生活をしていると、色々な人と出会いますよね。

気の合う楽しい人もいれば、一緒にいると心ほっとやすらぐ人、そしてどうしても好きになれない人もいるはずです。

何がどう好きじゃないか分からないけど、どうにも好きになれない人もいるでしょう。

もちろんノリや性格、身だしなみが許せない!と具体的な苦手ポイントがある人もいますよね。

しかし、嫌いだからといって、全く関わらずに済むことばかりではないと思います。

嫌でも一緒に行動しなくてはいけないことや、話をしないといけないこともあるでしょう。

そんなとき、わざとらしく避けてしまったり、あまり会話をしないようにしていては、まとまる話もまとまらなくなってしまうこともあるのではないでしょうか。

また、仕事などに支障がでてしまうこともあるようです。

嫌いな人のことを好きになるのは、簡単なことではないはずです。

何も知らないのに嫌いになることなんて、あまりないですよね。

嫌いになるのには、何かしら嫌なポイントがあったんでしょう。

ただ、嫌いになってしまった人を好きになることができるかもしれません。

今回はその方法をご紹介していきます。

これを試せば、もしかしたら嫌いな人の良さを発見し、好きになれるかもしれませんよ。

嫌いな人を好きになることってできる?

嫌いな人というのは、見ているだけでもイライラしたりもやもやとマイナスの気持ちが心を覆っていってしまったりするでしょう。

『こんな人のことを好きになる人なんているの?』なんて思ってしまう人もいるかもしれません。

しかし、誰からも嫌われている人って実際あまりいないと思います。

そして、仮に周りから嫌われていたとしても、好きになろうと努力してみれば、そんなに悪い人ではないと思い直すこともあるそうです。

なので、一度『嫌いな人』と位置付けてしまったとしても、冷静に見てみたら好きになることができるかもしれません。

固定概念は捨てて、接してみるのも大切だと思います。

嫌いな人ほど、あなたが好きにならないといけない

そして、あなたが嫌いだと思っている人ほど、あなたのほうから好きになることが必要だったりします。

『嫌い』と思ったままその相手と接すると、相手にも無意識のうちに伝わってしまったりすることも多いんです。

あなたも『この人自分のこと嫌いなんだろうなー』と接していて感じることってあるんじゃないでしょうか。

そう感じると、あなた自身も相手のことを好きには、なかなかなれないと思います。

ですから、嫌いな相手ほど好きだと思えるように努力することは、物事を円滑に進めるためにも必要なことなはずです。

なので、なるべく好きになれるよう、いくつかの方法を試してっみることをおすすめします。

その結果、嫌いな人を少しでも好きになれたら、大成功だといえるでしょう。

嫌いな人を好きになる方法5個

では、嫌いになってしまった人を好きになるには、どうしたらいいのでしょうか。

嫌なことをされてしまったり、合わない部分があったからこそ、好きではなくなってしまったんだと思います。

その相手をまた好きになるには、マイナスをひとまずゼロに、そしてプラスに変えていくことなので、そんなに簡単なことではないでしょう。

また、無理やり好きになる必要はありません。

その人への印象をまずはまっさらに戻して、改めて接してみたら、意外と最初の印象と違うなんてこともあるようです。

その方法を5つまとめていきますので、ぜひ試してみてください。

1、いいところだけを見る


一度嫌いになってしまうと、悪いところばかり目に付いてしまいがちだと思います。

しかし、誰にだって悪いところもあれば良いところもあるはずです。

それなら、良いところだけを目にするように心がけたらいいんです。

いいところだけを見るようにすれば、『この人にもこんなにいいところがあったんだ。』と見直すことがあるかもしれません。

一度いいところを見つけて、印象が良くなると、意外と悪いところが目に付かなくなるなんてこともあります。

なので、まずは少し無理にでもいいところだけを見るようにしてみましょう。

そうすることが嫌いな人を好きになるための第一歩だと思います。

悪いところは見ない

嫌いな人って、どうしても悪いところが目についてしまうんですよね。

そのため、何も気にせずにその人を見ていいところを見つけようとしたところで、目につくのは悪いことばかりなはずです。

そのため、一度印象をまっさらにしてから、その人をゼロの状態で見ることが必要になってきます。

