CoCoSiA(ココシア)

始末書の書き方を徹底解説!書くべき内容の順番とよくある3個の間違いや注意点


皆さんは始末書を書いたことありますか?

実は著者は、ありません。

やはり、始末書と言うそんなに書く事は無いですよね。

だからこそ書くような事態になってしまった時は非常に焦るものです。

著者も、結局は無事に解決したのでそのような事態には陥らなかったんですが、重大な鍵をなくしてしまったことがあります。

結局は、探した末意外なところが見つかったので始末書かなくても済んだのですが、これが本当に見つからなければ始末書ものでした。

ですので、始末書を書かないといけないようなことが起こると大変焦りますよね。

もしかしたらおもがけないことから始末書を書かないといけない事態になってしまった人もいるのではないのでしょうか?

では、始末書の書き方はどうすればよいのかを見ていきましょう。

この記事の目次

始末書ってどう書けばいいの?

この始末書っていうのはそんなに書く機会がないことから、書くことになってしまうとどのように書いたらいいのかがあまりよく分からないところがあります。

では、始末書と言うのはどのように書いていけば良いのでしょうか?

このような書類をかくことになったという事であれば、精神的にも穏やかではなく混乱しているかもしれませんが、気持ちを落ち着けて見ていきましょう。

人生で何度も書くものではない始末書

始末書と言うと、そんなに書く機会はありません。

むしろ書く機会が多ければ遠の昔に解雇されている位に重大な処分について書く事が多いですので、やはり人生で何度と書くことがないのは一理あります。

では、この始末書を書くことと言うとどのようなことがあると思いますか?

例えばよくありがちなのが、営業車を運転していて交通事故にあった時に始末書を書くと言う事はあります。

営業の方でしたら渡したらそのような経験がある人もいるかもしれません。

後は、接客や営業のクレームについて始末書を書くと言うこともありますし、得意先や上司の人に対して、暴言を吐いたと言うようなことでも始末書を書くことがあります。

自分は社会人としてきちんとしているしこのような事は無いと言い切りたいところです。

しかし、監督不行き届きでも始末書を書くことがあります。

自分がいかにしっかりとしても、部下や後輩が重大な過失を犯すことによって、始末書を書かないといけない事態もあります。

ですので、いつどのような事で始末書を書かないといけないのかは誰にもわからないことです。

ですので、始末書の書き方は書かないといけない人はもちろんのこと、今現在は関係ない人もしっかりと学んでおきましょう。

始末書の書き方がわからない人のために教えます

いきなり始末書を書けと言われても多くの人は戸惑ってしまう事でしょう。

著者も始末書を書いたことがないため、始末書の書き方を聞かれるといまいちよく分からないところがあります。

そんな著者とともに、始末書の書き方を一から見ていきましょう。

始末書とは

では、始末書と言うのはそもそもどのようなものだと思いますか?

そもそも始末書とは何かということからひもといていきましょう。

過失をわび、その事情を書いて差し出す文書

過失をわび、その事情を書いて差し出す文書の始末書
始末書は、比較的重大なミス等で書くことがありますが、その過失をについて事情を書いて差し出す文書と定められています。

ですので、重大なミスを犯してしまったと言うことと、それを反省していることがしっかりと書かれている文章にしなければなりません。

ただ、始末書には書き方もありますので、それをしっかりと学ぶようにしましょう。

インターネットで調べても色々と始末書の書き方がありますので、それを参考に考えていくことが大切です。

つまり何かをやらかした、失敗した人が書くもの

端的に言うと、何か重大なことをやらかしてしまったとか、失敗してしまった人が書くものです。

著者もどうにか免れたものの、重大な鍵をなくしたって時は始末書を書かないといけない事態でした。

このように重大なものをなくしてしまったりしても始末書を書く事はあります。

そして、始末書の文章などを見ていくと、悪意なくやってしまったことでも始末書を書く事はあります。

ミスなどもそうですが、暴言やセクハラなど、悪意があるというか悪いと思ってもやってしまったことに関しても始末書が必要です。

始末書を書く意味

始末書を書くといっても一体何のために書くのかと思いますか?

その始末書書く意味についてもう少し掘り下げて見ていきましょう。

事実関係を明らかにするため

やはり、始末書を書くと言うのは比較的重大な事であることが多いです。

ですので、そのような事は二度とあってはならないことというのが大半です。