私たちの人生は常に何かを「考える」ことで成り立っていってませんか?

明日の計画を考える。

今夜の食卓の献立を考える。

遊びの予定を考える、などなどです。

考えるからこそ、多くの人々が存在するこの世の中で秩序というものが保たれ、平和な日常が送れるのだと思います。

ところが中には何も考えず周りの人の迷惑もどこ吹く風の人がいることもいます。

誠に残念な事ですがこれが人間社会の闇の一面なのです。

今回は「考えない人」という事をテーマにしていきます。

「考えない」癖がある人は要注意!

世の中にこれだけ人間が多いと、当然ながらそこにはルールや規律というものがないことには社会はめちゃくちゃになってしまいます。

顕著な例は交通事故です。

車を運転する方も道を歩く方も、何も考えずにただボーっと行動だけ起こしていたら一体、どういう事態が起こってしまうでしょう。

考えただけでも「ゾッ」とするような光景が目に浮かんでしまいます。

ルールも規律も一旦、自分の頭の中に叩き込んでしっかりと意味を理解し、そしてよく考えてどのようにやればそのルールが最も相応しい結果につながるのかを実行しなければなりません。

ただ、棒暗記の如く頭に入れておくだけでは何のためのルールなのか意味を成さなくなってしまうのです。

このように考えない癖を持っている人があなたの周囲にいたとしたら、これは非常に厄介な問題をはらんでくるかも分からないのです。

考える力がないのか、それとも敢えて考えていないのか、詳しくは分かりませんがとにかく考えない人間の存在というのは「要注意」という意識を持たなければならない事だけは確かなようなのです。

考えない人に共通する16個の特徴

それでは世の中の「要注意」人物のレッテルを貼られかねない「考えない人」に共通する特徴を紹介していく事に致しましょう。

全部で16個のご紹介です。

1、言われたこだけしかやらない

最初の1つ目は「言われたこだけしかやらない」です。

こういった特徴を持つ人物、あなたの周りにも一人や二人、いたりはしませんか?