そして、一度いいところを見つければ、あとは自然と悪いところは目に付かなくなることもあるみたいですので、はじめが肝心です。

頑張ってみましょう。

2、その人を徹底して褒める

嫌いな人を褒めるってハードルが高いと思います。

褒めるところがあれば、仕事などに支障がでるほど嫌いにはならないと思いますし、苦手くらいにとどまるのではないでしょうか。

また、嫌いな人に対していいところを素直に褒めることって、なかなかプライドなどが邪魔して言えない人もいるかもしれません。

だからこそ、嫌いな人を徹底して褒めるよう努力するのが必要です。

少しでもいいところや褒められるところを見つけたら、積極的に口に出して褒めるようにしましょう。

そうすることで、相手の人も嫌われてるという思いが薄くなるかもしれません。

また、いいところをきちんと口に出すことで、あなたの中にも嫌いな人のいいところが印象づきやすくなるともいえます。

言葉の持つ力は大きく、はじめは無理やり言葉にしていたとしても、だんだん本当にその人のことを自然と褒められるようになってくるでしょう。

そうすることができれば、嫌いな人への『嫌い』という気持ちが薄れていると思います。

プラスの言葉を使いましょう

『嫌い』という言葉自体がマイナスなので、嫌いな人を見るだけで楽しかった気持ちに影ができてしまったり、マイナスの感情が出てきてしまうと思います。

しかし、マイナスの言葉や感情ばかり使っていると、その人への印象もどんどんマイナスになっていってしまうものです。

なので、なるべくプラスの言葉を使うように気を付けましょう。

そうすることで、『嫌い』という気持ちが少しでも薄れ、その人のことを『プラス』に考えられるかもしれません。

3、笑顔で接する

嫌いな人とはなるべく笑顔で接するようにしましょう。

嫌いな人というと、それだけで顔がむっとしてしまったりするかもしれません。

しかし、そんな表情の変化って意外と周りの人には気が付かれてしまいます。

そして、それは嫌いな人本人にも。

むっとした表情や、無表情をされてしまうと、誰だって良い気はしないと思います。

なので、嫌いな相手にこそ笑顔で接するように心がけましょう。

笑顔になるだけで、気持ちが前向きになったりプラスの気持ちをもてるようになる効果もあります。

そのため、少し無理にでも笑顔で接することで、嫌いな人の印象を自然と良い方向にすることもできるかもしれません。

それに、誰だって話している相手が笑顔のほうが、気分良く嬉しくなりますよね。

4、相手といる時間を増やしてみる

どうしても嫌いな人とは、避けてしまったり一緒にいる時間をなるべく減らそうとしてしまうと思います。

しかし、逆に嫌いな人と一緒にいる時間を長くしてみましょう。

はじめは、何を話したらいいのか気まずい時間が流れてしまうかもしれません。

ただ、何かがキッカケで話が盛り上がったり、意気投合することがあることもあるようです。

また、似た価値観を持っていることが分かったりして、相手のことを前より身近に感じられるようになることもあるんだとか。

そういった可能性があるので、まずは嫌いな人といる時間を増やしていってみてはいかがでしょうか。

もちろんそれは二人きりである必要はないですし、一緒の輪の中にいることから始めていき、適度に距離を縮める努力をしてみることがおすすめです。

知らなかった部分が知れるかもしれない

深く接していて、嫌いになることよりも、仲良くなる前に嫌なところが目についてしまい、嫌いになってしまうことのほうが多いのではないでしょうか。

なので、嫌いな人を知っていくうちに、意外と知らなかった魅力に気が付くかもしれません。

その少しの魅力に気が付くことが、嫌いな人を好きになるキッカケにだってなるはずです。

なので、嫌いな人との時間を増やして、もう少し深くまで知ることが重要になることだってあるでしょう。

5、共感できるところをみつける

共感できたり共通の趣味などは、人の距離を簡単に近くすることができます。

なので、共通点や共感できる考えを探してみましょう。

自分と嫌いな相手との共感できるポイントが見つかれば、話すキッカケにもなるはずですし、話すようになれば最初の印象から変わった経験もあると思います。

なので、毛嫌いしてしまわずに接点をもつようにしてみましょう。

そして、嫌いということはなるべく忘れて、偏見などを持たずにいることが一番大切なことです。

そうして、好きになることができたら、いいですね。

嫌いな人への接し方も紹介!

