現代社会では男女の平等が理想どおりに実現されているでしょうか。

男女平等にするために解決すべき課題はどうか気になります。

法の下の平等!

男女の平等は、「法の下の平等」の思想に根差し、男性と女性のジェンダーによって人権に差別をつけてはならないという重要な問題になります。

そこで男女平等の理由を確認したうえで、いまだ理想どおりにはされていない男女の平等を実現するためには、どのような壁を乗り越えなければならないかを探ってみましょう。

男女平等の理由を考えよう!

このテーマについて、日本国憲法14条1項は「法の下の平等」を定め、性別による差別を禁止していますし、民法2条は両性(男女)の本質的平等を宣言しています。

そうはいっても、現実の社会では、は未だに就職そのほかのエリアで、女性より男性が優遇されていますし、男女で均等な取扱を実現するために積極的な格差是正措置をとることが法規で規定されたりしています。

そうした実情とか、男女格差是正の規制がなされているのは、いまだに男女均等な取扱がなされていないエリアが残存しているからでしょう。

そこでもう一度、視線をデモクラシー国家における「法の下の平等」思想の原点に移して「男女平等の理由」を考えてみてはどうでしょうか。

男女平等の理由

まず「男女の平等」とはなんでしょうか。

それは「性別を意識しないでだれもが平等に社会に参加する機会を与えられる仕組み」といえます。

なによりもまず、国と都道府県市町村など地方自治体が性別によって国民や住民の扱いに差別を設けてはいけません。

もとより地方自治体以外の私人も性別によって差別してはいけないと解釈されます。

問題は、なにが「差別」にあたるのかです。

最高裁判決にもみられるように「合理的な差別」は許されるでしょう。

それでは、なにが「合理的差別」といえるのでしょうか。

これは、ジェンダーによって男性と女性をどのように区別し、女性の人権をどのよな形で擁護するかという、その国の政治体制に左右されてきた女性の人権史にかかわります。

そのうえ、人権の尊重を基調とする国でも、社会的な慣習などにより、男女の平等が遅れている国や地方公共団体もみられます。

このように、なにが「合理的座別」にあたるかは、時代とエリアによって変わります。

ですからケースごとに社会通念その他の総合的な資料によって判断するしかありません。

仕事で不利

男女の平等が問われる理由として、性差によって不利に取り扱われるケースが考えられませんか。

男女の平等が叫ばれるようになって、女性差別はなくなり、女性が働きやすい環境が整ってきているようではありますが、それでも、女性にとって不利な状況がみられます。

女性だからとセクハラの対象にされます。

セクハラされなくても、出産・妊娠の対応、時短勤務などの不利が残されています。

そのうえ、いまだに、男性優位の社会状況が継続されている現状です。

ときには、「男より仕事ができる」と叩かれるとか、叩かれながらも手腕を発揮してようやく管理職の主任になったものの、それ以上の昇進の途は閉ざされています。

男尊女卑の人事管理は解消されない状況です。

給料の額についても男女に差異が残されているようです。

入社が同期のおなじスタートラインなのに、仕事内容においても、男性が役職に早くつく状況が残存しています。

それどころか、女性は役職につくチャンスもない企業さえみられます。

女性が仕事で不利な状況は解消したいものです。

明らかに男性が上

男女平等の理由として「明らかに男性が優位に」扱われている社会的状況を考えてみてはどうでしょうか。

前のページで触れたように、給料の格差、昇進においても管理職につけないなど、女性は男性とは不利に取り扱われ、男性が上にたつ状況が改善されません。

現代の日本では、明らかに男性が上の実情といえましょう。

とりわけ、建設業界と広告業界では女性がきわめて不利で、男性社会とみられます。

裏取引をする企業とか、億単位の大金を動かす職場では、男性しか配属されません。

女性が嫌な思いをする


男女平等の理由として、性差により「女性が嫌な思いをする」ケースがあげられます。

なぜ女性には、「嫌な思い」が「好きな思い」に先行するのでしょうか。

理由は、「好きより嫌い」が記憶に残りやすい女性心理の仕組みにみられます。

男性と女性の心理で、大きく違う点を確かめてみましょう。

まず男性には嬉しい、楽しいなどの「プラスの感情」をともなうケースが印象に残りやすいのです。

