「表情が豊かな人ってなんだか心まで優しそうな気がするなぁ」そんなことを考えたことはありませんか?

たしかに表情が豊かな人って悪い心を持っていないような気もするし、その豊かな表情を見ているだけでこちら側までとても幸せな気持ちになってしまいますよね!

ずばり、表情が豊かな人ってこの世界で大切にすべき人なのかもしれません。

そんな表情が豊かな人をみて「自分もあんなに表情が豊かだったら、きっとあの人のように幸せな人生を送ることが出来るのにナァ」とか「もっと魅力的な人間になることができるのにナァ」なんて考えてしまいますよね。

そのように誰もが感じている「表情が豊かな人=幸せである」という方程式は成り立つのでしょうか。

たしかに表情が豊かな人というのは、とても幸せそうに見えるかもしれません。

しかし、表情が豊かであることによってそうではない人とは違うようなメリットを抱えていることもあるんです。

デメリット?そんなのあるはずないじゃない。

良いことだらけしか起こらないに決まっている!と思うことでしょう。

また、すぐにでも表情豊かな人間になって憧れのあの人のような幸せな人間になりたいとも思っていますよね。

そんなあなたたちのために、この記事では「表情が豊かである」というところに着目してあなたにお伝えしていきます!

表情が豊かな人ってそもそもどんな性格をしているの?

また、表情を豊かにしておくことで得ることの出来る”良いこと”って?などなど良い面から、表情が豊かであることによってこうむってしまうデメリットについてまでもお伝えしています!

ぜひこの記事を参考にして、”ほどよい表情豊かさん”を目指してみてはいかがでしょうか?筆者も表情豊かになってからは、少し生きやすくなったような気がしてますよ!

表情を豊かにすると良いことがたくさん?

あなたの周りには「表情が豊かだな」なんて感じる人はいますか?

筆者のまわりには、以前までは表情豊かな友人とはいなかったのですが自分自身が表情豊かになることによってそのような友人や知り合いがグンと増えました。

そうすると感情の疎通などがとてもしやすくなり、表情が硬かったときには少し「生きにくい状態だったのかな」なんて思うことまでもあるくらいです。

とはいえ、周りに少しでも表情が豊かな人がいると、その人と一緒にいるだけで、もしくはその人を見ているだけで心が幸せな気持ちになりますよね。

まるで子供のようにコロコロとかわっていくようなその表情は、見ていてまったくあきませんし、それにその人が感じているであろう気持ちをすぐに察知することができるのでコミュニケーションがとりやすくなっていると感じている方もいらっしゃるはずです。

それに表情が豊かな人ってとても魅力的に感じませんか?

なんだか体や顔のまわりにキラキラとした空気が待っているような気もしてしまうくらい輝いていて、それでいてその輝きは焦りを感じさせるものではなく”安心感”を与えてくれるもののはず。

筆者ははじめて表情が豊かだなぁと感じる人に出会ったのは大学時代のゼミ。

そのゼミ仲間でこれまでに出会ったことのないように表情をコロコロ変える豊かな女の子がいたんです。

まぁその子はもともとても可愛らしい顔をしていたのですが、同性であってもその女の子と会話をしたり、その子がプレゼン発表しているのを見るだけでなんだか心がほっこりしたものです。

そして、その子ってとてもモテていたんですよね。

それは異性からだけではなく、筆者のような同性のファンをつくってしまうくらいに。

そう、表情が豊かな人って男女ともに人気者になっているケースがとても多いんです!

あなたの身近にいる表情が豊かな人もそのようなけ意向があるのではないでしょうか?

このようなことをお伝えしたり、あなたの身近にいる表情が豊かな人を想像すると「表情を豊かにしていたほうがとても幸せになれるんだ」とか「表情豊かのほうがイイにきまっている!」「イイことしかないに違いない!」なんて感じてしまうものです。

しかし、そうではないんですよね。

人によっては、表情が豊かであることによって、本来受けることの出来たはずの幸せを受けることが出来なくなってしまう方も少なからずこの世界には存在しているからです。

それを表情が豊かであることのデメリットとして、この記事では定義づけています。

とはいえ、まずは「表情が豊かであることで得ることの出来る良いこと」を誰もが知りたいのではないでしょうか?

