好きな想いが実り交際できた嬉しさがこみ上げる気持ちは分かりますが、あまりに好き好きオーラ全開でいると、相手がその気持を重たいと感じてしまい、せっかくの恋も一方通行で終わってしまうかもしれません。

祖ならないためには、彼氏が好きすぎる女性の特徴を知り、反面教師として、そうならないように努力することも必要だと思います。

本記事では、彼氏が好きすぎる女性の特徴・行動、そして、そのような行動を取ると彼氏がどう思うのかご紹介していきます。

彼氏好きすぎる女子の16個の特徴

人を好きになり愛し合うことは素敵なことですが、あまりに好きというオーラ全開で彼氏と向き合っていたために、彼氏から重たいと敬遠されている彼女も少なくないんだそうです。

では、具体的に彼氏に重たいとまで言われてしまうような、『彼氏好きすぎる』女性にはどんな特徴があるのか見ていきましょう。

1. 男性の顔色を伺う


ある男性を好きになり、その想いが叶って彼氏彼女になれたことは実に嬉しい話ですが、その関係を壊したくない一心で、常に男性の顔色を伺って行動を取ることがありませんか?

実は、これって男性に嫌われたくない一心でやってしまいがちな女性の特徴の一つでもあるのですが、実は自分の意見を一切押し殺してしまう危険な行動でもあり、『本性が分からずこころを開いてくれない』とか、常に自分の意見にばかり合わせてくると言った感情を与えてしまい彼氏に『面倒』と思わせてしまうんだそうです。

顔色を伺うということは相手へ気遣いしていることでもあるわけで、たまにそういった行動を取るのは実に素敵なことでもあるとは思いますが、あくまで自分を出せている女性に限った話で、それもたまに顔色を伺う程度で大丈夫です。

あまりにも顔色を伺ってしまう女性は自信を何処かで失くしかけているのかもしれませんので、まずは心を開いて、彼氏と向き合いながら素を出せるようにしましょう。

2. 相手を束縛しがち

男性が一番嫌がる、女性の好きすぎる行動の一つで、交際直後から何かにつけてメールさせてきたり、行動を監視されたりなどなど、何かと束縛されることがよくあります。

もちろん彼氏も、彼女のことは愛していますが、それでも自分の時間を何処かで持ちたいというきもちはあるでしょうし、常に行動をともにさせるような束縛させる行動を取られると、やはり息苦しさを感じ、重たいと思えてくるものです。

特に男性の場合は、仕事仲間と飲み会に出かけたり、たまに一人になりたい時があったりしますし、束縛のし過ぎは、嫌われるきっかけになりかねませんので、気をつけるようにしましょう。

【束縛女にならないために、こちらの記事もチェック!】

3. 彼氏の言う通りにする


これも先程お話した、男性の顔色を伺うに共通した話ですが、彼氏に嫌われたくないと自信を持てない女性は、そのことから逃れるように、とにかく彼氏の言うとおりに何でも行動を起こします。

ある意味、『忠実なメイドではないか?』と思いたくなるほど見事に彼氏の言いなりになってしまい、嫌われないように徹底してしまうんです。

しかし、そういった女性に対して男は何処か冷めてしまう部分を持っているのも事実です。

本能的に思い通りにならない女性ほど、なんとか思い通りにしてやろうと必死になってしまう気質を持っているので、何でも言いなりだと飽きてしまって次の女性へと気移りしてしまうんです。

もちろん、勝手な話だとは重々承知していますが、本能的にはそういう一面を持っていることも事実ですし、それ以上に、言いなりばかりになっている女性に対して、本性が分からない疑心暗鬼に映ってしまう恐れだってあるので、自分の意見を出さずに、なんでも彼氏の言いなりになっている女性は危険度が高いといえるでしょうね。

4. 四六時中彼氏のことを考えている

彼氏として、自分のことを彼女が考えてくれていることは非常に嬉しいことですが、あまりに度を過ぎてしまい、ストーカーのように四六時中考えられてしまっていると、そのことが非常に重たく息苦しく感じてしまうことがあります。

誰しも、交際中であれば、自分の時間と彼氏彼女の時間を持っているはずです。

それが、バランスよく持たれているからこそ、カップルとして上手く交際できるわけですが、彼氏を過ぎすぎる彼女というのは、そういうことを考えることが出来ず、好きの気持ちが強くなりすぎて、どうしても彼氏のことを四六時中考えてしまうのです。

