CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

彼氏が急に気持ち悪いと思ってしまう14個の理由。別れる前に試したい対処法もご紹介


最初は大好きだったはずの彼氏。なのに急に気持ち悪いと感じてしまって悩んでいる方はいませんか?生理的な気持ち悪さを感じてしまうと、その気持ちをごまかすのも難しいもの。なぜ急に彼氏を気持ち悪いと感じてしまうのでしょうか。今回は、彼氏が気持ち悪いと感じる14個の理由と対処方法についてご紹介していきます。長い間付き合ってきた彼氏であれば、気持ち悪さを感じてしまっても情はあるもの。はっきりとした原因や問題が分かっているのであれば、関係を見つめなおし別れを判断する前に彼氏ときちんと話し合って自分の気持ちを思い切って伝えてみるのも良いかもしれませんね。

この記事の目次

彼氏が気持ち悪い…それってどんな瞬間?

あなたは、今現在、ちょっと前まではだいすきだと感じていた彼氏に対して「気持ち悪い」と感じてしまっているんですよね。何をされても、一緒に何をしていても気持ち悪いなんて感じることがなかった相手なのに急にそのような気持ちが芽生えてしまうとびっくりするとともに、この気持ちをどうしたらいいのか、そしてこのままお付き合いを続けていくべきなのかどうかなんて悩んでしまうものです。

あなたは、いったい彼氏のどんな面を見て、どんな瞬間を見て「気持ち悪い」と感じるのでしょうか。その気持ち悪いと思う瞬間は人それぞれです。きっとどうしようもないもやもやした気持ちに悩まれていることでしょう。

でも、もう大丈夫!あなたがどうして彼氏のことを気持ち悪いと感じてしまったのか、その理由さえはっきりさせることができれば前に進んだも同じこと。その理由によっては、別れるほうがあなたのためにも、相手のためにもなるなんてこともありますが、まずはあなたがどんなときに彼氏を気持ち悪いと感じてしまうかをイメージしてみましょう!

その瞬間を思い出すだけでも、身のよだつ思いにかられてしまうことでしょう。そこまでに気持ち悪いと思ってしまう理由をしっかりと見直すことからはじめましょう。

どんなにかっこいい彼氏でもいつかは飽きられる?

あなたは、「相手に最初に飽きられると思ったのに私が先だった」と驚いているかもしれません。特に誰もがうらやむようなイケメン、かっこいい彼氏、なにも文句をいうことのない人とお付き合いすることが出来ていると、「相手に捨てられてしまうかもしれないな」という気持ちが強く出てくるものです。

嫌われないためにオシャレをして、それでメイクもがんばって、自分磨きもしてきた・・・という方もいるのでは?しかし、相手が飽きるよりもあなたが飽きるほうが速かったんですよね。きっとそれは彼氏もあなたも誤算のうちでしょう。

どうして気持ち悪いの?どうしてこんな風に感じてしまうようになってしまったの?なんて自分を責めないでくださいね。

人間はいつまでもおなじことを考えることは出来ない生き物なんです。詳しい理由などは、これからお伝えしていきますが、全てに関連するものとして「あなたが精神的に成長したから」という理由があてはまるでしょう。

それにどんなにかっこいい彼氏でもいつかは飽きられるかもしれない…。だったら私から別れを告げてしまったほうがイイのかもしれない、なんて自己防衛に走ってしまったのかもしれません。

そのように自分が相手にふられて傷つく前に別れを切り出したいけれども切り出せない。そんな気持ちから、あなたの深層心理が相手を気持ち悪く思わせてしまっているのかもしれません・・・。

といいましても、彼氏のことが気持ち悪いと感じているすべての人にこれがあてはまるってことではないんですよね。もっと詳しくその理由や原因を見ていきましょう。

突然好きな彼氏を気持ち悪いと思ってしまう理由14個

数日前までは、前回デートしたときまでには「だいすき」という気持ちでいっぱいだったのに、今日会ったら突然「気持ち悪い」と感じてしまったんですよね。でも、相手を気持ち悪いと感じてしまうような理由が思い当たらないと、どうしてこんな気持ちになっているのかといつまでもモヤモヤしてしまうことでしょう。

