこか物憂げな雰囲気が伝わってきます。

3つは、色香を感じさせる「涙袋」です。

物憂げなタレ目との相乗効果で、困り顔をより引き立てています。

加藤ミリヤさんが持つエキゾチックなイメージと、困り顔の特徴がバランスを取っていると言えますね。

その特徴を持ってして、これからも様々なものを作り出していってほしいですね。

島崎遥香

3人目は、元AKB48で「ぱるる」の愛称でおなじみの島崎遥香(しまざきはるか)さんです。

AKB48を卒業後も、ドラマや映画、CMなどあらゆる分野で活躍されています。

そんな彼女の困り顔の魅力は、3つあります。

1つは、幼さも垣間見える「ハの字の眉毛」です。

少女のような愛らしさが、困り顔に一種の華を添えています。

2つは、目が離せないような「おっちょこちょい」です。

しっかりしていそうで、それでもほど良い抜け感を感じさせる困り顔と言えますね。

3つは、涙をこらえているような「うるうるとした瞳」です。

思わず憐憫(れんびん)の情を感じずにはいられないと思わせますね。

島崎遥香さんが持つ純真さと、困り顔の特徴が華やかさを花開かせていると言えますね。

その武器を持ってして、あらゆる場面で花開いていくことを応援していきたいですね。

️困り顔がモテるのはなぜ?

これだけの特徴があって、流行にもなっているのであれば、困り顔の魅力もうなずけますね!

自分自身でも、困り顔の魅力に大いに気づかされるきっかけに成り得たと言っても良いほどです。

しかも、困り顔はモテます!

これは、耳寄りな情報ですね!

性別問わず、好きになる人や好きな人の顔で一番好きなのは笑顔!これは定番と言っても良いでしょう。

しかし、困り顔も引けを取りません!

なぜなら、困り顔とは普段見ることの少ない表情の1つであり、だからこそ気持ちをかき立てられるからです。

笑顔も魅力的ではありますが、困り顔と言う名の憂い顔にもまた、人を惹きつける魅力が秘められているようです。

自分1人で気持ちを抱えている、困り顔になりながらも奮闘している、そんな健気さと脆(もろ)さを感じさせる困り顔に、気持ちが揺れない方が難しいのかもしれません。

それは、以下の3つの理由からです。

それでは、順番に見ていきましょう。

とにかく守りたい!

1つ目の理由は、「とにかく守りたい!」です。

これは、本能に近いものかもしれません。

老若男女問わず、この気持ちは誰しもが芽生える機会があるはずです。

困っている相手を見過ごすことはできない、何とか力になりたいと言う気持ちの表れと言えますね。

そこには、何の先入観もためらいもないのです。

相手のことを第一に考えているからこその感情、それこそが「とにかく守りたい!」と言うことなのでしょう。

このように、相手のことを思うが故の感情は素晴らしいものです。

そこに実際に行動に移すことがともなえば、非の打ち所がないですね!

とは言え、それが独りよがりになってしまわないようにするのも大切です。

相手のことを思うことは良いことですが、その気持ちを有り難いと思う人もいれば、そうでない人もいるからです。

矛盾に聞こえるかもしれませんが、全ての人が同じ感性を持っているとは言えないので、「親切の押し売り」にならないように気をつけましょう。

いじめたくなっちゃう

2つ目の理由は、「いじめたくなっちゃう」です。

1つ目の理由とは対照的な理由ですね。

困っている相手の顔を見て、もっと困った顔を見てみたいなどの「嗜虐(しぎゃく)心」が揺さぶられるのでしょうか?