学校にしろ会社にしろ人間は大勢の人と同じ空間の中で共同生活を送るのが常です。

これは子供が幼稚園に入る頃から皆、共通した行いでしょう。

多くの子供たちは先生のいう事を素直に聞きます。

ところが中には必ずやクラスの中に一人や二人は人の話を聞いていない子が存在したりします。

ただ、子供のうちというのは肉体的にも精神的に発育段階。

当然ながら聞き取り能力に差がある場合も十分、考えられます。

よってこの段階での「考えない」という行為に対してはそう目くじら立てる事もないかも分かりませんね。

問題は社会人になってからの「考えない」行動です。

つまり「言われたことだけしかやらない」という行為です。

この行為を取る人間、私自身も多くの実際例を見てきていますので何ともやるせない思いがいたします。

ただ、本人がそれでいい、と達観しているのならどうしようもない事です。

周りの人間がどうする事も出来ません。

その人間の行く末の心配をするくらいなら自分の心配をする方が人間のまともな行動ですからね。

しかし、それまで気づかずに生きてきた人もこの段階で遅まきながら気づくのが世の中の常です。

気付いた人が自己反省で考える風習を身に付けるか、どうか。

それは当人の「考え方」次第でしょう。

2、考えないで行動して失敗する

2つ目は「考えないで行動して失敗する」です。

それはそうですよね。

世の中の行いにおいて、頭を全く使わずに遂行できることなど、恐らく一つもないはずですから。

何かしら考えをめぐらさないと人間界の行動は成功に至らないようになっているのです。

例えば道を歩いていてもそうです。

基本的に歩行者は道の右側を歩く事になっていますが現実は必ずしもそうではありません。

中には左側を歩いてくる人間もいます。

そのような場合、こちらが何も考えずにいたら正面衝突して相手に怪我を負わせてしまうかもしれません。

仮にそこまでの事態にならなかったとしてもキチンと謝罪してその場を立ち去らなければなりません。

何も考えていなかったら下手をすると火に油の事態を招くかもしれないのです。

相手が物分かりのいい人だったらいいですがそうでなかった場合、事態を収拾するにはかなり困難になるに違いないでしょう。

考えないで行動すると失敗するのは当然の事なのです。

同じ失敗を繰り返すという事は、あなたは全く反省の気持ちがないと断定されるでしょうね。

3、失敗することを怖がる

3つ目は「失敗することを怖がる」です。

失敗することが怖いから考える事をはなから拒否しているのか、それとも敢えて考えないようにしているのか。

考えない人は「失敗」という事を以上に怖がっている節があります。

だからわざと考えないようにして目の前の厄介事をスルーしようとしているのかも分かりません。

しかし、それではいつまでたっても「失敗」から学ぶことが出来ません。

「失敗」とは次に「成功」を導くための貴重な体験なのです。

だから何故その失敗をしたのか、をじっくり考えるチャンスをあなたに与えてくれているに過ぎないのです。

世の中で成功する人は幾たびもの失敗を経験してきています。

そしてその失敗からその人にしか分からない「成功への法則」というものを見つけ出すことが出来るようになるのです。

何人も失敗を怖がってはいけません。

失敗こそ、あなたをスケールアップさせてくれる、取っておきの秘密兵器になってくれるのですからね。

4、変な思い込みや勘違いをする

4つ目は「変な思い込みや勘違いをする」です。

考えない人の真骨頂でしょう。

この特徴は。

深く考えていればおよそ、変な思い込みや勘違いなどという事は起こり得ませんからね。

そもそも人間というものは自身の思い込みや勘違いで周囲の人に迷惑をかけないようにしているはずです。

それが人間関係を円滑に進めていく秘訣でもありますからね。

しかしものを考えない人にはそのような配慮や用心深さがありません。

自分の変な思い込みや勝手な勘違いが物事の主体だと思いこんでいます。

いや、実際は何も考えていないのですけれどもね。

いずれにしても相手の事や周囲の状況を優先していたならばそのような思い込みや勘違いは事前に防げるでしょう。

そのような予防線をめぐらせないとことろが何も考えていない人の真骨頂といえるのです。

5、他人の言うことを安易に信じる

5つ目は「他人のいう事を安易に信じる」です。

他人のいう事を信じる、という行為は悪い事ではありません。

変に疑った気持ちで相手の人と接するよりもより親近感もあっていいとは思います。

ただ、何でもかんでも安易に信じてはいけません。

そこはやはり用心して最悪のパターンも想定しながら相手の人と接するべきです。

それが人間の世界の世渡りの仕方です。

人間に相手の心や気持ちを読み取る能力がない以上、人の話は半分半分の気持ちで聞く方がいいでしょう。

もし相手がバリバリの詐欺師だったとしたら、何も考えていない人など5分もあれば陥落されてしまうでしょう。

無駄な損害を何度もやっていたらそれこそあなた個人の問題ではなく家族全体の問題になってしまいますからね。

他人の言うことは話し半分程度に聞いておくのが生きる上においてはベターだと思いますよ。

占いなどにはまりやすい

また何も考えていない人は占いなどにも安易にはまりやすい傾向があります。

テレビや雑誌の血液占いや星占い程度を信じるのはまだいいですが、対面で料金の発生する占いにはまってしまうと1か月でどれほど散財してしまうか想像もつかなくなってしまいます。

人間は初対面の相手には疑いの気持ちを多少は持って臨むくらいがいいのではないでしょうか?

