オワハラは今や当たり前になっている時代でもあります。

対象者が社会人歴が全くない人ばかりなので、どう対処して良いかわからないというお悩みの事がとても多いようです。

昔と違って自分の意見をはっきり言える人も増えてきてはいるのですが、まだまだ正しい判断が出来ないという人も少なくありません。

オワハラは立派なハラスメントになりますし、裁判を起こされたとして文句は何も言えないでしょう。

就活生には注意して欲しいオワハラについてお伝えしましょう。

オワハラってなに?就活生は気をつけて!

オワハラという言葉を耳にした人は若い方以外ほぼいないと思います。

就活終われハラスメントの略です。

これだけだと何の意味か分かりにくいかもしれませんが、内定をもらった先から他の所をうけず自分の所だけを考えろという無茶振りをさせるハラスメントだと思って下さい。

今どこの企業も人手不足なため、人材確保のために就活生はとても貴重になっています。

就活生にとっては内定をもらったとは言え、時間のある限り他にも良い所があるんじゃないかと考えてしまう人もいるでしょう。

しかしそれを良しとしない企業側から、別の所を考えるなら内定は取り止めるという圧力をかけている所があるのです。

企業側の気持ちは分からなくはないのですが、いくら会社の評判が良くてもそんな事をしてくる人がいたら良いとは思いませんよね。

これから就活する人は、自分にとって良い会社に入れるようにしてほしいです!

オワハラを撃退!そもそもオワハラって何?

オワハラにはいくつか事例があり、どれもやっかいなケースばかりです。

基本的には就活生を圧迫してくるようなものばかりなので、精神的にストレスが貯まってしまうケースもあります。

オワハラは立派な精神的苦痛を与える行為です!

これから就活をされる方々は、何か変だなと思ったら気を付ける容認して下さい。

内定は大切ですが、内定よりももっと大切なものがありますからね。

オワハラの具体的例

オワハラの具体例を紹介する前に、どんなケースがあるのかご説明しましょう。

1つ目は交渉型オワハラ、2つ目は束縛型・同情型オワハラ、3つ目は犯罪行為に近しい脅迫型オワハラです。

これらは1つ目と2つ目は企業側も必死になっているのですが、3つ目のオワハラに関しては完全にアウトだと思って下さい。

心当たりのある人は裁判を起こしても良いかもしれませんね。

交渉型オワハラ

交渉型オワハラとは3つの内でまだある意味では、場合によってはマシかもしれません。

これは企業側から御社の内定を受けてもらえる代わりに、それ以降の企業側へ面接や説明会には行かないで欲しいという身勝手な交渉です。

内定をチラつかせるというやり方はあまり良いやり方ではありませんが、ただ他にも就活を考えていない人にとっては良いかもしれません。

内定をもらえたら後は遊び呆ける事が出来ますからね。

ただその場合は必ず相手から本当に内定をもらえるのか、証拠を見せるようにして下さい。

口約束だと信用出来ない場合があります。

ただし他の所を受けたいという考えがある人だと、交渉型オワハラは迷惑にしかならないでしょう。

もし他の所に希望があった場合は受けられないですからね。

ただし交渉型に関しては、あくまでも交渉なのでこちらの希望を提示する事も可能だと思って下さい。

上手く行けば条件を良くしてもらえたりする事も出来ますよ!

