CoCoSiA(ココシア)

リス顔はモテる!6個の特徴とリス顔になれるメイク術


今や何でもある顔ですよね。

人間の顔は個性があると言われているため、しょう油顔やソース顔などいろんなものに例えられている事が多いです。

私たちの顔はそれぞれ個性がありますので、全く同じ顔をしている人間などいません。

今回は今きていると言われているリス顔について、ご紹介していきましょう!

犬顔、猫顔、狐にたぬきなんか色々ありますが、なんでもありですね。

◯◯顔って色々あるけれど

人間は曖昧な表現を好みたがります。

バブル世代に流行った醤油顔やソース顔など、調味料に例える言葉もあるくらいです。

ただ調味料系は男性の顔を例える言葉、女性は動物に例えられるようですね。

ただ判断がわかりにくいので、何となく感覚で構わないと思います。

犬顔や猫顔、キツネ顔にタヌキ顔など…


私はよく親友から犬っぽいと言われる事が多いです。

犬顔とはどんなものかというと、私のはあくまでも一例として下さい。

私は犬っぽいとは言われますが、何故か捨てられそうで可哀想な犬っぽいと言われる事があります。

あまり良い言葉ではないのですが、それを言った親友曰くいじめたくなるような可愛さがあるのだそうです。

そのせいかよく可哀想な人として見られたり、感情表現が豊かとも言われました。

犬って実際飼い主に対する愛情表現がストレートですものね。

猫顔というのは気まぐれな感じでしょうか?

犬と違ってツーンっとしているイメージがあります。

キツネは分かりやすいですね。

ドラえもんに出てくる骨川スネ夫っぽいイメージです。

スネ夫だとあまり良いイメージではないかもしれませんが、目が細くて人を小バカにしているような感じというのが正しいでしょう。

昔からキツネは化かすという言葉がありますからね。

タヌキはちょっとわかりにくいですが、おっとりしている感じでしょう。

キツネ同様にタヌキも化かすとは言われていますが、そこまでひどいイメージではなく平成たぬき合戦ぽんぽこ的な感じですね。

親しみ安さがあります。

️今キてるのはリス顔!

数々の動物顔の中でも今一番来ているのがリス顔と言っても過言ではありません。

リスを実際に見た事はないですが、愛玩動物として可愛いというイメージを抱いている人はたくさんいます。

やっぱりかわいいと思えますからね。

ただリスって実際の所は農家にとっては一番やっかいな害獣として有名だそうです。

何でもその可愛さゆえについつい逃がしてしまうほどだとか。

猫以上に性悪かもしれませんね。

リス顔はモテる顔?

リス顔の芸能人で言えば、女優の石原さとみさんがいい例ですね。

あまり意識していませんでしたが、言われてみれば確かに石原さとみさんはリスっぽい顔立ちをしているかもしれません。

元AKB48の大島優子さんや山本美月さんなど他にもリス顔の方はいますが、圧倒的に石原さとみさんの人気は高いです。

実際に大島優子さんは顔以外はともかくとして愛らしいと評判が高く、色んな男性から好かれていますよ。

石原さとみさんは今現在だけでなく、ずっと人気がありますしモテていますからね。

一生恋愛に困らない顔と言われる


何故一生恋愛に困らない顔と言われているのか、その理由は人相学的なものによります。

そもそも人相学とは何か?という事ですが、顔の相や骨格など人体のつくりを見て、その人物の正確や運勢を占うとされているものです。

人相学は顔の作りだけでなく、表情やメイクなどの顔を細かく見ていきます。

それらを全て総合すると一生恋愛に困らないと判断されるそうです。

実際石原さとみさんや大島優子さんたちは、男性に困ったことがありません。

よく色んな人との噂を聞きますし、特に大島優子さんはAKB48時代からたくさんの噂があったくらいです。

恋愛禁止とされているはずのAKB48時代だったはずなのに、とても軽いイメージはありますけどね。

️リス顔の人の6個の特徴

リス顔の特徴は目、輪郭、鼻が重要とされています。