相手が全て、あなたを騙そうと思って近寄ってくるとは限りませんが、被害を受けてからでは遅すぎる事が多々、ありますからね。

考えるということは、自分への災難を最小限に抑えるための最大の防御策なのですよ。

6、自分の意見を持ってない


6つ目は「自分の意見を持っていない」です。

それはそうでしょう。

通常、人間というものは自分の意見を持っていれば、その意見に対抗するような意見が出れば反論しますからね。

奏すれば否が応でもものを考えながら反論するわけです。

何も考えずに相手と論争を起こすことなど考えられませんからね。

自分の意見を持っていない、という事はわざと持っていないようにしている事もあるでしょう。

要するに意見の衝突が怖いからです。

人と意見が合わなくなって嫌われることを恐れているからです。

だから何も考えていないようなふりをしているのかも知れません。

しかし、自分の意見を持たない人間ほど魅力のない人間はいない、という事も客観的な事実です。

人間は多少の理論武装をして他者との言い合いを経験しながら成長して生き物だということを忘れないで欲しいですね。

7、優柔不断で自分で決められない

7つ目は「優柔不断で自分で決められない」からです。

優柔不断な人は何をするにおいても自分で決めることが苦手です。

例えば外食に会社の同僚と食べにいった時。

要領のいい人ならばメニューを見るなりパッと決めて注文してしまいます。

その他の人達も多少、迷いながらも時間をかけるような事はしません。

ところが優柔不断な人は違います。

自分が食べたいものを決めるのに時間がかかります。

ああだ、こうだと屁理屈をつけながら。

一緒に行った者たちのことなど、お構いなしの態勢です。

これは日頃から何を食べたいか、ではなく一緒に行った他の人達に迷惑をかけてはいけない、という配慮が全くないから起こる現象です。

要は周りの空気をまるで考えていない、という事になりますね。

この場合の「考える」は仲間と過ごす楽しい時間を、自分のためにシラケさせない、という配慮なのです。

是非、次からはそのような事がないよう、気を付けましょうね。

8、主体性がない

8つ目は「主体性がない」です。

「主体性」は自らの核となる意見です。

主体性があるから、その人の行動規範が世間に認められ周囲の者も安心してついてゆく事が出来るのです。

いわば、組織のリーダー的立場を任せられる存在、とも言えます。

と、いう事は主体性のある人は他の人よりもより多く物事を考えている、といって差し支えないでしょう。

で、なければとても自分が主体となって組織やチームを引っ張っていけるはずがありません。

きちんと計画性を持って考えているからこそ、その人の主体性に脚光がゆくのです。

反対に何も考えていなかったら、誰かに依存するばかりで主体性は全く育成されないでしょう。

考えないということは様々な分野・領域であなたの将来を奪ってゆくことになるのですよ。

9、人の意見に頼りがち

9つ目は「人の意見に頼りがち」です。

「人に頼る」ということはつまり、自分に自信がないからです。

自分で何も決められないということです。

言い方を変えれば「意気地」がない。

「勇気」がない。

「責任感」がない、というようにも捉えられるでしょう。

まあ、人の意見に頼っていながらでも本人にとってそれが最も気持ちのいいものであるならば、周囲の人間がとやかく言う必要もないでしょうけれどもね。

ただ、そのような人間、はっきり言って自立は出来ないでしょう。

自分の意見というものがないという事は生きてゆく上で物凄いリスクを背負っている、という事実を早く悟るべきでしょうね。

10、自分の好みや趣味を把握してない


10個目は「自分の好みや趣味を把握していない」です。

本当に幸せな人ですね。

自分の好みや趣味すらも把握していないのですから。

一体、あなたは何を目標にして生きているんですか?と、思わず尋ねたくなってしまいます。

自分の好みや趣味というものは、せちからい世の中を生き抜いていくに当たっての一服の清涼剤に値するものです。

だから、人は自分の好きな事や趣味には没頭出来るのです。

それを楽しんでいる間は「非日常」というものを味わうことができますからね。

しかし、何も考えていない人にはそれすら楽しむ感覚がないようですね。

「無趣味」「無感動」という人間が生きる目標がなく、何の為に自分が今、生きているのか?という自問自答をやった事もない人たちです。

少しでもそれらについて考えたなら、自分の好きな事や趣味についての把握くらい、すらすらと言えるはずですけれどもね。

11、人生設計を持っていない

11個目は「人生設計を持っていない」です。

この特徴は、もう何度も確認できたものですね。

そもそも生きる目標というものを考えたことがないのですから「人生設計」を立てたことがあるはずがありませんよね。

人生設計をしっかり立てようと思ったなら、人並みに頭を使って考えない事にはとても立てられないでしょう。

それくらい「人生設計」というものは甘いものではありません。

自分の将来の夢は何?

それを実現させようと思ったら何歳までに必要な事を準備すればいい?