束縛型・同情型オワハラ

束縛型・同情型オワハラはかなり打算的で狡猾な手口だと思って下さい。

まず束縛型オワハラというのは、交渉型とは異なり内定後にあれやこれや仕掛けてきます。

その手口の1つとして、会社説明会や社員交流会などの開催日を他の企業との面接や説明会に被るようにしているのです。

これは何とも言いにくいものがあるのですが、日にちが明らか被っているようであればオワハラの可能性が高いと見ておきましょう。

そうでもない人からすれば、別に良いと思います。

説明会はともかく、交流会などが頻繁にあるような所だと胡散臭いと注意しておいても良いですね。

同情型オワハラの手口は束縛型以上に厄介で最低なものです。

まだ良心的なもので言えば、うちの会社は人手不足だから君みたいな子が入ってくれれば助かるという言い方だとそこまで悪い気はしないでしょう。

人は自分を必要としてもらいたいという願望があるので、必要とされてしまうと断りにくいのです。

ただ本気で言っているかどうかにもよるので、それが手口になってしまっている可能性もあります。

酷い所ではお偉いさんが食事に連れていってくれた後、上手いものを食べさせたんだから絶対に入社しろと言うのだとか。

同情型は最初が良さそうな分、本当に勿体ないです。

余計な一言を言わなければ入社してくれる可能性があったのに、自ら棒にふってしまっている大馬鹿者としか言いようがありませんね。

束縛型の手口は微妙に分かりにくいものなので、たまたまその日にちになったと言われてしまえばおしまいです。

同情型よりも露骨ではない分、とてもいやらしく感じるでしょう。

脅迫型オワハラ

脅迫型オワハラは完全に恐怖のどん底に突き落とされると思っておいて下さい。

交渉型オワハラの悪化です。

交渉型はまだ言い方は丁寧ですが、脅迫型オワハラは完全に嫌がらせでしかありません。

具体例はどんなものかと言うと、もし自分の所に内定しなかったら他の企業にあなたの嫌な噂を流して一生働けなくしてやるなどやり方が劣悪です。

完全に脅迫になっているので、警察や弁護士に相談しても良いくらいですね。

まだ自分だけに被害が被るならマシですが、家族や大学までに被害を及ぼす可能性もあります。

その場で終われば良いだけの話しなのですが、しつこい所だと家にまで連絡してくるケースも存在している所もあるくらいです。

脅迫型オワハラは完全に何かをしなかったらあなたのせいというのを言って来ているので、脅しに屈してしまう就学生も少なくありません。

こんなオワハラをしてくる人がいる会社は間違いなくロクでも無い事を頭に叩き込み、更にそんな所に就職したら一巻の終わりだと考えておくべきでしょうね。

オワハラの対処法3選!

オワハラだけではなく、嫌な事は嫌だとちゃんと伝えた方が良いです。

オワハラは屈したら負けですからね。

まだ22歳くらいだと社会の常識を持っている人は少ないため、そのまま流されてしまう人もいます。

それは仕方のない事ですが、脅しに屈してしまいそうになった時は家族の顔を思い浮かべてみましょう。

初めての就活で成功したら家族はきっと喜んでくれるはずです。

しかしオワハラに合って無理やり入れと言われてしまって入社した、という事実を家族に伝えたらどうなるでしょうか。

きっと悲しい顔をしますよね。

どうせなら普通に就活おめでとうと言ってもらいたくありませんか?
たとえ脅しに負けそうでも屈してはいけません。

後であーすれば良かったという後悔よりも、あーしておいて正解だったと清々しい気持ちの方が絶対良いに決まっています!

オワハラをしてくる所は当然論外ではありますが、それ以外の所が良いとは限りません。

遠慮なく内定を辞退する

もしオワハラをしてきた所があれば、遠慮なく内定を辞退しましょう。

いくらでも働き口がありますし、その年で新卒の就職に就けなくても関係ありません。

職なんてゆっくり探せば良いのです。

自分に合った職なんて中々ありませんが、失敗してしまうよりはずっとマシですよ。

内定を辞退した場合、先方から引き止められるか嫌味を言われる可能性がありますが、気にする必要も気に病んでしまう必要もありません。

自分の事を第一に考えれば良いのです。

相手の事を考えて申し訳ないなんて思っていても時間のムダですからね。

自分の意志をハッキリと伝える

何事も自分の意思をハッキリと伝える必要があります。

内定前に先方がこいつはいけそうだと思った人にはグイグイくる可能性がありますよ!