しかし、そのように一人でもやもやしていても何も解決しません。それどころか大好きだった彼氏のことをもっと気持ち悪いと感じてしまうかもしれません。

ではいったいあなたはどうして、急に彼氏のことを気持ち悪いと感じてしまうようになったのでしょうか?ここでは、その理由をお伝えしていきます。それも14個もあるので、きっとあなたの心に当てはまるケースがあるはずです!さっそく見ていきましょう。

1.他に良いと思う男性が現れた

あなたは、彼氏のことが大好き”だった”けれども彼氏とお付き合いしている最中にもっと魅力的な男性に出会ってしまったのではありませんか?好きな人です。

彼氏がいるのにすきな人ができるっていうのは少しおかしいかもしれませんが、彼氏がいるけれどもなんだか気になってしまう存在だとか、いつも連絡をとりあっているような男性がいるはずです。あなたは、知らない間にその男性に心を奪われてしまったんですね。

この世の中には、器用に多くの人をいっぺんに愛することができる人もいます。しかし、あなたはそのタイプではなかったようです。なぜならば、他の少しでもよいと感じられるような男性にめぐりあったことで現在深い仲を築いている男性に対して、気持ち悪さを感じているからです。

このような場合、その新しくできたすきな人への気持ちをなくすことができなければ、いつまでも現在の彼氏への気持ち悪さは残るでしょう。それどころか新しいすきな人のことをどんどん好きになればなるほど、彼氏のことが嫌いになり、さらに気持ち悪くなっていくはずです。

それってひそかに新しくできたすきな人と彼氏のことを比べているってことになるんですよね。あなたは、「この人はこんなことまでしてくれるのに、それに比べてウチの彼氏は…」なんて感じたことがあるのではありませんか?あなたの心はそこまで色々なものを抱えることが出来ないということなんですよね。

2.彼氏のマイナスのギャップを感じた


大好きな人とはいえ、よいところもあれば、悪いところもあるのが人間です。しかし、そんな悪いところまでも受け入れることが出来るからこそ”大好き”のはず。

それなのに、これまでには見たことのなかったような彼氏のマイナス面をみてそれでギャップを感じてしまうこともあるはず。いつもはニコニコ優しい彼氏だったのに、ちょっとしたことでブチ切れられたら「え、こんな顔があったの?」なんて驚いてしまいますよね。

これは一つの例ですが、このように彼氏のマイナス面といつもの姿にギャップを感じてしまっているんです。最初のうちは「ああ、こんな性格もあるのね」と受け入れようとするのですが、受け入れがたい性格だったりすると一緒にいるのを苦痛に感じるようになりますよね。

またいつそのマイナス面を向けてくるのか分からないという恐怖、そしてそれによって精神は安定するどころか不安定になるもの。そのため、あなたの心の中は「この人と一緒にいないほうが命の安全を確保できる」と考えるようになります。その結果、あなた自身の防衛反応として、自分を守るために彼氏を気持ち悪いと感じるようになるんです。

気持ち悪いと感じる人に対して自分から寄り添ったり、会いたいという気持ちには誰もならないですよね。彼氏の悪いところを受け入れるあなたではなかったから、今気持ち悪いと感じているんです。

3.彼氏が浮気していることが発覚

大好きで心から信じていたはずの彼氏に裏切られてしまうと、とても苦しい気持ちになりますよね。相手からは「浮気だし、もうやめた」といわれて反省している姿をみて、最初のうちは「このままやり直せるかもしれない」とやり直す気持ちで向き合ってきたかもしれません。

