CoCoSiA(ココシア)

ひけらかす人の9個の特徴とそれがあまり良く思われない理由とは


ひけらかす人は皆さんどう思いますか?

世間ではひけらかす人はあまり良くないとされています。

今回は、そんなひけらかすこととはどういうことなのか、ひけらかす人の特徴と良く思われていない理由についてご紹介していきますね。

ひけらかす人は良くない?

ひけらかす人は良くないのでしょうか?

ひけらかすことについて少し詳しくご紹介していきます。

まずはひけらかす人の特徴から見ていきましょう。

ひけらかす人の9個の特徴

ひけらかす人には多くの特徴があります。

その中から今回は9個の特徴についてご紹介していきますね。

人より優位に立ちたい

ひけらかす人はなぜひけらかすのでしょうか?

その理由は簡単で人よりも自分が優位に立ちたいからひけらかすのです。

人よりも自分の方が優れているとアピールすることで自分の優位性を保とうとしているんですね。

誰しもが人よりも優位に立ちたいと思っています。

しかしこの人よりも優位に立つ方法は数多くの方法があるのです。

このひけらかすことによって自分が優れているとアピールする方法や他人を陥れて自分よりも低い評価と思わせる事で自分を優位にする方法。

努力や頑張りで自分の優位性をアピールする方法など沢山あります。

このひけらかす方法で優位を保つ方法も悪くはありませんが方法次第で良くない方法となってしまいます。

例えば適度なひけらかしであれば「そんなこともできるんだスゴイね」で他人よりも優位性を保てて尊敬される頼られる存在としてアピールすることができます。

しかし、ひけらかしが過ぎてしまうとまた?と鬱陶しく思われてしまったり本当にできるの?と疑われてしまう可能性もあります。

場合によってはひけらかしによって優位性を保つどころか自分の立場がどんどん悪くなってしまう可能性すらあります。

ひけらかしで優位性を保つ場合には適度なひけらかしでアピールするようにしましょう。

そうすることでひけらかしもひけらかしととらえられずに尊敬に変わりますよ。

適度なひけらかしで自分の優位性を確保して下さい。

人に評価されたい

ひけらかす人は他人に評価されたいためにひけらかしをおこないます。

人から評価されるためには自分が如何に優れているのかアピールする必要があります。

実際に何かをしてアピールすることも評価される対象ですね。

しかし、何か素晴らしい事をしたとしても人に見られたところでしなければ人から評価されることはありませんね。

後からあの人がやったんだよって人に評価されることをしていたらいずれ評価をされるのですがひけらかす人は何かをした際にすぐに評価をしてほしいのです。

その為に良い事をしたと自分が思ったさいには自分から「アレしといたから」「アレ私がやったんだよ」なんて人にアピールをします。

残念ですよね。

自分から人にアピールをすることで折角の良い事も価値が下がってしまいます。

人から言われてこそ価値のある事なのです。

自分がやったんだよとひけらかすことはあまりお勧めのひけらかしではないですね。

さらに言ってしまうと自分では良い事をしたと思っていることも人からしたらそこまでたいしたことでは無くて当たり前のことかもしれません。

そのやって当たり前のことを自分がやったんだよってひけらかすのは評価を上げるどころか逆に下げてしまう可能性もありますね。

人に評価をされたい場合には自分からやったよとひけらかすのではなく他人が思う良いことをして他人から言ってもらえるようにして下さい。

自分からひけらかすことは自分が損をしてしまう事に気が付いて下さい。

実はそのひけらかしはひけらかせていなく当たり前のことをアピールしている痛い人に思われているかもしれませんよ。

ひけらかしたいのであればそれとなく自分がしたと気づかせるぐらいにして下さい。

例えばお掃除であれば道具の片づけ肩を毎回同じにしたら「っあまたこの片付け方だからあの人がしてくれたんだ」と無言のアピールができますね。

このさりげないひけらかしが嫌われないで評価されるひけらかしとなります。

嫌われないように気を付けましょう。

自分に自信がないのを隠している


ひけらかす人は自信がない人が多いのも特徴です。

自分に自信が無いため自分を強く見せよう、良く見せようと思ってひけらかしてしまうのです。

自信がないからこそ何でもアピールして自分の存在を人にアピールするんですね。