嫌いな人を好きになるための方法をお伝えしてきました。

その多くが嫌いな人と直接接する必要があるものだったと思います。

しかし、嫌いな人と接するのはなかなか抵抗があるでしょう。

好きになるために接しなくてはいけないのは分かっていても、抵抗があると良い方向には進みにくいかもしれません。

なので、ここから嫌いな人と接するための方法をまとめていきます。

接する前にこのことを心掛けて挑めば、良い方向に事が運ぶかもしれませんよ。

嫌いは避けては通れない


たくさんの人と出会うと、どうしても嫌いな人が出てきてしまうのは仕方がないと思います。

しかし、嫌いな人だからといって、関わらずにいることが良いことではないでしょう。

どうしても関わらなければいけないとなれば、話すことは避けられませんよね。

そんな時、嫌いな人はなるべく少ないほうがいいのです。

そして、話さなくてはいけないときにもいくつかのポイントがあります。

そのポイントをおさえることで、上手に接することができるかもしれません。

1:なるべく会わないようにする

どうしても好きになれないときには、なるべく会わないようにするのが一番です。

全く会わないのは無理にしろ、なるべく会わないように気をつけることは無理ではないでしょう。

会って直接話すことを不自然ではない程度に避ければ、悪いところに目がつくこともなく、さらに嫌いになってしまうことを減らすこともできるはずです。

そして、遠くからいいところを見つける努力をすることで、数少ない会う機会も苦痛が少なく、会って接することができるといえると思います。

一緒にいる時間は短時間だけにする

会う時間をいくら減らしたところで、会ったときに長時間一緒にいては、嫌いな相手のマイナスの部分が目についてしまうでしょう。

なので、一緒に何かをする時間はなるべく短時間にするようにするのがおすすめです。

そうすることで、マイナスの部分が見えてしまう前に、終わらせることができるはずです。

そうした短時間接することを繰り返すようにすることで、だんだんと嫌いな人のいいところが貯まっていくかもしれません。

そうして慣れて好印象になっていったら、自然と一緒にいる時間も長くなっていくのではないでしょうか。

2:意識的に普通に接すること

好きな人とは意識しなくても普通に接することができるはずです。

しかし、嫌いな人と接するのはなかなか普通には過ごせないと思います。

苦手意識というのは、隠そうと思ってもなかなか隠せずに漏れ出てしまったりしますし、あからさまに嫌な顔をしてしまっては相手もいい気持ちにはなれないでしょう。

なので、嫌いな人と話すときには意識して普通に接するように心がけることが必要です。

ただ、いきなり普通に接すると言われても、『自分の普通って?』、『普段どんな風に人と接していたっけ?』と悩んでしまうかもしれません。

そのため、普通の人や好きな人と接していたり話していたりするときに、普段の自分を客観的に見てみるようにしたら、分かると思います。

ただ、それでも分からないときには、好きな人に話しているつもりで嫌いな人と接してみてください。

きっとそれがあなたの普通だといえるでしょう。

はじめはぎこちなくなってしまうかもしれませんが、だんだんと意識しなくても普通に接することができるようになるはずです。

挨拶や口調も変えない

普通に接するというのは、表情だけではありません。

いきなり会ったときの挨拶や話しているときの口調にも気を付けましょう。

表情が違ったとしても、挨拶や口調に違いがあったら、相手はやっぱり壁を感じてしまったりしてしまうと思います。

人は話している相手に壁を感じてしまうと、自分も壁を作ってしまう傾向にあるそうです。