しかし、その浮気していた彼氏がキスをしようとしてきたり、体の関係を持とうとしてくると「こんなことを浮気相手ともしていたんだな」という気持ちが浮かぶようになります。そうするととても汚らわしいものに感じてしまうんですよね。

そんな他の人を触った手でふれてほしくないし、信じてみようと決心したもののやはり信じることが出来ないんです。そのような心理から彼氏のことを気持ち悪いと感じるようになることも。

最初のうちは、そんなことを考えながらも「一緒にいることができて幸せ」なんて思えるんですが、最終的には「汚らわしいもの」としか思えないんですよね。そのような気持ちは必ず消える保証はありません。その行動とその映像がリンクしてしまうので、これからもずっとお付き合いしていかなくてはいけないでしょう。

4.もともとそんなに好きではなかった

大好きだと思って付き合っていたけれども、本当はその相手のことを好きではなかったというのはよくある話です。イベントごと(クリスマスやバレンタイン)などの雰囲気にのまれて、なんとなく相手のことがかっこよく見えてしまってそれで付き合ってしまった、最初のうちはその”まやかし”にだまされて好きでいることが出来ていたかもしれません。

しかし、かけられた魔法というのは誰でもとけてしまうものなんです。まるでシンデレラが深夜12時になると魔法が解けるように。

まさにあなたは、その魔法が解けてしまった状態になっています。もともとすきではなかった本当の気持ちに気づいてしまっただけなんですよね。

もしかしたら、”恋愛としてのすき”ではないからこそ、その現在の彼氏とキスやそれ以上のことをするなんて考えられなくなり、自然と必然的に”気持ち悪い”と感じるようになってしまったんです。キスやそれ以上のことって、好きな人以外には「したい」なんて思うことなんてほぼないですよね。だからこそ、気持ち悪いと感じるようになって当たり前なんです。

5.長年連れ添った夫婦のような感覚


長い間お付き合いをしている2人であれば、お付き合いを始めた頃の”新鮮さ”がなくなっているのかもしれません。ずばり、長年連れ添ってきた夫婦のような感覚になってしまっているのでしょう。

「相手に少しでももう少し可愛いと思われたいからオシャレしよう!」とか「相手が喜んでくれている姿を見たいから何かしてあげよう」なんて気持ちがなくなってしまっているのではありませんか。それって、相手にいい意味で気を使わなくて済むようになったということでもありますが、お互いにとっては新鮮味にかける関係に変化してしまったということなんですよね。

誰もがいつかは長年連れ添ったような夫婦のようになりたい!そう思っていることでしょう。しかし、お付き合いしている頃からそのようになってしまう2人というのは、”遅い春”と呼ばれるように結婚が遅くなってしまったり、さらには結婚という話が出る前にお別れになるケースがとても多いんです。

そしてずっと一緒にいて相手の悪いところを見ていたからこそ、それについて”気持ち悪い”と感じるようになってしまったのかもしれないですね。まずは、あなたは「相手がいるのが当たり前」という気持ちを持っていないか自分の心を探ってみて。少しでもあてはまるのであれば、熟年カップルのようになってしまっているはずです。

6.体臭や口臭に幻滅した

たとえ大好きな彼氏とはいえ、清潔感は保っておいて欲しいもの。特に体臭や口臭というのは、ダイレクトにこちらに伝わってくるものなので特に気をつけて欲しいですよね。そのため、これまでにはまったく感じられなかったそれらを感じるようになってしまうと「ウゲッ」なんて感じて、これまで見えていた相手に見えなくなってしまうんですよね。

どうしてキレイにできないのかどうしてお風呂に入っていないのか?そもそもその口臭でよく私の前にこれたな・・・なんて相手を”けがらわしいもの”として見るようになってしまいます。

どんなに長い付き合いになったとしても、清潔感はお互いのためにも自分のためにも保っておくべきなんです。そんな相手の”におい”から気持ち悪く感じているのでは?