そんなあなたのために、この記事ではじっくりと表情を豊かにすることで得ることのできる良いことをお伝えしています♪

またデメリットもお伝えしているので、両極面を確認してから「表情豊かな人とはどういう人なのか」というのを自分なりに解釈してみるといいでしょう。

人によって感じ方が違うのですから、最終的な判断はアナタにおまかせいたします!

表情豊かな人の特徴


表情が豊かな人・・・。

もうこの言葉だけで色々な表情をすることができる人なんだなぁ、気持ちを素直に伝えることができる人なんだなぁなんて感じますよね。

あなたの身近にいる”表情豊かな人”は、そのような性格をしていることでしょう。

しかし、それだけでは表情が豊かな人ってどんな人なのか分からないですよね。

それに人によっては、身近にいる表情が豊かな人の本心をしることができなくて思っているよりもお近づきになれないなんて悩んでしまっている方もいるかもしれません。

はたからみればとても魅力的に見える表情が豊かな人。

そんな表情豊かな人って実はどんな性格をしているのでしょうか?

また、どのような人のことを”表情が豊かな人”とよぶことができるのでしょうか?

まずは、表情が豊かな人の特徴をいくつかみていきましょう!

あなたの周りにいる”表情豊かな人”をぜひとも思い浮かべながら読み進めてみてくださいね!

他人の気持ちを汲める

表情が豊かな人は、ただ単に自分の気持ちをそこで発表しているわけではありません。

きちんと一緒にいる相手の気持ちを汲み取り、そしてその気持ちから「このような表情をしても大丈夫かな」「相手にとって私の今の気持ちは受け入れやすいものかな」なんて考えているんです。

要するに、”人の立場になって考えることが出来る”人なんですよね。

そうすると「自分を作っている人なのか!」と感じてしまうものですが、そうではありません。

あくまでも他人の気持ちを汲んで、その気持ちを中心にして自分の気持ちを小出しにしているわけです。

それに表情として相手に伝えるということは、言葉にして相手に伝えるよりもより”やわらかく”相手に伝えることが出来ますよね。

それが相手に対する批判的な気持ちだったとしても言葉で注意されるよりは、表情で少し嫌な表情をしていたほうが相手も勘付いてすぐに治すことができ、さらにプライドを傷つけられなくて済むはずです。

ずばり、表情が豊かな人は優しい心の持ち主ということでもあるんですね。

小さな出来事にも反応する


表情が豊かな人っていつでもコロコロと表情が変わっているような気がしませんか?それってどんなに小さな出来事でも見逃さないからなんですよね!

どんなに小さな事、普通の人であれば気づかないようなことでもしっかりと発見してくれます。

そして、それに対して表情で伝えてくれるわけです。

例えば、あなたがこっそりと人に良いことをしていたとしましょう。

それって褒められるためにやったわけではないけれども、誰かが見ていてくれたということが分かるととてもうれしくありませんか。

まさにそんなところを目撃しているのが表情豊かな人なんです。

そしてあなたに「やったじゃん!」「すごいじゃん!」というような表情をしてくれるはず。

このように毎日どんなに小さな出来事でも見逃さないようにしているため、いや自然とその情報が入ってきてしまうために表情が豊かになった、ということでもあります。

愛情豊か

表情が豊かな人と一緒にいると、なんだか「心があったまるなぁ」とか見ているだけで「ほっこりするなぁ」なんて感じることはありませんか?