そのため、嫌いな人と接する際には表情や空気感だけでなく、挨拶や口調も普通を気を付けましょう。

嫌いな人にも好きな人にも同様に普通を気を付けるようにすることで、嫌いな相手との壁をなくし、その相手のいいところが見つかる可能性だって増えるかもしれません。

その可能性を増やしていくことで、嫌いな人のことを好きになれる機会が訪れることだってあるようですよ。

3:話す内容に気をつける

ここまで嫌いな人と接する際には、時間や表情、挨拶や口調などに注意するとお話ししてきましたが、もう一つ大事なポイントがあります。

それは、話の内容です。

どんなに一度に話す時間を短時間にしようと、表情や口調に気を付けていようとも、話の内容が良くなければ台無しになってしまうこともあるでしょう。

仕事の話などの必要最低限の話は、あまり問題にはならないと思います。

しかし、その合間に話すことが原因で、関係や印象がさらに悪くなってしまうことも。

せっかく色々と気を付けているのに、そんなところで嫌いに逆戻りしてしまっては、もったいないですよね。

そのため、話の内容にも注意が必要です。

避けたほうがいい話の内容としては、あなたのほうが明らかに詳しいことや、あなたがこだわりを持っていることなどは、ムキになってしまったり、嫌に思ってしまうことがあるので、あまりおすすめはしません。

なるべく当たり障りのない話の内容で、様子を見ることで次の話の内容が見つかることもあるかもしれませんね。

感情的になりそうな話はNG

中でも避けるべき話の内容は、冷静ではいられなくなってしまう可能性のある話の内容です。

感情的になると、どうしても言い合いになってしまったり、意見が決裂してしまったりすることがあります。

そうなってしまっては、嫌いな人を好きになる作戦は、成功確率がガクンと落ちてしまうはずです。

そのため、自分に余裕がなくなってしまったり、感情的になってしまう可能性のある話の内容は避けるべきだといえるでしょう。

なるべく自分があまり知らない分野やこだわりの薄い話題など、関心の薄い話題のほうが感情的になりにくい傾向にあるかもしれません。

なので、話の内容にはよーく注意して、話すようにしましょう。

だんだん距離が上手く縮まってきたと思ったら、深い話題もするようにしていけば、もしかしたらあなたを理解してくれる理解者になることもゼロではないはずです。

嫌いな人と話す時に注意するポイント

嫌いな人に対してのことを色々と説明してきました。

好きになるためには、様々な方法があると分かってもらえたと思います。

はじめは気を付けることがたくさんありすぎて、緊張してしまったり上手くできなかったりすることもあるでしょう。

ただ、全てを完璧にやろうとしていっぱいいっぱいになってしまうよりも大切なことがあるはずです。

それは、相手を好きになろうと思うことです。

好きになろうと努力することで、自然とあなたの表情は柔らかくなるでしょうし、言葉遣いも好意的に変わっていくかもしれません。

なので、ポイントばかりいれて頭でっかちになってしまわずに、適度に緊張をほどいて自然体でいられるようにすることを気を付けてみてはいかがでしょうか。

きっとあなたが相手を好きになりたいと考えている気持ちは、相手にも伝わった良い方向に事が運ぶと思います。

1、硬く身構えない

あまり考えすぎて緊張のあまり身構えてしまうのは、かえって逆効果になってしまいかねません。

緊張は相手に伝わりますよね。

なので、嫌いな相手と話したり接したりするときに、あなたが緊張していたら、相手もなっぜ緊張しているのか、緊張しないと話せない相手なのかと勘ぐってしまったり、話していてもギクシャクしてしまったりすることが考えられると思います。

