何かに失敗してしまった時に、「まあ、何とかなるさ」と考える人と、「やってしまった!もうだめだ」と悲嘆にくれる人がいます。

前者はどちらかと言うと楽天家のようで、後者は厭世家(えんせいか)とでも呼ぶのでしょうか。

厭世家とは何事にも悲観的で厭世的な考え方をする人のことです。

英語の表現では楽天家が「optimist(オプティミスト)」で、厭世家は「pessimist(ペシミスト)」と言います。

楽天家というのは、どんなことでもポジティブに考える性格のようです。

私の友人は、その楽天家とも言うべき性格のようです。

どのようなところが楽天家だと言うと、先日も仕事が終わって仲間3人と最寄りの駅から私鉄に乗って帰ろうとしたら、踏切事故が発生してその路線の運行は停止されていることが分かりました。

もう一人の友人は、振り替え輸送をしているので他の私鉄に乗って帰るということでその場で別れたのでした。

楽天家の友人と二人になったので、どうしようかと考えていたところ、いい機会だからそこらへんで一杯飲もうと提案してきました。

それもそうだと思って、近くの居酒屋で久しぶりにその友人と飲んだのでした。

「ちょっとビールでも飲みたいと思っていたから、ちょうどいい。なあに一時間もすればダイヤは平常に戻るよ」といたって呑気なのです。

私の方は、もし事故処理が遅れたりすると帰りが遅くなることも考えられるので、そんなに落ち着いて飲む気もないからです。

「そう心配するなよ!事故処理の対応能力はすごいからね。

もし遅くなって帰れなくなったら、その辺のサウナにでも泊まるよ」と変な余裕があるのです。

結論から言うと、一時間ほどしてから駅に向かうと、少しダイヤは乱れていましたが無事に乗って帰ることが出来たのです。

もう一人の友人の方は、振り替え輸送の私鉄に乗ったのでしたが、多くの会社の退社時間と重なったために乗り換え客が非常に多くなって、すし詰め状態で何とか帰宅したようです。

しかも、最寄りの駅から家までの距離も遠くて、一時間ほど歩いてクタクタになって帰ったそうです。

そのことを聞くと、楽天家の友人は「そら、飲んで帰った方が楽だったのに」と自分の判断が良かったと自慢したのです。

楽天家とは、どんなことが起こっても、すべてポジティブに考えるようなのです。

では、もう少し楽天家の性格について考えてみます。

楽天家な性格とは?

考え方が楽天的かどうかを判断する時に、有名な「グラスの中の水」の話があります。

グラスに半分の水が入っています。

この水の量を見た時に、「半分しかない」と思うか「まだ半分ある」と思うかでその人の性格が別れてしまいます。

楽天家と言われる人は、「まだ半分もある」と前向きに考えるようです。

たとえ運悪く事故に遭って怪我をしても、「この程度の怪我で済んで良かった」と運がよかったと喜ぶのです。

普通の人なら、運が悪かったとか自分の能力が足らなかったと落胆するのですが、楽天家の場合は常に前向きに考えるのです。

何かに失敗してしまうと、「次に頑張ればいいか」などとすぐに気持ちを切り替えられるのです。

恋愛の時にも、好きな相手に振られてしまっても、「きっと自分にもっと良い人が現れる」と前向きに考えられるのです。

どのようなことでもポジティブに考えてしまうようです。

常にネガティブに考えてしまう人とはまったく真逆の性格なのですが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

楽天家の長所や短所についても調べてみました。

楽天家の長所と短所15個!