また、どのような学校や職業に就けばその夢に近づける、など。

まさに真剣に考えれば考えるほど思考は幅広く展開されてゆくはずです。

人間の脳は使わなければただのタンパク質の塊です。

しわもなくなって、すべすべの「脳みそ」になってしまいます。

それでもいいなら「人生設計」の構築を放棄すればいいでしょう。

12、論理的な考えができない

12個目は「論理的な考えができない」です。

論理的な考え。

これについては少々、難しく考えすぎている方もおられるかも分かりませんね。

特に女性の方はこういった思考方法が苦手かも分かりませんね。

論理的な考え方とは、これまでの経験や実際に行動した結果などの情報やデータを自分の中に構築していって、物事の対応策や処理の仕方などにおいてあなたの過去のデータを生かして可能か不可能かを判断してゆくために用いる考え方です。

だからあてずっぽなものの考え方は「論理的」とは言わないのですよね。

こう言ってしまうと難しそうで私にはさっぱりわからない、と論理的考え方から逃げてしまう方もいるかも分かりませんが、そんな杞憂は一切不要ですよ。

論理的思考あなたの蓄積された過去の経験をベースにして、あるいは「証拠」にして物事を考える手段にすればいいだけですから。

まあ、ここまで力説してきた「論理的な考え」も何も考えない人にとったら、どうでもいい事なのでしょうね。

13、人の話を聞いてない

13個目は「人の話しを聞いていない」です。

まあ、ものを考えない人が人の話しを一生懸命、聞いているとは到底思えませんよね。

人の話しを真剣に聞いているのなら、その話を分析して自分流の考えをぶつけてくるはずですからね。

そうなれば「会話」というものが成立します。

会話は勿論、頭で考えながら行うもの。

となれば、人の話しを聞かない、という人は五感のうちの「聴覚」を使っていないということですから、どだい、頭を使う会話の展開に持って行く事は出来ないでしょう。

ただ、何も考えていない人は人の話しを聞いていないくせに自分の意見をシャアシャアと言う人がいます。

もうここまでくると、何を考えているのか理解不能の世界になってきますね。

14、他人のせいにする傾向がある

14個目は「他人のせいにする傾向がある」です。

何も考えていない人は自分で責任を取りません。

だから上げ足を取られないよう、話をしないのかも知れませんね。

あるいは責任逃れをしたいばかりに何も考えていない振りをしているだけかも分かりません。

まあ、それ以前に性格の問題も追及しなければばらないかも分かりませんね。

仮に自分自身に非があったとしても他人のせいにするようならば、これは何も考えていないを通り越して確信的知能犯の可能性も出てきますからね。

15、考えない人は考えていることがぶれやすい

15個目は「考えない人は考えていることがぶれやすい」という事です。

「考えていることがぶれやすい」、これはその人の意見がコロコロ変わったり、客観的に正しくないため嘘扱いされたりする、という事です。

結局、深く考えていないから起こる「墓穴を掘る」行動という事になってしまうのでしょう。

物事を考えるからには深く、深く考えなければ意味がありません。

簡単に論破されたり嘘を見破られるような意見では、その人物に全幅の信頼を寄せることは到底、難しいでしょう。

すぐにぶれてしまうような意見は、世間は考えあぐねた末のその場しのぎ、程度にしか見てくれませんよ。

16、自己中心的な性格が多い

最後の16個目は「自己中心的な性格が多い」です。

自己中心的な人というのは周囲の事や空気を読む、などという行為は一切しません。

自分の発言・言動が全てなのです。

反対に周りの人間に配慮したり気を遣っているような人間は絶対に自己中な人間にはなりません。

優先順位をどこに置くかで人間の考え方はここまで変わってくるのです。

残念ながら高齢になっても自己中心的な性格の人は、もう手の施しようがないでしょう。

しかし、まだ20代の若い世代なら十分、挽回は可能です。

頭を柔らかくしましょう。

どんな人の意見も差別せず聞き入りましょう。

そして己の考えを後回しにしましょう。

相手の事を最優先に考えることが「考える」行為の始まりなのですよ。

考えない人に対する対処法

それでは次に参ります。

考えない人に対する対処法を考えてみましょう。

自分の身の回りに一人でも「考えない人」がいるとその場の空気は一変するもの。

特にあなたが職場のリーダー的立場だったら、これはかなり重要な解決テーマとなってしまうでしょう。

