CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

ユーモアセンスを磨く簡単な方法20個!これで魅力アップ間違いなし♪

自分のユーモアセンスを磨きたい!楽しい人ねと言われたい!

理由はそれぞれあると思うのですが、人を楽しませる為には、自分の中のボキャブラリーを増やす必要があります。

自分のユーモアセンスを磨きたいと思っている人、楽しい人ねと言われたい人へ、ユーモアセンスを磨く為の簡単な方法をまとめてみました。

これを読んで実践すれば、あなたもお笑い芸人になれるかも!というわけでありませんが、ユーモアがある人ねと言われるようになるかもしれませんよ。

是非試す価値ありです♪

この記事の目次

️ユーモアセンスを磨く20個の方法

では早速、ユーモアセンスを磨くための20個の方法をお伝えしていきます。

これは無理かも、この方法ならできるかなと、自分が試してみようと思う方法を一度やってみてくださいね。

1.いろんなギャグ漫画を読む


ギャグ漫画は好きですか?

漫画の作者はどこからギャグを仕入れているのでしょうね。

自分で浮かぶのか、もしくは他の人にも考えてもらうのか、どちらにせよギャグ漫画には思わすくすっと笑ってしまうようなギャグが書かれています。

あまり濃い内容は嫌い、などと好みもあるでしょうから、まずは自分がおもしろいと思う漫画を手にとってみてはいかがでしょうか?

そこからどんどんいろんなギャグ漫画へとジャンルを広げてみてくださいね。

中には「うまいこと言うなあ」と思わず関心してしまうようなものも見つかると思います。

きっとそのうち、自分の中でギャグが浮かんでくるかもしれません。

おやじギャグばかり言っても馬鹿にされるんじゃないだろうか。

そんな心配をすることはありません。

まずは、どんなギャグ漫画があるのかどうか、ひとつ手にとってみましょう。

意外とどっぷり世界観に浸れるかもしれません。

先入観は入れずに読んでみてください。

2.お笑いやバラエティ番組を見る

お笑いやバラエティー番組はよく見ますか?

これも好き好きなのですが、お笑い番組をみていて、面白いと思える話し方や言葉の掛け合いなど、その辺りにも注目しながらみてみましょう。

何気なく見ていた番組が、また違った視点から見えてくると思いますよ。

お笑い芸人の間の掛け合い、表情など、そんな事をにも注目してみると勉強になるかもしれません。

もちろん、楽しみながら見るようにしてくださいね。

好きな芸人さんがいるのでしがら、その人が出演している番組を見るのもいいですね。

きっと違った見方ができるようになります。

3.芸人さんの動画を見る


YouTubeなどでは日々、芸人さんや素人さんでも面白動画を発信していますよ。

バカバカしいと突っ込みたくなるものから、笑いのツボにはまってしまうものまで、動画といえども案外関心するほとよく考えられたものもあります。

好きな芸人さんがいるのなら、その人の動画をみてみるのもいいですね。

お笑いとは奥が深いものです。

トーク系のものがおすすめ

バラエティーと言ってもコントやトークなど種類がありますね。

その中でもトーク系がお勧めです。

トーク系では、個々の芸人さんが笑いを誘う為にと計算しながら話しをしていることに気がつくでしょう。

この人面白いなあと思える人ができれば尚更いい感じです。

トーク系を見てると、言葉の掛け合いやギャグ、間の取り方や発言のタイミングなどきっと違った側面が見えてくると思います。

もし、あまりおもしろくないなと感じるのであれば、そこには理由がありますよね。

「もう少しこうすればいいのに」そんなことが頭をよぎったのであれば、ユーモアのセンスが磨かれてきた証拠です。

番組には放送作家さんがいますよね。

このような流れで番組を進行していくと決める人です。

その流れに対して、芸能人は期待以上の笑いをとるべくしゃべりを続けています。

まったくウケない人もいますよね。

ではなぜウケないのでしょうか?

そこまで考える?と思うかもしれませんが、ユーモアのセンスを磨く為にはそんな観点から見てみるのも面白いですよ。

おしゃべりが上手い人は、話しをしながら人を知らないうちに引き込んでいます。

いろんなトーク番組を見てみましょう。

4.ボキャブラリーを増やす

ユーモアセンスを磨きたいなら、ボキャブラリーを増やしましょう。

気が付けばいつも同じ言葉ばかり並べていませんか?

