お悔みの言葉とは、故人の死を悼んで悲しむ気持ちを込めた言葉のことを言います。

この言葉は、故人への想いや、大切な家族を亡くされた遺族への気持ちをよく考えて、お通夜やお葬式などに伺って口頭で贈るものですが、仕事の都合や距離的な問題、体調面のことなどやむを得ない事情があってお通夜やお葬式に伺えない…なんてことありますよね。

そんなときに役立つのが「お悔みメール」です。

お悔みの言葉をメールに綴り、より早く遺族に届けることができるというものなのです。

ですが、このお悔みの言葉はメールで送っていいものか気になりますよね。

すぐにお悔みの言葉を相手に届けることができるのがいい点ではありますが、キッチリした形式ではないので「メールなんかで、失礼に当たらないかな…」と思う人もいることでしょう。

ですが、お悔みメールは注意点やマナーを守ってちゃんと贈れば相手にも失礼に当たらないし、自分の想いをより早く遺族のもとへ届けることができます。

今回は、お悔みメールの注意点や例文についてまとめましたので、是非参考にしてみてくださいね。

お悔やみメールとは?

お悔みメールとは、名前のとおりお悔みの言葉をメールにつづったものです。

本来であればお悔みの言葉はお通夜やお葬式に駆けつけて、遺族に直接伝えるものです。

しかし、訃報を受けたときに、病気や仕事、外せない用事、遠方に住んでいて物理的な問題でどうしてもすぐに駆けつけることができないという場合があります。

すぐにでも飛んでいきたいのに、事情が許さないときってありますよね。

そんなときに、「とにかく早く、自分の想いだけでも贈りたい!」という気持ちをを伝えることができるのが「お悔みメール」なのです。

人によっては「メールでお悔やみを済まそうとするなんて…」と思うかもしれませんが、あくまでこのお悔みメールは「略式」のものです。

お悔みメールを贈ったら、後日改めてお悔みに伺ったり、香典を届けるなどするのがお悔みメールを贈ったあとのマナーです。

メールでお悔やみの言葉を伝えること

「メールでお悔やみの言葉を伝える」…ひと昔前なら、「故人や遺族に対して失礼だ」と自分でも思ったものですし、周りにも思われていたものですよね。

「お手軽で便利」というイメージがある一方、こういったお悔やみの言葉を贈るのに不適切とされていました。

しかし、最近ではメールの地位が向上したこともあり、「より早く、遺族や故人に自分の想いを伝えるためのツール」として、お悔やみメールはある程度の市民権を得ることができました。

時と場合、相手との関係性などでお悔みメールが適さないということも多々ありますが、自分の気持ちや想いをとにかく早く伝えることができるお悔みメール、ちゃんとマナーなどを踏まえて心のこもったお悔みの言葉を伝えたいですよね。

また、口頭で自分の気持ちを伝えるの苦手だという人にとっては、一度頭の中を整理してから文章として言葉を起こすことができるメールはとても役立ちます。

「失礼なことを言ったらどうしよう…」「もっとちゃんと自分の気持ちを伝えたいのに、いつも言葉足らずになってしまう…」と心配な人にとっても、お悔みメールはしっかりと言葉を考えてから贈ることができるので助かります。