特に押しの弱そうな人ほど来られますからね。

自分の意思をハッキリと伝えられない人間ほど絶好のカモはいません。

嫌な事は嫌と普段から言う癖を付けておいた方が良いです。

人は恐怖に負けた時身がすくんでしまい、何も言えなくなってしまいます。

しかし恐怖に打ち勝たなければ未来はありません。

自分の意思をハッキリと言えない人ほど考え方はしっかりしているのに、言えないという人はたくさんいます。

そういう人ほどめちゃくちゃ後悔しますからね。

別に何も悪い事をしていないのに、何故恐怖に脅えなければいけないのでしょう?

就活とは自分のやりたいと思った仕事をやるものです。

確かに興味はあった、やってみたい物があると考えたからこそ面接に行ったのでしょうが、内定後にもっと良い条件のある所はたくさんあります!

自分に自信を持って良いんです!

恐怖に負けないで下さいね。

オワハラの情報を先に入手しておく


今やインターネットで何でも調べられる時代です。

もし気になる企業があるのであれば、面接前にオワハラをしてくるか調べておきましょう。

口コミや出来れば身近に近い年の先輩がいればなお良しですね。

就活の口コミはその人の体験談なので、とてもリアルな事が書かれています。

ただしオワハラをするかどうか場所によっては情報が何もない所もあるので、残念ながら行ってみなければ分からないという所も存在すると考えておいて下さい。

情報だけは幅広い付き合いがあれば有利ですからね。

オワハラの実例を紹介!先輩から学ぼう

私の世代ではありませんでしたが、若い世代の人に聞くと結構あるある実例だそうです。

こういうのって相手の迷惑を考えませんからね。

そんな事をする暇があれば仕事をしろって感じですよ。

容赦のないオワハラを乗り越えた方々の実例をご紹介しましょう。

面接時期を先延ばしする企業

他の企業の面接を受けさせないために、面接時期をわざと先延ばしするように説明会や親睦会を無理やり開くというケースも存在します。

あり得ない話しに聞こえますが、現実的にない話でもありません。

大体面接時期は何処の企業も同じですし、調べようと思ったら簡単に調べられてしまうくらいです。

正直に言うとスケジュールを把握しつつ行動に移しているので、若干ストーカー気質だと思われても仕方がないかもしれません。

行動を把握されている状態なので、気持ち悪いですよね。

それとなく内定を辞退を促す場合

これは交渉型オワハラのケースですね。

それとなく内定を辞退するように言ってくるのは、ほとんどが面接時に言われるケースが多いです。

先制パンチみたいなもので、呆気に取られてしまう事も多いでしょう。

曖昧な返事をしてもしつこく食い下がってくるので、イエスかノーかでハッキリさせておいた方が良いですよ。

あくまでもその場で言えば良いので、別に後で辞めますと言っても良いくらいですしね。

必ずその場で返事をしなければいけないという規則はありません。

その場しのぎでとりあえず返事して終わらすという手を使っている人の方が多いですし、波風を立てる事もないです。

他社を批判するケース

人を呪わば穴2つということわざがあります。

悪口を言う人間ってどう思いますか?