「好きな子ほど、いじめたくなる」と言う説に近いのかもしれません。

とは言え、いじめられる側にしてみれば、「本当に好きなら優しくしてほしいのになぁ。」とも思うでしょう。

好きだからこそ、つい逆の態度を取ってしまう、それ自体を全否定するつもりはありませんが、度を越してしまうと問題です。

例えば、困っている相手の顔を見て優越感に浸る、なんてことはもってのほかです。

相手に対して思うことがあるのであれば、それを素直に形に表すべきです。

そこまでする勇気がないのなら、思うだけでも良いのです。

その気持ちが、いずれ花開く時がきっと訪れるはずです。

優しそうなイメージ

3つ目の理由は、「優しそうなイメージ」です。

困った時に見せる表情の中に、優しそうなイメージを感じるようです。

キリっとした目つきや口元よりも、ハの字型の眉に頼りなさげな口元の方が「情緒的」なものを醸し出すのかもしれません。

どの特徴にしても、優しさを表すには十分と言えますね。

優しそうと言うのは、それだけでその人の印象を良いものにさせてくれます。

優しそうな印象の人になら、話しかけやすいですし、相手もきっと近づきやすくなるはずです。

誰にでも等しく接し、自分にも相手にも慈しむ気持ちを持って行動すれば、それが「優しさ」となって、優しそうなイメージをもたらしてくれるでしょう。

それは、その場限りの行いでは決して作れないものです。

️困り顔はメイクで作れる!ポイントを解説!

こんなにも魅力とモテる理由を持ち合わせている「困り顔」は、本当にすごいですね!

そんな困り顔を、自分もぜひやってみたいと思った方もいるかもしれません。

なんと!困り顔は、メイクでも作ることができますよ!

メイクによって、より困り顔の特徴や魅力を印象づけることができるでしょう。

そんなメイクのポイントを部位別に5つご紹介します。

これで、困り顔にまた一歩、いやそれ以上の前進をすることができるはずです。

何事も、実践あるのみです!

参加することに意義があります!

困り顔のメイクの基礎さえ覚えれば、後は自己流にアレンジすることもできます。

それでは、順に見ていきましょう。

大事なの眉毛

1つ目は、何と言っても大事なのは眉毛です!

眉毛1つで、表情や雰囲気は大きく変わると言っても過言ではないからです。

例えば、細い眉毛であれば、シュッとして、凛としているように見えます。

逆に太い眉毛であれば、ナチュラルな感じから、あどけなさなどを感じさせます。

今回は、困り顔にするメイクなので、前述したように「ハの字型の眉毛」を意識しましょう。

垂れ下がった眉毛を描く

重要なのは、垂れ下がった眉毛を描くことです。

アイラインペンシルで眉を描いてから、アイブロウブラシを使うことをお勧めします。

自分の元の眉毛を基準として、それよりも下に向けて緩やかに下降線を描きます。

それによって、雰囲気も和らげることができ、困り顔の重要なパーツになることができます。

表情は、全体の印象を大きく左右するものだけに、きちんと整えておきたいものですね。

アイラインは下に下げて

2つ目は、アイラインは下に下げることです。

目尻に向かうにつれて、アイラインを強調していくことがポイントです。

それによって、タレ目に見える効果をより強くもたらすことができます。

わざとらしくならないように、自然な感じでアイラインを描きましょう!

大きめサイズのカラコンをつけてみよう

3つ目は、大きめサイズのカラコンをつけることです。

カラコン(カラーコンタクト)をつけることで、目をより一層印象付けることができます。

それによって、「大きな目」と「うるうるとした瞳」の特徴に近づけます。

目の下の涙袋をぽってり描く

4つ目は、目の下の涙袋をぽってり描くことです。

涙袋がある人は、そこにうっすらとアイシャドウを描きます。

涙袋がない人は、チップの幅に合わせたうえで、アイシャドウを描きます。

色は、ブラウンやゴールドがおススメです。

肌色に近い色を選びましょう。

【涙袋の作り方は、こちらの記事もチェック!】

ふんわりとしたチークをのせよう

5つ目は、ふんわりとしたチークをのせることです。

くるくるっと丸く描くことで、優しい印象を感じられるでしょう。

あくまでも、自然に近いような感じでのせることがポイントと言えますね。

頬の高い位置に描いて、肌色に近い明るめの色を選んでみてはいかがでしょうか?