何が起こっても、自分に影響のある不利なことがあっても、意に介さない平気な人がいます。

嫌なこともまったく気にしないのかと言うとそうでもなくて、一瞬気になるけれども次の瞬間には「なんとかなるさ」とポジティブに考えることができるのです。

「あの人は楽天家だね」と言われるのです。

このように、楽天家だと言われることは、褒められているのでしょうか?細かいことが気になる性格の人は、「私も楽天的に考えたいわ」と羨ましく思うようです。

でも、楽天家と言うのは、羨ましく思われるように良いことばかりなのでしょうか。

それでは、楽天家の長所と短所について考えてみましょう。

~長所~

みんなが羨ましがる楽天家ですが、その明るさに憧れているのです。

明るく振る舞うことが良いことのように感じてしまいますが、楽天家にも長所も短所もあるのです。

まずは、その長所についてまとめてみました。

1、嫌なことがあってもすぐに立ち直る

「楽天家」は何事も気楽に考えてしまうようです。

深刻に考えることが苦手のようで、いつもポジティブに考えるようにしているからです。

つい楽天家の人を見ていると、「のんきな奴だ」と叫んでしまいそうです。

なぜ真剣に考えないのかと言うと、深く考えても意味がないと考えているからです。

嫌なことが会っても、失敗をしてしまっても、その程度の事なら何とかなるだろうという気持ちが優先しているのです。

周りの人が、最悪は深刻な状況になってしまうと判断していろいろと備えを考えるものですが、楽天家はそんな先ことにまで気を配ることができないのです。

だから、将来の深刻な状況というものを理解できない性格なのです。

たとえ、嫌なことがあっても、それがもとでどんなことが起こるのかという予測をする気がないのです。

嫌なことがあっても平気なのです。

「楽天家」は、嫌なことがあってもすぐに立ち直ることができるのです。

2、物事に対して冷静に考えることができる


楽天家の性格が役に立つことがあります。

それは、何か大きな問題が発生した時です。

普通の人は、責任感を感じてすぐに何とか解決しなければと思い込んで、焦って狼狽してしまいます。

急いで何かの対応をしようと慌ててしまい、さらに余計なことをしてしまって火に油を注ぐことになってしまいます。

問題が起きた時には、それによって最悪の連鎖を想像してしまい、そのために緊張してしまうのです。

緊張してしまうと、良いアイデアも浮かんできません。

「どうしよう、どうしよう」と走り回ってしまうのです。

本来なら、そんな時こそ冷静な判断が必要なのです。

有効な対策をするためにも、有識者のアドバイスが必要なのです。

「楽天家」の場合はどうでしょうか。

楽天家の場合は、緊張することが少ないようです。

焦らずにむしろ冷静になれるのです。

何とかできるだろうと楽観的に考えるからです。

慌てても、むしろ失敗することが多いということを知っているのです。

このように、楽天家は人生のネガティブな側面を知らないという訳ではありません。

もしうかつに事を進めても、上手く行かないこともあることを熟知しているのです。

どうしても現時点では上手く行くことが困難だと判断すると、出来ないことには固執せずに新たなポジティブなことに目を向けようとしているのです。

だから、こんな時の「楽天家」は、物事に対して冷静に考えることができるという長所があります。

3、広い心を持っている

以外ですが、楽天家はやる時にはベストを目指す傾向があるのです。

いい加減なことはしたくないと常々思っているのです。

会社などで仲間と一緒にある仕事に取り組んでいる時に、仲間のミスで上手く行かなかったとしても、その人を責めるということはしないのです。

誰でも失敗することがあると理解しているのです。

だから、そんな事で失望してしまうことはないのです。

仲間が落ち込んでいても、むしろ彼らを激励する立場になるようです。

そして、新たなチャレンジができるように、その場の雰囲気を変えていく特徴も持っているのです。

「こうやれば、もっとおもしろい結果になるよ」とか「この程度の失敗なら、かすり傷程度のようなものだよ。

この結果は、これからのチャレンジに参考になるよ」などと、失敗してもそれを活かすポジティブな考えを展開するのです。

このように楽天家は、何でも世の中は自分達の思うようには進まないことを理解しているような、広い心を持っているのです。

「失敗は成功の基」という論理を実践できる能力を秘めていると言えます。

4、失敗は、チャンス!という考えを持っている

人生の中では、重要なところで失敗ばかりする人がいます。

希望の大学に入学できなかったり、希望する会社に入社できなかったり、好きな相手に振られてしまったりと、例を上げればキリがありません。

そのような場面に遭遇しても、あの大学には行くな、あの会社には入るな、あの人とは付き合うな、と神様が言ってくれているのだなどと、自分の都合にいいように考えてしまうのです。