あまり良い気はしないですよね。

人の悪口を喜々として言う人間ほど恐ろしいものはないでしょう。

オワハラでは時々他社を批判するケースも存在します。

あの会社の何々さんは口臭が臭いだの、しっかりしていないだの批判中傷するような事を言う人も中にはいるのです。

自社に就職して欲しいがために、他社を蹴落とすやり方は美しくありません。

もしかしたら本当の事を言っているのかもしれませんが、それでも聞きたくない事や言い方を考えて欲しいと思う事はあるものです。

他社を平気で批判するような人間は、その職場に就職した時に必ず言われますよ。

悪口を平気で言うような人間はろくなものではありませんからね。

優しい人事が突然キレ出す


優しい人が突然ヒステリックにキレだすものほどある意味ヤバイと感じるものはありません。

内定を渋っていると突然鬼のような形相になり、脅しをかけてくるケースがほとんどです。

最初から優しい人間ほど裏があると思っていれば気は楽ですけどね。

耐性がない人間にしたらその効果は抜群でしょう。

たちまちその人事に対して恐怖を抱いてしまいます。

特に大人しい人はビビってしまいますからね。

当然の事ながら申し上げますが、簡単にキレる人はロクな人物がいない事だけは把握しておきましょう。

キレて解決するなら誰でもやっていますからね。

私の友達で同じような目に合った子がいたのですが、その子は勝ち気で気の強い性格だったので、逆ギレして帰ったそうです。

相手は逆ギレされるとは思っていなかったそうで、終始呆気に取られていたのだとか。

さすがに逆ギレするが良いという訳ではありませんが、もう会う事もないような相手であれば効果は抜群ですね。

一度食事した人事から連絡が止まない

こちらはキレだすとは反対に優しいパターンですが、スケジュールを抑えようとしてくるのでとても厄介です。

一度親睦会や集まりに参加してしまうと、次も参加するようにと声をかけられるようになります。

一見するとフレンドリーに感じるかもしれませんが、その実はスケジュールを埋める事により他の企業の説明会や面接に受けさせないようにしているのです。

あまりの露骨さに嫌気がさして来るパターンですね。

気の弱い人だと仕方なく言われるが度に、毎回親睦会に付き合ってしまうでしょう。

実は過去に私も言われた事があるのですが、面倒くさいのと友達との約束を優先しました。

先方からはあなたが来てくれたら盛り上がると言われましたが、断りましたね。

その時は単純に自分って気に入られていると思っていたくらいだったので、特に気にした事はありません。

ちょっと断って悪かったかなくらいの気持ちでした。

旦那も過去に就活をしていて同じような事があったそうですが、素直に面倒くさいのでパスしたそうです。

あまりにも露骨だったので驚きましたが、先方も素直に受け取ってくれたのだとか。

さすがに旦那のようなやり方はおすすめ出来かねます。

オワハラをなくすのは結局自分次第!

人は困った時誰も助けてくれません。

自分で行動しない限りは何も変わる事はないでしょう。

誰かがやってくれる、奇跡がおきて欲しいという甘言も所詮は戯言でしかないのです。

奇跡というのは何もしない人間には起こしてくれません。

奇跡というものは自分で起こすものですからね。

オワハラも自分一人で抱えていてもどうしようもないです。

自分自身で何とかするしかありませんよ。

全ては自分次第だと思って下さい。

行動を起こした人間にこそ、奇跡はおきるものです。

しっかりしたビジョンを持って受ける

普段から自己をしっかり保つようにしておきましょう。

しっかりしたビジョンがあれば、他者の言葉に屈する事などありません。

自己認識が低いと簡単に他者の言葉に惑わされてしまいます。

特にオワハラは圧力そして圧迫をかけてくるので、しっかりしたビジョンを持っていないと簡単に心がゆらいでしまうのです。

心がゆらいだ瞬間は負けだと思って下さい。

それは相手側にも伝わります。

ただいくら相手側でもしっかりとしたビジョンを持って受けていると伝われば、オワハラをしても無駄という事を悟るでしょう。

困った時ほど自分の目的を見失わず、認識を改めるようにすれば上手く行きますよ。

言いたいことをハッキリと伝える

私は今まで自分の言いたい事はほとんど我慢していました。

我慢していた方が他の人のためになると思っていたからです。

自分さえ我慢すれば良いという自己犠牲に陥って、生き急いでいました。

しかしそれは大きな間違いでしたね。

自分を抑えていても良い事はありませんし、何より自分というものを保てなくなってしまうからです。

人はどんなに自分に嘘を付いていても、いつかはボロがでます。

自分の意見ってちゃんと言えていますか?