お悔やみメールを贈る時の6個の注意点と例文


いざお悔みのメールを贈るとなったとき、いつものメールを送るようなノリで作成をしてはいけません。

メールとは普段の生活で馴染みのあるツールですが、こういったシーンではちゃんとマナーや注意点などをおさえておくべきですよ。

また、文章作成が苦手だと「どんな文章にしたらいいのか…」「変な文章になって、遺族に失礼なものになったらイヤだな…」と思っている人が多いのではないでしょうか。

自分の想いを伝えたい気持ちはあっても、ちゃんとシーンにあった文章を使いたいですよね。

ここではお悔みメールを贈る時の10個の注意点と、文章作りが苦手な人のために例文についてをご紹介していきたいとおもいます。

お悔やみメールを贈る時の6個の注意点

大切な人へ贈るお悔みメール、マナーや注意点をしっかりとおさえてちゃんとしたものを贈りたいですよね。

ですが、実際にメールを作成しだすとどんなことに注意したらいいのか悩んでしまいますよね…件名1つをとっても、どんなものにするべきか困ってしまいます。

そんな人のために、ここではお悔みメールを作成して贈るときの注意点についてお伝えしていきたいと思います。

1.件名の書き方


誰もが最初に頭を悩ませるのが本文ではなく「件名」だという人は多いと思います。

無題だと失礼ですし相手にお悔みメールであることが伝わらず目を通してもらえない可能性があります。

相手を気遣うように「この度は大変でしたね」などの件名をつけようと考える人もいるでしょうが、コレもわかりづらいのでやめるようにしましょう。

誰からの連絡で訃報であることが一目で分かるようにする

お悔みメールの件名は悩まずに「お悔み申し上げます〇〇より」をシンプルにしましょう。

件名で誰から、どんな内容でということはほとんどわかるようにしておくととても親切ですよ(先方のスマホなどの電話帳登録に自分のメールアドレスが入っていることが考えられても、件名で名前は入れておきましょう)。

2.文章の初め

どんな内容のメールでも、文章の初めというものはとても大切です。

件名でどんな内容のものかというものは伝わっていますが、本文の序盤は重要です。

とはいえ、あまり贈ることのないお悔みメール、文章はどのようなはじめ方にしたらいいのか悩んでしまいますよね。

時候などの挨拶は書かずに手短に

お悔みメールはとにかく簡潔に読みやすいものであることが大事です。

大人のマナーとしては、相手に言葉を贈るときは時候などの挨拶を書くべきと思うかもしれませんが、お悔みメールではそれはあまり当てはまりません。

受け取り手である遺族のことを考えて、出来るだけ手短なお悔みメールを贈るようにしましょうね。

3.忌み言葉を使わない

お悔やみの言葉を文字にして相手に送るお悔やみメールですが、言葉と同様に「忌み言葉」は使わないように気を付けなければいけませやん。

「重ね重ね」「たびたび」「またまた」などは、「(不幸なことを)繰り返してしまう」ということを連想させてしまうので避けるようにしましょう。

忌み言葉を使ったからと言って、悪いことが起こるというわけではないのですが不快に感じる人がいたり、それがマナーである以上は忌み言葉は使わないように頭の中でおさえておきましょうね。

葬儀の場と同じマナーで

お悔やみメールは、相手と顔を合わせることなくお悔やみの言葉を送ることができるものですが、基本的には葬儀の場と同じベースのマナーを心がけるようにしましょう。

相手の顔が見えないと、どうしても気が緩んでしまうという人もいるでしょうが、文字にするとマナー不足や粗などが目立つ事が多いのでメールでこそより一層気を引き締めないといけません。