それに本当の運命の相手というのは、そんな体臭までも好きになれる人のはず。その今の彼氏は、運命の人ではないのかもしれません。

7.彼氏のカッコ悪い部分を見てしまった

いつもかっこよくて完璧で・・・なんて彼氏のことを見ていると、少しでもかっこ悪いところを見てしまうとそれだけで彼への評価が下がってしまうものです。とくに相手の見た目にこだわるとか、理想像が高い女性ほどこの理由で相手の男性のことを”気持ち悪い”と感じやすくなる傾向があります。

だって、そんなかっこ悪い姿の相手は、私の彼氏のはずじゃないんですもん。それにどうしてそんなところでヘマをするの?普通の男性だったら普通にやりこなせるのに・・・なて、彼氏の悪い部分を周りの男性と比較してしまうなんていうことも。

もうここまできてしまうと、彼氏がどんなにがんばってもあなたは彼氏を見る目を変えることができないはず。”レッテル”を貼ってしまった状態になるんです。

8.付き合い当初と比べて劣化した

お付き合いしはじめたときには、お互いにきれいでかっこよくて今よりも確実に若かったハズ。しかし、付き合い当初に比べて”劣化”が極端に現れると「好きになった人ではない」と認識するようになるなんてことも。

あなたの彼氏は、御付き合い当初に比べて雰囲気からなにからなにまで変わってしまったのではありませんか?人間は、いつでも進化し続ける生き物です。そのため、変わっていくのは当たり前。

でもそれを受け入れることが出来なかったんですよね。反対に、男性が彼女にゲンメツする理由のひとつにもこの「劣化」があげられるのはあなたもご存知でしょう。彼氏や彼女にあきられないために男女ともに、自分磨きを怠れないってことなんですよね。

太ったはよくある幻滅パターン

太ったことに対して幻滅する人は少なくありません。男性は、ちょっと気を抜いただけで(ダイエットの知識があまりないので)すぐに太ってしまうんですよね。でも改善しようとしないために、気づいたらぽっこりお腹になっているなんていうことも。

あなたの彼氏は太ってしまったのでは?魅力を感じないかもしれませんが、ダイエットをサポートしてあげるなんていうのも手段なんですよ!

9.彼氏が自分のことを好きすぎて重くなった

誰かと両思いになれるということほど、素敵なことはありません。お付き合いを始める前だとか、お付き合いを始めたときには相手からもすきでいられていること、そして自分も相手をすきな気持ち・・・それがあってとても幸せなんですよね。

しかし、時に二人の愛情の度合いに差が出てしまうことがあります。ずばり、自分よりも彼氏の愛情が大きいと感じてしまうケースです。

その気持ちを抑えてくれていればいいのですが、主張してくる男性も少なくありません。その結果、相手からの過大なアピールやかまってアピール、そしてベタベタしてくることに気持ち悪く感じるようになってしまうんですよね。

男性であっても、「この人しかいない」と一人の女性しかみえなくなると、周りが見えなくなってしまうことがあります。そういう場合には「相手がどう思っているか」なんて考える余裕はないんですよね。「愛するより愛されていたほうが幸せになれる」なんて言葉もありますから、その言葉を信じてみるのもいいかもしれません。

10.彼氏に清潔感がない

さきほどもお伝えしましたが、彼氏に清潔感がないとそれだけで人として見れなくなってしまうものです。「私はそんなに大事にされていないのかな」と考えるならまだよいほうで、最終的にはその”汚い”姿を見て不潔だと感じるようになってしまうんですよね。

少し清潔にするように(床屋にいく、洋服をかえる、掃除をするナド)催促してもその効果を得ることが出来なかったとき、その気持ちは最高になるでしょう。キレイにしようとしない人と一緒にいて、自分までも汚い人と思われることほど嫌なことはないはず。

11.体の相性が合わない

大好きな彼氏と体の関係になれるだけでもとても嬉しいものです。しかし、どんなに大好きな彼氏であっても体の関係があわないとそれだけで気持ちがさめてしまうことがあります。