嫌な事は嫌と言わない限り、相手はつけあがるだけです。

自己犠牲をしても誰も喜びませんし、偉いなんて言われる事もありません。

勝手に自分がしているだけですからね。

オワハラをしている企業からすれば、何も言わない人間は良いカモにしか過ぎませんよ。

自分の意見を言って相手にどう思われるかが重要なのではないです。

大切なのは自分がどうしたいかが問題なのですからね。

言いたい事はハッキリ言って大丈夫です。

相手にどう思われようがそれ以上関わる事もありませんし、嫌な対応を取ったとしてもその場限りなので気にする必要も一切ないです。

むしろ言いたい事を言えない人の方が、色んな人を巻き込んでしまう事があるのでそちらの方が嫌がられますよ。

人に迷惑をかけるのが嫌だと思うのであれば、自分を貫き通しましょう。

諦めも必要

人間は諦めない粘り強さも大切ですが、時には綺麗さっぱり諦めてしまう事も必要ですよ。

就活生にとって最も欲しいのは内定です。

それをちらつかされてしまうと心が揺れてしまうのは当然でしょう。

しかしその内定が欲しいために自分のやりたくない事や、他の企業を諦めろと強要される事は余計なお世話でしかありません。

ここでよくあるのがせっかく面接を受けて内定がもらえたんだし…と考えてしまう事なのです。

確かに就活自体時間も気力も使いますし、正直に言うとしんどいものです。

他の企業を受けても受からない可能性だってもちろんあります。

内定をもらえたからもう良いかなという気持ちが6とすると、止めた方が良いのかなと考えている気持ちが4だとすると気持ちがどうしても定まる事が出来ません。

人は誰でもしんどい思いをするのが嫌ですし、出来たら楽したい思っているものです。

なので内定をちらつかされてしまうと心が揺らいでしまうのは仕方がない事なのですが、ここで妥協してしまうと負けだと思っておいて下さいね。

人間は甘えたら負けなのです。

例え内定をもらえたとしても、自分の心が迷ってしまっていたら止めておく事に損はしません。

大体迷った時の決断って基本的に失敗しますよね。

迷った時の感情は大半不安でいっぱいなので、失敗する率が高くなってしまいます。

そういう時ほど後から止めておいた方が良かったと後悔する事ばかりなんです。

ケースバイケースとして諦める事は決して悪い事ではありません。

オワハラを訴えるのもあり

オワハラは立派な精神的苦痛を与える行為です。

最近ではオワハラを訴える人もいます。

しかし訴えるにしてもただ訴えるのでは意味がありません。

全ては証拠がないと何も始まりませんからね。

以前某議員が秘書に誹謗中傷そして暴力を奮っている場面をボイスレコーダーで録音したというニュースが話題になりました。

そのニュースのように相手の言っている事を全て録音しておいた方が良いでしょう。

そのような証拠がない限り、相手は知らないそんな事を言っていないと言われてしまったらおしまいです。

もしくは他に同じような目に合ったという人がいれば、その人と一緒に協力してオワハラを訴えても良いでしょう。

人は数には敵いませんからね。

もしかしたら損害賠償を取れる所か、ニュースにまで取り上げられるかもしれません。

就職は個人の自由

そもそも就活は誰のためにやっているのでしょうか?

親や学校の先生のためではなく、自分のためですよね。

将来就きたい仕事ややりたい仕事を決めるのは全て自分自身です。

それは誰にも言われる権利はありませんし、好きにしても構わないと思います。

就職は本当に個人の自由の上に、ましてやそこまで親しくもない上にオワハラを強要してくる愚かな企業先にとやかく言われる権利も筋合いなんかもありません!