4.受信者に時間を取らせない

故人が亡くなったことによって遺族はお通夜やお葬式の準備や弔問客の対応などで色々大忙しになります。

悲しみに打ちひしがれながらも、進めないといけないことはたくさんあるので、遺族の心身の疲れはとても大きなものでしょう。

そのため、遺族は1つ1つのメールをゆっくりチェックしている時間や心の余裕がないかもしれないということをよく頭に入れておきましょう。

もし、メールをチェックできたとしても、超長文のお悔みメールや読みにくいような文章だと読むだけでも時間が取られるので遺族の負担になることがあります。

読み手の状況や心境をよく考えてお悔みメールを贈るようにしましょうね。

返信を促すような内容にしない

遺族は弔問に訪れた人や葬儀の関係でバタバタしています。

そんな状況なので、お悔みメールをまだ確認できていなかったり、返信を出せずにいたりすることがほとんどです。

忙しくしていることは間違いなので、お悔みメールの内容はとてもシンプルにして、決して相手に返信を促すような内容にしないように気を付けましょう。

故人が亡くなって一番悲しいのは遺族なのに、その悲しみをこらえながら弔問客の対応や葬儀の準備などで動きまわっています。

このように精神的にも疲れている状況なので、さらに負担を増やすような内容のメールは送らないようにしましょうね。

お悔みメールの最後に「返信は不要」と旨を書いておくと、遺族もホッとしますよ。

5.心遣いを忘れない

遺族は故人が亡くなってとても心が傷ついて疲れている状態です。

そんな状況でも葬儀を進め、心や体を休めることなく動いています。

そんな遺族をしっかりと気遣い、心配りすることを忘れないようにしましょうね。

「ご無理なさらず」「お体が心配です」など、ちょっとした心遣いのある言葉が入っているだけで、遺族への印象が違いますよ。

また、突然の訃報を受けると「どうして?病気か何かしてたっけ?」「死因は何だったの?」と気になることはたくさんあると思います。

しかし、お悔みメールで死因などを尋ねるのは大きなタブーです。

故人が亡くなって間もないなか、死因を尋ねるという行為はまだ傷が癒えない遺族にとっては酷なものでしかありません。

気になることもあると思いますが、お悔みメールで色々聞いたりしないのは心遣いの1つであることを覚えておきましょう。

手が足りない場合などの力添えができる旨を伝える

お悔みメールを贈る時、遺族はお通夜やお葬式の準備などでバタバタしていることが多いです。

悲しみで心が疲れているのにロクに休めていない状態でクタクタになっていることが充分想像できるので、手が足らないときは力添えができる旨を伝えておきましょう。

もちろん、自分に出来る範囲のことが条件になりますが、遺族にとってこの心遣いはとてもありがたいものです。

たいていの場合は「お言葉だけ…」となりますが、本当に困っているときは何かお願い事をされることがあります。

本当に力になれる人は、いつでも遺族が助けを求められるように、力添えが出来る旨はしっかりと伝えておきましょうね。

6.メールで伝える場合は取り急ぎであることを忘れない

本来ならお悔みの言葉とはお通夜やお葬式などに伺ったときに、口頭で伝えるものです。

しかし、どうしても外すことができない用事や、距離的な問題でお通夜やお葬式に参列できない場合ってありますよね。

そういうときにはじめて、「取り急ぎ」の「略式」としてお悔みメールを贈るのです。

「お通夜やお葬式にはどうしても参列することはできないけど、取り急ぎ言葉だけでも伝えたい」という気持ちでお悔みメールを作成するようにしましょう。

このお悔みメール1通で完結させるのではなく、後日改めて伺ったり、香典などを郵送するなどするようにしましょうね。

本来であれば直接お悔やみを伝えたい旨を伝える