ボキャブラリーとはすべての日本語のことです。

つまり表現ひとつでもいろんな言葉の表現ができますよね。

しかしボキャブラリーが少ない人は、いつも同じような言葉ばかりを並べています。

意外と自分では気が付かない事も多いのですが、一度意識をしてみるといいですよ。

もう少しわかりやすく表現してみますね。

例えば、驚く時「わあすごい、わあすごい、すごいね」など、同じ言葉を三回繰り返していますよね。

これがボキャブラリーが少ない表現方法という意味になります。

知っている言葉が増えると、自然と発する言葉自体も変わって来ますよ。

同じ言葉ばかり並べていると「ほんとうそう思っているの?」と、相手に伝わりきらない場合もあります。

何がどうすごくて、それをどう感じたのか。

そこまで難しく考えなくてもいいのですが、言葉を知っていると知らないとでは会話の幅も変わってきます。

ボキャブラリーが多い人とは、話しをしていても楽しいものです。

頑張ってボキャブラリーを増やしていきましょう。

【ボキャブラリーを増やす方法は、こちらの記事もチェック!】

5.知識量を増やす

ボキャブラリーと同時に、知識量も増やしていきましょう。

何を知らない人よりも、いろんな事を知っている人の方が関心が湧きますよね。

知ったかぶりはダメですよ。

また、知っている事を自慢気に話すのもよくないですよね。

あくまで話している相手が「そうなんだ」と関心したり、興味をもってくれるようなことでいいですよ。

ちょっとした知恵袋といったところでしょうか。

興味があることから、身近な事までいろんな分野に興味をもって知識を増やしていきましょう。

少し冗談も交えながら、さりげなくいろんな知識をもっている人はとても素敵ですよね。

もっと話しをしてみたいと相手は思うものです。

勉強みたいで嫌だなどと思わず、まずは自分が知らないことを知ってみるところから始めてみてはいかがでしょうか?

物知りの人からいろんな事を聞いてみるのもいいですね。

ただ、間違って知ってしまっては困る知識などに関しては、しっかりと根拠を調べておかないといけません。

違う知識を広めてしまっては元も子もありませんので、お気をつけくださいね。

6.人の話や特徴を覚えておく

人と話しをしている時、その人の特徴などを覚えておきましょう。

この人はこんな話しをしていたな、こなん特徴があるなと瞬時にインプットできれば最高です。

そのためには、相手や人に対して興味をもつようにしましょう。

印象に残る出来事や話しならインプットもされやすいのですが、そうではない場合は、なかなか頭に残らなものですよね。

しかし、ここはしっかりと話しや特徴を覚えておく練習をしてみましょう。

方法は興味をもつこと以外ありません。

「この人の話しつまらないなあ」と思ったとしても、今までは流していた話であってもいったい何が言いたいのだろうか?と裏の側面から見るようにしてみましょう。

ここは、お笑いのトーク番組をみてきた成果を試す時です。

相手の話しを引き出してみましょう。

自分がユーモアのセンスを磨く訓練にもなりますよ。

7.会話に自虐を挟む

あまり自虐は好きではないという人もいるかもしれませんが、面白く話すには軽い自虐ネタをはさむ方がうまくこともあります。

聞いている相手がどう反応していいのかわからなくなるほど自虐は入れないでくださいね。

そこまでいくと行き過ぎです。

あくまでもクスっと笑えるような、相手も自分もあるあると話に乗ってきてくれるような、その程度の自虐ネタを考えてみましょう。

8.広い視野を持つ

何より広い視野を持ちましょう。

知識を増やすことも同じですよね。

広い視野をもって、いろんな側面から話したり、聞いたりすることができることが必要です。

固定観念や狭い視野しか持っていないと、世界観を広げる事も、いろんな知識を持つこともできず、偏った判断をしてしまいがちです。

偏った判断や会話はどうしても難くなり、真面目な話にも聞こえてしまい、相手も興味を持つことができなくなります。

会話でも、話しのネタであっても、ユーモアのある人の視野は広いものですよ。

決めつけたり、相手の話を指摘することはしないようにしてくださいね。

9.人に合わせてテンポを変える

人に合わせてテンポを変えることもとても大切です。

自分のペースで話してしまっていないでしょうか。

相手のテンポに合わせて話をすることは、実は労力のいることです。

しかし、相手の合わせて話し方を変えることで、より相手に言いたいことが伝わります。

ユーモアのセンスを磨くには、相手のペースに合わせた話し方をする練習をしていきましょう。

相手に言いたいことが伝わらないようでは意味がなくなってしまいますからね。

これも練習すれば自然にできるようになってきますよ。

10.ハキハキ喋る

話し方にも注意をしてみましょう。

ハキハキと話すことで、とても自信がある話し方に聞こえます。

それはいい意味で素敵な人にも見えるのです。

話しもとても面白く、またハキハキと自信持って話す人は人を惹きつけますよね。

バラエティー番組を見てみてください。

司会者はそんな風にみえませんか?