密なコミュニケーションをとることができないからなんですよね。それに体の相性というのは、その他の面でどんなに仲良しでも改善することができません。相手にテクニックを磨いてもらうしかないんですよね。しかし、そんなことをする男性ではないと、そのままの体の関係を維持することに。

そのままでも大丈夫なカップルもいますが、体の関係をもつときだけものすごく彼氏を気持ち悪いと感じてしまうなんていうことも。大人であれば避けて通れない道だからこそ、それに「こんな気持ちよくないものをしたくない」という心理で全体的に気持ち悪く見えるようになるんです。

12.彼氏に常識がないことを知った

どんなに大好きな気持ちのある彼氏であっても、その人に常識がないということを知ってしまうとそれだけで気持ち悪い存在に転身します。

というのも、人としてできて出来て当たり前のこと、普通であればしないことを何も考えずにやってのけるその姿は、「どうしてこんな人と付き合っているんだろう」と過去の自分を悔やむことさえあるでしょう。自分の常識は、他人の常識とは違うとはいえ世間一般の常識を守れない人と一緒にいるのは、苦痛だと感じるんですよね。だって別世界の人ですから。

13.マザコン、シスコンなど許せない部分がある

彼氏がマザコンだったり、シスコンだったりすると「自分よりもそちらを大切にしているのではないか」と不満を隠せないですよね。

だって、自分とデートしてくれるはずだったのにお姉さんやおかあさんとの約束をとられてしまうのですから。そんな彼氏のことを最初のうちは許せるのですが、年月がたつとそれが容認できなくなり、「大人になってまでも家族にいちゃついている姿」に対して気持ち悪く感じてしまうんです。

その姿を見なくても、そうしている姿を想像してしまうのでいつでも気持ち悪いと感じます。

14.マニアックな趣味があると知った時

アニメ、アイドル、鉄道・・・などなど女性ではあまり理解できないようなマニアックな趣味があると知ると、これまでお付き合いしていた彼氏として相手をみることができなくなってしまうはず。特に女装やコスプレの趣味があることで別れを決意した女性は少なくありません。

別れる前に!気持ち悪い彼氏に対する的確な対処法

これまでに彼氏のことを突然に気持ち悪いと感じてしまうようになった理由をいくつかお伝えしてきました。

あなたが「気持ち悪い」と感じるようになった原因も、そのなかに含まれていたのではありませんか?その理由がわかったところで、これからどのように彼氏と向き合っていけばいいのかわからないはず。だって、気持ち悪くて一緒にいるだけで精一杯なのですから。

そんなとき、頭の中に浮かぶのは「別れる」という選択肢ですよね。でも、そのままで別れてしまっていいのでしょうか?

もしかしたら、そのままお付き合いすることもできるかもしれないんです。では、どのように気持ち悪い彼氏に対応していけばいいのか、そしてどのような場合に別れるべきなのかをお伝えしていきます。

直せるかどうか聞いてみる

あなたが彼氏に対して気持ち悪いと思っていることをずばりというのではなく、その気持ち悪いと思うようになってしまった点を「直せるのかどうか」とたずねてみてください。その点を直してもらわなければ、あなたは彼氏のことを気持ち悪いと思ったままになってしまいます。

もしも、彼氏が直せるというのであればこのまま御付き合いを続けてもいいでしょう。しかし、直せないというのであればお互いのためにも別れた方がいいかもしれません。直すというウソをつく人もいるので、その言葉を見た後は”猶予期間”で様子をみてみるべきでしょう。

どうして気持ち悪いと思うのか考える

さきほど彼氏のことを気持ち悪くなってしまう理由のいくつかをお伝えしました。そのなかにあなたの気持ち悪いと感じている理由が入っていなかったかもしれません。

そんなとき、どうして彼氏のことを気持ち悪いと感じてしまうのかとことん考えてみてください。彼氏に対して気持ち悪さを感じることに嫌悪感を抱いているかもしれませんが、いったんそれを捨てて。