これに対し女性には、辛い、悲しいなど「マイナスの感情」をともなうケースが強く印象に残りやすい傾向があります。

ですから、女性にとって嫌な思い出は、いつまでたっても嫌なまま記憶に残ります。

時間が経過すれば、嫌な思いがする気持ちは和らぎますが、嬉しい経験、楽しい経験があったからといって、嫌な思いは消え去ることも、忘れることもありません。

女性が経験した「嫌な思い」といえるのはどのような事情でしょうなか。

初めて駅のプラットフォームですれ違い、倒れかかった女性を若い男性が受け止めてくれました。

おかげで女性はケガをしないですみました。

そこで「ありがとうございました」と深く頭を垂れてから男性を見上げると、返事もしないで、
女性だからと馬鹿にしたような目つきで女性を見下ろしました。

女性は「嫌な思い」をしたにちがいありません。

女性がひとりでレストランに入っていきました。

空いている席に座り、メニューを告げたのに、いつまで経っても料理は届きません。

後から席に座った男性に料理が届いたのに、女性は後回しにされました。

男性の店員は女性だからと後回しにしたらしい。

女性は、くやしい思いをしたでしょう。

高齢の夫人が電車に乗り込んできました。

夫人はいつものように、優先席に近寄りました、そこには若い男女が座っていたので、仕方なく腰を延ばして吊革に手をかけるしかしかありませんでした。

そこへ胸に弁護士バッジを佩用した中年の男性が現れると、若い男女は立ち上がり、弁護士に席を譲りました。

弁護士は座りましたが、白髪の夫人をみると、これはどうもと、席を高齢の夫人に譲りました。

夫人は恥ずかしい思いをして、何度も頭を下げ、優先席に座りました。

女性の老婆だからと座別され、さぞ、恥ずかしく、嫌な思いをなさったでしょう。

いずれにしても、女性だからといって、差別し、嫌な思いをさせる行為はおすすめできません。

男性も息苦しい


男女平等の理由として、「男性の息苦しさ」が考えられるでしょうか。

男女の平等が徹底されていないエリアでは、女性が嫌な思いをするケースがあるかもしれません。

しかし、男女平等を強調すると、男性も息苦しくなりはしないでしょうか。

あまりにも男女平等を強調すると、女性だけでなく、男性も息苦しくなりはしないか、気になります。

たとえば、徹底して男女平等になったとしたら、出産のできる女性に対し、男性はその役割上において、肩身の狭い思いをするでしょう。

腕力だけがものをいう時代は過ぎ去り、男性の役割は必要なのかと問いたくなる社会になりかねません。

これに対し、男女平等を徹底すると、女性は出産・子育て・仕事をすべてこなすことが必要になってしまいます。

たしかに平等の世の中になったので、子育てとか家事などは、男性が手伝うこともできますが、平等となっても、なすべき家事の役割上からみると、出産からの流れで女性が家事育児を担うことが多いはずです。

そうすると、子育てだけでも大変なのに、家の外の仕事まで女性が受け持つのは、むりの状態ともみられます。

この状況を見れば、男性も息苦しくなります。

男女平等という原理は、女性の社会進出のためにたしかに必要ではありますが、男女という肉体の構造、本来の役割まで無視し、すべての社会面で平等にしてしまうことは、男性と女性の両性ともに苦労を増やすだけではないかと気になります。

そうすると、男女の平等原理を尊重しながら、個別的な家族集団の具体的な現況を考慮して、男性の息苦しさだけでなく、女性も息苦しくならないような役割分担を工夫して円満な幸福を勝ち取るようにしましょう。

社会的なバランスが保てない

男女平等の理由として「社会的なバランスが保てない」という状況が気になりはしませんか。

旧来の発想によれば「男性は社会にでて働き、女性はうちにいて育児はじめ家事を受け持つ」のがあたりまえでした。

ところが、男女平等の思想によって女性も社会に進出するとなれば、旧来の発想が崩壊してしまいます。

そこで、社会における仕事と生きるための家事などの生活の調和がクローズアップされています。

現実の社会では、仕事と生活を両立させにくくなっているからでしょう。

社会における仕事は、人間の生活を支え、生きがいや喜びをもたらすエネルギー源ですが、それとともに、家事、育児のほか近隣との交流などの生活も充実させる必要があります。

しかし、現実の社会には、安定した仕事に就けないし、経済的に自立することができないケース、その逆として、仕事に追われるまま、心身の疲労から健康を害するとか、仕事と子育て、老親の介護などとの両立が困難な状況になっています。