社会人になると仕事の都合などで、結婚すると遠方に住んでいるまたは子供の預け先がないなどで、どうしても直接伺ってお悔みの言葉を伝えることができないことがあります。

そんな状況なので悔みメールを贈ることになったのですが、そのお悔みメール内でも「直接お悔みに伺って、お伝えしたかった」という旨を伝えておきましょう。

特に聞かれることもありませんが、「都合で」「遠方で」など、直接伺えなかった理由を簡単でいいので付け加えておくといいですよ。

お悔やみメールを贈る時の4個の例文

前の章でお悔みメールを贈る時の注意点はお分かりいただけたことかと思います。

しかし、注意点を踏まえたとしても、どうしても文章を考えるのが苦手だという人もいますよね。

また、デリケートなことなので変な文章を贈って遺族にイヤな思いをさせたくないという人もいるでしょう。

そんな人たちのために、ここではお悔みメールの例文をケース別にちょっとだけご紹介していきたいと思います。

仕事上でお付き合いがある方への例文

営業などの人とよく会うことがある職種の人は、取引先やお客さんなど仕事上でお付き合い人がたくさんいますよね。

人脈がある人ほど、誰かしらの訃報を受ける機会は多いことかと思います。

しかし、訃報を受けてもどうしても思うように動けないこともあるでしょう。

お世話になっている取引先の人やお客さんなので、取り急ぎお悔みの言葉だけでも…というときにお悔みメールはとても助かりますよね。

そんなときにために、仕事上お付き合いがある方へのお悔みメールの例文をご紹介します。

いくら親しい相手だったとしても、あくまでビジネス繋がりの方だということを念頭に置いて、キッチリ感のあるお悔みメールを贈りましょう。

例文

件名:△△株式会社〇〇(自分の名前)より、お悔み申し上げます

本文1:▲▲株式会社●●様
ご身内にご不幸がおありだったと伺ってとても驚いています。

本来であれば直接お悔みを申し上げたいところではございますが、略儀ながらメールにてお悔み申し上げます。

なお、返信は不要ですよのでお気遣いなく。

本文2:▲▲株式会社●●様
この度は、ご身内にご不幸がおありだったと伺ってとても驚いています。

都合で葬儀に伺うことが出来ず、略儀ではありますがメールでのお悔みとなり申し訳ありません。

心から哀悼の意を表します。

会社の上司や先輩への例文

会社の上司や先輩など、よくお世話になっている目上の人の身内が亡くなった場合、どのようなお悔みの言葉を贈ったらいいのか悩みますよね。

駆けつけることができる距離でお通夜やお葬式をされるのであれば、もちろん伺うのがベストなのですがどうしても状況が許さないというときもありますよね。

そんなときは、取り急ぎお悔みメールを贈るようにしましょう。

ここでは、会社の上司や先輩へのお悔みメールの例文をご紹介します。

突然の不幸に心身ともに疲れ切っている上司や先輩へ、身体を気遣うような言葉を織り込むといいですよ。

例文

件名:〇〇よりお悔み申し上げます。

本文1:この度はご逝去の報に接し、大変驚いております。

心よりお悔み申し上げます。

本来であれば、直接お目にかかりお悔みを申し上げたいところではございますが、略儀ながらメールにて失礼します。

どうか気を落とさず、お身体には気を付けてください。

なお、返信は不要ですのでお気遣いなく。

本文2:ご尊父様のご逝去に際し心からお悔やみ申し上げます。

ご家族を支えなければとご無理をされていないか心配です。

色々と大変かと思いますが、どうかくれぐれもお身体には気を付けてください。

仕事のことは気にせず、ご家族とゆっくりお過ごしください。

知人、友人への例文

お世話になっている知人や親しい友人など、普段からプライベートでやりとりがあるような人にお悔みメールを贈ることになるのはとてもツラいですよね…知人や友人が悲しんでいることを思うと、心が苦しくなってしまいます。