流石に度を過ぎて彼氏のことを考えすぎてしまうと、重たいと感じさせてしまいかねませんので、くれぐれも彼氏のことであっても考え過ぎは注意しましょう。

5. 全てを彼氏の都合や予定に合わせて行動する

あなたの都合を犠牲にして、全て彼氏の都合や予定にあわせて行動するのも、彼氏が好きすぎる女性の大きな特徴の一つで、自分の都合をお押し付けてしまうとそれだけで嫌われてしまうんじゃないかと恐れてしまい、気がついたら、極端なほど、彼氏の都合や予定に併せて行動をともにしてしまうのです。

しかし、考えようによっては、彼氏と離れず常に行動をともにしているということでもあるので、彼氏自身が、どこか監視されているような束縛されているような印象に受け取ってしまうこともあるでしょう。

彼からしてみれば、自分の時間も大切にしたいですし、一方で、何か無理矢理彼女の都合を自分に合わせさせているという申し訳ない気持ちにさせられる部分もあり、どちらに転んでも決して気持ちのいいものではありません。

変な意味で面倒と思われてしまう恐れが高くなるだけなので、彼氏と一緒にいたい気持ちは分りますが、多少は控えるよう気をつけましょうね。

6. 友達にも彼氏の話ばかりする

念願の彼氏が出来、嬉しい気持ちが前に出すぎてしまうがために、友達に彼氏の話ばかりしてしまう女性は少なくありません。

のろけ話というべきか、自慢というべきか、彼氏が好きすぎて前が見えず、友人に対して、彼氏のプライベートな部分までも話してしまうなんてこともあるでしょう。

しかし、いくら彼氏彼女の関係になったといっても、彼氏も一人の人間であり、誰にも話したくないようなプライベートを持っています。

それを、彼にとっては不特定多数と言ってもいいような人たちに公表されてしまうのは、決して気持ちの良い話ではありません。

もちろん、その相手は、全くの赤の他人に話されているわけではなく、彼女の友人であるわけですが、それでも彼にとっては、ある種赤の他人です。

あくまで彼女だからプライベートを明かしてくれているに過ぎないので、あまりべらべら友人に彼氏の話をしないほうが、彼氏から嫌われないためには良策だと思いますよ。

7. 友人や家族に会わせたがる

彼氏のことが大好きで、その想いが叶い彼氏彼女の関係になると、思わず、家族や友人に合わせたがる女性っていらっしゃいますよね。

そういう女性の多くは、周囲に自慢したいとか結婚を視野に入れて両親に早く彼を合わせたいと考えているケースが非常に多いと言われています。

とにかく幸せオーラ全開で、周囲からもおめでとうと言ってもらいたい気持ちが高まるのだとは思いますが、それって危険のサインでもあります。

彼氏にだって彼氏の都合ってものがあるでしょうし、それを何か物みたいに扱われ、なにかあるごとに彼女の関係者に引き合わされたらたまったものではありません。

これがたまたま出会った中で紹介される程度のものとか、本当に結婚を前提に付き合い、彼女のご両親に引き合わされるときなどは、彼氏も快諾してくれるとはおもいますが、それ以外は嫌悪感露わにしてしまう恐れもあるので、あまり周囲に見せびらかすように友人や家族に合わせるのは控えたほうが良いかと思いますよ。

8. 彼氏の前ではブリッ子


男は、鈍感な上に単純なので、たとえそれが彼氏の前だけ豹変させるぶりっ子だったとしても、その事に気が付かずに、『可愛い』、『守ってあげたい』、『自分のことを好きでいてくれている』と錯覚してしまうところがあります。

その事を女性はちゃんと理解して、彼氏の前だけぶりっ子を決めているなんて女性も少なくありません。

やはり、彼氏のことを好きすぎる想いが強いので、少しでも気に入ってもらおうとアピールしまくってしまうのでしょう。

ただし、彼氏の前だけはぶりっこしていないということは、彼氏彼女の関係になる前には、その彼氏にも普通の態度を取っていたんだと思いますし、あまり落差が激しすぎると、流石に彼氏も態度を察知し、急激に冷めてしまうなんてことにもなりかねませんので、ぶりっ子もほどほどにしたいものですね。