ですから、多様な選択肢を可能とする仕事と生活の調和の必要性がクローズアップされてきたわけです。

仕事と生活の調和をはかる社会を形成するために、国民が個人的に努力しただけではどうにもなりません。

そうすると国や地方公共団体が推進する政策に頼るしかありません。

そうだとすれば国や地方公共団体は、人の働き方とか、生き方にかかわる旧来の発想を見直し、男女平等を促進する政策を打ち出すようにする義務があるといえましょう。

働きたい人が、その働き方を自由に選択できるような仕組みを形成できる政策を打ち出すよう切望します。

そもそも、生きている個人の持つ時間は有限ですし、従事する仕事と現実の生活との調和を実現するには、さらに個人の時間の価値を高めるとともに、安心と希望を実現できるような社会づくりが要求されます。

ですから、男女平等の理由として、「社会的なバランス」を検討するときにも、女性が育児、家事の役割を分担するとともに、できるだけ外にでて、「新しい公共」の活動などに参加できる機会を拡大する配慮が求められます。

実際には困難な側面もありますが、「社会的なバランス」を考慮しつつも、女性が社会に進出できる機会を増やす方向で生活上の工夫をされるようおすすめします。

要約すれば、「男女均等の推進」が重要という帰結になります。

男女均等の推進とは、男女の性別にかかわらず、その能力を発揮するための均等な機会が与えられる、男女の性別にかかわらず、そのエリアにおける評価や待遇について差別を受けないということです。

1985年に策定された男女雇用機会均等法が、日本における男女均等推進の明確なはじまりといえましょう。

この画期的な法律は、その後の時代の変化とともに、これに対応して改正され、求人のための募集はじめ採用、人員の配置、人事管理面での昇進など、すべての領域において、男女の性別を理由とした差別が禁止されています。

そして男女均等の推進には、均等を維持し、差別を禁止する側面のほかに、「現存する格差」を解消していくという側面もあります。

厚生労働省では、女性の能力発揮を促進するポジティブな取り組みを実践する企業を「均等推進企業」として位置づけています。

素晴らしい政策の展開として評価されます。

男女の性による差別の禁止が「均等」にあたり、男女の格差を解消するのが「推進」にあたります。

ふたつの側面を含めた合成語として「均等推進」というカテゴリーがうまれたわけでしょう。

どちらも含むものが男女均等推進という発想といえます。

ここにあげた原点に立脚してあらゆるエリアで男女平等が実現されるよう切望します。

男女平等で超えなきゃいけない壁

ここまでに、男女平等の根拠とされる理由として、仕事で女性が不利、明らかに男性が上、女性が嫌な思いをする、そればかりか男性も息苦しい、社会的なバランスが保てないなど、数個の理由を確認してきました。

それでは、これらの理由を考慮しながら、男女の平等を実現するにはどうすればよいでしょうか。

そのためには、平等の実現を妨げる障壁として、いくつかの壁を乗り越える必要がありますので、その壁を確かめてみましょう。

男女が受け入れる

男女の平等を実現するためには、まず基本姿勢として、相手を受け入れる姿勢が必要になります。

そもそも、「女は受け入れ、男は与える」といわれてきました。

両性の体質の性差に着目した提言といえます。

生々しい視点からすれば、男女間のセックスアクションの姿勢です。

けれども、男女の平等を論ずるシチュエーションにもあてはまりましょう。

その体質に視点をあわせれば、「男性は与える」、「女性は受け入れる」といえます。

まず相手のいい分をしっかり聞いてみてはどうですか。

それから話をまとめるようなスマートさが求められます。

いきなり、あれもダメです、これもダメです、と反論するのはおすすめできません。

女性は家事においても、仕事においても、男性を素直にうけいれましょう。

この基本視線は、男性においても重要です。

家事など家庭内だけでなく、社会にでる仕事についても、なにかがが議論されるシチュエーションでは、女性を素直に受け入れる姿勢をとるようおすすめします。

相手を受け入れる姿勢は、男女に共通してたいせつな基本姿勢だと認識してこそ、男女の平等は成り立つようになります。

まず、この壁をクリアーしましょう。

男女平等じゃない派の意見をまとめる

社会には「男女は平等ではない」と提唱する一派が存在しています。

「男女は平等ではない派」がそう提唱するのは、その人の人生観ないし「人生哲学」にもかかわる深い問題でしょう。

現実の社会にはそう提唱する一派が存在する以上、そうした一派の意見を聞いて、男女平等の必要性を理解するよう説得する必要があります。

その壁をクリアーするのはかなり困難となるでしょう。

ともかく、「男女平等ではない派」の意見に耳を傾けましょう。

#男女は平等であるべきでしょうか、と首を傾げる意見があります。

この意見は、本質的に男性と女性は異なるとする発想に立脚しています。

女性よりも男性のほうが体格が頑丈だし、女性は出産能力があるのに対し、男性は子を生めません。

これは生物学的な差異ですが、この差異は現実の「生活面」に反映されてくるのだから、男女の平等など、当初から実現できない、とみています。

この意見は、不可能にもかかわらず、男女平等を実現しようとするから、出生率が低下している、とも言っています。

そのうえ、「家事が労働よりも低いとみる発想」を批判しています。

この発想こそ問題で、重要なのは、女性を外で働けるようにすることではなく、いわゆる家事といわれる労働を外に出て働く通常の労働と同等にみなすことだ、とも批判しています。