視野が広く、いろんな知識をもっていても、聞いている相手がいったい何をいっているのだろう?と思ってしまったのでは意味がないですよね。

話し方はとでも大切なんですよ。

意識してみてくださいね。

11.柔軟な思考回路を持つ

柔軟な思考回路をもちましょう。

これはこうだ!と決めつてしまうことは避けておきたいことです。

たとえあなたが「こうだよ」と言っても、相手から「そうじゃないよ、こうじゃない?」と別の考え方を言われたとしたらどうしますか?

それは間違っている!などと訂正してしまえば、その話しは終わってしまいます。

また、そこで融通の聞かない頑固な人だと、あなたが目指すところとは違う印象を植え付けてしまいかねません。

人は一度印象付けてしまうと、なかなか訂正ができない場合があります。

知識をたくさんもったり、ボキャブラリーが増えることがとても大切です。

しかし、ここで相手に自分の考え方や知識を押し付けてしまうと逆効果になってしまいます。

柔軟な思考回路を持ち、そんな見方や考え方もあるのだな、と感じられるようになりましょう。

そうすることで、また知識も増えますよね。

12.想像力を働かせる

想像力を働かせましょう。

いろんな側面から物事を見れたり、感じたりすることができるということは想像力も膨らんできます。

これは狭い思考回路しかないと難しくなってきます。

ボキャブラリーや、知識、広い視野から柔軟な思考回路ができるようになると、想像力も働きやすくなるものですよ。

言い換えれば、想像力が働くようになってきた頃には、他もできるようになってきているといえるでしょう。

少しユーモアのある人に近くなってきているのではないでしょうか?

きっともう一息の段階まできていると思いますよ。

13.観察力を身につける

いろんな観察をしてみましょう。

それもさりげなくしてくださいね。

例えば人を観察するとき、あからさまにじろじろ見ていたのでは相手も警戒してしまいます。

あくまでもさりげなくです。

電車の中でも駅のホームでも、いろんなところで観察してみてください。

聞き耳を立てるといえば聞こえは悪いのですが、自分より若い年代の人が、どんな話しで盛り上がっているのかなど少し聞いてみるのもいいです。

年上のおば様達はどんな話しをしたらあれだけ話しがつきないのでしょうか。

少し視野を広げていろんな観察をしてみてください。

意外と新鮮な発見ができることもあるでしょう。

そこから話題も広がっっていきますよ。

人の悪口はいけませんが、ひとつの話題として話す程度であれば大丈夫です。

14.SNSをチェックする

SNSをチェックすれば、今どんな事が話題になっているのか、どんなことにみんな興味をもっているのかがわかります。

ただ、そこにのめり込んだり、その情報が絶対ではないということは念頭においていおきましょう。

ここでまたその情報が絶対だと信じ切ってしまうのは危険です。

ここでも広い視野で、柔軟な思考で読む程度にしておきましょう。

ニュースやトレンドを見ておく

ニュースや今のトレンドを見ておくことは大切だと思います。

今どのようなことがおこっているのかなど、リアルタイムのニュースを一般常識として知っておくことは大切ですよね。

今のトレンドを知っておくのもいいですね。

知識を広めるためには、あまり興味がなかったとしても知っておいて悪くはない情報ですよ。

いろんな側面からいろんな事を知っていることが大切です。

15.自分のキャラを知る

自分のキャラを知っていますか?

自分は平凡だと思っているのは自分だけであって、意外と人からみると違うキャラに見えていることもよくあります。

そんなつもりで言ったわけではないことで話しがやたらとウケた、といったような経験はありませんか?

天然と言われたりしたことはありませんか?