【あなたはぶりっ子な人の特徴、当てはまりますか?】

9. 相手も自分のことを大好きだと信じて疑わない

彼氏彼女の関係にあるの以上、多少なりとも彼氏があなたに行為を持ってくれていることは間違いないでしょう。

だからといって、それが、相思相愛でこよなく愛し合ってるとは限りません。

もちろん愛し合っていることは事実だとは思いますが、好きな度合いや、付き合って時間が経過していくとともに、相手への想いが変わっていることも十分有り得る話です。

しかし、そういった考えを持たずに、何か根拠のない自信に取り憑かれたかのように、大好きな彼氏だから、自分のことをずっと大好きでい続けてくれていると信じて疑わないのが、彼氏のことが大好きで周囲が見えなくなってしまっている彼女の大きな特徴であるといえるでしょう。

周りが見えないということは、すなわち冷静な判断もできなくなっているという表れでもあり、あまりに好きすぎて、相手の気持を考えることが一切出来ず、自分のことが大好きと信じて疑わないという思考を持ち始め、最悪ストーカーのような行動を取ってしまう可能性もあるでしょう。

人の感情は季節のように移ろいやすくなるものです。

あまり彼氏を好きすぎて、そのことを忘れてしまうのは注意が必要だと思いますよ。

10. 好き嫌いを相手に合わせるようになる

結婚式で女性が切る白無垢やウエディングドレスが、白である意味として、『あなたの色に染まります』という意味合いがあるというのは有名な話で、その事を考えると、彼氏のことが大好きな彼女が、彼氏の好き嫌いに合わせて行動を取ろうとする行為そのものが、決しておかしいとは言い切れません。

実際に、大好きな彼氏の好みに合わせるのは当たり前と、髪型や服装をイメチェンする女性はいらっしゃいます。

そして、その事を男側から見た時に嬉しいと思う男性が多いというのも事実で、特に外出先で、彼の仕事仲間や家族に紹介した時に女性の好みのセンスを疑われずに済めば、プライドだって保たれ、喜んでくれること間違い無しと言って良いでしょう。

ただし、だからといって自我を捨てて、全ての好き嫌いを彼氏に合わせてしまうのは、彼氏としても気が引けてしまいます。

彼女のことを守ってあげたいと思っているのに、これでは守られていると言ったほうが正しくなってしまいますし、彼女を犠牲にしてしまっていると感じるのは、男のプライドを傷つけてしまうことにもなりかねず、決して好ましい行動とは言えないのです。

彼氏を好きすぎる女性は、つい、限度を超えて、彼氏の好き嫌いに合わせた行動を取ってしまいがちですが、少し冷静に考え、多少は自分の意見もしっかり取り入れながらTPOをわきまえた行動を取るようにしましょうね。

11. 感情のコントロールが苦手

彼氏のことが大好きでたまらないという女性の多くは、周りのことが見えないくらい彼氏のことを愛しているために、ちょっと会えなくて寂しくなると涙もろくなってしまったり、かと思いきや、たまに会えたとなると、周囲の目を気にせず過激なほどにラブラブしてきたりすることもあるそうです。

しかも、相手の状況関係なくメールしてきたり、欲求そのままぶつかってしまい、気がつけば感情のコントロールがつかなくなってしまったという女性も少なくないんだとか…

もちろん、そんな彼女に対しても、最初の内は、彼氏も優しく甘えさせてくれるのですが、徐々に感情の起伏が激しくなり、少し会えないというだけで彼氏に当たり散らす様になると、流石にドン引きして重いと敬遠してしまうようです。

相手を好きになり甘えたりすることは、彼氏にとっても嬉しいことであるので、その事自体が悪いとは言いませんが、多少は彼の都合なども考えてあげて、あくまで甘える程度に感情をコントロールしておかないと、最悪破局という事態に陥りかねないので、くれぐれも感情を爆発させすぎないように注意しましょうね。

【感情をコントロールする方法を身につけるにはこちら!】

12. 他の女性と話していることを非常に気にする

女性と付き合っているという男性の中には、ちょっとした知人女性と何気なく会話しているだけなのに、その事を彼女に気にされてしまい困惑しているという方もいらっしゃるでしょう。

先程も、彼氏のことを好きすぎる女性は彼氏を束縛する気質を持っているとお話しましたが、これもその表れの一つであり、彼氏のことを好きすぎて依存してしまう人ほど、ただの知人レベルにも関わらず、彼氏が女性と会話しているだけで異様なほど気にしてしまいます。