#女性が外に出て働くのは良いが、現実的に少子化対策が重要だとする意見もあります。

この少子化という現象が、女性が外に出て働くために助長されているのであれば、政策レベルで考えなければならない、とも言っています。

この意見は人権尊重からすれば、「女性は家事に徹するべきだ、とはいえないでしょうが、人権を守ることがそれほど重要なのか」と、人権擁護を強調する見解を批判しています。

#男女同権とか男女平等など無理だとする意見もあります。

この意見は、「大人子供同権」とか「大人子供平等」とは言わない、と主張しています。

一律に男女同権、男女平等は無理だと言っています。

これらの意見を述べる人の気持ちはわかりますが、男女平等を尊重する立場にたてば、賛同できなくなりましょう。

女性の社会的地位

女性の社会的地位が改善されなければ、男女平等を理想的なレベルに押し上げるのは無理でしょうか。

なんといっても、国民の半数近い人が「妻は家にいるべき」と考えているらしい。

現実としては、職場では女性に平等なチャンスが与えられていませんし、子育てと仕事の両立は困難な現状です。

そして、税金や社会福祉のエリアをみても、女性は無収入とか低収入であれば、夫がより多く補助金を受けられるようになっていますし、世帯全体の納税額も少なくなります。

ですから女性が職場を離れる環境作りといえましょう。

男女の平等原則になじみにくい「女性の社会的地位」の壁をクリアーできる政策の推進を期待しましょう。

男尊女卑

日本の古代では、女性の地位が高かったが、貴族や皇族で高い地位につく女性は男性に比べ少数でした。

男尊女卑的な思考は平安時代以降、仏教の普及とともに広まってゆき、その後、男尊女卑は当然と考えるのが社会通念となってきました。

現在の日本では、制度上において男女差別は撤廃されていますが、結婚とか出産のため、仕事や出世を諦めなければならない女性が多い現状です。

企業や政界で要職を務める女性は欧米や中国より少ないので問題視されています。

ときには「女尊男卑」もみられるなどいう声も聴かれますが、「男尊女卑」の壁を撤廃しなければ男女の平等は実現できないでしょう。

女性の安定性と男性の積極性を適材適所に活用する社会こそ、両性にとって幸せな社会だと考え、男尊女卑の壁をクリアーしましょう。

男女平等が確率しないわけは?