自分が思うよりも人からすると、面白いキャラなのかもしれません。

ユーモアセンスを磨くには、このキャラはとても大切です。

自分のキャラを知ったうえで相手を楽しませる話しをしてみると、きっとうまくいくと思いますよ。

16.喋りに抑揚をつける

話し方にも工夫をしてみましょう。

棒読みのようでは、どんな素敵な話題をしたとしても、相手に興味を与えることはできません。

手振りや身振り、抑揚をつけることで、より相手はあなたの話しへとのめりこんでいきます。

驚くような話題を話す必要はありません。

いかに相手をあなたの話しへと引き込めるかどうかは、喋り方に抑揚をつけることで随分と変わってくるものです。

17.表情筋を鍛える

あなたの表情はどうでしょうか?

凝り固まってはいないでしょうか?

口の筋肉が固まっていては、活舌も悪くなってしまいますよね。

誰もいないところで、鏡の前に立って表情を変えてみましょう。

口をすぼめる。

口を尖らせる。

またほっぺを膨らませる、しぼめるなどの運動も効果がありますよ。

首筋から耳の後ろを通るルートでマッサージをしてみてください。

リンパの流れもよくなります。

後は、怒っ顔をしてみる、笑った顔をしてみる、泣いた顔をしてみる。

そんな表情をつくることで表情筋を鍛えることができますよ。

18.ウケを狙い過ぎない

ここで最大の注意です。

ウケを狙い過ぎないことです。

ウケを狙い過ぎる事で、話しがどんどん広がっていってしまったり、もっとウケたいと間違ったことを口走ってしまったりと、ようはやりすぎてしまう可能性があるからです。

ウケない話しもあるでしょう。

相手によっつて興味があることは違います。

ウケる時もあれば、まったくウケないこともあります。

何度もいいますが、やりすぎには気をつけてくださいね。

ユーモアのセンスを磨くというのは、余裕を持つことも必要なんですよ。

19.アイディアノートをつける

面白い事を聞いた、面白いものを見つけた。

そんな時にはアイデアノートを付けてみてはいかがでしょうか?

芸能人じゃあるまいし、と思いますか?

案外、仕事などでも役立つことがあるかもしれませんよ。

ネタ帳ではないですが、いろんな事を書き留めておくと、時が経った時にでも思いがけないかたちで役に立つこともあります。

ひとこと付け足しておくのもいいですね。

後で自分で思い返してみると、当時の考えなどがわかって成長が感じられるのではないでしょうか。

日記のようにアイデアノートをつけるのも面白いですね。

浮かんできた面白いアイデアはすぐ書き込むことをお勧めします。

20.空気を読む

あなたは空気を読める人ですか?

自分では空気が読めると思っていても、もしかしたら空気の読めない人だ、なんて思われていないでしょうか?

自分が話題をふる事ばかりに神経を集中してしまったばかりに、はっと気が付けば相手はあまり話しを聞いていなかったということはないでしょうか。

そこはやはり、ウケを狙いすぎたり、固定観念が強くありすぎたりすると、普段はちゃんと空気の読める人なのに、話しをしだすと急に空気が読めない人になってしまうかもしれません。

ユーモアのある事を言わなければ、話さなければと力が入りすぎると、そんな状況になってしまうこともあります。

なにごともリラックスですよ。

ユーモアセンスのある人はモテる

ユーモアセンスのある人はとても魅力的です。

このセンスのある人はモテます。

モテるためにユーモアセンスを磨くなんて少し違うと思いますか?

あなたがそう思っていても、ユーモアセンスのある人と話していると楽しいのでおのずとモテるようになります。

人を楽しませることができる人は魅力的だということですね。

同性異性問わず人気者

クラスでも一人か二人はいたと思います。

ユーモアセンスのある人気者が子供時代には存在するものですね。

このセンスがある人は、同性異性関係なく人気者になります。

本人はそんな気はなくても自然と人が寄ってくるんですね。

誰でも話していて楽しい人の方がいいのです。

そんな人にあなた自身がなることもできますよね。

人を楽しませるって魅力的

人を楽しませるのは魅力的ですね。

ただ笑ってもらうだけではなく、いろんなことを知っているだけでも聞いている相手は楽しく思うはずです。

人を楽しませることができるようになったら、あなたの魅力もますますアップしていくと思います。

️これでユーモアセンスを高めよう!

いかがでしょうか?

ユーモアセンスを磨くという事についてまとめてきました。

ユーモアセンスを磨ける気になってきたでしょうか?
もともとあまりユーモアセンスがなかった、という人が、ユーモアセンスを磨くことで、自分自身を変えることにもなりますね。

まずは、話題のつきない、楽しい話しができる人を目指してみましょう。

そこにユーモアセンスがついてくれば完璧です。

ページトップ