だから、もっと自分に良い自分にふさわしいものがあるはずだと納得するのです。

楽天家は、それらの事実を失敗だとは思っていないようです。

新たな目標を持つことができる絶好の機会だととらえるのです。

世間では失敗したと思っていても、本人は一つの通過点であって、失敗とは認識していないのです。

というのも、すぐに次の新しい目標に向かって堂々とチャレンジできる体制を取るのです。

失敗は次の新たなチャレンジのきっかけだと思っているのです。

「失敗は成功の基」なのです。

5、どんなことでもポジティブ思考


「楽天家」の特徴であるポジティブ思考は、日本では「プラス思考」とも呼ばれています。

プラスと言うからには、考え方になにかプラスになるのでしょうか。

ポジティブ思考というのは、物事をいつも肯定的に捉える考え方だと言えます。

有名な「グラスの中の水」でも分かるように、水が半分入ったグラスを見た時に「まだ半分も水が残っている」とプラスに考えてしまいます。

このように考えるだけでも、何か前途が明るく感じるものです。

これに対して、「ええっ!半分に減ってしまった」などと悲観してしまうと、周りの人も気分的に落ち込んでしまうのです。

会社で仲間が何かミスをしてしまっても、「こんなことは時々あるよ。こうすると失敗することが分かったのは良い経験だ。それよりも同じ失敗をしないように、気を付けよう」と激励すると、雰囲気も明るくなるのです。

失敗も良い経験と判断し、どんなことでもポジティブに考えることができるのが「楽天家」の特徴なのです。

6、環境が変わっても楽しめる

楽天家とは、どんなことでもポジティブに考えることができると書きました。

何事も前向きなのです。

常に悪い方に考えてしまうネガティブ思考の人とは正反対なのです。

失敗しても、「次、頑張ればいいか!」とすぐに気持ちを切り替えられます。

ちょっと損をしても、「大きな損害を受けなかったから、まあいいか」などと頭を切り替えるのです。

そして、過去のことをくよくよと思い出さないのです。

友人と待ち合わせをした時に、約束の時間に来なかっても、「何か急用ができたのかな?」とか「事故にでも遭ったのかな?」などと気遣うのですが、友人との待ち合わせはこんなもんだろうと余裕をもって受け入れてしまいます。

