CoCoSiA(ココシア)

「人間やめたい…」そんな絶望的な時に試してほしい6個の対処法


長い人生、山あり谷ありとはよく言いますが、辛い状況、しんどい状況に追い込まれる時が誰しもあります。

その状況をすぐ抜け出せればいいですが、いつまでたっても抜け出せないケースもあります。

そういう時は生きているのが辛く、もういっそ人間やめたいなどということが頭をよぎった人もあると思います。

そういうどん底の時に周りの人に助けられたり、自分で自分を鼓舞しながらなんとか回復するのですが、それができない人は自ら命を絶ったりする人もいます。

日本での自殺者は、数年前までの高い水準にくらべれば減ってきいるとはいえ、以前多くの人が毎年命を絶っています。

「人間やめたい…」そんな辛い状況の時

どんなに辛いことがあっても人間をやめてしまう選択をしてしまったら全てが終わってしまいます。

そういった辛い状況に人生の中で追い込まれてしまった場合、どうすればそこから抜け出すことができるのでしょうか。

「人間やめたい…」そんな絶望的な時の6個の対処法

絶望的な状況に陥り、もう人間やめたいと思うまでの心境にいたってしまった時、最悪の結果にならないために、どのような対処法があるんでしょうか。

これから6つの対処法を検証していきたいと思います。

1.絶望的になっている理由はなにか

「人間やめたい」なんて思い込んでいる時というのは、視野が相当狭くなっていることが多いので、一度状況を客観的に見ることが大切だと思います。

まず、何に対して自分はこれだけ悩み、落ち込んでいるのだろうかと。

その悩みは自分が人間をやめてしまわないといけないほどの悩みなんだろうか一度冷静になって考えてみることです。

その上で一つ一つの事柄について考えていきましょう。

日常を振り返ってみよう

まず、自分の日常生活を振り返ってみましょう。

時間やお金を知らず知らずの間に浪費してしまってはいませんか?

人間は楽をしてい生き物ですから、いつの間にか怠惰な日常生活のルーティンにハマってしまうことがあります。

夢や目標があったのに、そういうダラダラとした日々を送り続け、ある日、自分がそんな夢や目標から遠く遠く離れてしまった人間だと気づくのです。

そして、落胆し、何もする気がなくなってしまいます。

取り返しがつかないようになってから気づいても遅いので、常に日常を客観的に振り返って自分の現在地を確認するようにしましょう。

1年の中で自分にとって劇的な1日だったという日などそうそうありません。

ほとんど全てがいつもの日常なのです。

自分が嫌になって人間やめたいとまで考えている人は、この日常生活を大切にしていないのだろうと思います。

毎日の日常生活こそ自分にとってかけがえなない大切なものだという心を取り戻さなくてはなりません。

自分を見つめ直してみよう

「ほとんどの敗北の原因は自滅である。」と、ある歴史上の武将が言いましたが、まさに全てのことに当てはまる言葉ではないでしょうか。

冷静に考えたらたわいもない小さな取るに足らないことなのに、あわててパニックになって焦り、いらだち、怒り、そして自ら疲弊して自滅していく。

こうやってドツボにはまっていく人が少なからずいます。

もっと客観的に自分を分析し見つめ直す必要があるのです。

悩みの原因は何なのか?ではそれを解消するためには自分がどう考え、どういう行動をとるべきなのだろうか。

もし、自分で解決する力がないくらいの問題だとしたら、誰に助けを求めるべきかなどを冷静に考えましょう。

問題がすぐに解決できないからといって自分を攻め続けてはいけません。

必ず解決する方法はあると信じることです。

その解決のために自分がどうすべきかを考える、これが一番大切です。

もし、自分に落ち度があることを認識できたなら、それを改めるために勇気を持ってそれにぶつかっていかなくてはなりません。

自分の人生を変えられるのは自分しかないのですから。

書き出す

悩みから抜け出せないということは、解決するための答えが出ていないということです。

何か数学のような問題を説く時に、たくさんの数値を足したり引いたりして答えをださないといけない時を想像してください。

計算すべきたくさんの数値が、整理されていない状態で頭に入っているだけだと、どれを使ってどれを足すかというのが分らなくなり混乱してしまいます。

そういう時は、一つ一つを紙に書いてみると分かりやすくなります。

悩みも同じで、何に悩んでるのかを書き出してみることで、頭が整理されてきます。

箇条書きで現在自分が悩んでいることや、考えていること、夢や目標などを書き並べてみましょう。

それを眺めているうちに、意外な解決法が見つかるかもしれません。

2.現実逃避せず、まず受け止めよう


人間嫌なことや辛いことがあると、そこから逃げたくなるし、目を背けたくなるものです。