そんな不自然な状態になってしまったら、なかなか良いところを引き出すこともできなくなってしまうかもしれません。

そのため、あまり硬く身構えすぎないようにし、なるべく自然体で普段通りのあなたでいられるようにしましょう。

そうすることで、相手にもあなたの良いところが伝わり、あなたに好印象を持ってもらえれば、相手も優しくなって良い関係が築けるかもしれませんね。

2、全体を見る目を忘れない

嫌いな人を好きだと思えるように意識するあまり、周りが見えてしまう人がいるんだとか。

そんなに一生懸命に考えられることはいいことだと思います。

しかし、全体を見ることを忘れてしまうと、変な誤解をされてしまったり、不自然になってしまうこともあるようです。

また、周りからの目は一番信用するべきポイントかもしれません。

周りと同じように接しているつもりでも、冷たい態度になってしまっていたり、逆に緊張が周りにも伝わってしまっていたりなど様々です。

そんなときは周りに意見を求めてみてもいいかもしれません。

また、周りから『あの人に冷たいけど嫌いなの?』と聞かれたりしたら、無意識にそうなってしまったんだと考え直すキッカケにもなるでしょう。

そして、全体を見ることを忘れずに気を付ければ、極端に緊張してしまったり意識しすぎてしまうことも避けられますよね。

3、嫌いな人と争うのをやめる

嫌いになったキッカケが意見の違いやライバル視してしまったことによるものだった場合、何かと争うことをやめてみるのが一番です。

嫌いな人がしたことや言ったことは、何かと面白くないかもしれません。

しかし、闘争心を燃やしていると相手の悪いところばかりが目についてしまうはずです。

そのため、まずは相手のアラを探して、ライバル視することをやめましょう。

そして、なるべく共感できるところを探すことが大切です。

共感し、共通点などのポイントを見つけると、人は親近感を抱きやすいんだそうです。

また、自分と意見が違ったら、まずは一度受け止めることを心がけましょう。

こういう意見もあるんだと一度しっかりと受け止めることで、自分の意見を言うにしても柔らかく聞こえると思いますし、言葉の使い方も変わってくることもあるでしょう。

こういった少しずつの変化によって、相手もあなたに対してツンケンした態度をやめる可能性もあるでしょう。

あなたが闘争心を持っている限り、相手の闘争心もなくならないはずです。

相手との関係や印象を変えたいのであれば、まずはあなたの考え方を変える必要があるんだとか。

あなたが変わることで相手のトゲも抜け、意外と簡単に良い関係になれたなんてこともあるようですよ。

4、関わる時のメリットを見つける

嫌いな人を好きになるために必要不可欠なのが、関わることですよね。

しかし、なかなか気持ちが乗り気にならないでしょう。

そんなときは、その相手とかかわることで得られるメリットについて考えてみたらいいかもしれません。

人と関わるのに、メリットやデメリットを考える人ってあまりいないと思います。

ただ、メリットは考えないにしても、嫌いな人と関わることのデメリットを考えてしまう人は多いのではないでしょうか。

それと同じように、その相手と関わることでのメリットも考えてみたらいいと思います。

たとえば仕事の話を進めて、円滑に進むように調整できることもあるでしょうし、意見交換をして良い意見が出てくることもあるかもしれません。

そう考えて接してみたら、意気投合してさらに良いものが作りせることもあるはずです。

5、極力気にしない

嫌いな人の言葉や行動って、いちいちカンに障ったり、嫌な気持ちになったりすることがあると思います。

しかし、このときに深く気にしないようにしましょう。

気にしないように気を付けていれば、大抵のことは笑って受け流せるようになるはずです。

また、一つ一つを気にしていたら、それこそまた悪いところが目についてしまったり、やっぱり嫌いと思ってしまうかもしれません。

なので、はじめの頃はふわっと聞いておきましょう。

そうして関わっていって、良いところも目に付くようになってから、緊張しないで少し本音で付き合っていくように変えてみるのも手だと思います。

気にしないようにしても、はじめはなかなか気になってしまったり、引きずってしまうこともあるでしょう。

しかし、これもこの人の性格なんだと思うことで、もしかしたら多少気持ちが楽になるかもしれません。

こういう言葉を使ってしまったり、こんな行動をしてしまうけど、代わりにこんな良い部分もあると思えるようになったら完璧だといえるはずです。

嫌いな人には積極的にこの言葉をかけよう!