時には、「誰か楽しい仲間を連れてくるのかな?」などと、前向きな空想をしてしまうこともあるのです。

だから、環境が変わっても、次々とポジティブな出来事を想像してしまう性格なので、新しい環境にもすぐに適応して楽しむことができるのです。

7、人の悪口を言うことが少ない

どんな状況に陥っても、ポジティブ思考は崩しません。

思い通りにいかなくても、「そのうちに流れが変わるよ!」などと平然としているのです。

流れが悪くても、流れというものはいずれ自分に都合の良い方向に流れるものだという信念を持っているのです。

だから、ちょっとなにかでつまずいても、それを次に利用する気持ちも持っています。

つまずいたことで、次はもっと上手く行くと信じているのです。

もしも、誰かに騙されても、それは一つの人生勉強なのだと納得してしまうのです。

だから、普通の人はまた同じように騙されないようにしようと警戒するものですが、楽天家はそれほど警戒しないのです。

誰とも同じように明るく接するために、同じようにまた騙されてしまうことにもなるのです。

他人をすぐに信用してしまうという性格なのです。

ということで、人に悪口を言うことが少ないのです。

時には、騙されたことに気付かない時もあるようです。

8、頭の回転が速い

楽天嫁の周りには、多くの人が集まってきます。

楽天家は前向きで明るく、人を喜ばしたリ驚かせるのも好きな性格でもあるのです。

結構、社交的な人が多いようです。

何事にも前向きでくよくよと考えるタイプでもないし、気配りも得意なのでそれにみんなが憧れて引きつけられるようです。

楽天家の周りには、明るい人も多く集まります。

集まってきている人は、楽天家のもつポジティブなエネルギーを分けてもらおうとしているようです。

周囲の人に好かれていることを感じているので、以外にも交際の術を心得ているようです。

こういう態度を取れば良くないとか、理解も速いようです。

同じミスをしてしまうという点では、深く考えないと思われがちですが、コミュニケーションにおいては頭の回転が速いのです。

9、発想力が豊か

ポジティブな発想力が抜群です。

どんな状況に陥っても、こうすればもっと良くなるとか、こんなに良いことが隠れている、などと希望に満ちた意見を発信するのです。

同じ現象を見ても、普通の人はすごく冷静にそのままを感じてしまうのですが、楽天家なら大いに感動してみんなが見つけられないような素晴らしいところを発見してしまうのです。

いろんな角度から眺めることができるので、いろんな発想が生まれて来るのです。

発想力が豊かなのです。

~短所~

楽天家は長所ばかりではありません。

長所が転じて短所になっていることもあります。

先ほど書いたように、人の悪口を言わない、つまりはすぐに人を信じてしまうことです。

一度騙されたにも関わらず、またその人を信じてしまうことにもなるのです。

騙してやろうと思っている人にとっては、いい鴨なのです。

おまけに二回目では、もっと大きな嘘をついて損害を与えてしまうこともあるのです。

世間でいう「鴨葱(かもねぎ)」なのです。

「鴨葱」とは、鴨が自分で葱(ネギ)まで背負ってやって来ることで、すぐに鍋にでもして食べられてしまうような好都合のことです。

楽天家のようなお人好しが、相手に有利な材料を持って行くようなものです。

それでも楽天家の人はへこたれないようです。

1、集中力が長続きしない

楽天家は何事もポジティブに考える習慣があります。

だから、みんなと一緒に何かを始めても、周囲のスピードにはついて行けなくなるのです。

というのも、自分のペースで何でも考えてしまい、気が付くと自分が置いていかれてしまっていたということも多いようです。

仲間もその人が楽天家だと認識しているので、彼なりに良いように考えているのだろうと思い込んでいるために、その人が遅れても平気なのです。

周りの人も、その人なら何とかするだろと思っているのです。

つまり、楽天家はマイペースで動くものと思い込まれているのです。

ということで、自分だけでマイペースで行うということは、効率とは無縁であって、そのために集中力も衰えてくるのです。

集中力が長続きしないことが短所でもあるのです。

難しいことに突き当っても、別の方法もあるはずだと楽天的に考えてしまい、集中して取り組むこともしないのです。

2、最後までやり遂げることがあまりない

楽天家は、仕事で何かのテーマをもらって行動を起こしても、時には自分の都合のいいように解釈してしまいます。

テーマを実行する過程で、何か難しいトラブルに出会うと、このテーマはもともと間違ったことをもとに設定されていると考えたり、このまま進めても得られる効果は限られるとか、自分流に考えてしまうのです。