そうすると「あの時のあの瞬間のアレだ!」なんて思い出せるはず。その理由に対して、アナタが今何をできるのかまでも考えてみるといいでしょう。

許すことはできないか考える

ずばり、その気持ち悪くなった理由に対して「許せる」かどうか自分にたずねてみてください。しかし、今現在「気持ち悪い」と感じてしまっているということは、それが許せないと心のどこかで感じているからなんですよね。

カップルというのは、もともとは他人が一緒になるということであり、別々の価値観を持った人が一緒にやっていくということです。このような関係で御互いの相違点を許しあえないのであれば、それこそ御付き合いはやめたほうがいいでしょう。

あなたは、その問題点を許すことが出来ますか?

問題点をやんり伝える

大好きな彼氏、いろんなことをしてくれる彼氏に気持ち悪くなってしまった理由を伝えるのって難しく感じるもの。しかし、相手は気づいていないからこそそのように振舞ってくるわけです。

単刀直入に伝えることが出来ないのであれば、問題点をやんわり伝えるようにしてみて!それだけでも相手は察して、直してくれるかもしれません。

とにかく我慢して付き合う

大好きな彼氏と気持ち悪いと感じたとしてもいつまでも一緒にいたいと思っているのであれば、とにかく我慢してみましょう。我慢することであなたがその問題点を受け入れることが出来るかもしれませんし、ひょんなことがきっかけで彼氏のそれが改善するかもしれません。

しかし、いつまでも我慢し続けることになる可能性もあるので見切りは早めにつけましょう。

一旦、彼と距離を置いてみる

気持ち悪いと思うと一緒にいるのも連絡をとるのも気持ち悪いと感じてしまうもの。だったら距離を置いてしまえばいいんです。相手はその理由を聞いてくるはずですからしっかり伝えて。そうすれば距離をおいている間に改心してくれるかもしれません。

どうしても気持ち悪いなら別れるのもあり!

気持ち悪い彼氏への対処方法をお伝えしましたが、どうしても気持ち悪くて剃れどころではないってこともありますよね。そんなときは、無理してお付き合いを続行しなくてもいいんです。

そもそもカップルになるということは、お互いを成長させるための関係になるということ。それができないのであれば、一緒にいる必要はありません。では、そのような場合にどのように別れればいいのかお伝えします。

少しずつ距離を置いていこう

すぐに距離を一気においてしまうと相手は不審に感じるかもしれません。そのように思われないために、徐々に距離を置いていきましょう。相手にばれないように、そして相手が後になって「あのときから距離を置かれていたんだ」とわかるように。

わざと嫌われ役を演じる

また、相手に嫌なところを伝えて別れるのが嫌だと感じているのであれば、あなたが彼氏に嫌われるような役柄を演じるのもアリです。うまくいけば、相手からふってくれるかもしれません。そうしたら少し心に傷は残りますが、自分で伝えるという手間がはぶけます。

最後は感謝の気持ちを込めて別れを告げよう

どんな別れ方をするにしても、最後には必ず感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。あなたは、これまでにたくさんの経験を彼氏としてきたはずです。

それによって嬉しい気持ちになったり、さらには見たことのなかった景色を見ることが出来たでしょう。その点に関しては気持ち悪さとは別に感謝しているはず。その気持ちは伝えなければ伝わらないので、必ず伝えるようにしてくださいね。

まとめ

今回は、突然彼氏のことが気持ち悪いと感じてしまったときの理由やその対処方法についてお伝えしてきました!いかがでしたか?

大好きなはずの彼氏のことを気持ち悪く感じるなんて、自分でも驚いてしまいますよね。しかし、それってあなたと彼氏の関係のターニングポイントなのかもしれません。そのポイントでしっかりと御互いの関係を見直し、これからのよりよい人生を生きるために活用してください。

ページトップ