そこであなたがチームのリーダー的立場だという事を仮定して、考えない部下やチームメイトがいた場合の対処法について考えていきましょう。

自分の意見を口に出させる

1つ目は「自分の意見を口に出させる」です。

まずはともかくその人の口から意見を出させるように仕向ける事です。

その人の意見の中身について、怒ったり責任を取らせるような行為は勿論、行いません。

とにかくその人本人の口からなにかを言ってもらうのです。

人間、口から言葉を発するためには当然ながら考えて発言します。

相手の質問の意図を図ろうとしますから前後の文脈をたどって考えた末に自らの意見を口から出すはずです。

まずはこの行為から始めていきましょう。

中身の吟味や事の顛末を決めるのはまだまだ先の話しでいいですからね。

考えなくてもできることをさせる

2つ目は「考えなくてもできることをさせる」です。

どうしてもその人が考えた末の発言が出来ないのならば、リーダーは方法を変えましょう。

その人がその組織の一員という意識を持たせるために何か考えなくともできる簡単な作業を与える事です。

ただ、与えっぱなしではいけません。

リーダーは必ずその作業の出来栄えや途中段階をチェックしてその人に語りかけるのです。

とにかくその考えない人に「所属意識」を持たせることです。

リーダーから時間を置かず色々と声をかけられたらいくら物事を考えていない人でも何かしらの疑問が浮かぶはずです。

この疑問をタイムリーに解決していけばその人はその組織における自分の役割や立ち位置が理解できてくるに違いありません。

ただ、この作業はリーダーの資質も問われる作業です。

非常に地味ながら根気のいる作業です。

焦ってしまっては元も子もなくなってしまいますからね。

全てにおいて自己責任を持たせる

3つ目は「全てにおいて自己責任を持たせる」です。

考えない人間に「責任」という意識はまず持っていないでしょう。

それを敢えて持たせてその人間に自覚を持たせようとするのがこの対処法です。

もしかしたら案外うまくこの作戦は成功するかもしれません。

元々、考えない人間たちも野心というものは持っています。

うまくゆけば自分も認められていい仕事が回ってきたリ言いポジションにつけるのではない?という気持ちです。

こういった気持ちを密かに持っている人物に対してならこの対処方はうまくゆく可能性があります。

但し、かなりの人物眼をもって見れるリーダーでないと見極めるのは難しいかもしれません。

それくらい考えない人間たちは手を焼く存在だからです。

全く相手にしない

4つ目は「全く相手にしない」です。

これは結構、キツイ対処法です。

やられる方もキツイと思うのですがやる方はもっと心身ともにキツサを実感することになるでしょう。

そもそも組織のリーダーを任される人間が特定の相手を決めて全く相手にしない対処法をとるというのは、およそ人間の取るべき道ではないからです。

これでは一種の「いじめ」と同じ行為ですからね。

やる方の心の痛みが手に取るようにわかります。

ただ、この対策で問題になるのはリーダーのそのような思いを理解できずに考えない人間の事を擁護する人達が現れることです。

そうなってしまうとチームはバラバラになる可能性もあります。

この対処法を実行する際は周囲の人間にも十分、あなたの意図を説明しておく必要があるでしょうね。

ミスや失敗を責めないで方法を教える

5つ目は「ミスや失敗を責めないで方法を教える」です。

この対処法はターゲットとなる考えない人に「見こみ」がある、と判断できた場合に用いれば効果は大きくアップするでしょう。

考えない人はもしかしたらヤル気はあるのかもしれません。

それをリーダーが見定めて指導してゆけばその人は大きく変化できるかも分かりません。

その為にはリーダーは短気にならず失敗やミスを責め立てることもせず、しっかりとやり方や方法を、身をもって教えるのです。

うまくゆけば、その考えなかった人が戦力として化けてくれる可能性もありますよ。

自己理解を深めさせる

6つ目は「自己理解を深めさせる」です。

考えていない人だから人間的な成長は見込めず、永遠にそのままの状態、という発想はあまりにも乱暴だと思われます。

真に優秀なリーダーであればそんな考えない人間たちをもひとかどの戦力として「改造」できるかもしれません。

そのための対処法の一つが「自己理解を深めさせる」という方法です。

考える事をしてこなかった人たちに一つのきっかけを与えて自己の本質を悟らせ、自分ならばどういったことが出来るのか、どうやったらこの目の前にいるリーダーの役に立つことができるのか。