それよりも、自分の考える方法の方が、きっと素晴らしい結果を招くとポジティブに考えてしまい、結局途中で軌道修正してしまうのです。

そうすると、初期の目的が変わってしまい、最後までやり遂げることが出来なくなるのです。

しかも、軌道修正したことをポジティブに納得しているのです。

3、約束は忘れがち

楽天家は、自分に都合の悪い事については、あまり関心がないようです。

そのような約束はよく忘れがちになってしまうのです。

もっと楽しい方法があるのではと、約束をすぐに自分なりに修正したり変更したりしてしまいます。

そのことを相手にも納得させずに、きっとお互いにメリットが生まれるはずだと思い込むのです。

楽天家の頭の思考は、常に新しい前向きなことにチャレンジすることを考えていますから、どうしても元の約束は忘れがちになってしまうのです。

楽天家と付き合う時には、この点を注意しましょう。

4、周りの人にもポジティブを押し付けることがある

おもしろいことに、楽天家の人に何かの問題の対策を相談に行くと、解決策と言うのがみんなポジティブに考えた方法なのです。

「これをすると、きっと結果も良くなって行くよ」などと、決して悪い結果には導かないように説明して来るのです。

「もしもの場合、こんな悪いことになってしまうのでは?」と逆に質問をしても、「そんなことはないよ。

こうなるとは思わないか?」などと、ポジティブに考えるように強要して来るのです。

就活の面接試験で落ちた学生に向かって、「君の本質を見抜けない面接官が悪い。

そんな会社に行かなくても、もっと君にふさわしい会社があるよ!」とポジティブに考えることを押し付けるのです。

そう言われるとその時にはポジティブに考えて元気になる時もあるのですが、それで問題が解決するわけでもなく、この人に相談しても根本的に解決できないと思ってしまうのです。

5、怒られても原因を深く考えないことがあるため、成長が遅い人も

失敗しても、あまり深刻には考えないようです。

今回はうまく行かなかっただけで、次回はきっと上手く行くはずだと自分に納得させるのです。

本来は、しっかりと反省をして、失敗に結び付いた原因をしっかりと確認して、次に同じ間違いを起こさないような慎重さが要求されるはずです。

しかし、先ほどのように次は上手く行くはずだと前向きに考え過ぎてしまい、失敗の原因をしっかりと検証する作業を飛ばしてしまうことも多いのです。

じっくりと集中して考える経験がないのです。

時には、マイナス思考で本質を見直す作業も必要です。

それを行わないということは、気を抜いて失敗を繰り返すということであって、成長が遅れてしまうこともあるのです。

怒られても原因を深く考えないことは、成長が遅くなる可能性もあるのです。

6、他人をすぐ信用するので騙されやすい

どんなに嫌な相手で会っても、その人の良いところを探してしまうのが楽天家なのです。

どんなに小さなことでも、プラスの面を見つけようとします。

本心からの行動であって、どのような人に対しても同じなのです。

相手が騙そうとして近寄ってきても、どんなに大げさなことを話しても、「きっと悪い人ではない」と信じ込んで騙されることも多々あるのです。

他人をすぐに信用してしまうので騙されやすいのです。

普通の人なら、騙されると本当に悔しくて仕方がないのですが、楽天家と言うのはそれほどダメージを受けない性格のようです。

案外、ケロッとしているのです。

短所もあるけどいいとろこも沢山!楽天家になる方法

楽天家になりたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

どうしてもマイナス思考になってしまう自分が嫌で嫌で、楽天家が羨ましいと思ってしまいます。

どんなに些細なことでも、つい思い返してネガティブに考えて悩んでしまうのです。

どんなに苦しくても、どんなに辛くても、楽しく明るく振る舞える楽天家になるには、どのようにすればよいのでしょうか。

楽天家には短所もあるけれども、いいところもたくさんあるようです。

楽天家になる方法を教えてください。

1、失敗しても深く考えすぎないようにする

楽天家のイメージとしては、いつもニコニコと微笑みを絶やさない性格だと思います。

何があっても、ほとんど動じない強い意識を持っているのでしょうか。

それとも、その後のことを何も考えない単なるノー天気な性格なのでしょうか。

そんな事はありません。

楽天家は、自分の周りで発生した悪い出来事については、情報を完全に遮断してしまってそのことに対する認識を持たないようにしていると思いがちですが、そうではないのです。