最後に嫌いな人を好きになるために使うと効果的になるであろう言葉をいくつか紹介していきます。

この言葉を使えば、相手も良い気分になるはずですし、その言葉を言っている自分も気分が良くなるはずです。

自分が言った言葉で、相手が喜んでくれたり嬉しいと思ってくれるのであれば、言う価値もあるでしょう。

そして、そんな言葉を言ってくれるあなたに対して、好印象を持ってくれるはずです。

好印象を持った相手には、誰だって優しくなれますよね。

相手の印象が変われば、あなたの相手へのイメージが変わることだってありえます。

嫌いを好きに変える方法は、いろんなところに潜んでいるのです。

1:ありがとうございます

まずは相手に感謝の言葉を言うことです。

『ありがとうございます。』と言われて、嬉しくならない人はいないでしょう。

ただ、当たり前ですが嫌味などで言うことはいけません。

本当にされて嬉しかったことをきちんと感謝するようにしましょう。

何か取ってもらったり、会議の準備をしておいてくれていたり、感謝するタイミングは無数にあるはずです。

また、いつもはうやむやに、周りの人と同じタイミングでさらっと言っていたかもしれません。

それをきちんと相手の目を見て、相手にも自分が感謝の言葉を言ったと印象づくように伝えることがポイントです。

なんとなくみんなに言われたのではなく、しっかりと『ありがとう』と言われると、それが印象に残ります。

その印象によって、あなたの印象ごと良い方向に変わることも大いに考えられるでしょう。

2:今日も素敵ですね!

もしかしたら紹介する言葉の中で難易度が一番高いのがこの言葉かもしれません。

朝会ったときやすれ違うときに、『今日も素敵ですね。』と声をかけられて嫌な気持ちになる人がいるでしょうか。

きっと誰もが自信を持ち。

それからの気分が上がってしまうと思います。

また、この言葉は『今日も』ときちんとつけることが大切です。

“も”という言葉を使うことによって、『いつも素敵』と言われていると感じる人もいるはずです。

そして、もし何かおしゃれなポイントや変化に気が付いたら、『今日の洋服も素敵ですね。』や『今日の髪型も素敵ですね。』なんて具体的なポイントを伝えてあげれば、さらに効果は期待できると思います。

もしかしたら、そのうち相手からも『あなたもここが素敵ね。』なんて素敵のお返しがくるかもしれませんよ。

3:〜さんすごい!

最後に、何か感心することがあったり、すごいと思えるようなことがあったら、素直に『すごい』と伝えましょう。

ちょっとしたことでも『すごい』と伝えることで、自分のことを見てくれているんだ、分かってくれているんだと感じ、好印象を持つと思います。

そして、言葉の持つ力はすごいので、『すごい』と言っているあなたも、だんだん本当に相手のことをすごいと感じ、印象が良くなってくるかもしれません。

まとめ

今回は嫌いな人を好きになるための方法についてまとめてきました。

色々な方法、考え方があったと思います。

一つでも実践できそうなものがあれば、まずは実践してみることをおすすめします。

ただ、大切なのは嫌いな人を好きになろうと努力する気持ちかもしれません。

『この人、自分のことを知ろうとしてくれているんだ』と感じれば、心を開いてくれるキッカケになることもあるようです。

そうして努力した結果、嫌いだった人と仲良くなれたら色々と円滑に進むでしょうし、嫌な気持ちになることも少なくなるので、気持ちよく毎日過ごせるのではないでしょうか。