筆者のゼミ仲間だったあの子もそのような雰囲気を持っていました。

ずばり、それって体から愛情豊かなものがあふれ出ているからなんですよね。

それは偽りのものではなく、表情が豊かな人というのは確実に愛情豊かな性格をしています。

愛情が豊かだからこそ、相手の立場に田って考えることが出来るし、ソレに対して相手が傷つかないような愛ある表情で示してくれるんです。

また、愛情が豊かだからこそ愛情アル目線で物事をみることができるので彼らの目や表情っていつでもとても柔らかいんですよね。

怒っていたり、少しすねているような表情であってもそこに”優しさ”がにじみでていますし、それはまるで子供が表情をコロコロ換えてしまうように多くの人の目線をひきつけます。

というのもどうしてそのように見てしまうのかといいますと、現代人って慢性的な”愛情不足”だからなんです。

そのため、少しでも愛情をおすそわけしてくれるような人にはかかさず飛び込んでしまうものであり、その対象が”表情豊かな人”になります。

周囲の物事に敏感

さきほど表情が豊かな人というのはどんなに細かいことでも気づいてくれるとお伝えしました。

それってもっと大きな言葉で言えば”視野が広い”ということなんですよね。

その視野の広さは、周囲の物事を敏感にみているというところにまでつながっています。

例えば、周囲に急病人がいたのであればそれに気づきますし、悩んでいる人がいたらそれにも気づきます。

それっていつもただニコニコしたり、コロコロと表情をかえて周りの人の気持ちをひきつけているだけではなく、その人たちの様子をしっかりと把握しているんです。

そして、なにか周囲に異変を感じたのであればスグにでも問題を探し出します。

表情が豊かというと、人によっては「バカにみえる」ということもありますがそんなことを言う人よりは多少は賢い性格をしている人が多いものです。

自分のことは後回し

あなたは、自分のことでなにかやらなくちゃいけないことがあるのに他の人のお手伝いをしなければならないとしたらどうしますか?

多くの方が自分のことを優先するはずです。

だって、これからの人生を生きていくのは自分自身ですし、後になって自分自身を困らせるのは嫌ですものね。

それって少し”利己主義”がはいっています。

しかし、表情が豊かな人っていうのは、そのような考えを一切もっていません。

そのため、自分のことは後回しにしてまでも誰かのお手伝いをするし、誰かのために動こうとしてくれるんです。

さきほどもお伝えしましたが”優しい性格”の持ち主であるからこそできること。

それに自分中心ではなく、相手の立場に立って「今どうしてほしいのか」「本当にそのてづだいガ必要なのか」なんていうのも見分けています。

自分のことを後回しにしてしまうとだいたいの人は、心に余裕がなくなってしまうものですがそうではないんですよね。

自分のことは後回しにしたとしても、決して心の焦りを見せることなくその相手に罪悪感を感じさせるような態度・表情をすることは一切ありません。

物事の本質を見抜ける

これまでに何度も表情が豊かな人というのは、相手の立場になって考えることが出来るという目をもっているとお伝えしてきましたね。

それってどういうことなのでしょうか?要するに、自分だけの視点だけではなくそれ以外の”目線”を通して物事を見ることが出来るってことなんです。

この世の中に、真実って存在しますね。

その真実って実はひとつではないって知っていましたか?たとえば、ひとつの銅像を前から見る人もいれば後ろから見る人もいたとします。

前から見た人と後ろから見た人とでは、どのようにその銅像がみえるのかって見方がとてもおおきく違ってきますね。

それが真実なんです。

真実とは、見る角度によっては見え方がちがうので人によって持っている真実が異なってくるってことなんです。

そのような点を理解していないと、大人になっても自分の意見しか正しいとおもえない、周囲の人の意見はおかしいとか感じてしまうようになるんですよね。

あなたもまさかそのような考えの持ち主なのではないでしょうか?
しかし、表情が豊かな人はただ表情を豊かにしているだけではなく、その真実を色々な角度から見ます。

そのように色々な角度から物事を見ることが出来るからこそ、物事の本質を見抜くことが出来るんです。

そして、ソレをしっているからこそ心を安定させることができ、表情を硬くせずに済んでいるなんていうことも。

物事の本当の姿を知ることが出来れば、あなたも安心できるのではありませんか?