現在のように情報化が進んだ世の中では、完全に情報を遮断することなんて出来ません。

楽天家と言えども。

みんなと同様に悪い情報や失敗には鋭く反応するのです。

そして普通の人と違うところは、失敗などの悪い現実に接して、悲しみや落胆にふけるのではなく、目線を良い物事の方に向け直すことができるのです。

苦しい時や辛い時にも明るい太陽の方を向いて、何か良いことがあるはずだと目線を上げて探すのです。

そして、失敗の事実にこだわって泥沼に入り込まないようにするために、深く考えないようにしているのです。

2、自分と他人を比べない

人のことを羨ましく思うことはありません。

楽天家は自分の生き方に自信を持っているのです。

だから、他人と自分を比べることなどはしないのです。

3、自分一人で抱え込まない

楽天家は、話術も得意だし人を引きつける特徴があります。

楽天家の周りには、いろんな人が集まってくるのです。

だから、何か問題が起こっても前向きに対応策を打ち出して、周りの人も巻き込んで一緒に進める能力も持っているのです。

何でも自分ひとりで抱え込まないのです。

4、自信を持つ

その場の思いつきだけで、明るく振る舞っているのではありません。

過去に起こった出来事もキッチリと認識しているのです。

そして、瞬時にどうすればいいのかを考えて、その中から前向きに進めることができることを提案するのです。

適当に明るく振る舞っているわけではありません。

そこには自信があるからポジティブに考えられるのです。

5、誰かが失敗したら叱るより今後のことを考えるようにする

楽天家の特徴は、少しぐらいの失敗でも動じない心を持っていることです。

広い心を持っているのです。

失敗というものは誰でも起こすことがあるので、失敗した人をすぐに責めることはしません。

それよりも、その場の雰囲気を変えてポジティブな空気に変えることに努めます。

前向きに今後のことを一緒に考えるのです。

6、自分を好きになる

みんなから何と言われても、楽天家は自分のことが好きなのです。

前向きに明るく生きていくことが大好きなのです。

他人と何でも比較することは決してしないのです。

自分は自分で、自分のことが好きになることが基本です。

そんな楽天家にぴったりの職業を紹介

楽天家は、自分がどんな風に見られているのかハッキリと分かっていないようです。

周りの人からは、「楽天的だ」とは言われますが、就職する時や仕事を考えると、どのような職業に向いているのでしょうか。

1、パイロット、スチュワーデス

空の仕事は精神的にもタフな職場です。

空をとんでいる時に、エンジンの故障や不意のトラブルに見舞われてしまったら、飛行機を無事に着陸させるために全力を注ぎます。

こんな時に、ネガティブな考え方が強いスチュワーデスがいると「頑張ってもきっと墜落するのでは」などと思い込んでしまい、顔や態度に現れるものです。

乗客はそんな不安な雰囲気を瞬時に掴んでしまい、パニックに陥ることもあるのです。

パイロットも楽天家の対応がいいでしょう。

どんな状況になっても、前向きなポジティブな感覚で、明るく対応できるからです。

「きっと上手く行って無事に帰れる」という雰囲気が溢れるのです。

それに呼応して仲間も一致団結できるのです。

空の仕事は、ポジティブな性格の人が向いています。

2、カメラマン、写真家、ライター、編集者

楽天家の特徴である、もっと明るいこと、もっと素晴らしいこと、を追及する性格がポイントです。

何があっても、前向きに意欲を示します。

新しいことをクリエイティブに考える職業には、楽天家の性格が合っています。

3、保育士、福祉系

子供やお年寄り、身障者の気持ちになれる人は、実は楽天的な性格の人がピッタシなのです。

少々の失敗もまったく問題にしないで、前向きに指導できるからです。

細かいことにこだわらないところが適しているのです。

4、俳優、アナウンサー

周りの人に安心感と希望を与えることができるのです。

感情的に難しいことは言わないし、周りの人にうまく合わせることも得意なのです。

みんなを楽しませ喜ばせたいという気持ちが強いので、楽天家に向いているのです。

逆に楽天家に合わない職業は?