特に、親しい友人だと故人(ご両親や兄弟姉妹など)とも面識があったりなどするので、お悔みメールにも気持ちが入ってしまうということもあるでしょう。

ですが、過度に感情的になったりせず、きっちりとお悔みの言葉を伝えられるメールを贈りましょう。

ここでは、知人や友人へのお悔みメールの例文をご紹介します。

親しさの度合いによっては、多少口調を崩してもいいと思いますが、フランクになりすぎないように気をつけましょうね。

相手との関係によっては、1文ほど自分の気持ちをつづっても大丈夫ですよ。

例文

件名:〇〇(自分の名前)よりお悔み申し上げます。

本文1:突然の訃報にとても驚いています。

お母様にはご生前にとてもお世話になりました。

本来ならば直接お悔みに伺うのですが、遠方なので駆けつけることができなくて申し訳ありません。

大変なときですが、無理はせず、どうか体調には気をつけてね。

私に何かできることがあったら何でも言って下さいね。

本文2:お父様のご逝去を知り、とても驚いています。

気落ちしてないか、とても心配です。

本来ならお悔みに伺いたいところですが、このような形になってごめんなさい。

返信は不要なので、お気遣いなくね。

親戚への例文

いとこや叔父叔母さんなど、自分が小さいころによく遊んでもらった、お世話になったという親戚に贈るお悔みの言葉。

親戚だけあったとても縁が近いですが、仕事関係への方に贈るお悔みメールほどかしこまったものでなくても、それなりにしっかりしたお悔みメールを贈るようにしましょうね。

ここでは、親戚にお悔みメールを贈るときの例文をご紹介します。

例文

件名:〇〇(自分の名前)よりお悔み申し上げます。

本文1:●●さんの突然の訃報に驚いています。

遠方のため、直接お悔みに伺うことができなくて申し訳ありません。

ちゃんと食事や休憩はとれていますでしょうか?
今はお辛いと思いますが、ご無理はなさらないでくださいね。

私にできることがあったら遠慮なく言って下さい。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

本文2:この度は心からお悔み申し上げます。

都合により葬儀に伺えず、大変申し訳ありません。

ご家族もさぞお辛いことかと思います。

私にできることがあれば、何なりとおっしゃってください。

基本的には直接お悔やみを伝えること

お悔みの言葉の基本は、直接お悔みを伝えることです。

しかし、距離的な制約ややむを得ない事情によって、お通夜やお葬式に直接伺うことができない場合ってありますよね。

そういうときにようやく「お悔みメール」という手段を取るのです。

お悔みメールを贈るからそれでおしまい…というのはマナーに反しています。

あくまで、お悔みメールは「すぐに駆け付けることができないので取り急ぎ」という略式なものであって、本来ならば直接お悔みを伝えるものだということは忘れないでおきましょうね。

お悔やみの言葉は直接伝えるべき?

ここまででも何度か触れましたが、本来ならお悔みの言葉はお通夜や葬儀に駆けつけて直接遺族に伝えるものです。

それが本来のマナーでそれを重々理解はしているのだけれど、そうはいかないときってありますよね。

社会人として生活していると、すぐに駆け付けたいと思っていても自分1人の都合ではどうにもならないことはたくさんあります。

そんなときにお悔みメールがとても重宝されるのです。

あくまでお悔みメールは取り急ぎの略式のものですが、直接伺えないであれば贈っておいたほうがいいでしょう。

お悔やみをメールで伝える状況とは?

訃報を受けたものの、遠方に住んでいて距離的にどうしても直接お悔みに伺えないとき、仕事の都合や体調的な事情などのやむを得ない事情などで駆けつけるのが難しいときにってありますよね。