️困り顔を作るときの注意点

特徴や魅力、メイクの仕方までわかって、これで困り顔をマスターすることができました!

と言いたいところですが、どんなことにも「注意しなければならないこと」が存在します。

だからこそ、限度が設けられ、適度な使用を守ることができるのです。

取扱説明書ほど細かいことは言いませんので、ぜひとも確認することをお勧めします。

ここで「困り顔を作るときの注意点」を2つご紹介します。

これさえ押さえれば、困り顔に関して不足するところはなくなりますよ!

それでは、順に見ていきましょう。

やりすぎは注意しよう

とにかく、やりすぎは注意しましょう。

こんなにも魅力があって、芸能人にも定評があるのなら、ぜひとも実践したいと思うのは自然なことです。

しかし、どんなに人気や魅力があるものであっても、「過ぎる」と逆効果になってしまう可能性があります。

それでは、せっかくの困り顔の魅力をつぶしてしまうことになってしまいます。

それはあまりにももったいないことだと思いませんか?

なので、以下のことを心がけることをお勧めします。

メイクは程よくを心がけて

メイクは程よくを心がけましょう。

やり過ぎると、困り顔を引き立てるどころか、不自然さばかりが強調されてしまいます。

同じメイクでも、人によってやり方が違い、仕上がりも当然違ってきます。

だからこそ、自然なメイクをすることを強くお勧めします。

メイクに凝ることが悪いのではありません。

凝り過ぎると、本来の困り顔の主旨を見失ってしまうことになりかねないので、限度を決めておきましょう。

メイクは、経験や年齢を重ねるほど濃くなっていくのは仕方ないと言えばそうかもしれません。

が、最近は手間をかけないメイクも増えています。

なので、「広く浅く」くらいの感覚でメイクをしてみてはいかがでしょうか?

困り顔が合わないかもしれない

残念なことに、困り顔が合わないこともあるかもしれません。

これを言ったら身もふたもない!と思うかもしれませんが、人それぞれ個性があるように、得てして同じものは存在しません。

同じことをしても、人それぞれ違った印象や結果になることは当然です。

得手不得手いわく、合う合わないが存在することは然(しか)りと言えます。

困り顔だけが、魅力的なものではありません。

たとえ、自分には困り顔が合わないからと言って、流行に乗れないなどと落ち込むことはありません。

合わないなら合わないで、自分には他にどんなメイクが似合うのかを見つければ良いのです。

「自分は自分、人は人」です。

本来持つ自分の良いところや個性を生かしながら、それを伸ばしていけたら良いのではないでしょうか?

️困り顔で守ってあげたくなる顔に変身!(まとめ)

以上が、困り顔に関する紹介になります!

困り顔の特徴や魅力には、あらゆる理由が多く存在し、その人の印象を大きく変えることが伺えました。

これによって、困り顔の基礎や情報を知ることができました。

何事も基礎を知ることは大切なことであり、そこからいかに応用していけるかが重要となってきます。

困り顔が流行っている理由には、芸能人にも浸透していることなどから、納得できますね。

何事も流行ることには、それ相応の理由が存在します。

芸能人の困り顔を参考にすることで、自分が困り顔にする時の参考にすることができます。

困り顔がモテる理由には、「守りたい」「いじめたくなる」など相反する気持ちすらも左右することがわかりました。

相手への気持ちの強さの表れと言えば、そうかもしれません。

困り顔のメイクのポイントや注意点も、抑えておくべきポイントとわかりました!

これで、実際に困り顔のメイクにするにあたって、行動に移すことができます。

やり過ぎず、やらなさ過ぎずは、個々の好みやスタイルによって違ってくるので、そこは個人におまかせ致します。

これらを1つ1つこなしていくことで、自分に合った困り顔を作っていくことができる手助けになれれば幸いです。

男性をキュンとさせる「困り顔」、ぜひとも自分のものとして習得してくださいね!

そして、そこから自分だけの物語を広げていってください。

心から、応援しています!