楽天家にも合わない職業があります。

コロコロと気が変わり安い楽天家には、コツコツと続けるような仕事には向いていないようです。

1、ルーチンワーク

ルーチンワークは、同じ作業を繰り返すのです。

何か新しいことを探すのが好きな楽天家にとっては、息抜きができないので向いていません。

簡単にはやり方を変えることなどできないところが苦痛なのです。

2、書類などの入力作業

これも、決められた文章や数字を入力するだけの作業になります。

決められたワクから抜け出せないので、窮屈に感じてしまい続かないと思われます。

3、工場のライン作業

全員で同じ時間に協力して作業を行う仕事です。

自分一人だけ休憩することなどできません。

楽天家は、他人がしていないようなことを考えて実行するのが好きなのです。

工場のライン作業は向いていません。

4、毎日同じ場所の清掃業

これも、同じ場所で同じ作業というのは、性格的にも向いちません。

もっと自由に動ける職場が理想です。

5、仕分け作業

仕分けの種類が固定されていて、そこからはみ出すことができません。

枠に固定されてしまうことが苦痛なのです。

そんな楽天家の人との付き合い方は?

楽天家は、単にニコニコしている人だと思っていたのですが、そうでもないようです。

そんな楽天家と付き合うには何に注意すればよいのでしょうか。

~恋愛編~

楽天家との恋愛は、ただポジティブに考えて付き合えばよいのでしょうか。

1、束縛しない

楽天家は、一般的には拘束される恋愛は苦手なのです。

拘束されずに楽しむことができる恋愛が好きなのです。

初めて出会った時に、「この人は自分を拘束するタイプではない。

自分が愛情を持つような価値のある素敵な人だ」と感じたなら、恋愛に発展するでしょう。

自分を認めてくれる相手よりも、自分が認めたい相手に興味を持つようです。

2、マンネリ化しないように新しいことを共有する

同じことを繰り返すことが苦手です。

何かにチャレンジする気持ちが必要です。

マンネリ化する前に、変化を求めるのです。

新しい事にも興味を持つことが必要です。

3、暗い話をしないように気を付ける

楽天家の基本です。

暗い話しや後ろ向きの話しはタブーです。

そんな雰囲気も見せないように注意することです。

それよりも、どんな時にも明るく振る舞うことが重要です。

~仕事編~

楽天家に適している職業とは、どのようなものなのでしょうか。

1、いつも新しい材料を提供するようにする

楽天家にとって、新しいことや前向きな話題は大好きなのです。

同じことを繰り返す様な変化がない仕事には向いていません。

そして、人を楽しませるような仕事が好きなのです。

エンターテインメントの仕事に関わる人も多いようです。

新しい材料を提供して、それに向かっていけるようにしてあげるのです。

2、褒めてモチベーションを上げる

相手の長所を見つけてあげて、それを褒めてモチベーションを高めてあげることが大事です。

自分に自信を持っているのですが、褒めてもらうことでさらに自信を高めるようです。

3、興味がなさそうな仕事は、好奇心をそそるようにする

同じことを繰り返すのは最も苦手なことです。

そんな時には興味も無くなって仕事もはかどりません。

好奇心をそそる様にチャレンジするチャンスを与えるなど、工夫も必要なのです。

【まとめ】楽天家になって人生を楽しみましょう!

楽天家は、嫌なことがあってもくよくよせずに過ごせるのです。

何事にも冷静に対応することもできるのです。

他人の失敗も広い心で許せることもできます。

自分の失敗も、チャンスととらえて考えることもできるのです。

いいことばかりの楽天家ですが、簡単には楽天家にはなれないようです。

心配症の人は、何かを始める前には準備万端整えてから始めるのですが、ギリギリまで落ち着いていられないのです。

その点、楽天家の人はマイペースで気楽に考えているのです。

この差を考えると、まず気が付くのは楽天家というのは、あまり手を広げないようです。

興味のある範囲で最小限のことをするだけのようです。

そして他人を気にしないこと、いろんなことを比較しないこと、そしてきっと上手く行くという自信を持つことです。

こうすることによって、少しでも楽天家に近づくことが出来そうです。

少しでも楽天家になって、人生を楽しんでください。