それらの問題提起を促せて自己理解に結びつけてゆくのです。

人間というものは期待をかけられて嬉しくないはずがありません。

いくら今まで考えてこなかった人生を歩んできたからといって完全なる社会の落後者となったわけではありません。

良きリーダーとの出会いは、今まで考えてこなかった人たちの「自我」を呼び起こし「自己理解」が出来るようになる格好の機会を与えてくれる事でしょう。

あえて疑問を投げてみる

7つ目は「あえて疑問を投げてみる」です。

考えない人のヤル気をいかにしたら引き出すことが出来るか?その解決手段の一つとして挙げられるのがこの「疑問を投げかける」です。

「何故、あなたはこのルール通りにやらない?」「何故、あなたは出来るはずなのに真剣にやろうとしない?」など、出来うる限りその人のプライドをくすぐるような疑問や質問を投げかけてみるのです。

もしかしかしたら意外な前向きな回答が却ってくるかも分かりません。

彼らも何かのきっかけが欲しかっただけだったのかも分かりません。

とにかくあれこれ考え過ぎずにあえてさりげなく疑問を投げかけてみることです。

思いもよらなかった好展開が期待できるかもしれません。

しかしないかもしれません。

長い目で見ながら接していくことがあなたに試されるでしょうね。

時間を与えて考えさせる

8つ目は「時間を与えて考えさせる」です。

日頃から考える癖がない人間に即答を期待しても始まりません。

余計に彼らの浮世離れ加減が目に付くばかりになるでしょう。

よって時間をかけてもいいので彼らにある課題を与えて考えさせるのです。

この時注意したいのは、彼らの事を放置しない事。

もしかしたら驚くべき速さで考えた結果を言いたがっているかもしれないからです。

リーダーは常に目配りをしている姿勢が問われる場面ですね。

直接指示するのではなく、考えるようにうまく誘導する

9つ目は「直接指示するのではなく、考えるようにうまく誘導する」です。

この対処法は最終段階的な意味合いを持ちますね。

あなたは考えない人たちに直接の指示を出さない代わりに、「どうやったらこの仕事がはかどるか?」などの期待値を込めた言い方で彼らに接するのです。

期待をかけられた、と気付いた考えない人たちも、さすがにモチベーションが上がり驚くような回答を考えてくれるかも分かりません。

相手のいい面を引き出す。

これもリーダーが行いたいマネジメントの一つといえるでしょうね。

考える力は生きていくうえでとても大切

如何だったでしょうか?考えない人の特徴を16個、そして考えない人たちへの対処法を9個、ご紹介して参りました。

人間は「考える葦」です。

頭を垂れるくらいに深く考えてきたからこそ、素晴らしき社会を作ることができたのです。

ただ、人間がたくさんいればどうしてもその中には期待に反した行動をとってしまう人がいる事も確か。

人間の心は機械のように同じような機能、働きに統一することは出来ませんからね。

思うようにならないのが人間の心でもあるのです。

だからといって社会に牙むく行為を取るような事はやってはいけません。

そんな事を行えば法律によって罰せられるだけ。

せっかくの人生が台無しになってしまいます。

しかし、考えずに生きていく人生も程度の差こそあれ、人生を台無しにする生き方であることに変わりはないでしょう。

人間には他の動物にない「巨大」な脳を持っています。

この脳をフル活用しない手はありません。

使っても使っても脳というものはすり減りません。

適度な休息を与えれば脳は更にパワーアップしてくれます。

死ぬまで勉強、という生き方もまんざら嘘ではありません。

脳を使って考える。

生きていく上でこれほど大切な事はないという事に早く気付くべきでしょうね。