そういうときにメールを使って取り急ぎお悔みを伝えることができます。

ここでは、お悔みメールを贈る状況についてシーン別に見ていきますね。

ビジネス上での関係の場合

取引先やお客さんなど社外で仕事上の付き合いのある方や、同じ会社の上司や先輩、同僚など一緒に仕事をしている方、どちらにもいつもお世話になっていますよね。

そういう方々の身内に不幸があったときは是非礼を尽くしたいところです。

ですが、社会人として働いていると、気持ちとは裏腹にどうしても状況が許さないというときがあります。

お通夜やお葬式に駆けつけたいけどそれができないというときは、お悔みメールの出番です。

取り急ぎ、お悔みの言葉をメールで贈っておいて、後日早めに香典などを手渡しまたは郵送するようにしましょう。

手渡しするときは「遅くなり、申し訳ありません」と言葉を添えてお渡ししましょうね。

知人や友人など親しい関係の場合

知人や友人など親しい関係の身内に不幸があったら、どれだけ心細いかなど相手の気持ちが心配になってすぐにでも駆け付けたいものですよね。

ですが、社会人となって働いていたり、自身が結婚して遠方に住んでいたりするとなかなか思うように身動きがとれないものです。

もし小さい子供がいる人だったりすると、家に子供の面倒を見れる人がいなければ距離的な問題がなくても駆けつけることは難しいですよね。

そんなときこそ、お悔みメールをして取り急ぎお悔みの言葉をお伝えしておきましょう。

親しい知人や友人ならアナタの状況をよくわかってくれているので、駆けつけることができなくても取り急ぎのメールだけでも優しく受け取ってくれますよ。

そしてビジネス上の関係の人と同様、後日早めに香典などを郵送するようにしましょうね。

いずれもメールで訃報連絡がきた場合

素早く訃報を伝える手段として、最近ではメールが使われる機会が増えてきました。

一気に多くの人に訃報を伝えることができるので遺族にとってもメールは便利なツールです。

そのため、訃報がメールで届くことが多くなりましたよね。

訃報を受ける方も、詳細をおさえておくのに電話にて口頭で伝えられるよりも、メールで文章でもらっておいたほうが助かるということもありますよね。

そんな訃報がメールにて伝わってきたときは、例外としてメールでお悔みの言葉を伝えるのはアリです。

ですが、いくら相手からメールで訃報連絡が来たからといっても、お悔みメールはあくまで略式なもので正式なものではないということを忘れないでおきましょう。

ちなみに、親しい間柄の人から訃報のメールが来たときにやってしまいがちなのが「電話をかける」ということです。

メールの内容に驚いたり、相手は大丈夫なのか心配になって電話を直接かけてしまうという人もいるでしょうが、相手はお通夜やお葬式の準備で忙しいし、何より精神的に参っていることがほとんどです。

親しいほど心配になる気持ちはよくわかりますが、相手の状況や精神状態を酌んで、メールで訃報連絡が来たときは電話をするのは控えましょうね。

他に手紙で伝える場合もある

お悔みメールもいいのですが「お悔みの言葉をメールで贈ることにどうしても抵抗がある…」という人もいることでしょう。

お悔みメールが使われるようになってきたとはいえ、自分の言葉で、せめて自分の自筆の文字でお悔みを伝えたいという人も多いことかと思います。

そんな人は、お悔みの言葉を手紙で伝えるものアリです。

手紙も、メールと同様に略式のものなのですが、気持ちの問題ですよね。

お悔みの言葉を手紙で伝えるときは、基本的には初七日までに贈ることがマナーとされています。

しかし、すでに初七日が過ぎたあとに訃報を知らされた…なんてこともありますよね。

家族葬や、喪中はがきなどでタイムラグのある訃報を受ける不可抗力で「初七日までに」というマナーに添うことはできません。

そういうときは、訃報を知ってからできるだけ早くお悔みの手紙を贈るようにしましょう。

お悔みの手紙は、できるだけシンプルなデザインの便せんや封筒を選び、お悔みの言葉、手紙を贈ることになった簡単な理由、遺族を気遣う言葉などを綴ります。

後日、伺う予定があるのならその旨をしっかりと書いておきましょう。

そして手紙と一緒に香典を入れておくことを忘れないようにしましょうね。

メールだって想いを伝えるのに適したツールでありますが、ご年配の人などメールになじみがない世代の人などは手紙の方がありがたがられるかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?
お悔みメールはより早く、取り急ぎ、遺族にお悔みの言葉を届けることができるのでとても助かりますよね。

また、お通夜やお葬式の関係や弔問客の対応で忙しくしている遺族にとっても、気遣いあふれるお悔みメールはとても心が慰められるものです。

ですが、マナーのないお悔みメールや、読みづらいまたはわかりづらいようなお悔みメールはかえって遺族の負担になることがあります。

特に忌み言葉を使ったり、故人の死因を尋ねて傷心した遺族をさらに傷つけるようなマナー違反をしているお悔みメールは論外です。

大切な身内が亡くなって心身ともに疲れ切っている遺族のことを配慮したお悔みメールを贈るようにしましょうね。

また、お悔みメールは贈る人と自分の関係によって内容はよく考えなければいけません。

仕事関係の人の場合、友人の場合、親戚の場合など、色んなケースがありますが、基本的には先ほどお話したマナーを守った上でお悔みを伝えることが出来たら大丈夫です。

そしてお悔みメールはあくまで「略式」のものであるので、お悔みメールをした場合は後日に改めて伺ったり、遠方である場合は香典を郵送したりすることを忘れないようにしてください。

しっかりと最低限のマナーをおさえて、心のこもったお悔みメールを贈るようにしましょうね。