CoCoSiA(ココシア)

ムカつく人への大人の対処法13選。黙らせるにはコレ!


生きていると必ず職場や学校などの集団生活が伴う場所にムカつくと思う人が現れると思います。

ムカつく人が現れるたびに仕事などに支障をきたしてしまうこともありますよね。

この記事では、ムカつく人への大人の対処法についてご紹介していきます。

黙らせたい人がいる時はうまく対処できるように参考にしてみてくださいね!

この記事の目次

ムカつく相手に対してとってはいけない行動

いきなりムカつく人に対して優しく接しろ、気にするななどは難しいと思います。

まずは接し方をマスターするよりも、ムカついた時にとってはいけない行動を確認しましょう。

おそらくほとんどの人はこのような行動を取っているので、いつまでたってもムカつく人への対応がわからずにストレスになってしまっているのかもしれません。

故にまずはマイナス的な部分から見つめてしっかり理解していきましょう。

取ってはいけない行動をマスターして、そのうえで、ムカつく人への接し方をマスターすれば、大人な対応ができますよ。

または、取ってはいけない行動を理解することで、接し方も簡単にマスターできるかもしれませんよ。

ぜひ、この機会にとってはいけない行動をマスターしましょう。

もしかしたらなぜ今までそのような行動を取っていたのか疑問に思うかもしれませんが、それは仕方がありません。

周囲にそのような人間が多かったからです。

人間は周囲の人間に影響を受けやすいなのです。

つまり、正しいかどうかもわからずそのような習慣が刷り込まれているのです。

感情的になる

ムカつく相手を前にして感情的になるのはよくありません。

最近は、日本の場合だと政治の場面で議員同士が感情的になってしまう場面をよく見ますが、あれはよくありません。

どんな時でも冷静に対応するのが大人の対応なのです。

感情的になると、相手も感情的になってお互いに相手の意見を聞かず、自分の意見しか言わないので、終止がつかなくなってしまいます。

また、感情的になると、自分自身のコントロールも難しくなってしまうので、あとあとになって後悔することばかりが増えてきます。

故にムカつく人に何か言われても、何かされても感情的にならないことが大切です。

まずは、一呼吸です。

もしくは、立ち場が上の相手でも、子どもだと思って接することが大切です。

また、やってるよ的な感じで余裕を持つようにしましょう。

感情的になってしまうとあなたも相手と同等な人と言う感じになってしまいますので、気をつけましょう。

攻撃しようとする

たとえ相手がムカつく人であっても、攻撃的な感情を生み出してはいけません。

自分の行いは自分に返ってくる。

つまり、相手に対して攻撃しても、攻撃はやがて自分に返ってくるのです。

攻撃しても自分にとっても相手にとっても意味はありません。

結局、その場しのぎになってしまうので、ムカつく人がいる環境の改善にはなりません。

ムカつく人に何かされても、何を言われても攻撃的なことを考えてはいけません。

攻撃したいと思う心こそ、弱い心です。

耐えるのは難しいと思う人も多いと思いますが、耐えるのではなく、余裕を持つことが大切です。

余裕を持てるようになると、耐えるよりもストレスを感じなくなるので、攻撃的なことも考えようとしません。

つまり、自分自身に余裕を持つことが大切なのです。

ムカついても「仕方ないな」と思うようにすることが肝心です。

仕返ししたくなる気持ちを抑えて

ムカつく人に何かされると仕返ししたくなる気持ちはわかりますが、自分の行いは自分に返ってくるのです。

仕返ししても、いずれは仕返しが自分に返ってくるのです。

つまり、仕返しをしても解決することはないのです。

故に仕返ししたいと思う気持ちを起こしてもぐっと耐えなければいけないのです。

さらにレベルの高いスキルとなると、仕返ししたくなる気持ちを起こさないようにすることです。

そのための最もな方法としては、思いを持たないことです。

思いを持つと、そうなってほしいという願いが生じてしまうので、そうならないと、ストレスになってしまいやがて攻撃的な考えを思いついてしまうのです。

仕返しについて詳細はこちら >