男女平等の確率がアップしなのはなぜでしょうか。

理由のひとつは、男女のハートにみられます。

男性のハートのなかは、「女性は守るべきもの、男性は女性を守るために手を差し伸べるべきもの」と描かれているからです。

「平等」を目的としていない

すると女性はハートのなかでどんな考えを抱いているのでしょうか。

女性が「男女平等」というのは、家庭生活の役割分担とか労働環境でしょう。

女性がほしい「男女平等」とはなにかを探ってみましょう。

女性だからといって能力を評価しないのは女性の差別です。

そこで差別しないで主任、係長、課長、部長など女性管理職は増やしてほしい。

しかし重いものは持てないし、残業とか転勤は男性がすべきです。

女性は産む能力がありますから、産休・育休は女の権利として保障してほしい。

もちろん給料も男性並みに平等にしてちょうだい。

でも、仕事を辞めたくなったら辞めるから男性は養ってください。

そして主婦になっても、育児はふたりのものだから押しつけないでほしい。

男女のハートのなかにカメラをいれてみると、男女平等を唱えながら、実は平等を「目的」としていないのではないでしょうか。

男女平等を使い分ける女性

女性は一方で、仕事のエリアにおいて女性が管理職になれないのは男女平等ではない、と現状を批判しています。

これに対し他方では、女性はタクシーで送ってもらうとか、電車で席を優先してもらえるのはあたりまえと考えているのではないでしょうか。

ですから女性は、仕事のエリアとプライベートのエリアで、「男女平等を」の主張を使い分けているといえます。

ハートのなかには「ご都合主義」の神様が潜んでいるのかもしれません。

そもそも男女平等は必要ない

それでは、「男女の平等」は、果たして必要でしょうか。

完全に男女を平等にするのはむりだとする発想があります。

人間は、みんな女から生まれるから、子供は母親になつきやすいし、その育て行為の性質からみて、「子育て」は女の役目になります。

これに対し、男の役目は労働者として働き、生活費を獲得して家族を守ります。

社会の仕組みがそうであってはいけないのでしょうか。

そう考えれば、男女を平等に近づけることはできるけれど、完全な平等を実現するのはむりでしょう。

たしかにそうした側面もありますが、人類の人権史の流れにおいて、庶民が勝ち取った平等主義に基づく「両性の平等」ですから、この原則は尊重するようおすすめします。

世界の男女平等ランキング2017

それでは、世界の男女平等ランキング2017はどうでしょうか。

残念ながら日本は確率が低下しています。

1位:アイスランド

世界のトップにランクされたアイスランドは、これまでさまざまな男女平等のための試行錯誤を繰り返し、昨年3月の国際女性デーで今回の法案を発表していました。

アイスランドでは、女性の大学入学者の数が男性を超えています。

男性1人あたり女性が1.72人多くなりました。

大学医学部の41%が女性ですし、80%の女性がなんらかの職業に就いています。

しかも高スキルが必要とされる仕事で女性の方が多くなっています。

男性1人あたり女性が1.35人多い計算です。

すばらしい「女性の人権尊重」として評価されます。

アイスランドを見習うようにしましょう。

2位:ノルウェー

2位にランクされたノルウェーでは、上場企業は取締役会のメンバーの40%以上を女性にすることが義務づけられています。

北欧では全体的に女性の勉学精神が高く、女性の方が、高技能を要求される職といわれる医師とかエンジニア、経営者などについている女性の割合が高くなっています。

それでも、男女間の賃金の格差は残されています。

3位:フィンランド

3位にランクされたフィンランドでは、どうでしょうか。

その教育現場では、サイエンスの成績が男性よりも女性の方が高い状況ですし、女性がその領域でリーダーになれる機会が豊富に設けられています。

しかも議会では、女性の割合が男性よりも高いといわれます。

男性1人あたり女性が1.67人多い計算になっています。

これこそ、見習いたい重要な課題です。

4位:ルワンダ

ルワンダといえばジェノサイド(大虐殺)のイメージが強いカントリーですが、世界にはあまり知られていません。

それなのに、男女平等が評価されている理由はどこにあるのでしょうか。

ルワンダが男女平等ランキングで高く評価されている理由のひとつは、「女性議員の比率が世界一」であるからです。

その鍵となっているのが「クオータ制」といわれます。

5位:スウェーデン

実に、480日間もの育休・産休制度をはじめ、待機児童ほぼゼロの充実した保育制度など高福祉国家で高名なスウェーデンです。

世界幸福度のランキングだけでなく、男女平等ランキングの上位常連国になっているスウェーデンです。

日本は114位

世界経済フォーラム(WEF)は、世界各国の男女平等の度合いを示した2017年版「ジェンダー・ギャップ指数」を発表しました。

これによれば、日本は調査対象144カ国のうち、114位と前年より3ランクも順位はダウンしています。

なぜでしょうか。

なんといっても、女性の政治参画が遅れているのが要因でしょう。

発表された指数は女性の地位を経済、教育、政治、健康の4分野で分析し、ランキング化していますが、日本では女性の閣僚や議員の少なさが目立ちますし、政治は123位と20ランクも順位が下がっています。

経済は114位と4つ順位を上げていますが、それでも低い水準です。

男女の収入格差が大きいし、専門職とか技術職のエリアで女性が少ないのが気になります。

教育では、識字率は世界1位ですが、高等教育の進学率が101位と低いし、教育の分野全体では、74位にすぎません。

健康では、出生時の男女のバランスが改善され、40位から一気に1位に浮上したのは評価されましょう。

男女平等はなくなる?それともなくならない?(まとめ)

これまで見てきた結果、男女平等の根拠とされる理由として、仕事で女性が不利、明らかに男性が上、女性が嫌な思いをする、そればかりか男性も息苦しい、社会的なバランスが保てないなど、数個の理由を確認できました。

そして男女平等の確率をみて、日本は先進国としては恥ずかしい下位にランクされているのが残念です。

男女平等の現状を改善するとき、乗り越えなければならない壁も明らかになりました。

男女平等は不要とする発想もありますが、男女の平等をなくしてはなりません。

これをなくしたのでは、人権の発展史において樹立された平等の原則を崩壊し、世界史の流れに逆行するからです。

高い壁を乗り越え、男女の平等を理想どおりに実現してゆく努力をしましょう。