何を言われようが気にしなくても大丈夫ですよ。

就職というのは本当に大事なものです。

自分に合った職場なんていうのもありませんし、人間関係が複雑な場所もあります。

しかしそれでも自分がここが良いと納得した上でない限り、もやもやとした後腐れが酷くなるでしょう。

後で後悔する事は誰にでも出来ます。

そうならない為にも自分の本当に行きたいと思う企業を選択しましょう。

オワハラは一人で抱え込まないで

誰もが誰もオワハラに立ち向かえる訳ではありません。

やはり言えない人もいますし、誰かに相談しようにも出来にくいという人もいます。

特に人に相談するのが苦手だったり、心配をかけたくないという気持ちが強い人ほど抱え込みやすくなってしまうのです。

就活では悩みが尽きないのも事実ですが、抱え込めば良いという訳ではありません。

就活うつになってしまう人もいますし、最悪ニートになってしまうという人もいるくらいですからね。

人生においてそうですが、悩みを一人で抱えていれも何も解決はしません。

解決したいと思うのであれば、何とかするために立ち上がってみましょう。

ほんのちょっとの勇気で良いのです。

何も難しい事はありません!

信頼できる友達や先輩に相談しよう

自分一人で抱えず信頼できる友達や先輩に相談してみて下さい。

友達や先輩なら親身になって相談に乗ってくれるでしょう。

同じ就活生なら愚痴を言い合う事も出来ますし、先輩は良いアドバイスをくれるケースもあります。

困った時は友達や信頼出来る人を頼りましょう。

友達は都合の良い時にいるのではありません。

困っている時に支えてそして支え合うのが本当の友達です。

同じ就活生の友達なら色んな企業の情報交換が出来ますし、先輩は就活の経験をしているので自分の体験談を教えてくれるでしょう。

親や先生に聞いてみるのもあり

友達や先輩以外に困った時に頼れる味方と言えばやはり親、そして学校の先生ですね。

オワハラによっては親や学校を巻き込むケースも多々あります。

例えば内定を断ったら学校に悪い生徒だとクレームを入れてやるぞとか、もし企業先が親との繋がりがある所だとそれを盾に脅しにかかってくる可能性も十分ありますからね。

家族は友達以上に近い存在なので、やや偏った意見をしてくるかもしれませんが、あなたの事を思っての答えをくれるでしょう。

過保護な親であれば現在オワハラにあっている事を伝えると、そこの企業に連絡をするかもしれません。

もし自分では言いにくいのであれば、頼っても良いと思います。

酷い場合だと家に電話をかけてまで脅迫しにくるので、家族にも被害が被る可能性があります。

相談ではなくとも先方から電話をかかってくる可能性を考慮して、家族に伝えておくのも良いですよ。

学校の先生は親や友達と違ってそこまで親身になってくれる訳ではありません。

人によっては自分で何とかしろと言われてしまう可能性が高いです。

ただオワハラの内容によっては学校を巻き込む事もあるので、一応話しておいた方が良いでしょう。

後々になって企業さんがあなたのせいで、来年からうちの学校の生徒の申し入れはしないと言って来たといわれてしまったというケースが実在しています。

先生からしてみれば何とも言えなくなってしまうので、味方をしてもらえる確率は低くなると考えて下さい。

先生には報告がてらこんな事がありましたくらいで言っておくべきですね。

オワハラは自分の意志次第!就活は本人の自由だ!(まとめ)

就活は自分のやりたい様にやれば良いのです。

確かに世の中には良い会社や良い待遇なんてある所はほとんどありません。

しかし自分で決めた事には大きな価値があると思っておいて下さい。

大切なのは自分がやりたいかやりたくないかなのです!

就活を無理やり終わらせて自分の所に来させるというやり方はあまり良いものではないでしょう。

ただ全てが全て悪い訳ではないので、良心的な所も存在はします。

脅迫型オワハラについては、面接をした人のお偉いさんに直接話してみましょう。

基本的には会社全体ではなく、その人が勝手にしているケースもあるので、来年からは止めてくれると思いますよ。

自分が泣き寝入りするよりも、相手に倍返しするような心構えが重要です!

そもそも上司ですらないのに偉そうに指図される言われはありませんからね。

オワハラに負けず、自分のやりたい仕事に就いて下さいね。